Libero S10 レビュー

Libero S10はワイモバイルで販売していて、新規・MNPのりかえで5,400円 or 14,400円で買うことができてしまう格安スマホです。

めっちゃ安い。でも安いだけで使えないスマホだったら意味なですよね。ということで、中古でLibero S10を買ってみたのでスペック・使いやすさをレビューしていきたいと思います。

Libero S10の特徴・評価

Libero S10

Libero S10(901ZT)はZTEのスマホで5.7インチのディスプレイを搭載していて、ワイモバイルで新規・MNPのりかえでプランSで契約すると14,400円、プランM/Rで契約すると5,400円という格安価格で手に入れることができます。

Libero S10の特徴
  • 5.7インチの液晶ディスプレイを搭載
  • 端末価格がとにかく安いので価格を抑えられる
  • 背景をぼかすポートレートモードで撮影ができる
  • 指紋センサーで画面ロック解除ができる
  • 安いのにガラス筐体でチープな感じがしない

価格が安いとはいえフルHD+(2160×1080)解像度のディスプレイを搭載しているし、2018年の低価格スマホに採用されていたプロセッサ・Snapdragon 450を搭載しメインメモリは3GBを確保するなど最低限のスペックはクリアしている端末となっています。

Libero S10(901ZT)スペック
画面 5.7インチ液晶ディスプレイ
解像度 2,160 × 1,080ピクセル
CPU Snapdragon 450(オクタコア)1.8GHz
GPU Adreno 506
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB(microSDXC/最大512GB)
リアカメラ 1300万画素 + 200万(ポートレート)
フロントカメラ 500万画素
生体認証 指紋センサー
Wi-Fi 802.11 b/g/n
LTE 下り最大112.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
Bluetooth 4.2
おサイフケータイ 非対応
防水防塵 IPX7/IP5X(水深1mに30分耐えられる)
ワンセグ 非対応
バッテリー容量 3,100mAh
OS Android 9
本体サイズ 152.2 x 73.2 x 8.4mm
本体重量 165g

リアカメラはデュアルカメラ仕様となっており、メインは1200万画素、サブに200万画素の背景をぼかすためのカメラを搭載しています。

なので、この価格のスマホとは思えないくらいキレイに背景をぼかすことができますよ。

Felicaには対応してないので、iD・QUICPayでの決済、Suicaで改札を通りたいならLibero S10は選ばないように。同じワイモバイルの格安スマホ・Android One S6にしたほうがいいでしょう。

\Y!オンラインショップなら手数料無料/

ワイモバイルのおすすめスマホのまとめはこちらです。

https://www.sin-space.com/entry/ymobile-osusumesumaho

端末価格の安さが最大のメリット

Libero S10はワイモバイルで買うことができる格安スマホですが契約するプランによって端末価格が異なります。

Libero S10 端末価格
  • 機種変更:21,600円
  • 新規・MNP(ソフトバンクから):23,760円
  • 新規・MNP(他社からプランS):14,400円
  • 新規・MNP(他社からプランM/R):5,400円

Libero S10の定価は23,760円ですがすワイモバイルを使っていてLibero S10に機種変更すると21,600円となり、新規・MNPのりかえでプランSは14,400円、プランM/Rは5,400円で買うことができます。

5,400円ってめちゃくちゃ安いですよね。とりあえずスマホベーシックプランMで契約してあとからプランSにしてもいいのだろうか?

いずれにしても、スマホベーシックプランSでも新規・MNPなら14,400円という安い価格でLibero S10を手に入れることができるのでとにかく安くスマホが欲しいならおすすめです。

Libero S10のパッケージ・付属品

Libero S10はワイモバイルの簡易型のパッケージとなっています。

Libero S10のパッケージ
Libero S10のパッケージ

付属品はSIMカードスロットを開けるためのピン、クイックスタートの説明書のみとシンプルなものとなっています。

Libero S10の付属品

充電器は付属していないのでUSB-Cの充電アダプタとケーブルがないなら合わせて購入しておくのがいいでしょう。

Libero S10はUSB-C PDの急速充電にも対応しているので18W以上の充電アダプタがあると充電時間を短縮することができますよ。

筐体デザイン・サイズ

本体カラーは3色から選べる

Libero S10はホワイト、ネイビー、レッドの3色から選ぶことができますが、ホワイトのみベゼルが白色となっていてネイビーとレッドはベゼルは黒色となっています。

Libero S10の本体カラー
Libero S10の本体カラー

今回、手に入れた機種はLibero S10のホワイトモデルなのでベゼルも白色となっています。

Libero S10 正面デザイン
Libero S10 正面デザイン

筐体のサイズ感と使いやすさ

Libero S10は5.7インチの液晶ディスプレイ(2,160 × 1,080ピクセル)を搭載していて本体サイズは152.2 x 73.2 x 8.4mm、重量は165gとなっています。横幅が73mmあるので片手での操作は少し難しい感じです。

Libero S10 画面サイズの大きさ
Libero S10 画面サイズの大きさ

ただ、キーボードだけ片手モードに切り替えできるので片手操作しようと思えばできます。

Libero S10はサイドフレームにアルミ素材、背面パネルにガラス素材を採用していてとてもシンプルな筐体デザインとなっています。

Libero S10はとてもシンプルな筐体デザイン
Libero S10はとてもシンプルな筐体デザイン

少し驚いたのが14,400円の端末の筐体にガラス素材を採用しているというところ。

この価格帯のスマホになるとプラスチック製の樹脂筐体を採用しているモデルが多いですが、Libero S10はガラスを採用し質感を保っています。

ディスプレイは角丸加工が施されているので今っぽい雰囲気のスマホとなっています。画面上部にインカメラと受話レシーバー、環境光センサーを搭載していますね。

角丸加工の液晶ディスプレイを搭載
角丸加工の液晶ディスプレイを搭載

本体右側にサイドボタンと音量ボタンを搭載しています。サイドフレームは持ちやすいように軽く角が付けられているのが分かります。

サイドボタンと音量ボタン
サイドボタンと音量ボタン

本体上に動画撮影用のマイクと3.5mmオーディオジャックを搭載しているので有線でヘッドイヤホンを使うことができます。

3.5mmオーディオジャック

本体下にUSB-Cポートを搭載しています。USB-C PDに対応しているので12W以上の充電アダプタを使うことで急速充電することもできます。

USB-C PD対応の充電ポート
USB-C PD対応の充電ポート

また、USB-Cの隣にあるのはマイクと内蔵スピーカーですね。スピーカーはモノラルですが意外と音量が大きく聞きやすいサウンドを再生することができます。普通にYouTubeの動画を見るくらいなら十分なスピーカーです。

本体左側にSIMカードスロットがあります。

Libero S10 SIMカードスロット
Libero S10 SIMカードスロット

付属のピンを使ってスロットを開けることができます。

nanoSIMとmicroSDカード
nanoSIMとmicroSDカード

nanoSIMとmicroSDカードが入れることができてストレージを最大512GBまで拡張することが可能となっています。国内の4G LTEの対応バンドは以下のとおりです。

Libero S10 対応バンド
  • FDD-LTE:B1/3/8/28
  • TD-LTE:B41
  • W-CDMA:B1/8
  • GSM:1900/1800/900MHz

価格の安いスマホなので対応バンドは少ないですが、ソフトバンク/ワイモバイル回線は問題なく使うことができます。ドコモもB1とB3に対応していますが対応周波数が少なくて田舎で使えなくなる可能性があります。

また、VoLTEに対応していないのでau回線で使うことはできません。Libero S10は基本的にワイモバイルで使う用として手に入れましょう。

\Y!オンラインショップなら手数料無料/

背面に指紋センサーを搭載

Libero S10は背面上部に指紋センサーを搭載していて指紋を登録することで、指を使って画面ロック解除をすることができます。

Libero S10の指紋センサー
Libero S10の指紋センサー

指紋認証から画面ロック解除は十分な速度があるので手で端末を持ったと同時に人差し指を指紋センサーを当てることで素早くホーム画面を表示させることができるでしょう。

Libero S10 指紋認証でロック解除
Libero S10 指紋認証でロック解除

背面に指紋センサーがあるのでテーブルの上に置いて使うときは認証できないのは、まあ仕方ないですよね。顔認証に対応していたら解決できますが14,400円のスマホにそこまでは求められない…。

Libero S10のスペック・性能

デュアルカメラの画質

Libero S10のリアカメラはデュアルカメラ仕様となっています。

Libero S10 リアカメラ
Libero S10 リアカメラ
Libero S10 カメラのスペック
  • リア:1300万画素・F/1.8 + 200万(ポートレート)
  • イン:500万画素

デュアルカメラとはいえ通常の写真は標準カメラだけで撮影しているので普通の画質ですね。明るいところであれば問題なくキレイな写真を撮影することができます

Libero S10のカメラで公園を撮影
Libero S10のカメラで公園を撮影

ただ、光学式手振れ補正など入っていないので少し暗いシーンになると手ブレしてしまうこともあるので、ちょっと扱いは難しいかも。

Libero S10のカメラで夕暮れを撮る
暗いところだと手振れする可能性もある

被写体が鮮やかだからというのもあると思うけど写真の発色は鮮やかです。多分、どのスマホでもいい感じに撮れちゃいそうな被写体ですね..。

Libero S10のカメラで花を撮る
花も色鮮やかに撮影できる

Libero S10のカメラは夜になるとノイジーになります。光学式手ぶれ補正がないので手振れが起きる確率はかなり高いので、写真撮影が一気に難しくなりますね。

Libero S10で夜の階段を撮影
夜間撮影はノイズが多くなる

良い言葉で言うならレトロな感じに写る…といった感じ?

Libero S10の夜間撮影
レトロな感じの写りに

夜でも明るいところなら撮影はできますが、ホントに暗いところになると撮影は難しくなります。

Libero S10は暗い所の撮影は難しい
暗いところだと厳しい

Libero S10は人物の背景をぼかすことができるポートレートモード、ブツ撮り撮影でも使える背景ぼかし機能を搭載しています。しかも、撮影前にF値の調整もできるという…!

 Libero S10の背景ぼかし
Libero S10の背景ぼかし

キレイに咲いている椿を普通の写真モードで撮影するとこんな感じです。

Libero S10で椿を撮影
椿を撮影

同じように椿を「背景ぼかし」モードのF2.0で撮影するとこんな感じで背景をぼかすことができます。

Libero S10の背景ぼかし
キレイなボケを再現できる背景ぼかし

思ってたよりもキレイに背景をぼかしてくれるので驚きです。ポートレート専用のカメラを内蔵しているだけあります。

Libero S10は14,400円で買うことができる格安スマホです。明るいところなら普通に写真を撮ることができますし、十分なカメラ性能といっていいでしょう。

\Y!オンラインショップなら手数料無料/

CPU・GPUの性能

Libero S10のCPUプロセッサはSnapdragon 450を採用しています。スナドラの400番台のプロセッサはエントリースマホに採用していることが多いですね。

Libero S10、Galaxy A20、iPhone 7のCPUの性能をGeekbench 5で比較してみました。

Libero S10・Galaxy A20・iPhone 7 CPU性能
Libero S10・Galaxy A20・iPhone 7 CPU性能
CPU 性能比較
  Libero S10 Galaxy A20 iPhone 7
CPU Snapdragon 450 Exynos 7884B A9
RAM 3GB 3GB 2GB
シングルコアCPU 150 240 714
マルチコアCPU 929 904 1173
GPU 255(Open CL) 811(Open CL) 2815(Metal)

Libero S10のCPUの性能はiPhone 6sとiPhone 7の間となっていて、Galaxy A20よりも少しだけ高いスコアとなっています。ただ、GPUのスコアが極端に低いのが気になるところではあります。

Antutuで性能の比較をしてみました。

Antutuの比較
  Libero S10 Galaxy A20 iPhone 7
CPU Snapdragon 450 Exynos 7884B A9
RAM 3GB 3GB 2GB
総合 81804 112411 143802
CPU 37615 46821 43579
GPU 5686 15950 46212
MEM 24354 26004 29547
UX 14149 23636 24464

かなり厳しいスコアとなっていますね。エントリーモデルのGalaxy A20よりも70%ほどの性能しかありません。

とはいえ、2018年モデルのAQUOS sense2もSnapdragon 450を採用していますし普通にスマホとして使えます。

実際にブラウザでのインターネット、TwitterなどSNS、YouTubeといったコンテンツは問題なく見ることが可能でした。

ただ、動作は基本的にモッサリしています。

最新のハイエンドスマホに慣れてると投げつけたくなります。あくまでケータイから乗り換える方が使うのに良い端末なのかなぁと感じます。

普通のゲームならプレイできる

GPUの性能が低いのでゲームできないんじゃないの?と思うかもしれませんが、一般的なゲームであれば遊ぶことが可能となっています。

Libero S10でもゲームはできる
Libero S10でもゲームはできる

3Dグラフィックの荒野行動、DBレジェンド、ドラクエウォークなども起動して普通に遊ぶことができました。

数値上ではグラフィック性能が低いLibero S10でも最近のプロセッサであれば問題はないということなんでしょうね。

ちなみにEpic Gamesのアプリからダウンロード・インストールが必要となるフォートナイトはインストールできないので遊べません。注意です。

\Y!オンラインショップなら手数料無料/

Libero S10 レビュー・評価:まとめ

Libero S10
Libero S10

Libero S10はワイモバイルで買うことができる格安スマホです。ドコモ・auからワイモバイルに乗り換えで端末価格がとにかく安いので安くスマホを持ちたい人におすすめのモデルとなっています。

Libero S10の良いところ
  • 端末価格が14,400円ととにかく安い
  • 安いのにガラス筐体でチープ感のないスタイル
  • 指紋認証で画面ロック解除ができる
  • リアカメラが背景ぼかす機能に対応してる

Libero S10はとにかく安く買うことができるのが大きなメリットですが、大手キャリアのスマホのように余計なアプリが一切入っていない素のAndroidを使うことができるのも良いところ。

CPUの性能は低いですがゲームは普通に遊べるし特に問題はなさそうです。

Libero S10の惜しいところ
  • 基本的に動作はモッサリしている
  • Felica(おサイフケータイ)に非対応
  • Wi-Fi 5(ac)に非対応(b/g/nに対応)

動作は基本モッサリしているので5万円くらいのスマホから乗り換えたとしたら投げつけたくなると思います。

ケータイから乗り換えをする人、かなり昔の格安スマホを使っている人が乗り換えるのならアリな端末です。

また、Felicaには非対応なのでSuicaなどを登録して決済することはできません。なので、電子マネーを使いたいならLibero S10は使えないのでAndroid One S6を選びましょう。

\Y!オンラインショップなら手数料無料/

オンラインショップがお得

事務手数料・頭金がかからない

ドコモ・au・ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは「ワイモバイルオンラインショップ」から手続きする事務手数料が無料になるなどメリットがあります。

ワイモバイルオンラインショップのメリット
  • 事務手数料の3,300円が無料になる
  • 端末購入の頭金(手数料)がかからない
  • アウトレットで限定セールで安くスマホが買える
  • 待ち時間がなく送料も無料

頭金は端末購入時にかかってくる手数料みたいなもので実店舗の代理店によっては5,000円〜10,000円ほどかかってくることがあります。そんな中で、ワイモバイルオンラインショップなら頭金は0円なので無駄なお金を支払う必要がなくなります。

家族がいると事務手数料も含めるとかなりの金額になってしまうので、少しでも安くワイモバイルに乗り換えをするならワイモバイルオンラインショップを活用するのがおすすめです。

ワイモバイルの評判・口コミはこちらをどうぞ。

ワイモバイルのメリット・デメリットはこちら。

そのほかのワイモバイルの端末はこちらです。

https://www.sin-space.com/entry/ymobile-osusumesumaho

https://www.sin-space.com/entry/ymobile-uqmobile-iphone-se2