Kindle(2019モデル)レビュー

電子書籍端末のKindleが2019年モデルにアップデートされて、ついにフロントライト内蔵式へグレードアップしています。

この記事では2019年4月に発売がスタートした新型のKindle(2019・第10世代)のデザイン、スペック、使いやすさのレビューと旧型のKindle(第9世代)やKindle Paperwhiteとの違いについても比較をしていきたいと思います。

 

Kindle(2019)レビュー

KindleはAmazonの電子書籍サービスを使うことができる電子書籍端末で、一番安く購入することができる機種となっており、旧モデルはフロントライトを内蔵していなかったので真っ暗なところで本を読むことはできませんでした。

しかし、2019年4月に発売した新型のKindle(2019)はフロントライトを搭載したため、真っ暗闇の中でも電子書籍を読むことができるようになりました。

Kindle(2019)の新機能
  • フロントライトを内蔵した
  • 本体サイズが少しだけ小さくなった
  • 端末価格が1,000円高くなった

フロントライトが内蔵されただけではなく、外観デザインも刷新されていて丸みのあるスタイルから少しだけシュッとしたスタイルへと変更されて本体の厚みもほんのわずかですが薄くなっています。

とはいえ、比較しないと分からないレベルの変更点なので、旧型のKindleを使っていてフロントライトが必要ないのであれば乗り換えるほどのモデルチェンジではないでしょう。

では、Kindle(2019・第10世代)を詳しくレビューしていきたいと思います。

パッケージと付属品

Kindle(2019・第10世代)は青色ベースのパッケージに収められており、本体、説明書、USBケーブル(Micro-B)が同梱されています。

Kindle(2019・第10世代)パッケージと付属品

ケーブルは付属していますがiPhoneやAndroidスマホの充電アダプタを代用することができるのでスマホかタブレットを使っているなら特に問題なく充電できますしPCのUSBポートからも充電ができます。

どうしても、充電する元がないという方はサードパーティ製の充電アダプタを購入する必要があります。

外観スタイル

Kindle(2019・第10世代)はブラックカラーかホワイトカラーのどちかを選ぶことができます。

Kindleの本体カラー

Kindle Paperwhiteが防水仕様になったことでホワイトカラーが廃止されてしまいましたが、Kindleは引き続きホワイトも選ぶことができるようになっています。

本当はホワイトモデルが欲しかったのに間違えてブラックカラーのKindleを購入してしまいました。ブラックモデルも格好良くていいんですけど、ホワイトの方が好き。

Kindle(2019・第10世代)外観デザイン

パッと見た感じは従来のKindleのスタイルそのものです。

Kindle(2019・第10世代)背面パネル

Kindle(2019・第10世代)は外観デザインが少しだけ変更されているのですが、何が変わったのか分からないですね。

電子ペーパー + フロントライトを搭載

Kindleはフロントライトを内蔵した電子ペーパー(e-ink)ディスプレイを採用しています。

電子ペーパー(e-ink)とは
  • 電気によって画面を表示させたり消去することができるディスプレイ
  • バックライトやフロントライトがなくても環境光の反射で画面を表示できる
  • 消費電力が非常に少なくKindleなら数週間も使える

旧型のKindle(2017)はフロントライトを搭載してませんが、暗い部屋でも文字を読むことができるくらいの光源があれば紙の本を読むのと同じように電子書籍を読むことができました。

とはいえ、暗い部屋だと読みにくいのは確かです。今までは上位モデルのKindle PaperwhiteやKindle Oasisにフロントライトを内蔵していましたが、新型のKindleでもついにフロントライトを内蔵してきました。

Kindleのフロントライトの有無
Kindleのフロントライトの有無

ディスプレイの後ろからライトを当てるバックライトではなく画面の端から表面を光を当てるフロントライトなので、目が疲れにくく長時間の読書も可能となっています。

なお、明るさは24段階で細かく調整することができます。

Kindle(2019)の内蔵フロントライト
Kindle(2019)の内蔵フロントライト

なので、状況に応じて最適な明るさで電子書籍を読みまくることができるでしょう。

使いやすさについて

Kindleは単行本小説と同じくらいの本体サイズを実現していて、本体重量もiPhone XSよりも軽量なので、気軽にどこにでも持ち運ぶことができます。

筐体にはシボ付きの樹脂が採用されていて傷が付きにくくなっています。

Kindle(2019・第10世代)筐体素材

何よりもKindleは端末価格が安いので「傷付いてもいいや。」って思えるので本体ケースなしで気軽に使うことができるのがKindleのいいところでもあります。

このコンパクトボディに数千冊をダウンロードできて、いつでもどこでも気軽に本を読むことができるのがKindleのメリットです。

さらに、電子書籍を見るためだけの端末で、メールなどの通知が来ないので本に没入することができ、スマホやタブレットで電子書籍を見るよりも集中することが可能です。

Kindle(2019・第10世代)手で持った感じ

電子ペーパーディスプレイ(e-ink)が本当の紙のような質感なので、とても読みやすく、反射しないディスプレイで明るい日差しの下でも問題なく読書を楽しむことができます。

昼下がりにテラスのある喫茶店で読書なんて素敵じゃないですか。(願望)個人的にKindleが好きな理由をまとめました。

Kindleの良い点
  • 電子書籍をどこでも読むことができる
  • 本体サイズが小さくて持ち運びしやすい
  • 電子ペーパーディスプレイで本が読みやすい
  • 大量の本をダウンロードしておける
  • 片手で本を読むことができる
  • バッテリー駆動時間が長い

普通の紙の本だと両手で持って読むのが普通だと思いますが、Kindleなら片手でKindleをもつことができ、画面をタッチするだけでページ送りすることができるので操作性は非常に良いです。

Kindleの残念な点
  • 画面の切り替え、スクロール動作が遅い
  • 本の流し読みがしにくい、戻りにくい

電子ペーパーディスプレイの欠点と言ってもいいのかもですが、Kindleは画面の切り替えやスクロール動作がタブレットなどと比べるとワンテンポ遅いので、おすすめ本をストアで探すのは一苦労です。

ただ、本のページ切り替えについては個人的にはあまり気にならないですかね。また、続きを読む前に少し前に戻りたい時があると思いますが、それも何回も画面をタップしないといけないので使いにくいと感じることがあります。

とはいえ、たくさんの本をこの小さなボディの中に詰め込んで置けるのは大きなメリットであり、本をたくさん読む人にとっては強力なガジェットになるのではないでしょうか。

なお、ケースなしを推奨しておきながらケースを使うことで筐体と画面を守るだけでなく、オートスリープ機能を使うことができるので機能的にはケースを使った方が使いやすいかもしれません。

Kindle Paperwhiteはケースを付けて使っていますが、カバーを開くだけでスリープ解除できるのはかなり便利なんですよね。

Kindle(第10世代)と(第9世代)の違い

旧型のKindleとの違いを比較してみました。

Kindle(2019)と(2017)正面パネルの違い
Kindle(2019)・Kindle(2017)

スペックの違い

Kindle(2019・第10世代)と(2017・第9世代)のスペックの違いは以下のとおりです。

Kindle(2019)vs Kindle(2017)
Kindle(2019・第10世代)Kindle(2017・第9世代)
画面サイズ6インチ(電子ペーパー)
解像度167ppi
内蔵ライトあり-LED4個
ページ送りタッチスクリーン
ストレージ容量4GB
通信仕様Wi-Fi
防水仕様
サイズ160 x 113 x 8.7 mm160 x 115 x 9.1 mm
重量174g161g
価格8,980円7,980円(販売終了)

ディスプレイは6インチ(167ppi)と全く同じですが、フロントライトを内蔵して筐体サイズが少しだけコンパクトになりましたが重量が13gほど重くなっています。端末価格が1,000円アップの8,980円となってしまったのは残念なところ。

フロントライトの有無

旧型はフロントライトを搭載していなかったですが、新型のKindle(2019)は内蔵されたので暗いところでもしっかりと画面を表示させることができるので、どこでも読書をすることができます。

フロントライトの有無
左:Kindle(2019)、右:Kindle(2017)

Kindleのフロントライトのいいところは必要がなければ明るさを0にすることもできるので、光が眩しいなと思ったら細かく調整できる点でしょうか。

外観の違い

四隅の角のRが新型のKindle(2019・第10世代)の方が丸くなっていますが、背面パネルにかけてのRは鋭角が少しあるスタイリッシュなデザインに変更されています。

Kindle(2019)と(2017)
Kindle(2019)・Kindle(2017)

旧型のKindleはかなり丸いデザインになっていたので可愛らしい雰囲気がありましたが、新型のKindle(2019)はよりスタイリッシュな雰囲気を醸し出しているように感じます。まあ、微々たる変化なので気付かないレベルですが。

Kindle(2019)と(2017)スタイルの違いを比較
上:Kindle(2019)、下:Kindle(2017)

本体下部に電源ボタンとUSBポート(Micro-B)が搭載されているのは同じです。

Kindle(2019)と(2017)
Kindle(2019)・Kindle(2017)

そろそろKindleにもUSB-Cポートを搭載してケーブルを共通化したいけど端末価格を考えるとなかなか難しいところがありそう。もし、USB-Cが採用されるとしたらKindle Oasisが最初になるのかな。

Kindle(2019)と(2017)デザインの違い
上:Kindle(2019)、下:Kindle(2017)

背面パネルのAmazonのロゴが変更されていて、旧型は「Amazon」の文字があるのに対して新型は文字が消えて笑った口のマークのみとなっています。

Kindle(2019)と(2017)ロゴデザインの違いを比較
左:Kindle(2019)、右:Kindle(2017)

最近はこっちのロゴマークを推している感じなんでしょうかね?

 

Kindle(第10世代)とKindle Paperwhiteの違い

Kindle(2019・第10世代)と上位モデルのKindle Paperwhiteのスペックの違いを比較してみました。

Kindle 2019 vs Kindle Paperwhite 2018
Kindle(2019)Kindle Paperwhite(2018)
画面サイズ6インチ
解像度167ppi300ppi
内蔵ライトあり-LED4個あり-LED5個
ページ送りタッチスクリーン
ストレージ容量4GB8GB/32GB
通信仕様Wi-FiWi-Fi・Wi-Fi+無料4G
防水仕様IPX8(水深2メートルまで最大60分耐えられる)
サイズ160 x 113 x 8.7 mm167 x 116 x 8.18 mm
重量174g182g
価格8,980円13,980円〜

Kindleが新型になってフロントライトを内蔵したとしてもKindle Paperwhiteとの機能差はかなりあるので、少しでも快適に電子書籍を読むならKindle Paperwhiteを選ぶのがおすすめです。

Kindle Paperwhiteを選ぶメリット
  • 解像度が高いので字が見やすい
  • たくさんの電子書籍をダウンロードできる
  • 無料4Gモデルがある(外でも電子書籍をダウンロードできる)
  • 防水仕様(水深2メートルまで最大60分耐えられる)

画面の解像度の違い

Kindle(2019)はフロントライトを手に入れましたが画面解像度は167ppiのままなので、300ppiの解像度を持つKindle Paperwhiteの方が文字の滑らかさは格段に上となっています。

KindleとKindle Paperwhite 画面解像度の違い
左:Kindle、右:Kindle Paperwhite

Kindleは文字のドットが目視で判別することができますが、Kindle Paperwhiteはドットを目視で識別することはできないくらい滑らかな表示ができます。とはいえ、Kindleの文字が見にくいというわけではなく、小説を読むのなら十分に楽しむことができます。

ただし、漫画になると吹き出しの文字が細かいことがあります、Kindleだと読みにくい場合があるので電子書籍の漫画を読むことが多い方はKindle Paperwhiteの方がおすすめです。

ストレージ容量の違い

Kindle Paperwhiteのストレージ容量は8GBか32GBのどちらかを選ぶことができますが、Kindleは4GBのみとなっています。

ストレージ容量の違い
  • Kindle:4GB
  • Kindle Paperwhite:8GB、32GB

なので、容量の多い漫画を読むことが多いならKindle Paperwhiteを選んだ方がいいでしょう。ただ、Kindleの電子書籍は一度購入してしまえばストレージから削除してもいつでも再ダウンロードできるので、個人的にはあまり問題はないのかなと感じます。

防水仕様の違い

Kindleは防水仕様ではないですが、Kindle PaperwhiteはIPX8(水深2メートルまで最大60分耐えられる)の防水仕様となっています。

Kindle Paperwhite 2018 防水性能 ディスプレイ
Kindle PaperwhiteはIPX8の防水性能に対応
防水仕様の違い
  • Kindle:-
  • Kindle Paperwhite:IPX8(水深2メートルまで最大60分耐えられる)

なので、お風呂に浸かりなら本を読むこともできます。

外観の違い

KindleとKindle Paperwhiteの外観は意外と違っており、ベゼルの幅がKindleの方が狭くコンパクトとなっています。Kindleは画面が窪んでいますがKindle Paperwhiteはフラットパネルが採用されているのも見た目の違いとなっていますね。

Kindle 2019とKindle Paperwhite 外観の違い
左:Kindle 2019、右:Kindle Paperwhite

フラットパネルは見た目は良いですが指紋が目立ちやすいのが個人的にあまり好きではないポイントでもあります。

筐体の素材はKindleはしぼ付きの樹脂になっていますが、Kindle Paperwhite は触り心地のよりすべすべとした樹脂素材が採用されています。

Kindle 2019とKindle Paperwhite 筐体の素材
左:Kindle 2019、右:Kindle Paperwhite

どちらがいいのかは好みの問題ですが個人的にはKindleのザラザラした筐体の方が持ち心地は良いなと感じます。

Kindle 2019とKindle Paperwhite 充電ポート
左:Kindle 2019、右:Kindle Paperwhite

全体的なデザインは同じとなっていて丸み加工されているRの角度などはほぼ同じとなっています。とはいえ、ベゼル幅の狭いKindleの方が少しだけコンパクトで小ぶりとなっているので、少しでも小さい方がいい方はKindleを選ぶのがおすすめです。

a

 

まとめ:Kindleでいいのかもしれない

今、Kindle Paperwhiteをメインで使っていますが、フロントライトが搭載されたのでワンサイズコンパクトなKindleを使ってもいいような気がしてきました。

確かに画面解像度はKindle Paperwhiteの方が高くて文字を滑らかに表示することができますが、Kindleの文字が読みにくいわけではないですし、漫画はKindleでほとんど読まないので問題はないんですよね。

それよりも画面のパネルに指紋が付きにくくて持ち運びしやすいKindleの方がいいのでhないだろうか…。しばらく、Kindleを使ってみて判断してみたいと思いますが何れにしても電子書籍を普通に楽しむならKindleで十分でしょう。

Fireタブレットについてはこちらの記事をどうぞ!