小学生になる子供にキッズケータイは必要? 各キャリアの料金を比較

この春から娘が小学1年生になるので、3年前に息子にキッズ携帯を持たせたので娘にも同じように位置情報サービスが使える大手キャリアのキッズケータイを持たせました!

「6歳で携帯電話を持つなんて速いのでは?」と思うかもですが、今は自宅には固定電話を引いてない家庭も多くキッズ携帯を持っていないと早めに帰ってきた時に子どもと連絡できない状況になってしまいます。

なので小学生になったら連絡することができるキッズケータイは必要な連絡ツールになると思うんですよね。

ということで、キッズケータイを子供に持たすことのメリット、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のキッズ携帯の料金プランの違いなどについてまとめました。

キッズケータイの必要性、キャリアのキッズ携帯の違いを比較

キッズ携帯は必要なのか?

昔は携帯電話なんてなかったし子どもが一人でお留守番をする家庭も数多くあったので「キッズ携帯やみまもりケータイなんていらないのでは?」と思ってしまいます。

でも、時代は変わりました。いつ何時、何が起こるかわかりません。

昔は家に固定電話が100%あったので仕事先から連絡しようと思えばできましたが、今は固定電話を引いていない家庭も多いのでキッズ携帯など子どもが使うことができる通信手段は必須となっています。

(ただ、昔の親と比べても心配性になった可能性は否定できませんが…。)

20170315095818j:plain

キッズ携帯の機能・できること

キッズケータイはスマホではなく携帯電話がベースとなっていて、使える機能が制限されています。

機種によって異なる部分はありますがキッズ携帯で出来ることはおおよそこんな感じでしょう。

キッズ携帯でできること・メリット
  • SMS・電話は登録してあるところだけ
  • 登録してない電話番号から着信しない
  • GPSでお子さんの位置情報がわかる
  • 離れたらアラームが鳴る
  • 防犯ブザーが付いている
  • 現場急行サービス(有料)
  • 高速移動通知(au・ソフトバンク)
  • 防水防塵仕様

電話帳に登録した番号しか発信しない

キッズ携帯は電話帳に登録してある番号しか発信できない仕様になっているので、間違えて知らない人の番号にかけてしまうことがないので安心です。

ランドセルの中にキッズ携帯を入れていたら、誤動作で電話がかかっていた…ということもあります。身内の電話なら特に問題ないですが知らない人に電話かかってたらマズイですから。

登録していない電話番号から着信しない

キッズケータイは電話帳に登録していない電話番号からの電話は基本的にかからない設定になっているので安心です。

最近は携帯電話の番号にも怪しい電話がかかってくることがありますが、キッズ携帯ならこのような電話を全てシャットアウトすることができるので安心です。

キッズ携帯は初期設定でこのような状態になっているので電話帳に登録しているかしていないかだけで発信、着信の制限をすることができるのが嬉しいところ。

防犯ブザーが付いている

キッズ携帯には防犯ブザーが付いていて、キッズ携帯の本体から出ている紐を引っ張るだけでびっくりするくらいの大音量ブザーが鳴り響きます。

キッズ携帯 防犯ブザー

設定によってブザーが鳴ったと同時にGPSで位置を検出して親の見守る側のスマホに自動メッセージが送信されるので、何かあった時にとても便利な機能となっています。

このような安心機能はスマートフォンでは実現することができないキッズ携帯ならではの機能といっていいでしょう。

GPSで子どもの位置情報がわかる

キッズ携帯はGPSが搭載されていて親のスマホから位置情報を取得できるので、お子さんが今どこにいるかがすぐに把握することが可能となっています。

イマドコサーチ

格安スマホでもGPSサービスを使うことで位置情報を取得することができますが、GPSの精度が悪くて使い物にならないことがあります。

しかし、キッズ携帯のGPS機能は非常に性能が高くて精度が高いので正確にお子さんがどこにいるか確認することができます。実際に確かめたところ、10mも誤差はないんじゃないでしょうかね。

設定によって定期的に位置情報を送信してくれるので、何かイベントがある時など役に立つのかなぁと思います。

また、auとソフトバンクは急に高速移動をした時に通知してくれるサービスにも対応しており、連れ去りなどを早急に察知することができるようになっています。

防水防塵対衝撃仕様で壊れにくい

キッズ携帯は防水防塵仕様になっているので水たまりの中に落としたり、川の中に落としてしまったとしても壊れることはありません。(川の落ちたら取りに行かないように言っておきましょう。)

また、衝撃にも強い仕様になっているので落としてもそう簡単に壊れることがありません。

一般的なスマホだと落としてしまうとディスプレイが割れてしまいますがキッズ携帯なら画面が割れてしまう心配もないのです。

最近は格安スマホでも位置情報を把握することができるサービスがあったりしますが、小学低学年のお子さんに持たせるならキャリアのキッズ携帯にした方が絶対にいいです。

キッズ携帯のメリット

キッズケータイを子供に持たすメリットはこんな感じでしょう。

キッズ携帯を持たせるメリット
  • 家に固定電話がないので唯一の通信手段
  • 大型施設に遊びに行った時でも迷子の心配がない
  • 万が一、夜になって帰ってこなかった時の手がかりになる
  • 安心という保険

家に固定電話がない場合の唯一の通信手段

連絡手段の一つとしてキッズケータイは大活躍することになります。

特に近年は固定電話を引かない家庭も増えている(我が家も一軒家を購入しましたが固定電話は引いていません。)ので、携帯電話は小さい子供にとっても必需品になりつつあります。

親から離れたら通知される

キッズ携帯に搭載しているBluetoothによって子どもが見守り範囲から離れると親のスマホに通知される機能が搭載されています。

例えば、ディズニーランドなど大型商業施設に行った時に子どもと逸れてしまいそうになっても通知してくれるので安心です。

位置情報で万が一に備える

キッズ携帯を子どもに持たせる最大の目的はいざという時に備えてではないでしょうか。

事故や何かあって家に帰ってこない…という時にキッズ携帯を持たせておけば、万が一の時の手がかりにすることができます。

あるのとないのとでは安心感が全然違います。

\iPadをキャリアでチェック/

格安スマホを持たすのはどう?

キッズ携帯は単独契約することが可能ですが、位置情報サービスの検索機能は親も同じキャリアを契約していないと使うことができないのでキッズ携帯の通信料金は安くてもトータルで見ると高くなってしまいます。

なので通信料金が安い「格安スマホをお子さんに持たせたい…」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、小学低学年のお子さんにはスマホではなくキッズ携帯を持たせた方がいいと思います。

格安スマホよりキッズ携帯がいい理由
  • 防水防塵仕様で壊れにくい
  • 軽いので首からぶら下げられる(紛失しにくい)
  • 登録していない番号からの着信拒否ができる
  • バッテリー持ちが良い
  • 端末価格が安い

スマホは本体サイズが大きいのもあり落とすことで破損してしまう可能性が高いです。

また、端末価格もキッズ携帯よりもスマホの方が高いので少々扱いが乱暴になってしまう小学低学年のうちは格安スマホよりもキッズ携帯を持たせた方がいいのです。

キッズ携帯も基本的に2年契約となるので小学1年生の時に契約をして小学3年生か5年生に格安スマホに乗り換えるのが経済的でいいのではないでしょうか。

もし、どうしても格安スマホで代用したいならこちらの記事を参考にしてください。

では、ドコモ、au、ソフトバンクでキッズ携帯を契約すると月々の料金はどうなるのかを詳しく比較していきたいと思います。

キッズケータイ・マモリーノ・みまもりケータイの料金プラン

キッズ携帯の名称は各キャリアで異なっており12歳以下のお子さんであれば契約が可能となっています。

キッズ携帯の名称・呼び方
  • ドコモ:キッズケータイ
  • au:マモリーノ
  • ソフトバンク:キッズフォン、みまもりケータイ

キッズ携帯の名称は「キッズケータイ」か「みまもりケータイ」が一番メジャーな名称のような気がしますね。

各キャリア、機種ごとで料金プランが異なっていて、2019年4月現在の料金プランは以下のとおりです。なお、GPSを使った位置情報サービスを利用するには基本料金にプラスして位置情報サービスを使うためのオプションに加入する必要があります。

NTTドコモ(キッズケータイ)

ドコモのキッズケータイの料金プランは、単独契約だと月額742円の「タイプシンプルバリュー」が適用されますが、親がドコモユーザーで親回線がある場合はカケホーダイプランの契約者の子回線となり月額500円の「キッズケータイプラス」が適用されることになります。

ドコモのキッズケータイ
ドコモのキッズケータイ

キッズケータイプラン(親回線あり)

ドコモのキッズケータイは親回線の子回線にすることで通常よりも安い月額500円で使うことができます。

通常は親がauで子どものキッズ携帯をドコモにするパターンはないいので、ドコモ回線を使っている親御さんはキッズケータイプランで契約することになるでしょう。

ドコモのキッズケータイ料金
 キッズケータイ
SH-03M
キッズケータイ
F-03J
機種代金
(24回)
今冬発売予定300円 × 24 = 7,200円
基本料金キッズケータイプラン:500円
通話料家族間なら24時間かけ放題
位置情報サービス200円
月額費用?1,000円

ドコモのキッズケータイは現在はF-03Jと2019年冬モデルの新型モデル・SH-03Mの2機種となります。

ドコモのキッズケータイ料金
 キッズケータイ
SH-03M
キッズケータイ
F-03J
メーカーシャープ富士通
ディスプレイタッチパネル付き3.4インチ(QHD)2インチ(QVGA)ディスプレイ
連続待受時間(3G)約?時間約570時間
連続通話時間(3G)約?時間約370分
本体サイズ?91 x 49 x16.8 mm
重量?80g
カラーイエロー、ブルー、ピンクイエロー、ブルー、ピンク
その他VoLTE対応、IP68等級の防水防塵性能、防犯ブザー付きIP68等級の防水防塵性能、防犯ブザー付き

キッズケータイF-03Jの端末代金は月々300円となり、基本料金は端末代金込みで1,00円となります。3年目以降は端末代金がかからなくなるので位置情報サービス込みで月々700円でキッズケータイを使うことができます。

通話料は家族間であれば24時間無料なのでキッズケータイから通話をすることでどれだけでもお子さんと電話することができるので、家が離れてるおじいちゃんおばあちゃんとの会話をたくさんしても安心ですね。

なお、ドコモのキッズケータイは親がドコモでないと基本的に使うことができません。

2019年9月30日までは「タイプシンプルバリュー」という旧プランの組み合わせで単体契約が可能でしたが、2019年10月1日以降に契約の場合はギガホ・ギガライトなどの現行プランとキッズケータイプランを契約することになります。

ドコモのキッズケータイを使うなら親も合わせてドコモユーザーになるしかないということ。どうせなら家族まとめてドコモを使って、光回線もドコモ光にしてしまえば全体的に通信料金を安くできます。

au(マモリーノ5・4)

auは2013年にリリースされたマモリーノ3しかランナップがなかったのですが、2018年2月に5年ぶりにマモリーノ4が登場し、さらい2019年2月22日に新モデル・マモリーノ5が発売しました。

au マモリーノ5とマモリーノ4
左:マモリーノ5、右:マモリーノ4

マモリーノ4とマモリーノ5は最新モデルらしくタッチパネルと音声操作に対応したキッズケータイとなっており、お子さんでも直感的に操作することができるようになっています。

au キッズ携帯 料金プラン
 mamorino5mamorino4
機種代金
(36回)
450円(一括16,200円)
基本料金ジュニアケータイプラン:500円
通話料通話料30円/20秒(家族間無料)
位置情報サービス300円
月額費用1,250円

端末代金は月々450円と同じとなっているので最新モデルのマモリーノ5を選んでおけば間違いないのではないでしょうか。auのキッズ携帯のマモリーノ4・マモリーノ5のスペックの違いは以下のとおりです。

マモリーノ4・マモリーノ5 スペックの違い
 マモリーノ5マモリーノ4
製造メーカー京セラZTE
ディスプレイ2.8インチ
連続待受時間(4G)約470時間約530時間
連続通話時間(4G)約470分約300分
本体サイズ99 × 56 × 15.5 mm
重量105g
カラーブルー、ラベンダー、ホワイトパープル、イエロー、ブルー
防水防塵IP58(水深1.5mに30分間)IP57(水深1mに30分間)
防犯ブザー搭載

マモリーノ5は基本的な性能はマモリーノ4と同じとなっていますが、製造メーカーがZTEから京セラに変わっていて、防水性能がIP58(水深1.5mに30分間)に向上しているので、同じ価格ならマモリーノ5の方がおすすめでしょう。

auのキッズ携帯のマモリーノの料金は、ジュニアケータイプランと組み合わせることで位置情報サービスなしで本体端末代込みで950円で、位置情報サービスありで1,250円で使うことができます。

auも単独契約でマモリーノを契約できますが、位置情報サービスはauの契約をしていないと使うことができないので両親もauを使っていることが前提になるのではないでしょうか。

au(ジュニアスマートフォン)

auはキッズケータイだけでなくジュニアスマートフォンも選ぶことができます。選べる端末は「miraie f」だけで要は子ども向けのスマートフォンですね。なので、料金もキッズ携帯と比べると割高になっています。

au ジュニアスマホ 料金プラン
 miraie f
機種代金
(36回)
600円(21,600円)
毎月割:-420円
実質180円(6,480円)
基本料金ジュニアスマートフォンプラン + LTENET:3,620円
データ通信量2GB
LTENET300円
位置情報サービス300円
通話料1〜21時 au同士は無料
月額費用4,400円

普通に格安スマホを持たせた方がいいんじゃないかと思うくらい高い料金になってしまいますが、スマホでありながらキッズ携帯の機能の防犯ブザーや通報サービスを使うことができるので安心を買うという観点で見ればアリなのかもしれません。

ソフトバンク(キッズフォン、みまもりケータイ4)

ソフトバンクは「みまもりケータイ4」と小学上級生向けの「キッズフォン」の二つから選ぶことができます。

みまもりケータイは親回線がないと契約することができないので家族でソフトバンクを使うことが前提となりますが、キッズフォンは単独でも契約できるようになっています。ただし、単独で契約した場合はGPSの位置情報サービスを使うことができないので注意です。

ソフトバンクのキッズフォンとみまもりケータイ4
左:キッズフォン、右:みまもりケータイ4

ソフトバンクのキッズ携帯の基本料金は月々490円なのでとてもリーズナブルです。さらに、GPSの位置情報サービス・みまもりマップを無料で使うことができるのでキッズ携帯だけの料金で比較するならソフトバンクがキャリアの中で一番安いということになります。

ソフトバンク キッズ携帯 料金プラン
 キッズフォンみまもりケータイ4
機種代金
(24回)
780円280円
基本料金
(2年契約)
通話定額ライト基本料
(みまもりケータイ/キッズフォン)
490円
単独契約×
通話料ソフトバンク同士なら5分間かけ放題
家族間なら24時間かけ放題
みまもりマップ無料
月額費用1,270円770円

キッズフォン、みまもりケータイ4ともに普通の通話定額プランが付与されているので家族間の通話なら24時間通話料無料だけではなくソフトバンクのスマホに電話をかけても通話料無料となります。

その他の携帯電話や固定電話については1回につき5分の通話が無料となります。キッズフォンとみまもりケータイ4のスペックの違いは以下の通りです。

キッズフォン・みまもりケータイ4 スペックの違い
 キッズフォンみまもりケータイ4
製造メーカーZTEセイコー
ディスプレイ2.8インチ2インチ
カメラメイン:500万画素、サブ:200万画素
連続待受時間(4G)約350時間約590時間
連続通話時間(4G)約480分約600分
本体サイズ100 × 57 × 15.3 mm99 × 56 × 15.5 mm
重量110g105g
カラーピンク、イエロー、ブルーライトブルー、ホワイト、ライトピンク
防水防塵IP55IPX5
防犯ブザー搭載

ソフトバンクのキッズフォンはタッチパネルを搭載したモデルでカメラも内蔵しているのでお子さんも楽しく使うことができるキッズケータイとなっています。

親子のコミュニケーションツールとして使うことができるモデルで、月々1,270円で持つことができ、3年目以降は端末代金の支払いが完了するので490円だけで利用可能なので非常にリーズナブルですね。

まとめ:キッズ携帯はどこのキッズケータイがいい?

料金プランだけで比較すると、ソフトバンクの「キッズフォン」か「みまもりケータイ4」が安くてコストパフォーマンスが良さそうですね。

みまもりケータイ4は端末が比較的新しく家族間の通話かけ放題でソフトバンク同士の通話も無料ですし、端末代込みの料金で月々770円で使うことができるのでお得感はあります。

auはちょっと高いように感じますが、通話をあまりしないのであれば悪くはないのかもしれません。

ドコモはすでにドコモを利用しているのなら機種代金含めて月々1,000円で使えて家族間通話も24時間無料なのでドコモを使っているのなら無難な料金で契約しやすいのではないでしょうか。

各キャリアのキッズ携帯 料金
  • ドコモのキッズケータイ:月々1,000円〜
  • auのマモリーノ:月々1,250円〜
  • ソフトバンクのみまもりケータイ:月々770円〜

いずれにしてもキャリアのキッズ携帯は両親がどこのキャリアを使っているのかでドコモのキッズケータイになるのか、auのマモリーノになるのか、ソフトバンクのみまもりケータイになるのか決まってくるのかなと思います。

\iPadをキャリアでチェック/

我が家はドコモのキッズケータイを使ってます

結局のところ、僕自身がドコモをそのまま使うことにして妻もdocomo withのシンプルプランを組み合わせで280円でiPhoneを使えるようになったので、ドコモのキッズ携帯・HW-01Gにして家族みんなでドコモにしました。

位置情報サービスのイマドコサーチの設定も実際にしてみたので記事にしているので参考にどうぞ!

無料で購入できた端末だったのでキッズケータイにかかっている月額料金は756円となってて、docomo withで1,500円の割引、ドコモ光で800円の割引、dカードGOLDで約1,000ポイントの還元、さらにdポイントクラブが4thステージになっているのでさらに600円割引となり、全体的にかなり安く抑えることができているのかなぁと思います。

ドコモ漬けの我が家の通信環境
  • カケホーダイライト(自分):1,700円
  • シェアパック 5GB(自分):6,500円
  • SPモード(自分):300円
  • 端末割引:-2,366円
  • シンプルプラン(妻):980円
  • シェアオプション(妻):500円
  • SPモード(妻):300円
  • docomo with :-1,500円
  • キッズケータイプラス:500円
  • イマドコサーチ:200円
  • ドコモ光:5,200円
  • 光回線割引:-800
  • dポイントクラブ 4th:-600円
  • 合計:10,914円

端末代は一括購入してるので料金に入れてませんが、スマホ2台、キッズケータイ1台、ドコモ光で、我が家の月の通信費用は11,000円程度です。光回線を除けばスマホ2台とキッズケータイ1台で6,000円ほどの料金となっています。

格安SIMにしてもトータルで見ると料金に差があまりないので、通信品質優先で我が家ではドコモ回線メインの通信体制にしています。

旧プランですが、docomo withについてはこちらを参考にしてください。

なお、2019年6月にドコモは新料金プランに移行しました。詳しくはこちらの記事をどうぞ!