2020年10月〜11月にiPhone 12が発売となり、古いモデルから機種変更を考えている方も多いかと思いますが、はやくも2021年モデルのiPhone 13の噂がちらほらと聞こえつつあります。

「iPhone 12、買ってもいいの?」

こうなりますよね。結論を先に書くと「欲しいなら買おう。我慢するのはもったいない。」です。すみません。理論的でも何でもなくて。

でも、欲しいのに我慢するのは体に悪いですし、iPhone 13が発売された時にiPhone 12を売却してしまうことで追加費用を抑えつつ新モデルに乗り換えすることもできるので時間を大切に使うという観点で悪くはないはずです。

もう少し、詳しく書くのなら今使っているiPhoneがどのモデルかによってiPhone 12を手にするかどうか、ある程度は答えは導き出されることができるので、この記事ではiPhone 12をスルーしてiPhone 13を待つべきかどうかを書いていきたいと思いますね。

iPhoneは毎年9月に新型モデルが登場

iPhoneは毎年9月〜10月の秋に新型モデルが発売となっています。2020年は感染症拡大の影響もあり10〜11月と発売が遅れてしまいましたが、2021年モデルとなるiPhone 13は9月に発表、発売されるものと見られています。

歴代のiPhoneの発売日
  • iPhone 12:2020年10月〜11月
  • iPhone 11:2019年9月
  • iPhone XR:2018年10月
  • iPhone XS:2018年9月
  • iPhone X:2017年11月
  • iPhone 8:2017年9月
  • iPhone 7:2016年9月
  • iPhone 6s:2015年9月

iPhone 6以前のモデルは省いていますが、iPhone 5以降は9月に発売されております。ただし、iPhone SEシリーズは廉価版モデルであり通常のナンバリングモデルとは異なるため3〜4月の春に発売されることが多いです。

1年置きに新モデルが登場するこの流れは今後も続くと思われます。つまり、2021年9月にはiPhone 13が発売されるのは確定事項と言い換えることもできます。

もう、iPhone 12が発売された瞬間にiPhone 13の発売が1年を切っているという恐るべき事態です。

iPhone 12を選んでもいい理由

個人的には最新のiPhone 12を買ってiPhone 13が出たら売却をして入れ替えをすることをおすすめしています。常に新しい技術に触れていると楽しいですよね。

サイズを3つから選ぶことができる

iPhone 12シリーズは5.4インチのiPhone 12 mini、6.1インチのiPhone 12iPhone 12 Pro、6.7インチのiPhone 12 Pro Maxの3つの画面サイズ・4つの機種から選ぶことができます。

iPhone 12・12 Pro ディスプレイ比較
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
パネル有機EL(Super Retina XDR)、セラミックシールドガラス
解像度2,340 × 1,080ピクセル2,532 × 1,170ピクセル2,778 × 1,284ピクセル
画素密度476ppi460ppi458ppi
仕様リフレッシュレート60Hz、HDRディスプレイ、2,000,000:1コントラスト比(標準)、True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、最大輝度800ニト(標準)

2019年モデルのiPhone 11シリーズも3つのサイズから選ぶことができましたが、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチと中央にサイズが似通った感じになっていたんですね。

そんな中で2020年モデルのiPhone 12シリーズ小型モデルの5.4インチのiPhone 12 miniが追加されいます。さらに、5.8インチを6.1インチに集約したiPhone 12・12 Pro、6.5インチから6.7インチに画面サイズが大きくなったiPhone 12 Pro Maxとなり選べる画面サイズの幅が広がりました。

4.7インチのiPhone 7iPhone 8などの小型モデルを使っていた方はiPhone 12 miniを選ぶことで操作性のしやすさを損なうことなく乗り換えすることができますし。

世界最高レベルのチップを搭載し性能が高い

A14 Bionicチップ

iPhone 12は最新の技術を使って製造されたA14 Bionicチップを搭載したモデルとなっていて、iPhoneシリーズで最も高速で体感速度が快適な端末となっています。

 iPhone 12・12 ProiPhone 11・11 ProiPhone XR・XSiPhone X・8
プロセッサA14 BionicA13 BionicA12 BionicA11 Bionic
シングルコア159413231106911
マルチコア4097337825311989
GPU9289771744513987

2017年のiPhone Xに搭載しているA11 Bionic → A14 BionicでCPUの性能が2倍、GPUの性能が3倍も向上しています。さらに、機械学習のニューラルエンジンの処理速度も大きく速くなっているので体感で違いが分かるくらいの性能向上があります。

カメラの画質もとても良くなった

iPhone 12はカメラの性能も大きく向上しています。カメラの数で見ればiPhone 11と変わりないですが、広角カメラのレンズがf/1.8 → f/1.6と明るくなっただけでなくソフトウェア処理によって高精細な写真に仕上げることができます。

iPhone 12・12 Proのリアカメラ
 iPhone 12・12 miniiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
超広角1200万画素・f/2.4・13mm
広角1200万画素・f/1.6・26mm1200万画素・f/1.6・1/1.9型のイメージセンサー・26mm
望遠1200万画素・光学2倍(52mm)・f/2.01200万画素・光学2.5倍(65mm)・f/2.2
ToFLiDARスキャナ
手ぶれ補正デュアル光学式イメージセンサーシフト光学式

背景をぼかすことができるポートレートモードの精度も向上していて子どもなど人物撮影のポートレートがとても自然に仕上げることが可能です。

さらに、iPhone 12シリーズはHDR動画撮影にも対応しています。HDRで撮影することでダイナミックレンジ(明暗差)が広くなるためiPhone 11以前のモデルと比べると比べものにならないくらい鮮やかな動画を撮影することができます。

思い出の記録は少しでもキレイなデータで残しておきたいものですよね。とくに子どもの記録動画になると出来るだけいい画質で撮影しておきたいとなりません?

MagSafeアクセサリーに対応している

iPhone 12シリーズはMagSafeアクセサリーに対応しています。MagSafe対応の充電器を使うことで本体をピタッとくっ付けて充電ができるだけでなく様々な対応アクセサリーを使うことで便利に使いこなすことができます。

この仕組みを考えたAppleの人は天才かな?

充電スタンドはサードパーティ製のものになり、純正のMagSafe充電器をスタンドにはめ込んで使っていますが、ケーブルなしでバチっとiPhoneを充電器にくっ付けるだけ充電ができてしまう。

しかも、高さを出すことができるので目線が上がって視認性、操作性が他のワイヤレス充電スタンドと比べても快適です。MagSafeアクセサリーを使うことができるのはiPhone 12シリーズのみです。

iPhone 12に乗り換えるだけであたらしい世界が待っています。

ちょっと待て。iPhone 13を待つべき理由

旧型のiPhoneから乗り換えることで動作速度は快適になることは間違いありません。カメラの画質も、データ通信速度も、耐水性能も世代を重ねることにアップデートされて向上しているので、基本的に使いやすくなります。

最大の弱点、指紋認証ができない

ただし、iPhone 12シリーズは指紋認証による画面ロック解除、Apple Payの支払いができません。iPhone 12シリーズの最大のデメリット。いや、iPhone X以降のジェスチャー操作のiPhoneの全てのデメリットとでもいうべきでしょうか。

本来なら顔認証のFace IDが搭載されているiPhoneがあれば全く問題はなかったのですが、感染症対策が求められる有事です。誰もが予想してなかった世の中になってしまった以上、指紋認証の必要性が求められるようになりました。

iPhone 12は指紋認証に対応していないので、外でマスクをしている時などはほんとに使いにくいです。

自宅にいることが多いのであれば指紋認証のTouch IDを内蔵しているiPhoneよりも顔認証のFace IDに対応しているiPhoneの方が使いやすいですが、仕事で外に出ることが多いという方や、移動中にiPhoneを使うことが多いのならTouch IDを搭載しているiPhoneを選んだ方が使いやすいですよね。

iPhone 13は指紋認証・Touch IDが復活するかも

2021年のiPhone 13はどのようなスペックになるかは不明ですが、噂ですが指紋認証のTouch IDが復活すると見られています。

とはいってもホームボタンが戻ってくるのではなく画面内指紋認証、またはiPad Air 4のようなサイドボタンに指紋認証を内蔵する感じになるようです。

Face IDも搭載されるので顔認証と指紋認証のデュアル生体認証となります。他社メーカーのAndroidスマホはすでにデュアル生体認証が一般的になっているので、iPhone 13の指紋認証対応は必須といってもいいので、ほぼ確実でしょう。

他にもディスプレイが120HzのProMotionテクノロジーに対応するとも見られているので、画面品質が大きく向上する可能性が高いでしょう。

iPhone 13の新機能
  • 指紋認証と顔認証のデュアル生体認証
  • 120HzのProMotionテクノロジーに対応
  • A15 Bionicチップでさらに高性能に
  • カメラの画質も大幅に向上する

なので、指紋認証の操作が必須という方はiPhone 12はスルーするのがいいです。もし、「もう、iPhoneがボロボロで機種変更したい!」という方はiPhone SE(第2世代)でiPhone 13まで待つのではなく繋ぐのがおすすめです。

今使っているiPhoneから考える

iPhone 12シリーズを買うべきかどうかは今現在使っているiPhoneから考慮することができます。

もし、ホームボタンありの旧型モデルを使っていてマスクをしていることが多いならiPhone 12への乗り換えはやめてiPhone 13を待つのがいいです。

iPhone 13を待つべき人は
  • 現在、iPhone 8、7、6s、6などを使っている
  • マスクをしていることが多い

はじめての顔認証でマスクをすることが多い状況は想像しただけでもやばそうなのですよね。

もし、iPhone 13が待てないならホームボタンのあるiPhone SE(第2世代)に機種変更するのがいいでしょう。iPhone 13が出たらそちらに乗り換えてSEを売却すればいいのです。

もし、今使っているモデルがiPhone Xなど少し前のモデルならiPhone 12に乗り換えてもいいです。

iPhone 12に機種変更してもいい人は
  • iPhone X、XSシリーズ、XRを使っている
  • iPhone 5、5cを使っている(さすがにいない?)

すでにFace IDを使って多少なりに顔認証に慣れているので操作感に違和感なく使うことができます。

ただし、iPhone Xを使っていて顔認証がめちゃくちゃ使いにくいと感じている方はiPhone 12はスルーしましょう。むしろ、iPhone SE(第2世代)に乗り換えをしてもいいかもしれません。

Face IDの使いにくさからiPhone 12からiPhone SE(第2世代)に機種変更をしたという方は少なからずいらっしゃいますしそういうことなんです。