シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone 6sがdocomo withの対象機種に!格安でiPhone 6sを購入可能、料金を比較してみた!


docomo with + iPhone 6s 料金はいくらになる?

NTTドコモの「docomo with」という料金プランは対象端末購入を条件に永年1,500円の割引をしてくれるプランで端末代の支払いが完了したあとも基本料金から1,500円割引をしれくれるので通常のプランよりもかなり安く使うことができます。

そんな中、2018年9月1日よりdocomo withの対象端末にiPhone 6s(32GB)が追加されるようです。ということで、docomo withでiPhone 6sを買うと月々の支払いはいくらでいけるのか詳しく見てみたいと思います。

 

docomo withの対象端末でiPhone 6sが追加

docomo withとは

従来の料金プランは端末を同時購入することで端末割引を受けることができましたが、支払いが終了すると同時に端末割引も終了するので3年目以降の支払い料金が下がることはありません。

通常のドコモの料金

docomo withは対象端末と同時購入を条件に基本料金からずーっと1,500円の割引をしてくれるサービスとなっており、組み合わせ次第では格安SIMに迫るほどに料金を安くすることができるサービスです。

docomo withの料金

docomo withの適用条件

こういう割引サービスは適用条件が結構厳しかったりしますが、docomo withの場合はかなり緩々でかけ放題なしのシンプルプランや小容量データプラン・ベーシックパック(1GB)でも適用させることが可能となっています。

対象プラン ・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
・シンプルプラン(スマホ)
対象データパック ・ベーシックパック(1/3/5/20)
・ウルトラデータパック(L/LL)
・ベーシックシェアパック
・シェアパック(5/10/15/20/30)
・ウルトラシェアパック(30/50/100)
・ビジネスベーシックシェアパック
・ビジネスシェアパック(5〜3000)
・ウルトラビジネスシェアパック(30/50/100)

条件が厳しいなぁと思っていたのが対象となっている端末が限られていることだったのです。しかし、2018年9月1日よりiPhone 6s(32GB)がdocomo withの対象端末になるということで、かなり魅力的なサービスになること間違いなしですね。

 

docomo withならiPhone 6sが実質3,600円!

docomo withのiPhone 6s(32GB)の端末価格は...

  • 一括払い:39,600円
  • 分割払い:1,650円 × 24回

となっています。

なんと、Apple Storeで買うよりも安い!Apple Storeで買うと50,800円ですよ。しかも、ここから毎月1,500円の割引を受けることができるということは、docomo withなら実質3,600円でiPhone 6sを手に入れることができるという計算になります。

めちゃくちゃ安い!

旧型のiPhone 6sで大丈夫なの?

iPhone 6sは2015年9月にリリースされて今年で3年目を迎えるモデルなので「そんなに古い端末だけど動作に問題ないの?」という疑問に思う方も多いでしょう。

でも、安心してください。大丈夫です。iPhone 6sはまだまだ現役で使うことができる端末です。最新のiPhoneと比較したら動作は多少遅いかもしれませんが普通に使うぶんにおいては十分すぎる性能を持っています。

これだけサクサク動作すれば問題ないでしょう。2018年秋に配信予定のiOS 12ではサポートから外されると思われていたiPhone 5sがサポート対象になったことで、iPhone 6sの寿命も伸びました。

  • iOS 13(2019年秋):iPhone 5s サポート対象外に?
  • iOS 14(2020年秋):iPhone 6/6 Plus サポート対象外に?
  • iOS 15(2021年秋):iPhone 6s/6s Plus サポート対象外に?

少なくとも3年後の2021年秋までは最新のiOSでiPhone 6sを使うことができると思います。

一人で契約した場合の月々の料金

お一人さまでdocomo withでiPhone 6sを購入した場合の料金をシミュレーションしてみました。

国内通話5分かけ放題・カケホーダイライトプランとベーシックパック(〜1GB)を組み合わせたプラン。

  • カケホーダイライト:1,700円
  • ベーシックパック(〜1GBまで):2,900円
  • spモード:300円
  • iPhone 6s(32GB):1,650円
  • docomo with:-1,500円
  • 合計:5,050円(3年目以降は3,400円)

月々の支払いは5,050円となりiPhone 6sの端末代金の支払いが終了する3年目以降は3,400円で使うことができます。これで5分かけ放題もできるしかなり安いですよね。

もし、電話かけないって場合はシンプルプランを組み合わせることで...

  • シンプルプラン:980円
  • ベーシックパック(〜1GBまで):2,900円
  • spモード:300円
  • iPhone 6s(32GB):1,650円
  • docomo with:-1,500円
  • 合計:4,330円(3年目以降は2,680円)

2年目までは4,330円、3年目以降は2,680円となります。格安SIMほどではないけど、かなり安いですよね。

家族3人で契約した場合の月々の料金

家族3人がdocomo withでiPhone 6sを購入した場合でシミュレーションしてみましょう。

ドコモで家族で使う場合はデータ通信量はシェアすることでが基本となります。

お父さん お母さん 息子さん
カケホーダイライト:1,700円 シンプルプラン:980円 シンプルプラン:980円
ベーシックシェアパック(〜5GBまで):6,500円 シェアオプション:500円 シェアオプション:500円
spモード:300円
iPhone 6s(32GB):1,650円
docomo with:-1,500円
合計:8,650円 合計:1,930円 合計:1,930円
3年目以降:7,000円 合計:280円 合計:280円

主回線のお父さんの月々の料金は少し高めとなりますが、お母さんと息子さんはデータをシェアする形になるので月々1,930円で使うことができます。

この金額はiPhone 6sの端末代込みの価格ですからね。端末代の支払いが終了する3年目以降もdocomo withの1,500円の割引が継続されるので月々280円で利用することができます。

家族全員がiPhone 6sになってしまう問題はありますが、iPhone 6sは4色から選ぶことができますし、iPhone 6s以外の端末もあるので、なんとかなるでしょう。

  • iPhone 6s
  • LG Style L-03K
  • arroew Be F-04K
  • AQUOS sense SH-01K
  • らくらくスマートフォン me F-03K
 

我が家の実際のドコモ料金

我が家は通信環境は全てドコモを使っており、光回線の割引なんかも合わせてこんな感じになっています。端末代は全て一括購入しているので割引だけ受けている感じですね。

息子
カケホーダイライト:1,700円 シンプルプラン:980円 キッズケータイプラス:500円
シェアパック(〜5GBまで):6,500円 シェアオプション:500円 -
spモード:300円 -
端末は一括購入
iPhone 8 端末割引:-2,190円
ずっとドコモ割プラス:-600円
docomo with:-1,500円 -
合計:5,710円 合計:280円 合計:500円

3人合計で6,490円ですがドコモ光にも加入をしているので、さらに800円の割引を受けることができて月々の支払いは5,690円とな理、実際はシンプルプランの通話料があるのでここからプラス500円ほどになっています。

キッズケータイを入れなければ5,190円(一人あたり約2,600円)なので、まあまあ安いのかなと思っていますし、ドコモなら格安SIMのようにデータ通信速度が遅くなることもなく安心して使えるのは大きいですよね。

まとめ:docomo withはおすすめ!

ドコモのdocomo withはキャリアの中ではダントツで通信料金を安くすることができるプランです。auやソフトバンクも色々なプランを考えてきていますがdocomo withが一番安くできるのかなーと思います。

iPhone 6sがdocomo withの対象端末に入ったことでdocomo withを諦めていたという方も安心して加入することができるのではないでしょうか。