iPhone 12・iPhone 12 Pro 比較

2020年10月14日午前2時に開催されたApple eventでiPhone 12シリーズが発表となりました。新型iPhone 12(2020)は全部で4つのモデルが存在しています。

iPhone 12(2020)シリーズ
  • iPhone 12 mini:5.4インチ + デュアルカメラ
  • iPhone 12:6.1インチ + デュアルカメラ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ + トリプルカメラ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ + トリプルカメラ

ここでは2020年の新作iPhone 12 mini・iPhone 12・iPhone 12 Proのサイズ・スペックを比較しています。iPhone 12のどれを買おうか迷っている方は参考にしてみてください。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

新型iPhone 12/12 Pro(2020)最新情報

iPhone 12シリーズの特徴

新作の2020年のiPhone 12、iPhone 12 Proは画面サイズが変わって5G通信にも対応し大幅にアップデートしたモデルとなり、5.4インチのiPhone 12 mini、6.1インチのiPhone 12、6.1インチのiPhone 12 Pro、6.7インチのiPhone 12 Pro Maxの4機種となります。

iPhone 2020年モデルの特徴
  • 画面サイズが5.4インチ、6.1インチ、6.7インチに
  • 筐体が角張った金属フレームに刷新した
  • 高性能なA14 Bionicプロセッサを搭載
  • 顔認証のFace IDで画面ロック解除できる
  • 無印:超広角 + 広角のデュアルカメラ
  • Pro:超広角 + 広角 + 望遠のトリプルカメラ
  • Pro:距離計測できるLiDARスキャナ搭載
  • 5G通信に対応し高速通信ができる
  • ワイヤレス充電(Magsafe)に対応

iPhone 12は全部で3つの画面サイズから選べます。5.4インチはiPhone 12 mini、6.1インチはiPhone 12、iPhone 12 Pro、6.7インチはiPhone 12 Pro Maxの4つのモデルから選べます。

iPhone 6からiPhone 11まで丸みのあるスタイルとなっていましたが、iPhone 12シリーズはデザインはサイドフレームがフラットになりiPhone 4/4sやiPhone 5/5sのような角張ったスタイルに刷新されました。

iPhone 12
iPhone 12

iPhone 12シリーズはフロント上部にTrueDepthカメラを搭載、顔認証のFace IDを使って画面ロック解除するスタイルは継承されており指紋認証には非対応です。

リアカメラはiPhone 12 mini・iPhone 12は超広角 + 広角のデュアルカメラを搭載しています。

iPhone 12 Proは超広角 + 広角 + 望遠(光学2倍)のトリプルカメラにLiDARスキャナを搭載してARだけでなくオートフォーカスの精度も向上するなど一つ上のカメラ体験ができるようになりました。

iPhone 12 Pro Maxのカメラはさらに強化されて広角カメラは大型サイズのイメージセンサーに望遠カメラは光学2.5倍の高倍率レンズを搭載していて高精細な写真を撮影できるようになり、より高精細な写真を気軽に撮影できるようになっています。

全機種で5G通信に対応しているので5Gエリアでは従来の4G LTEよりも高速通信ができるようになってます。

動画でも比較しています。

iPhone 12 miniとiPhone 12の比較はこちら。

iPhone 12シリーズのスペックを比較

iPhone 12、iPhone 12 Proのスペックを比較してみました。iPhone 12 miniは5.4インチの小型モデル、iPhone 12とiPhone 12 Proが6.1インチの標準モデル、iPhone 12 Pro Maxが6.7インチの大画面モデルとなっています。

iPhone 12 mini・iPhone 12・12 Pro
iPhone 12 mini・iPhone 12・12 Pro
iPhone 12シリーズのスペック
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
ディスプレイ有機EL・Super Retina XDR
CPUA14 Bionic
メインメモリ4GB(?)6GB(?)
ストレージ容量64GB・128GB・256GB128GB・256GB・512GB
リアカメラ超広角 + 広角超広角 + 広角 + 望遠(光学2倍) + LiDAR超広角 + 広角(47%大きいセンサー) + 望遠(光学2.5倍) + LiDAR
リアカメラの手ぶれ補正光学式イメージセンサー式
生体認証顔認証・Face ID
モバイル通信5G(Sub-6)、ギガビット級4G LTE
Wi-FiWi-Fi 6(ax)
超広帯域チップU1チップ
Bluetooth5.0
Apple PayFeliCa、予備電力機能付きエクスプレスカード
耐水防塵IP68(水深6メートルに30分)
ワイヤレス充電Magsafe:最大15W、Qi:最大7.5W
サイズ131.5 × 64.2 × 7.4mm146.7 × 71.5 × 7.4mm160.8 × 78.1 × 7.4mm
重量133g162g187g226g
本体カラーブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、レッドシルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルー
価格74,800円〜85,800円〜106,800円〜117,800円〜

iPhoneのいいところは全モデルで最新のA14 Bionicプロセッサを搭載しているところでしょう。どのモデルを選んでも2020年のiPhoneは同じ性能で使えるようになっています。これは嬉しい仕様です。

細かい改良点として耐水性能が水深4メートルから6メートルに向上していて、Apple独自のMagsafeワイヤレス充電に対応しました。磁力を使うことでワイヤレス充電器をピタッとくっつけることができ、最大15Wの出力で急速充電が可能となっています。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

新型iPhone(2020)外観デザイン

角張ったスタイルに原点回帰

iPhone 12シリーズの筐体デザインは丸みのあるデザインから角張ったデザインに新しくなりました。丸みのあったサイドフレームが角張ったフラットなデザインに変更されて、とてもスタイリッシュになった感じがします。

iPhone 12
iPhone 12

iPhone 12のサイドフレームはアルミニウム素材を採用していて、iPhone 5/5sに近い雰囲気になっています。背面パネルはガラス素材を採用し光沢のあるスタイルとなっています。

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxはサイドフレームはステンレススチール、背面パネルはテクスチャードマットガラスを採用し非光沢なパネルとなっています。

iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro

医療用のステンレススチールを採用していて、とにかくピカピカな金属素材となっています。

ステンレススチールのサイドフレーム

iPhone 12 Proはステンレス素材に背面パネルはiPhone 11 Proにも採用されていたテクスチャードマットガラス素材を採用しているので指紋の付きにくい落ち着いた雰囲気のスタイルとなっています。

テクスチャードマットガラス素材

角張ったデザインがとてもカッコイイ。iPhoneはiPhone 11・11 ProのデザインはiPhone Xから基本的に変わっておらず3世代続きましたが、iPhone 12シリーズは新たな時代の始まりを感じさせてくれるスタイルになっています。

iPhone 12 mini、iPhone 12も基本的なデザインは同じです。

iPhone 12 mini、iPhone 12
iPhone 12 mini、iPhone 12

5.4インチのiPhone 12 miniはどことなく可愛らしい印象がありますね。女性の方のウケはなかなか良さそうな感じがします。

iPhone 12 mini

ただし、画面上部のノッチはiPhone 12シリーズも健在となっています。顔認証のFace IDに対応するためのカメラユニットがたくさん搭載されているので仕方のないところではありますが、小型化するなど対策はして欲しかったところ。

iPhone 12・12 Proの本体サイズ

iPhone 12シリーズの本体サイズは以下のとおりです。

iPhone 12シリーズのサイズ
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
サイズ131.5 × 64.2 × 7.4mm146.7 × 71.5 × 7.4mm160.8 × 78.1 × 7.4mm
重量133g162g187g226g

iPhone 11 ProよりもiPhone 12 Proはベゼルの幅が狭くなっているため6.1インチ・6.7インチと画面サイズが少しだけ大きくなっても筐体サイズの肥大化を極力抑えられています。

筐体の厚みはiPhone 11 Proは8.1mm、iPhone 11は8.4mmあったのに対して、iPhone 12シリーズは7.4mmにスリムダウンに成功。重量も少しだけ軽くなっているので、従来のモデルよりも扱いやすさは向上しているのかなと感じます。

本体カラーのラインナップ

iPhone 12 mini、iPhone 12の本体カラーは「ブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、レッド」の5色から選ぶことができます。

iPhone 12 mini・iPhone 12のカラーラインナップ

iPhone 11は6色から選ぶことができたので1色選べる色が減ったことになりますね。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxは「シルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルー」の4色の本体カラーから選ぶことができます。

iPhone 12 Proのカラーラインナップ
iPhone 12 Proのカラーラインナップ

iPhone 12 Proは、iPhone 11 Proのミッドナイトグリーンは廃止されてパシフィックブルーが追加されました。スペースグレイも名称がグラファイトに変更となりよりブラックな色合いに変更となっています。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone 12・12 Proの画面を比較

3つの画面サイズから選べる

iPhone 12シリーズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3つの画面サイズから選ぶことができます。

iPhone 12・12 Pro 画面サイズの比較
画面サイズの比較
iPhone 12・12 Pro ディスプレイ比較
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
パネル有機EL(Super Retina XDR)、セラミックシールドガラス
解像度2,340 × 1,080ピクセル2,532 × 1,170ピクセル2,778 × 1,284ピクセル
画素密度476ppi460ppi458ppi
仕様リフレッシュレート60Hz、HDRディスプレイ、2,000,000:1コントラスト比(標準)、True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、最大輝度800ニト(標準)

iPhone 12とiPhone 12 Proは同じ6.1インチの画面サイズとなっており、iPhone 11 Proは5.8インチだったので0.3インチほどサイズが大きくなったことになります。

画面解像度はiPhone 11は326ppiだったのに対してiPhone 12 miniは476ppi、iPhone 12は460ppiに高精細になり、iPhone 12 Proと同等となりました。つまり、ディスプレイに関しては無印もProもほぼ同じということになっています。

iPhone 12、iPhone 12 Proともに有機EL(Super Retina XDR)で広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイに対応しています。

さらに、保護ガラスがCeramic Shield(セラミックシールド)を採用することで強度が4倍向上し、地面に落としても割れるリスクが減ることになります。

リフレッシュレート120Hzに非対応

2020年モデルの新型iPhone 12 ProはProMotionディスプレイに対応し120Hzのリフレッシュレートになると噂されていましたが、残念ながらPro Motionディスプレイには非対応となっています。

現行のジェスチャー操作対応のiPhone X以降の機種のタッチサンプリングは120Hzですが、画面のリフレッシュレートは60Hzのままのようです。

Pro MotionディスプレイはすでにiPad Proで採用されている技術なので、iPhoneでも対応は可能だとは思いますが、バッテリーの消費などを考慮してまだ採用すべきではないという判断があるのかもしれませんね。

残念ではありますが、iPhoneは60Hzのリフレッシュレートでもスクロールは滑らかですしタッチ精度もいいので実用では問題はありません。

顔認証に対応、指紋認証は非対応

iPhone 12・12 Proの生体認証は顔認証のFace IDに対応しています。前面の上部にTruleDepthシステムを搭載していて高度な顔認証により顔を向けるだけで画面ロック解除をしたり、Apple Payによる支払い決済ができるようになっています。

iPhone 11・11 Proからの変更点はなさそうです。

iPad Proのように360°どこからでも顔認証ができるのですが、iPhone 12・12 Proは引き続き縦持ちしか認証できないのかも。 そして、マスクをしている状態だと顔をきちんと認識してくれないと思われます。

顔認証のFace IDはマスクをしていると画面ロック解除ができないというデメリットがありますが、10月に発売予定のiPad Air 4はトップボタンに指紋認証センサーを搭載しTouch IDに対応しました。

iPad Air 4のTouch ID
iPad Air 4のTouch ID

ということは、iPhone 12・12 Proのサイドボタンにも指紋認証のTouch IDが搭載される可能性があったのですが、残念なことにiPhone 12シリーズにはTouch IDは非搭載となっています。

Face IDとTouch IDのデュアル生体認証は次期モデルのiPhone 13に期待です。

iPhone 12・12 Pro CPUの性能を比較

超高性能のA14 Bionicチップを搭載

A14 Bionicチップ
A14 Bionicチップ

モデルチェンジのたびにCPUの性能が向上しているiPhoneですが、新型のiPhone 12・12 ProではA14 Bionicプロセッサを搭載します。

iPhone 12・12 ProのCPUプロセッサ
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 Pro/Pro MaxiPhone 11・11 Pro
CPUA14 BionicA13 Bionic
CPUコア数高性能2コア + 高効率4コア高性能2コア + 高効率4コア
GPUコア数4コア4コア
トランジスタ数118億個85億個
プロセスルール5nm7nm
CPUコア数高性能2コア + 高効率4コア高性能2コア + 高効率4コア
メモリ4GB(?)6GB(?)4GB
Neural Engine16コア(毎秒11超回)8コア(毎秒6超回)

A14 Bionicは5nmプロセスで製造されたチップで118億個のトランジスタを内蔵しパフォーマンスと電力効率がさらに向上しており、先に発表されたiPad Air 4にも採用されたチップです。

A12 BionicよりもA14 BionicはCPUが40%、GPUが30%向上しています。この数値をもとにGeekbench 5のスコアを予想してみました。

A14 vs A13 性能比較
 iPhone 12・12 ProiPhone 11・11 ProiPhone XS
プロセッサA14 BionicA13 BionicA12 Bionic
シングルコア1,540(?)13231106
マルチコア3,540(?)29552531
GPU5,800(?)56714451

A13 Bionic → A14 BionicになることでCPUの処理性能は間違いなく向上していますが、グラフィック性能に関してはそう大差はないようですね。

ただ、ニューラルエンジンの性能が向上していてい機械学習のパフォーマンスが2倍向上。機械学習アクセラレータにより、計算処理能力も10倍になったことからスコアでは出てこない部分でiPhone 12・12 Proの性能は向上しているのかも。

A14 Bionicのプロセスルールは5nmに微細化したことで電力効率も向上してるので電池持ちの向上も期待できます。ちなみに、iPhone 12のバッテリー容量は現行モデルよりも少なくなっている可能性があります。

iPhone 12のバッテリー容量
  • iPhone 12(5.4インチ):2,227mAh
  • iPhone 12(6.1インチ):2,775mAh
  • iPhone 12 Pro(6.1インチ):2,775mAh
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ):3,687mAh

これは、認証機関データベースにiPhone 12が登録されて、ここにバッテリー容量の記載があったとのこと。iPhone 11 Proのバッテリー容量が3,046mAhだったので300mAhも少なくなってしまうようです。

ただ、A14 Bionicはプロセスルールが微細化しさらなる省電力化が期待できるので、バッテリー容量が少なくなっても駆動時間を維持できるのかもしれないですね。

メインメモリの容量について

iPhone 11シリーズのメインメモリは4GBの容量でした。2020年モデルのメインメモリの容量は公式では明らかにしていませんが、iPhone 12は4GBのまま、iPhone 12 Proは6GBと見られています。

iPhone 12/12 Pro メインメモリ
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
メインメモリ4GB(?)6GB(?)

ハイエンドのAndroidスマホは6GB・8GBのRAMがスタンダードになっているので、2020年モデルのiPhone 12 Pro/Pro Maxは少なくとも6GBの容量に増える可能性が高いようです。

ストレージ容量について

現行のiPhoneのストレージ容量は64GBからとなっていますが、iPhone 12は64GB、iPhone 12 Proは128GBから選ぶことができるようになります。

iPhone 12/12 Pro ストレージ
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB
128GB
256GB
512GB

最近のスマホは128GBのストレージ容量がスタンダードになりつつあります。iPhone 12 miniとiPhone 12は64GBのままなのは残念ではありますが、上位モデルのiPhone 12 Proの最小容量は128GBとなったのは安心感があります。

128GBの容量があれば写真や動画をたくさん撮影したとしても、そこそこ使うことができます。

iPhone 12・12 Pro カメラの比較

リアカメラのスペック

iPhone 12・12 Proのカメラ
デュアルカメラとトリプルカメラ

iPhone 12 mini、iPhone 12は超広角 + 広角のデュアルカメラ、iPhone 12 Proは超広角 + 広角 + 望遠のトリプルカメラにLiDARスキャナを追加しています。

iPhone 12・12 Proのリアカメラ
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
超広角1200万画素・f/2.4・13mm
広角1200万画素・f/1.6・26mm1200万画素・f/1.6・1/1.9型のイメージセンサー・26mm
望遠1200万画素・光学2倍(52mm)・f/2.01200万画素・光学2.5倍(65mm)・f/2.2
ToFLiDARスキャナ
手ぶれ補正デュアル光学式イメージセンサーシフト光学式
静止画仕様スマートHDR3、ナイトモード、Deep Fusion、ポートレートApple ProRAW、スマートHDR3、ナイトモード、Deep Fusion、ナイトモードポートレート
動画仕様4K(24/30/60fps)、1080p(24/30/60fps)、1080pスローモーション(120・240fps)、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(30fps)K(24/30/60fps)、1080p(24/30/60fps)、1080pスローモーション(120・240fps)、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(60fps)

いずれも1200万画素のイメージセンサーを搭載していますが、広角カメラのレンズがf/1.6と明るいものに刷新されて27%多くの光を取り込むことができ、暗いところでの撮影が得意になっています。

さらに、広角カメラのレンズは6枚構成から7枚構成になったことで、よりシャープな写真を撮影できるようになっています。

広角カメラは7枚構成のレンズに
広角カメラは7枚構成のレンズに

iPhone 12 Proの望遠カメラは光学2倍の望遠レンズを搭載しiPhone 12 Pro Maxは光学2.5倍の望遠レンズを搭載しています。

さらに、iPhone 12 Pro Maxはカメラの性能が強化されていて、広角カメラのイメージセンサーが47%大きく、望遠カメラは光学2.5倍の望遠カメラを搭載しています。

iPhone 12 Pro Maxの視野角比較
iPhone 12 Pro Maxの視野角比較

さらに強力な手振れ補正ができるイメージセンサーシフト光学式を搭載しています。センサーシフト光学式手振れ補正は毎秒5,000回のブレ調整をする高性能なOISとなっています。

センサーシフト光学式手振れ補正
センサーシフト光学式手振れ補正

iPhone 12・12 ProはスマートHDR3に対応しシチュエーションを自動的に判別して明暗差のあるシーンも肌の質感や色の彩度を保持しながら違和感のない明るさに調整してくれます。

さらに、Deep Fusionとナイトモードが改善されて中程度の光量から低光量で撮影する時も複数の露出を分析することで質感の高いよりキレイで自然な写真を簡単に撮影できるようになっています。

また、2020年の新型iPhone 12 Pro/Pro MaxにはLiDARスキャナを搭載しARでの利用での精度が向上します。

LiDARスキャナは被写体の距離を高精度に計測できるセンサーでARなどの精度アップすることができますが、すでに2020年モデルのiPad Pro 11インチ(第2世代)iPad Pro 12.9インチ(第4世代)で搭載しています。

iPhone 12 ProのLiDARスキャナはカメラとも連動していてポートレートモードで精度の高いボケを表現できるようになったり、暗いところでもオートフォーカスが最大6倍速くなり、しっかりピントを合わせてナイトモードを使って明るい写真を撮影できるようになっています。

フロントカメラのスペック

iPhone 12とiPhone 12 Proのフロントカメラのスペックは全く同じとなっていて、1200万画素のイメージセンサーにf/2.2のレンズを搭載したカメラとなっています。

iPhone 12・12 Proのインカメラ
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
インカメラ1200万画素・f/2.2
仕様スマートHDR 3、ポートレートモード、ナイトモード、Deep Fusion、アニ文字とミー文字、4Kビデオ撮影(24/30/60fps)、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)

スマートHDR 3、ナイトモード、Deep Fusionにも対応しているので自撮りでも暗いところで明るく撮影することも可能となっています。もちろん、pポートレートモードも使うことができるので雰囲気ある自撮り写真を撮影できます。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

iPhone 12・12 Pro 充電・通信性能の比較

Lightningポートを採用

iPhone 12/12 Proの充電ポートはLightningが採用しています。筐体が刷新されるのでUSB-Cポートに変更して欲しい思いはありましたがLightningポート継続採用となります。

別売りの20W以上の電源アダプタを使うことで高速充電に対応しています。

iPhone 12/12 Pro ストレージ
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
急速充電30分で50%充電30分で50%充電
ビデオ再生15時間17時間20時間
ビデオ再生(ストリーミング)10時間11時間12時間
オーディオ再生50時間65時間80時間

USB-C – Lightningケーブルは付属しますが、電源アダプタはないので注意です。

ワイヤレス充電・Magsafe充電に対応

iPhone 12 mini・iPhone 12・12 ProはQi対応のワイヤレス充電と、MagSafeワイヤレス充電に対応しています。

ワイヤレス充電
  • Qiワイヤレス:最大7.5W充電
  • MagSafeワイヤレス:最大15W充電

従来のQiワイヤレス充電だと最大7.5Wの充電出力となりますが、Appleが独自で開発したMagSafeワイヤレス充電なら最大15Wの充電出力でiPhoneのバッテリーを補給することができます。

MagSafeワイヤレス充電
MagSafeワイヤレス充電

MagSafeは磁力を使うことで充電器をiPhoneにくっつけて充電する仕組みとなっています。磁気に弱いカード類が心配となりますが、シールド機能があるので、クレジットカードをケースに入れて使うこともできます。

iPhoneにくっつけて充電できる
iPhoneにくっつけて充電できる

Apple Watchを経由してiPhoneをワイヤレスで充電することもできます。

ケーブル1本で2台を充電できるということですね。

iPad Proにも磁石を内蔵することでMagic Keyboardでワイヤレス充電器のような使用感を実現していますが、同じように磁石でくっ付けるスタンドが登場する可能性もあるのかもしれませんね。


次世代通信規格5Gに対応

2020年のiPhone 12シリーズは5G通信に対応しています。

iPhone 12シリーズのスペック
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
5G通信Sub-6(米国はミリ波対応)
Wi-FiWi-Fi 6(ax)

高速通信に優れた28GHz帯のmmWave(ミリ波)は米国のみ使えて、日本では電波を遠くに飛ばせる6GHz帯(Sub-6)を使った5Gをを使った通信が可能となっています。

5Gはドコモ、au、ソフトバンクでも2020年3月にサービスを開始。通信速度が4Gよりも10倍以上となり実際の通信速度は100Mbps〜1Gbpsほどに高速化されます。

通信速度だけでなく遅延も1/5(1ms)になり遠隔操作が容易になるなど大きな可能性を秘めた通信規格。ただし、iPhone 12/12 Pro(2020)が5Gに対応することでどんな恩恵を受けることができるのかは未知数です。

アプリのインストールや映画コンテンツのダウンロードなど今まで数分かかっていたのが数秒で完了できるようになるので快適度は4Gとは比べものにならないくらい向上することになりそうですね。

新型iPhone 12(2020)の発売日

iPhone 12シリーズは各モデルで予約日、発売日が異なっており先行してiPhone 12とiPhone 12 Proが発売となります。

iPhone 12の発表日・発売日
 発表日予約日発売日
iPhone 112019年9月11日(水)2019年9月13日(金)2019年9月20日(金)
iPhone 12 mini2020年10月14日(水)2020年11月6日(金)2020年11月13日(金)
iPhone 122020年10月14日(水)2020年10月16日(金)2020年10月23日(金)
iPhone 12 Pro2020年10月14日(水)2020年10月16日(金)2020年10月23日(金)
iPhone 12 Pro Max2020年10月14日(水)2020年11月6日(金)2020年11月13日(金)

iPhone 12シリーズは10月14日に発表、iPhone 12とiPhone 12 Proは10月16日に予約開始、23日に発売するとみられています。iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月以降に発売となるようです。

2020年はコロナの影響もあり世界情勢がかなり不安定になっています。安定した量産体制を整えるのには時間が要してしまっているということなのでしょう。

新型iPhone 12(2020)価格

iPhone 12シリーズの価格は以下の通りで、iPhone 12 miniは64GBモデルで74,800円と5Gスマホとしては安めの価格設定といっていいのではないでしょうか。

iPhone 12/12 Pro 端末価格
 iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
64GB74,800円85,800円
128GB79,800円90,800円106,800円117,800円
256GB90,800円101,800円117,800円128,800円
512GB139,800円150,800円

iPhone 11は発売当初は74,800円だったのでiPhone 12は1万円ほどの値上げとなってしまいましたが、5G対応で画面解像度が向上して筐体サイズがコンパクトになって使いやすくなったことを考えると妥当な価格設定でしょうか。

\iPhone 12/12 Pro 予約開始/

6.1インチ iPhone 12、iPhone 12 Pro どっちがいい?

iPhone 11シリーズは無印とProで画面と筐体サイズが異なっていたので、サイズで選ぶこともできましたが、iPhone 12シリーズの6.1インチモデルは無印とProでは画面と筐体サイズが全く同じとなっています。

6.1インチのiPhone 12とiPhone 12 Proの違いをまとめるとこんな感じです。

iPhone 12・12 Proの違い
 iPhone 12iPhone 12 Pro
画面サイズ6.1インチ
筐体サイズ146.7 × 71.5 × 7.4mm
重量162g187g
CPUA14 Bionic
メインメモリ4GB6GB
ストレージ64/128/256GB128/256/512GB
生体認証顔認証・Face ID
リアカメラ広角 + 超広角広角 + 超広角 + 望遠 + LiDAR
カメラの機能光学式手ぶれ補正
ナイトモード
Deep Fusion

Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(30fps)
デュアル光学式手ぶれ補正
ナイトモードポートレート
Deep Fusion
Apple ProRAW
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(60fps)
ストレージ64/128/256GB128/256/512GB
モバイル通信5G(Sub-6)に対応
Wi-FiWi-Fi 6対応
本体カラー5色4色
価格85,800円106,800円

筐体サイズはどちらも同じですが、重量がiPhone 12の方が162gと25gも軽くなっています。カメラの数が少ないのが影響しているのでしょう。とにかく、重量が軽いのでiPhone 12は扱いやすい端末となっています。

大きな違いはリアカメラの数でしょう。iPhone 12はデュアルカメラ、iPhone 12 Proはトリプルカメラに被写体の距離を正確に計測できるLiDARスキャナを搭載しています。

LiDARスキャナがあることで暗所撮影のオートフォーカスの精度が向上、さらにナイトモードポートレートモードに対応し出来ることが多くなっています。カメラの画質というか使いやすさを重視するならiPhone 12よりもiPhone 12 Proを選んだ方がいいのかもしれません。

iPhone 12・12 pro どっちがいい?
  • 暗いところで写真撮影することが多い → iPhone 12 Pro
  • 望遠カメラを使いたい → iPhone 12 Pro
  • 4K動画撮影などデータ容量をたくさん使う → iPhone 12 Pro
  • カメラのスペックにこだわりはない → iPhone 12
  • 端末は軽い方がいい → iPhone 12
  • 購入価格を少しでも抑えたい → iPhone 12

価格を少しでも抑えたいならiPhone 12 ProではなくiPhone 12の方が安いです。また5.4インチのiPhone 12 miniだともっと安い価格となっているので、おすすめです。

iPhone 12 miniとiPhone 12の比較はこちらです。

2020年3月より次世代通信規格5G通信のサービスがスタートしています。

キャリアの5Gサービス開始時期

5G通信をいち早くiPhoneで体験したいなら現行モデルのiPhone 11シリーズをスルーして2020年モデルのiPhone 12/12 Proを待ったほうがいいのかもしれません。

5Gの料金プランの比較はこちらをどうぞ。

ただし、全国で5G通信が使えるようになるのはまだまだ先の話で2024年末でドコモが97%、auが93.2%、ソフトバンクが64%、楽天が56.1%の予定となっています。

待ってられないですよね。ということで、iPhoneの乗り換えを検討しているならiPhone 11、iPhone 11 Pro/Pro Maxを買ったほうが(現時点では)いいと思いますよ?

iPhone 11 Proは思ってたよりもXSから進化していますし、何よりも指紋が付かないマットガラスボディ、バッテリー持ちが最高に持つので満足度の高い端末に仕上がっています。おすすめ。

iPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone SE(第2世代)のレビューはこちらをどうぞ。

最新のiPhoneの比較iPhone 11の比較や旧モデルとの違いを比較した記事はこちら。