iPhone 12・iPhone 11/XRの比較

iPhone 12は6.1インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhone 11の後継機種です。画面サイズはそのままに筐体をダウンサイジングに成功しコンパクトになって、画面解像度がPro並に向上した5G通信に対応するなど大きく進化した印象があります。

ということで、ここではiPhone 12・iPhone 11・iPhone XRのサイズとスペックの違いを比較しているので、どちらを買うか迷っている方、iPhone 11からiPhone 12への機種変更はアリなのか分からない方は参考にしてみてください。

なお、iPhone 11とiPhone XRは値下げされて継続販売されています。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

iPhone 12・iPhone 11・XRの特徴を比較

iPhone 12、iPhone 11、iPhone XRは全て6.1インチのディスプレイを搭載した端末ですが、iPhone 12は有機ELディスプレイを採用することでベゼルの幅が狭くなり筐体がコンパクトに。iPhone 11とiPhone XRは筐体サイズが同じです。

iPhone 12とiPhone 11の比較
iPhone 12とiPhone 11の比較
iPhone 12とiPhone 11/XRの違い比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ
ディスプレイ有機EL(2,532 × 1,170ピクセル)液晶(1,792 × 828ピクセル)
3D Touch非搭載(触覚タッチ)
CPUA14 BionicA13 BionicA12 Bionic
メインメモリ4GB(?)4GB3GB
ストレージ容量64/128/256GB64/128GB
リアカメラ1200万(広角f/1.6・超広角f/2.4)
ナイトモード、Deep Fusion、スマートHDR3、4K動画撮影(24/30/60fps)、オーディオズーム
1200万(広角f/1.8・超広角f/2.4)
ナイトモード、Deep Fusion、スマートHDR2、4K動画撮影(24/30/60fps)、オーディオズーム
1200万(広角f/1.8)
スマートHDR、4K動画撮影(24/30/60fps)
インカメラ1200万画素・f2.2
4K動画撮影(30/60fps)、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影、ナイトモード、Deep Fusion
700万画素・f2.2
生体認証顔認証・Face ID
空間認識超広帯域U1チップ
Wi-FiWi-Fi 6(802.11ax)Wi-Fi 5(802.11ac)
モバイル通信5G対応(Sub-6)ギガビット級4G LTE4G LTE-Advanced
SIMカードデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)
耐水防塵IP68(水深6mまで)IP68(水深2mまで)IP67(水深1mまで)
ワイヤレス充電Magsafe/Qiワイヤレス充電Qiワイヤレス充電
おサイフケータイFeliCa対応、予備電力機能付きエクスプレスカード
オーディオ再生空間オーディオ再生、Dolby Atmosに対応
バッテリー駆動時間ビデオ再生:17時間ビデオ再生:17時間ビデオ再生:16時間
フレームの素材角張ったアルミ + 強化ガラス丸みのあるアルミ + 強化ガラス
本体カラー5色(ブルー、グリーン、レッド、ホワイト、ブラック)6色(パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド)6色(ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、レッド)
本体サイズ146.7 × 71.5 × 7.4mm150.9 × 75.7 × 8.3mm
重量162g194g
端末価格85,800円〜64,800円〜54,800円〜

iPhone 11は6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルしか選ぶことができなかったですが、iPhone 12は5.4インチと6.1インチのいずれかの有機ELディスプレイを搭載したモデルを選べるようになりました。

5.4インチのディスプレイのiPhone 12は筐体サイズがコンパクトに収まっているので、使いやすい大きさとなっています。筐体の大きさはiPhone SE(第2世代)に似ていて片手操作ができるサイズ感となっています。

iPhone 12のメリット・デメリット

iPhone 12はiPhone 12 Proと同じ6.1インチの有機ELディスプレイ(Super Retina XDR)を搭載したことにより筐体サイズが小型化し軽くなった端末となっています。

iPhone 12のメリット
  • Proと同じ6.1インチの有機ELディスプレイ
  • 解像度が2,532 × 1,170ピクセルに
  • 筐体が小型軽量化し扱いやすい端末に
  • 最新のA14 Bionicを搭載している
  • デュアルカメラで幅広い写真撮影ができる
  • スマートHDR3、Deep Fusion、ナイトモードに対応
  • IP68等級の耐水防塵性能(水深6メートルで30分)
  • Magsafeワイヤレス充電に対応
  • 5G(Sub-6)で高速通信ができる
  • 本体カラーが豊富(5色)

iPhone 12は画面解像度が1,792 × 828 → 2,532 × 1,170ピクセルに向上し画素密度が326ppi → 460ppiと高精細な表示ができるようになりました。

デュアルカメラの広角カメラはf/1.6の明るめのレンズを搭載しA14 BionicプロセッサのNeural engineを活用することでスマートHDR 3やDeep Fusionで高精細で自然な写真をかんたんに撮影できます。

専用のMagsafeワイヤレス充電器を使うことでワイヤレスで最大15Wの急速充電にも対応してますし、iPhone 12はかなり完成された端末になった印象があります。

iPhone 12のデメリット
  • 指紋認証に対応していない

ただし、指紋認証機能には非対応となっているのでマスクをしている時はFace IDが使えずにパスコードの入力が必要となります。これは、iPhone 12シリーズ全ての欠点ともいっていいところですね。

また、望遠カメラを搭載していないのは残念ですが、必要なら上位のiPhone 12 Proを選べば解決することができますし、サイズとスペック、価格のトータルバランスは良い端末と言っていいでしょう。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone 11のメリット・デメリット

iPhone 11は6.1インチの液晶ディスプレイ、A13 Bionicプロセッサ、リアカメラに広角と超広角のレンズを搭載したスタンダード端末で2019年に発売されたモデルです。

そこそこ大きい画面サイズに性能の高いプロセッサを搭載しているので、型落ちモデルになったとはいえ十分快適に使うことができる性能を持っています。

iPhone 11のメリット
  • 6.1インチの画面サイズが見やすい
  • 高性能なA13 Bionicを搭載している
  • デュアルカメラで幅広い写真撮影ができる
  • 次世代のスマートHDR、Deep Fusion、ナイトモードに対応
  • IP68等級の耐水防塵性能(水深2メートルで30分)
  • ワイヤレス充電に対応している
  • 端末価格が64,800円〜と安く買える
  • 本体カラーが豊富(6色)

基本的な機能は全て網羅しているのでiPhone 11を選んでおけば何も不都合を感じることはないでしょう。

超広角カメラも搭載してるので視野の広い写真も気軽に撮影できますし、iPhone 12が発売されることで端末価格が74,800円から64,800円に値下げされるので少しでも安く高性能なiPhoneが欲しい方におすすめです。

ただし、iPhone 11は液晶ディスプレイを搭載しベゼルの幅が他のモデルと比較しても太いので筐体サイズが大きく扱いにくいところがあります。

iPhone 11のデメリット
  • 液晶ディスプレイが時代遅れ感がある
  • 本体サイズが少し大きい
  • 指紋認証に対応していない

iPhone 11の筐体デザインは個人的には可愛らしくて愛嬌のあるスタイルで好きですが、筐体サイズが大きくて片手で操作はできないのは使いにくいと感じるポイントとなっています。

なお、iPhone 11もFace IDのみの対応となっており、指紋による生体認証は非対応となっています。

\iPhone 11をキャリアでチェック/

iPhone XRのメリット・デメリット

iPhone XRは6.1インチの液晶ディスプレイ、A12 Bionicプロセッサを搭載した2018年に発売された端末となっています。

iPhone XRのメリット
  • 6.1インチの画面サイズが見やすい
  • A12 Bionicを搭載している
  • シングルカメラ + スマートHDRでキレイな写真撮影ができる
  • IP67等級の耐水防塵性能(水深1メートルで30分)
  • ワイヤレス充電に対応している
  • 端末価格が54,800円〜と安く買える
  • 本体カラーが豊富(6色)

画面サイズ、筐体サイズ、重量はiPhone 11と全く同じなので、使い勝手はほぼ同じとみていいでしょう。そんなiPhone XRはiPhone 12の発売によって端末価格が64,800円 → 54,800円に値下げとなり買いやすくなりました。

iPhone XRのデメリット
  • 液晶ディスプレイが時代遅れ感がある
  • A12 Bionicが古め(サポート期間が短くなる)
  • 本体サイズが少し大きい
  • 指紋認証に対応していない

ただ、iPhone 8iPhone 8 Plusに採用していたA12 Bionicプロセッサに、シングルカメラ仕様で耐水性能が控えめとなっていますが、性能やカメラにこだわりがないならiPhone XRでも十分使えるスペックにななっています。

なお、iPhone XRもFace IDのみの対応となっており、指紋による生体認証は非対応となっています。

\iPhone XRをキャリアでチェック/

iPhone 12・iPhone 11・XRの違いを比較

本体サイズ・画面サイズを比較

iPhone 11は6.1インチのみですが、iPhone 12は5.4インチと6.1インチの画面サイズから選ぶことができます。

iPhone 12・11・XR 画面サイズ・筐体サイズの比較
画面サイズ・筐体サイズの比較
iPhone 12とiPhone 11/XRの違い比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ
ディスプレイ有機EL(1,792 × 828ピクセル)液晶(1,792 × 828ピクセル)
仕様Super Retina XDR(有機EL)、HDRディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、True ToneテクノロジーLiquid Retina HD(液晶)、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneテクノロジー
本体サイズ146.7 × 71.5 × 7.4mm150.9 × 75.7 × 8.3mm
重量162g194g

6.1インチのiPhone 12は有機ELディスプレイを搭載することでベゼルの幅が狭くなりiPhone 11よりも筐体サイズが小型化しているのがいいところでもあります。

iPhone 12とiPhone 11/XRのベゼルの幅
iPhone 12とiPhone 11/XRのベゼルの幅

iPhone 12はベゼルの黒い部分がかなり狭くなっていますよね。それに合わせて筐体サイズもコンパクトになっています。また、重量も194gから162gと軽量化されているので、とても扱いやすいサイズ感になっています。

デザインの違いを比較

iPhone 12、iPhone 11、iPhone XRともに筐体はサイドフレームがアルミニウム素材を採用していますが、iPhone 11/XRは丸みのあるフレーム、iPhone 12はフラットなフレームとなってデザインが異なります。

iPhone 12とiPhone 11/ XRの筐体比較
iPhone 12とiPhone 11/ XRの筐体比較

フラットなフレームを採用しているiPhone 12の方がスタイリッシュなスタイルに見えていいですよね。また、いずれのモデルも背面パネルは光沢のあるガラス素材を採用してます。

筐体の違いを比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
前面ガラスCeramic Shieldガラス(4倍の耐久性)強化ガラス
サイドフレーム角のあるアルミニウム素材丸みのあるアルミニウム素材
背面パネル光沢のあるガラス素材

前面ガラスの素材はiPhone 11/XRは一般的な強化ガラスを採用しているのに対して、iPhone 12は通常の強化ガラスの4倍の耐久性を持ったCeramic Shieldガラスを採用しています。

iPhoneを落としたくはないものの、手が滑って地面に叩きつけられて画面が割れてしまった…ということを防げる可能性がiPhone 12だと手に入れることができます。

生体認証を比較

iPhone 12、iPhone 11、iPhone XRはTrueDepthカメラによる顔認識機能(Face ID)を使って画面ロック解除ができます。

全てのモデルが指紋認証のTouch IDには非対応なので、マスクをしていると画面ロック解除ができずパスコードの入力が必要となります。

ただし、最近はマスクをしていても顔認証を突破できることもあるのでコツを掴めば意外とFace IDだけでも使うことができます。

リアカメラ・インカメラを比較

デュアルカメラとシングルカメラ
デュアルカメラとシングルカメラ

iPhone 12、iPhone 11ともに広角・超広角のデュアルカメラを搭載しています。iPhone XRはシングルカメラとなっています。

カメラの違い比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
リアカメラ1200万(広角f/1.6・超広角f/2.4)
ナイトモード、Deep Fusion、スマートHDR3、4K動画(24/30/60fps)、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影、オーディオズーム
1200万(広角f/1.8・超広角f/2.4)
ナイトモード、Deep Fusion、スマートHDR2、4K動画(24/30/60fps)、オーディオズーム
1200万(広角f/1.8)
スマートHDR、4K動画(24/30/60fps)
インカメラ1200万画素・f2.2
4K動画(30/60fps)、ナイトモード、Deep Fusion、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
1200万画素・f2.2
4K動画(30/60fps)
700万画素・f2.2

リアカメラは1200万画素のイメージセンサーを搭載していますが、iPhone 12の広角カメラはf/1.6の明るめのレンズを採用することで暗いところでも手振れのない高精細な写真を撮影できます。

また、明暗差のあるシーンでも自然な写真に仕上げられるスマートHDRが世代を重ねて高性能になり、iPhone 12のスマートHDR 3は顔以外の被写体を機械学習で識別して必要に応じてシャープネス、色、ホワイトバランスを調整してくれます。

iPhone 12はインカメラもスマートHDR 3、Deep Fusion、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影に対応して自撮り撮影もキレイな画質で写真撮影できるようになっています。

カメラの画質に少しでもこだわるのであればiPhone 12を選ぶのがいいかもしれません。

CPUプロセッサを比較

iPhone 12はA14 Bionic、iPhone 11はA13 Bionic、iPhone XRはA12 Bionicを搭載しており、性能だけを単純比較するならA14 Bionicを搭載しているiPhone 12の方が性能が上ということになります。

CPUのスペック比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
チップA14 BionicA13 BionicA12 Bionic
CPUコア高性能コア2 + 高効率コア4
GPUコアApple GPU 4コア
プロセスルール5nm7nm N7P7nmFin FET
トランジスタ数118億個85億個69億個
メインメモリ4GB(?)4GB4GB
Neural engine第4世代(毎秒11兆回)第3世代(毎秒6兆回)第2世代(毎秒5兆回)

iPhone 11のA13 BionicはiPhone XRのA12 Bionicよりも20%性能が向上、iPhone 12のA14 Bionicは40%性能が向上していて、世代が新しい端末ほどあらゆる処理を快適にこなすことができます。

ただ、iPhone XRのA12 Bionicはまだまだ現役で使うことができるプロセッサとなっていて、2020年9月に発売したiPad(第8世代)にも採用されているものとなっています。

画面解像度が高いタブレットを快適に動作させることができる性能を持っているので、iPhone XRで動作が遅いと感じることは皆無と言ってもいいでしょう。どの端末を選んでも問題はないと思います。

通信性能を比較

iPhone 12とiPhone 11はWi-Fi 6(802.11ax)による高速通信ができますが、iPhone 12のモバイル通信は4G LTEだけでなく5G(Sub-6)にも対応しています。

通信性能を比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
Wi-FiWi-Fi 6(802.11ax)対応Wi-Fi 5(802.11ac)対応
モバイル通信5G(Sub-6)+ ギガビット級4G LTEギガビット級4G LTE4G LTE-advanced
Bluetooth5.0
空間認識超広帯域U1チップ

5G(Sub-6)のエリアでiPhone 12を使うことで4Gよりも高速通信ができるので大容量の動画のデータやアプリのデータを素早くダウンロードすることができます。

まだまだ5Gに対応しているエリアは限定的ですが、iPhone 12が普及することによってユーザーが増えて対応エリアの拡充も充実することになるでしょう。

バッテリー駆動時間を比較

バッテリー駆動時間はiPhone 12、iPhone 11は同等レベルとなっています。

電池持ちを比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ
バッテリー容量2,775mAh3,110mAh2,942mAh
ビデオ再生最大17時間最大17時間最大16時間
ビデオ再生(ストリーミング)最大10時間最大10時間
オーディオ再生最大65時間
充電性能Lightning、急速充電(20W以上の電源アダプタ)に対応
ワイヤレス充電MagSafeワイヤレス:最大15W充電、Qiワイヤレス:最大7.5W充電Qiワイヤレス:最大7.5W充電

バッテリー容量だけで比較するとiPhone 11が最も多くなっていますが、iPhone 12に搭載しているA14 Bionicはより省電力なチップんいなっているため、少ないバッテリー容量でもiPhone 11と同等の電池持ちを実現しています。

iPhone 12はQi規格のワイヤレス充電だけでなく、Apple独自のMagSafeワイヤレス充電に対応し専用の充電器を使うことで最大15Wの急速充電することができます。

耐水防塵性能を比較

iPhone 12、iPhone 11、iPhone XRは耐水防塵仕様になっているので、少しくらい水に濡れたとしても壊れることがないようになっています。

iPhone 12とiPhone 11/XRの違い比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
耐水防塵IP68(水深6mまで)IP68(水深2mまで)IP67(水深1mまで)

iPhone XRは水深1メートルの耐水性能なのに対して、iPhone 11は水深2メートル、iPhone 12は一気に数値を伸ばして水深6メートルまで耐えることができるようになりました。

6メートルになると取りに行くことができないくらいの水深なので、ここまで耐えられてもどうしたらいいのか…となってしまいますが、iPhone 11の水深2メートルくらい耐えることができれば安心感はあるのかもしれません。

カラーバリエーションの違いを比較

無印のiPhoneのカラーバリエーションは豊富でiPhone 12は5色、iPhone 11とiPhone XRは6色から選ぶことができます。

本体カラーを比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
本体カラー5色(ブルー、グリーン、レッド、ホワイト、ブラック)6色(パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド)6色(ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、レッド)

iPhone 12はiPhone 11にあったパープルとイエローが廃止された代わりにブルーが新色として追加されています。レッドやグリーンなどの色は存続していますが、微妙に色合いが異なっているのが分かります。

ストレージ容量と端末価格を比較

iPhone 12、iPhone 11、iPhone XRの端末価格を比較しました。

電池持ちを比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ
64GB85,800円64,800円54,800円
128GB90,800円69,800円59,800円
256GB101,800円80,800円

iPhone 12が発売したことで、iPhone 11とiPhone XRが1万円値下げとなり64GBモデルでiPhone 11が74,800円 → 64,800円、iPhone XRが64,800円 → 54,800円で買えるようになりました。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone 12・iPhone 11・XR どれを買うべきか?

iPhone 12、iPhone 11、iPhone XRはいずれも6.1インチのディスプレイを搭載していて各世代の標準モデルとして販売されている端末となっています。

iPhoneの標準モデル
  • iPhone 12:2020年モデル
  • iPhone 11:2019年モデル
  • iPhone XR:2018年モデル

iPhone 11とiPhone XRは現在も販売が継続されているので、予算や使用用途に合わせてお好きなモデルを選ぶのがいいと思いますが、どのモデルがおすすめかをまとめていきたいと思います。

iPhone 12がおすすめの人は

iPhone 12は2020年の標準モデルとして発売されて、画面サイズを維持しながら筐体サイズを小型軽量化に成功したスタイリッシュな端末となっています。新しいiPhoneが欲しいという方は迷いなくiPhone 12を選ぶのがおすすめです。

iPhone 12がいい人は
  • 最新の高性能なiPhoneを使いたい
  • 11/XRの画面サイズがいいけど筐体が大きいと思ってた
  • それなりにカメラの画質にこだわりたい
  • 片手でiPhoneを操作したい
  • MagSafeワイヤレス充電器を使いたい

iPhone 12は6.1インチのディスプレイを搭載していますが、筐体の横幅は71.5mmに収まっているのでギリギリ片手操作できる筐体サイズとなっています。5.8インチのiPhone 11 Proは71.4mmなのでほぼ同じなんですよね。

iPhone 11にあった不満点がiPhone 12で解消された感があるので、ほとんどの方はこのモデルを選んでおけば問題はないように感じます。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone 11がおすすめの人は

iPhone 11は2019年の標準モデルとして発売された端末です。64,800円で買うことができるので、超広角カメラを使いたいけど費用はあまりかけたくないという方におすすめの端末となっています。

iPhone 11がいい人は
  • 高性能なiPhoneを使いたい
  • 大きな画面サイズでiPhoneを使いたい
  • それなりにカメラの画質にこだわりたい
  • 費用をあまりかけたくない

筐体サイズがそこそこ大きいので片手操作は厳しいですが、A13 Bionicプロセッサに超広角 + 広角のデュアルカメラを搭載しているので、使用感としては最新のiPhone 12とほぼ同じです。

ただ、筐体が少し大きいだけ。大きさが気にならないならiPhone 11の方が安く手に入れることができるのでおすすめです。

\iPhone 11をキャリアでチェック/

iPhone XRがおすすめの人は

iPhone XRは2018年の標準モデルとして発売された端末で54,800円で買うことができるので、スペックやカメラにこだわりがなく、とにかく安く高性能なiPhoneが欲しいという方におすすめです。

iPhone XRがいい人は
  • 大きな画面サイズでiPhoneを使いたい
  • それなりにカメラの画質にこだわりたい
  • 費用をとにかくかけたくない

2年前の端末なのでスペック的に心配になりますが、A12 Bionicは2020年モデルのiPad(第8世代)に採用されているプロセッサなので、まだまだ現役で使うことができます。実際に動作が遅いと感じるシチュエーションはありません。

ただし、長くサポートを受けたいのであれば最新のiPhone 12を選んだ方がいいでしょう。十分に使える性能を持っているとはいえ世代が古いのでiPhone 12よりも早くサポートが打ち切られるのは間違いないです。

(とはいえっても、3〜4年は使えると思います。)

\iPhone XRをキャリアでチェック/

指紋認証が使いたい人は

ここで紹介しているiPhoneは全て顔認証のFace IDに対応したモデルとなっているのでマスクをしていると顔を認識してくれずに画面ロック解除のたびにパスコードを入力しないといけない状況となります。

最近は機械学習のおかげかマスクをしていても認証できることがありますが(環境にもよる)指紋認証でiPhoneを使いたいという方は、4.7インチのディスプレイにTouch IDを内蔵したホームボタンを搭載したiPhone(第2世代)を選ぶのがいいでしょう。

\iPhone SEをチェックする/

iPhone 12・iPhone 12 Proの比較はこちらです。

iPhoneの比較iPhone 11・11 Proの比較はこちらです。