シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone 8/8 Plusの強制終了・再起動の方法は?フリーズ時はiPhone X/7と電源の切り方が違う!

iPhoneはごくまれにフリーズして固まってしまい操作できなくなることがありますが、フリーズした時は強制的に電源を切って再起動することで復帰することができます。

この記事では現在販売されているiPhoneも含めての強制再起動・電源の切り方の操作方法をまとめます。

 

iPhone 8/8 PlusとiPhone Xの強制再起動の方法

iPhone 6s/SEなどの過去のモデルはホームボタンと電源ボタンを長押しすることで強制再起動(リセット)をすることができました。

しかし、物理的なホームボタンがないiPhone 8/8 PlusとiPhone X、iPhone 7/7 Plusは電源ボタンと音量ボタンを使うことで強制再起動をすることが可能となっています。

iPhone 8/8 Plusは今まで操作で強制再起動をすることができなくなりiPhone Xとそれぞれ違う操作方法になっています。

iPhone 8/8 Plusの強制再起動

iPhone 8とiPhone 8 Plusで強制再起動は大きく変更されました。

iPhone8/8 Plus 強制再起動

  1. 音量(大)を押してすぐに放す
  2. 音量(小)を押してすぐに放す
  3. サイドボタン(電源)をAppleロゴが表示されるまで押し続ける

かなり手順が増えてしまいました。これにより誤動作による強制再起動が起きることはなさそうです。

iPhone XとiPhone 7/7 Plusの強制再起動

iPhone XとiPhone 7/7 Plusの強制再起動・電源の切り方は同じ方法となっています。

iPhoneX/7強制再起動

  1. 音量(小)とサイドボタン(電源)をAppleロゴが表示されるまで押し続ける

とてもシンプルな操作で再起動することができるのでスリープ時も安心です。

iPhone 6s/6s Plus/SEの強制再起動

iPhone 6s/6s PlusとiPhone SEより以前のiPhoneとiPadシリーズ、iPod Touchシリーズの強制再起動は今まで通りの操作方法となっています。

iPhone6s 強制再起動

  1. ホームボタンとサイドボタン(電源)をAppleのロゴが表示されるまで長押しする

iPhone 6s/SE以前のモデルは物理式のホームボタンが採用されているので、iPhoneが固まってしまった時もボタンとして使うことができるようになっています。

 

まとめ:4つの強制終了・再起動の方法が混在している

なぜiPhone 8/8 Plusだけが今までと違う操作方法に変更されたのかが謎ですね...。

同世代のiPhone Xも同じく変更されるのであれば分かるのですが、iPhone 8/8 Plusが新しい方法で、iPhone XがiPhone 7/7 Plusと同じ方法となっています。

  • iPhone X:音量小とサイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続ける
  • iPhone 8/8 Plus:音量大を押してすぐに放す → 音量小を押してすぐに放す → サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続ける
  • iPhone 7/7 Plus:音量小とサイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続ける
  • iPhone 6s/6s Plus/SE:ホームボタンとサイドボタンをAppleのロゴが表示されるまで長押しする

強制終了させるのに現在発売されている4つのモデルでそれぞれ違う操作方法が必要ということになります。

そんなに頻繁に使う機能ではありませんが、それぞれが違う操作方法だと間違えそうなので注意しましょう。

なお、iPhoneを強制終了して再起動をしても不具合が治らない場合はiPhoneそのものに異常がある可能性が高いです。

Apple Storeに持ち込むかAppleのサポートに電話をして、修理してもらいましょう!