LG Style3 レビュー

ドコモの4Gスマートフォン・LG Style3(L-41A)は2020年6月25日に発売した価格の安いミドルレンジスマホですがCPUにハイエンドクラスのSnapdragon 845を搭載した面白い端末です。

これがね、この価格帯(2.5万〜4万円)ではあり得ないくらい快適に動作しちゃうんですよ。カメラの画質もプロセッサが高性能だからそれなりに撮影できるし…。ちょっと不意を突かれた感じですね。

Snapdragon 845は2018年のハイエンドスマホに採用していたプロセッサでXperia XZ3、Galaxy S9などに搭載されてました。2世代前とはいえハイエンドプロセッサなので、2020年のGalaxy A41Xperia 10 Ⅱなどのミドルレンジクラスのスマホよりも性能は高く動作速度は快適となってます。

ここでは、LG Style3のデザイン、サイズ、スペック、性能をレビューしているので、ドコモの4Gスマートフォンを検討している方は参考にしてみてください。

(※メーカーさんに実機をお借りして記事にしております。)


\iPhone 12・12 Pro 販売開始/

LG Style3(L-41A)の特徴

LG Style3
LG Style3
LG Style3の特徴
  • 6.1インチ(3,120×1,440)有機ELディスプレイを搭載
  • CPUはSnapdragon 845 + 4GB メインメモリ
  • 64GBのストレージ容量(microSDカードで最大1TB)
  • 4820万画素の標準 + 500万画素の超広角カメラ
  • 背面型の指紋認証機能に対応
  • Felica(おサイフケータイ)に対応
  • IP68等級(水深1.5mに30分)の防水防塵
  • MIL規格の耐衝撃性能
  • サイズ:152 × 72× 8.7mm
  • 重量:約160g

LG Style3は6.1インチの有機ELディスプレイを搭載したミドルレンジクラスのスマホとなっていて、ドコモで41,976円(MNPで端末購入割引適用で25,476円で購入可能)で買うことができます。

ミドルレンジクラスの端末でありながらハイエンドのSnapdragon 845を搭載してしまった面白いスマホとなっています。

2年前のプロセッサとはいえハイエンドプロセッサなので高性能なスマホとなっていて、2020年モデルのGalaxy A41Xperia 10 ⅡReno3 ARedmi Note 9Sなどと比べても動作速度が快適で扱いやすい端末となっています。

LG Style3 レビュー

パッケージ・付属品

LG Style3はミドルレンジクラスのスマホですが、しっかりした真っ黒なパッケージがあります。

LG Style3のパッケージ

ただし、説明書が入ってるだけで付属品はとくにないので、充電器やケーブルは別途揃える必要があります。

外観デザイン

LG Style3は6.1インチのディスプレイを搭載したベゼルレススタイルのスマホとなっています。画面上部のインカメラは台形型のノッチスタイルとなっています。

LG Style3の正面デザイン
LG Style3の正面デザイン

筐体は光沢のあるプラスチック素材を採用しています。

LG Style3の筐体デザイン
LG Style3 背面デザイン

光沢のあるパネルを採用しているので指紋は付きやすく、細かい傷が付きやすいので気になる方はミラーブラックではなくオーロラホワイトを選んだ方がいいのかもしれません。

LG Style3は背面上部にデュアルカメラと指紋センサーを搭載しています。

デュアルカメラと指紋認証
デュアルカメラと指紋認証

背面パネルに指紋認証を搭載したスマホは最近は少なくなっていますが、手で持った時に指が指紋センサーに自然と触れるので扱いやすいスマホとなっています。

背面パネルとサイドフレームは分離したスタイルを採用していて、耐久性が高そうな金属素材を採用しています。(おそらくアルミフレームだと思います。)

LG Style3の操作ボタン
音量ボタンとAIボタン

筐体の左側には音量ボタンとAIボタンを搭載しています。このAIボタンを押すことでGoogleアシスタントを起動し音声検索、天気などの表示ができるようになっています。

AIボタンは基本的にGoogleアシスタントを一発で起動させるための専用ボタンとなっていて、他の機能の割り当てには使えないっぽいですね。設定を探してみましたが、それらしい項目が見当たらなかったです。

LG Style3は3.5mmオーディオジャックを搭載しているので、有線イヤホンを使って音楽を楽しむことができます。

3.5mmオーディオジャンクとUSB-Cポート
3.5mmオーディオジャンクとUSB-Cポート

充電ポートはUSB-Cを採用していてい急速充電に対応しています。

筐体下の右にあるのは内蔵スピーカーですね。モノラルサウンドですが、音がこもることなく音は聞きやすいものになっています。筐体の右側にはサイドボタンを搭載していてスリープ解除する時に使うことになります。

LG Style3のサイドボタン
筐体右側にサイドボタンを搭載

また、筐体右の下側にSIMカードスロットを搭載していて、nanoSIMとmicroSDカードを入れることができるようになっています。

microSDカードとnanoSIM
microSDカードとnanoSIM

LG Style3のストレージ容量は64GBと少なめですが、microSDカードを使うことで最大1TBの容量まで拡張することができます。

筐体サイズと使いやすさ

LG Style3は6.1インチのディスプレイを搭載していて筐体の横幅72mmとなっていて、意外と操作しやすいサイズ感となっています。

LG Style3のサイズ感
LG Style3のサイズ感

200gの重さを超えるとずっと使ってると手が痛くなってきますが、LG Style3は背面パネルにプラスチック素材の筐体を採用していることもあり、重量が160gとそこそこ軽くて長時間使用にも耐えることができます。

片手操作はちょっと厳しめ
片手操作はちょっと厳しめ

片手操作するには少しだけ筐体が大きめですが、文字入力なら片手キーボードやフローティングキーボードを設定することで、片手操作も問題なくできる環境を作ることが可能となっています。

高精細なディスプレイを搭載している

LG Style3のディスプレイは有機EL(OLED)となっていてFull HD +よりも解像度の高いQuad HD+(3,120×1,440ピクセル)の高精細なパネルを採用しています。

LG Style3の画面サイズ・解像度
 LG Style3LG Style2
サイズ6.1インチ6.0インチ
画面比率19:918:9
解像度3,120 × 1,440ピクセル2,160 × 1,080ピクセル
スペック有機ELディスプレイ液晶ディスプレイ

同じシリーズとは思えないくら、ディスプレイのスペックが大幅に向上していて、ハイエンドスマホに迫る高画質な画面でコンテンツを楽しむことが可能となっています。

LG Style3の2画面表示
LG Style3の2画面表示

LG Style3のディスプレイは3,120×1,440ピクセルの高解像度なので文字の大きさを小さくして表示してもキレイを保つことができるので、2画面表示にしても情報量を多く保つことができます。

設定アプリの「画面の色調整」で細かく設定することが可能となっています。初期設定は「自動」となっていますが、「シネマ・スポーツ・ゲーム・写真・ウェブ・エキスパート」を設定することができます。

また、「自動」や「エキスパート」を選択することで「色温度」や「RGB」で好みの色の画面に調整も可能。

LG Style3の色調整
画面の色調整を細かくできる

フルスクリーンによる動画再生時の画質を向上させることができます。

動画の画質向上
動画の画質向上

LG Style3のディスプレイはクアッドHD+解像度なのでアップコンバートでもしてるのかも。ONにすることでクリアで鮮明な映像にすることができます。また、ノッチ部分の角の形状も変更することが可能となっています。

LG Style3のノッチ
ノッチのスタイルも変更できる

有機ELディスプレイなのでノッチ部分を黒くしても違和感のないスタイルにすることができるので、気になる方は形状を変更しておくのもいいと思います。

背面パネルに指紋認証センサーを搭載

LG Style3は指紋認証に対応
LG Style3は指紋認証に対応

LG Style3は背面パネルの上部に指紋センサーを搭載していて、登録した指を添えるだけで画面ロック解除をすることができます。

背面パネルに指紋センサーを搭載
背面パネルに指紋センサーを搭載

最近のスマホで背面パネルに指紋認証を搭載したモデルはあまりないですが、精度が高くて認証速度も速いので安定した使用感となっていますね。ただ、机に置いたまま認証できないのがどうしても不便だと感じてしまいます。

顔認証があれば問題はないのですがLG Style3は指紋認証しか使えないのが惜しいところ。

LG Style3 スペック・性能

LG Style3のスペックは以下のとおりです。

LG Style3のスペック
画面サイズ6.1インチ
解像度3,120 × 1,440ピクセル
パネル有機EL
CPUSnapdragon 845
メインメモリ4GB
ストレージ64GB(microSD最大1TBまで)
リアカメラ標準4820万画素(F/1.8) + 超広角500万画素(f/2.2)
インカメラ810万画素(f/1.9)
生体認証指紋認証
バッテリー3500mAh・急速充電対応
Bluetooth5.0
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
4G LTE(ドコモ)
下り最大500Mbps/上り最大75Mbps
NFCFelicaに対応
防水防塵IP68(水深1.5mに30分間耐えられる)、14項目のMIL規格(mil-std-810G)に準拠
サイズ152 × 72 × 8.7mm
重量160g

型落ちのSnapdragon 845を搭載している

LG Style3は2018年のハイエンドスマホに採用していたSnapdragon 845に4GBのメインメモリを搭載しています。ミドルレンジクラスのスマホでありながらハイエンドプロセッサを搭載した異色の端末となっています。

Geekbench 5でCPU、GPUの性能を計測してみました。

LG Style3とRedmi Note 9SのCPU性能比較
LG Style3とRedmi Note 9SのCPU性能比較
LG Style3のCPUのスペック・性能
 LG Style3Redmi Note 9SXperia 10 Ⅱ
CPUSnapdragon 845Snapdragon 720GSnapdragon 665
メインメモリ4GB6GB4GB
ストレージ容量64GB128GB64GB
シングルコア519505313
マルチコア205917551383
グラフィック(OpenCL)21771232361

さすがハイエンドプロセッサですね。

マルチコアスコアで最新のSnapdragon 720Gの1755より上をいく2059と20%ほど性能が高く、2020年の3〜4万円代スマホに多く採用しているSnapdragon 665の1383よりもSnapdragon 845は45%も性能が高くなっています。

CPUの性能だけでなくグラフィックの性能もかなり高いので負荷のかかるゲームを軽々と動作させることが可能となっています。

Antutuでも性能を計測してみたところ圧倒的な性能差を見せつけられました。

AntutuによるCPU性能比較
AntutuによるCPU性能比較
LG Style3のCPUのスペック・性能
 LG Style3Redmi Note 9SXperia 10 Ⅱ
CPUSnapdragon 845Snapdragon 720GSnapdragon 665
メインメモリ4GB6GB4GB
ストレージ容量64GB128GB64GB
トータル287357273993174358
CPU882849807470425
GPU1053847174134741
MEM495415147837138
UX441485270032054

トータルの性能はSnapdragon 845を搭載しているLG Style3が高くなっています。Redmi Note 9SのSnapdragon 720Gも意外とスコアを伸ばしているので、ミドルレンジクラスのプロセッサの性能はかなり向上していることがわかります。

2020年の3〜4万円のスマホはXperia 10 Ⅱにも採用しているSnapdragon 665を採用している端末が多いので、それと比べるとLG Style3はワンランク上の性能を持ってることがわかります。

旧世代のプロセッサを最新のミドルレンジスマホに採用したのは面白いですよね。

確かに最新のプロセッサを採用することにあまり意味はないのかもしれない。使わなくなったハイエンドプロセッサを安く仕入れることができるのならそれでいいのかもしれないです。

ゲームの動作はハイエンドスマホ並み

LG Style3は高性能プロセッサのSnapdragon 845を搭載していることもあり、3Dグラフィックを多用したスマホゲームもハイエンドスマホ並みに快適に遊ぶことが可能となっています。

例えば、PUBG mobileだと画質は「HDR」に、フレーム設定は「ウルトラ」に設定することができます。

実は、この設定はSnapdragon 865を搭載しているXperia 1 ⅡGalaxy S20と同じとなっていて最新のハイエンドスマホと同じクオリティでゲームを楽しむことができます。

やっぱりね、型落ちとはいえハイエンドプロセッサは動作はとっても快適です。画質もキレイでフレームレートも滑らか。ハイエンドスマホと全く同じ体験をすることができます。

これが2.5万円〜4万円で手に入れることができるて、コストパフォーマンスは最強といっていいかもしれないです。

ただし、Snapdragon 845は発熱が結構あります。ゲームを少し遊んだだけで筐体がそれなりに熱くなってしまいますし、カメラで連続撮影してもそれなりに熱くなります。

LG Style3 カメラの性能・画質

スペック・性能

LG Style3のリアカメラは広角の標準カメラが4820万画素(F/1.8) 、 超広角カメラが500万画素(f/2.2)となっています。

LG Style3 リアカメラ
LG Style3 リアカメラ
LG Style3のカメラスペック
 LG Style3LG Style2
標準カメラ4820万画素・F/1.8・1/2型1620万画素・F/2.2・1/3型
超広角カメラ500万画素・F/2.2・1/5型1310万画素・F/1.9・1/3.4型
インカメラ810万画素・F/1.9・1/4型810万画素・F/1.9・1/4型

広角の標準カメラは4820万画素の高画素で1/2インチの大型のイメージセンサーを搭載しています。カメラの「設定」から4800万画素の高精細な撮影もできるようになっています。

4800万画素の撮影に対応
4800万画素の撮影ができる

ただ、4800万画素による写真撮影はデータ量が肥大化するのでおすすめしません。通常は1200万画素モードでちょうど良いデータ容量にダウンサイズして撮影するのがいいでしょう。

望遠カメラは非搭載ですが、高画素のイメージセンサーを搭載しているのでデジタルズームした時も画質の劣化を落とすことなく撮影することが可能。しかも、Snapdragon 845の高性能プロセッサを搭載しているのでレスポンスも良くて使いやすいです。

LG Style3は標準モードだけでなく「AIモード」というカメラモードでの撮影も可能となっています。

LG Style3のAIカメラ
AIカメラモード

AIカメラモードによってシチュエーションに応じて最適なモードに切り替えてキレイな写真をかんたんに撮影することができます。

また、人物撮影をした時に傾きなどを自動的に調整、トリミングしていい感じの写真に仕上げてくれる「おすすめのAI構図」という機能も搭載しています。

リアカメラの画質

LG Style3の標準カメラは4820万画素(F/1.8)の高画素イメージセンサーを搭載しているので通常モードは1200万画素にダウンサイズされるとはいえ高精細な写真を撮影することができます。

LG Style3の標準カメラで公園を撮影
標準カメラで公園を撮影

シャッターボタンを押しただけで色鮮やかな写真をかんたんに撮影することが可能となっています。

LG Style3の標準カメラで遊具を撮影
標準カメラで遊具を撮影

F/1.8の明るめのレンズの1/2インチの大型センサーを搭載しているので、夜でも光がそこそこあるところであれば、手振れさせることなく色鮮やかで高精細な写真を撮影することができます。

LG Style3の標準カメラで夜に咲く花を撮影
標準カメラで夜に咲く花を撮影

これくらいの光量のあるところなら問題なく撮影することができます。

LG Style3の標準カメラで夜の街を撮影
標準カメラで夜の街を撮影

夜の飲み屋街もこれくらいの光量があれば問題なく撮影ができます。

LG Style3の標準カメラで飲み屋を撮影
標準カメラで飲み屋を撮影

夜の横断歩道の信号機を撮影してみましたが、デジタルズームしても問題なく撮影することができるようです。

LG Style3のデジタルズームで信号機を撮影
デジタルズームで信号機を撮影

ただ、ソフトウェアでノイズをかなり消している感じがするので少しだけのっぺりとした画質になってるように見えます。LG Style3のデジタルズームはノイズが少ないのでスマホで閲覧するくらいならキレイに見えます。

超広角カメラの画質

LG Style3の超広角カメラは500万画素と広角カメラと比較すると控えめとなっています。

画質も広角カメラと比較すると物足りなさはあり、画像の周辺もレンズの歪みが出てしまっています。ソフトウェアでの画像修正はできないようです。

超広角カメラでもしっかりとHDRによる撮影ができるので、意外と夜の光とか白トビしていないのが分かります。

背景をぼかすポートレートモードを搭載

LG Style3は背景をぼかすポートレートモードによる撮影もできます。

LG Style3のポートレートモード
ポートレートモードで背景をぼかす

ポートレート用のカメラは非搭載なのでボケの精度はそれなりですが、背景をぼかして楽しむことは可能となっています。

LG Style3のポートレートモード(夜間撮影)
夜でもポートレートモードを使える

もちろん、背景のぼかし具合を撮影中・撮影後に調整することもできます。

HDR撮影はハイエンドスマホ並み

LG Style3はミドルレンジクラスの端末ですが、プロセッサがハイエンドのSnapdragon 845を搭載していることもあり、HDRによる処理はハイエンドスマホ並みの性能を持っています。

夜の立体駐車場を撮影してみたところ、シャッターボタンを押しただけで看板の白トビをしっかりと抑えつつ明暗差の少ない写真に仕上げることができます。

LG Style3の標準カメラの自動HDR撮影
自動HDRで白トビの少ない写真に

超広角カメラでも自動HDRによって白トビを抑えることができます。

LG Style3の超広角カメラの自動HDR撮影
超広角カメラも白トビを抑えられる

さらにデジタルズームしてもノイズの少ないキレイな写真を撮影することが可能となっています。

5倍デジタルズームでも白トビしない
5倍デジタルズームでも白トビしない

3〜4万円のスマホはナイトモードにすることで看板の白トビを抑えた写真を撮影することができる端末が多いですが、LG Style3はシャッターを切っただけでこの写真を撮影できます。

これはプロセッサの性能が高いからできる技なんでしょうね。ただ、LG Style3はカメラのレンズの品質がイマイチのようで、真っ暗なところでの撮影になると明るく撮影してくれますが画像にスジが入ってしまいます。

真っ暗闇の撮影だとスジが出る
真っ暗闇の撮影だとスジが出る

ただ、ここは本当に真っ暗闇の中に家の光があるだけの場所なので普通では撮影しないシチュエーション。このようなところでの撮影をしないならLG Style3でも問題はないでしょう。

https://www.sin-space.com/wp-content/uploads/2020/07/lg-style3-photo-006-l-1-scaled.jpg
フレアが出てしまう

まあ…カメラのレンズの質があと一歩なのかな。見た目からコストダウンしてそうなレンズに見えますし。

もう少しだけレンズの質にもこだわってくれたら、もっと画質が良くなったんじゃないかなと思いますが、2.5万円〜4万円の低価格スマホですし仕方ないのかもしれません。

LG Style3(L-41A)端末価格

LG Style3はドコモでL-41Aという型式で41,976円で販売されています。その他のキャリアからは発売されていません。

LG Style3の端末価格
  • 新規契約:41,976円
  • 機種変更:41,976円
  • 乗り換え(MNP):41,976円 – 16,500円 = 25,476円

新規契約と機種変更は41,976円ですが、MNPによる乗り換えなら端末割引16,500円により25,476円で買うことができます。au、ソフトバンクの回線からの乗り換えならかなり安い金額となっていますね。

LG Style3(L-41A)レビュー:まとめ

LG Style3は6.1インチの有機ELディスプレイにハイエンドプロセッサのSnapdragon 845を搭載しているので3〜4万円で買うことができるスマホとなっています。

LG Style3 の良いところ
  • 有機EL・高解像度で画面がキレイ
  • ハイエンドのSDM845で快適に動作する
  • 背面タイプの指紋認証を搭載している
  • 3.5mmオーディオジャックを搭載
  • おサイフケータイに対応している
  • IP68の防水防塵性能を備えている
  • 14項目のMIL規格対応で耐久性が高い
  • 端末価格が4.1万円と安い

Snapdragon 845は2年前のハイエンドスマホに搭載していたSoCですが、今でも快適に使える性能の高いプロセッサです。2020年モデルのエントリースマホより処理性能が高いのでネットサーフィン・SNS・ゲームも快適にすることができます。

画面サイズもちょうど良いサイズ感ですし使いやすい端末に仕上がっていますよ。

LG Style3の惜しいところ
  • 顔認証に対応していない
  • 背面パネルが指紋付きやすい
  • ワイヤレス充電に非対応

LG Style3は指紋認証に対応していますが、顔認証認証には非対応となっています。

デザインが少し前のスマホみたいなので目新しさは特にないですが、性能が高いので普段使いの用途においては十分すぎるスペックを持っていると見ていいでしょう。

また、IP68等級の防震防水性能に加えて14項目のMIL規格(落下、防水(浸漬)、防塵(6時間風速有り)、塩水耐久、防湿、耐日射(連続)、耐振動、防水(風雨)、高温動作(60℃固定)、高温保管(70℃固定)、低温動作(-20℃固定)、低温保管(-30℃固定)、低圧動作、低圧保管)に対応。

見た目以上に耐久性が高い端末となっているので過酷な環境下でスマホを使う仕事用のスマホとして使うことができるのかもしれません。

LG Style3は2020年のドコモのスタンダードモデルの中ではスペックは間違いなくトップクラスです。格安スマホにハイエンドプロセッサを搭載したようなもんですからね。

なので、カメラや筐体の質感はエントリー向けのスマホって感じはしますが、性能にこだわるのならLG Style3はかなりおすすめなのかなと感じます。

LG Style3
■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
4
■ 持ちやすさ:
4
■ 処理性能:
4
■ カメラ性能:
3
■ 電池の持ち:
3.5
■ 価格の安さ:
4.5

Galaxy A41Xperia 10 ⅡRedmi Note 9Smoto g8OPPO Reno3 Aはこちらです。

ドコモのおすすめスマホはこちらです。