iPhone 8 レビュー

iPhone 8は4.7インチディスプレイのコンパクトサイズのiPhoneで、Touch IDを内蔵したホームボタンを搭載した最後のiPhoneとなっています。

iPhone 8の本体デザインはiPhone 7を踏襲し、背面パネルがアルミからガラスに変更したことで、アンテナラインがほぼ無くなり美しい輝きを放つボディに進化しています。

ここでは、iPhone 8のデザイン、スペック、使いやすさの実機でレビューをしています。iPhone 7など旧型モデルから、iPhone 11iPhone 11 ProなどのFace IDを搭載した機種への乗り換えはしたくないという方は参考にしていただけたらと思います。

iPhone 8のスペックと特徴

iPhone 8 手で持った時の大きさ
iPhone 8 手で持った時の大きさ

iPhone 8は4.7インチの液晶ディスプレイを搭載していて現在販売されているiPhoneの中で一番コンパクトな機種となっています。

機械学習処理ができるニューラルエンジンを内蔵したA11 Bionicを搭載しているので52,800円で買うことができるスマホとして驚異の処理性能を持ったモデルとなっています。

iPhone 8 の特徴
  • 4.7インチの液晶ディスプレイ
  • A11 Bionicプロセッサ + 2GBメインメモリ
  • ストレージ容量:64GB・128GB
  • 1200万画素のシングルカメラ(光学式手ぶれ補正)
  • リアカメラは4K60p動画撮影に対応
  • 700万画素のFaceTimeカメラ(インカメラ)
  • 指紋認証のTouch ID内蔵のホームボタン
  • Apple Pay(iD・QUICPay・Suica)に対応
  • IP67等級(水深1mに30分耐えらえる)の耐水防塵
  • ワイヤレス充電に対応(Qi充電)
  • 急速充電に対応(18W急速充電器は別売り)

iPhone 8は2019年9月発売のiPhone 11・iPhone 11 Proの発売によって価格が52,800円に値下げされました。

A11 Bionicプロセッサはニューラルエンジンを内蔵したプロセッサでiPhone Xにも採用されている高性能プロセッサなので、普通に使うなら今でもハイエンドスマホに負けない処理速度を誇っています。

Apple Pay、IP67等級の耐水防塵、ワイヤレス充電、急速充電にも対応し、この価格で買うことができるのはかなり安い。

また、ホームボタンを搭載した最後のモデルなのでiPhone X以降のFace IDが苦手という方はiPhone 8を選ぶというのはアリでしょう。

■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
3.5
■ 持ちやすさ:
5
■ 処理性能:
4
■ カメラ性能:
3.5
■ 電池の持ち:
3
■ 価格の安さ:
4.5

シンプルで美しいガラスボディ

iPhone 8は背面ガラスは完全にホワイトのガラスになったのでシルバーモデルというよりもホワイトモデルと呼んだようがしっくりくる感じです。

iPhone 8 ガラス筐体を採用
ガラス筐体を採用している

iPhone 8の触り心地はガラス素材になったことで非常に滑らかで高級感があってカッコイイですよね。基本的なデザインはiPhone 6から変わっていませんが素材が変わるとここまで印象が変わるのかと驚いてしまう。

背面パネルのガラスは世に出回っているスマートフォンの中で最も耐久性の高いガラスとなっているそうです。(割れないとはいっていない…。)

また、ガラスの塗装にかなりのこだわりがあり、7層のカラープロセスを使用することで正確な色調と不透明度を実現し深みのある色を再現しているとのこと。確かに上質は雰囲気を醸し出していますね

iPhone 8 アルミとガラス
サイドフレームはアルミ素材を採用

丸みを帯びた2.5Dガラスなので手で握った時に手にフィットして持ちやすくなっており、このガラスのしっとりとした手触りがたまらなくいいね!

ガラスを上下で挟み込んでいるサイドフレームに7000シリーズのアルミニウムが採用されています。7000シリーズのアルミニウムはiPhone 7から採用された素材で固くて丈夫で傷がつきにくいという特徴があります。

ガラス筐体で生まれ変わったiPhone 8は、さらさらボディのアルミ製のiPhone 7よりも滑りにくくなっているので、落としてしまうことも減るかもしれません。

ただし、iPhone 8は落としてしまったら最後。ガラスがバキバキに割れてしまうので注意しましょうね…。

iPhone 8 レビュー・評価

今回購入したiPhone 8は256GBのストレージ容量を搭載したシルバーモデルです。

僕は基本的にiPhoneのカラーは指紋が目立たないシルバー系を選んでいるのですが、ブラックはカッコイイのですが指紋が目立つのがちょっと嫌なんですよね。ということでiPhone 8はシルバーモデルを選びました!

パッケージと付属品

iPhone 8のパッケージは本体背面部分の画像が使用されています。

iPhone 8 パッケージ
iPhone 8のパッケージ

蓋を開けると本体ではなく説明書やステッカーなどが入っている「Designed by Apple in California」がお披露目。

iPhone 8 開封
iPhone 8 開封

iPhone 6sまでは箱を開けるとすぐに本体がドンと置かれていましたが、前モデルのiPhone 7からこのような仕様に変更されています。箱を開いて本体を落としてしまう人でもいたのでしょうか?

iPhone8 付属品
iPhone 8の付属品一式

ちなみに、2019年のスタンダードモデルのiPhone 11プロモデルのiPhone 11 Proは一番上に本体が収められたスタイルに原点回帰していますよ。

箱の中には以下のものが入っています。

  • iPhone 8 説明書
  • SIMカードスロットを開けるピン
  • Apple ロゴステッカー
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ
  • Apple 5W USB電源アダプタ

Designed by Apple in Californiaと書かれた箱の下に、EarPods with Lightning ConnectorとApple 5W USB電源アダプタなどが入っています。

iPhone8 電源コネクタやケーブル
充電器とEarPods

EarPodsのケースの裏側にLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタがあります。

EarPods with Lightning Connector
Lightning-3.5mm変換アダプタ

このアダプタを使うことで3.5mmオーディオジャックのヘッドフォンとiPhone 8を接続できるようになります。

なお、現在はLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタは同梱されていないので、有線イヤホンを使いたい場合は別途購入が必要となります。

個人的にはワイヤレスのAirPodsでケーブルのない生活を送るのがおすすめ。iPhoneとAirPodsの相性は抜群で接続のしやすさはピカイチ。使いやすくて良いと思います。

本体デザイン

正面から見るとiPhone 8なのかiPhone 7なのか判別することはほぼできないませんが、筐体の素材がガラスとアルミで違うので手で持ってみると完全に手触りが違うので判別することができます。

iPhone 8の正面デザイン
iPhone 8の正面デザイン

iPhone 8のホームボタンはタッチセンサー式のTouch IDを内蔵しています。最新のiPhoneは顔認証のFace IDを搭載したモデルとなっていて、iPhone 8とiPhone 8 Plusがホームボタンを搭載した最後の機種となっています。

(2020年3月に発売されるというiPhone SE2の噂がありホームボタンが存続する可能性はあります。)

iPhone 8の本体左側に音量ボタンとミュートスイッチが搭載していて、サイド部分に唯一のアンテナラインが入っているのが分かります。

iPhone 8の音量・ミュートボタン
iPhone 8の音量・ミュートボタン

iPhone 8はガラス筐体を採用していて、アンテナラインは上下4箇所にあるだけの非常にシンプルなスタイルとなっています。

シンプルなスタイル
シンプルなスタイル

本体右側にサイドボタン、SIMカードスロットがあります。

サイドボタンとSIMカードスロット
サイドボタンとSIMカードスロット

付属のピンを使ってSIMカードスロットを開けることができます。

nanoSIMを採用
iPhone 8はnanoSIMを採用

対応しているSIMカードはnanoSIMとなっています。SIMフリー版のiPhone 8であれば、あらゆる通信会社のカードを入れてモバイル通信できるようになっています。

急速充電に対応

充電ポートは引き続きLighteningが採用されておりUSB-Cではありません。

しかし、iPhone 8はiPad Pro 11インチ、12.9インチに同梱している18W急速充電器やMacBook Air 13インチに同梱している充電アダプタ(30W USB-C電源アダプタ)とUSB‑C – Lightningケーブルを使用することで30分で50%の急速充電をすることができます。

iPhone 8 ホームボタン
iPhone 8 ホームボタン

個人的にはUSB-Cに統一して欲しいところですが、iPhoneはユーザー数が圧倒的に多いので普及してしまったLighteningケーブルはそう簡単に切り捨てることはできないのかもしれません。

ちなみに、2020年にリリースされるiPhone 12/12 ProでLightningポートが廃止されてUSB-Cポートが採用されるという噂があったります。

リアカメラはシングルカメラ

リアカメラは1200万画素のイメージセンサーを内蔵したシングルカメラ仕様となっています。出っ張りカメラですがiPhone XS/XS MaxやiPhone 11に慣れた今見るととてもシンプルなデザインで良いですよね。

iPhone 8のシングルカメラ
iPhone 8のシングルカメラ

レンズの周囲はアルミ素材で出来ていると思われる金属リングで覆われているのが特徴で、クアッドLEDのTrur Toneフラッシュを搭載していて夜間でも綺麗な写真を撮影できるようになっています。

リアカメラは1200万画素のイメージセンサーとf/1.8の明るいレンズ、光学式手ぶれ補正機能を搭載しています。

 iPhone 8iPhone 7iPhone 6s
背面
カメラ
(静止画)
画素数1200万画素
レンズf/1.8f/2.2
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正
ズーム5倍のデジタルズーム
広高域キャプチャ写真とLive Photos
フラッシュクアッドLED (True Toneフラッシュとスローシンクロ)True Toneフラッシュとスローシンクロ
背面
カメラ
(動画)
4Kビデオ撮影24fps、30fpsまたは60fps30fps
1080pビデオ撮影30fpsまたは60fps
手ぶれ補正ビデオの光学式手ぶれ補正
ズーム最大3倍のデジタルズーム
スローモーション1080p(120fpsまたは240fps)1080p(120fps)
ズーム手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
フロント
カメラ
画素数700万画素500万画素
レンズf/2.2
フラッシュRetina Flash
広高域キャプチャ写真とLive Photos
動画撮影1080p720p

スペック上はiPhone 7と全く同じですが、iPhone 8は高速化された新型1200万画素のイメージセンサーを搭載し、カラーフィルタも新しくなりA/D変換時の色深度が深くなっているとか。

また、A11 Bionicの画像エンジン(ISP)も刷新されている鮮やかな色合いを表現できるようになっています。画素数は同じでも中身は全く違うカメラになっているのです。

iPhone 8のリアカメラで撮影をしてみました。

iPhone 8でコスモスを撮影
iPhone 8でコスモスを撮影

お昼に食べた味噌ラーメン。

iPhone 8でラーメンを撮影
iPhone 8でラーメンを撮影

iPhone 7と撮り比べをしたのですが、解像感はほぼ同じですが色合いが間違いなくiPhone 8の方がキレイで色鮮やかで深い色合いになっています。

特に人肌の再現力が向上しているのでお子さんの写真やポートレートなどに適したカメラに仕上がっているように感じます。

また、夜間撮影の高感度耐性も向上しています。

iPhone 8のリアカメラ(暗所撮影)
iPhone 8のリアカメラ(暗所撮影)

光学式手ぶれ補正機能を搭載しているのでブレやすい夜間でもサッと撮影できますし、夜でも気軽にキレイな写真を撮影できます。

ワイヤレス充電に対応している

iPhone 8は世界標準規格Qiのワイヤレス充電に対応しているので、ワイヤレス充電器にiPhone 8を置くだけで充電ができます。

iPhone 8をワイヤレス充電
iPhone 8をワイヤレス充電

少し前のワイヤレス充電器は出力が弱く充電時間が長かったですが、最近の7.5Wの高速充電に対応したワイヤレス充電器は充電時間も速くなっていて、充電のスピードは全く問題ないです。

確かにLightningケーブルを使って充電した方が高速充電ができますが、思っていた以上に差はないですよ。なによりも、充電器にiPhone 8を乗せるだけで充電できるのは便利すぎます。

なお、Apple Watchも使うのならiPhone 8とApple Watchを同時充電できるBelkin BOOST UPワイヤレス充電器がおすすめ。

CPU(A11 Bionic)の性能

iPhone 8のCPUプロセッサはiPhone Xにも採用されているA11 Bionicチップを搭載しています。

 iPhone8iPhone7iPhone6s
CPUA11 Bionic
(2+4=6コア)
ニューラルエンジン搭載
A10 Fusion
(2+2=4コア)
A9
(2コア)
GPUApple独自開発
(3コア)
PowerVR 7XT GT7600 Plus
(6コア)
PowerVR 7XT GT7600
(6コア)
RAM2GB LPDDR4

A11 Bionicチップは高性能コア2つと高効率コア4つのCPUコアを内蔵した6コアプロセッサとなっており、Appleが独自開発したGPUコアも内蔵して処理速度が大きく向上しています。

Geekbench 5でCPUの性能を比較してみました。

 iPhone8iPhone7iPhone6s
CPUA11 BionicA10 FusionA9
シングルコア920740540
マルチコア22001300990
Metal(GPU)313027002200

iPhone 8のA11 Bionicの性能は1.7倍、GPUの性能は1.2倍ほど向上していることがわかります。

iPhone 7のA10 Fusionは2019年10月に発売したiPad 10.2インチ(第7世代)にも採用された現役プロセッサなのでまだまだ現役で通用するチップとなっています。

なので、iPhone 7 → iPhone 8で体感速度は「動作が速くなった!」とは思わないかもしれませんが、CPUコアの電力効率が向上しているのでバッテリーの持ちはかなり改善されたように感じます。

また、A11 Binonicチップには毎秒最大6,000億の演算処理ができる ニューラルエンジンも搭載しているので、iPhone 8の潜在能力は計り知れないものがあるのです。

参考までに、iPhone 8とiPhone 7の動作速度を動画で比較してみました。

iPhone 7もサクサク動作しているので、違いが分かりにくいかもしれませんがiPhone 8の方が動作が軽く、描画速度が速くなっているのが分かるのではないでしょうか。

自動セットアップ機能が便利すぎる

iPhone 8の新機能ではありませんがiOS 11は近くで利用しているiPhoneがあれば、設定情報を自動セットアップしてくれる機能を使うことができます。

iPhone 8の電源を入れただけでiPhone 7が自動認識し「新しいiPhoneを設定」というウィンドウが表示されます。

20170922182827j:plain
左:iPhone 7、右:iPhone 8

iPhone 8の画面にApple Watchのようにイメージ画像が表示されるので、iPhone 7のカメラで読み取りペアリングをすると…

20170922182930j:plain
左:iPhone 7、右:iPhone 8 

自動的にApple IDやWi-Fi、個人設定の情報など転送して設定してくれます。情報を転送している時は二つのiPhoneは近くに置いておく必要があるので注意をしましょう。

20170922183145j:plain
左:iPhone 7、右:iPhone 8 

さらにiCloudバックアップもその場で最新のものに更新しiPhone 8に復元することができるので、簡単に初期設定をすることが可能。自動セットアップ機能は最新のiOS 13ももちろん搭載しているので、iPhone 11/11 Proに乗り換えするときも簡単セットアップができますよ。

Apple Payに対応

iPhone 8のApple PayはiPhone 7と同じように交通系カードのSuicaやiD・QUICPayなど日本の電子マネーを登録してiPhone 8で決済できるようになっています。

基本的な仕様はiPhone 7と同じですが、iPhone 7は日本版のみ日本の電子マネーで決済をすることができましたが、iPhone 8はグローバルモデルで日本の電子マネーに対応しました。

日本人の僕らにはあまり関係ありませんが、海外の人でも日本の電子マネーを簡単に使うことができるということですね。東京オリンピックで日本に来る海外の方もプリペイドカードを登録して決済できるので混雑解消の一役買うことになるのでは?

IP67等級の耐水防塵性能

iPhone 8はIP67等級の耐水防塵性能を備えています。IP67等級は水深1メートルのプールに落としてしまったとしても30分程度ならiPhone 8を水没故障から守ることができる…かもしれないもの。

水没による故障は製品保証外です。だから、防水ではなく耐水なんですよね。あくまでお守りみたいなものですが、ちょっとでも水から耐えることができるのはユーザーから見ては嬉しいスペックと言えるでしょう。

まとめ:iPhone 8はちょうど良いサイズのベストデバイス

Apple WatchとiPhone 8
Apple WatchとiPhone 8

ガラスボディを採用しているiPhone 8は最新のApple Watch 5 Edition(チタニウム)Apple Watch 3と組み合わせてもカッコイイですよ。

iPhone 8はiPhone 7と比較して進化してないように見えますが、内部スペックは確実に向上し全体的に使いやすいのは間違いないです。ただ、iPhone 7を持っているならわざわざ乗り換えをするほどのものではないのかもしれません。

しかし、背面パネルがアルミニウムからガラスに変わったことで雰囲気は高級感のあるスタイルになり、ワイヤレス充電に対応して、使いやすさは向上しています。

これからのiPhoneはiPhone 8と同時発売した10周年記念モデルのiPhone Xをベースとしたホームボタンを搭載しないベゼルレスディスプレイのスタイルが主流になっていき、ディスプレイサイズも大型化しています。

片手で気軽に使える機種はiPhone 8が最後になる…可能性もあるわけです。つまり、iPhone 8は4.7インチディスプレイを搭載したiPhoneの完成系モデル。ということ。

Appleが10年かけて築き上げてきたiPhoneの完成系モデルとなるiPhone 8はホームボタン愛好者にとっては今も人気の機種となっています。

おすすめポイント
  • コンパクトで使いやすいサイズ
  • 片手での操作もできる
  • A11 Bionicが高性能で現役バリバリ
  • ワイヤレス充電に対応
  • ホームボタン(Touch ID)を搭載
  • IP67(水深1mに30分耐える)耐水性能
  • おサイフケータイ(Felica)に対応
  • 端末価格が安い(52,800円)
残念ポイント
  • バッテリー持ちがあまり良くない
  • シングルカメラが物足りない

Face IDを搭載した最新型のiPhoneは馴染めないという方は52,800円で買うことができるiPhone 8を買うという選択肢、かなりアリだと思いますよ。

iPhone 8とiPhone 11
iPhone 8とiPhone 11

iPhone 11は6.1インチの大きすぎるディスプレイを搭載しています。iPhone 8は4.7インチのちょうど良い大きさのディスプレイ。片手で操作することもできますし、女性にとっては最良の大きさと言ってもいいのではないでしょうか。

■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
3.5
■ 持ちやすさ:
5
■ 処理性能:
4
■ カメラ性能:
3.5
■ 電池の持ち:
3
■ 価格の安さ:
4.5

5.5インチのiPhone 8 Plusもまだ現役モデルとなっています。ホームボタン付きのiPhoneで大画面モデルを希望の方はこちらをどうぞ。

現在販売されている全てのiPhoneを徹底比較したレビュー記事はこちらをどうぞ!

今後発売されるかもしれないiPhone SE2iPhone 12/12 Proについても。

iPhoneを買ったら合わせて購入しておきたいiPhoneの周辺機器とアクセサリーはこちらをどうぞ。