Logicool K480BK ワイヤレスキーボード レビュー

Logicool(ロジクール)K480はスマホやタブレットを立てかけることができるスタンド付きのBluetoothワイヤレスキーボードとなっておりスタンドを用意しなくても直接立てかけることができるものとなっています。

家電量販店でもよく見かけるワイヤレスキーボードですが、どんな使い勝手のキーボードなのか気になったので手にしてみました。

この記事ではワイヤレスキーボードのLogicool K480の使い勝手、タイピングのしやすさ、立てかけることができるスマホ・タブレットについてレビューしたいと思います。

 

ワイヤレスキーボード Logicool(ロジクール)K480 レビュー

Logicool K480BKを購入する前に商品画像を見て大きい予感はしていましたが実物を見ると「やっぱり大きいなぁ…」と思ってしまうくらいしっかりとしたワイヤレスキーボードとなっています。

Logicool K480の特徴
  • ストロークが深めでしっかりとしたタイピング感を得られる
  • US配列よりのJIS配列でホームポジションがセンター寄りにある
  • スマホ、タブレットを立てかけるスタンド付き
  • 大きいのでタブレットを普段の机で使うのに適している
  • 専用ダイヤルで最大3台のデバイスにかんたん接続
  • 電池交換なしで最長2年間使える省エネ設計
ワイヤレスキーボード Logicool K480を探す

Logicool K480 のデザイン

Logicool K480は本体カラーがブラックとホワイトがありますが、今回はブラックモデルを購入しました。日本版なのでパッケージにはバリバリ日本語で特徴などがしっかりと記載されています。

Logicool(ロジクール)K480BK パッケージ

Logicool K480はスマホやタブレットを立てかけることができるスタンドが一体化されているおでキーボードとしてはかなり大きいサイズとなっています。正直なところ、ここまで大きい筐体だと思っていませんでした(汗)

もうちょっとコンパクトなのを想像していたのですが…。

Logicool K480 外観デザイン

本体サイズは299 x 195 x 20mmで重量は815gとかなり巨漢な筐体となっています。キーボードだけでiPad Pro 11インチモデルよりも重いので持ち運んで使うよりも自宅や職場のデスクに置いてメインで使用する使い方になるのかなと思います。

ブラックモデルはスタンド部分とダイヤル部分にアクセントカラーが黄色となっておりかなりポップな雰囲気のあるボディカラーとなっています。ちなみに、ホワイトモデルのアクセントカラーは灰色が採用されています。

Logicool K480 デザイン

Logicool K480はワイヤレスキーボードですがスタンドを内蔵していることもあり、本体サイズだけではなくキーボードの高さが20mmとなっておりなかなか存在感のあるデバイスとなっています。

Logicool K480 筐体サイズの大きさ

最近のワイヤレスキーボードは充電式のタイプのものが増えていますが、Logicool K480は単4電池2個が必要となります。

Logicool K480 電池

電池式だったのは購入してから気付いたのですが、もしLogicool K480を検討している方は注意をしましょう。とはいえ、最長で2年間も持つ省電力設定になっているそうなので電池交換の頻度はかなり少なく済むのではないかと思います。

キーボードとしてはかなり使いやすい!

個人的にはLogicool K480を手にして「安っぽいなぁ…使いにくそう。」とあまり期待していなかったのですが、実際に使ってみると「めちゃくちゃ使いやすい!」という感想に完全に変わってしまいました。

キーの打ち心地、タイピングのしやすさはこの価格帯のキーボードの中ではダントツなんじゃないでしょうか。

Logicool K480のキーストロークは深めのタイプとなっておりタイピング感はかなりしっかりとしていて、高速でタイピングしても文字抜けを起こすことなくしっかり入力することができます。

Logicool K480 キー

ホームポジションがセンター寄り

個人的にこのキーボードが使いやすいと感じた理由がJIS配列なのにUS配列に近いキーポジションになっているのです。

通常のJIS配列のキーボードはホームポジションがセンターから少しだけ左寄りになっています。特にAppleのキーボードのJIS配列は左に寄っているので非常にタイピングしにくいと感じてしまうのですが、Logicool K480はUS配列と同じようにセンターに近い位置にホームポジションがあるんですよね。

例えば、Apple Wireless KeyboardのJIS配列はホームポジションキーである「F」と「J」はセンターから左にズレています。

Logicool K480 JISとAppleワイヤレスキーボード JIS
上:Apple Wireless Keyboard JIS、下:Logicool K480 JIS

Logicool K480はJIS配列ですがセンター寄りにキーが配置されているので、Magic KeyboardのUS配列とほぼ同じ位置にホームポジションキーである「F」と「J」があります。

Logicool K480 JIS とMagicKeyboard US
上:Magic Keyboard US、下:Logicool K480 JIS

なので、MacのUS配列に慣れている僕にとってはLogicool K480はとてもタイピングしやすいキー配列なんですよね。しかも、iOS/MacモードでペアリングをすることができてMacのキー配置にも対応しているので「英数」と「かな」による言語切り替えも可能なので使い勝手もかなり良いです。

タイピング音は静かではない

Logicool K480のはキーストロークの深い(実測2.5mmほど)一般的なメンブレン構造のタイプのキーボードとなっているのでタイプするとカチャカチャと音がします。

とはいえ、カチャカチャ音はそこまで大きくはないので優しくタイプすることで比較的静かにタイピングすることもできると思います。また、高速タイピングにもしっかり付いてきてくれて遅延もほとんどなく快適に作業することができます。

キーの高さがMagic Keyboardと比べると深いのでキーを押すストロークがあるので慣れないと手が疲れるかもしれません。普通のキーボードに慣れているなら問題なくタイピングすることができるでしょう。

 

スタンド付きでタブレット・スマホを立てかけれる

iPadは11インチサイズまで立てかけ可能

Logicool K480は最大厚さ10.5mm、最大258mmまでのタブレットをスタンドに立てることが可能となっておりiPad Pro 10.5インチモデル(幅 250.6mm)までの大きさなら問題なく使うことが可能となっています。

Logicool K480とiPad Pro 10.5インチモデル

新型のiPad Pro 11インチモデル(幅 247.6mm)も立てかけることができます。

Logicool K480とiPad Pro 11インチモデル

iPad Pro 2018年モデルのSmart Keyboard Folioとなり価格も20,000円もする非常に高価なキーボードアンドカバーです。本体も高いのにキーボードも高いのはかなり厳しいところがありますが、Logicool K480なら3,000円ほどで買うことができます。キー入力もしやすくて安いのでおすすめ。

iPad Pro 12.9インチは縦置きならできる

iPad Pro 12.9インチモデル(幅 280.6mm)は残念ながら立てかけることができませんでした。あともうちょっと溝が長ければ入るんですけどね。

Logicool K480とiPad Pro 12.9インチモデル

どうしてもiPad Pro 12.9インチモデルで使いたいという方は縦置きなら大丈夫です。12.9インチの画面サイズなら縦向きでも広大な作業エリアで作業できるので、かなり快適に使うことができるでしょう。

Logicool K480 iPad Pro 12.9インチ 縦置き

画像は新型のiPad Pro 12.9インチ(第3世代)ですが旧型のiPad Pro 12.9インチ(第2世代)でも縦置きなら問題なく使うことができるでしょう。ただ、なんとなく折れてしまうんじゃないかという不安になってしまいます。

Surface Goも立てかける可能

10インチディスプレイを搭載しているMicrosoftのSurface Goも問題なくLogicool K480のスタンドに立てかけることが可能となっています。

Logicool K480とSurface Go

後ろから見るとこんな感じになります。ポップな雰囲気で可愛らしいですね。

Logicool K480 Surface Go 背面から

Surface Goは専用のタイプカバーがありますが13,000円ほどと高価です。Logicool K480なら3,000円くらいで買うことができるので、自宅や職場など決まった場所でしか使う予定がないのならLogicool K480という選択肢はアリなのかもしれません。

最大3台までペアリングができる

Logicool K480とデバイスはBluetoothを使って接続します。まず最初に登録したい番号にダイヤルを回します。

Logicool K480 ペアリング切り替えダイヤル

本体の右側にペアリング用のボタンがあるのでiPadやMacの場合は右側の「i」ボタンを3秒押してペアリングモードに切り替えます。するとタブレットのBluetooth画面に「 Keyboard K480」と表示されるので、タップするとペアリングができます。

Logicool K480 ペアリングする方法

iOSは「Keyboard K480」をタップするだけでペアリングできますが、Macはキーボードを識別させるための作業が必要となります。

Logicool K480 Macとペアリング

Shiftの右側のキーを押す、Shiftの左側のキーを押すとペアリングが完了します。

Windows 10やAndroid、Chrome OSは左側の「PC」ボタンを3秒間押すとペアリングモードに切り替えることができるので、Bluetoothの設定画面からデバイスを追加できます。

Logicool K480 WIndows 10とペアリング

WindowsやAndroidの場合はPINコードをLogicool K480で入力してenterキーを押すことでペアリングが完了します。

Logicool K480は最大で3つのデバイスまでペアリング登録をしておくことができ、ダイヤルを回すだけで簡単に入力デバイスを切り替えることができます。 ちょっと分かりにくいですが動画にしています。

Logicool K480のスタンドはスマホなら3台ほど乗せて使うことができるので、素早くダイヤルで接続先を切り替えることで効率的な作業をすることができでしょう。(どんな使い方なんだ。)

 

まとめ:Logicool(ロジクール)K480は安くて使いやすいワイヤレスキーボード

ワイヤレスキーボードのLogicool(ロジクール)K480の良い点と残念な点についてまとめます。

Logicool K480の良い点
  • タブレット・スマホ用のスタンド付き
  • Windows、Android、Mac、iOSに対応したキー配列
  • スリープ復帰が早い

スタンド付きというだけではなくWindows、Android、Mac、iOSに対応したキー配列に対応していてダイヤル切り替えで簡単にデバイスを切り替えることができるのは本当に便利です。また、スリープ状態からの復帰が早いのでとても使いやすいキーボードになっています。

Logicool K480の残念な点
  • キーボードの高さが高く傾斜がない
  • 本体重量が815gと重い
  • タイピング音がうるさい

Logicool K480はキーボードの高さが高いのに傾斜がないデザインなので長時間作業をしていると手が疲れてきます。なので底に何かかまして底上げしてつかうことをおすすめします。

また、ワイヤレスキーボードなのに820gという超重量級の筐体となっているのでどこにでも持ち運ぶするのは少々厳しいものがあります。

とはいえ、普通にカバンに入るならどこにでも持ち運びは可能ですし安定感のあるキーボードなのでどこでも作業効率が上がることは間違いないでしょう。

ただ、個人的にはやっぱりLogicool K480は自宅や職場のデスクで普段使いするキーボードなのかなと思います。

Logicool K480 iMacのキーボードとして使う

意外と便利なのがiMacのキーボードとして使いつつスタンドにiPad miniを立てかけることでデッドスペースを有効活用することができます。Twitterのライムラインを表示させてみてもいいかもしれませんね。

ワイヤレスキーボードのLogicool K480は思っていた以上に完成度の高いものでした。この記事もLogicool K480を使って執筆していますが作業しやすくていいですね。今後、Magic KeyboardではなくLogicool K480を使って作業することが増えるかも。

ワイヤレスキーボード Logicool K480を探す

といってもLogicool K480は大きすぎるし重すぎるよという方は薄型のLogicool K380というロジクールのワイヤレスキーボードもあります。意外とこういうシンプルなやつの方が長く使えるんですよね。安いですし。

ワイヤレスキーボード Logicool K380を探す

上位モデルのLogicool K780を実際に使ってみたので、こちらも合わせて参考にしていただければと思います。

他にも数多くのワイヤレスキーボードを試しているので是非参考にしてください。

キーボードをAmazonでお得に買う方法

ワイヤレスキーボードを買うと決めたならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

↓ Amazonギフト券を購入はこちら ↓
Amazonギフト券

また、初回購入限定キャンペーンも開催しておりキャンペーンにエントリーすることで5,000円以上チャージすると1,000ポイントをもらうことができます。(条件あり)なので、Amazonギフト券にチャージする前にこちらから「初回購入限定キャンペーン」にエントリーしておきましょう。

また、Amazonプライム会員になると送料が無料になるだけではなく動画ストリーミングサービスのプライムビデオを観ることができるようになったり、様々なメリットがあります。

普通にAmazonで買い物をするならAmazonプライム会員の年会費をすぐにペイすることができるのでおすすめです。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。