2022年秋に発売されるであろう最新のiPhone 14シリーズ。どのような端末になるのか、まだまだ先の話ではありますが気になるところです。

iPhone 14シリーズは従来モデルと同じように4つのモデルがあると見られており、iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxになるとか。小型モデルのiPhone 14 miniは存在しない可能性があるようです。悲しい。

ということで、この記事ではiPhone 14シリーズがどんな端末になるのか噂、最新情報をまとめているので2022年の新型iPhoneが気になっている方は見ていってください。

iPhone 14の特徴

iPhone 14シリーズの特徴をまとめました。

iPhone 14の特徴
  • 画面サイズは6.1インチ・6.7インチの2種類
  • スタンダードモデルとプロモデルの計4機種に
  • 筐体デザインはiPhone 4のような新しいスタイルに
  • Proモデルはチタニウム素材を採用?
  • 画面上部のノッチが廃止されてパンチホールに?
  • カメラの出っ張りがなくなってフラットに
  • 広角カメラは4800万画素の高画素センサーに
  • ペリスコープ望遠カメラを採用する
  • 衛星通信、Wi-Fi 6Eに対応する
  • 発売日:2022年9月

iPhone 14は6.1インチ、6.7インチの二つの画面サイズとなってiPhone 13 miniiPhone 12 miniの5.4インチの画面サイズは廃止されるとのこと。5.4インチサイズのミニは世界的に販売不振が伝えられていて、6.1インチの無印とPro、6.7インチの無印とProの4機種になるようです。

個人的にiPhone 13 miniは普段使いのスマホとして使っているのでこれが本当ならかなり残念すぎて泣きそう。また、広角カメラが4800万画素のイメージセンサーを採用しProモデルに搭載される望遠カメラはペリスコープ型になって高倍率ズームができるようになるようです。

iPhone 14はカメラ部分の出っ張りがフラットになってすっきりしたスタイルになると見られているので内部スペックだけでなく見た目も変わりそうなです。

\iPhone 13 予約、購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約

iPhone 14はこうなる!?

画面サイズは3つ → 2つに

6.1インチ・6.7インチ 画面サイズの比較
6.1インチ・6.7インチ 画面サイズの比較

現行のiPhoneは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3つのサイズから選ぶことができますが、iPhone 14シリーズは6.1インチ、6.7インチの二つのサイズになって5.4インチは廃止されるとのこと。

その代わりに、スタンダードモデルのMaxが追加されます。つまり、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Max、プロモデルの6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Max Proの4つのモデルから選ぶことになるみたいですね。

んー…まあ、たしかに今までiPhone Pro Maxはハイエンドで高いですし、ただただ画面サイズが大きいスタンダードモデルがあったらいいのかもしれません。

すっきりした筐体デザインに

@jon_prosser

iPhone 14は角張ったフラットデザインを継続採用となりますが、操作ボタンの形状がiPhone 4 / 4sのような丸型デザインに変更されるとのこと。さらに、カメラの出っ張りがなくなったフラットデザインになってシンプルなスタイルに。

また、本体カラーはシルバー、グラファイト、ゴールド、ターコライズの4色になると噂されています。現在はシエラブルーがありますが緑系のターコライズが入れ替わる感じですね。

iPhone 4 /4sはとてもシンプルでファンも多いデザインですが、もしiPhone 14でこのデザインが採用されるならかなりいいかもしれません。

チタニウムサイドフレームを採用

また、サイドフレームにチタニウム合金を採用するという情報もあります。従来モデルのプロモデルはステンレスを採用していて光沢のあるスタイルになています。

ステンレスフレームは傷が目立つ
ステンレスフレームは傷が目立つ

ただ、輝きがあって美しいのですが細かい傷が付きやすくて目立ちやすいというデメリットがあるんですね。チタニウムといえばApple Watch チタニウムモデルです。

落ち着いた質感の輝きが美しい…!

一年ほど使用したApple Watch チタニウムモデルですが細かい傷があるもののあまり目立ちません

もし、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxがチタニウムフレームになったらめちゃくちゃ嬉しいです。ほんとにカッコイイと思いますしケースなしで絶対に使いたくなるスタイルになるはず…!

ノッチ廃止でパンチホール型に?

iPhone 14は画面上部のノッチが廃止となってパンチホール型になるのではないかと言われています。単純にパンチホール型のインカメラになれば最高ですが、顔認証するためのFace IDのTrueDepthカメラセンサーをどこに配置するか問題になりそうです。

パンチホール型ではなく横穴タイプのデザインになると予想している方もいらっしゃいます。

@BenGeskin

たしかにパンチホール型ではなく横穴型であればインカメラだけでなくTrueDepthカメラの3Dセンサー、赤外線センサーをしっかり搭載することができそうです。

ただし、画面上部のノッチはiPhone 13で小型化したばかりなので果たしてパンチホール型になるのか。MacBook Pro 14インチでもノッチを採用してるので個人的にはこのままノッチが採用される可能性が高いとは思っています。

生体認証は顔(Face ID)が継続採用

iPhone 14は引き続きFace IDによる顔認証を採用する見込みです。以前から噂されている画面内指紋認証は2023年モデルで導入される見込みで2022年モデルのiPhone 14は搭載されることはないようです。

Face ID
Face ID

Face IDはマスクをしていても使えるバージョンにアップデートされる可能性もあります。こうなれば指紋認証はいらないかもしれません。

現在のモデルもApple Watchを使うことでマスクをしながらもFace IDで画面ロック解除できるのでAppleの沼に浸かっているユーザーの方にとっては関係ない話ですが、Apple Pay決済時はパスコードが必要なので指紋認証はやっぱり欲しいですよね。

画面内指紋認証はいらないから、iPad mini 6iPad Air 4に搭載しているトップボタン式のTouch IDを搭載すればいいのにね。Face IDとサイドボタンTouch IDがあれば完璧のiPhone 14が完成するはず….!

SoCはA16 Bionicを採用する

SoC(システムオンチップ)についてですが、iPhone 14はA16 Bionicを採用する見込みですがiPhone 12のA14 Bionic、iPhone 13のA15 Bionicの5nmプロセスよりもさらに微細化したTSMC製造の4nmプロセス(N4P)のチップになるとのこと。

4nmプロセスになることでパフォーマスだけでなくエネルギー効率が向上しバッテリー持ちも良くなって動作速度が速くなるだけでなくバッテリーライフがさらに改善されるかもしれません。

なお、iPhone 13シリーズは同じA15 Bionicでも無印は4コアGPU、Proは5コアGPUとなっていましたが、A16 Bionicも同じになるのでしょうかね?

Proモデルは2TBストレージに対応

iPhone 14のプロモデルとなるiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxのストレージ容量は最大2TBまで選べるようになるかもしれません。

4KによるProRess動画撮影など動画制作に関わるプロユーザーはより容量の多い端末が必要となるため2TBはあり得そうですね。

Proモデルのみ120Hzリフレッシュレート対応?

120Hzのリフレッシュレートに対応するProMotionテクノロジーはiPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxから搭載された機能でスタンダードモデルのiPhone 13iPhone 13 miniには搭載されていません。

iPhone 14シリーズも同じようにプロモデルのみがProMotionテクノロジーに対応するとみられています。

広角カメラは高画素化

iPhone 14のリアカメラは出っ張りがなくなってフラットデザインになるだけでなく広角カメラが4800万画素(2.5μm)に高画素化して解像感の高い写真を撮影できるようになるようです。

おそらく、現像される写真は1200万画素になって超広角カメラ、望遠カメラと同じ画素数を維持すると思いますが、4800万画素になったことで1〜3倍までの画角の画質が大きく向上することに期待です。

現在のiPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxは1〜3倍までは広角カメラのデジタルズームによる撮影になって画質がイマイチ。2倍とかよく使う画角ですしこの範囲の画質が4800万画素のセンサーになって高精細に表現できるようになって欲しいところ。

望遠カメラはペリスコープ型に

iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxは望遠カメラを搭載しますが、レンズを横に配置するペリスコープ型の望遠カメラを採用すると噂されています。

ペリスコープ望遠カメラはすでに他社スマホで実用化されているカメラでより高倍率なズーム撮影ができて、レンズを物理的に長くできるので自然な背景ボケを演出できるようになります。

衛星通信に対応する

iPhone 14は衛星通信に対応すると見られており基地局を建設できないような山間部や離島などにおいても設備投資することなく、iPhone 14で通信ができるようになるというもの。

そんなところで通信する必要があるのかと思うかもですが、遭難や事故などの緊急時に役立つシーンはあるので、いざという時に役に立つ機能となりそうです。

Wi-Fi 6Eに対応する

また、Wi-Fiの性能もアップデートされるようでWi-Fi 6Eに対応し6GHz帯による高速通信ができるようになります。

現在は2.4GHzまたは5GHzによる通信となっており5GHzでも十分高速通信ができますが、6GHzによりさらに低遅延、高速通信によるデータ転送が可能となります。

GoogleのPixel 6Pixel 6 ProはすでにWi-Fi 6Eに対応しているのでiPhone 14も対応するのは確実かもしれません。

Lightningポートはどうなる?USB-Cは?

iPhone 14は引き続きLightningポートが搭載されることになりそうですが、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MaxのプロモデルはUSB-Cポートになる可能性があります。

LightningポートとUSB-Cポート
LightningとUSB-C

というのも、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro MaxはProRess撮影に対応し高度な動画撮影ができるようになったものの、Lightningポートだと転送速度が遅くて使えないという声もあってそれに対応するといった感じかもしれません。

USB-C(3.2 Gen2)であれば最大10Gbpsの高速データ通信でMacにProRess動画データを素早く移動させることもでき使いやすくなるのは間違いないです。

スタンダードモデルは普及しているLightningケーブルの問題もあるので引き続きLightningポートを採用するというは理にかなってるようにも思います。

iPhone 14 スペックと端末価格

iPhone 14シリーズのスペックを比較してみました。あくまで予想です。

iPhone 14 スペック比較(予想)
iPhone 14 14 Max 14 Pro 14 Pro Max
サイズ 6.1インチ 6.7インチ
リフレッシュレート 60Hz 120Hz(ProMotion)
SoC A16 Bionic(Proの方がGPU性能が高い)
ストレージ 128〜512GB 128〜2TB
生体認証 Face ID(顔認証)
リアカメラ デュアルカメラ(広角 + 超広角) トリプルカメラ(広角48M + 超広角 + 望遠ペリスコープ型 + LiDAR
モバイル通信 5G(Sub-6・ミリ波)/4G LTE
充電ポート Lightning USB-C
ワイヤレス充電 MagSafe、Qi
耐水防塵 IP68(水深6メートルで30分)
筐体素材 アルミフレーム + 光沢ガラス チタニウムフレーム + マットガラス
サイズ
重量
価格(13シリーズ) 86,800円〜 98,800円〜 122,800円〜 134,800円〜

端末価格はiPhone 14が従来のミニの価格になって、iPhone 14 Maxが従来の無印の価格になりそうですね。iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの価格は据え置き変わらずといったところでしょうか。

iPhone 14 いつ発売?

Phone 14の発売日はまだわかりません。が、iPhone 13は2021年9月15日(水)に発表されたのでiPhone 14はこの流れで行けば2022年9月14日(水)発表、9月16日(金)に予約開始、9月23日(金)に発売開始となります。

iPhone 14の予約・発売日
  発表日 予約日 発売日
iPhone 13 2021年9月15日(水)午前2時 2021年9月17日(金) 2021年9月24日(金)
iPhone 14 2022年9月14日(水)午前2時(?) 2022年9月16日(金)(?) 2022年9月23日(金)(?)

まあ、近年は9月発表が定番化してるので1週間ズレたりとかはあるかもしれませんがこの日程はほぼほぼ間違いなさそう。

source:@jon_prosserfrontpagetechMacRumors

iPhone 14に期待したいこと

指紋認証の搭載(2度目の正直)

iPhone 14シリーズは画面内指紋認証を搭載しないのが情報として出ていますが、やはり指紋認証には対応してほしいですよね。

Apple Watchを使うことでFace IDでもマスクをしながら画面ロック解除はできますがApple Payの決済時は毎回パスコードが求められるので正直なところ面倒です。

画面内指紋認証はいりません。乾燥してると精度が悪い、保護フィルムを貼ると精度が悪くなるなど使いにくいところがあります。そこで、iPad Air 4iPad mini 6に搭載しているトップボタン式のTouch IDですよね。

いいパーツが既に量産されてるのにiPhoneに搭載しない意味がわかりません。ぜひとも、iPhone 14にはトップボタン式のTouch IDを搭載してFace IDとのデュアル生体認証に対応してほしいところです。

チタニウムサイドフレームの採用

iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MaxのProモデルのサイドフレームにステンレスではなくチタニウム素材を採用するという情報がありますが、これがもし本当ならば絶対に買います。(毎年買ってるけど…)

ステンレスも光沢があってラグジュアリーでいいのですが、個人的にはシックな落ち着いた輝きを見せてくれるチタニウムの方が好きです。細かい傷が付いても目立たないのが最高にいいですよね。

ただ、チタニウムを採用した場合は端末価格が少し高くなりそうでちょっと怖い…。価格を考えると本当にチタニウムを採用するんかなという疑問があるのも事実。

というのも、Apple Watchのチタニウムケースもステンレスよりも1万円ほど高価です。あの小さいサイズで1万円高いのですがより面積の多いiPhoneのチタニウムモデルは2〜3万円ほど高くなってもおかしくないですよね。

果たしてどうなるのか…。

USB-Cポートはどっちでもいい

世間一般的には Lightningポートを廃止してほしいと思う方は多いでしょう。

しかし、個人的にはLightningポートを継続してもいいと思っており、充電自体はすでにMagSafe充電器をメインとしているので有線ケーブルはほぼ使っていません。

ただ、ProRess撮影したときの大容量データを移動させるときにUSB-Cポートがあった方が便利なのはたしかです。となると。ProモデルだけUSB-Cポートを採用するのは理に適ってます。

iPhone 14、楽しみ!

ということで、iPhone 14シリーズですが2022年9月発表までまだまだ時間があります。

どんな仕様になるのか楽しみに待ちましょう!といっても、それまで待つのもいいですが、今使ってるiPhoneのバッテリーとかヤバくなってきてるのならiPhone 13を買っても損はしないです。十分高性能ですし、今現在最新のモデルですし満足度は高いですよ。

\iPhone 13 予約、購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約

iPhone 13(2021)の詳細はこちら