シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone 6sを買うならUQモバイルとワイモバイルどちらが安い?料金プランと端末価格を比較してみた!

iPhone 8とiPhone Xが2017年9月にリリースされたことで2世代前の旧モデルとなるiPhone6sが値下げされ継続販売されていますが、ついに格安SIMのUQモバイルとワイモバイルが2017年10月6日よりiPhone 6sの販売を開始します!

iPhone6sは4.7インチのディスプレイを搭載したモデルで性能的にまだまだ現役で使える機種となっており、これがお手頃価格で手に入るのは嬉しいですよねー。大手キャリアよりも基本料金の安いUQモバイルとワイモバイルと組み合わせることで通信料金を大きく下げることもできそうです!

 

では、実際にiPhone 6sをUQモバイルとワイモバイルで購入した場合で通信費用はいくらくらいになるのか、どちらの方が安くてお得にすることができるのか、徹底比較してみました!

iPhone 6sを買うならUQモバイルとワイモバイルとどちらがお得か?

"iPhone

iPhone 6sのラインナップ

UQモバイル・ワイモバイルともにiPhone 6sの32GBモデル・128GBモデルから、カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの4色から選ぶことができます。これはAppleで購入するのと同じラインナップとなっています。

iPhone 6s カラーラインナップ

僕はやっぱりシルバー一択かな?スペースグレイもカッコいいと思いますが、フロントパネルが黒いのがね、指紋目立つから嫌なんですよね。

大手キャリアとの違い

iPhone 6sはiPhone 8/8 PlusとiPhone Xがリリースされた今もなお旧モデルとしてドコモ、au、ソフトバンクの3社からも購入することができます。(現在はiPhone 6sはラインナップから外れており、大手キャリアではiPhone SEのみ購入することができます。)

でも、UQモバイルやワイモバイルと比べると料金は高いです。なんで、こんなに高いのかって思うくらい高いです。

そうなってくると性能的に何か違いがないのか心配になってしまいますよね。でも、安心してください。UQモバイルはKDDIの子会社ですし、ワイモバイルはソフトバンクが運営しているというだけあり、大手キャリアに見劣りしないサービスを受けることができます!

通信速度は速い

UQモバイルはauの子会社・UQコミュニケーションズ、ワイモバイルはソフトバンクが運営しており、その他の格安SIMとは体制が基本的に異なります。ちょっとズルイです。

その他のMVNOの格安SIMはお昼や夜など混み合う時間帯は通信速度が大幅に低下してしまう問題が発生しますが、UQモバイルとワイモバイルは大手キャリアと同等の通信品質となっているので、混み合う時間帯でも通信速度が低下することはないので安心して使うことができます。

テザリング利用可能

一昔前はテザリングをすることができないなど問題はありましたが、UQモバイル、ワイモバイルともにiPhone 6sを使ってテザリング通信をすることができるので、外出先でiPhone 6sのテザリング機能を使ってiPadやMac/PCを接続してインターネットをすることができます。

なので、今は大手キャリアで購入してもUQモバイル・ワイモバイルで購入しても差はほとんどないでしょう。

キャリアメール利用可能

また、格安SIMでは基本的に使うことができないキャリアメールも、UQモバイルは「@uqmobile.jp」、ワイモバイルは「@ymobile.ne.jp」を使うことができます。(UQモバイルは月額200円)

そもそも、LINEが普及している現在はキャリアメールの必要性はほとんどないのかなと思います。iPhoneなら無料でiCloudメールを使うこともできますし、あまり気にしなくても良いでしょう。

Apple Watch 3 単体の電話機能には非対応

iPhone 8と同時リリースされたApple Watch Series 3のGPS +セルラーモデルではモバイル通信サービス(ワンナンバーサービス)を別途加入することで、iPhoneの電話番号を使ってApple Watch単体で通話や通信をすることができる機能が追加されました。

しかし、現時点ではドコモ、au、ソフトバンクの3社しか対応していないので、もしApple Watch Series 3単体で通話機能を使いたい場合はUQモバイルやワイモバイルでは同機能を使用することができないので注意しましょう。

UQモバイルとワイモバイルの料金の違い

UQモバイルはプラン(プランS・M・L)によってiPhone 6sの割引金額が変わりますが新規/のりかえ/機種変更による金額の差はありません。一方で、ワイモバイルは新規/のりかえ/機種変更でiPhone 6sの割引金額が変わる料金体系となっています。

ここでは分かりやすいように32GBモデルの料金の違いを比較してみたいと思います。

iPhone 6s 32GBモデル(UQモバイル)の料金

UQモバイルはプランSは800円× 24ヶ月=19,200円の割引、プランM・Lなら1,300円×24ヶ月=31,200円の割引を受けることができ、以下の料金となります。(表記価格は税抜きで計算)

  プランS プランM プランL
データ通信量 2GB/月(2年間) 6GB/月(2年間) 14GB/月(2年間)
ぴったりプラン 最大60分無料通話
(2年間)
最大120分無料通話
(2年間)
最大180分無料通話
(2年間)
おしゃべりプラン 5分間国内通話なんどでも無料
初期費用 SIMパッケージ料金3,000円 
基本料金 1,980円(1〜13ヶ月)
2,980円(14ヶ月〜)
2,980円(1〜13ヶ月)
3,980円(14ヶ月〜)
4,980円(1〜13ヶ月)
5,980円(14ヶ月〜)
端末代金 分割:2,300円(初回のみ2,400円)× 24ヶ月
一括:55,300円
マンスリー割 -800円 × 24ヶ月 -1,300円 × 24ヶ月
月額料金(分割) 3,480円(1〜13ヶ月)
4,480円(14ヶ月〜)
4,180円(1〜13ヶ月)
5,180円(14ヶ月〜)
6,180円(1〜13ヶ月)
7,180円(14ヶ月〜)
月額料金(一括) 1,180円(1〜13ヶ月)
2,180円(14ヶ月〜)
1,880円(1〜13ヶ月)
2,880円(14ヶ月〜)
3,880円(1〜13ヶ月)
4,880円(14ヶ月〜)

UQモバイルの場合は、iPhone 6sを分割購入してプランSにすると月額3,480円で利用することができます。一括購入なら1,180円から運用することができるのでとてもリーズナブルと言えそうですね。

プランS(2GB)とプランM(6GB)の価格差がたった500円なので、データ通信をよく利用する方はプランMの方がお得感があっていいかもしれません。

なお、iPhone 6sの128GBモデルは32GBモデルよりも一括の場合は+12,000円、分割の場合は+500円で購入することができます。

iPhone 6s 32GBモデル(ワイモバイル)の料金

ワイモバイルはのりかえ(MNP)/新規と機種変更でiPhone 6sの割引額が異なっています。

のりかえ(MNP)/新規

ワイモバイルでのりかえ(MNP)/新規の場合は以下の料金となります。ソフトバンクやディズニー・オン・ソフトバンクモバイルからの乗り換えは含まれないので注意しましょう。(表記価格は税抜きで計算)

  プランS プランM プランL
データ通信量 2GB/月(2年間) 6GB/月(2年間) 14GB/月(2年間)
通話 10分間国内通話なんどでも無料
初期費用 SIMパッケージ料金3,000円
基本料金 1,980円(1〜13ヶ月)
2,980円(14ヶ月〜)
2,980円(1〜13ヶ月)
3,980円(14ヶ月〜)
4,980円(1〜13ヶ月)
5,980円(14ヶ月〜)
端末代金 分割:2,700円 × 24ヶ月
一括:64,800円
月額割引 -1,200円 × 24ヶ月 -1,700円 × 24ヶ月
月額料金(分割) 2,980円(1〜13ヶ月)
3,980円(14ヶ月〜)
4,680円(1〜13ヶ月)
5,680円(14ヶ月〜)
5,980円(1〜13ヶ月)
6,980円(14ヶ月〜)
月額料金(一括) 780円(1〜13ヶ月)
1,780円(14ヶ月〜)
1,280円(1〜13ヶ月)
2,280円(14ヶ月〜)
3,280円(1〜13ヶ月)
4,280円(14ヶ月〜)

ワイモバイルの場合は、iPhone 6sを分割購入してプランSにすると月額2,980円で利用することができます。一括購入なら、なんと780円から運用することができます。

めっちゃ安いじゃないですか。そんなに安いんだ。ワイモバイルって。一括購入したら780円って魅力的じゃないですか?ドコモやau(MVVOも含む)からの乗り換えはワイモバイルがお得と言えそうですね。

機種変更

ワイモバイルで機種変更(ソフトバンク、ディズニー・オン・ソフトバンクモバイルの乗り換えを含む)の場合は以下の料金となります。(表記価格は税抜きで計算)

  プランS プランM プランL
データ通信量 2GB/月(2年間) 6GB/月(2年間) 14GB/月(2年間)
通話 10分間国内通話なんどでも無料
初期費用 SIMパッケージ料金3,000円
基本料金 1,980円(1〜13ヶ月)
2,980円(14ヶ月〜)
2,980円(1〜13ヶ月)
3,980円(14ヶ月〜)
4,980円(1〜13ヶ月)
5,980円(14ヶ月〜)
端末代金 分割:2,700円× 24ヶ月
一括:64,800円
月額割引 -800円 × 24ヶ月 -1,200円 × 24ヶ月
月額料金(分割) 3,880円(1〜13ヶ月)
4,880円(14ヶ月〜)
4,480円(1〜13ヶ月)
5,480円(14ヶ月〜)
6,480円(1〜13ヶ月)
7,480円(14ヶ月〜)
月額料金(一括) 1,180円(1〜13ヶ月)
2,180円(14ヶ月〜)
1,780円(1〜13ヶ月)
2,780円(14ヶ月〜)
4,280円(1〜13ヶ月)
5,280円(14ヶ月〜)

機種変更の場合はのりかえ(MNP)/新規の料金から500円高くなります。それでもUQモバイルよりも安い料金になっているようですね。

なお、ワイモバイルもiPhone 6sの128GBモデルは32GBモデルよりも一括の場合は+12,000円、分割の場合は+500円で購入することができます。

まとめ

iPhone 6sを料金で比べてみると新規や乗り換えばらUQモバイルよりもワイモバイルの方が安く購入することができそうですね。なんとなく、今まではワイモバイルよりもUQモバイルの方がいいのかなと思っていましたが、料金を比べるとワイモバイルの方が安いんですね。

特にドコモ、au、MVNOの格安SIMからの乗り換えを考えているならワイモバイルがいいのかもしれませんね!

ということで、iPhoneを安く手に入れるチャンスですよ!

→ UQ mobile
→ Y!mobile

(この記事は2017年10月15日に公開したものですが2018年3月に追記・修正をしています。)