新型iPhone 12/12 Pro(2020年)最新情報と噂

2020年10月中旬に発売される新型iPhone 12(2020)は5.4インチ・6.1インチのiPhone 12、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proの4つのラインナップになるようで、どのようなスペックになって、どんな違いがあるのか気になるところですよね。

ここでは2020年の新型iPhone 12/12 Proの最新情報や噂をまとめています。

今年のiPhoneは5.4インチの小型ディスプレイを搭載したモデルが大注目。iPhone SE(第2世代)と筐体サイズが似ているということで本命モデルといってもいいかも?

新型iPhone 12/12 Pro(2020)最新情報・噂

2020年モデルのiPhone 12/12 Proは画面サイズが変わって5G通信にも対応し大幅にアップデートするとのことです。

iPhone 12は4つのモデルに
iPhone 12は4つのモデルに
iPhone 2020年モデルの特徴(噂・予想)
  • スタンダード(5.4・6.1インチ)の2機種
  • プロ(6.1・6.7インチ)の2機種
  • ディスプレイは全モデル有機EL(OLED)に
  • 本体デザインが角張った金属フレームに刷新
  • 画面上部のノッチの幅が小さくなる
  • 高性能なA14 Bionicプロセッサを搭載
  • メインメモリは6GBに容量がアップする
  • ストレージ容量は128GBから
  • 改良されたFace IDを搭載する
  • ディスプレイ内蔵式Touch IDは非搭載?
  • 120Hzリフレッシュレートで滑らかな画面
  • Pro:距離計測できるLiDARスキャナ搭載
  • リアカメラの標準カメラは6400万画素を搭載?
  • すべてのカメラでナイトモードに対応
  • 次世代通信5Gに対応し高速通信が可能に
  • 802.11ayの超近距離無線LANに対応?
  • 2020年9月発表、10月中旬発売

新型iPhone 12はスタンダードが2モデル、プロモデルが2モデルの4ラインナップになって、5.4インチという小型サイズも投入されます。名称がiPhone 12 miniまたはiPhone 12 Liteになるという情報もあります。

デザインは刷新されてiPhone 4/4sのような角ばったスタイルになるとみられています。

さらに、次世代通信規格の5G通信に対応、iPad Pro 11インチ(2020)にも採用された距離の計測ができるLiDARスキャナを搭載しAR機能機能が強化されるようですね。

\iPhone SE2 販売開始/

新型iPhone(2020)外観デザイン

角張ったスタイルに原点回帰

2020年新型のiPhone 12/12 Proの外観デザインは大幅刷新されてiPhone 4/4sのような角張ったデザインに回帰するとみられています。

iPhone 5sとiPhone 4s
iPhone 5sとiPhone 4s

個人的にもiPhone 4/4sのデザインが好きなのでかなり嬉しいのですが、角張ったスタイルが好きという方は多いのでは?

こちらはiPhone 12/12 Pro(2020)のコンセプトイメージです。

これは…カッコいい!!欲しい!また、2020年3月に発売したiPad ProがLiDARスキャナを搭載したので、iPhone 12 Proはトリプルカメラ + LiDARスキャナの構成になるでしょう。

あくまで新型iPhone 12の予想イメージなので実際はどんなデザインになるかわかりませんが、iPhone 11・11 ProのデザインはiPhone Xから基本的に変わっておらず3世代続いたデザインです。

ベゼルレスデザイン4世代目となるiPhone 12/12 Pro(2020)はデザイン刷新の時期に差し掛かっているので大きくデザインが変更されるのは間違いないのかな。

なお、YouTubeにトリプルカメラを搭載し角張った金属フレームを採用した新型iPhone 12と見られる動画が公開されています。

モックではなく動作している市場に出ていないiPhoneのようですが、これがiPhone 12 Proなのでしょうか?ちなみに、動画ではiPhone SE2と称しているようです。

新カラー・ネイビーブルーが追加される

また、新型iPhone 12は新カラー・ネイビーブルーが追加されると噂されています。

iPhone 12 Pro ネイビーブルー
iPhone 12 Pro ネイビーブルー

iPhone 11 Proの新しいカラーだったミッドナイトグリーンは廃止されて、代わりのネイビーブルーが追加されるとみられています。

iPhone 12/12 Proのディスプレイ

画面サイズが変わる

iPhone 11シリーズは3つの画面サイズから選ぶことができましたが、2020年モデルの新型iPhone 12はスタンダードモデル(5.4インチ・6.1インチ)、プロモデル(6.1インチ・6.7インチ)から選べるようになります。

iPhone 12の画面サイズ
iPhone 12の画面サイズ
新型iPhone 12(2020)の画面サイズ
 iPhone 12シリーズ(2020)iPhone 11シリーズ(2019)
スタンダードモデルiPhone 12(5.4インチ)
iPhone 12 Max(6.1インチ)
iPhone 11(6.1インチ)
プロモデルiPhone 12 Pro(6.1インチ)iPhone 11 Pro(5.8インチ)
iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)iPhone 11 Pro Max(6.5インチ)

個人的には4.7インチのiPhone SE(第2世代)の本体サイズが持ちやすいらなと思ってますが、iPhone 11 Proの後継機・iPhone 12 Proは5.8インチから6.1インチに画面サイズが大きくなるようです。

iPhone 11は液晶を搭載しベゼル幅が太く本体サイズが大きいですが、iPhone 12 Pro(6.1インチ)は有機ELディスプレイでベゼル幅が狭くなって本体サイズの小型化、液晶から有機ELになって電池持ちに期待です。

そして、注目すべきサイズはスタンダードモデルのiPhone 12(5.4インチ)ですよね。

iPhone 12
iPhone 12

iPhone 12(5.4インチ)ならiPhone 11 Pro(5.8インチ)よりも小さくなるので片手操作しやすくなるでしょう。本体サイズはiPhone SE(第2世代)とほぼ同じでベゼルレススタイルがiPhone 12(5.4インチ)といってもいいかも。

YouTubeチャンネルの「EverythingApplePro」が入手したというCADデータから5.4インチのiPhone 12を3Dプリンタで作成したモックを公開しています。

iPhone SE(第2世代)よりも少しだけコンパクトなサイズになっているようですね。これはめちゃくちゃ良いですね。しかも、角ばったスタイルになってるしこれは買わないという選択肢はなさそう。

さらに、MacRumorsで5.4インチのiPhone 12のダミーユニット(中央)と4インチのiPhone SE(左)、iPhone 8(右)と比較した画像が公開されています。

5.4インチのiPhone 12のサイズ感
5.4インチのiPhone 12のサイズ感

iPhone SEよりも少しだけ大きいサイズ感となっているようですね。4.7インチのiPhone 8よりも小さいので、扱いやすいサイズ感に期待できそう。ただし、本体の厚みが8.6mmとiPhone SE(第2世代)の7.3mmよりも厚くなるようです。

大画面モデルのiPhone 12 Pro Maxは6.5インチから6.7インチに画面サイズが大きくなっているようです。

これ以上大きいとものすごく使いにくくなりそうな感じがしますが、iPhone 12は5.4インチに画面サイズを小型化しているので、対極でMaxは大型化してメリハリがあっていいのかも。

画面上部のノッチが小さくなる

iPhone 12/12 Proは画面上部にあるノッチ(切り欠き)の幅が小さくなります。

2020年秋に配信されるであろうiOS 14の内部コードからノッチの幅が狭くなったiPhoneのアイコンが見つかっています。

この画像からも分かるようにホーム画面のアプリにウェジェットが配置できるようになる新機能も搭載されるようですね。ノッチの完全廃止に期待してましたが、ノッチの小型化に収まる感じなのかな。

全モデルで有機ELディスプレイを搭載

iPhone 11シリーズはiPhone 11が液晶ディスプレイ、iPhone 11 Pro/Pro Maxは有機ELディスプレイを搭載してますが、新型iPhone 12シリーズはスタンダードモデルのiPhone 12も有機ELディスプレイを搭載するようです。

iPhone 12 ディスプレイスペック
 iPhone 12iPhone 12 ProiPhone 11 ProiPhone 11
 5.4・6.1インチ6.1・6.7インチ5.8インチ6.1インチ
ディスプレイ有機ELY-OCTA型有機EL有機EL液晶

ということは、iPhone 11のデブっちょだったベゼル幅も狭くなってスタイリッシュになる可能性が高いのかも。

液晶と有機ELのベゼル幅の違い
液晶と有機ELのベゼル幅の違い

iPhone 12は6.1インチと据え置きになり有機ELディスプレイを搭載することで本体サイズの小型化が期待できますし、5.4インチモデルはiPhone SEと筐体サイズは似ているかもしれないですね。

また、iPhone 12 Proの有機ELディスプレイはY-OCTA型有機ELとなりタッチパネルを統合してパネル自体が薄型化。本体サイズが薄くなりiPhone 12 Pro Maxは8.1mm → 7.4mmに薄くなるとみられています。

追記:1機種だけ液晶ディスプレイモデルが残るという最新情報があります。となると6.1インチのiPhone 12が液晶ディスプレイを搭載したモデルとなり事実上のiPhone 11の後継機種になるかも?

\iPhone SE2 4/20 10時予約開始/

リフレッシュレート120Hzに対応

2020年モデルの新型iPhone 12 ProはProMotionディスプレイに対応し120Hzのリフレッシュレートになると噂されていますが、最新の情報ではProMotionディスプレイは非対応ともいわれています。

現行のジェスチャー操作対応のiPhone X以降の機種のタッチサンプリングは120Hzですが、画面のリフレッシュレートは60Hzのまま。

120HzのリフレッシュレートのProMotionに対応しているデバイスはiPad Pro 10.5インチiPad Pro 11インチ、12.9インチです。

120Hzに対応したディスプレイはぬるぬるスクロールするので、iPhone 12 Proの操作性はかなり向上することになりますが、果たしてiPhone 12に採用されることになるのか?

改良型のFace IDを搭載

iPhone 12・12 Proは改良型のTruleDepthシステムを搭載して新世代のFace IDに刷新すると見られています。

現行モデルのFace IDは縦持ちにしか顔を認識してくれませんが、新型のiPhone 12のFace IDは横向き認証にも対応する可能性はありそうですね。

そもそも、iPad Proはすでに360度に対応したFace IDを搭載しているのでiPhone 12にも移植に期待したいところですね。

ディスプレイ内蔵式のTouch IDに期待

現行のiPhoneは顔認証のFace IDを搭載していて指紋認証には非対応です。

ディスプレイ内蔵型のTouch IDのふり

Face IDはマスクをしていると画面ロック解除ができないというデメリットがあります。コロナの影響でマスクするのが当たり前の世の中になってきているので、iPhone 12の画面内指紋認証は必須機能です。

ちなみに、AQUOS zero2Galaxy S20はすでに超音波式の画面内指紋認証に対応しています。

画面内指紋認証機能

マスクをしていると顔認証が使えない時に指紋認証が使えるのはマジで便利なんですよ。技術的には確立されてるのでiPhone 12/12 Proにも画面内指紋認証が欲しいですが今のところ搭載される可能性は低そう?

iPhone 12/12 ProのCPU・メインメモリ

A14 Bionicを搭載か

A14 Bionic
A14 Bionic

モデルチェンジのたびにCPUの性能が向上しているiPhoneですが、新型のiPhone 12/12 ProではA14 Bionicプロセッサを搭載します。

A12 → A13でも20%ほどの性能向上があり省電力化に貢献しバッテリー駆動時間がiPhone XS → iPhone 11 Proで4時間伸びていますが、iPhone 12のA14 Bionicはどのくらい性能アップするのか気になるところ。

実は、A14 Bionicの性能がGeekbenchに登場しています。本物かどうかは不明ですが、クロック周波数が3GHzとなっていてA13 Bionicよりもシングルコアが25%、マルチコアも30%向上していることが確認できます。

A13 Bionic vs A12 Bionic CPU性能比較
 iPhone 12iPhone 11iPhone XS
プロセッサA14 BionicA13 BionicA12 Bionic
シングルコア1658(?)13231106
マルチコア4612(?)29552531
GPU8259(?)56714451

ここまでの性能が必要なのかと疑問に感じるかもですが、8K動画に対応したスマホも登場しiPhone 12も8K動画に対応する可能性は高いでしょう。

そうなると、それなりの性能を持ったプロセッサでないと処理しきれない可能性もあります。しかし、A14 Bionicなら大幅に性能が向上するのでそのような心配はなさそうですね。

iPhone 11/11 Proに採用されたA13 Bionicは7nmプロセスなのに対して、A14 Bionicプロセッサはさらに微細化した5nmのチップになり、TSMCが製造するとみられています。

プロセスルールが微細化されることでさらに高性能で省電力なプロセッサとなるので期待できそうです。ちなみに、iPhone 12のバッテリー容量は現行モデルよりも少なくなる可能性があります。

iPhone 12のバッテリー容量
  • iPhone 12(5.4インチ):2,227mAh
  • iPhone 12(6.1インチ):2,775mAh
  • iPhone 12 Pro(6.1インチ):2,775mAh
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ):3,687mAh

これは、認証機関データベースにiPhone 12が登録されて、ここにバッテリー容量の記載があったとのこと。iPhone 11 Proのバッテリー容量が3,046mAhだったので300mAhも少なくなってしまうようです。

ただ、A14 Bionicはプロセスルールが微細化しさらなる省電力化が期待できるので、バッテリー容量が少なくなっても駆動時間を維持できるのかもしれないですね。

ストレージ容量は128GBからに

現行のiPhoneのストレージ容量は64GBからとなっていますが、iPhone 12は128GBから選ぶことができるようになります。

iPhone 12/12 Pro メインメモリ
 iPhone 12 ProiPhone 12iPhone 11 ProiPhone 11
64GB
128GB
256GB
512GB
1TBもしかしたら○

最新のハイエンドスマホのストレージ容量は128GBが標準になりつつあるので、iPhone 12も同じように128GBになる可能性は非常に高いでしょう。128GBの容量があれば容量不足を気にすることはほぼなくなるので悩みが一つ減ることになりそうです。

メインメモリは6GBに

iPhone 11シリーズのメインメモリは4GBの容量でした。2020年モデルはiPhone 12は4GBのままのようですが、iPhone 12 Proは6GBのメインメモリを搭載するようです。

iPhone 12/12 Pro メインメモリ
 iPhone 12 ProiPhone 12iPhone 11/11 Pro
メインメモリ6GB4GB

ハイエンドのAndroidスマホは6GB・8GBのRAMがスタンダードになっているので、2020年モデルのiPhone 12 Pro/Pro Maxは少なくとも6GBの容量に増える可能性が高いようです。

iPhone 12/12 Proのカメラ

広角カメラは6400万画素に?

標準の広角カメラは6400万画素の高精細なイメージセンサーが採用されるという情報があります。iPhone 6s〜iPhone 11までずっと1200万画素のイメージセンサーを採用してきましたが、ついに高画素化することになるのでしょうか。

ただ、個人的には高精細モードみたいのがあって最大6400万画素の写真を撮影できるようになって通常時は1200万画素の撮影になるのではないかと予想しています。

また、iPhone 12 Pro Maxの広角カメラのイメージセンサーが1/1.9型に大型化し画質が向上、暗いところでもより綺麗に撮影ができるとのこと。

また、超広角カメラは明るいレンズになって35%も多くの光を取り込めるようになり画質の向上が期待できるそうです。

リアカメラにLiDARスキャナを搭載

2020年の新型iPhone 12 ProにはToFと呼ばれる3Dセンシングセンサーが搭載しクアッドカメラになる可能性があります。

ToFカメラは被写体の距離を高精度に計測できるセンサーでARなどの精度アップすることができますが、すでに2020年モデルのiPad Pro 11インチ(第2世代)iPad Pro 12.9インチ(第4世代)でLiDARスキャナを搭載しています。

iPad ProのLiDARスキャナ
iPad ProのLiDARスキャナ

新型iPhone 12 Proも同じようにLiDARスキャナを搭載してARのパフォーマンス、精度を向上するのは間違いなさそうです。

iPhone 12 Proの手ぶれ補正はさらに強力に

Proモデルは6.1インチと6.7インチありますが、クアッドコアになるの6.7インチのみでiPhone 12 Pro(6.1インチ)はトリプルカメラ、iPhone 12(6.1インチ・5.4インチ)はデュアルカメラになります。

iPhone 12のリアカメラ
 iPhone 12 Pro MaxiPhone 12 ProiPhone 12
超広角1200万画素
広角6400万画素1200万画素
望遠1200万画素
ToFLiDARスキャナ
手ぶれ補正イメージセンサーシフト式光学式

また、iPhone 12 Proはイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正に置き換わることで手ぶれ補正がより強力になるとのこと。

また、iPhone 11は広角・望遠カメラしかナイトモードを使えなかったですが、iPhone 12は超広角カメラ、さらにインカメラもナイトモードに対応するようです。

ToFセンサーを使って高精度にトラッキングして是非ともストローを消さずに背景をボカせるようになって欲しい。

iPhone 12/12 Proの充電・モバイル通信

Lightning廃止で無線充電のみに?

iPhone 12/12 Proの充電ポートはLightningが採用される可能性が高そうです。筐体が刷新されるのでUSB-Cポートに変更して欲しいところですがLightningになるようです。

なお、2021年のiPhoneは充電ポートが廃止されてワイヤレス充電のみになるという情報もあります。

Lightning → USB-Cではなくワイヤレス充電…。Appleなら本当にやりかねないですが。個人的にiPhone 11 Proはワイヤレス充電してるので個人的には困ることはないけど、出張に行ったときにワイヤレス充電器を持ち歩く必要があるのは面倒くさいかも。

なお、付属の充電器が刷新されて18W → 20Wに充電出力が向上するとのことです。

筐体にマグネットを内蔵している

iPad Proの筐体にはたくさんのマグネットを内蔵しカバーの装着に使用されていますが、iPhone 12の筐体にもマグネットが内蔵されている可能性があるようです。

ワイヤレス充電器に固定するためのものだけでなく、iPhone 12はiPad Proのように角張ったデザインになりますが、マグネットで固定するタイプのケースも登場するかもしれません。

次世代通信規格5Gに対応

iPhoneのアンテナピクト

2020年モデルのiPhoneは次世代通信規格の5Gに対応します。2020年3月に5Gに対応スマホが発売したのでiPhone 12の5G対応はほぼ間違いないでしょう。

iPhone 12 Proは高速通信に優れた28GHz帯のmmWave(ミリ波)と、電波を遠くに飛ばせる6GHz帯(Sub-6)を使った5Gを採用し屋外・屋内ともにつながりやすいものに。

5Gはドコモ、au、ソフトバンクでも2020年3月にサービスを開始。通信速度が4Gよりも10倍以上となり実際の通信速度は100Mbps〜1Gbpsほどに高速化されます。

通信速度だけでなく遅延も1/5(1ms)になり遠隔操作が容易になるなど大きな可能性を秘めた通信規格。ただし、iPhone 12/12 Pro(2020)が5Gに対応することでどんな恩恵を受けることができるのかは未知数です。

アプリのインストールや映画コンテンツのダウンロードなど今まで数分かかっていたのが数秒で完了できるようになるので快適度は4Gとは比べものにならないくらい向上することになりそうですね。

802.11ay 超近距離無線LANに対応?

新型のiPhone 12/12 Proは60GHz帯を使用する超近距離無線LAN規格「802.11ay」に対応するようです。

「802.11ay」は60GHz帯を使うことでデバイス間で高速通信ができる規格で、屋内で使うデバイス間のデータ転送に威力を発揮することができるそうです。

AirDropをデバイス間で超高速転送できる…そんな規格でしょうか。「802.11ay」がiPhone 12/12 Proに採用されて、次期MacBook Proなどにも採用されたとしたら…とても便利になりそう。

新型iPhone 12(2020)の発表日・発売日

iPhoneはここ数年は9月に発表して9月末に発売するパターンが定例となっていましたが、2020年は10月中旬に発売となります。

これは、Appleが2020年第3四半期決算発表で明らかにしたもので公式に9月ではなく10月にずれ込むことを発表した形となりました。

iPhone 12の発表日・発売日
 発表日予約日発売日
iPhone 112019年9月11日(水)2019年9月13日(金)2019年9月20日(金)
iPhone 122020年10月?2020年10月?2020年10月中旬

2020年はコロナの影響もあり世界情勢がかなり不安定になっています。安定した量産体制を整えるのには時間が要してしまっているということなのでしょう。

発売が遅れるので発表も遅れる可能性はあるのかもしれませんね。

新型iPhone 12(2020)価格

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの端末価格は現行モデルと同じになるとみられていますが、iPhone 12(6.1インチ)は少しだけ価格が高くなるようです。

iPhone 12/12 Pro 価格
  • iPhone SE(第2世代):399ドル(44,800円)
  • iPhone XR:599ドル(64,800円)
  • iPhone 12(5.4インチ):649ドル(69,800円)
  • iPhone 11:699ドル(74,800円)
  • iPhone 12:749ドル(79,800円)
  • iPhone 12 Pro:999ドル(106,800円)
  • iPhone 12 Pro Max:1,099ドル(119,800円)

iPhone 12が発売されることでiPhone 11が599ドル(64,800円)に値下げされて販売されることになりそうです。iPhone 12(5.4インチ)はもう少し高くなりそうな気がするけど、どうだろうか?

新型iPhone 12(2020)スペックのまとめ

iPhone 12、iPhone 12 Proはデザインが刷新されて角ばった筐体になるとみられています。

iPhone 12シリーズのスペック
 iPhone 12iPhone 12 Pro
画面サイズ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
ディスプレイ有機EL・60HzY-OCTA型有機EL・120Hz
CPUA14 Bionic
メインメモリ4GB6GB
ストレージ容量128GB・256GB128GB・256GB・512GB
リアカメラ超広角 + 広角超広角 + 広角 + 望遠 + LiDAR
(広角カメラ6400万画素)
リアカメラの手ぶれ補正光学式イメージセンサー式
生体認証改良されたFace ID + 画面内指紋認証(?)
5G通信Sub-6ミリ波 + Sub-6
Wi-FiWi-Fi 6(ax)、Wi-Fi 7(ay)に対応
価格649ドル749ドル999ドル1,099ドル

指紋認証の需要が高まっている今、2020年モデルのiPhone 12は画面ない指紋認証のTouch IDを何としても対応して欲しい…。

2020年3月より次世代通信規格5G通信のサービスがスタートしています。

キャリアの5Gサービス開始時期

5G通信をいち早くiPhoneで体験したいなら現行モデルのiPhone 11シリーズをスルーして2020年モデルのiPhone 12/12 Proを待ったほうがいいのかもしれません。

5Gの料金プランの比較はこちらをどうぞ。

ただし、全国で5G通信が使えるようになるのはまだまだ先の話で2024年末でドコモが97%、auが93.2%、ソフトバンクが64%、楽天が56.1%の予定となっています。

待ってられないですよね。ということで、iPhoneの乗り換えを検討しているならiPhone 11、iPhone 11 Pro/Pro Maxを買ったほうが(現時点では)いいと思いますよ?

iPhone 11 Proは思ってたよりもXSから進化していますし、何よりも指紋が付かないマットガラスボディ、バッテリー持ちが最高に持つので満足度の高い端末に仕上がっています。おすすめ。

\iPhone 11/11 Proをチェックする/

iPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone SE(第2世代)のレビューはこちらをどうぞ。

最新のiPhoneの比較iPhone 11の比較や旧モデルとの違いを比較した記事はこちら。