iPhone 14 待つべきか、iPhone 13を買うべきか

AppleのiPhone 14(2022)は例年通りのスケジュールでいけば2022年9月に発売しますが、iPhone 14を待つべきか、それとも現行モデルのiPhone 13を買ってしまっていいのか?

迷うところかもしれません。

結論を先に言うと発売日までiPhone 14を待つ必要はないです。サクッとお好きなサイズ、スペックのiPhone 13・13 Proを買ってしまってOKでしす。

というのも、円安が進んでiPhone 14の発売と同時にiPhone 13が値下げではなく値上がりしてしまう可能性があります。

この記事では「iPhone 14を待つべき理由」と、「待たなくてもいいよ。iPhone 13を買っちゃいましょう。」について書いていくので参考にしてみてください。

\iPhone 13 購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約

iPhoneは毎年9月に新型モデルが登場

iPhoneは毎年9月〜10月の秋に新型モデルが発売しています。2020年は感染症拡大の影響もあり10〜11月と発売が遅れましたが、2021年のiPhone 13は9月発売と従来通りのスケジュールに戻りました。めでたい。

歴代のiPhoneの発売日
  • iPhone 13:2021年9月
  • iPhone 12:2020年10月〜11月
  • iPhone 11:2019年9月
  • iPhone XR:2018年10月
  • iPhone XS:2018年9月
  • iPhone X:2017年11月
  • iPhone 8:2017年9月
  • iPhone 7:2016年9月
  • iPhone 6s:2015年9月

iPhone 6以前のモデルは省いていますが、iPhone 5以降は9月に発売し1年置きに新モデルが登場するこの流れは今後も続くと思われます。つまり、2022年9月にはiPhone 14が発売されるのは確定事項と言い換えることもできます。

iPhone 13が発売された瞬間にiPhone 14の発売が1年を切っているという恐るべき事態。製品サイクルって速いですよね。

ただし、iPhone SEシリーズは廉価版モデルであり通常のナンバリングモデルとは異なるため3〜4月の春に発売されることが多く2022年はiPhone SE(第3世代)が発売しました。

iPhone 14はこんな端末になる(らしい)

iPhone 14は角張ったサイドフレームにフラットディスプレイ、フラットバックパネルを採用したiPhone 13と似たデザインになるようです。

プロモデルはノッチが廃止されてパンチホール型のインカメラになったりステンレスではなくチタニウムになるのではないかとも。もし、チタニウムになるなら最高ですが価格も高くなりそう。

また、画面サイズが6.1インチ、6.7インチの2種類になってスタンダードモデルの2機種、プロモデル2機種の合計4機種になるらしいです。

iPhone 14 こうなる?
  • 画面サイズは6.1インチ・6.7インチの2種類
  • スタンダードモデルとプロモデルの計4機種に
  • 筐体デザインはiPhone 4のような新しいスタイルに
  • Proモデルはチタニウム素材を採用?
  • 画面上部のノッチが廃止されてパンチホールに?
  • カメラの出っ張りがなくなってフラットに
  • 広角カメラは4800万画素の高画素センサーに
  • ペリスコープ望遠カメラを採用する
  • 衛星通信、Wi-Fi 6Eに対応する

個人的にiPhone 13 miniをメインで使っていて5.4インチの画面サイズは廃止されるのは涙もんですがミニは世界的に販売不振が伝えられていて6.1インチの無印とPro、6.7インチの無印とProの4機種になるのは仕方ないのかも。

iPhone 14の詳細についてはこちらの記事で随時情報を更新しております。

iPhone 14 どうなる?発売はいつか、最新情報 まとめ

iPhone 14を待つべきか?

iPhone 14を待つべき理由は少ない

iPhone 14を待つべき理由をまとめました。

iPhone 14 待つべき理由
  • 指紋認証の搭載に期待(可能性は低い)
  • 大画面サイズのスタンダードモデル
  • チタニウムのiPhoneが欲しい(可能性は?)
  • iPhone 13が欲しいけど費用を抑えたい

意外とあるかもしれないですね…?

指紋認証搭載の可能性は低い

iPhone 13などのジェスチャータイプのiPhoneは顔認証のFace IDを搭載していてマスクをしながら画面ロック解除ができない仕様でしたが、iOS 15.4よりFace IDがマスクに対応しました。

つまり、指紋認証のTouch IDがなくても全く問題ないことになります。

Touch ID内蔵のホームボタンを搭載したiPhone SE(第3世代)が2022年3月に発売となりましたが、それも必要ないくらいFace IDが便利に進化をしたのでiPhone 13を今、買っても問題ないでしょう。

大画面サイズのスタンダードモデルが欲しい

今までは大きい画面のiPhoneが欲しいとなるとプロモデルのiPhone 13 Pro Maxを選ぶ必要がありましたがiPhone 14は5.4インチのminiが廃止となってスタンダードモデルに6.7インチのiPhone 14 Maxが登場するとみられています。

「望遠カメラはいらないが画面サイズは大きい方がいい、高い。」と感じている方は。発売されるかどうかは不透明ですがiPhone 14 Maxを待ってみるのもいいかもしれません。

チタニウムのiPhone 14が欲しい

チタニウムといえばApple Watch チタニウムですがプロモデルのiPhone 14 Proはチタニウム素材の筐体になるという情報があります。

チタニウム

従来のプロモデルはいずれもステンレス素材で光沢のあるラグジュアリーな雰囲気のスタイルとなってましたが、iPhoneにチタニウムが採用されるとなれば最高ですよね。

チタニウムモデルが本当に発売されるかどうかはわかりません。ですが、急いで機種変更する理由もなくてiPhoneのチタニウムモデルに期待したい方はiPhone 14を待ってみるものいいかもしれません。

iPhone 13が欲しいけど費用を抑えたい

「ほんとはiPhone 14はいらない。iPhone 13が欲しい。でも高くて躊躇している。」という方はiPhone 14を待ってもいい、iPhone 14が出るとiPhone 13が値下げされるから。

…というのが今まででしたが日本経済が低迷し円安が進行した現在は米国価格の値下げはあるでしょうが為替の影響でiPhone 14が発売されると同時にiPhone 13が値上げされる可能性が高いです。

MacBook Air(M1)も2022年6月にM2チップを搭載したモデルが発売と同時の米国価格は値下げされたのに、日本では円安の影響で11万円で買えてたのが13万円も値上げしています。

iPhone 14ではなくiPhone 13を買ってもいい理由

iPhone 14を待たずしてiPhone 13を買ってもいい理由についてです。

iPhone 13が値上げされる可能性がある

iPhone 13・13 Proは2021年9月に発売して現在で9か月ほど経過しました。

ここまでくるとiPhone 14を待った方がいいのかな?…と思いがちですが2022年4月頃から進行した円安の影響でiPhone 14の発売で米国価格が値下げされたとしてもiPhone 13は値上げされる可能性があります。

iPhone 13 価格予想
  2021年9月〜 2022年9月〜(1ドル135円計算で) 2022年9月〜(昨年までの為替基準だったら)
iPhone 13 mini(128GB) 86,800円 96,800円 69,800円
iPhone 13 mini(256GB) 98,800円 111,800円 75,800円
iPhone 13 mini(512GB) 122,800円 126,800円 87,800円
iPhone 13(128GB) 98,800円 111,800円 86,800円
iPhone 13(256GB) 110,800円 126,800円 92,800円
iPhone 13(512GB) 134,800円 138,800円 104,800円

2021年はiPhone 13シリーズの発売によってiPhone 12が86,800円〜、iPhone 12 miniが69,800円に値下げし継続販売してましたが、2022年は円安の影響はモロに受けることになりそうです。

ちなみに、iPhone 14はさらに高くなります。米国価格がiPhone 13と同じ水準だったとして1ドル135円で計算するとこうなります。

iPhone 14 価格予想
  iPhone 13 2022年9(1ドル130円計算で) 2022年9月〜(1ドル135円計算で)
iPhone 14(128GB) 86,800円 99,800円 103,800円
iPhone 14(256GB) 98,800円 114,800円 118,800円
iPhone 14(512GB) 122,800円 142,800円 148,800円
iPhone 14 Max(128GB) 98,800円 114,800円 118,800円
iPhone 14 Max(256GB) 110,800円 128,800円 148,800円
iPhone 14 Max(512GB) 134,800円 157,800円 163,800円

iPhone 13 mini → 14に、iPhone 13 → 14 Maxに置き換えて計算していますが、iPhone 14は少なくとも2万円は価格アップとなります。

こうなってくるとiPhone 14を待たずにiPhone 13 mini、iPhone 13を今現在の価格で手に入れるのが最善の策のような気がします。

3つのサイズから選べる

iPhone 13シリーズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3つの画面サイズから選ぶことができますし、プロモデルは120Hzの滑らかディスプレイに対応しています。

5.4インチ・6.1インチ・6.7インチ
こちらはiPhone 12シリーズ
iPhone 13・13 Pro ディスプレイ比較
  iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
画面サイズ 5.4インチ 6.1インチ 6.7インチ
パネル 有機EL(Super Retina XDR)、セラミックシールドガラス
解像度 2,340 × 1,080ピクセル 2,532 × 1,170ピクセル 2,778 × 1,284ピクセル
画素密度 476ppi 460ppi 458ppi
リフレッシュレート 60Hz 10-120Hz
仕様 HDRディスプレイ、2,000,000:1コントラスト比(標準)、True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、最大輝度1200ニト(標準)

2019年モデルのiPhone 11シリーズも3つのサイズから選ぶことができましたが、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチと中央にサイズが似通った感じになっていたんですね。

iPhone 14は6.1インチと6.7インチの2サイズになると噂されているので、とくに5.4インチのminiサイズが欲しいならiPhone 14ではなくiPhone 13 miniを選ぶのがいいでしょう。

iPhone 12 miniでもOKですが、バッテリー持ちがイマイチだったりするので電池持ちを気にするならiPhone 13 miniがおすすめです。電池持ちが12 miniよりも向上していて長く使うことができます。

世界最高レベルのチップで性能が高い

iPhone 13は最新の技術を使って製造されたA15 Bionicチップを搭載しいてiPhoneシリーズで最も高速で体感速度が快適な端末となっています。

  iPhone 13 iPhone 12 iPhone 11 iPhone XR・XS iPhone X・8
SoC A15 A14 A13 A12 A11
シングルコアCPU 1720 1594 1323 1106 911
マルチコアCPU 4551 4097 3378 2531 1989
GPU 11222 9289 7717 4451 3987

2017年のiPhone XのA11 Bionic → A15 BionicでCPUの性能が2.5倍、GPUの性能が3倍も向上しています。さらに、機械学習のニューラルエンジンの処理速度も大きく速くなっているので体感で違いが分かるくらい高速化しています。

A15 Bionicは電力効率も向上していて電池の持ちもとてもいいのでiPhone 12からの乗り換えもおすすめです。

MagSafeアクセサリーに対応している

おそらくiPhone 14も対応すると思いますが、iPhone 13・12シリーズはMagSafeアクセサリーに対応しています。

MagSafe対応の充電器を使うことで本体をピタッとくっ付けて充電ができるだけでなく様々な対応アクセサリーを使うことで便利に使いこなすことができます。

iPhone 13 MagSafe スタンド
MagSafeスタンドで使える

この仕組みを考えたAppleの人は天才かな?

充電スタンドはサードパーティ製のものになり、純正のMagSafe充電器をスタンドにはめ込んで使っていますが、ケーブルなしでバチっとiPhoneを充電器にくっ付けるだけ充電ができてしまう。

しかも、高さを出すことができるので目線が上がって視認性、操作性が他のワイヤレス充電スタンドと比べても快適です。MagSafeアクセサリーを使うことができるのはiPhone 13シリーズのみです。

iPhone 13 + MagSafeレザーウォレット
MagSafeレザーウォレット

MagSafeレザーウォレットを使うことでiPhone 13、12に乗り換えるだけであたらしい世界が待っています。

今使っているiPhoneから考える

iPhone 14ではなくiPhone 13を買うべきかどうかは今現在使っているiPhoneから考慮することができます。

iPhone 13がいい人は

iPhone 13に乗り換えていい人は
  • iPhone 8、7、6sなど旧端末を使ってる
  • iPhone X、XSを使っている

iPhone 8、iPhone 7、iPhone 6sなどの旧型モデルはそろそろ機種変更をしてもいい頃合いになってきているのでiPhone 13にすぐにでも乗り換えてもいいでしょう。

動作速度が早すぎてビックリすること間違いなしです。

また、ジェスチャータイプの初代モデルとなるiPhone XiPhone XSを使っている方もiPhone 13に乗り換えてもOKです。

iPhone XS

超広角カメラで視野の広い写真を撮影したり画質も向上していますし動画撮影もシネマティックモードで背景をぼかしながら撮影ができていい感じの動画撮影ができます。

iPhone 14を待つべき人は

iPhone 11、iPhone 12を使っている方は無理してiPhone 13にする乗り換える必要性は低いです。(もちろん、欲しいなら買うべきです)

iPhone 14を待った方がいい人は
  • iPhone 12を使っている
  • 指紋認証に期待したい(Face ID マスク対応に)

今現在、iPhone 12を使っている方は13に機種変更するメリットは電池持ちが良くなる、シネマティックモードが使えるとかのメリットはありますが、大きな変化はなく、iPhone 14を待った方がいいでしょう。

ただ、指紋認証のTouch IDが搭載される可能性はほとんどありません。iPad mini 6iPad Air 4のボタン式の指紋認証が搭載されたらそれはそれで便利なのかもしれませんが、Face IDがマスク対応したので意味はなさそうです。

\iPhone 13 購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約

iPhone 14はこちら

iPhone SE3はこちら

iPhone 13(2021)はこちら

iPhoneの比較はこちらです。