iPhone 12 mini・iPhone SE 比較

iPhone 12 miniは5.4インチの小型ディスプレイを搭載した片手サイズで使える最高の端末となっていますが、ここで気になるのが4.7インチのディスプレイのiPhone SE(第2世代)との違いについてです。

実は、iPhone 12 miniの筐体サイズはiPhone SE(第2世代)よりもコンパクトで軽量になってるんですよね。ということで、iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)のサイズ・スペック・価格の違いを比較しています。

どっちを買うか迷っている方、検討している方は参考にしてみてください。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

iPhone 12 mini・iPhone SE 特徴を比較

iPhone 12 miniは5.4インチのディスプレイ、iPhone SE(第2世代)は4.7インチのディスプレイを搭載しています。

iPhone 12 mini・iPhone SE(比較)
iPhone 12 mini・iPhone SE(比較)
iPhone 12のスペック比較
 iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
画面サイズ5.4インチ4.7インチ
ディスプレイ有機EL・Super Retina XDR液晶・Retina HD
解像度2,340 × 1,080ピクセル1,334 × 750ピクセル
CPUA14 BionicA13 Bionic
メインメモリ4GB(?)3GB
ストレージ容量64GB・128GB・256GB
リアカメラ1200万画素(超広角 + 広角)1200万画素(広角)
インカメラ光学式手振れ補正
生体認証顔認証・Face ID指紋認証・Touch ID
モバイル通信5G(Sub-6)、ギガビット級4G LTEギガビット級4G LTE
Wi-FiWi-Fi 6(ax)
超広帯域チップU1チップ
Bluetooth5.0
Apple PayFeliCa、予備電力機能付きエクスプレスカード
耐水防塵IP68(水深6メートルに30分)IP67(水深1メートルに30分)
ワイヤレス充電Magsafe:最大15W、Qi:最大7.5WQi:最大7.5W
サイズ131.5 × 64.2 × 7.4mm138.4 × 67.3 × 7.3mm
重量133g148g
本体カラーブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、レッドブラック、ホワイト、レッド
価格74,800円〜44,800円〜

iPhone 12 miniがホームボタンのないフルディスプレイモデルで顔認証のFace IDに対応してますが、iPhone SE(第2世代)はホームボタンを搭載していて指紋認証のTouch IDに対応しているのが大きな違いとなっています。

このご時世はマスクをしていることが多くてiPhone 12 miniの顔認証が使えないシチュエーションがありますが、iPhone SE(第2世代)なら指紋認証を使って指で画面ロック解除ができます。

iPhone 12 miniのメリット・デメリット

iPhone 12 miniは5.4インチの有機ELディスプレイを搭載して本体サイズが131.5 × 64.2 × 7.4mmとコンパクトで片手操作がしやすいモデルとなっています。

iPhone 12 miniのメリット
  • 5.4インチの有機ELディスプレイを搭載
  • Ceramic Shieldガラスで耐落下性能が高い
  • 筐体の横幅が64.2mmで片手操作ができる
  • 最新のA14 Bionicを搭載している
  • 超広角 + 広角のデュアルカメラで幅広い写真撮影
  • IP68等級の耐水防塵性能(水深6メートルで30分)
  • Magsafeワイヤレス充電に対応
  • 本体カラーが豊富(5色)

さらに、iPhone 12 miniの驚くべきところは本体重量が133gとめちゃくちゃ軽量化していて現行のスマホの中では最軽量レベルの軽さを誇っています。もっと、軽いということを売り出してもいいと思うのに、一切触れることなかったのがAppleさんらしい。

iPhone 12 miniのデメリット
  • 指紋認証に対応してない

iPhone 12 miniは顔認証のFace IDに対応していますが、指紋認証のTouch IDは非対応です。マスクをしていると顔認識ができずにパスコードを入力して画面ロック解除をする必要があります。

これはiPhone 12シリーズ全てのモデルの欠点でもあります。どうしても指紋認証がないと辛すぎるという方は、ホームボタンを搭載しているiPhone SE(第2世代)を選ぶのが得策でしょう。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone SE(第2世代)のメリット・デメリット

iPhone SE(第2世代)は4.7インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルとなっていて、本体サイズは138.4 × 67.3 × 7.3mmとコンパクトサイズに収まっています。

iPhone SE(第2世代)のメリット
  • 筐体の横幅が67.3mmで片手操作ができる
  • 高性能なA13 Bionicを搭載している
  • Touch ID内蔵のホームボタンを搭載
  • IP67等級の耐水防塵性能(水深1メートルで30分)
  • Qiワイヤレス充電に対応
  • 端末価格が44,800円と安い

デザインはiPhone 8と全く同じですが、iPhone 11やiPhone 11 Proに搭載されているA13 Bionicプロセッサを搭載した見た目に似合わなず高性能な端末となっています。

Touch IDを内蔵したホームボタンを搭載しているのでマスクをしていてもストレスなく使うことができます。

ただし、バッテリー容量のわりに高性能なプロセッサを搭載してしまったこともあり電池持ちはあまりよくありません。

iPhone SE(第2世代)のデメリット
  • バッテリー持ちが悪い

Twitterしたり、YouTubeを観たりするくらいなら問題はないですが、ゲームをするとすぐにバッテリーが減ってしまうのでiPhone SE(第2世代)でゲームを楽しむことが多いならモバイルバッテリーは持っていた方がいいかもです。

iPhone SE(第2世代)は指紋認証が使えるだけでなく端末価格が44,800円と安いのもいいところとなっています。

\iPhone SEをチェックする/

iPhone 12 mini・iPhone SE(第2世代)違いを比較

本体サイズ・筐体デザインを比較

iPhone 12 miniの画面サイズが5.4インチのベゼルレスディスプレイとなっています。iPhoen SE(第2世代)は4.7インチのディスプレイを搭載しています。

画面と筐体サイズの比較
 iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
画面サイズ5.4インチ4.7インチ
ディスプレイ有機EL・Super Retina XDR液晶・Retina HD
解像度2,340 × 1,080ピクセル1,334 × 750ピクセル
サイズ131.5 × 64.2 × 7.4mm138.4 × 67.3 × 7.3mm
重量133g148g

iPhone 12 miniは5.4インチとiPhone SE(第2世代)の4.7インチよりも大きなディスプレイを搭載していますが、ベゼルレスディスプレイとなっているおかげでiPhone SE(第2世代)よりも筐体サイズが小さくコンパクトになっています。

画面サイズが大きいのにiPhone SE(第2世代)よりも小型で軽量なのが素晴らしい。iPhone 12 miniの重量はまさかの133gとiPhone SE(第2世代)の148gよりも15gも軽く異次元の軽さですよ。

iPhone SE(第2世代)はサイドフレームが丸みの帯びたスタイルとなっています。

iPhone SE(第2世代)の丸みのあるスタイル
iPhone SE(第2世代)の丸みのあるスタイル

2020年モデルのiPhone 12 miniはサイドフレームがiPad Proのようにフラットスタイルに変更されて、スッキリとしたデザインに刷新されています。

どっちのデザインがいいかは人によって変わってくるとは思いますが、個人的に角張ったスマホが好きなので、iPhone 12 miniのスタイルは最高といってもいいかもしれないです。

なお、iPhone 12 miniの前面ガラスはCeramic Shield(セラミックシールド)を採用し耐落下性能が4倍も向上しています。つまり、誤って落としてしまってもガラスが割れるリスクを低減することができるのです。

生体認証を比較

iPhone 12 miniはTrueDepthカメラによる顔認識機能(Face ID)を使って画面ロック解除ができますが、マスクをしていると認証ができないという問題があります。

そんな中で、iPhone SE(第2世代)は指紋認証のTouch IDを搭載しているので指を使って画面ロック解除することができます。近年はマスクをすることが増えているので、普段使いの使いやすさを重視するならiPhone 12 miniよりもiPhone SE(第2世代)の方が使いやすいといえそうです。

リアカメラ・インカメラを比較

リアカメラの違いを比較
リアカメラの違いを比較

iPhone 12 miniは広角・超広角のデュアルカメラ、iPhone SE(第2世代)は広角のシングルカメラを搭載しています。

リアカメラを比較
 iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
超広角1200万画素・f/2.4
広角1200万画素・f/1.61200万画素・f/1.8
望遠
ToF
手ぶれ補正デュアル光学式手振れ補正光学式手振れ補正
静止画仕様スマートHDR3、ナイトモード、Deep Fusion、ポートレートスマートHDR2、ポートレート
動画仕様4K(24/30/60fps)、1080p(24/30/60fps)、1080pスローモーション(120・240fps)、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(30fps)4K(24/30/60fps)、1080p(24/30/60fps)、1080pスローモーション(120・240fps)

iPhone 12 miniは超広角カメラを搭載しているので視野の広い写真を撮影できます。

さらに、広角カメラは1200万画素のイメージセンサーにf/1.6の明るめのレンズを搭載し、iPhone SE(第2世代)のF/1.8のレンズよりも27%も多くの光を取り込むことができ、繊細で鮮やかな写真を撮影できるようになっています。

どちらのモデルもスマートHDRを搭載しているので、明暗差のあるシチュエーションも複数の画像を瞬時に合成することでディテールを失うことなくリアルな写真を撮影できるようになっています。

iPhone 12 miniのスマートHDRは第3世代となって顔以外の被写体を機械学習で識別して、必要に応じてシャープネス、色、ホワイトバランスを調整できるようになりリアルな写真に仕上げることができるようになりました。

少しでもカメラの画質、使いやすさを楽しみたいならiPhone SE(第2世代)よりもiPhone 12 miniを選んだ方が良さそうです。

CPUプロセッサを比較

A14 Bionicプロセッサ
A14 Bionicプロセッサ

iPhone 12 miniはA14 Bionicプロセッサを、iPhone SE(第2世代)はA13 Bionicプロセッサを搭載しています。

CPUのスペック比較
 iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
チップA14 BionicA13 Bionic
CPUコア高性能コア2 + 高効率コア4
GPUコアApple GPU 4コア
プロセスルール5nm7nm
トランジスタ数118億個85億個
メインメモリ4GB(?)3GB
Neural engine第4世代(毎秒11兆回)コア数:16第3世代(毎秒6兆回)コア数:8

iPhone SE(第2世代)のA13 BionicプロセッサはiPhone 11・11 Proに採用されているものと同じチップでハイエンドな性能となっています。

正直なところ、iPhone SE(第2世代)のA13 Bionicプロセッサの性能があれば十分快適に操作できますし、動画編集も快適にこなすことができるスペックとなっています。

とはいえ、iPhone 12 miniのA14 BionicプロセッサはさらにパワフルになりNeuralengineに磨きがかかったことで、スマートHDR3で写真の仕上がり質感が向上するなど数値では計り知れない性能アップをしています。

また、5nmのプロセスルールを採用することより省電力なチップとなっているので負荷のかかる作業時の電力効率のアップが期待でき、トータル性能の向上に期待ができるでしょう。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

通信性能を比較

5G通信に対応
iPhone 12 miniは5Gに対応

iPhone 12 miniは5Gと4G LTEの通信に対応していますが、iPhone SE(第2世代)は4G LTE通信のみに対応しています。

通信性能を比較
 iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
Wi-FiWi-Fi 6(802.11ax)対応
5G通信5G(Sub-6)対応:5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n38、n40、n41、n66、n71、n77、n78、n79)
4G通信4×4 MIMOとLAA対応ギガビット級LTE
FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
2×2 MIMOとLAA対応ギガビット級LTE
FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
Bluetooth5.0
空間認識超広帯域U1チップ

4G LTEの性能もiPhone 12 miniは4×4 MIMOに対応しているので、通信速度が向上しています。つまり、同じ4G LTEのエリアでもiPhone SE(第2世代)よりもiPhone 12 miniの方が高速通信ができるということになります。

iPhone 12 miniの5GはSub-6に対応したものとなっています。現時点でまともに5Gの通信ができるエリアは限定されているので、5G通信ができるからiPhone 12 miniを選ぶ…とはならないのかなと思います。

また、iPhone 12 miniは空間認識ができる超広帯域U1チップを搭載しているので、将来的にiPhoneをデジタルキーとして使うことも可能となります。例えば、車の鍵として使ったり、玄関の鍵として使ったりとかですね。

バッテリー駆動時間を比較

iPhone SE(第2世代)は高性能チップを搭載しているのにバッテリー容量がとても少ないので電池持ちはあまり良くありません。

電池持ちを比較
 iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
バッテリー容量2,227mAh(?)1,821mAh
ビデオ再生最大15時間最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング)最大10時間最大8時間
オーディオ再生最大50時間最大40時間
充電ポートLightningポート
充電速度30分で最大50%(20W以上のアダプタを使用)
ワイヤレス充電MagSafeワイヤレス:最大15W充電、Qiワイヤレス:最大7.5W充電Qiワイヤレス:最大7.5W充電

iPhone 12 miniは少なくともiPhone SE(第2世代)よりもバッテリー容量は多くなっていて省電力なA14 Bionicを採用しているのでそこそこ電池が持つと思います。

また、iPhone 12 miniはMagSafeワイヤレス充電に対応し、対応の充電器を使うことで最大15Wで急速充電することができます。

MagSafeワイヤレス充電

専用のMagSafeワイヤレス充電器が必要となりますが、磁力でしっかりと固定して充電できるので、サードパーティからもいろんな充電器が登場しそうで楽しむことができそうですよね。

マグネットでiPhone 12 miniにくっつけることで充電できるだけでなく、カードケースを筐体に取り付けることができます。セーフティ機能を内蔵しているのでクレジットカードの磁気がおかしくなることはないそうです。

耐水防塵性能を比較

iPhone 12の耐水性
IP68等級の耐水防塵性能

iPhone 12 miniはIP68等級の耐水防塵に対応していて水深6メートルで最大30分間耐えることができますが、iPhone SE(第2世代)はIP67等級で水深1メートルで最大30分間となっています。

耐水防塵性能を比較
 iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)
画面サイズ5.4インチ4.7インチ
耐水防塵IP68(水深6メートルに30分)IP67(水深1メートルに30分)

1メートルと6メートルだとかなり耐水性能が違いますよね。ただ、水深1メートルのところにiPhoneを落としてしまうことはないと思うので、雨に濡れたり、水を溢してしまっても壊れることない耐水性能を持っていれば十分なのかなと感じます。

というのも、水深6メートルの耐水性能を持っているiPhone 12 miniであっても水没で故障してしまった場合でも保証対象外となるんですよね。お風呂とかでの利用はやめておいた方がいいでしょう。

カラーバリエーションの違いを比較

iPhone 12 miniは(ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルー)の5色から本体の色を選ぶことができます。

カラーラインナップを比較
カラーラインナップを比較

ブルーは2020年モデルで追加された新色となっていますね。

iPhone SE(第2世代)は(ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED)の3色から本体の色を選ぶことができます。ホワイトとレッドの色が微妙に異なる感じになってるようですね。

ストレージと価格を比較

iPhone 12 mini、iPhone SE(第2世代)のストレージは64GB、128GB、256GBの3つから選ぶことができます。

iPhone 12 端末価格
 iPhone 12 miniiPhone 12
64GB74,800円44,800円
128GB79,800円49,800円
256GB90,800円60,800円

iPhone SE(第2世代)はとにかく価格が安いですね。64GBモデルなら44,800円で買うことができiPhone 12 miniよりも3万円も安く手に入れることができます。256GBの大容量モデルを選んだとしても60,800円となっています。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone 12 mini・iPhone SE どっちを買うべきか?

iPhone 12 mini・iPhone SE
iPhone 12 mini・iPhone SE

iPhone 12 miniとiPhone SE(第2世代)のどちらを選ぶべきなのか、まとめたいと思います。

iPhone 12 miniがおすすめの人は

iPhone 12 miniは5.4インチの有機ELディスプレイを搭載したコンパクトサイズモデルとなっていて、iPhone 12シリーズの中で最も安く買うことができる端末となっています。

iPhone 12 mini がいい人は
  • 小さく持ち運び、画面は大きく使いたい
  • いつでもどこでも片手操作をしたい
  • 超広角カメラを使って撮影したい
  • Dolby Vision対応HDRのビデオ撮影をしたい
  • 最新のiPhoneを安く買いたい

本体サイズが131.5 × 64.2 × 7.4mm、重量が133gと小型軽量でiPhone SE(第2世代)よりも小くて軽いので、とにかく小さくて高性能なiPhoneが欲しい方におすすめの端末となっています。

また、超広角カメラを搭載しているので視野の広い写真を気軽に撮影できるだけでなく、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影にも対応しているので本格的な動作を撮影したい方もiPhone 12 miniは良い選択肢になります。

ただし、生体認証が顔認証しか対応していないのでマスクをしてることが多いとiPhone 12 miniは使いにくいと感じるかもです。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone SE(第2世代)がおすすめの人は

iPhone SE(第2世代)は指紋認証のTouch IDを内蔵したホームボタンを搭載しているのでマスクをしていても快適に使うことができる端末となっています。

iPhone SE(第2世代)がいい人は
  • マスクをしていることが多い
  • とにかく安く高性能なiPhoneが欲しい

見た目は旧型のデザインではありますが、中身はiPhone 11 Proと同じプロセッサを搭載していて、とにかく快適に動作します。ホームボタンを搭載した従来型のiPhoneなので、iPhone 8・iPhone 7よりも以前の端末からの乗り換えにもおすすめです。

バッテリー持ちがあまり良くないのが残念なところではありますが、モバイルバッテリーを持ち歩くなど対策すれば乗り越えられる壁でもあるので指紋認証で快適にiPhoneを使いたい方はiPhone SE(第2世代)を選びましょう。

\iPhone SEをチェックする/

iPhone 12・iPhone 12 Proの比較はこちらです。

iPhoneの比較iPhone 11・11 Proの比較はこちらです。