iPhone 11とiPhone XRを比較

Appleが新型のiPhone 11を発表し9月20日(金)に発売を開始しました!

iPhone 11はネーミングからも分かるように2019年モデルのスタンダードモデルで、6.1インチのディスプレイを搭載したiPhone XRの後継機種となっています。

ここではiPhone 11とiPhone XRのデザイン、スペック、性能、カメラ、価格の違いについて徹底比較しています。iPhone 11とiPhone XRの価格差は10,000円なのでどっちを選ぶべきか詳しく紹介したいと思います。

iPhone 11とiPhone 11 Proの比較はこちらをどうぞ。

iPhone 11・iPhone XR サイズ・スペックの比較

iPhone 11とiPhone XRの特徴と違い

iPhone 11は、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したiPhone XRの後継機種となっていてくれたリアカメラがシングルからデュアルカメラになったのが大きな特徴となっています。

iPhone 11・XR 大まかな違い
iPhone 11・XR 違いをざっくりと

iPhone 11はA13 Bionicプロセッサを搭載し処理性能が向上、IP68等級の耐水性能、Dolby Atomsのステレオ再生、インカメラの4K60P動画撮影ができるなどスペックが向上しています。

iPhone 11・iPhone XR スペック比較
 iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ
ディスプレイ液晶(1,792 x 828ピクセル)
3D Touch
CPUA13 BionicA12 Bionic
メインメモリ4GB3GB
ストレージ容量64/128/256GB64/128GB/(256GBは廃止)
生体認証顔認証・Face ID
耐水防塵IP68(水深2mまで30分耐えられる)IP67(水深1mまで30分耐えられる)
ワイヤレス充電Qiワイヤレスに対応
Wi-Fi2×2 MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 62×2 MIMO対応802.11ac
LTEギガビット級LTE(30バンド)4G LTE-Advanced(28バンド)
Bluetooth5.0、空間認識に対応した超広帯域U1チップ5.0
バッテリー(ビデオ再生)17時間16時間
SIMカードデュアルSIM(eSIM)
筐体素材アルミ + ガラス
本体カラーPRODUCT RED、イエロー、ホワイト、ブラック、グリーン、パープルPRODUCT RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー
本体サイズ150.9 x 75.5 x 8.3mm
重量194g
端末価格74,800円〜64,800円〜

プロセッサの性能が向上しているだけでなくメインメモリの容量が3GB → 4GBに増えているので動画処理など負荷のかかる作業はiPhone XRよりもiPhone 11の方が快適に動作するでしょう。

iPhone 11の特徴をまとめました。

iPhone 11の特徴
  • 6.1インチの液晶ディスプレイを搭載している
  • デュアルカメラで超広角撮影ができる
  • 人物以外でもポートレートモードが使用可能に
  • A13 Bionic + 4GBメインメモリを搭載
  • 64/128/256GBのストレージ容量を選べる
  • 急速充電に対応(付属の電源アダプタは非対応)
  • ワイヤレス充電に対応している
  • IP67等級の耐水防塵性能(水深2mに30分)
  • 端末価格が抑えられた最新機種のスタンダードモデル
  • 本体カラーは全6色で豊富なカラーバリエーション

iPhone 11のいいところはハイエンドモデルのiPhone 11 Proと同じA13 Bionicプロセッサとデュアルカメラを搭載しながらも端末価格が74,800円に抑えられているところでしょう。

また、カラーバリエーションも豊富なので好みのiPhone 11を選べる楽しみがあるのも嬉しいところですよね。

\iPhone 11をキャリアでチェック/

iPhone XRも6.1インチのディスプレイを搭載していて筐体はiPhone 11とほぼ同じ。アルミフレームにガラス筐体を採用したスタイルとなっています。

iPhone XRの特徴
  • 6.1インチの液晶ディスプレイを搭載している
  • シングルカメラで人物限定で背景をぼかせる
  • A12 Bionic + 3GB メインメモリを搭載
  • 64/128GBのストレージ容量を選べる
  • 急速充電に対応(付属の電源アダプタは非対応)
  • ワイヤレス充電に対応している
  • IP67等級の耐水防塵性能(水深1mに30分)
  • 端末価格が64,800円とかなり安く買える
  • 本体カラーは全6色で豊富なカラーバリエーション

シングルカメラ仕様でiPhone 11のような超広角カメラは非搭載なので、視野の広い写真を撮影したいならiPhone XRを選ぶべきではないでしょう。

とはいえ、端末価格が64,800円と安いのがiPhone XRを選ぶ最大のメリットです。

iPhone 8 Plusは62,800円。2,000円追加するだけで最新のジェスチャー操作に対応したiPhoneを使えるんですよ。プロセッサもA11 Bionic → A12 Bionicに世代が新しいモノになりますし。

\iPhone XRをキャリアでチェック/

iPhone 11・iPhone XR 違いを徹底比較

ここからはiPhone 11とiPhone XRの違いをもっと詳しく徹底比較していきたいと思います。

本体サイズ・画面サイズの違い

iPhone 11iPhone XRの後継機種なのでディスプレイサイズは据え置きの6.1インチの液晶(LCD)ディスプレイを搭載しています。

iPhone 11とiPhone XR
外観の違いを比較
iPhone 11とiPhone XR サイズの違い
 iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ6.1インチ
本体サイズ150.9 x 75.7 x 8.3mm150.9 x 75.7 x 8.3mm
重量194g194g

iPhone 11とiPhone XRの本体サイズ、重量は全く同じとなっています。重量まで同じってちょっとスゴイ。

両モデルの大きな違いはリアカメラの数です。iPhone 11はデュアルカメラ 、iPhone XRはシングルカメラなので背面デザインの違いで見分けることが可能です。

iPhone 11とiPhone XR
iPhone 11とiPhone XR

iPhone 11のカメラ部分はかなり特徴的なデザインになってしまったので、好みが分かれそうですが可愛らしいスタイルで無機質なiPhone XRよりは良いのでは?

解像度・ディスプレイの仕様の違い

iPhone 11はiPhone XRと同じ液晶(LCD)ディスプレイを搭載していて解像度は1,792 x 828ピクセルで、画素密度はiPhone 8と同じ326ppiとなっています。

iPhone 11とiPhone XR 画面の違い
 iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ(液晶)
解像度1,792 x 828ピクセル(326ppi)
コントラスト比1,400:1(標準)
最大輝度625cd/m2(標準)
仕様True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、Haptic Touch

どちらも液晶のLiquid Retina HDディスプレイなの色合いなどは全く同じです。見比べても同じなので旧型のiPhone XRでも安心してください。

ディスプレイの違いを比較

Liquid Retina HDディスプレイはHDRには非対応なのでHDR対応の動画コンテンツを見ると物足りなさがありますが、普通の使用用途なら十分綺麗なディスプレイなのでiPhone 11、iPhone XRのどちらを選んでもOKでしょう。

Haptic Touchが引き続き採用

iPhone XS/XS Maxは3D Touchに対応、iPhone XRだけが非対応でしたが、iPhone 11シリーズは全機種で3D Touchが廃止されてiOS 13のHaptic Touchで3D Touchと同じ操作ができるようになっています。

iOS 13のHaptic Touchは長押しで3D Touchと同じように様々なショートカットキーを呼び出すことができるので特に問題はないでしょう。

むしろ、Haptic Touchの方が立て掛け型のワイヤレス充電器に乗せたときに使いやすいという場面があります。つまり、3D Touchはいらない子だった…ということになるのかな。

ただし、3D Touch対応のゲームは対応するまで操作がしにくいとかあるかもしれませんが。

リアカメラのスペック・性能の違い

iPhone 11とiPhone XR リアカメラの違い
iPhone 11・XR リアカメラの違い

iPhone XRのリアカメラはシングルカメラでしたが、iPhone 11はデュアルカメラに進化を果たしています。

iPhone 11・XR カメラの違い
 iPhone 11iPhone XR
広角カメラ1200万画素(新型センサー)
ƒ/1.8のレンズ
1200万画素
ƒ/1.8のレンズ
超広角カメラ1200万画素
ƒ/2.4のレンズ
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正(広角)
ズーム性能2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
最大5倍のデジタルズーム
写真の機能ナイトモード
ポートレートモード
次世代のスマートHDR
6つのエフェクトのポートレートライティング
ポートレートモード
スマートHDR3つのエフェクトのポートレートライティング
動画4k60pの動画撮影に対応、オーディオズーム、QuickTakeビデオ4k60pの動画撮影に対応

広角カメラは新型の1200万画素イメージセンサーを採用し、画質にさらに磨きがかかっています。

拡大して比較してみました。

iPhone 11とXRの広角カメラ画質比較
iPhone 11とXRの広角カメラ画質比較

iPhone XRは少しだけぼやけた感じになった画質になっていますが、iPhone 11はクッキリと表現できているのが分かります。ここまで拡大することはないですが、10,000円の差で少しでも画質が良くなるのは喜ばしいところ。

iPhone 11は超広角カメラを搭載しているので、iPhone XRよりも視野の広い写真を簡単に撮影可能になりました。

超広角と広角の視野の違いを比較
超広角と広角の視野の違いを比較

同じ場所で撮影しているのに10歩くらい引いたところで撮影したかのような写真をかんたんに撮れちゃうんですね。なかなか面白い写真を撮影できるので望遠カメラよりも使用頻度が高くなるのは間違い無いのかな。

背景をぼかすポートレートモードはiPhone XRでは人物限定でしたが、iPhone 11は広角と超広角の二つのカメラを組み合わせることでモノに対しても背景をぼかせるようになりました。

iPhone 11 ポートレートモード

もちろん、ペットも認識できるので背景をきちんとぼかすことができますよ。また、ポートレートモードの撮影可能距離もデュアルカメラになったことで変わっています。

iPhone 11 ポートレートモードの撮影可能距離
iPhone 11のポートレートモードの撮影可能距離

実際に計測してみたところポートレートモードが有効になる距離はだいたいこんな感じかな。

  • iPhone XR:約0.2m ~ 約1m
  • iPhone 11 :約0.25m ~ 約2.5m

また、iPhone XRは「自然光」「スタジオ証明」「輪郭強調照明」の3つのフィルターのみなのに対して、iPhone 11は「ステージ照明」「ステージ照明(モノ)」「ハイキー照明(モノ)」での撮影も可能となっています。

iPhone 11ナイトモードに対応したため暗所撮影で光が足りない場面でも複数枚の画像を撮影して自動的に画像を合成することで明るくノイズの少ない綺麗な写真に仕上げることができるように。

夜間の公園をナイトモードを使って撮影をしてみました。

ナイトモードで夜間も明るく
ナイトモードで撮影すると明るくなる

実際は右の写真くらいの明るさですが、ナイトモードで撮影すれば公園全体に証明があるかのような写真に仕上げることができます。

スマートHDRは逆光でも白トビさせることなく自然な写真に仕上げることができる機械学習処理でiPhone XRでも使うことができましたが、iPhone 11はスマートHDRがさらに進化し次世代のスマートHDRになっています。

次世代のスマートHDR
次世代のスマートHDR

カメラの数だけならiPhone XS/XS Maxと同じですが、高性能なA13 Bionicプロセッサのおかげで高速に画像処理できるようになり、高精細でキレイな写真に仕上げることが可能になっています。

フロントカメラ・Face ID

iPhone XRは700万画素のインカメラを搭載していましたが、iPhone 11は1200万画素となりリアカメラと同じ画素数に高画素化しています。

iPhone 11・XR インカメラ比較
 iPhone 11iPhone XR
インカメラ1200万画素
ƒ/2.2のレンズ
700万画素
ƒ/2.2のレンズ
TrueDepthカメラ30%高速化した顔認証・Face ID顔認証・Face ID
動画撮影4K60P、1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応フルHD(1080pに対応

今までインカメラの動画はフルHD(1080p)まででスローモーション撮影ができませんでしたが、1080p(120fpsまたは240fps)のスローモーションビデオ撮影にも対応し、自撮りをすることが多い方には嬉しいスペックアップとなっています。

CPU・RAM・ストレージの違い

iPhone 11は新世代のA13 Bionicプロセッサを搭載しています。

iPhone 11とXR プロセッサのスペック比較
 iPhone 11iPhone XR
プロセッサA13 BionicA12 Bionic
RAM4GB3GB
ストレージ64GB
128GB
256GB
64GB
128GB

A13 Bionicは7nmプロセスルールで製造された新世代のCPUプロセッサで、微細化技術によりトランジスターの数が69億個から85億個に大幅に増えました。

基本的なコア数はA12 Bionicと同じで高性能CPUコアが2つ、高効率CPUコアが4つ搭載したプロセッサですが、性能を向上させつつ省電力なすごいチップに進化しています。

A13 Bionic vs A12 Bionic CPU性能
A13 Bionic CPUの性能

A13 Bionicの性能はA12 Bionicよりも20%高速化されているのに対して消費電力は25%〜40%ほど省電力になっています。

つまり、同じ処理をするにしても少ない電力で実行することができる…ということですね。iPhone 11とiPhone XRでGeekBench 5でCPUの性能を計測してみました。

A13 BionicとA12 Bionicの性能比較
A13 BionicとA12 Bionicの性能比較
iPhone 11・XRのCPUプロセッサ比較
 iPhone 11iPhone XR
プロセッサA13 BionicA12 Bionic
シングルコア13231106
マルチコア29552531
GPU56714451

CPUの性能は30%ほど速く、GPUも30%ほど性能アップしていることになります。これでA12 Bionicよりも25%以上も省電力になってるんだから凄いですよね。

ちなみに、2018年モデルのiPhone XS/XS MaxはA12 Bionicに4GBのメインメモリを搭載していたので、それよりもiPhone 11の方が性能が高い…ということになります。

これが10万円を切ったんだから安いんですよ…!(違う)

\iPhone 11をキャリアでチェック/

モバイル通信 速度の違い

iPhone 11は5Gには非対応ですが、最新のギガビット級LTEの規格に対応していて、iPhone XRよりも同じLTE回線でも高速データ通信ができるようになっています。(ソフトバンクはなぜか遅くなってる)

iPhone 11・XR LTE通信の性能
 iPhone 11iPhone XR
LTE2x2MIMOとLAA対応ギガビット級LTE2×2 MIMO LTE
ドコモ最大1388Mbps最大794Mbps
au最大968Mbps最大758Mbps
ソフトバンク最大500Mbps最大650Mbps

また、Wi-FiはiPhone XRは「MIMO(2×2) 802.11ac」なのに対して、iPhone 11は最新の「MIMO(2×2)802.11ax Wi‑Fi 6」に対応しています。

802.11axはWi-Fiの最新規格で超高速通信が可能。

ルーターが802.11axに対応していないと意味はないですが、これから普及が進んでいくはずです。iPhone 11を購入しておけば次世代の規格をいち早く体感することができそうですね。

バッテリー駆動時間の違い

iPhone 11シリーズは内部構造を大幅に見直したことで、バッテリー容量が大きく増えていてiPhone XRの3,110mAhからiPhone 11は3,650mAhに増えているという情報があります。

iPhone 11・XR バッテリーの性能
 iPhone 11iPhone XR
バッテリー容量

3,110mAh

2,945mAh
ビデオストリーミング最大10時間
ビデオ再生
(ワイヤレス)
最大17時間最大16時間
オーディオ再生
(ワイヤレス)
最大65時間最大65時間
高速充電に対応30分で最大50%充電

Appleは公式発表でもiPhone XRよりもiPhone 11の方が1時間ほど電池の持ちが良くなったとしています。

iPhone 11、iPhone XRともに急速充電に対応していて18Wの充電アダプタを使うことで30分で最大50%充電が可能となっています。

ただし、付属の充電器は5WなのでiPhone 11、iPhone XRで急速充電をするにはサードパーティー製の充電アダプタを購入する必要があります。

防水防塵性能の違い

iPhone XRはIP67等級の耐水防塵性能を持っていましたが、iPhone 11はワンランクアップしてIP68等級の耐水防塵性能に。

耐水防塵性能を比較
 iPhone 11iPhone XR
耐水IPX8(水深2mに30分耐えられる)IPX7(水深1mに30分耐えられる)
防塵IP6X

つまり、iPhone 11はiPhone XS/XS Maxと同等レベルの耐水性能を持ってることになります。水深1mだとプールに落としたら終了してしまう可能性がありますが水深2mなら耐えることができる可能性が高まりますよね。

カラーバリエーションの違い

iPhone 11、iPhone XRともに全6色のカラーバリエーションがあります。

iPhone 11・XR カラーバリエーションの比較
iPhone 11・XR カラーバリエーション
iPhone 11とXR カラーバリエーションの違い
 iPhone 11iPhone XR
カラーPRODUCT RED、イエロー、ホワイト、ブラック、グリーン、パープルPRODUCT RED、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー
iPhone 11 パープル

iPhone XRは鮮やかな本体カラーですが、iPhone 11は少し淡い感じの色合いのカラーになっているのが分かります。コーラルとブルーが廃止されて新色として薄いグリーンとパープルが追加されています。

iPhone 11のパープルカラー、美しくないですか?

iPhone 11・XR 端末価格の違い

Apple Storeの価格

Apple Storeで販売しているSIMフリー版のiPhone 11とiPhone XRの端末価格の違いを比較してみました。

iPhone 11とXR 端末価格の違い
 iPhone 11iPhone XR
64GB74,800円84,800円 → 64,800円に値下げ
128GB79,800円90,800円 → 69,800円に値下げ
256GB90,800円101,800円 → 廃止

iPhone 11の登場によってiPhone XRが64GBモデルが2万円も値下げしています。めちゃくちゃ安いですよね。

とはいえ、iPhone 11もiPhone XRが登場した時に比べると10,000円も安くなっているので買い求めやすくなっているのかなぁと思います。

ドコモの価格

ドコモのiPhone 11の販売価格は以下のとおりです。

iPhone 11とXR ドコモの販売価格
 iPhone 11iPhone XR
64GB2,200円/36回(79,200円)86,400円 → 68,400円
128GB2,400円/36回(86,400円)91,800円 → 75,600円
256GB2,700円/36回(97,200円)102,600円 → 86,400円

スマホおかえしプログラムを組み合わせることもできるので、64GBモデルなら52,800円(2,200円 × 24か月)でiPhone 11を買うことができます。(25カ月目に返却が必要)

auの価格

auのiPhone 11の販売価格は以下のとおりです。

iPhone 11とXR auの販売価格
 iPhone 11iPhone XR
64GB1,716円/48回(82,400円)88,111円 →
128GB1,825円/48回(87,600円)94,111円 →
256GB2,072円/48円(99,466円)105,000円 →

auはアップグレードプログラムEX(390円/月)を組み合わせることで実質半額でiPhone 11を使うことができるようになります。

つまりiPhone 11(64GB)41,200円 +(390円 × 24回 = 9,360円)= 50,560円ということになります。

ソフトバンクの価格

ソフトバンクのiPhone 11の販売価格は以下のとおりです。

iPhone 11とXR ソフトバンクの販売価格
 iPhone 11iPhone XR
64GB2,200円/48回(82,666円)98,666円 → 86,666円
256GB1,833円/48回(88,000円)104,444円 → 92,888円
512GB2,083円/48回(100,000円)115,555円 → 104,000円

ソフトバンクは半額サポート+(390円/月)を組み合わせることで実質半額でiPhone 11を使うことができるようになります。

つまりiPhone 11(64GB)なら41,333円 +(390円 × 24回 = 9,360円)= 50,693円ということになります。

ドコモ、au、ソフトバンクの料金を比較した記事はこちら。

iPhone 11・iPhone XR どっちを買うべきか

iPhone 11とiPhone XR
iPhone 11とiPhone XR

最後に最新モデルのiPhone 11、旧型のiPhone XRのどっちを買うべきかまとめたいと思います。

iPhone 11がおすすめの人は

iPhone 11は最新のiPhoneを安い価格で欲しい方におすすめのモデルです。

iPhone 11 ポイント
  • 6.1インチの液晶ディスプレイを搭載している
  • 最新のA13 Bionicを搭載していて高性能
  • 広角、超広角のデュアルカメラを搭載している
  • ペット、モノにポートレートモードを使用可能
  • フロントカメラが1200万画素で4K動画撮影も可能に
  • ストレージ容量 128GBモデルを選ぶことができる
  • 最新モデルなのに端末価格が74,800円と安め

上位モデルにiPhone 11 Pro/Pro Maxがありますが、トリプルカメラを搭載するなどかなりマニアックな端末になっています。しかも端末価格も高い。

しかし、iPhone 11なら74,800円でCPUプロセッサ、カメラも最新のスペックのモノを手に入れることができ、最新の体験を楽しむことができるのです。

特に2019年モデルのiPhoneに搭載された超広角カメラは今までのiPhoneでは撮影できなかった写真を簡単に撮れるので面白いと思うんですよね。

完全にカメラ化していってるiPhoneですが、写真を撮る機会は意外と多いものです。気軽に少しでもキレイな写真が撮影できるのはいいですよね。

\iPhone 11をキャリアでチェック/

なお、上位モデルのiPhone 11 Proが気になっている方はこちらをどうぞ。

iPhone XRがおすすめの人は

iPhone XRはスペックにあまりこだわらない方におすすめのモデルです。本体サイズ、重量はiPhone 11と全く同じなので使い勝手はほぼ同じと見てOKです。

iPhone XR ポイント
  • 6.1インチの液晶ディスプレイを搭載している
  • 1世代前のA12 Bionicを搭載している(性能は全く問題ない)
  • シンプルなシングルカメラを搭載している
  • 人物だけにポートレートモードを使用可能
  • ストレージ容量 128GBモデルを選ぶことができる
  • 旧型なので端末価格が64,800円と安い

iPhone XRは2018年モデルとして登場した時は割高感がありましたが、iPhone 11の登場により価格が2万円下がったことで魅力が一気に増しました。

64,800円でほぼ最新のジェスチャー操作に対応したiPhoneを使うことができるのですから。

iPhone 11の価格は74,800円なのでiPhone XRと10,000円の価格差があります。カメラにさほど興味がないならiPhone XRを選んでおけば間違いないですね。

また、ホームボタンを搭載しているiPhone 8/8 Plus以前のモデルを使っていて「はじめての新世代iPhoneを試したい!」という方にiPhone XRは最適なモデルといっても良いかもですね。

\iPhone XRをキャリアでチェック/

余った予算の10,000円を使ってAirPodsの資金の足しにした方がいいかな…。

iPhone 11とiPhone 11 Proの違いはこちらをどうぞ!

現在、Apple Storeで販売しているiPhoneを比較した記事はこちらをどうぞ。

iPhoneと合わせて買いたい周辺機器はこちら。