iPhone XSではなくiPhone 8を選ぶメリット

2019年にiPhone 11、iPhone 11 Proが発売したことでiPhone XSは販売終了、iPhone SE(第2世代)が発売したことでiPhone 8も販売を終了し一部の格安通信キャリアか中古で手に入れることになる端末となっています。

iPhone XSはA12 Bionic、iPhone 8はA11 Bionicチップを搭載していて、まだまだ現役で使うことができる性能となっています。

ということで、iPhone XSとiPhone 8の違いについてスペック・使いやすさ・価格で比較しているのでこれから購入を検討している方は参考にしてみてください。

iPhone 8を選ぶメリットとは?

iPhone 8は2017年に発売した端末ですが、2018年のiPhone XS・XR、2019年のiPhone 11・11 Proの発売によってiPhone 8は50,800円に値下げしました。iPhone 11の78,800円よりも28,000円も安く買えるようになったんですね。

そして、2020年4月24日にiPhone SE(第2世代)が発売したことでiPhone 8はAppleでの販売は終了となっています。

iPhone 8を買うメリット
  • 本体サイズが小さくて軽い
  • ホームボタンと指紋認証を使える
  • 基本性能はそこそこ高い
  • 端末価格が11やXSより安い

iPhone 8はホームボタンを搭載しているのでマスクをしていて指で画面ロック解除ができます。また、A11 Bionicを搭載しているので動作も快適でまだまだ現役で使うことができる性能を持っています。

iPhone XSを買うメリット
  • 最先端の機能を使える
  • ジェスチャー操作ができる
  • 顔認証のFace IDを使える
  • スペックがiPhoneの中で最高峰
  • カメラの画質が綺麗

iPhone XSは端末価格が高いですが、それに見合った性能を持っていて最先端のスペックを体感することができます。iPhone XSのジェスチャー操作は慣れるとiPhone 8に戻ることができないくらい快適な操作性を実現しています。

2018年モデルのiPhoneは5.8インチのiPhone XS、6.1インチのiPhone XR、6.5インチのiPhone XS Maxの3つありますが、iPhone XRは価格は安いですがサイズが大きく比較対象から外れてしまう方が多いのです。

iPhone 8、iPhone XS、iPhone XR 比較
左からiPhone 8、iPhone X、iPhone XR

そもそもiPhone XSは端末価格が高いのでiPhone 8と比較するのもおかしいだろうと思う方もいるかもしれません。価格で比較するとiPhone 8とiPhone XRを比較することになります。

iPhone 8は価格が安い

Apple Storeの端末価格

iPhone 8はiPhone XSと比べて安いので、価格の安さがiPhone 8を選ぶ最大のメリットといっていいでしょう。iPhone XSが発売されたときの価格は以下の通りです。

発売当初の価格
 iPhone 8iPhone XS差額
64GB67,800円112,800円45,000円
256GB84,800円129,800円45,000円
512GB152,800円

iPhone XSってめちゃくちゃ高いですよね。45,000円も高くなってもスマホとして出来ることに大差ないことを考えるとiPhone 8の価格の安さはとても魅力的です。

なお、現在はiPhone XS、iPhone 8ともにApple Storeでの販売は終了しているので、もし欲しい方は中古のiPhoneAmazon整備済みiPhoneで手に入れることになります。

サイズが小さくて使いやすい

iPhone 8は4.7インチディスプレイ、iPhone XSは5.8インチディスプレイを搭載しているので、当然ながらiPhone 8の方が本体サイズが小さくて重量も軽くなっています。

iPhone 8とiPhone XS
左:iPhone 8、右:iPhone X
iPhone 8・iPhone XS 本体サイズ比較
 iPhone 8iPhone XS
画面サイズ4.7インチ5.8インチ
本体サイズ138.4 x 67.3 x 7.3143.6 x 70.9 x 7.7
重量148g177g

縦横の大きさだけでなく本体の厚さもiPhone XSは7.7mmあるのに対してiPhone 8は7.3mmと少しだけ薄くなっていて、重量もiPhone XSよりもiPhone 8の方が30gも軽いので、iPhone 8の方が手で持った時の感覚がかなり良いです。

また、iPhone XSよりもiPhone 8の方がサイズがコンパクトなので片手操作がしやすく全体的に使いやすいといっていいでしょう。

指紋認証のTouch IDを搭載している

iPhone 8はホームボタンを搭載している最後のiPhoneで指紋認証のTouch IDを使ってロック画面を解除したりApple Payの決済処理をすることができます。

最新のiPhoen XSは顔認証のFace IDを搭載しています。Face IDの使い勝手は良好ですがマスクをしていると全く使えない欠点もあり万能ではありません。

Face IDの使いにくい点
  • マスクをしていると顔を認証できない
  • 寝起きも顔を認証しにくい
  • 布団の中でも認証しにくい(布団でカメラが隠れる、顔が近すぎる、顔がたるむなど)

新型コロナでマスクを使うことが増えていますが顔認証のiPhone XSだと顔を認証できずスリープ解除するたびにパスコード入力しないといけないのがとても面倒くさいですよね。

冬は風邪予防でマスク、春は花粉症対策でマスクするという方も多いですが、マスクをよく装着している方はFace IDを搭載しているiPhone XSは使いにくいので指紋認証のTouch IDを使えるiPhone 8を選ぶ価値があるでしょう。

もちろん、指紋認証のTouch IDにも欠点はあります。

Touch IDの使いにくい点
  • 手汗で指紋を認証できないことがある
  • 手袋をしていると指紋を認証できない
  • 手荒れしていると指紋を認証できない

なので、どちらの生体認証が自分に合っているかで選ぶのがいいでしょう。

iPhone 8は現役で使える?

iPhone 8はA11 Bionicプロセッサを搭載しています。

A11 BionicはApple初の機械学習ができるニューラルエンジン専用チップを内蔵した高性能プロセッサとなっており、2019年現在も十分すぎるほどの性能を持ったチップとなっています。

参考までにiPhone 7に採用されているA10 Fusionとの違いも比較しています。

iPhoneのCPUの比較
  iPhone 7 iPhone 8 iPhone XR iPhone XS
CPU A10 Fusion
2コア + 2コア
A11 Bionic
2コア + 4コア
A12 Bionic
2コア + 4コア
GPU PowerVR 7XT GT7600 Plus 6コア Apple GPU 3コア Apple GPU 4コア
RAM 2GB LPDDR4 2GB LPDDR4X 3GB LPDDR4X 4GB LPDDR4X
Neural Engine 2コア(毎秒6,000億回) 8コア(毎秒5兆回)
プロセスルール 16nm FinFET 10nm FinFET 7nm FinFET

各プロセッサの性能をGeekbench 4で計測してみました。

Apple Aプロセッサの性能比較
 A10 FusionA11 BionicA12 Bionic
シングルコアCPU354942414776
マルチコアCPU60641010411448
Metal(GPU)128581496614966

iPhone XS・XRに搭載しているA12 Bionicの性能が高いのは間違い無いですが、iPhone 8のA11 Bionicのスコアも高性能で、iPhone 7のA10 FusionよりもCPUが70%、GPUは20%ほど性能が高くなっています。

ニューラルエンジンを搭載しているのでスコア以上にA11 Bionicの性能は高いものになっているといっていいでしょう。

参考までにiPhone 8(A11 Bionic)とiPhone XR(A12 Bionic)のSafariでのブラウザの読み込み速度と地図アプリの読み込み速度を動画で比較してみました。左がiPhone 8で右がiPhone XRです。

ブラウザの読み込み速度はiPhone 8よりもiPhone XRの方が画面が切り替わって表示されるまでの速度が速くなっていますが、場合によってはiPhone 8の方が速いこともあるのでブラウザの表示速度の差はそれほどないのかなーと思います。

地図アプリの表示速度もiPhone XRの方が高速ですが、iPhone 8でもストレスなく表示しているので実用では全く問題ないレベルになっているのではないでしょうか。

iPhone 8とiPhone XSの違いを比較

iPhone 8とiPhone XSのスペックの違いを比較してみましょう。

iPhone 8・iPhone XS スペック比較
  iPhone 8 iPhone XS
ディスプレイ 4.7インチ Retina HD
液晶
5.8インチ Super Retina HD
有機EL
解像度 1,334 x 750
(326ppi)
2,436 x 1,125
(458ppi)
操作方法 ホームボタン ジェスチャー
生体認証 Touch ID Face ID
CPUプロセッサ A11 Bionic A12 Bionic
RAM 2GB 4GB
ストレージ容量 64GB、256GB 64GB、256GB、512GB
リアカメラ 1200万画素(ƒ/1.8)、光学式手ぶれ補正、自動HDR デュアル1200万画素(広角:ƒ/1.8、望遠:ƒ/2.4)、デュアル光学式手ぶれ補正、スマートHDR
動画撮影 4K/60fpsに対応 4K/60fpsに対応、拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)、ステレオ録音
フロントカメラ 700万画素、自動HDR 700万画素、ポートレートモード、スマートHDR
LTE通信 4G LTE-Advanced 4×4 MIMOとLAA対応ギガビット級LTE、デュアルSIM
Bluetooth Bluetooth 5.0
NFC リーダーモード対応NFC、FeliCa対応 リーダーモード対応NFC、予備電力機能付きエクスプレスカード、FeliCa対応
その他 ワイヤレス充電(Qi)対応、30分最大50%の高速充電対応
バッテリー 連続通話時間:14時間
インターネット:12時間
ビデオ再生:13時間
オーディオ再生:40時間
20時間
12時間
14時間
60時間
耐水防塵性能 IP68(水深2mに30分間耐えれる) IP67(水深1mに30分間耐えれる)
サイズ 143.6 x 70.9 x 7.7 138.4 x 67.3 x 7.3
重量 148g 177g
端末価格 67,800円 112,800円

iPhone 8よりもiPhone XSの方が端末価格が45,000円も高いので間違いなく性能は高くなっています。しかし、その性能が必ずしも必要ということはありません。本当にそれが必要かどうかを見極めてiPhone 8を選ぶかiPhone XSを選ぶかを決めましょう。

iPhone XSの方が優れているところ

画面が大きくて解像度が高い

iPhone 8は4.7インチ(1,334 x 750ピクセル)、iPhone XSは5.8インチ(2,436 x 1,125ピクセル)のディスプレイを搭載しています。iPhone XSの方が一度に表示できる情報量が多くなっています。

iPhone 8・XS ディスプレイ仕様の違い
  • iPhone 8:4.7インチ(1,334 x 750ピクセル、326ppi)
  • iPhone XS:5.8インチ(2,436 x 1,125ピクセル、458ppi)
iPhone 8とiPhone XS 画面の大きさの違い
iPhone 8とiPhone XSの画面情報量の違い

ブラウザ表示やTwitterのタイムライン表示はiPhone 8よりも画面解像度の高いiPhone XSの方が効率よく表示させることができます。

また、iPhone 8は液晶ディスプレイ、iPhone XSは有機ELディスプレイが採用されていますが、一般的に有機ELの方が画質が良いと言われていますが液晶の画質もかなり良いので正直なところ違いがよく分からないのが実情です。

解像度の違いも目を凝らしてみてやっと違いがわかる程度なので、あまり気にしなくてもいいのかな。

顔認証のFace IDが使える

iPhone XSは顔認証のFace IDを使うことができます。

iPhone XSのFace ID
iPhone XSは顔認証機能を使える

自分の顔を登録しておくことでiPhoneを持ち上げて画面を見るだけで顔を認証してくれて画面ロック解除やApple Payによる決済をすることが可能です。ただし、Face IDは以下のシチュエーションが苦手でスムーズに画面ロック解除をすることができないことがあります。

Face IDが苦手なシチュエーション
  • マスクをしていると認識できない
  • 寝起きは認識しにくい
  • 布団の中に入っていると認識しにくい
  • 本体を横にして使うと認識できない

特に風邪引いたり、花粉でマスクをしていると100%顔認証を使うことができないので、毎回パスコード入力をして画面ロック解除をすることになるので、とても不便で仕方ないですね。

なので普段からマスクを装着している方は絶対にiPhone XS、XS Max、XRを選んではいけません。指紋認証のTouch IDを搭載しているiPhone 8/8 Plusを選んだ方が良いと思います。

なお、暗いところでの認証率は個人的には特に問題はありません。使う人によっては暗いところだと顔を認識しないという場合もあるみたいです。布団の中でiPhoneを使っていて顔が近くなると認識しなくなることはありますが、慣れることができればそんなもんです。

ジェスチャー操作ができる

iPhone XSはホームボタンを搭載していないので基本的な操作はジェスチャーですることになります。ロック画面の解除はFace IDを使うことで画面下から上にスライドするだけで簡単にすることができます。

スリープ解除
iPhone XSのジェスチャー操作

最初は慣れるまで戸惑いを覚えますが、iPhone XSのジェスチャー操作に慣れてしまうと従来のホームボタンを使った操作に戻ることができないくらい使いやすいものになっています。ジェスチャー操作を使いたい方は最新のiPhone XSを選ぶと良いでしょう。

カメラで白とびしにくい

iPhone 8にもHDR機能が搭載されているので逆光写真も比較的綺麗に撮影することができますが、iPhone XSはニューラルエンジンの機械学習を使ったスマートHDRというさらに白とびしにくいカメラに進化しています。

スマートHDRとHDRの違い 昼間
iPhone XSは白トビしにくい写真を撮影できる

iPhone 8だと白とびしている雲がスマートHDRなら綺麗に表現することが可能となっています。

スマートHDRとHDRの違い 夜の撮影
iPhone XSは電飾看板も綺麗に撮影できる

夜間撮影でも白とびしがちな電光掲示板などもしっかり撮影することができるのが本当にスゴイところ。

また、iPhone XSはデュアルカメラ仕様となっていて背景をぼかすことができるポートレートモードを使うことができ、雰囲気のある写真を撮影することが可能となっています。

とはいえ、iPhone 8のカメラの画質が駄目という訳ではなく、iPhone 8のカメラでもかなり綺麗な写真を撮影できるのであまり写真の画質にこだわらないならiPhone XSを購入する必要はないのかなと思います。

iPhone 8の方が優れているところ

本体サイズが小さくて軽い

iPhone 8は4.7インチのディスプレイを搭載していて本体サイズも大きくなっている最近のスマホと比べると小さな端末となっています。本体の厚みも薄いのでiPhone XSと比べてもかなり持ちやすく使いやすくなっています。

iPhone 8 本体サイズの小ささ
iPhone 8は片手サイズでコンパクト
iPhone 8・iPhone XS 本体サイズ比較
 iPhone 8iPhone XS
ディスプレイ4.7インチ5.8インチ
サイズ143.6 x 70.9 x 7.7138.4 x 67.3 x 7.3
重量148g177g

iPhone XSも片手操作をしようと思えば可能ですが、手が小さい女性の方だとやはり少し端末が大きいと感じてしまうでしょう。

しかし、iPhone 8なら普通に片手操作することができるサイズにまとまっているので、操作性を重視するのならiPhone 8を選ぶメリットは大きいのではないでしょうか。

ホームボタンとTouch IDを搭載している

iPhone 8はホームボタンと指紋認証のTouch IDを搭載しています。おそらく、ホームボタンを搭載する最後のiPhoneになるでしょう。つまり、従来型のiPhoneの完成モデルはiPhone 8ということになります。

iPhone 8のTouch ID
iPhone 8は指紋認証を使える

Face IDも使いやすくてとても良いのですが、マスクをしていると顔を認証させることができません。普段からマスクをしている方にとってはiPhone XSは最悪に使いにくい端末なんですよね。

しかし、iPhone 8はTouch ID内蔵式のホームボタンを搭載しているのでマスクを装着している方でも快適に画面のロック解除をすることができます。わざわざマスクをずらして解除する必要がないのです。

基本性能をしっかり押さえている

その他の性能もiPhone 8はiPhone XSよりも控えめとなっていますが、基本的なスペックはしっかりと押さえているので普通に使う上で使いにくいと感じること感じることはほぼありません。

その他の性能の違い
  iPhone 8 iPhone XS
Wi-Fi MIMO対応802.11ac Wi-Fi
LTE 4G LTE-Advanced(受信800Mbps、送信150Mbps) ギガビット級LTE(受信1Gbps、送信150Mbps)
Bluetooth Bluetooth 5.0
Apple Pay エクスプレスカード、FeliCa 予備電力機能付きエクスプレスカード、FeliCa
ワイヤレス充電 ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
耐水防塵性能 水深1mで最大30分間の耐水性能 水深2mで 最大30分間の耐水性能

iPhone XSのApple Payは予備電力機能付きのエクスプレスカードに対応しているので、電車にSuicaを使って乗った時にiPhoneのバッテリーがなくなって電源が切れてしまったとしてもSuicaを使うことができる便利な機能が搭載されています。

東京に住んでいて電車に乗りことが多いならiPhone XSの方が安心感がありますが、バッテリーが切れてしまうことって滅多にないですし、不安なら価格の安いiPhone 8を購入してモバイルバッテリーも合わせて購入することで、バッテリー切れで困るということが無くなるのではないでしょうか。

https://www.sin-space.com/entry/2016/10/25/143441

iPhone 8を買うべき人は

iPhone XSではなくてiPhone 8を買うべき人は以下のような人です。

iPhone 8を買うべき人は
  • 少しでも安い価格でiPhoneを購入したい
  • 普段からマスクを装着している
  • ホームボタンを使って操作したい
  • 指紋認証のTouch IDを使いたい
  • コンパクトで軽いiPhoneがいい
  • 片手でiPhoneを操作をしたい
  • カメラの画質は普通でいい

iPhoneは熟成期に入ったため近年発売したiPhoneであれば出来ることはほとんど変わりません。

価格の高いiPhone XSにしても、価格の安いiPhone 8にしても生活の質は変わらないでしょう。むしろ、iPhone 8にして余った資金でワイヤレスイヤホンのAirPodsやタブレットのiPadなど購入した方が生活が豊かになるでしょう。

iPhone 8は現在はApple Storeでの販売は終了していてこのサイズのiPhoneを手に入れるならiPhone SE(第2世代)を選ぶことになります。

それでも少しでも費用を抑えるのなら中古のiPhoneを買うか、Amazon整備済みのiPhoneを買うか、UQ mobileの認定中古品を買うのもいいかもしれません。2万円くらいで買えるのでミドルレンジのAndroid買うよりもいいかも?

iPhone XSを買うべき人は

iPhone 8ではなくてiPhone XSを買うべき人は以下のような人です。

iPhone XSを買うべき人は
  • 性能の高いiPhoneを使いたい
  • 顔認証のFace IDを使いたい
  • カメラの画質にこだわりたい

高くてもいいから性能の良いiPhoneを使いたいならiPhone XSを選ぶのがいいでしょう。iPhone XSは2018年のハイエンドモデルですが、2021年になった今の快適に使うことができる性能を持っています。

顔認証しか対応していないのでマスクをしていると使いにくいという欠点はあるものの、カメラの画質もいいですし、中古のiPhoneAmazon整備済みのiPhoneなら45,000円くらいで手に入れることができます。

まとめ:iPhone 8は安くて高性能なのでおすすめ!

iPhone 8/8 Plusは2017年9月に発売の端末ですが、まだまだ現役で使うことができるiPhoneで長く使えるモデルになっています。iPhoneの寿命はiOSがサポートされているかどうかで判断することができます。

  • iOS 12(2018年9月〜):iPhone 5s以降
  • iOS 13(2019年9月〜):iPhone 6s以降
  • iOS 14(2020年9月〜):iPhone 6s以降
  • iOS 15(2021年9月〜):iPhone 7以降(?)
  • iOS 16(2022年9月〜):iPhone 8/X以降(?)
  • iOS 17(2023年9月〜):iPhone XS以降(?)

この流れでいけばiPhone 8/8 Plusは2022年9月までiOSのアップデートを受けることができ、今買ったとしても少なくとも2年は使えるので安心して買うことができます。

なお、安く新品のiPhoneを手に入れたいならiPhone SE(第2世代)をUQモバイルかワイモバイルで買うのがおすすめです。かなり安い金額で手に入れることができます。

\UQ mobile・Y!mobileでチェック/

現在販売されている全てのiPhoneの比較はこちらをどうぞ。

iPhoneを買ったら合わせて購入しておきたいiPhoneの周辺機器とアクセサリーiPhoneの本体カラーiPhoneのおすすめ容量の選び方などはこちら。

iPhoneにおすすめの格安SIMはこちらです。

https://www.sin-space.com/entry/kakuyasusim-iphone-set-price