iPhone 13 最新情報

Appleのスマホ・iPhoneはここ毎年秋に発売されていますが、はやくも2021年の新型となるiPhone 13の噂や情報が出てきています。

iPhone 13(またはiPhone 12s)は基本デザインは同じでディスプレイが120HzのProMotionテクノロジーに対応しカメラの画質が大きく向上、さらに画面内指紋認証にも対応すると見られています。

ということで、この記事ではiPhone 13のデザイン・スペック・発売日などの情報をまとめました。噂、情報をまとめ個人的な意見を盛り込んでいるのであくまで可能性の一つとして楽しんでいただけたらと思います。

新型iPhone 13(2021)最新情報

本体デザインは変わらず同じ

iPhoneの外観デザインは2020年モデルのiPhone 12・12 Proで4年ぶりに刷新されたばかりなので、iPhone 13シリーズは基本的に同じデザインを採用することが予想されます。

サイドフレームのエッジがたった角張ったスタイルになり個人的にはかなり好みなデザインになりましたが、iPhone 13も引き続き同じようなスタイルになるということで喜ばしいところ。

カメラ部分のデザインが少しだけ変わるかも?

Face IDの部品を小型化することでノッチの幅が狭くなる可能性はあるようです。狭くとは言わずにノッチを消してしまって欲しいのですけどね?

画面サイズもiPhone 13 miniが5.4インチ、iPhone 13・13 Proが6.1インチ、iPhone 13 Pro Maxが6.7インチと現行モデルと同じラインナップになるとのことです。

iPhone 13の画面サイズ(予想)
 iPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ

デザインの変化はあまりないのでiPhone 13への乗り換えはかなり微妙なものになりそうな感じですが、ここから紹介するiPhone 13の新機能に魅力を感じるかどうかで12にするか、13にするか決めることができるのかもしれません。

なお、名称はiPhone 13ではなくiPhone 12sになる可能性もあるようです。

120Hzリフレッシュレート ProMotionに対応

iPhone 13のハイエンドモデルとなるiPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro MaxはついにProMotionテクノロジーに対応し、120Hzのリフレッシュレートを手に入れることになるようです。

リフレッシュレートが120Hzになることで画面のスクロールが残像感の少ない滑らかになります。すでに、iPad Proシリーズに採用されている技術ではあるのでiPhoneにも移植されてもなんら不思議ではありません。

実際に現行の以前からiPhoneにProMotionテクノロジーの採用が噂されていましたが、消費電力の問題から採用を断念したという経緯があるそうです。

そんな中で、iPhone 13 ProのパネルはApple Watchにも採用されていうLTPOに対応したパネルを採用し消費電力を抑えながら120Hzのリフレッシュレートに対応できるようになるとのこと。

リフレッシュレート(予想)
 iPhone 13 mini / 13iPhone 13 Pro / Pro Max
ProMotion対応
リフレッシュレート60Hz120Hz
タッチサンプリング120Hz120Hz

多くのハイエンドスマホはすでに120Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載しているので、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro MaxでProMotionテクノロジーに対応するのは間違いなさそうな気がします。

常時画面表示機能に対応する

iPhone 13は常時表示機能に対応したディスプレイを搭載するようです。

常時表示機能はApple Watchで既に実現しておりリフレッシュレートが調節可能なLTPO技術を採用することで操作していない時は毎秒1回(1Hz)にすることで省電力な状態を維持しながらも常時画面表示に対応しています。

これと同じ技術でiPhone 13の常時表示が実現する可能性はありそうです。

Face IDとTouch IDのデュアル生体認証に

iPhone 13は引き続き顔認証のFace IDが採用されることになりますが、新たに指紋認証のTouch IDを搭載したデュアル生体認証に対応する可能性が濃厚となっているようです。

Touch IDとFace ID
Touch IDとFace ID

採用される可能性があるTouch IDはiPad Air 4にも採用されたサイドボタン式のTouch IDか、画面内指紋認証のTouch IDのどちらかとなるようですが、Jon Prosser氏によるとiPhone 13は両タイプの試作機がすでに存在しているとしています。

アナリストのMing-Chi Kuo氏もiPhone 13には画面内指紋認証機能を搭載すると予想しています。

2020年3月以降、感染症対策の一つとして外出時はマスク着用が必須の世の中になってしまい、顔認証の使いにくさが露呈された形となってしまいましたが、指紋認証機能を併用する形でこの問題を解決しようとする動きは自然なことでしょう。

画面内指紋認証か、サイドボタン式の指紋認証か。

個人的には画面内指紋認証よりもサイドボタンにTouch IDを搭載してくれた方が信頼性が高くて使いやすいなと思っています。

画面内指紋認証もスマートでいいのですが、指紋をきちんと認証してくれないことがあったり、センサーの場所の分かりにくさによる使いにくさが懸念事項となります。

iPad Air 4のようなサイドボタン式のTouch IDであれば、どこに指紋認証が搭載されているか一目瞭然なので使いやすいですよね。それに、iPad Air 4ですでに実績のあるパーツでもあるので信頼性も高いといえるでしょう。

A15 Bionicチップを搭載し性能が向上する

iPhone 13はA15 Bionicチップを搭載しさらに性能が向上するでしょう。

まあ、そうですよね。モデルチェンジして性能が上がらなかったことはなかったので、iPhone 13も堅実にスペックアップをすることになるでしょう。

CPUのスペック(予想)
 iPhone 13 mini / 13iPhone 13 Pro / Pro Max
チップA15 Bionic
メインメモリ4GB6GB
ストレージ64/128/256GB128/256/512GB/1TB

ただ、A13 Bionic(7nm) → A14 Bionic(5nm)のような大幅な性能アップは見込めないかもしれません。A15 Bionicの製造プロセスはA14 Bionicと同じ5nmとなるためトランジスタ数の大幅に増やすことはできません。

ただ、TSMCの5nm改良プロセス(N5P)を採用することで性能が5%、消費電力が10%向上するそうなのでiPhone 13の電力効率はiPhone 12よりも向上し電池持ちが向上することに期待です。

ストレージに1TBの容量が追加される

iPhone 13は1TBのストレージが追加される可能性があるようです。

現行モデルは128GB、256GB、512GBの3つの容量から選ぶことができますが、4つの容量を選べるようになるのか、それとも128GBが廃止となって256GB、5125GB、1TBの3ラインナップになるのかが気になるところですね。

リアカメラの画質が向上する

iPhone 12は広角 + 超広角、iPhone 12 Proは広角 + 超広角 + 望遠に被写体の距離を計測できるLiDARスキャナを搭載、iPhone 12 Pro Maxの広角カメラは大型のイメージセンサーにセンサーシフト式の手ぶれ補正機能を搭載しています。

このiPhone 12 Pro Maxに採用された大型イメージセンサーとセンサーシフト式の手ぶれ補正がiPhone 13の全モデルに搭載するようです。つまり、標準カメラでの撮影においては暗所撮影により強くなるということになります。

リアカメラのスペック(予想)
 iPhone 13 mini / 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
広角カメラ大きくなった1200万画素イメージセンサー・f/1.6・センサーシフト式手ぶれ補正
超広角カメラ1200万画素・f/2.41200万画素・f/1.8
望遠カメラ1200万画素・光学2倍・f/2.01200万画素・光学2.5倍・f/2.0
ToFセンサーLiDARスキャナ
フロントカメラ1200万画素・f/2.0

また、超広角カメラはiPhone 13 Proはf/2.4 → f/1.8と明るいレンズになって画質が大きく向上することになるとのこと。

望遠カメラはiPhone 13 mini、13は非搭載、iPhone 13 Proは光学2倍、iPhone 13 Pro Maxは光学2.5倍という構成は変わりなさそうですが、iPhone 13 Pro Maxの望遠カメラのレンズがf/2.2 → f/2.0に明るくなる可能性はあるかも?

なお、iPhone 13、iPhone 13 miniにもLiDARスキャナが搭載される可能性もあるようです。今後、ARのアプリが普及していくことを考えると標準モデルにもLiDARスキャナが搭載される可能性は高いのかもしれませんね。

1つのモデルはLightningポート廃止へ

iPhone 13は Lightningポートが引き続き採用される可能性が高いそうです。

ただし、iPhone 13 Pro Maxは Lightningポートが廃止されて完全ポートレス化するとのこと。iPhone 12シリーズはMagSafeを使うことでワイヤレスで急速充電できるようになったので可能性はありそうですよね。

心配なのは有線接続できないことによるデータの転送などになると思いますが、 Lightningポートを廃止する代わりにiPadにも採用されているSmart ConnectorがiPhone 13 Pro Maxに搭載されるとのことです。

なるほど…。

Smart ConnectorがiPhoneに搭載される可能性はたしかにありそうですね。どのようにしてMacと接続するのか、新しい周辺機器が登場することになりそうですが、MagSafe充電器の発売によってiPhoneのポートレス化は現実のものになる可能性は高いと言えるでしょう。

5G ミリ波対応

iPhone 13はもちろん5G通信に対応します。iPhone 12は5G(Sub-6)に対応しドコモなら最大3.4Gbpsの通信速度に対応しています。

ドコモではSub-6の3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数を束ねるキャリアアグリゲーション(CA)により通信速度が最大4.2Gbpsとミリ波の4.1Gbpsを上回る速度を実現しています。

5Gの種類
  • Sub-6(3.7GHz + 4.5GHz):最大4.2Gbps
  • mmWV(28GHz):最大4.1Gbps

iPhone 13はまずSub-6のキャリアアグリゲーション(CA)に対応することにより5G Sub-6の通信速度向上が期待できます。また、iPhone 12の米国版はミリ波(mmWV)に対応していますが、iPhone 13は日本版もミリ波対応に期待したいところです。

(ただし、現時点ではミリ波よりもSub-6 CAの方が通信速度が速い。)

新型iPhone 13(2021)スペック予想

iPhone 13シリーズのスペック予想をまとめました。

iPhone 13 スペック(予想)
iPhone13 mini1313 Pro13 Pro Max
サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
画面解像度2,340 × 1,0802,532 × 1,1702,778 × 1,284
リフレッシュレート60Hz120Hz(ProMotion)
SoCA15 Bionic
RAM4GB6GB
ストレージ64/128/256GB128/256/512GB/1TB
生体認証Face ID + Touch ID
広角カメラ大きくなった1200万画素イメージセンサー・f/1.6・センサーシフト式手ぶれ補正
超広角カメラ1200万画素・f/2.41200万画素・f/1.8
望遠カメラ1200万画素・光学2倍・f/2.01200万画素・光学2.5倍・f/2.0
ToFセンサーLiDARスキャナ
インカメラ1200万画素・f/2.0
Wi-FiWi-Fi 6
モバイル通信5G(Sub-6 + mmWV)
Wi-FiWi-Fi 6
充電ポートLightningSmart Connector
ワイヤレス充電MagSafe

iPhone 13シリーズは指紋認証機能を搭載するかどうかが大きなポイントになるかと思いますが、この状況下を見る限りは指紋認証対応は必須なので、iPhone 13のTouch IDの復活は確実と見ていいでしょう。

指紋認証が画面内指紋認証になるのか、それともサイドボタン内蔵式の指紋認証になるのか。個人的にはiPad Air 4にも採用されたサイドボタン式になるのではないかと予想でしております。

120Hzのリフレッシュレートに対応するPro MotionテクノロジーはProのみに対応するので、iPhone 13 mini、iPhone 13のスペックアップはあまり期待できないのかもしれないですね。

新型iPhone 13(2021)発表日、発売日は?

2020年モデルのiPhone 12は世界的な情勢により生産が遅れて10月に発表となりましたが、iPhone 13は従来の9月に発表されて9月後半から10月前半に発売されるスケジュールに戻すことを目指しているとのこと。

従来のスケジュールに2021年9月に当てはめるとiPhone 13の発表日、発売日はこんな感じになるでしょうか。

iPhone 13の発表日と発売日
 発表日予約日発売日
iPhone 13 / 13 Pro2021年9月7日(火)2021年9月10日(金)2021年9月17日(金)
iPhone 13 mini / Pro Max2021年9月7日(火)2021年9月10日(金)2021年9月17日(金)

2020年モデルはiPhone 12とiPhone 12 Proの予約日、発売日が同じでiPhone 12 miniとPro Maxは遅れて発売となりましたが、2021年モデルは同じになる可能性はあるのかもしれません。

iPhone 13に期待したいこと

iPhone 13は5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3つの画面サイズのモデルから構成される可能性が高く、デザインもさほど変化はないかもしれません。

とはいえ、iPhone 13は指紋認証のTouch IDの対応は本当に期待したいところ。顔認証のFace IDと指紋認証のTouch IDのデュアル生体認証に対応しただけでもiPhone 13を選ぶメリットは大きいです。

ただ、2021年秋までには感染症はある程度収まっている(そうであって欲しい)と必ずしも指紋が必要という状況ではなくなるかもですが、いつ何時、このような事態に陥ってしまうか誰にも予想はできないのでFace ID、Touch IDのどちらも対応しておいて損はないでしょう。

あと、ノッチをなんとかしてください…。見慣れたけどよく考えると邪魔ですよね。とくにゲームをするときなんかはノッチが気になって仕方ありません。

ついでに横向きにした時のFace IDの対応もしてほしい。これに関してはiPad Proで実現できていることなのでいつでもアップデートで対応できそうな気がするのですが忘れているのでしょうか?

  • Touch IDの対応
  • ノッチの廃止
  • 横向Face ID対応

この3つに対応してくれたら最高です。2021年9月。まだまだ先の話ではありますが、楽しみに待ちたいところですね。

sauce:MacRumoursApple insider