シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone X/XS/XRとiPhone 8/8 Plusで強制再起動してリセットする方法!


iPhoneはごくまれにフリーズして固まってしまい操作できなくなることがありますが、フリーズした時は強制的に電源を切って再起動してリセットすることができます。

ここではiPhone XS/XS Max/XRとiPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plusなど歴代のiPhoneの強制再起動してリセットする操作方法をまとめていきたいと思います。

 

iPhone X/XS/XR・iPhone8/8 Plusの強制再起動してリセットする方法

iPhone 6s/SE以前のホームボタンを搭載しているモデルは電源ボタンを長押しすることで強制再起動(リセット)をすることができましたが、ホームボタンが廃止されたiPhone Xを始めiPhone XS/XS Max/XRとiPhone 8/8 Plusは違う操作方法で強制再起動をすることができるようになっています。

iPhone X系・iPhone 8/8 Plusの場合

iPhone X/XS/XRやiPhone 8/8 Plusは以下の方法で強制再起動をすることができます。

f:id:kazu-log:20180926162859j:plain

  1. 音量(大)を押してすぐに放す
  2. 音量(小)を押してすぐに放す
  3. サイドボタン(電源)をAppleロゴが表示されるまで押し続ける

対象モデル

  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 /8 Plus

従来のモデルの強制再起動の方法比べると手順がかなり増えてしまいましたが、一連の操作をしないと強制再起動がかからないようになったので、間違って再起動することはないでしょう。

iPhone 7/7 Plusの場合

iPhone 7/7 Plusの強制再起動・電源の切り方は以下のとおりです。

f:id:kazu-log:20180926162923j:plain

  1. 音量ボタン(小)とサイドボタン(電源)をAppleロゴが表示されるまで押し続ける

iPhone 7/7 Plusのホームボタンは物理式からタッチセンサー式に変更されたことでホームボタンを使った強制再起動する方法は廃止されて電源ボタンと音量ボタンを同時押すする方法に変更となっています。

とてもシンプルな操作ですよね。iPhone 8/8 PlusやiPhone X系もこの操作方法でいいんじゃないのかなと思ってしまいますけどね。

iPhone 6s/6s Plus・iPhone SEの場合

iPhone 6s/6s PlusとiPhone SEより以前のiPhoneとiPadシリーズ、iPod Touchシリーズの強制再起動は電源ボタンとホームボタンを同時押しすることでできます。

iPhone6s 強制再起動

  1. ホームボタンとサイドボタン(電源)をAppleのロゴが表示されるまで長押しする

iPhone 6s/6s Plus以前やiPhone SEは物理式ホームボタンを採用しているので、iPhoneが固まってフリーズしてしまった時でもきちんとボタンとして使うことができるようになっているので安心です。

 

まとめ:3つの強制終了・再起動の方法が混在している

モデルによって強制再起動の方法の違いをまとめました。

  • iPhone XS/X/8/8 Plus:音量大を押してすぐに放す → 音量小を押してすぐに放す → サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続ける
  • iPhone 7/7 Plus:音量小とサイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続ける
  • iPhone 6s/6s Plus/SE:ホームボタンとサイドボタンをAppleのロゴが表示されるまで長押しする

iPhoneの世代によって強制再起動する方法が異なっているのでいざという時のために頭に入れておきましょう。そんなに頻繁に使う機能ではありませんが、それぞれが違う操作方法だと間違えそうですよね。

なお、iPhoneを強制終了して再起動をしても不具合が治らない場合はiPhoneそのものに異常がある可能性が高いので、Apple Storeに持ち込むかAppleのサポートに電話をして、修理してもらいましょう!

 (この記事は2017年9月に公開したものを2018年9月に修正・加筆しています。)