Jabra Elite 75t レビュー

Jabra Elite 75tはIP55等級の生活防水に対応した完全ワイヤレスイヤホンで、充電ケースが65tと比べてコンパクトになってUSB-Cポートに対応したのが特徴となっています。

ここでは、Jabra Elite 75tのデザイン・音質・使いやすさをレビューしています。

Elite 75tは65tと比べて音質が向上していて、低音域の鳴り方がかなり違い迫力あるものになっているので、65tからの乗り換えを検討している方は参考にしてください!

Jabra Elite 75t 特徴

Jabra Elite 75t
Jabra Elite 75t

Elite 75tはデンマークのイヤホンメーカー・Jabra(ジャブラ)が開発している完全ワイヤレスイヤホンで、元は電気通信メーカーで100年以上の歴史のある老舗企業。2000年代に入ってから音響事業がメインなんですね。

Jabra Elite 75tは2019年11月に発売したモデルでElite 65tと比較して音質がクリアで迫力あるサウンドになっただけでなく、充電ケースが小さくなってUSB-Cポートに対応し進化しています。

Jabra Elite 75t 特徴
  • コンパクトでスタイリッシュ
  • 音質がクリアで聴きやすいサウンド
  • Jabra Sound+でイコライザー調整可能
  • 音楽自動停止・再生機能に対応
  • 最大7.5時間(ケース併用28時間)のバッテリー駆動時間
  • 4マイクテクノロジーでハンズフリーも快適
  • 音声アシスタントでイヤホンを操作ができる
  • 充電ケースはUSB-Cポートに対応している
  • 端末価格:約24,000円

旧型のElite 65tもクリアなサウンドを楽しむことができましたが、低音が弱いと感じることがありました。そんな中、Elite 75tは低音域が迫力のあるサウンドに変貌しています。

また、充電ケースのサイズが65tと比べて小さくなったので、さらに持ち運びがすやすい完全ワイヤレスイヤホンになりました。

USB-Cポートによる充電にも対応してるし最近のスマートフォンの充電アダプタ・ケーブルをそのまま使って充電できるのは有り難いですよね。

Jabra Elite 75t レビュー

パッケージ・付属品

Elite 75tのパッケージはグレーとイエローを基調としたオシャレなデザインとなっています。充電用のUSB A to Cケーブル、イヤーチップ、説明書が同梱しています。

Elite 75t 付属品

充電ケースがUSB-Cに対応しているので付属のケーブルはUSB-A to Cとなています。

Elite 75t USB A to Cケーブル
Elite 75t USB A to Cケーブル

USB-Aの充電アダプタから充電できるだけでなく、USB-C to Cケーブルを使うことでUSB-C対応の充電アダプタからも充電することができるようになっています。

Jabra Elite 75tはUSB-Cの充電アダプタからもしっかり充電できたので、最新のスマートフォンの充電アダプタを使って充電は可能となっています。

イヤーチップは3種類(S・M・L)あるので耳の装着感がイマイチの場合は取り外して変えることができます。

Elite 75t イヤーチップ
Elite 75t イヤーチップ

Elite 75tはノイズキャンセリング機能はないので、チップサイズはシビアではないです。(通話時のパッシブノイズキャンセリング機能には対応しているので通話時の周囲の音は消すことができる。)

しかし、チップサイズが合ってないと耳が痛くなったり音がスカスカになったりするので、いろいろ試してみるのがおすすめですよ。

本体デザイン

Jabra Elite 75tの充電ケースは黒を基調としたデザインとなってます。

旧型のElite 65tは充電ケースを立てて置くことができませんが、Elite 75tは底部分が平らになり立てて置いておくことが可能となりました。

Jabra Elite 75tの充電ケース
Jabra Elite 75tの充電ケース

ワイヤレスイヤホンの充電器ってこうやって置けないタイプのものが意外と多いですよね。なぜなんだろう。

上蓋を開けるとイヤホン本体が収められていて、簡単に取り出せるようになっています。

Jabra Elite 75t イヤホン収納状態
Jabra Elite 75t イヤホン収納状態

イヤホンをこのように収めるだけでカンタンに充電ができるようになっていて15分の充電で最大60分の再生時間を確保できるようになっています。

充電ケースの大きさはとてもコンパクトで手で持ってもこんなに小さいケースとなっています。

Jabra Elite 75t 充電ケースの大きさ
Jabra Elite 75t 充電ケースの大きさ

旧型のJabra Elite 65tの充電ケースと比較しても、かなり小さくサイズダウンできているのが分かります。

Elite 75t・Elite 65t 充電ケース
Elite 75t・Elite 65t 充電ケース

そして…AirPods Proと比べてもJabra Elite 75tの充電ケースがコンパクトなんです。しかも、ちゃんと立てて置くことができる方テーブルの上でくるくると回ることもないです。

スゴイ。しかも、充電ケース併用で最大28時間の再生ができるので充電の持ちに関してはAirPods Proの一歩上行く性能となっているということになります。

充電ケースの蓋を開けるとElite 75tのイヤホン本体が収められています。

Jabra Elite 75t イヤホンの収納状態
Jabra Elite 75t イヤホンの収納状態

チタンブラックってカッコイイですよね。小さいながらも高級感のあるスタイルがさすがJabraのエリート!って感じ。

Jabra Elite 75tはイヤホン本体に物理ボタンを搭載しています。

物理ボタンを搭載している

旧型のElite 65tは物理ボタンが分離してて音量をボタンで感覚的に調整できましたが、Elite 75tは左ボタン長押しで音量を下げて、右ボタン長押しで音量を上げることができるように改良されています。

Elite 75tボタン操作方法
  • 左右のボタンを1秒長押し:電源OFF
  • 左ボタン長押し:音量ダウン
  • 右ボタン長押し:音量アップ
  • 左ボタン2回押す:次の曲にスキップ
  • 左ボタン3回押す:聞いてる曲の最初にスキップ
  • 左ボタンを押す:HearThroughのON・OFF
  • 右ボタンを押す:音楽の再生・一時停止
  • 通話中に左ボタンを押す:マイクのミュート・解除
  • 通話中に左ボタンを2回押す:側音のON・OFF
  • 通話中に右ボタンを押す:通話応答・終了
  • 通話中に右ボタンを2回押す:音声アシスタント起動

物理ボタンで音量調整ができるのは何気に便利な機能ですよね。

多くのワイヤレスイヤホンは音量調整はペアリングしているiPhoneやApple Watchを使ってするのに、Elite 75tなら耳元で調整が可能となります。

Elite 75t 付け心地は良好

Jabra Elite 75tはイヤーチップを搭載したカナル型イヤホンとなっていますが、本体がとても小さいタイプのイヤホンなので付け心地はとても軽くライトに使うことができます。

Jabra Elite 75t イヤホン本体
Jabra Elite 75t イヤホン本体

本体サイズが小さいので耳に装着しても目立たないのが良いですよね。

Jabra Elite 75t 装着状態
Jabra Elite 75t 装着状態

このまま歩いてもイヤホンが耳からずれ落ちるということはありません。

もちろん、万人に合ってるわけではないですがカナル型イヤホンにしては軽い付け心地なので付け心地はいい方だと感じます。

Elite 75t 接続方法

Jabra Elite 75tとの接続はとてもカンタンです。

Elite 75tイヤホン本体を充電ケースから取り出すと青色のLEDが点灯するので、iPhone・Androidスマホの「設定」→「Bluetooth」の画面を開いてください。

iPhoneとElite 75tを接続する

すると、「Jabra Elite 75t」の文字が「その他のデバイス」に表示されるので、これをタップするだけで接続完了。次回、充電ケースからイヤホンを取り出すだけでペアリングが完了します。

なお、Elite 75tはマルチペアリング機能に対応していてiPhoneとAndroidを同時接続しておくことができます。

iPhoneとAndroidに同時接続
iPhoneとAndroidに同時接続

同時接続しておくことで、例えばiPhoneで聞いていたApple Musicを停止してAndroidでYouTubeを再生させると、自動的にiPhone → Androidに切り替えをしてくれます。

Jabraのマルチペアリング機能は正直なところAirPodsよりも優秀です。特に、iPhoneとAndroidとOSの違う端末を複数台使っていると、とっても便利に使いこなすことができますよ。

Elite 75tの音質

公式では音質が向上したとは一切言っていないので、65t → 75tの違いってUSB-C対応とバッテリー駆動時間の向上くらいしかないと思っている方も多いかもですね。

しかし、Jabra Elite 75tは旧型のElite 65tと比較して間違いなく音質が向上しています。というか、完全に別モノのイヤホンなんじゃないの?って思うくらい音質が変わっています。

Jabra Elite 75t イヤホン部分
Jabra Elite 75t イヤホン部分

旧型のElite 65tも音質は良いイヤホンでしたが、低音が少し貧弱なところがあり軽いサウンドに感じることがありましたが、Elite 75tは低音域のサウンドが強化されています。

さらに、全体的にクリアなサウンドになるようにチューニングされているので、音楽のベース部分が強化されたことで、とても迫力あるサウンドを楽しめるようになりました。

Elite 75t
Elite 75t

音のクリアさだけで比較するならSONYのWF-1000XM3よりも上かもしれないですね。ただ、Elite 75tは低音が強くなったことで明らかにElite 65tとは音質が違います。

65tの音に慣れていると少し違和感を感じるかもしれませんね。個人的にはElite 75tの音質に方がダントツで良いと感じます。特にボーカル域のクリアさ躍動感はなかなかのモノを感じることができます。

そもそも、音作りが全然違うのでどのイヤホンがいいかは好みで分かれそうな気が…!

もし、低音が強いと感じるならアプリを使ってイコライザー調整して低音部分を少し抑えるのがおすすめです。

App StoreにJabra Sound+というアプリがあるのでインストールすることでElite 75tのイコライザー調整ができるようになります。

Jabra Sound+とelite 75tを接続
Jabra Sound+とelite 75tを接続

イコライザーは自分で設定できるのでこんな感じで自由に音を調整できます。

Elite 75tのイコライザー調整
Elite 75tのイコライザー調整

プリセットされたイコライザーもあります。

Elite 75t イコライザー
  • デフォルト:フラットな音質
  • 音声:低音が弱くボーカル域が強い
  • 低音ブースト:低音域が強い
  • トレブルブースト:高音域が強い
  • スムーズ:低中音域が強い
  • エネルギー:ドンシャリ

これを元にElite 75tの音質を自由に調整するのかも。低音部分を少しだけ弱くするだけでもかなりいい感じになります。

■ 総合:
4.5
■ 低音:
4
■ 中音:
4
■ 高音:
4
■ 解像感:
4.5

動画の遅延はほぼない

iPhoneのYouTubeアプリとElite 75tの組み合わせで動画を視聴してみましたが動画の遅延はほとんどありません。

Elite 75tはBluetooth 5.0の接続に対応したワイヤレスイヤホンで、最近のイヤホンは遅延はほとんどないので通常の使い方なら、特に問題はないでしょう。

外部音取り込み機能

Jabra Elite 75tは外部音取り込み機能(HearThrough)に対応していて、外の音を取り込んでイヤホンから再生することができます。

外部音取り込み機能
外部音取り込み機能

外部音取り込み機能は左側イヤホンのボタンを押すことでON・OFFの切り替えができるようになっています。

専用アプリからも切り替えができるようになっていて、取り込む音の量をスライダーで調整することもできます。より、使いこなすならアプリで一度設定しておいた方がいいでしょう。

イヤホンを失くしても探せる

Elite 75tはアプリから「Find My Jabra」の機能をONにしておくことで、イヤホンをどこかで失くしてしまったとしても、イヤホンがある場所を特定することができます。

Find My Jabra
Find My Jabra

最後にスマホとペアリングしていたところの位置情報をもとに割り出していると思うので、精度は比較的高いように感じます。

Elite 75tはイヤホンサイズがとても小さいので、いつ、どこで紛失するか分からないので「Find My Jabra」は有効にしておくのがいいでしょう。

Elite 75tと65tの違い・スペック比較

Jabra Elite 75tとElite 65tを比較してみました。

Elite 75t・Elite 65t イヤホン比較
Elite 75t・Elite 65t イヤホン比較

Elite 75tのイヤホンの形状はさらに小型していて重量も6.5g → 5gに軽くなっています。

Elite 75t vs 65t スペック比較
 Elite 75tElite 65t
装着スタイル完全ワイヤレス・カナル型
ドライバサイズ6mm
再生周波数帯域20Hz~20kHz
Bluetooth5.0、マルチペアリング対応(2台同時接続)
対応コーデックSBC・AAC
充電ケースUSB-CmicroUSB
マイク4マイクテクノロジー
外部音取り込み機能Hear Through
音質調整専用アプリでEQイコライザー調整可能
音声アシスタントSiri、Google Now、Alexa
バッテリー駆動時間7.5時間(ケース併用28時間)5時間(ケース併用15時間)
充電ケースUSB-C、2.2時間で充電microUSB、2時間で充電
防水・防滴性能IP55(水を直接当てても影響がない)
カラーチタニウムブラックCopper Black、Gold Beige、Gold Beige
イヤホン重量5.5g6.5g
価格約24,000円約13,000円

ドライバーサイズはほぼ同じですが、音質が向上しているのでドライバー自体は新開発したモノの可能性はありそう。それくらい音質は良くなっているように感じます。

イヤホン本体、充電ケースが小さくなって音が良くなったのに再生時間も伸びてるってのも見逃せないポイントですよね。

Jabra Elite 75t レビューのまとめ

Jabra Elite 75t
Jabra Elite 75t

Jabra Elite 75tはコンパクトを極めた高音質な完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホンが小さいだけでなく充電ケースもコンパクトで使いやすいのが素晴らしいです。

Elite 75t 良いところ
  • イヤホンがコンパクトで軽い
  • 解像感が高く迫力のサウンドを楽しめる
  • 充電ケースも小さくて持ち運びしやすい
  • USB-Cに対応しPD出力の充電器も使える
  • イヤホン単体で音量調整ができる
  • 専用アプリでイコライザー調整ができる
  • 雨に濡れても使えるIP55等級の防水性能
  • 端末価格は約24,000円ほど

音質は好みが分かれるとは思いますが、低音から高音までクリアな迫力のサウンドを楽しむことができますよ。

Elite 75t 惜しいところ
  • ノイズキャンセリング機能がない
  • カラーラインナップが1色のみ

最近の完全ワイヤレスイヤホンはノイズキャンセリング機能が搭載されたタイプが増えてきていますがElite 75tは残念ながらノイキャンには非対応です。静寂の中、音楽を楽しみたいのならAirPods ProやWF-1000XM3を選んだ方がいいかも。

また、本体カラーが現在はチタニウムブラックしかありませんが、今後追加されていくことになるでしょうし、Elite Active 75tも登場する可能性は高いのではないでしょうか。

Jabra Elite 75t
■ おすすめ度:
4
■ 音質:
4
■ ノイキャン性能:
1
■ バッテリー持ち:
4.5
■ 使いやすさ:
4.5
■ 価格の安さ:
4

Jabra Elite 75tが発売したことで旧型のElite 65tは大幅に値下げしていてAmazonでは14,000円ほどで購入できるようになっています。

充電ポートがマイクロUSBと時代遅れ感はありますが、音質は1万円台のワイヤレスイヤホンとは思えないモノになっているので、安く音の良いイヤホンを求めるならElite 65tという選択肢もアリなのかもしれませんね。

Apple AirPodsのレビューはこちらです。

その他のメーカーのワイヤレスイヤホンもありますよ。

1万円以下のワイヤレスイヤホンはAnkerのZolo LibertyやSoundCoreシリーズがあります。