Appleが日本時間の2021年9月15日(水)午前2時にApple Eventを開催して新型iPhone 13(2021)を発表しました!

iPhone 13シリーズはiPhone 12・12 Pro(2020)と同じくiPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxの4モデルあります。

デュアルカメラを搭載したスタンダードなモデルが無印のiPhone 13となり、トリプルカメラを搭載したプロモデルとしてiPhone 13 Proとなっています。

ということで、この記事では現時点で分かっている6.1インチのディスプレイを搭載したiPhone 13とiPhone 13 Proのスペックの違いを比較しどちらのモデルがいいのか見ていきたいと思います。

2021年9月15日(水)にApple Eventが開催されてiPhone 13シリーズが発表となりました!

iPhone 13(2021)について
iPhoneの選び方

\iPhone 13 予約、購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約(9/17〜)

iPhone 13・13 Pro どっちを選ぶか問題

iPhone 13シリーズの基本性能についてはiPhone 13、iPhone 13 Proともに大きな違いはなく、画面サイズ、リフレッシュレートの違い、カメラの数の違い、筐体の素材が異なる程度となっています。

iPhone 13・13 Pro 違いを比較
iPhone 13 mini 13 13 Pro 13 Pro Max
サイズ 5.4インチ 6.1インチ 6.7インチ
リフレッシュレート 60Hz 120Hz(ProMotionディスプレイ)
SoC A15 Bionic
RAM 4GB 6GB
生体認証 Face ID
カメラ デュアルカメラ トリプルカメラ + LiDARスキャナ、マクロ撮影に対応
筐体の質感 ポップな雰囲気 高級感ある雰囲気
重量 軽め 重め
価格 普通 高め

内部スペックとなるSoC(システム・オン・チップ)は同じA15 Bionicを搭載し大きな性能差はないですが、GPUのコア数がiPhone 13は4つ、iPhone 13 Proは5つと性能差があります。また、メインメモリの容量に差があるので正確には性能差はあります。

とはいえ、2020年モデルのiPhone 12iPhone 12 Proでも動作速度に差を感じることはできないくらいすでにiPhoneの性能は向上しているので、どちらを選んでも快適に使うことができることには違いはありません。

そして、ついに。これです。iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro MaxはiPhone初となる120HzのリフレッシュレートのProMotionテクノロジーに対応しました。しかも、10 – 120Hzの可変式のProMotionテクノロジーなので電池持ちを考慮しながら、画面を滑らかに、快適に、気持ちよく操作をしたいなら「無印」ではなく「Pro」を選ぶのがおすすめです。

カメラはiPhone 13 Pro、iPhone 13ともにキレイな写真、動画を撮影できます。

子どもや家族、ペットを撮影することが多いなら光学式の望遠カメラを搭載しているiPhone 13 Pro、13 Pro Maxがいいです。少し離れたところからでも「Pro」なら顔をズームして迫力の可愛い写真を残すことができます。

広角カメラだけでもズームしてキレイに撮影はできますが、肌の質感、猫の毛並みなどは光学式の望遠カメラにはかないません。少しでもキレイな画質で写真、動画を撮影したいならiPhone 13ではなくiPhone 13 Proを選ぶのがおすすめです。

\iPhone 13 予約、購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約(9/17〜)

iPhone 13・13 Proのスペックを比較

6.1インチサイズのiPhone 13とiPhone 13 Proのスペックを比較しました。

iPhone 13 スペック
iPhone iPhone 13 iPhone 13 Pro
サイズ 6.1インチ
画面解像度 2,532 × 1,170ピクセル
リフレッシュレート 60Hz 120Hz(ProMotionディスプレイ)
SoC A15 Bionic(CPU高性能2コア + 高効率4コア、GPU4コア) A15 Bionic(CPU高性能2コア + 高効率4コア、GPU5コア)
RAM 4GB 6GB
ストレージ 128/256/512GB 128/256/512GB/1TB
生体認証 Face ID
広角カメラ 1200万画素(1.7μm)・f/1.6・センサーシフト式手ぶれ補正 1200万画素(1.9μm)・f/1.5・センサーシフト式手ぶれ補正
超広角カメラ 1200万画素・f/2.4 1200万画素・f/1.8・マクロ撮影
望遠カメラ 1200万画素・光学3倍・f/2.8
ToFセンサー LiDARスキャナ
インカメラ 1200万画素・f/2.2
モバイル通信 5G(Sub-6)
Wi-Fi Wi-Fi 6
充電ポート Lightning
急速充電(20W)に対応
ワイヤレス充電 MagSafe、Qi
バッテリー容量 3095mAh(?)
耐水防塵 IP68(水深6メートルで30分)
サイズ 146.7 × 71.5 × 7.65mm
重量 173g 203g

iPhone 13・13 Proの本体デザイン・サイズを比較

iPhone 13、iPhone 13 Proの本体デザインは基本的に同じ角の立ったスタイルとなっており、iPhone 13はデュアルカメラ、iPhone 13 Proはトリプルカメラ + LiDARスキャナを搭載し、リアカメラ部分のデザインが異なります。

iPhone 13・13 Pro筐体
iPhone 13 13 Pro
サイズ 6.1インチ
筐体 アルミフレーム + ガラス ステンレスフレーム + マットガラス
耐水防塵 IP68(水深6メートルで30分)
サイズ 146.7 × 71.5 × 7.65mm
重量 173g 203g
本体カラー スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク・Product RED グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー

また、筐体の素材もiPhone 13がアルミ + ガラスなのに対してiPhone 13 Proはステンレス + マットガラスとなっています。

iPhone 13シリーズの本体サイズはiPhone 12シリーズとほぼ同じですが、リアカメラ部分が少し分厚くなって本体の厚みが7.4mmから7.65mmと少しだけ分厚くなっています。0.25mmなの誤差レベルだとは思いますが、重量が少し重くなったのは気になるところではあります。

iPhone 13・13 Proのディスプレイを比較

iPhone 13、iPhone 13 Proの画面サイズと画面解像度はiPhone 12・12 Proと同じとなります。

iPhone 13・13 Pro ディスプレイ
iPhone 13 13 Pro
サイズ 6.1インチ
ディスプレイ Super Retina XDR(有機EL) + Ceramic Shield
画面解像度 2,532 × 1,170
リフレッシュレート 60Hz 10-120Hz(ProMotionディスプレイ)

いずれのモデルもSuper Retina XDR(有機EL)を搭載し解像度もiPhone 13、iPhone 13 Pro共に同じなので画質は変わりありませんが、iPhone 13 ProはProMotionテクノロジーに対応した10 – 120Hzのリフレッシュレートとなり画面のスクロールが滑らかになります。た

Appleは2017年のiPad Pro 10.5インチより120Hzのリフレッシュレートをタブレット端末でいちはやく採用していましたが、スマートフォンのiPhone 13 ProでようやくProMotionディスプレイが採用されることになります。

リフレッシュレートが120Hzになることで、画面の表示切り替えが1秒間60コマだったのが120コマと2倍となり、スクロールした時の残像を減らすことができます。クッキリとした画面でブラウジングをしたり、TwitterなどのSNSを楽しむことができます。

しかも、iPhone 13 ProのProMotionは10〜120Hzの可変式になるのでバッテリー消費もうまくコントロールされています。

ゲームも120Hzに対応しているゲームであればより滑らかな画面でプレイができますし、FPSなどの動作がシビアなゲームであれば優位にゲームを進めることができるので、ワンランク上の体験をしたいならiPhone 13ではなくiPhone 13 Proを選ぶのが良さそうです。

iPhone 13・13 Proの生体認証機能

iPhone 13・13 Proともに生体認証は顔認証のFace IDに対応し噂されていた画面内指紋認証のTouch IDは非対応となっており、さらにマスク対応のFace IDもないみたいですね。

Apple Watchを装着していればマスクをしながらでもFace IDで画面ロック解除ができるので、生粋のAppleユーザーであれば画面内指紋認証がなくてもいいですが、Apple Watchを持っていない方は顔認証だけだと使いにく以下もしれません。

まだiPhone 13とiPhone 13 Proは発売されていないので、もしかしたらマスク対応のFace IDになってることに期待したいところ。

iPhone 13・13 Pro SoCの性能と動作速度

iPhone 13シリーズは全モデルで最新のA15 Bionicチップを搭載しています。

A15 Bionicは高性能CPUコアが2つ、高効率CPUコアが4つ、GPUのコア数が4つ→ 5つになってグラフィック性能は向上していますが、5コアGPUを内蔵したA15 Bionicを搭載しているのはiPhone 13 Proのみです。

SoCのスペック
  iPhone 13 iPhone 13 Pro
SoC A15 Bionic
CPU 高性能2コア + 高効率4コア
GPU 4コア 5コア
メインメモリ 4GB 6GB
ストレージ 128/256/512GB 128/256/512GB/1TB

iPhone 13 Proはカメラの処理がiPhone 13よりも重いためGPUのコア数を増やしているものと見られています。もちろん、ニューラルエンジン、高性能な画像処理エンジンなども内蔵しているので、基本的な性能はiPhone 13、iPhone 13 Proであろうと変わりないでしょう。

A15 Bionicの性能がGeekbenchのスコアに上がってきているようです。

SoCのスペック
  iPhone 13 mini / 13 iPhone 13 Pro / Pro Max iPhone 12 Pro
SoC A15 Bionic A14 Bionic
CPU 高性能2コア + 高効率4コア
GPU 4コア 5コア 4コア
シングルコア / CPU 1724 1734 1588
マルチコア / CPU 4587 4818 4104
Metal / GPU 10608 14216 9253

source:Geekbench1/2

A14 Bionic → A15 BionicになることでCPUのシングルコアで8%、マルチコアで20%の性能向上しています。

iPhone 13よりもiPhone 13 Proの方が少しだスコアが高くなていて、意外なのがGPUの性能が5コアGPUを搭載しているiPhone 13 ProのA15 Bionicは14216と4コアGPUよりも40%も性能が高くなています。

また、メインメモリの容量がiPhone 13が4GB、iPhone 13 Proが6GBと差があるので厳密にいうとiPhone 13 Proの方が動作速度は軽くてマルチタスクでの作業も快適にこなせるはず。GPUの性能も高いですしカメラの現像時間などに違いが出てくる可能性はありそうですね。

iPhoneでマルチタスクってあまりしないのでメモリは気にしなくてもいいような気もしますが、より快適性を重視するならiPhone 13 Proを選んが方がいいのかもしれません。

また、ストレージ容量はiPhone 13、iPhone 13 Proともに128GBスタートとなっており、iPhone 13 Proは最大1TBのストレージまで選ぶことができます。

iPhone 13・13 Proのバッテリー容量と電池持ち

iPhone 13、iPhone 13 Proのバッテリー容量は同じ3095mAhになると見られており、どっちを選んでも電池持ちに差はなさそうです。

iPhone 13・13 Pro バッテリー(予想)
iPhone 13 13 Pro
バッテリー容量 3095mAh
充電ポート Lightning
急速充電(25W)に対応
ワイヤレス充電 MagSafe、Qi

ちなみに、iPhone 13・13 Proのバッテリー容量は12シリーズよりも大きいバッテリー容量となっているため、より長くiPhoneを使うことができそうです。ただし、iPhone 13 Proは120Hzのリフレッシュレートに対応していたとしたら電力効率が悪化しiPhone 13の方が電池持ちがいいかも?

iPhone 13・13 Proの通信性能

iPhone 13、iPhone 13 Proともに通信性能は同じで、5G(Sub-6)に対応しています。

iPhone 13 通信性能
iPhone 13 13 Pro
モバイル通信 5G(Sub-6)
Wi-Fi Wi-Fi 6

ミリ波にはどちらも対応していません。(米国のみ対応)

iPhone 13・13 Pro カメラのスペック

iPhone 13は広角・超広角のデュアルカメラを搭載し、iPhone 13 Proは広角・超広角・望遠のトリプルカメラに被写体の距離を計測できるLiDARスキャナを搭載しています。

iPhone 13とiPhone 13 Proの最大の違いは望遠カメラ、LiDARスキャナの有無となっていますが、それ以外のところも違いがあります。

iPhone 13・13 Pro カメラ
iPhone 13 13 Pro
広角カメラ 1200万画素(1.7μm)・f/1.6・センサーシフト式手ぶれ補正 1200万画素(1.9μm)・f/1.5・センサーシフト式手ぶれ補正
超広角カメラ 1200万画素・f/2.4 1200万画素・f/1.8・マクロ撮影
望遠カメラ 1200万画素・光学3倍・f/2.8
ToFセンサー LiDARスキャナ
対応フォーマット HEIF /JPEG
HEVC(H.265) / H.264
HEIF /JPEG /Apple RAW
HEVC(H.265) / H.264 /ProRes
補正技術 スマートHDR4
フォトグラフスタイル
高精細技術 Deep Fusion(全カメラ)
背景ぼかし ポートレートモード、ポートレートライティング
動画撮影 4K / 1080p(60/30/25fps)
スローモーション 1080p(120/240fps)
被写体深度動画撮影 シネマティックモード 1080p(30fps)
HDR動画撮影 4K60fps(ドルビービジョン対応)
音声録音 ステレオ録音に対応
高音質 オーディオズーム
インカメラ 1200万画素・f2.2

iPhone 13は従来モデルよりも大きくなったiPhone 12 Pro Maxと同じ1.7μmのピクセル密度の1200万画素のイメージセンサー、iPhone 13 Proはさらに大きい1.9μmのピクセル密度の1200万画素のイメージセンサーを採用しています。

センサーが大きくなったことで広角カメラの手ぶれ補正機構にはセンサーシフト式の手ぶれ補正を採用し強力に手振れを抑えながら写真、動画をバチっと撮影できるようになります。

超広角カメラはiPhone 13がF/2.4と暗めのレンズを採用しているに対してiPhone 13 Proの超広角カメラはF/1.8の明るいレンズを採用し、暗いところでの画質が大きく向上しています。

さらに、超広角カメラを使うことでマクロ撮影ができるようになってiPhone 13とiPhone 13 Proでも超広角カメラの差別化が図られています。

超広角カメラでマクロ撮影ができるようになったのはいいですよね。専用のマクロレンズを搭載することなく、限りあるリソースをしっかり活用している感があります。

iPhone 13 Proは被写体との距離を正確に測れるLiDARスキャナを搭載しているため、計測アプリで正確な長さを計測したい場合はiPhone 13ではなくiPhone 13 Proを選ぶのがいいです。子どもの身長も正確に計測できるので意外と便利なんですよね。

iPhone 13・13 Proの端末価格

iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxの端末価格はApple Storeで以下の通りです。

税込 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone 13 mini 86,800円 98,800円 122,800円
iPhone 13 98,800円 110,800円 134,800円
iPhone 13 Pro 122,800円 134,800円 158,800円 182,800円
iPhone 13 Pro Max 134,800円 146,800円 170,800円 194,800円

iPhone 13、iPhone 13 Proともい128GBスタートとなっており、iPhone 13は98,800円〜、iPhone 13 Proは122,800円と価格差は30,000円となりました。

30,000円を追加することで光学3倍の望遠カメラと明るくなった超広角カメラが手に入るならどうでしょうね?

iPhone 13シリーズはApple Storeだけでなくドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルで取り扱いをします。

\iPhone 13 予約、購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約(9/17〜)

iPhone 13・iPhone 13 Pro どっちを選ぶ?

iPhone 13、iPhone 13 Proは2021年9月24日(金)発売となりますが、さてどちらを買うのがいいのか見ていきましょう。

iPhone 13がおすすめな人は

多くの方はiPhone 13を選んでおけばいいです。iPhone 13で98,800円、iPhone 13 miniなら86,800円で最新のiPhone 13を手に入れることができます。

iPhone 13がおすすめな人は
  • ちょうどいいiPhoneが欲しい
  • 5.4インチのiPhone 13が使いたい
  • 6.1インチでも軽く扱いたい
  • 望遠カメラを使って撮影しない

iPhone 13はiPhone 13 Proと同じ6.1インチのディスプレイを搭載したモデルですが、重量がプロモデルよりも軽くて扱いやすいメリットがあります。手で持ってみるとわかるのですが、重さが全然違うので軽く扱いたいならiPhone 13 ProよりもiPhone 13を選んだ方がいいです。

iPhone 13 Proがおすすめな人は

iPhone 13 Proは望遠、マクロによる撮影をしたりApple RAW、ProResを使って撮影をしたい方におすすめです。

iPhone 13 Proがおすすめな人は
  • 外で使うことが多い(Proの方が画面が明るい)
  • 望遠カメラ、マクロ撮影をしたい
  • 凝った動画撮影をしたい
  • 6.7インチの大画面モデルを使う

iPhone 13よりもiPhone 13 Proの方が画面が明るいので外で撮影することが多いならiPhone 13 Proは見やすくていいと思います。

ProResを使って動画撮影したい!

なんて凄い人はなかなかいないとは思いますが、光学3倍(77mm)の望遠カメラを使ってポートレート撮影は僕自身したいですし選ぶメリットはあるのかなと思います。

また6.7インチの大画面ディスプレイを選べるのもiPhone 13 Proの方です。大きいにで持ち出しにくいというデメリットはあっても動画を大きな画面で楽しめますし、電子書籍を読む場合はiPhone 13 Pro Maxの方が読みやすいのでおすすめです。

iPhone 13・iPhone 13 Pro 比較:まとめ

基本的にスタンダードモデルのiPhone 13を選んでおけば問題ないですが、望遠カメラを使ってポートレート撮影などキレイな写真、動画を撮影したいのならiPhone 13 Proを選ぶのがおすすめです。

  • 費用抑えて最新iPhoneが欲しい → iPhone 13
  • 片手サイズの小さいiPhoneが欲しい → iPhone 13 mini
  • 望遠でキレイな写真を撮影したい → iPhone 13 Pro
  • 大きい画面のiPhoneが欲しい → iPhone 13 Pro Max

iPhone 13 Proは3倍の光学望遠カメラを搭載していてMaxにしなくても同等の満足いく迫力の写真撮影がでできます。また、画面サイズが大きいモデルが欲しいなら6.7インチのiPhone 13 Pro Maxを選ぶのがいいでしょう。

\iPhone 13 予約、購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約(9/17〜)