iPhone SE3・13 mini・12 mini 比較

iPhoneの小型モデルはiPhone 13 mini、iPhone 12 miniがありますが、2022年3月18日にiPhone SE(第3世代)が発売となります。

iPhone SE(第3世代)はiPhone SE(第2世代)の後継機種でTouch IDを搭載しつつiPhone 13と同じA15 Bionicによる高性能なコンパクトスマホです。

ということで、この記事ではiPhoneの小型シリーズのデザイン・サイズ・スペック・価格の違いを比較しているので、iPhoneの小さいモデルの購入を検討している方は参考にしてみてください。

iPhone SE3・mini 3・mini 2の違いを比較

端末価格の違いを比較

Apple Storeの販売価格はiPhone SE(第3世代)は57,800円〜、iPhone 13 miniは、iPhone 12 miniは69,800円〜となります。

価格の違いを比較
iPhone SE(第3世代) 13 mini 12 mini
64GB 57,800円 69,800円
128GB 63,800円 86,800円 75,800円
256GB 76,800円 98,800円 87,800円
512GB 122,800円

円安の影響もあってiPhone SE(第3世代)は少し割高感がありますが、iPhone 12 miniよりも12,000円安く買うことができます。

とにかく費用を抑えたいならiPhone SE(第3世代)となりますが5G通信に興味がないなら従来モデルのiPhone SE(第2世代)をキャリアで安く買ったりするのがいいかも。

\iPhoneを各キャリアで/

デザインと本体カラーを比較

iPhone SE(第3世代)はホームボタンのあるスタイル、iPhone 13 mini、iPhone 12 miniはホームボタンのないフルディスプレイスタイルを採用してます。

iPhone SE3・13 mini・12 mini 本体デザインとカラー
ラインナップ
本体カラー比較
SE(第3世代) 13 mini 12 mini
ミッドナイト
スターライト
Product RED
グリーン
ピンク
ブルー
ミッドナイト
スターライト
Product RED
パープル
ブルー
グリーン
Product RED
ホワイト
ブラック
アルミフレーム + 光沢背面ガラス
IP67(水深1m30分)
アルミフレーム + 光沢背面ガラス + 前面Ceramic Shield
IP68(水深6m30分)

iPhone SE(第3世代)は丸みのある本体デザインになっているのに対して、iPhone mini 3、mini 2はフラットエッジな角張った本体デザインを採用しています。

iPhone SE3とiPhone 13 mini デザイン比較
デザインの違い

どちらもコンパクトサイズのスマホなので片手で使えいますが、iPhone SE(第3世代)は手に馴染む感じ、iPhone mini 3、mini2はガッチリと握れる安定感のあるスマホです。

筐体の素材はいずれのモデルもアルミフレームに光沢のある背面ガラスを採用しています。iPhone 13 mini、12 miniは前面パネルは傷が付きにくいCeramic Shieldを採用しています。

サイズの違いを比較

本体サイズはiPhone SE(第3世代)よりもiPhone 13 mini、12 miniの方がコンパクトな大きさとなっています。

iPhone SE3・mini 3・mini 2 本体サイズ比較

iPhone SE(第3世代)は4.7インチの小型ディスプレイを搭載していますが、ホームボタンがあることで本体高さは138.4mmとiPhone 13 mini、12miniの131.5mmよりも大きくなっています。

横幅もiPhone SE(第3世代)が67.3mmなのに対してiPhone 13 mini、12 miniは64.2mmとよりコンパクトな大きさに。いずれのモデルも片手で操作できますが、より小さいiPhoneが欲しいならminiシリーズがおすすめです。

生体認証の違いを比較

iPhone SE(第3世代)は指紋認証に対応、iPhone 13 mini、12 miniは顔認証に対応しています。

生体認証の違いを比較
iPhone SE(第3世代) 13 mini 12 mini
生体認証 Touch ID(指紋) Face ID(顔認証)
マスク ◯(iOS 15.4以降)
操作 ホームボタンに指を当てる 顔を画面に向けてジェスチャー

iPhone SE(第3世代)はTouch IDを使って指紋で画面ロック解除ができます。iPhone 13 mini、12 miniは顔を画面に向けることで認識して画面ロック解除ができます。

iOS 15.4以降でマスクをしながらも顔認証できるようになるのでどのモデルを選んでもあらゆるシーンで使うことができます。Touch IDは手荒れしてると使えないこともあるので指が弱い方はFace IDの方がいいかもしれません。

ディスプレイの違いを比較

iPhone SE(第3世代)は4.7インチの液晶ディスプレイ、iPhone 13 miniと12 miniは5.4インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

iPhone SE3とiPhone 13 mini ディスプレイ比較
ディスプレイの比較

解像度はiPhone 13 mini、12 miniの方が上でフルHD動画を最高画質で楽しめますがiPhone SE(第3世代)はHD画質までとなります。とはいえ、画素密度はしっかり326ppiあるので滑らかな文字、写真を楽しめるので普段使いにおいては問題はないでしょう。

ディスプレイの違いを比較
iPhone SE(第3世代) 13 mini 12 mini
画面サイズ 4.7インチ 5.4インチ
パネル 液晶(Retina HD) 有機EL(Super Retina XDR)
解像度 1,334 × 750ピクセル(326ppi) 2,340 × 1,080ピクセル(476ppi)
画面明るさ 625ニト 800ニト 625ニト
HDR × ◯(最大輝度1,200ニト)
その他 広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ

屋内においてはiPhone SE(第3世代)の液晶でも十分明るくてみやすい画面になっていますが、太陽下や斜めから画面を見ると少し暗くなります。

iPhone SE3・13 mini 画面の明るさ比較
画面の明るさ比較

iPhone 13 mini、12 miniは有機ELなので太陽下の明るいところでも視認性がいいですし、iPhone 13 miniは通常時でも800ニトの明るいディスプレイでとても見やすい画面となっています。

SoCのスペックと性能

SoC(システムオンチップ)はiPhone SE(第3世代)とiPhone 13 miniは最新のA15 Bionicを搭載し、iPhone 12 miniはA14 Bionicを搭載しています。

A15 Bionic、A14 Bionicの性能をGeekbench 5で比較しました。参考までにiPhone SE(第2世代)のA13 Bionicの数値も入れておきます。

iPhone 13 mini Geekbenchベンチマークスコア
iPhone 13 mini・12 mini
Geekbench 5の性能比較
iPhone SE(第3世代)
13 mini
12 mini SE(第2世代)
SoC A15 Bionic A14 Bionic A13 Bionic
CPU 高性能2コア + 高効率4コア
GPU 4コア
RAM 4GB 4GB 3GB
シングルコアCPU 1720 1597 1293
マルチコアCPU 4551 3976 2985
Metal GPU 11104 9201 7849

A13 → A14 → 1A15 Bionicになることで性能が大きく向上しており、iPhone SE(第2世代)から(第3世代)に乗り換えるだけでも体感できるほど処理が速くなります。

Antutuのスコアはこうなります。

iPhone 13 mini Antutuベンチマークスコア
Antutuの性能比較
iPhone SE(第3世代)
13 mini
12 mini SE(第2世代)
SoC A15 Bionic A14 Bionic A13 Bionic
CPU 高性能2コア + 高効率4コア
GPU 4コア
RAM 4GB 4GB 3GB
トータル 812992 723121 548012
CPU 209199 190031 142721
GPU 351471 313016 222260
MEM 124930 97755 75912
UX 127392 122410 107119

A15 BionicとA14 Bionicとの性能差は大きくはないですがA13 Bionicからだとトータル性能で1.5倍ほど処理速度が速くなります。

ここまで性能が向上するとちょっとした動作でも違いを感じることができるのでとにかく快適にスマホを使いたいならiPhone SE(第3世代)かiPhone 13 miniがおすすめです。

バッテリー容量と電池持ち

iPhone SE(第3世代)とiPhone 13 mini、iPhone 12 miniのバッテリー容量は以下のとおりです。

バッテリーの比較
iPhone SE(第3世代) 13 mini 12 mini
バッテリー容量 2,018mAh 2,406mAh 2,227mAh
ストリーミングビデオ再生 最大10時間 最大13時間 最大10時間
オーディオ再生 最大50時間 最大55時間 最大50時間
充電ポート Lightning
急速充電 対応:20W
ワイヤレス充電 Qi MagSafe、Qi

iPhone SE(第3世代)のバッテリー駆動時間はiPhone 12 miniとほぼ同じとなりますが、iPhone SE(第2世代)はストリーミングビデオ再生が最大13時間だったのでバッテリーライフは改善しています。

より長い時間を使いたいならiPhone 13 miniがおすすめです。

また、iPhone SE(第3世代)はMagSafe充電に対応していません。数多くのMagSafeアクセサリーを使いたいならiPhone 13 mini、12 miniを選ぶことになります。

リアカメラとフロントカメラ

iPhone SE(第3世代)はシングルカメラ、iPhone 13 mini、12 miniはデュアルカメラを搭載しています。

iPhone SE3とiPhone 13 mini リアカメラ
シングルカメラとデュアルカメラ

iPhone 13 mini、12miniは広角画角だけでなく超広角画角による視野の広い写真、動画の撮影ができますが、iPhone SE(第3世代)は広角のみです。

カメラのスペック比較
iPhone SE(第3世代) 13 mini 12 mini
広角 1200万画素・1/2.9型・F/1.8 1200万画素・1/1.8型・F/1.6 1200万画素・1/2.55型・F/1.8
超広角 1200万画素・F/2.4
フロント 700万画素・F/2.2 1200万画素・F/2.2
高画素化技術 Deep Fusion
色彩補正技術 スマートHDR4、フォトグラフスタイル スマートHDR3
ナイトモード ×
ポートレートモード △:人物限定
動画撮影 4K60fps 4K60fps、4KHDR30fps
シネマティックモード × ◯(1080p30fps) ×

iPhone SE(第3世代)の広角カメラは第2世代と同じなら1/2.9型のとても小さいイメージセンサーなので、最新のA15 BionicによるスマートHDR4とDeep Fusionがあってもカメラの画質はiPhone 13 miniの方が上となります。

また、iPhone 13 mini、12 miniはナイトモードでの撮影ができるのに対してiPhone SE(第3世代)は対応しておらす夜景撮影は弱くなっています。

通信性能の違いを比較

通信性能の違いを比較してみました。

通信性能の比較
iPhone SE(第3世代) 13 mini 12 mini
Bluetooth Bluetooth 5.0
U1 × 空間認識のための超広帯域チップ
Wi-Fi MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
5G 5G(Sub-6)
4G LTE 4G LTE-Advanced ギガビットLTE
NFC リーダーモード対応NFC、FeliCa、予備電力機能付きエクスプレスカード

iPhone SE(第3世代)は5Gによる高速モバイル通信に対応していますが、4Gのスペックが第2世代で対応していたギガビットLTEから4G LTE-Advancedにスペックダウンしています。

また、U1チップも搭載していないのでHomePod miniでのスムーズな音楽の受け渡しなどのシームレス機能をiPhone SE(第3世代)は使うことができません。

iPhone SE3・mini 3・mini 2 どれがいい?

この3つのモデルでどれを選ぶのがいいのかまとめました。

小型iPhoneどれがいい?
  • 快適な操作性とカメラを重視 → iPhone 13 mini
  • 価格の安さを重視 → iPhone SE(第3世代)
  • ホームボタンが欲しい → iPhone SE(第3世代)
  • 手荒れしている → iPhone 13 mini、12 mini

快適な操作感とカメラの画質を重視するならiPhone 13 miniがおすすめです。

カメラは重視せず価格の安さを重視するならiPhone SE(第3世代)もいいですが筐体デザインが古臭い印象があるのでiPhone 12 miniを選ぶのもおすすめです。

iPhone 13 mini、12 miniはFace ID(顔認証)ですが、iOS 15.4以降はマスクしながらも顔認証が可能になるので問題なくなります。どちらのモデルもマスクしながら画面ロック解除ができます。

つまり、単純にTouch IDがいいのかFace IDがいいのかでiPhone SE(第3世代)にするか、iPhone 12 miniにするか決めることができます。

iPhone SE(第3世代)の特徴

iPhone SE(第3世代)
iPhone SE(第3世代)
iPhone SE(第3世代)の特徴
  • 丸みのある本体デザイン
  • 4.7インチ 液晶(1,334 × 750ピクセル)
  • A15 Bionicで快適に操作できる
  • メモリ:4GB、ストレージ:64 / 128 / 256GB
  • 生体認証:Touch ID内蔵のホームボタン
  • カメラ:1200万画素広角カメラ
  • 防水防塵:IP67(水深1m 30分)
  • 5G(Sub-6)の高速通信に対応
  • カラー:スターライト、ミッドナイト、Product RED
  • 端末価格:57,800円〜

iPhone SE(第3世代)は2022年発売で2020年のiPhone SE(第2世代)の後継機種です。iPhone 13と同じA15 Bionicを搭載したホームボタンのある最強のiPhoneとなっています。

昔ながらの操作性を重視したいなら選択肢がないのでiPhone SE(第3世代)を選ぶことになります。

5G通信にもしっかり対応しているので今後末長く使うことができるでしょう。

iPhone 13 miniの特徴

iPhone 13 mini
iPhone 13 mini
iPhone 13 miniの特徴
  • 角張ったフラットな本体デザイン
  • 5.4インチ 有機EL(2,340 × 1,080ピクセル)
  • A15 Bionicで快適に操作できる
  • メモリ:4GB、ストレージ:128 / 256 / 512GB
  • 生体認証:Face ID(顔)
  • カメラ:1200万画素広角 + 超広角
  • 防水防塵:IP68(水深6m 30分)
  • 5G(Sub-6)の高速通信に対応
  • カラー:グリーン、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、Product RED
  • 端末価格:98,800円〜

iPhone 13 miniは2021年に発売した5.4インチの小型モデルです。

有機ELディスプレイで画面の視認性がいいだけでなくA15 Bionicとスムーズなジェスチャー操作によりとにかく快適に使えるは小型ハイエンドモデルとなっています。

高性能な小型スマホが欲しいならiPhone 13 miniです。バッテリー駆動時間もiPhone 12 miniよりも改善されて1日ちゃんと使えるスマホなので安心して使うことができます。

iPhone 13 miniについて

iPhone 12 miniの特徴

iPhone 12 mini
iPhone 12 mini
iPhone 13 miniの特徴
  • 角張ったフラットな本体デザイン
  • 5.4インチ 有機EL(2,340 × 1,080ピクセル)
  • A14 Bionicでそこそこ快適に操作できる
  • メモリ:4GB、ストレージ:64 /128 / 256GB
  • 生体認証:Face ID(顔)
  • カメラ:1200万画素広角 + 超広角
  • 防水防塵:IP68(水深6m 30分)
  • 5G(Sub-6)の高速通信に対応
  • カラー:グリーン、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、Product RED
  • 端末価格:69,800円〜

iPhone 12 miniは2020年に発売した5.4インチの小型モデルです。

見た目はiPhone 13 miniと似ており操作感は同じです。ただ、SoCが1世代前のA14 Bionicを搭載し動作は快適に使えますがバッテリー容量が少なくて電池持ちが少し悪いのがネックです。

といっても、iPhone SE(第3世代)とほぼ同じ電池持ちなので指紋認証じゃなくて顔認証が欲しい、でも費用を抑えたいとなったときにiPhone 12 miniはいい選択肢になりそうです。

iPhone 12 miniについて

\iPhoneを各キャリアで/