シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

格安SIMとiPhoneを安くセット購入できるMVNOは?月額料金とプランの違いを比較!


iPhoneをセット購入できる格安SIMは?

格安SIMにするついでにiPhoneに乗り換えをしたいと思う方も多いかと思います。一部の格安SIMでiPhoneを販売しているところもあり、お得にiPhoneを使うことも可能となっています。

ここでは、iPhoneをセット購入できる格安SIMと料金プラン、どこでiPhoneを買うのがお得なのかを書いていきたいと思います。

 

iPhoneをセット購入できる格安SIM

格安SIMでセット購入できるiPhoneは

格安SIMを運営しているMVNOからiPhoneを購入することができますが、最新のiPhoneについてはApple Storeかドコモ、au、ソフトバンクのキャリアからしか買うことができません。

格安SIMでセット購入することができるiPhoneは以下のとおりです。iPhone SEは取り扱いを終了しているところがほとんどなので、事実上はiPhone 7かiPhone 6sのどちらかを選ぶことになるでしょう。

格安SIMでセット購入できるiPhone
  iPhone 8 iPhone 7 iPhone 6s iPhone SE
ディスプレイ 4.7インチ 4インチ
CPU A11 Bionic A10 Fusion A9
メインカメラ 1200万画素、f/1.8、光学式手ブレ補正 1200万画素、f/2.2
フロントカメラ 700万画素、f/2.2 500万画素、f/2.2 120万画素、f/2.4
Touch ID 第2世代タッチセンサー 第2世代物理ボタン 第1世代物理ボタン
スピーカー ステレオ モノラル
ポート Lightning Lightning、3.5mmヘッドフォンジャック
LTE 4G LTE-Advanced 4G LTE
Bluetooth 5.0 4.2
Wi-Fi MIMO対応802.11ac 802.11ac
Apple Pay NFC、エクスプレスカードエクスプレスカード、Felica NFC
耐水防塵 IP67(水深1mで30分) -
発売年 2017年 2016年 2015年
Apple Storeの価格 67,800円〜 50,800円〜 - -
格安SIMでの取り扱い規模 一部のみ 多い 少ない ほぼ取り扱い終了

多く取り扱いをしているのがiPhone 7となっておりiPhone 6sとiPhone SEについては販売終了しているところも増えてきました。iPhone 8/8 Plusはmineo(マイネオ)など一部のMVNOしか取り扱いをしていないのでiPhone 7が格安SIMで購入できる端末と思ってもらえればいいのかなと思います。

Y!mobile(ワイモバイル)、UQ mobileならiPhone 7の32GBモデルを月々3,780円で購入することができます。iPhone 7の端末代、3GBのデータ通信と10分かけ放題(UQは5分)で月々3,780円なのでコストパフォーマンスはかなり良いといって良いのではないでしょうか。

↓ iPhone 7をUQ mobile・Y!mobileで ↓

iPhoneをセット購入できる格安SIM

iPhoneをセット購入できる格安SIMをまとめました。他にもありますが以下の格安SIMからiPhoneを購入するのがいいでしょう。

iPhoneをセット購入できる格安SIM
Y!mobile(ワイモバイル) iPhone 7、iPhone 6s
UQ mobile iPhone 7、iPhone 6s
mineo(マイネオ) iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 6s
LINEモバイル iPhone SE(在庫なし)
BIGLOBEモバイル iPhone 7
楽天モバイル iPhone SE(在庫なし)

ちなみに、iPhone SEに関してはUQ mobileに続いてソフトバンクと楽天モバイルも在庫がない状態になったので格安SIMでも購入が難しくなってきています。まあ、スペック的にもそろそろ厳しいものがあるので、どうしても4インチディスプレイじゃないと駄目という方以外はまだまだ現役で使うことができるiPhone 7を購入するのがおすすめです。

格安SIMによってiPhoneの端末価格が異なるので料金プランと合わせてどこが一番安くなるかを見極めることが重要となってきます。

iPhone 7のセット購入ができる格安SIM

iPhone 7 外観

端末価格の違い

iPhone 7の取り扱いをしているのは、Y!mobile(ワイモバイル)、UQ mobile(UQモバイル)、BIGLOBEモバイルとなっています。iPhone 7(32GB)の各格安SIMの端末価格はこのようになります。

iPhone 7(32GB)の販売価格
  ワイモバイル UQモバイル BIGLOBEモバイル
端末価格 2,800円(67,200円) 2,600円(62,900円) 2,350円(56,400円)
割引金額 S:-1,000円(-24,000円)
M/L:-1,500円(-36,000円)
S:-800円(-19,200円) 
M/L:-1,300円(-31,200円)
-1,050円(25,200円)
実質価格 S:1,800円(43,200円)
M/L:1,300円(31,200円)
 S:1,800円(43,200円) 
M/L:1,300円(31,200円)
1,300円(31,200円)

Apple StoreでiPhone 7の32GBモデルを購入すると50,800円なのでワイモバイル、UQもモバイル、BIGLOBEモバイルのいずれかから購入することで31,200円でiPhone 7を手に入れることができることになります。

料金プランの違い

端末価格だけでは月々の料金が分からないので料金プランも含めるとこうなります。一番安い料金プランで試算しています。

iPhone 7(32GB)月々の料金
  ワイモバイル UQモバイル BIGLOBEモバイル
基本料金 スマホプランS
2,980円(1年目1,980円)
おしゃべりS
2,980円(1年目1,980円)
スマホまる得S+
3,430円
実質端末価格 1,800円(2年間) 1,800円(2年間) 1,300円
割引 -1,000円(1年間) -1,000円(1年間) -1,050円(1年間)
1年目 3,780円 3,780円 3,730円
2年目 4,780円 4,780円 4,780円
3年目 2,980円 2,980円 3,480円

ワイモバイルとUQ mobileの料金は横並びで全く同じとなっていますが、UQ mobileは5分かけ放題なのに対してワイモバイルは10分かけ放題という違いがあり、ワイモバイルのほうがお得ということになります。

また、BIGLOBEモバイルは2019年3月31日まで1年間1,050円割引するキャンペーンをしているので1年目の料金はこの3社の中では一番安くなっています。3年目以降の料金が高いのでちょっと微妙なところではありますが。

iPhone 6sのセット購入ができる格安SIM

iPhone 6s 外観

端末価格の違い

iPhone 6sの取り扱いをしているのは、Y!mobile(ワイモバイル)、UQ mobile(UQモバイル)、mineo(マイネオ)となっています。iPhone 6s(32GB)の各格安SIMの端末価格はこのようになります。

iPhone 6s(32GB)の販売価格
  ワイモバイル UQモバイル mineo(マイネオ)
端末価格 1,225円(29,900円) 2,300円(55,300円) 2,475円(59,400円)
割引金額 -1,225円(29,400円) 1,900円(45,600円) -
実質価格 一括500円  400円(9,600円) 2,475円(59,400円)

iPhone 6sはApple Storeでは販売が終了していますが、ワイモバイル、UQモバイル、mineo(マイネオ)ならまだ購入することができます。

ワイモバイルは一括500円で叩き売りをしている状態で、UQモバイルでも月々400円となっています。mineo(マイネオ)は元々の通信料金がワイモバイルやUQモバイルと比較しても安いので割引はありません。

料金プランの違い

iPhone 6sの実際の月々の料金を比較していました。

iPhone 6s(32GB)月々の料金
  ワイモバイル UQモバイル mineo(マイネオ)
基本料金 スマホプランS
2,980円(1年目1,980円)
おしゃべりS
2,980円(1年目1,980円)
デュアルタイプA
1,510円
実質端末価格 一括500円 400円(2年間) 2,475円
割引 -1,000円(1年間) -1,000円(1年間) -
1年目 1,980円 3,380円 3,985円
2年目 2,980円 4,380円 3,985円
3年目 2,980円 2,980円 1,510円

mineo(マイネオ)は端末割引がないので端末代金の支払いが終わるまでは割高感があります。

なので、キャリアからのiPhone持ち込みで乗り換えならmineo(マイネオ)は最高の選択肢ですが、iPhoneをセット購入するのならワイモバイルかUQモバイルのどちらかです。ワイモバイルのiPhone 6sは一括500円で購入できるので端末代はほぼ無料なのでとにかく安く乗り換えすることが可能です。

iPhone SEのセット購入ができる格安SIM

端末価格の違い

iPhone SEの取り扱いをしているのは、Y!mobile(ワイモバイル)、LINEモバイル、楽天モバイルとなっています。ただし、楽天モバイルは海外整備済み品で16GBモデルとストレージ容量が少ないのでちょっと微妙です。

(ワイモバイル、LINEモバイル、楽天モバイルで在庫がない状態となっていますが一応料金を記載しておきます。)

iPhone SE(32GB)の各格安SIMの端末価格は以下のとおりです。

iPhone SE(32GB)の販売価格
  ワイモバイル LINEモバイル 楽天モバイル
端末価格 2,200円(53,300円) 1,340円(30,800円) 1,742円(41,800円)
割引金額 -1,700円(-40,800円) - -
実質価格 500円(12,000円) 1,340円(30,800円) 1,742円(41,800円)

iPhone SEもApple Storeでは販売を終了していて購入できる格安SIMはかなり限られてきています。

iPhone SE(32GB)月々の料金
  ワイモバイル LINEモバイル 楽天モバイル
基本料金 スマホプランS
2,980円(1年目1,980円)
コミュニケーションフリー3GB
1,680円
スーパーホーダイ(楽天会員)
1,480円
実質端末価格 500円(2年間) 1,340円(2年間) 1,742円(2年間)
割引 -1,000円(1年間) - -
1年目 2,480円 3,020円 3,222円
2年目 3,480円 3,020円 3,222円
3年目 2,980円 1,680円 2,980円

iPhone SEは思ったより安くないんですよね。販売終了しているところが多いので仕方ないのかもしれません。

ワイモバイルかUQモバイルが安くてお得

2018年12月に格安SIMでも今でもまだまだ現役で使うことができる高性能なiPhone 7をセット購入できるようになりましたが、ワイモバイルかUQモバイルで購入するのがお得となっています。

また、キャリアのサブブランドということもありお昼など回線が混み合う時間帯も通信速度が遅くならないという大きなメリットがあるのもワイモバイルかUQモバイルを選ぶメリットとなっています。

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとなっており格安SIMと同じように格安でiPhoneを使うことが可能となっています。

格安SIMだと回線が混み合うお昼の時間帯など通信速度が遅くなってしまいますが、ワイモバイルは通信速度が遅くなってしまうことがないので、月々の料金を下げたいけど通信品質を落としたくないという方のおすすめです。

ワイモバイルの良いところ
  • 通信速度が速くて安定している
  • 国内通話10分かけ放題ができる
  • スマホプランSを2,980円(1年間 1,980円)で使える
  • iPhone 7/6sをセット購入できる
  • 家族割で2回線目以降500円割引
ワイモバイルの残念なところ
  • 2年契約で2年縛りがある
  • かけ放題プランを外せない
  • データプランの料金が高い

また、ワイモバイルはキャリアからiPhone持ち込みで契約した場合でもSIM単体割引を受けることができます。

ワイモバイルでiPhoneを購入した時のスマホプランS、M、Lを契約した時の1年目の月額料金をまとめました。

iPhone 7 + スマホプラン(2年目は1,000円+)
iPhone 7 実質端末価格 S:3GB M:9GB L:21GB
32GB S:1,800円
M/L:1,300円
3,780円 4,280円 6,280円
128GB S:2,300円
M/L:1,800円
4,280円 4,780円 6,780円
iPhone 6s + スマホプラン(2年目は1,000円+)
iPhone 6s 実質端末価格 S:3GB M:9GB L:21GB
32GB 0円 1,980円 2,980円 4,980円
128GB 500円 2,480円 3,480円 5,380円

スマホプランは国内通話10分かけ放題のプランとなっており、家族で使う場合は2回線目以降は月々の料金から500円の割引を受けることができます。

UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイルはauの子会社・UQコミュニケーションズが運営している格安SIMサービスで、UQモバイルも通信速度が遅くなってしまうことがないので、月々の料金を下げたいけど通信品質を落としたくないという方のおすすめです。

UQ mobileの良いところ
  • 通信速度が速くて安定している
  • ぴったりプランSを2,980円(1年間 1,980円)で使える
  • iPhone 7/6sをセット購入できる
  • 従量制プランも選べる(端末割引はなくなる)
  • 家族割で2回線目以降500円割引
UQ mobileの残念なところ
  • 2年契約で2年縛りがある(セットプランの場合)
  • かけ放題の通話時間が5分間と少ない

UQモバイルでiPhoneを購入した時のぴったりプラン・おしゃべりプランのS、M、Lを契約した時の1年目の月額料金をまとめました。

iPhone 7 + スマホプラン(2年目は1,000円+)
iPhone 7 実質端末価格 S:3GB M:9GB L:21GB
32GB S:1,800円
M/L:1,300円
3,780円 4,280円 6,280円
128GB S:2,300円
M/L:1,800円
4,280円 4,780円 6,780円
iPhone 6s + スマホプラン(2年目は1,000円+)
iPhone 6s 実質端末価格 S:3GB M:9GB L:21GB
32GB 400円 3,380円 4,380円 5,380円
128GB 900円 3,880円 4,980円 5,880円

UQモバイルも家族と一緒に使うことで2回線目以降が500円割引となるので、かなり安く使うことができるようになります。なお、iPhone 7の料金はワイモバイルとUQモバイルは全く同じなのでau回線・ソフトバンク回線のどちらが好みなのかで決めるのもいいでしょう。

また、国内通話かけ放題の時間がワイモバイルは10分間あるのに対してUQ mobileは5分間しかないので、電話をよくする方はワイモバイルのほうがいいのかもしれません。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は関西電力系のケイ・オプティコムが運営している正真正銘の格安SIMでドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応したMVNOとなっています。回線が混み合うお昼の時間帯はどうしても通信速度が遅くなってしまいますが、全体的に通信速度が速くて安定しているので料金を下げたい方におすすめです。 

mineo(マイネオ)の良いところ
  • ドコモ、au、ソフトバンクの回線を選べる
  • 格安SIMの中では通信速度が速くて安定している
  • 必要最低限のプランで使える
  • 家族割で基本料金から全回線50円割引
  • フリータンク、マイネ王など独自サービスがある
mineo(マイネオ)の残念なところ
  • 混み合う時間帯の通信速度が遅くなる

mineo(マイネオ)でiPhoneを使う場合の料金を比較してみました。mineo(マイネオ)ではiPhone 8とiPhone 6sをセット購入することができます。

iPhone 8 + デュアルタイプA
iPhone 8 実質端末価格 500MB 3GB 6GB 10GB
64GB 2,825円 4,135円 4,335円 5,015円 4,280円
256GB 3,550円 4,860円 5,060円 5,740円 6,680円
iPhone 6s + スマホプラン(2年目は1,000円+)
iPhone 6s 実質端末価格 500MB 3GB 6GB 10GB
64GB 2,475円 3,785円 3,985円 4,665円 3,130円

他にも20GB、30GBプランがありますが省略しています。

mineo(マイネオ)は端末割引がありませんが、3年後に端末代金の支払いが終わったら基本料金のみの支払いだけになるので3GBの音声通話SIMなら月々1,510円で使うことができるようになります。

LINEモバイル

LINEモバイルがLINEの格安SIMでソフトバンクと提携したことでドコモ回線だけではなくソフトバンク回線も使える格安SIMサービスです。格安SIMdではLINEの年齢認証ができませんがLINEモバイルはできるのでLINEをフルサービスで使うことができます。

また、LINE、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSを使うためのデータ消費がしないのでSNSをたくさん使いたい方にもおすすめです。

LINEモバイルの良いところ
  • ドコモ、ソフトバンクの回線を選べる
  • SNSのデータ消費がゼロ
  • LINEの年齢認証ができる
  • データSIMでもLINEの新規登録ができる(最安500円で無料通話ができる)
LINEモバイルの残念なところ
  • 混み合う時間帯の通信速度が遅くなる
  • 全体的に通信速度が遅いことがある
LINEはSMS付きのデータSIMか音声通話SIMでないと登録できませんが、LINEモバイルなら最安のデータSIMでもLINEの登録が可能なので、LINEでしか連絡を取り合う予定がないのならLINEモバイルのLINEフリープラン(1GB)なら500円使うことができます。

まとめ:格安SIMでセット購入するならiPhone 7がおすすめ!

現在、格安SIMでセット購入できるにがiPhone 7かiPhone 6sです。iPhone 6sだとワイモバイルなら実質0円で購入できるのでめちゃくちゃ安いので、とにかく安くiPhoneをセット購入したいならワイモバイルでiPhone 6sを購入するのがおすすめです。

ワイモバイルのiPhone 6s
  • iPhone 6s:一括500円
  • スマホプランS(10分かけ放題 + 3GB):2,980円(1年目は1,980円)

iPhone 6sは2015年に発売したモデルで2019年で4年目となります。まだまだ現役で使うことができる性能を持っていますが長く使いたい方はiPhone 7を選ぶことをおすすめします。

ワイモバイルのiPhone 7
  • iPhone 7:1,800円
  • スマホプランS(10分かけ放題 + 3GB):3,780円(1年目は2,780円)
UQモバイルのiPhone 7
  • iPhone 7:1,800円
  • おしゃべり・ぴったりS(5分かけ放題 + 3GB):3,780円(1年目は2,780円)

iPhone 7は2016年に発売された機種で2019年で3年目です。性能もそこそこ高くておサイフケータイのFeliCaにも対応していて耐水性能も持ち合わせているので、とても使いやすいiPhoneです。iOSのサポートもまだ続くと思うのでこれから3年くらいは使えると思うので安心して使うことができるでしょう。

↓ iPhone 7をUQ mobile・Y!mobileで ↓

キャリアでiPhoneを購入するか、格安SIMでiPhoneを購入するか迷っている方はこちらの記事を参考にしてください。

どのiPhoneを選ぶべきかこちらの記事をどうぞ!