iPod Touch(第7世代)レビュー

Appleが新型のiPod touch(第7世代)を2019年5月29日に発売を開始しました。WWDC 2019の約1週間前の突如のサイレントアップデートで少し驚いてしまいましたね…。

この記事では、iPod touch(第7世代)の外観デザイン、スペック、性能について旧型モデルとの比較も交えてレビューしていきたいと思います。

 

iPod touch(第7世代・2019)レビュー

iPod Touch(第7世代)は2019年5月29日に発売が開始されて、実に4年ぶりの新型モデルです。

新型モデルといっても外観は全く同じで、CPUプロセッサがA8からA10 Fusionに刷新されてメインメモリが1GBから2GBに増設され、ストレージ容量のラインナップが変更されたマイナーアップデートとなっています。

iPod touch(第7世代)スペック
デバイスiPod touch
世代第7世代(2019)第6世代(2015)
ディスプレイ4インチ(1,136 x 640ピクセル)
CPUA10 Fusion @1.6GHzA8 @1.1GHz
RAM2GB1GB
ストレージ32/128/256G16/32/64/128GB
リアカメラ800万画素・F/2.4
フロントカメラ120万画素・F/2.2
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1
サイズ123.4mm x 58.6mm x 6.1mm
重量88g
カラースペースグレイ、ゴールド、シルバー、ピンク、ブルー、(PRODUCT)RED

A10 FusionはiPhone 7やiPad(第6世代)にも採用されている現役プロセッサです。

iPod touch(第7世代)の特徴
  • A10 Fusionプロセッサを搭載
  • メインメモリ(RAM)が2GBに
  • バッテリー残量表示が可能に
  • 手前に傾けてスリープ解除に対応

iPod touch(第7世代)はCPUプロセッサ以外のスペックが進化してないのでA8の製造ラインを整理する目的が垣間見えます。生産数の少ないチップを製造するのってコストかかりますからね…。

いずれにしても、新型のiPod Touch(第7世代)のプロセッサとしてiPhone 7世代のA10 Fusionが採用されたことで、あと2〜3年はiPod Touchを現役で使うことができる道筋ができたのではないでしょうか。

外観デザイン

パッケージと付属品

iPod touch(第7世代)のパッケージは従来のものと全く同じでiPod touch本体が見えるスケルトンタイプのものとなっています。

iPod touch(第7世代)のパッケージデザイン
透明ケースのパッケージ

新型との見分け方をApple Storeのスタッフの方に聞いたのですが、型番で判別するかないそうで、型番の最初に「MV」と書かれたモデルがiPod touch(第7世代)となります。

iPod touch(第7世代)パッケージの判別方法
型番にMVが入ってたらiPod touch(第7世代)
型番の違い
  • iPod touch(第7世代):MVHU2J/A
  • iPod touch(第6世代):MKH22J/A

Apple Storeで購入する場合は間違えることはないと思いますが、家電量販店だと間違える可能性もあるので、新型のiPod touch(第7世代)の型番を一応チェックしておいたほうがいいかもです。(まあ、大丈夫でしょうけど。)

有線タイプのEarPodsとLightningケーブル、説明書が同梱されています。

iPod touch(第7世代)付属品
EarPodsとLightningケーブルが付属

EarPodsの端子は3.5mmヘッドフォンジャックとなっています。

iPod touch(第7世代)は今まで通り、イヤホンをして充電しながらゲームをするという普通の使い方ができるので、ゲーム専用機として使うのなら良い端末と言えるのかもしれません。

筐体デザインの違いを比較

iPod touch(第7世代)正面デザイン
iPod touch(第7世代)は4インチディスプレイを搭載

iPod touch(第7世代)は4インチディスプレイを搭載した片手サイズのコンパクトボディスタイルを実現しています。iPod touchは本体の厚みがiPhoneよりも薄いのも魅力の一つですよね。

iPod touch(第7世代)の筐体デザインを旧型のiPod touch(第6世代)と比較してみました。

iPod touch(第7世代)背面パネルのデザイン比較
iPod touch(第7世代)は(第6世代)と同じデザイン

デザインは全く同じで、カメラやLEDフラッシュ、アンテナの位置関係も同じで見分けるポイントとしてはiPodの「P」のフォントデザインが少しだけ変わったことと、FCマークの印字がiPod touch(第7世代)は無くなりました。

ちょっとした違いですが少しだけ違う点があるようです。

その他の部分は同じデザインなので筐体(金型)は全く同じものが採用されているのでしょうね。カメラ、LEDフラッシュ、アンテナ周辺のデザインも変わりありません。

iPod touch(第7世代)と(第6世代)のカメラ
リアカメラ 左:第7世代、右:第6世代

音量ボタンの位置も全く同じです。

iPod touch(第7世代)の本体の薄さ
上:第7世代、下:第6世代

本体の左下に3.5mmオーディオジャック、Lightningコネクタを搭載しています。

iPod touch(第7世代)と(第6世代)下部部分
本体の下回り 上:第7世代、下:第6世代

ダイヤモンドカットは光沢のある加工がされています。

ダイヤモンドカットは光沢のある加工
上:第7世代、下:第6世代

iPad(第6世代)やiPad Air 3などの廉価版モデルは非光沢加工されていますが、iPodにはiPod touchしかないので今までと同じ光沢のあるダイヤモンドカット加工を採用しているようです。

そもそも、筐体の加工方法を変えるほどのアップデートでもないってことなんでしょうね。ほんとに延命処置をするためにA8プロセッサをA10 Fusionに刷新しただけ…って感じ。

CPU性能の違いを比較

新型のiPod touch(第7世代)はiPhone 7と同じA10 Fusionプロセッサに2GBもメインメモリを搭載していますが、クロック周波数が2.3GHzから1.6GHzにクロックダウンしています。

iPod touch(第7世代)CPUのスペック
左:第7世代、右:第6世代
iPod touch(第7世代)のCPUプロセッサ
デバイスiPod touch
世代第7世代(2019)第6世代(2015)
CPUA10 Fusion @1.6GHzA8 @1.1GHz
RAM2GB1GB
ストレージ32/128/256G16/32/64/128GB

Geekbench 4でCPUの性能を計測してみました。

iPod touch(第7世代)CPUの性能
左:第7世代、右:第6世代
iPod touch 7のCPU性能(Geekbench 4)
デバイスiPod touchiPhone 7iPhone SEiPod touch
世代第7世代(2019)(2016)(2016)第6世代(2015)
CPUA10 Fusion @1.6GHzA10 Fusion @2.3GHzA9 @1.8GHzA8 @1.1GHz
RAM2GB2GB2GB1GB
シングルコア2609341024071371
マルチコア4524574441672337
GPU(Metal)1068812802104024252

参考までにiPhone SEのA9プロセッサのスコアを比較してみましたが、iPod touch(第7世代)のA10 FusionプロセッサはクロックダウンしているのでA9プロセッサより少しだ高い性能となっているようです。

Antutuでも性能を計測してみました。

iPod touch(第7世代)のCPU性能 Antutu
左:第7世代、右:第6世代
iPod touch 7のCPU性能(Antutu)
デバイスiPod touchiPhone SEiPod touch
世代第7世代(2019)(2016)第6世代(2015)
CPUA10 Fusion @1.6GHzA9 @1.8GHzA8 @1.1GHz
RAM2GB2GB1GB
CPU650556160738382
GPU532314325111173
UX330942938318171
MEM615459743419
トータル15753414011571145

iPhone 7のA10 Fusionのトータル

AppleはiPod touch(第7世代)は(第6世代)よりも「最大2倍速いパフォーマンス」「最大3倍向上したグラフィックス」としていますが、それにはちょっと及ばない感じです。

「A10 Fusionプロセッサを搭載!」と表現されるとiPhone 7と同じ性能があるかと思ってしまいますが、実際のところはiPhone SEと同じくらいの性能であると認識しておいたほうがよさそうです。

実際の動作速度をiPod touch(第7世代)とiPod touch(第6世代)で比較をしてみました。

iPod touch(第6世代)は全体的にもっさり感がありますが、A10 Fusionと2GBのメインメモリを搭載したiPod touch(第7世代)はサクサク快適に操作することが可能となっています。

ゲームも普通に楽しむことができますし、サブ機としては申し分ない性能を備えていると言っていいでしょう。

バッテリー残量の表記が可能に

iPod touch(第7世代)は「設定」の「バッテリー」からiPhoneと同じように「バッテリー残量」をパーセント(%)で上部メニューに表示できるようになりました。

iPod touch(第7世代)バッテリー残量表示
iPod touch(第7世代)はバッテリー残量の表記が可能に

iPod tuch(第6世代)だと正確なバッテリー残量を把握することが難しかったので、これは良い改善点と言っていいでしょう。

手前に傾けてスリープ解除も可能に

さらに、iPod touch(第7世代)も本体を手に持って手前に傾けるだけでスリープ解除ができる機能も搭載しています。

同機能はA9プロセッサを搭載したiPhone 6sから使うことができる機能でしたが、iPod touch(第7世代)もA10 Fusionプロセッサを搭載したことで「手前に傾けてスリープ解除」を使えるようになったようです。

iPod touch(第7世代)手前に傾けてスリープ解除
手前に傾けてスリープ解除も可能に

「設定」の「画面表示と明るさ」に「手前に傾けてスリープ解除」という項目が追加されていて、初期設定ではONになっているので必要なければOFFにしておくこともできます。

 

カメラの画質について

iPod touch(第7世代)リアカメラ
リアカメラは800万画素と変わらず

iPod touch(第7世代)のリアカメラは旧型モデルと同じ800万画素のイメージセンサーを搭載しています。

ただ、CPUプロセッサがA8からA10 Fusionにグレードアップしている影響なのか、写真の色合いが少しだけ違うようにも見えます。

タイミング的な問題なのかもしれませんが、雷門の写真はiPod touch(第7世代)の方がコントラストの高い写真となっています。

iPod touch(第7世代)のリアカメラの画質1
左:第7世代、右:第6世代

RICOHのビルはiPod touch(第7世代)の方が全体的に明るくなっています。

iPod touch(第7世代)のリアカメラの画質2
左:第7世代、右:第6世代

スタバのサンドイッチもiPod touch(第7世代)の方が少しだけ明るいのかな?

iPod touch(第7世代)リアカメラの画質3
左:第7世代、右:第6世代

解像感はほぼ同じなので同じ型式のイメージセンサーを搭載してそうですが、全体的に見て旧型のiPod touch(第6世代)よりもiPod touch(第7世代)の方が少しだけ綺麗な写真が撮影できそうな感じです。

…まあ、ほぼ同じですかね(笑)

まとめ:iPod touhcを愛用しているユーザーにとっては嬉しいアップデート

iPod touch(第7世代)
iPod touch(第7世代)

iPod touch(第7世代)は外観はそのままにCPUプロセッサがA8からA10 Fusionに刷新されたマイナーアップデートモデルとなっています。

少し前までは中高生がiPod touchを使っているのをよく見かけましたが、最近はスマホとタブレットが普及しているので、使っている人は少なくなっている印象があります。

そんな中でiPod touch(第7世代)を選ぶメリットとはなんなのかを考えてみました。

iPod touch(第7世代)を選ぶメリット
  • iPhoneのサブ機に
  • ゲーム専用マシンに
  • 子どもに持たせる

といったところでしょうかね。

ゲームならiPhoneですればいいと思うかもですが、LINEなどのメッセージが入ると集中できないので、iPod touchをゲーム専用マシンにするのも悪くない使い方ではないでしょうか。

A8プロセッサのiPod touch(第6世代)は動作がモッサリしていたので、iPod touchを愛用しているユーザーさんにとってはCPUの強化だけでも嬉しいアップデートでしょう。

次期iPod touchに求めるもの

突然のアップデートに少し驚いてしまいましたが、今回のアップデートでiPod touchはあと2〜3年は延命することになりました。

で、今後のiPod touchはどうなるのか?

個人的にはiPod原点回帰ということで音楽専用プレーヤーとしてiPhoneとの差別化をしてもいいんじゃないのかな…と思っています。

ウォークマンみたいにDACなしでハイレゾ再生ができるiPodがあってもいいんじゃないか。というか、そういうモデルが欲しいです。iPod Touch(第8世代)に期待しましょう。

iPod touchはセルラー機能がないので外で使うにはテザリング通信する必要があります。iPhoneの選び方については以下の記事をどうぞ!