新型iPhone 12/12 Pro(2020年)最新情報と噂

思ってたよりiPhone 11/11 Proは良かったですが、なんかさ…2020年モデルの新型iPhone 12/12 Proが本命なのかな?って思ってしまいますよね。

新型iPhone 12/12 Pro(2020)の最新情報・噂はiPhone 11iPhone 11 Proが発表される前からじゃんじゃん出てきていましたが現在も次々と新しい情報が出てきています。

ということで、ここでは2020年モデルの新型iPhone 12/12 Proについての最新情報や噂をまとめました。まだ先のお話だけどどんなモデルになるのかな?

最新のiPhoneの比較はこちらをどうぞ!

新型iPhone 12/12 Pro(2020)最新情報・噂

2020年モデルのiPhone 12/12 Proは画面サイズが変わって5G通信にも対応し大幅にアップデートすると噂されています。

iPhone 2020年モデルの特徴(噂・予想)
  • スタンダード(5.4・6.1インチ)の2機種
  • プロ(6.1・6.7インチ)の2機種
  • ディスプレイは全モデル有機EL(OLED)に
  • 本体デザインが角張った金属フレームに刷新
  • ノッチが廃止されて完全ベゼルレススタイルに
  • 高性能化したA14 Bionicプロセッサを搭載
  • メインメモリは6GBに容量がアップする
  • 改良されたFace IDを搭載する
  • 120Hzリフレッシュレートに対応し滑らかな画面に
  • Face IDとディスプレイ内蔵式のTouch IDを搭載する
  • Proモデル:3D計測できるToFでクアッドカメラに
  • リアカメラの標準カメラは6400万画素を搭載?
  • すべてのカメラでナイトモードに対応?
  • Lightningポートが廃止される
  • 次世代通信5Gに対応し高速通信が可能に
  • 802.11ayの超近距離無線LANに対応?

iPhone 12シリーズはスタンダードが2モデル、プロモデルが2モデルの4ラインナップになるとみられ、5.4インチという小型サイズも投入されることになるようです。

さらに、次世代通信規格の5G、3Dセンシングセンサーのカメラを搭載するなど大幅に機能が向上することになりそうです。

\iPhone 11/11 Proをチェックする/

新型iPhone(2020)外観デザイン

角張ったスタイルに原点回帰

2020年新型のiPhone 12/12 Proの外観デザインは大幅刷新されてiPhone 4/4sのような角張ったデザインに回帰するとみられています。

iPhone 5sとiPhone 4s
iPhone 5sとiPhone 4s

個人的にもiPhone 4/4sのデザインが好きなのでかなり嬉しいのですが、角張ったスタイルが好きという方は多いのでは?

こちらはiPhone 12/12 Pro(2020)のコンセプトイメージです。

これは…カッコいい!!欲しい!また、2020年3月に発売したiPad ProがLiDARスキャナを搭載したので、iPhone 12 Proはトリプルカメラ + LiDARスキャナの構成になる可能性は高いでしょう。

あくまで新型iPhone 12の予想イメージなので実際はどんなデザインになるかわかりませんが、iPhone 11・11 ProのデザインはiPhone Xから基本的に変わっておらず3世代続いたデザインです。

ベゼルレスデザイン4世代目となるiPhone 12/12 Pro(2020)はデザイン刷新の時期に差し掛かっているので大きくデザインが変更されるのは間違いないのかな。

なお、YouTubeにトリプルカメラを搭載し角張った金属フレームを採用した新型iPhone 12と見られる動画が公開されています。

モックではなく動作している市場に出ていないiPhoneのようですが、これがiPhone 12 Proなのでしょうか?ちなみに、動画ではiPhone SE2と称しているようです。

新カラー・ネイビーブルーが追加される

また、新型iPhone 12は新カラー・ネイビーブルーが追加されると噂されています。

iPhone 12 Pro ネイビーブルー
iPhone 12 Pro ネイビーブルー

iPhone 11 Proの新しいカラーだったミッドナイトグリーンは廃止されて、代わりのネイビーブルーが追加されるとみられています。

新型iPhone 12/12 Proのディスプレイ

画面サイズが変わる

iPhone 11シリーズは3つの画面サイズから選ぶことができましたが、2020年モデルの新型iPhone 12はスタンダードモデル(5.4インチ・6.1インチ)、プロモデル(6.1インチ・6.7インチ)から選べるとか。

新型iPhone 12(2020)の画面サイズ
 iPhone 12シリーズ(2020)iPhone 11シリーズ(2019)
スタンダードモデルiPhone 12(5.4インチ)
iPhone 12(6.1インチ)
iPhone 11(6.1インチ)
プロモデルiPhone 12 Pro(6.1インチ)iPhone 11 Pro(5.8インチ)
iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)iPhone 11 Pro Max(6.5インチ)

個人的には4.7インチのiPhone 8の本体サイズが一番持ちやすいかなと思っていて、iPhone 11 Proの後継機・iPhone 12 Proは5.8インチから6.1インチに画面サイズが大きくなるようです。

現行のiPhone 11は液晶ディスプレイでベゼル幅が太いので本体サイズが大きいと感じてしまいますが、iPhone 12 Pro(6.1インチ)は有機ELディスプレイでベゼル幅が狭くなるので本体サイズは少しは小さくなるでしょう。

で、注目すべきサイズはスタンダードモデルのiPhone 12(5.4インチ)ですよね。

iPhone 8とiPhone XS
4.7インチと5.8インチ

iPhone 12(5.4インチ)ならiPhone 11 Pro(5.8インチ)よりも小さくなるので片手操作しやすくなりそうです。

iPhone 11(6.1インチ)の後継機はiPhone 12(6.1インチ)と同じ画面サイズですが、液晶から有機ELディスプレイになって電池持ちが向上することになりそう。(最新情報では液晶ディスプレイを搭載したモデルが1機種残るらしい)

そして、iPhone 11 Pro Maxの後継機・iPhone 12 Pro Maxは6.5インチから6.7インチに画面サイズが大きくなるようです。

これ以上大きいとものすごく使いにくくなりそうな感じがしますが、iPhone 12は5.4インチに画面サイズを小型化しているので、対極でMaxは大型化してメリハリがあっていいのかも。

ノッチ廃止されて完全ベゼルレススタイルに

iPhone 12/12 Proは画面上部にあったノッチが廃止されて完全ベゼルレススタイルになるとみられています。

インカメラ(TrueDepth)が小型化してノッチがなくても顔認証のFace IDが使えるようになるようです。

実際にオーストラリアのサプライヤーAMSがOLEDディスプレイの後ろに配置することができるRGB照度・赤外線近接センサー TCS3701を開発したことを発表しており、これらの技術がiPhoneにも採用されるのではないかと噂されています。

3世代続いたノッチスタイル。もう慣れてしまいましたがノッチがなくなることでiPhoneの機能美が完成することになり、期待できそうです。

全モデルで有機ELディスプレイを搭載

iPhone 11シリーズはiPhone 11が液晶ディスプレイ、iPhone 11 Pro/Pro Maxは有機ELディスプレイを搭載してますが、新型iPhone 12シリーズはスタンダードモデルのiPhone 12も有機ELディスプレイを搭載するようです。

iPhoneの画面スペック
iPhone 12 ディスプレイスペック
 iPhone 12iPhone 12 ProiPhone 11iPhone 11 Pro
 6.1・6.7インチ6.1・5.4インチ5.8インチ6.1インチ
ディスプレイY-OCTA型有機EL有機EL(Super Retina XDR)液晶(Liquid Retina HD)

ということはデブっちょだったベゼル幅も狭くなってスタイリッシュになる可能性が高いのかも。

液晶と有機ELのベゼル幅の違い
液晶と有機ELのベゼル幅の違い

iPhone 12は6.1インチと据え置きになると見られているので、有機ELディスプレイを搭載することで本体サイズが少しだけ小型化が期待できます。

また、iPhone 12 Proに採用される有機ELディスプレイはタッチパネルを統合したものになると噂されていてパネル自体が薄型化。本体サイズが薄くなりiPhone 12 Pro Maxは8.1mm → 7.4mmに薄くなるとみられています。

追記:1機種だけ液晶ディスプレイモデルが残るという最新情報があります。となると6.1インチのiPhone 12が液晶ディスプレイを搭載したモデルとなり事実上のiPhone 11の後継機種になるかも?

\iPhone 11/11 Proをチェックする/

リフレッシュレート120Hzに対応

2020年モデルの新型iPhone 12 Proのディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応するようです。

現行のジェスチャー操作に対応しているiPhone X以降の機種のタッチサンプリングは120Hzに対応していますが、画面のリフレッシュレートは60Hzのまま。

120Hzのリフレッシュレートに対応しているデバイスはiPad Pro 10.5インチiPad Pro 11インチ、12.9インチです。スローモーションで比較した動画があります。

120Hzに対応したディスプレイはぬるぬるスクロールするので、操作性はかなり向上することになるでしょう。

改良型のFace IDを搭載

iPhone 12・12 Proは改良型のTruleDepthシステムを搭載して新世代のFace IDに刷新すると見られています。

現行モデルのFace IDは縦持ちにしか顔を認識してくれませんが、新型のiPhone 12のFace IDは横向き認証にも対応する可能性はありそうですね。

そもそも、iPad Proはすでに360度に対応したFace IDを搭載しているのでiPhone 12にも移植に期待したいところですね。

ディスプレイ内蔵式のTouch IDに期待

現行のiPhoneは顔認証のFace IDを搭載していて指紋認証には非対応です。

ディスプレイ内蔵型のTouch IDのふり

なので、マスクをしていると画面ロック解除ができないというデメリットがあります。風邪引いた時は本当に使えないですからね。

ディスプレイ内蔵式のTouch IDは個人的には待ってて、2020年モデルの新型iPhoneのディスプレイにはTouch IDが内蔵して欲しいです。

Galaxy S10AQUOS zero2ではすでに超音波式の画面内指紋認証に対応しています。

画面内指紋認証機能

マスクをしている時など顔認証が使えない時に指紋認証が使えるのはマジで便利なんですよ。技術的には確立されているモノだと思うので、新型のiPhone 12/12 Proにも搭載して欲しい。

新型iPhone 12/12 ProのCPU・メインメモリ

A14 Bionicを搭載か

モデルチェンジのたびにCPUプロセッサが刷新されて性能を向上させているiPhoneですが、新型のiPhone 12/12 ProではA14 Bionicプロセッサとなるでしょう。

A12 → A13でも20%ほどの性能向上があり省電力化に貢献しバッテリー駆動時間がiPhone XS → iPhone 11 Proで4時間伸びています。

A14 Bionicの性能がGeekbenchに登場しています。本物かどうかは不明ですが、クロック周波数が3GHzとなっていてA13 Bionicよりもシングルコアが25%、マルチコアも30%向上していることが確認できます。

A13 Bionic vs A12 Bionic CPU性能比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XS
プロセッサA14 BionicA13 BionicA12 Bionic
シングルコア1658(?)13231106
マルチコア4612(?)29552531
GPU8259(?)56714451

ここまでの性能が必要なのかと疑問に感じるかもですが、8K動画に対応したスマホも登場してきていてiPhone 12も8K動画に対応する可能性は高いでしょう。そうなると、それなりの性能を持ったプロセッサでないと処理しきれない可能性もあります。

しかし、A14 Bionicなら大幅に性能が向上するのでそのような心配はなさそうですね。

iPhone 11/11 Proに採用されたA13 Bionicは7nmプロセスなのに対して、A14 Bionicプロセッサはさらに微細化した5nmのチップになり、TSMCが製造するとみられています。

プロセスルールが微細化されることでさらに高性能で省電力なプロセッサとなるので期待できそうです。

メインメモリは6GBに

メインメモリ(RAM)についてはiPhone 11シリーズは全て4GBの容量でした。Proは6GBになるのではと噂されてましたが蓋を開けてみると据え置きの4GBのまま。

ハイエンドのAndroidスマホは6GB・8GBのRAMがスタンダードになってきていますが、2020年モデルのiPhone 12 Pro/Pro Maxは少なくとも6GBの容量に増える可能性が高いようです。

1TBのストレージ容量モデルが出る?

2020年モデルの新型iPhone 12は5G通信に対応するとみられていますが、データ量が増えるということは保存データ量も増えることになります。

ということで、情報はありませんが最大1TBの容量のSSDが選べるようになる…かもしれませんよ?

新型iPhone 12/12 Proのカメラ

広角カメラは6400万画素に?

標準の広角カメラは6400万画素の高精細なイメージセンサーが採用されるという噂が出てきています。

iPhone 6s〜iPhone 11までずっと1200万画素のイメージセンサーを採用してきましたが、ついに高画素化することになるのでしょうか。

ただ、個人的には高精細モードみたいのがあって最大6400万画素の写真を撮影できるようになって通常時は1200万画素の撮影になるのではないかと予想しています。

超広角カメラは明るいレンズになって35%も多くの光を取り込めるようになり画質の向上が期待できるそうです。

リアカメラにToFセンサー(LiDARスキャナ?)

2020年の新型iPhone 12 ProにはToFと呼ばれる3Dセンシングセンサーが搭載しクアッドカメラになる可能性があります。

ToFカメラは被写体の距離を高精度に計測できるセンサーでARなどの精度アップすることができますが、すでに2020年モデルのiPad Pro 11インチ(第2世代)とiPad Pro 12.9インチ(第4世代)でLiDARスキャナを搭載しています。

iPad ProのLiDARスキャナ
iPad ProのLiDARスキャナ

なので、新型iPhone 12 Proも同じようにLiDARスキャナを搭載してARのパフォーマンス、精度を向上するのはま

iPhone 12 Proの手ぶれ補正はさらに強力に

Proモデルは6.1インチと6.7インチありますが、クアッドコアになるの6.7インチのみでiPhone 12 Pro(6.1インチ)はトリプルカメラ、iPhone 12(6.1インチ・5.4インチ)はデュアルカメラになります。

iPhone 12のリアカメラ
 iPhone 12 Pro MaxiPhone 12 ProiPhone 12
超広角1200万画素
広角6400万画素1200万画素
望遠1200万画素
ToFLiDARスキャナ?  
手ぶれ補正イメージセンサーシフト式光学式

また、iPhone 12 Proはイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正に置き換わることで手ぶれ補正がより強力になるとのこと。

また、iPhone 11は広角・望遠カメラしかナイトモードを使えなかったですが、iPhone 12は超広角カメラ、さらにインカメラもナイトモードに対応するようです。

ToFセンサーを使って高精度にトラッキングして是非ともストローを消さずに背景をボカせるようになって欲しい。(なお、Galaxy S10はストローが消えないです。)

新型iPhone 12/12 Proの充電・モバイル通信

Lightning廃止で無線充電のみに?

あくまで噂なので信憑性は謎ですが、iPhone 12シリーズはLightningポートを廃止してワイヤレス充電でのみの充電に対応するかも?

Lightning → USB-Cではなくワイヤレス充電…。Appleなら本当にやりかねないですが、さすがにiPhone 12で完全ワイヤレス充電はしないように感じます。

まあ、iPhone 11 Proはワイヤレス充電してるので個人的には困ることはないけど、出張に行ったときにワイヤレス充電器を持ち歩く必要があるのは面倒くさいかも。

次世代通信規格5Gに対応

iPhoneのアンテナピクト

2020年モデルのiPhoneは次世代通信規格の5Gに対応します。2020年前半に5Gに対応スマホがいくつか出てくるのでiPhoneの5G対応はほぼ間違いないでしょう。

iPhone 12/12 Proは高速通信に優れた28GHz帯のmmWave(ミリ波)と、電波を遠くに飛ばすことができる6GHz帯(Sub-6)を使った5Gを採用し屋外・屋内ともにつながりやすいものになるようです。

5Gはドコモ、au、ソフトバンクでも2020年以降にサービスを開始する次世代回線で、通信速度が4Gよりも10倍以上となり実際の通信速度は100Mbps〜1Gbpsほどに高速化されます。

通信速度だけでなく遅延も1/5(1ms)に低減されるので、遠隔操作が容易になるなど大きな可能性を秘めた通信規格となっています。

ただし、iPhone 12/12 Pro(2020)が5Gに対応することでどんな恩恵を受けることができるのかは未知数です。

しかし、アプリのインストールや映画コンテンツのダウンロードなど今まで数分かかっていたのが数秒で完了できるようになるので快適度は4Gとは比べものにならないくらい向上することになりそうですね。

802.11ay 超近距離無線LANに対応?

新型のiPhone 12/12 Proは60GHz帯を使用する超近距離無線LAN規格「802.11ay」に対応する可能性があるようです。

「802.11ay」は60GHz帯を使うことでデバイス間で高速通信ができる規格となっていて屋内で使うデバイス間のデータ転送に威力を発揮することができるそうです。

AirDropをデバイス間で超高速転送できる…そんな規格でしょうか。「802.11ay」がiPhone 12/12 Proに採用されて、次期MacBook Proなどにも採用されたとしたら…とても便利になりそう。

新型iPhone 12/12 Proの発表日・発売日

iPhoneはここ数年は9月に発表して9月末に発売するパターンが定例となっているので、iPhone 12/12 Proの発表日・発売日を予測することができます。

iPhone 12の発表日・発売日
 発表日予約日発売日
iPhone 112019年9月11日(水)2019年9月13日(金)2019年9月20日(金)
iPhone 122020年9月9日(水)?2020年9月12日(土)2020年9月18日(金)

1週間ズレる可能性はありますが、2020年モデルのiPhone 12シリーズはこのあたりで発表、予約、発売されることになるでしょう。ただし、新型コロナウイルスの影響で生産が遅れ2020年末になる可能性もあるようですね。

世界情勢がかなり不安的な状況なので仕方ない…。

2020年 新型iPhone 12/12 Pro 噂:まとめ

iPhone 12/12 Proは以下のスペックが噂されています。

iPhone 2020年モデルの特徴(噂・予想)
  • スタンダード(5.4・6.1インチ)の2つ
  • プロ(6.1・6.7インチ)2つで全4機種に
  • ディスプレイは全モデル有機EL(OLED)に
  • 本体デザインが角張った金属フレームに刷新
  • ノッチが廃止されて完全ベゼルレススタイルに
  • 高性能化したA14 Bionicプロセッサを搭載
  • メインメモリは6GBに容量がアップする
  • 改良されたFace IDを搭載する
  • 120Hzリフレッシュレートに対応し滑らかな画面に
  • Face IDとディスプレイ内蔵式のTouch IDを搭載する
  • Proモデル:距離を計測できるLiDARスキャナ搭載
  • リアカメラの標準カメラは6400万画素を搭載?
  • すべてのカメラでナイトモードに対応?
  • Lightningポートが廃止される
  • 次世代通信5Gに対応し高速通信が可能に
  • 802.11ayの超近距離無線LANに対応?

2020年春より次世代通信規格5Gがサービスイン予定となっており、2020年モデルのiPhone 12/12 Proで対応するとみられています。

キャリアの5Gサービス開始時期

5G通信をいち早くiPhoneで体験したいなら現行モデルのiPhone 11シリーズをスルーして2020年モデルのiPhone 12/12 Proを待ったほうがいいのかもしれません。

ただし、全国で5G通信が使えるようになるのはまだまだ先の話で2024年末でドコモが97%、auが93.2%、ソフトバンクが64%、楽天が56.1%の予定となっています。

待ってられないですよね。ということで、iPhoneの乗り換えを検討しているならiPhone 11、iPhone 11 Pro/Pro Maxを買ったほうが(現時点では)いいと思いますよ?

iPhone 11 Proは思ってたよりもXSから進化していますし、何よりも指紋が付かないマットガラスボディ、バッテリー持ちが最高に持つので満足度の高い端末に仕上がっています。おすすめ。

\iPhone 11/11 Proをチェックする/

iPhone 11とiPhone 11 Proのレビューはこちらをどうぞ。

最新のiPhoneの比較、iPhone 11とiPhone 11 Proや旧モデルとの違いを比較した記事はこちら。

iPhone SE2の噂もあります。