iPhone XR レビュー

iPhone XRはiPhone XS/XS Maxよりも少しリーズナブルな価格で買うことができる低価格なエントリーモデルという位置付けとなっています。

とはいえ、iPhone XRは上位機種のiPhone XS/XS Maxと比較しても引けを取ることがない性能を持っておりほとんどの方はiPhone XRを選べば問題はないのかなと思います。

この記事では、iPhone XR(Product RED)の外観デザイン、サイズ感、使い勝手の違い、シングルカメラの性能や画質など比較レビューしたいと思います。

 

iPhone XR レビュー

iPhone XRは6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイが採用されています。

iPhone XSと同じA12 Bionicプロセッサと顔認証のFace IDも搭載していてディスプレイが有機ELではなく液晶ディスプレイでリアカメラがシングルカメラレンズという違いがあります。

iPhone XRの特徴
  • 6.1インチ(1,792 x 828ピクセル)の液晶ディスプレイを搭載
  • A12 Bionicプロセッサと3GB RAMを搭載
  • リアカメラは1200万画素のシングルカメラ(ポートレートモードに対応)
  • フロントカメラは顔認証のFace IDに対応したTrueDepthカメラ
  • バッテリー持ちが良くなった
  • サイドフレームはアルミ素材を採用
  • 価格が上位モデルよりも安い

サイドフレームの素材がアルミなので質感としてはiPhone 8/8 Plusと似ているところがあり、画面サイズが近いiPhone 8 Plusからの乗り換えに非常に適した機種となっています。

iPhoneXRのProduct Redがカッコイイ!

今回手に入れたiPhone XRは64GBモデルのProduct Redです!

今までのiPhoneにもProduct Redはありましたが、発売してから半年後くらいに追加発売するパターンが多くて、発売してからすぐに買うユーザーは買えなかったんですよね。

iPhone XR

しかし、iPhone XRのProduct Redは同時発売されたため、発売直後に購入できるようになりました。

初期購入組でレッドカラーが欲しかったユーザーにとっては嬉しい配慮といえそうです。

ちなみに、iPhone XS/XS Maxの壁紙の種類は少なかったのですが、iPhone XRはカラーに合ったオリジナルの壁紙を選ぶことができます。

パッケージと付属品

iPhone XRのパッケージは白ベースに本体正面デザインが印刷されたものとなっており、iPhoneとAppleのロゴはProduct REDのレッドに合わせて赤色になっていますね。

iPhone XR パッケージと付属品
iPhone XR パッケージと付属品

Product REDのカードも入っています。

内容物はいつも通り、説明書、SIMカードスロットを開けるためのピン、EarPods with Lightning Connector、Lightning-USBケーブル、USB電源アダプタ(5W)が同梱しています。

iPhone XRの外観デザイン

iPhone XRの外観デザインはiPhone XS/XS Maxと基本的に同じで、ホームボタンはなくて画面上部に黒色のノッチがあるベゼルレススタイルです、

ノッチ部分に顔認証のFace IDを使うためのTrueDepthカメラが搭載されていて画面ロック解除やApple Pay決済を簡単にできるようになっています。

iPhone XR ノッチデザイン

iPhone XRはiPhone XS/XS Maxと同じTrueDepthカメラとA12 Bionicプロセッサを搭載しているので、Face IDの認証速度の差はなく素早く顔認証することが可能となっています。

背面パネルにはガラス素材が採用されており「iPhone(Product)RED」という文字が印字されています。

iPhone XR(Product)RED背面パネル

iPhone XRのサイドフレームは航空宇宙産業で使われているものと同じグレード(7000シリーズ)アルミニウムが採用されています。

iPhone XR サイドフレーム

iPhone XS/XS Maxはステンレススチール素材となっていて細かい傷が付いてしまいますが、iPhone XRのアルミ素材は細かい傷は付きにくいので傷が気になってしまう方におすすめ。

iPhone XRの充電ポートはLightningコネクタとなっています。

iPhone XR 充電ポート

SIMカードスロットの内部もしっかりレッドに塗装されていますね。

iPhone XR SIMカードスロット

日本モデルなのでシングルスロット仕様となっていますがeSIMによるデュアルSIM仕様で、香港モデルはデュアルスロット仕様となっています。

iPhone XRのサイズ感について

iPhone XRのサイズはiPhone XSよりも少しだけ大きく、iPhone XS Maxよりも小さくなっています。

iPhone XR フロントパネル

iPhone 8からiPhone XRに乗り換えるとかなり大きいなぁと感じますが、iPhone 8 PlusからiPhone XRに乗り換えると本体サイズが小さく使いやすいと感じるかもしれません。

実際に使ってみると6.1インチモデルのiPhone XRは悪くないサイズ感です。

6.5インチのiPhone XS Maxは明らかに本体が大きいので使いにくいと感じる場面は多いですが、iPhone XRは慣れれば普段使いすることができる大きさではないでしょうか。

ベゼルの幅は少しだけ太い

iPhone XRもiPhone XS/XS Maxもベゼルレスディスプレイを搭載したモデルですが、iPhone XRの方がベゼルの幅が太くなっています。

iPhone XRとiPhone XSのベゼル幅の違い
左:iPhone XR、右:iPhone XS Max ベゼル幅

これは構造上の問題となっていて、iPhone XS/XS Maxは柔軟性のある有機ELディスプレイを採用したことで内部でうまく折り曲げることでベゼル幅を狭くしています。

しかし、iPhone XRは内部で折り曲げることができない液晶ディスプレイなので、ベゼル幅が少し太くなってしまっているそうですよ。

iPhone XR・iPhone XS Max・iPhone XS
左からiPhone XR、iPhone XS Max、iPhone X

iPhone XS/XS Maxを持ってからiPhone XRを手にすると「ベゼル太っ!」って思いますが、普通はどちらかしか使わないですし並べて比べないとそこまで差を感じることはないでしょう。

ちなみにiPhone XRのベゼル幅はiPhone 8/8 Plusと比べても少しだけ太くなっています。

iPhone 8/8 PlusとiPhone XRの違い
左からiPhone 8、iPhone XR、iPhone 8 Plus

iPhone 8/8 Plusは上下にスペースがありますが、iPhone XRは上下左右ともにスペース的余裕のない構造なので、仕方のないところなのかもしれません。

それとも、戦略的デザインなのか…?

 

本体の薄さは少しぶ厚い

iPhone XRは本体の厚みはiPhone XS/XS Maxよりも少しだけ分厚くなっています。

iPhone XRとiPhone XSの本体の薄さ
iPhone 8 Plus、iPhone XR、iPhone XS Max
各iPhoneの薄さ
  • iPhone XR:8.3mm
  • iPhone XS/XS Max:7.7mm
  • iPhone 8 Plus:7.5mm
  • iPhone 8:7.3mm

iPhone 8と比べると1mmも分厚くなってしまってるんですよね…。

ケースを装着してiPhone XRを使うなら特に気にするサイズでもないのでしょうが、ケースなしでiPhone XRを使うと「分厚いなぁ…」を感じてしまうかも。

本体の薄さが分厚くなったことでバッテリー容量は多くなっているので長いバッテリー駆動時間を実現するための設計を重視した…ということかな。

各iPhoneのバッテリー容量
  • iPhone XS Max:3,174mAh
  • iPhone XR:2,942mAh
  • iPhone XS:2,658mAh
  • iPhone 8 Plus:2,691mAh
  • iPhone 8:1,821mAh

iPhone 8 PlusよりもiPhone XRの方がバッテリー容量が多く、バッテリー駆動時間が最大で1.5時間ほど長くなっています。

バッテリーの持ちを重視するためにiPhone 8 Plusを選んできたユーザーはiPhone XRを選ぶ大きな理由になりそうですね。

液晶ディスプレイでも画質は綺麗

iPhone XRは有機ELディスプレイではなく普通の液晶ディスプレイ(LCD)を搭載しています。

新技術により液晶なのに角丸デザインになっていますが、他のスマートフォンでも液晶なのに角丸になっているスマホはたくさんあるので珍しい技術でもなさそう。

解像度はiPhone XS/XS Maxよりも低く、iPhone 8と同じ326ppiの画素密度で画面サイズを大きくしただけのパネルとなっています。

各iPhoneのディスプレイの仕様
モデルiPhone XRiPhone 8iPhone XSiPhone XS Max
画面サイズと解像度6.1インチ
1,792 x 828
(326pi)
4.7インチ
1,334 x 750
(326pi)
5.8インチ
2,436 x 1,125
(458ppi)
6.5インチ
2,688 x 1,242
(458ppi)
ベース解像度896 x 414667 x 375812 x 375896 x 414
倍率x2x2x3x3
タイプ液晶ディスプレイ有機ELディスプレイ
コントラスト比(標準)1,400:11,000,000:1
最大輝度(標準)625cd/m2
カラー規格広色域(P3)
その他
True Tone
HDR10
True Tone
3D Touch×

iPhone XRはiPhone 8と同じベース解像度の2倍高密度なディスプレイですが、iPhone XSとiPhone XS Maxはベース解像度の3倍高密度なディスプレイとなっています。

iPhone XS/XS Maxの有機ELと比べるとiPhone XRの液晶の解像度は少しだけ劣ってしまい拡大をしてみるとシャギーがあるのが確認できます。

液晶と有機ELの解像度
左:iPhone XR、右:iPhone XS Max 画面解像度の違い

とはいえ、肉眼でその差を判別することはできないレベルで、iPhone XRの1,792 x 828ピクセル(326pi)でも十分な解像度でしょう。

有機ELディスプレイのほうがクッキリとした鮮やかな綺麗な画面表示をすることができます。

実際に赤色や青色の表現がiPhone XRよりもiPhone XS/XS Maxの方が濃くて綺麗です。(カメラで画面を撮影すると有機ELよりも液晶の方が綺麗になってしまいます…。)

液晶と有機ELの画質
左:iPhone XR、iPhone XS Max

人肌の色合いも液晶よりも有機ELの方が綺麗なのでお子さんの写真を撮影することが多くて健康的なお子さんを見たいという方はiPhone XS/XS Maxの方がいいのかも。

とはいえ、iPhone XRの液晶ディスプレイもとても綺麗なので、並べて比較してもその差を見極めるのは難しいのではないでしょうか。

つまり、iPhone XRに搭載されている液晶ディスプレイの画質も十分綺麗ということなんです。

 

カラーバリエーションはiPhone XRならでは

やはり、iPhone XRの最大の特徴ともいえるのがカラーバリエーションの豊富さではないでしょうか。

20180913065215j:plain

僕はProduct REDを買いましたが他にもホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラルの全6色からiPhone XRを選ぶことが可能となっています。

シングルカメラの性能と画質

個人的に一番気になっているのがiPhone XRのシングルカメラの画質です。

iPhone XRのカメラは1200万画素のイメージセンサーですがiPhone 8やiPhone Xよりも32%大型化したセンサーとなっています。

iPhone XR シングルカメラ

また、iPhone XRはシングルカメラなのにソフトウェア処理で背景をボカすことができるポートレートモードを搭載しています。

iPhone XS/XS Maxはダブルカメラの視差情報で背景をボカしていました。

アルゴリズムが違うので当然ながらぼかしの出来に差が出るはずです。

ということで、iPhone XRとiPhone XS Maxのカメラでポートレートモードを撮影をしてみました。

iPhone XRのポートレートは人のみ対応

まず、iPhone XRのポートレートモードはiPhoneが被写体のことを人と認識しないと使えない仕様となっています。

被写体が人でなかったり、マスクをしていると「誰も検知されませんでした。」というメッセージが表示されるのです。

20181027010340j:plain

iPhone XRは広角カメラしか搭載していないシングルカメラ仕様です。

高性能なA12 Bionicのニューラルエンジンで人と認識することができ、人と人物を切り分けをして背景をぼかす仕組みになっています。

つまり、AIをフル活用することで背景をぼかして深度コントロールすることもできる優れものとなっているのです。

ポートレートモードの画角が違う

iPhone XS/XS Maxのポートレートモードは望遠カメラ(52mm相当)をベースに広角カメラとの視差情報をもとに背景をボカしています。

つまり、ポートレートモードを起動すると2倍ズームされた状態で撮影することになります。

しかし、iPhone XRのポートレートモードは広角カメラ(26mm相当)をベースにしているので画角が随分と異なることになります。

20181027011302j:plain
左:iPhone XR 右:iPhone XS Max ポートレートモードの撮影距離の違い

なので、iPhone XRでiPhone XS/XS Maxと同じくらいの大きさで撮影する場合は被写体に寄らないといけないんですよね。

個人的には人を撮影するときは50mm相当の画角が使いやすく、iPhone XS/XS Maxの望遠レンズを愛用しています。

iPhone XRのポートレートモードは少し画角が遠くて使いにくいと感じてしまいました。

撮影距離の違い

iPhone XRとiPhone XS/XS Maxのポートレートモードでは撮影可能距離もかなり違います。実際に計測してみたところ…

  • iPhone XR:約0.2m 〜 約1m
  • iPhone XS/XS Max:約0.7m 〜 約2.5m

…となっていました。

iPhone XRは寄って撮影できる

iPhone XS/XS Maxは望遠カメラをベースとしているので被写体に近くなってしまうと撮影できません。

しかし、iPhone XRは人の顔であることが認識できる距離であれば撮影することができました。

20181027013112j:plain

なので、至近距離で人を撮影するのであればiPhone XRのポートレートモードはかなり使いやすいのではないでしょうか。

ぼかしの綺麗さの比較

iPhone XRは広角カメラとA12 Bionicのニューラルエンジンで背景をぼかしていますが、iPhone XS Maxは望遠カメラをベースに広角カメラとの視差情報で背景をぼかしています。

  • iPhone XR:広角カメラでニューラルエンジンを利用して背景をぼかしている
  • iPhone XS:望遠カメラをベースに広角カメラとの視差情報とニューラルエンジンで背景をぼかしている

実際にiPhone XRとiPhone XS Maxのポートレートモードで撮影をしてみて、ぼかし効果の違いを比較してみました。

20181027013739j:plain
左:iPhone XR 右:iPhone XS Max ポートレートモードの違い

iPhoneのカメラは望遠よりも広角の方が明るいレンズに性能の高いイメージセンサーを採用しています。

iPhone XRiPhone XS/XS Max
広角カメラ1200万画素(32%大きい)
ƒ/1.8
1200万画素(32%大きい)
ƒ/1.8
望遠カメラ1200万画素
ƒ/2.4

広角レンズは被写体深度が深い(ぼけにくい)という特性があります。

iPhone XRで撮影した方が髪の毛や服の繊維が細かく描画できて全体的にシャープな写りになっているんですよね。

iPhone XS/XS Maxのポートレートモードは画質が少しだけ劣る望遠カメラを使っているのでiPhone XRよりも画質が少しだけ劣っています。

とはいえ、iPhone XS Maxは全体的に柔らかい雰囲気で表現されているので写真としての完成度はiPhone XS Maxのポートレーモードの方が上なのかな?

iPhone XRでボカした写真は細かい処理が苦手で数本飛び出した髪の毛が消えてますが、iPhone XS Maxは飛び出した髪の毛もしっかりと表現できています。

ただし、iPhone XS Maxの望遠カメラは広角カメラよりもレンズが暗くイメージセンサーが小さいので暗いところで撮影するとノイズが若干乗ってしまうので、画質はiPhone XRの方が上と感じることもあります。

ポートレートモードの違い
  • 繊細さは → iPhone XRの方が綺麗
  • ボケ方は → iPhone XS/XS Maxの方が綺麗

iPhone XRはシングルカメラで背景をボカせるので、iPhone XS/XS Maxも広角カメラ側で背景をぼかすことをやろうと思えばできるでしょう。

もし、今後のアップデートで広角カメラ側でもポートレートモードが使えるようになれば撮影の幅が広がることになりそうですよね。

どのように切り替えるかなどの問題はあるかもしれませんが、是非とも対応して欲しいところ…。

スマートHDRの綺麗さを比較

iPhone XRのカメラはiPhone XS/XS Maxと同じようにスマートHDRを使って撮影できるようになっています。

とにかく白トビを抑えて撮影をすることができるんですよね。

20181027021332j:plain
左:iPhone XR 右:iPhone X

iPhone Xだと完全に白トビしている店内の様子ですが、iPhone XRならしっかりと表現できています。

iPhone XRとiPhone XS Maxで違いがあるのかも比較してみたのですが、特に違いはないようでした。

2倍ズームの解像感の違い

iPhone XRは望遠カメラを搭載していないのでズーム機能を使うと解像感が落ちてしまいます。

こちらの画像は2倍ズームしたものを拡大して比較したものです。

20181027021414j:plain
左:iPhone XR 右:iPhone XS Max

拡大しているのでパッと見では違いは分からないかもですが、ズームして撮影することが多い方はiPhone XRよりもiPhone XS/XS Maxの方がおすすめ。

個人的には広角カメラよりも望遠カメラの方が使い勝手がいいのでiPhone XRよりもiPhone XS/XS Maxの方が使いやすいかな…。

 

iPhone XRのCPU性能について

iPhone XRのCPUプロセッサはiPhone XS/XS Maxと同じA12 Bionicを搭載しています。

なので、基本的な性能は上位モデルと同じということになります。

iPhone XRiPhone XS/XS Max
プロセッサA12 Bionic
RAM3GB LPDDR4X4GB LPDDR4X

ただし、メインメモリ(RAM)の容量は4GBではなく3GBなので、マルチタスク作業で速度の違いが出てくるかもしれません。

Geekbenc 4でiPhone XRとiPhone XS MaxのA12 Bionicの性能を比較してみました。参考までにiPhone XのA11 Bionicも合わせて計測しています。

20181027005255j:plain

iPhone XRiPhone XS/XS MaxiPhone X
プロセッサA12 BionicA11 Bionic
RAM3GB LPDDR4X4GB LPDDR4X3GB LPDDR4X
シングルコアスコア476348254226
マルチコアスコア11125107889863
GPU(Metal)210992529914925

iPhone XRのA12 BionicプロセッサはiPhone XのA11 Bionicプロセッサよりも性能が向上していてiPhone XS/XS Maxと同じ性能になっていますね。

使ってみた感じとして動作速度が遅くなるということもないので、特に問題はないのかなと思います。

LTEの通信速度について

iPhone XS/XS Maxはギガビット級のLTE通信に対応をしていますが、iPhone XRはiPhone XやiPhone 8/8 Plusと同等レベルのLTE通信規格に対応しています。

ということで、実際にNTTドコモのSIMカードを入れ替えてLTE通信の速度を計測してみました。

iPhone XRとiPhone XS Max LTE通信の速度の違い
左:iPhone XR 右:iPhone XS Max LTE通信の速度の違い

iPhone XS Maxは下り111.36Mbpsの速度となっていますが、iPhone XRは少しだけ遅い81.52Mbpsとなっています。

場所やタイミングによって通信速度に違いはありますが、iPhone XRよりもiPhone XS/XS Maxの方がLTE通信の速度は速くなっていることは間違いなさそうです。

ストレージ容量の違い

iPhone XS/XS Maxは64GBで足りないと思ったら17,000円も高い256GBモデルを選ぶしか手段がありませんでした。

しかし、iPhone XRのストレージ容量は64GBと256GBの間の128GBを選ぶことができるのです。

しかも64GBと128GBの価格差は6,000円と安い!

なので、iPhone XS/XS Maxよりもストレージ容量で迷うことはないのかな。

個人的にはiPhoneのストレージ容量は64GBもあれば十分だと思っています。その理由についてはこちらの記事(→ iPhone XS/XS Max・XRのストレージ容量はどれを選ぶ?おすすめの容量は?)で詳しく書いているので参考にしてください。

iPhone XRはiPhone 7/8 Plusから乗り換えしやすい

iPhone XR(64GB)は84,800円となっていて低価格のiPhoneとするには少し割高です。

しかし、iPhone 8 Plus(64GB)の発売当初の価格(89,800円)よりも5,000円安いので妥当な価格な価格設定ではないでしょうか。

iPhone XRiPhone 8 PlusiPhone XSiPhone XS Max
64GB84,800円89,800円 → 78,800円112,800円124,800円
128GB90,800円
256GB101,800円106,800円 → 95,800円129,800円141,800円
512GB152,800円164,800円

iPhone XRの本体サイズはiPhone 8 Plusよりも小さいですが、ディスプレイサイズは5.8インチ → 6.1インチと少しだけ大きくなっています。

つまり、iPhone 8 Plusを使っていたユーザーがiPhone XRに乗り換えると価格的にちょうど良いのかなと思うんですよね。

iPhone XRの画面横幅はiPhone 8 Plusよりも少しだけ狭くなっていますが、画面の全体的な広さはiPhone XRの方が上です。

iPhone XRとiPhone 8 Plus 大きさの違い
左:iPhone XR 右:iPhone XS Max 本体サイズの違い

iPhone XRはiPhone 8 Plusよりもコンパクトなのに画面サイズが少し大きいので最高じゃないですか。

ただし、画面解像度はiPhone 8 Plusの方が上となります。

  • iPhone XR:1,792 x 828ピクセル(326ppi)
  • iPhone 8 Plus:1,920 x 1,080ピクセル(401ppi)

見た感じはほぼ同じですけどね。

iPhone 8 Plusの後継はiPhone XS Maxと思われがちですが価格帯から見ると完全に別物と見るのがいいでしょう。

iPhone XS MaxはApple信者向けの完全なプレミアムアイフォーンです。

iPhone XSも10万円オーバーなので通常使いなら8万円くらいで買うことができるiPhone XRが本当に買うべきiPhoneといえるのかもしれません。

まとめ:iPhone XRの良い点・残念な点

最後にiPhone XRの良い点と残念な点をまとめますね。

iPhone XRの良い点
  • iPhone 8 Plusよりも小型サイズなのに画面が大きい
  • シングルカメラのポートレートモードの画質が綺麗
  • バッテリーの持ちが良い
  • 端末価格がiPhone XSよりも安い
  • カラーラインナップが豊富
iPhone XRの残念な点
  • 本体の薄さが少し厚い
  • 3D Touchが使えなくなった

個人的にはiPhone XSやiPhone XS Maxよりも価格の安いiPhone XRを選んだ方がいいと思います。

iPhone XSは11万円オーバーですがiPhone XRなら9万円ほどと価格差は2万円ほどあります。

その余ったお金でAirPodsを買ったほうがいいと思いませんか?

Apple公式サイトからY!mobile SIMカードを購入すると基本料金の割引と手数料無料の特典を受けることができます。詳しくはこちらを参考にしていただければと思います。

また、iPhone XRは発売1ヶ月でドコモで値下げしておりauも価格を下げています。例えば、ドコモのiPhone XR 64GBモデルなら月々1,080円(24,000円)で手に入れることが出来るのでキャリア回線を使っている方はこちらはお得です。

↓ iPhone XRをキャリアでチェック ↓

キャリア版のiPhone XRの端末価格はこちらの記事をどうぞ!

もっと安くiPhoneを購入したいならiPhone XRよりもiPhone 8の方がいいでしょう。サイズやスペックの違いを詳しく比較しています。

現在販売されている全てのiPhone(XS Max、XS、XR、8 Plus、8、7 Plus、7)を徹底比較したレビュー記事があるので参考にしてください!

iPhoneのカラーの選び方、ストレージ容量の選び方はこちらを参考にどうぞ!

iPhone XS/XS Maxのレビューはこちらです。