シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

旧型iMacやMac miniを外付けSSDから起動して高速化する方法!環境持ち運びも可能に!

外部SSDを使ってmacOSを起動する方法

macOSはMacBookやiMacの内蔵ストレージにインストールするのが一般的ですが、macOSを外付けストレージ(HDD/SSD)にもインストールする事もできます。

「そんなのなんの意味があるんだ?」

...と思ってしまうかもしれませんが、データ転送速度が高速なSSD(ソリッドステートドライブ)にmacOSを直接インストールさせると速度が遅いHDDを搭載している旧型のMacの速度を大幅に向上させる事ができるのです。

本体に内蔵されているHDDをSSDに換装することMacの速度を向上させることもできますが、本体を分解してストレージの入れ替え作業がいるのでちょっと怖いですよね。

しかし、外付けSSDならUSBを使って接続するだけでHDDを搭載しているMacの速度を簡単に向上させる事ができるのです。この記事では、外付けSSDにmacOSをインストールする方法やメリット、デメリットなど徹底解説していきたいと思います。

 

外付けSSDにmacOSをインストールしてMacの速度を向上させる方法

外付けSSDとケースを準備する

まず最初にmacOSをインストールするための外付けSSDを準備しましょう。

様々なタイプのものがありますが、SSDを単体でとケースを購入するのが一般的で価格を安く抑える事ができます。

外付けSSDストレージ

容量は128GBもあれば普通に使う事ができますが、せっかく外付けSSDを使うのなら大容量のものを選んだ方がいいと思います。

iMacでSSDの容量を1TBに増やすとカスタマイズに77,000円もかかってきますが、外付けSSDの1TBなら30,000円ほどで、500GBなら16,000円ほどで購入する事ができ、とてもリーズナブルに大容量SSDを手持ちのMacに導入する事ができるのです。

SSDをUSBで接続させるために専用のケースを利用します。

USB 3.0のに対応した2.5インチのケースを選びましょう。Thunderboltに対応したケースもありますが、高いのでUSB 3.0に対応したものでも十分に速度が速くなるので大丈夫です。

ちなみに、僕はineoのSATA外付けハードドライブケ―スUSB3.1 Gen2 Type C(10Gbps)を購入しました。

このケースの中にコネクタがあるので、それに合わせてSSDを装着します。とっても簡単ですよ。

SSDとケース

これでOKです。

SSDをケースに装着する

あとはケースを元に戻して付属のUSBケーブルと繋げることで外付けSSDとして使う事ができるようになります。

外部SSDをiMacに接続する

では、SSDにmacOSをインストールする方法について紹介していきます。

SSDを接続して初期化する

外付けSSDをMacに接続すると「セットしたディスクは、このコンピューターで読み取れないディスクでした。」という警告が表示されるので「初期化」を選択します。

このコンピューターで読み取れないディスク

あとで初期化する場合は「無視」する事ができ、「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」から初期化する事ができます。

ディスクユーティリティからSSDを初期化

「ディスクユーティリティ」の「消去」からフォーマットを「Mac OS拡張(ジャーナリング」)を選択してSSDを初期化しMacで読み取りをする事ができるSSDにする事ができます。

macOSをダウンロードしてSSDにインストールする

macOSはmac App Storeからダウンロードする事ができます。(アプリケーションの中にデータが格納されます。)

macOSダウンロード

macOSのインストール画面でインストール先を選択する事ができるので、先ほど初期化した外部SSDを選択した状態で「インストール」します。

macOSをSSDにインストール

すると画面が切り替わりリンゴマークが表示され、外付けSSDにmacOSのインストールが開始されます。

macOS 起動画面

いつもの「ようこそ」の画面が表示されれば無事にmacOSがインストールされています。指示に従い初期設定を進めていきましょう。

macOS ようこそ画面

ちなみに、macOSのライセンスは1台のMacに2つまでmacOSをインストールをしてもいいことになっているので大丈夫です。Windowsのように別途ライセンスを購入する必要はありません。(そもそも、ライセンス単体の購入できない。)

iMacで外付けSSDからmacOSを起動していると内蔵ストレージから起動してるんじゃないかと思ってしまいますが「このMacについて」から「概要」の「起動ディスク」を確認してみると間違いなく外付けSSDからmacOSを起動されていることが確認できます。。

このMacについて

それだけ、外付けSSDからの起動はサクサク動作しているということなんです。

外付けSSD側からmacOSを起動する方法

では、macOSをインストールした外付けSSDでMacを起動する方法について。

外付けSSDをMacに接続して「Optionキー」を押したまま電源を入れると起動ディスクの選択画面が表示されるので、外付けSSD(今回の例だと真ん中にある「Crucial....」が外付けSSDとなります。)を選択します。

外付けSSDからmacを起動する

これで、SSDにインストールしてあるmacOSから起動する事ができます。

外部SSDとMacBook Pro

めちゃくちゃ簡単ですよね。あとは普通にいつも使っているMacと同じように使うことができます。

 

メリット・デメリットは?

Macには普通に内蔵ストレージが搭載されているので、わざわざ外付けSSDにmacOSをインストールする意味があるのかと思うかもしれません。しかし、外付けSSDから起動させるメリットはいくつもあります。

SSDにする事でMacの速度が向上する

旧型のMacに搭載されているHDDストレージはSSDストレージのMacと比較しても動作が非常に遅く、OSやアプリの起動や通常操作においてもワンテンポ遅いです。さらに長年使っているとHDDが老朽化してしまい、どんどん速度が遅くなってしまうのです。

Fusion Drive(SSDとHDDのハイブリッドHDD)を搭載しているiMacは、HDD搭載モデルよりも速度は速いので外付けSSDを使ってもさほど恩恵を受ける事はあまりできませんが、HDDを搭載しているMacであれば外付けSSDからMacを起動させる事で体感速度は向上することは間違いありません。

外付けSSDでmacOSを起動させてストレージ速度を計測してみたところ、書き込み・読み取り速度ともに450MB/s前後の速度となっていました。

外部SSD 転送速度

内蔵HDDの速度は100MB/s以下で体感速度もかなり速くなるので旧型のHDDストレージのiMacやMac miniをグレードアップし延命させるのならとても良い選択肢になるのではないでしょうか。

最初からSSDを搭載している最近のMacBookやMacBook Pro、iMacの場合は外付けSSDよりも内蔵SSDの方が速度が速いのでメリットはまったくないので注意です。

また、USB 2.0の転送速度は理論値で400Mbpsと低速で接続ポートの速度がネックになってしまうので、USB 2.0ポートを搭載している2011年以前のMacでこの方法を使うことはお勧めしません

実際にUSB 2.0とUSB 3.0で接続したmacOSがインストールされた外付けSSDのデータ転送速度を計測してみましたが、20倍近い速度の差が生じていました。

USB2.0とUSB 3.0の転送速度の違い

  USB 2.0 USB 3.0
書き込み 26.7 MB/s  467.6 MB/s
読み込み 33.0 MB/s   431.1 MB/s

USB 2.0の実速転送速度はMacに内蔵されているHDDの速度よりも遅いので、実際の体感速度はかなりモッサモサとしたものとなってしまいます。USB 3.0を利用する事ができる2012年以降に発売されたMacでこの方法を使うことをお勧めします。

違うMacでも同じ環境にする事ができる

外付けSSDにmacOSをインストールすることで、機種の違うMacで同じ環境のMacを利用する事ができるようになります。

例えば、macOSをインストールした外付けSSDを持ち歩く事で会社で使っているiMacと自宅のMacBookで全く同じ環境で使う事が可能となります。(セキュリティ的に会社がOKとするかは別として。)

試しに、8年前に購入したボロボロのMacBook Pro(2010)に外付けSSDを接続させて起動させてみましたが、何の問題もなく外付けSSD側からmacOSを起動させる事ができました。

外部SSDからMacBook Pro 2010を起動

よく外でも家でも同じ環境でMacを使いたいからとっても大きな15インチのMacBook Proを持ち歩いている方もいると思いますが、外付けSSDがあれば12インチMacBookとiMacで環境を統一することも可能となります。

ただし、外付けSSDを紛失したり壊してしまったら人生終わってしまうので、紹介しておきながらこのような使い方はあまりお勧めしません。レアケースです。どうしても同じ環境で使いたいという人だけで。

 

余った内蔵HDDの使い道

外付けSSDからmacOSを起動するので、もともとMacに内蔵されているHDDは基本的には使用しないことになりますが、SSD側から起動できなくなってしまうことも想定されるので、そのままmacOSのデータは残しておいた方がいいでしょう。

外付けSSDからmacOSを起動させると「ロック解除用のパスワードを入力してください」というウィンドウが表示されます。

ロック解除用のパスワードを入力してください

Macを起動させるときのパスワードでロック解除する事ができるのですが、外付けSSDのmacOS側から内蔵HDDにアクセスする事ができるようになります。データの保管場所として利用したり、Time Machineのデータ格納場所として利用することもできるようになります。 

まとめ:内蔵HDDのMacならSSD起動はおすすめだよ

今回紹介した外付けSSDにmacOSをインストールしてMacを使う方法は、基本的に旧型のiMacやMac Mini(内蔵ストレージはHDDでUSB 3.0を搭載したモデル)を高速化させるためのものです。

メリット

  • リーズナブルにSSD環境を手に入れられる
  • 旧型Macの体感速度が向上する
  • 同じ環境を違うMacにも持ち運びできる

デメリット

  • 外付けSSDを紛失したり破損させたら人生終了
  • 勢いで電源入れたままUSBを抜いてしまいそう

新型iMacでFusion Driveを搭載したモデルでもThunderbolt 2/3で接続するなら動作速度は向上すると思いますが、新しいiMacを購入するなら頑張ってSSDを増設したモデルを購入した方がいいでしょう。頑張りましょう。

また、普通に外部ストレージとしてSSDを利用するのもいいのかもしれません。

ちなみに、僕はiMac 5Kの2TB Fusion Driveモデルをメイン環境で使用していますが、SSDを搭載しているMacBook Proと比較するとアプリの起動が少しだけ遅いと感じることはありますが、実用では全く問題なく使う事ができています。