iPhone XRは2018年9月に発売されたスタンダードモデルですが、2021年もApple Storeで継続販売されていて現役で使える端末となっています。

大手キャリアでの販売は終了しているものの、UQ mobileのau CertifiedでiPhone XRを取り扱いをしていて新規契約・MNPなら18,720円(機種変更40,320円)で買うことができます。

au Certifiedは認定中古品ではありますが、しっかりと検査を受けている端末で30日間の保証もあるのである程度は安心して買うことができます。

ということで、この記事ではiPhone XRを2021年現在買ってもいいの?問題はないの?という疑問について書いているので少しでも安くiPhoneを手に入れたい方は参考にしてください。

iPhone XRが安く買えるぞ

Apple Storeで継続販売されている

iPhone XRは2021年現在もApple Storeで継続販売されています。

  • 64GB:54,800円(税込:60,280円)
  • 128GB:59,800円(税込:65,780円)

つまり、現役の端末なんですよね。iPhone SE(第2世代)と比べると少し高めではありますが、6.1インチの大画面ディスプレイを搭載しつつも高性能なA12 Bionicチップを搭載し顔認証のFaceIDを搭載したモデルをこの価格で手に入れられるのはいいですよね。

Apple Storeからの購入でもAppleローンを組むことで分割で購入もできます。少しでも安くジェスチャー操作のiPhoneを手に入れるのならいい選択肢になります。

au Certifiedの中古品が安い

もっと安くiPhone XRを買いたい!

という方は中古という選択肢もあります。実はAmazonでiPhone 整備済み製品が販売されていますが、UQ mobileのau Certifiedでも中古品がめちゃくちゃ安く販売されています。

iPhone XR(64GB)だとAmazonの整備済み製品だと46,000円くらいですが、au Certifiedは40,320円です。さらに、新規契約・MNPのりかえなら18,720円で買うことができるのでかなりお得です。

iPhone XRは現行モデルですが、中古も豊富にあるので安く手に入れたい方におすすめです。

au Certifiedとは?

au CertifiedはKDDIの下取りプログラムやアップグレードプログラムなどで回収したiPhone XRをリユースし、専門業者による検査をし専用ソフトによるデータ消去で完全初期化したものとなっています。

基準としてはバッテリー残量80%以上、基本機能、接続機能ともに問題ないことなっており、普通に使うのなら問題ない品質を維持しています。

ただ、中古品なので細かい傷はあります。ボコボコになっている端末はさすがに販売してないでしょうが細かな傷・薄いかすり傷があって明らかな使用感がある端末となっています。

これは公式ページに注意として記載されています。なので、細かい傷など気になる方はau Certifiedでの購入はいくら安いからといってもおすすめはできません。

iPhone XRはまだ現役で使える

iPhone XRは2018年9月に発売した端末で2021年で3年目となります。普通のスマートフォンだとそろそろ厳しくなる頃合いですが、iPhone XRはハイエンドチップを搭載しているため、動作が快適でまだまだ現役で使える性能を持っています。

A12 Bionic + 3GB RAMで快適に動作する

iPhone XRは2018年のハイエンドモデル・iPhone XS・XS Maxと同じ高性能なA12 Bionicチップを搭載しています。メインメモリは3GBに抑えられているものの、普段使いの動作、ゲームには支障のない性能を持っています。

参考までにGeekbench 5のスコアを比較してみました。

SoCの性能比較
 iPhone 11iPhone XRPixel 5
SoCA13 BionicA12 BionicSnapdragon 765G
RAM4GB3GB4GB
CPUシングルコア13111104586
CPUマルチコア305420981565
グラフィック7317(Metal)5253(Metal)1023(Vulkan)

少なくともミドルレンジクラスの2020年〜2021年のAndroidスマホに採用されることが多いSnapdragon 765 5Gよりも高性能となっています。

スコアよりも実際の動作が大事となりますが、ブラウジング、SNS、動画を見る、ゲームを楽しむといった普段使いであれば十分な速度となっているので、不満を感じることはありません。

iPhone 11と使い勝手はほぼ同じ

現在の最新モデルはiPhone 12です。画面サイズは6.1インチとiPhone XRと同じですが、筐体サイズが少しだけコンパクトに仕上がっているので使いやすい端末になっています。

なので、筐体サイズができるだけ小さいのがいいのであれば最新のiPhone 12を買うべきでしょう。少しでも安くしたいならワイモバイルのiPhone 12がおすすめです。Apple Storeで買うよりも安いですし、通信料金も下げることができます。

iPhone 11とiPhone XRはどちらも6.1インチのディスプレイを搭載していて筐体サイズも同じです。

では違いはどこにあるのか。

iPhone 11・XRの違い
 iPhone 11iPhone XR
SoCA13 BionicA12 Bionic
RAM4GB3GB
リアカメラ1200万画素(標準 + 超広角)1200万画素(標準のみ)
インカメラ1200万画素(4K撮影対応)700万画素
耐水性能IP68(水深2mに30分)IP67(水深1mに30分)
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 5
端末価格71,280円〜60,280円〜

もし、筐体サイズの大きさは気にしないという方であればiPhone 11、iPhone XRのどちらかでいいですが、超広角カメラが必要ないのならiPhone XRを選んでおいても問題はありません。

iOSのサポート期間について

iPhoneはiOSで動作しており1年に1回メジャーアップデートが実施されます。Androidスマホは2〜3年となっているのに対して、iPhoneのアップデートはかなり長めです。

といって、正式にAppleが発表しているわけではないのでiPhone XRがいつまでiOSのアップデートに対応するかはわかりません。しかし、過去の例から予測することはできます。

2020年9月に配信されたのがiOS 14で現在の最新のiOSとなっています。

  • iOS 10(2016):iPhone 5〜
  • iOS 11(2017):iPhone 5s〜
  • iOS 12(2018):iPhone 5s〜
  • iOS 13(2019):iPhone 6s〜
  • iOS 14(2020):iPhone 6s〜
  • iOS 15(2021):iPhone 7〜(?)
  • iOS 16(2022):iPhone 8〜(?)
  • iOS 17(2023):iPhone 8〜(?)
  • iOS 18(2024):iPhone XR〜(?)
  • iOS 19(2025):iPhone XR〜(?)

ここ最近は2年に1つのモデルが対象外になっていますが、仮に2021年9月のiOS 15でiPhone 7以降、2022年9月のiOS 16でiPhone 8以降になった場合で3年〜5年は最新のiOSにアップデートできることになります。

この間にiOSにブレイクスルー(技術的な進化)がない限りはiPhone XRはまだまだ現役で使うことができそう。そこそも、中古で買ったらどんなに頑張っても2〜3年でバッテリーが持たなくなってくるでしょう。

バッテリーが持たない?

個体にもよりますが、中古でiPhone XRを買う以上はバッテリーは劣化しているものと思っていた方がいいでしょう。

au Certifiedの基準では80%以上のバッテリー性能のある端末を販売しているとしていますが、使っていくうちのバッテリーはさらに劣化していくことになります。

でも、安心してください。

Appleではバッテリーの交換サービス(費用:8,140円)を使って新品のバッテリーに交換できます。費用がかかってきますが、仮にau Certifiedで18,720円でiPhone XRを買ってバッテリーを交換しても26,860円に抑えることができます。

少しでも安くiPhone XRを使いたいなら悪くない選択肢ではないでしょうか。

iPhone XRは現行モデルですが、中古も豊富にあるので安く手に入れたい方におすすめです。


まとめ

iPhone XRは2018年9月に発売したモデルで3年選手の端末となっていますが、A12 Bionicはまだまだ高性能なSoCとなっていますし、普通に使っていて動作が遅くて使いにくい…なんてことはほぼないでしょう。

おそらく、2021年モデルのAQUOS sense5GよりもiPhone XRの方が快適に動作するはずです。スペックだけでなく画面サイズも6.1インチと大きくて、耐水性能を備えていて、おサイフケータイによる電子決済もできる全部入りのスマホです。

これが、UQ mobileのau Certifiedなら2万円以下で買えてしまうのだからすごいですよね。ということで、少しでも通信費用を下げたいのならUQでiPhone XR、悪くない選択肢かと思います。

iPhone XRは現行モデルですが、中古も豊富にあるので安く手に入れたい方におすすめです。

iPhone XRのレビューはこちらです。

全機種のiPhone比較はこちらです。