シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Logicool Crayon レビュー!機能と使いやすさの違いをApple Pencilと比較!


Logicool Crayon for iPad(第6世代)レビュー

少しだけ安い価格で買うことができる低価格バージョンのApple PencilともいえるLogicool Crayon(ロジクール クレヨン)を買ってみたのでApple Pencilとの違いや使い勝手についてレビューしたいと思います。

 

Logicool Crayon(ロジクールクレヨン)レビュー

少しだけ安い価格設定

iPad(第6世代)がApple Pencilに対応したことから価格の安いiPadにApple Pencilを同時購入しようと思っている方も多いと思いますがApple Pencilって意外と高いんですよね。

しかし、Logicool Crayon(ロジクールクレヨン)なら少しだけ安い金額でiPadでペンシルを使うことができるようになります。

  • Apple Pencil:10,800円
  • Logicool Crayon:7,800円

とはいえ価格差は3,000円なのでかなり微妙なところですが、普通にメモをとったりイラストを描くのならApple PencilではなくLogicool Crayonでも十分に使えるのかなと思います。

外観デザイン

ロジクールクレヨンは元々は北米の学生を対象とした教育機関向けのペンシルで一般向けに販売はしていませんでしたが、この夏に一般向けに販売を開始に日本でも買うことができるようになりました。

ロジクールクレヨンのパッケージデザイン

学生を対象にしているので付属している説明書もどことなく可愛らしいものになっています。まあ、製品名が「クレヨン」ですからね。

ロジクールクレヨンの外観

デザインテイストは無機質なApple Pencilとは対象的にかなり異なっており、ロジクールクレヨンはカラフルな色を使いつつ可愛らしいペンシルとなっています。

ロジクールクレヨンとApple Pencil

Apple Pencilの胴体は円筒型なのでテーブルに置いた時にコロコロと転がっていってしまうことがありますが、ロジクールクレヨンは楕円型なのでテーブルに置いても転がってどこかに行ってしまうことはありません。

充電はLightningケーブルをロジクールクレヨンのお尻に接続することで可能となっています。

ロジクールクレヨンの充電接続方法

Apple PencilはiPadのLightningポートに突き刺すことでペアリングと充電をすることができましたが、ロジクールクレヨンはiPhoneを充電するのと同じ感覚で充電をすることが可能となっています。

バッテリー駆動時間について

バッテリー残量はiPadで確認ができないので、電源ボタンを1回押してLEDの色で残量を確認することになります。

  • バッテリー残量10%以上:緑色のLEDが点灯
  • バッテリー残量10%未満:赤色のLEDが点灯
  • バッテリー残量5%未満:赤色のLEDが点滅

ロジクールクレヨンのバッテリー駆動時間は7時間となっており、Apple Pencilと比べると少し劣りますが、iPhoneの充電ケーブルを拝借することで簡単に充電することができるのでこまめに充電することで電池切れになることはないのかなと思います。

ペン先はApple Pencilと同じで互換性あり

なお、ロジクールクレヨンはペン先が磨耗したら交換することができる構造になっており、ペン先はApple Pencilと同じものが使われていました。

ロジクールクレヨン ペン先の交換

なので、書き心地に関してはApple Pencilとロジクールクレヨンは全く同じということになりますね。

ペアリング不要で電源を入れるだけで使うことができる

ロジクールクレヨンの素晴らしいところはiPadとペアリングをする必要がなく、電源をONにするだけで使うことができるようになっています。

ロジクールクレヨン 電源ボタン

電源ボタンを1秒以上長押しすることで電源をONにすることができますが、電源がONになっているのかOFFになっているのかが見た目では分からないのが少々使いづらいと感じるところでしょうか。

ロジクールクレヨンをiPadの画面に触れた時に反応しなかったら電源ボタンを押すという流れで使うことになると思います。

ちなみに、ロジクールクレヨンの電源をONにして使える状態になっていても。iPadのBluetoothの項目にはロジクールクレヨンの表記はされません。

しかし、傾き検知などの機能を使うことができるのでおそらくBluetoothで接続されているのだと思いますが、Apple Pencilをペアリングするとロジクールクレヨンは使えなくなります。

 

iPad(第6世代)専用でiPad Proでは使えない

ロジクールクレヨンはiPad(第6世代)専用のペンシルとなっており、iPad ProやiPad mini 4などで使おうと思っても全く反応しないので注意をしてください。

  Logicool Crayon Apple Pencil
iPad Pro ×
iPad(第6世代)

あくまでロジクールクレヨンはiPad(第6世代)の専用ツールです。もし、いずれiPad Proへの乗り換えを考えているのならApple Pencilを買っておいたほうがいいでしょう。

現時点ではiPad(第6世代)専用のペンシルとなっていますが、2019年モデルのiPad(第7世代)が登場したとしても、おそらく使うことはできるのかなと思います。(あくまで予想ですが。)

傾き検知は使えるが、筆圧検知機能は使えない

ロジクールクレヨンは傾きによる筆の太さ調整をすることはできますが、力加減(筆圧)による筆の濃さを調整することができない仕様となっています。

  Logicool Crayon Apple Pencil
傾き検知
(筆の太さ)

筆圧検知
(筆の濃さ)

×

筆圧によってペンの濃さを調整することができないので、細かいイラストを描くときに強弱を付けることができず表現力がApple Pencilよりも乏しいものになってしまうのがデメリットとなりそうです。

ロジクールクレヨンとApple Pencilの筆圧の違い

しかし、筆圧調整ができないのをメリットと捉えることもでき、ロジクールクレヨンなら力を入れなくても常に一定の濃さでペンを走らせることができるので、サササッと流し書きでメモを取ってもそれなりに読める文字を書くことができるのです。

なので、個人的にはメモを取るという視点で見るとApple Pencilよりもロジクールクレヨンの方が使いやすいと感じる場面もあります。

反応速度はApple Pencilと同じくらい

ロジクールクレヨンのペンの追従性能はどんなものなのか動画にしてみました。

ロジクールクレヨンはApple Pencilよりも少しだけ安く買うことができますがペンの追従速度などの使い勝手はApple Pencilとほぼ同じです。

さすがにiPad ProとApple Pencilの組み合わせによる追従性能にはかないませんが、普通にメモ取りをする程度の使用用途なら何ら問題なく使うことができるでしょう。

ロジクールペンシルの使いやすさについて

ロジクールペンシルは楕円型と丸ではないので持ちにくいのかなぁーと心配でしたが実際に持ってみると持ちにくいということはなく意外と持ちやすかったりもします。

ロジクールクレヨン

Apple Pencilはツルツルで丸いのでしっかり握ろうとしても滑ってしまうことがありますが、ロジクールペンシルは楕円型のアルミなので滑ることがないのでしっかりと握って使うことができます。

少しだけ太いかなと感じることはありますが、簡単なイラストを描いたり、メモを取るといった使用用途であれば問題はないのかなと思います。

また、Apple Pencilと同じようにロジクールクレヨンを使っているときに別の手や指が触れても反応することがないので、書くという作業に集中することができるので安心して使うことができると思います。

 

まとめ:iPadで手軽にペンを使いたいならおすすめ!

ロジクールクレヨンは形状が楕円型でアルミボディを採用していることもあり軽くてApple Pencilのように滑ってしまうこともないので意外と使いやすいのかなと思います。

iPad(第6世代)専用のペンシルとなってしまうので、いつかiPad Proに乗り換えたいと少しでも思っているのならロジクールクレヨンではなく普通にApple Pecnilを買った方がいいと思います。

しかし、iPad(第6世代)からのiPad Proにアップグレードを全く考えていないならロジクールクレヨンでも十分にペンシルとして使うことができると思います。

Apple Pencilイラストを描くことがないユーザーには必要ないものだと思われがちですが、絵を描かなくても活用して便利に扱うことができる方法についてまとめました。手書き文字から簡単にデジタル変換することができるのでかなり便利ですよ。

たまにApple Pencilがたまに反応しなくなる時があるのですが、その対処法についてまとめたので参考にしてください!

Apple Pencilを充電することができる充電スタンドを使うとiPadをさらに快適に使うことができます。

エントリーモデルのiPad(第6世代)でApple Pencilを使うことができるようになりましたが、iPad Proとの違いについて比較記事を書いているので参考にどうぞ!