iPhone 11 ProとiPhone 11

Appleが新型iPhoneとなるiPhone 11、iPhone 11 Proを発表し、2019年9月13日(金)に予約を開始し9月20日(金)に発売することを明らかにしました。

5.8インチのOLEDディスプレイを搭載したiPhone 11 ProはiPhone XSの後継機種でまさにプロなハイエンドなiPhoneとなっています。

iPhone 11 ProとiPhone 11の価格差は32,000円です。プロの称号が与えられたiPhone 11 Proを選ぶべきか、無印のiPhone 11を選ぶべきか…。

ということで、ここではiPhone 11とiPhone 11 Proのサイズ、スペックの違いを徹底比較していきたいと思います。どちらを買うべきか悩んでいる方は参考にしてください。

iPhone11・iPhone11 Pro サイズ・スペックの比較

iPhone 11/11 Proの特徴と違い

iPhone 11 ProとiPhone 11の違いを簡単に
iPhone 11とiPhone 11 Proの大まかな違い

iPhone 11がiPhone XRの後継機、iPhone 11 ProがiPhone XSの後継機、という位置付けですがスペックの違いを比較してみました。

iPhone 11/11 Proの違い比較
 iPhone 11iPhone 11 Pro
画面サイズ6.1インチ5.8インチ
ディスプレイ液晶(1,792 x 828ピクセル)有機EL(2,436 x 1,125ピクセル)
3D Touch非搭載
リアカメラデュアルカメラ(超広角・広角)トリプルカメラ(超広角・広角・望遠)
CPUA13 Bionic
メインメモリ4GB4GB
ストレージ容量64/128/256GB64/256/512GB
生体認証顔認証・Face ID
耐水防塵IP68(水深2mまで)IP68(水深4mまで)
ワイヤレス充電Qi規格のワイヤレス充電に対応
バッテリービデオ再生:17時間ビデオ再生:18時間
フレームの素材アルミ(凹みやすい)+ 強化ガラスステンレス(傷つきやすい)+ テクスチャードマットガラス
本体カラー6色(パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド)4色(ミッドナイトグリーン、ホワイト、スペースグレイ、ゴールド)
本体サイズ150.9 x 75.7 x 8.3mm(194g)144.0 x 71.4 x 8.1mm(188g)
端末価格74,800円〜106,800円〜

iPhone 11は6.1インチのディスプレイとなっていて5.8インチのiPhone 11 Proよりも画面サイズが大きいのに価格を抑えたスタンダードモデルでiPhone Xから採用されているジェスチャー操作に対応したiPhoneとなっています。

ただ画面が大きいだけでなく表示できる作業領域もiPhone 11 Proよりも広いので、少しでも画面を有効活用したい方にはおすすめ。

また、リアカメラもデュアルカメラに進化していてポートレートモードもより自然な写真が撮影できるようになっています。

iPhone 11のメリット・デメリット

iPhone 11 プロダクトレッド

iPhone 11の特徴をまとめました。

iPhone 11の特徴
  • 6.1インチの大きい画面が見やすい
  • 液晶ディスプレイが時代遅れ感がある
  • A13 BionicでProとほぼ同じ性能
  • デュアルカメラで綺麗な写真が撮影できる
  • 次世代のスマートHDR、ナイトモードに対応
  • 128GBのストレージ容量を選べる
  • IP68等級の耐水防塵性能(水深2メートルで30分)
  • 端末価格が74,800円〜と安い
  • 本体カラーが豊富(6色)
  • 本体サイズが少し大きい

iPhone 11は2019年のスタンダードモデルなので価格がiPhone 11 Proより安く買えるのが最大のおすすめポイントです。

でもね、2019年のiPhone 11はただ安いわけじゃなくて超広角・広角のデュアルカメラ仕様になっていてProと同じA13 Bionicプロセッサも搭載しているので2018年のiPhone XRよりも確実に基本性能が向上しています。

iPhone 11は128GBのストレージ容量が選べるのですが5,000円の追加費用で64GB → 128GBになるって安い。

iPhone 11シリーズは動画性能が色々と大幅強化されているのでストレージ容量は多くあった方がいいのでiPhone 11を選ぶなら128GBにするのがいいと思いますよ。

iPhone 11 Proのメリット・デメリット

iPhone 11 Pro スペースグレイ

iPhone 11 Proの特徴をまとめました。

iPhone 11 Pro 特徴
  • 5.8インチの画面がちょうど良いサイズで使いやすい
  • 有機ELディスプレイが改良(Super Retina XDR)されて綺麗な画面に
  • トリプルカメラ(超広角・広角・望遠)で幅広い写真撮影が可能に
  • 次世代のスマートHDR、ナイトモードに対応
  • IP68等級の耐水防塵性能(水深4メートルで30分)
  • 512GBの大容量ストレージ容量を選べる
  • 本体カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールド、ミッドナイトグリーンの4色
  • 端末価格がちょいと高い(iPhone XSよりは安くなったけど)
  • 集合体恐怖症の方には辛いデザイン

iPhone 11 ProはiPhone XSの後継機種となっていて5.8インチのディスプレイを搭載してるため、若干大きめですがギリギリ片手操作もできるサイズ感を実現しています。

また、超広角カメラが追加されてトリプルカメラ仕様に。超広角から望遠カメラにより色んな撮影ができるようになり今までのiPhoneでは撮ることができない面白い写真が撮影が可能となります。

ただし、iPhone 11 Proは端末価格が高いのが辛いところ。5.8インチのサイズ感、トリプルカメラに魅力を感じるかどうかがiPhone 11 Proを選ぶポイントになるのかなと思います。

\iPhone 11/11 Proをチェック・予約する/

iPhone 11・iPhone 11 Pro 違いを徹底比較

ここからはiPhone 11とiPhone 11 Proの違いをもっと詳しく徹底比較していきたいと思います。

本体サイズ・画面サイズの違い

iPhone 11(6.1インチ)はiPhone 11 Pro(5.8インチ)よりも大きなディスプレイを搭載しているので、本体サイズも合わせて大きくなっています。

iPhone 11とiPhone 11 Proのサイズ比較
iPhone 11とiPhone 11 Pro サイズの違い
 iPhone 11iPhone 11 Pro
画面サイズ6.1インチ5.8インチ
本体サイズ150.9 x 75.7 x 8.3mm143.6 x 70.9 x 7.7mm
重量194g188g

本体の横幅がiPhone 11 Proは70.9mmなのに対してiPhone 11は75.7mmと広く、厚みも8.3mmとデブってます。手で持った感覚も明らかにiPhone 11の方が大きくて重いと感じると思います。

iPhone 11 Proのサイズはなんとか片手で操作できるギリギリの大きさですが、少しだけ本体サイズの大きいiPhone 11は片手で操作するのは難しく両手で使うのが基本になるでしょう。

ちなみに、iPhone 11はiPhone XR、iPhone 11 ProはiPhone XSと本体サイズは同じとなっています。(XRで明らかな欠点だったのに同じサイズのまま行くとはね…)

解像度・ディスプレイの仕様の違い

iPhone 11は液晶ディスプレイ、iPhone 11 Proは有機ELディスプレイを搭載していて解像度も違います。

iPhone 11とiPhone 11 Pro サイズの違い
 iPhone 11iPhone 11 Pro
画面サイズ6.1インチ(液晶)5.8インチ(有機EL)
解像度1,792 x 828ピクセル(326ppi)2,436 x 1,125ピクセル(458ppi)
コントラスト比1,400:1(標準)2,000,000:1(標準)
最大輝度625cd/m2(標準)800cd/m2(標準)-1200cd/m2
仕様True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、Haptic TouchHDRディスプレイ、True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、Haptic Touch

液晶ディスプレイ(LCD)は従来のスマホに採用されていたパネルで最新のハイエンドスマホには有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されることが多くなっています。

しかし、iPhone 11は価格を抑えたスタンダードモデルなので液晶パネルを採用しています。

液晶と有機ELの違い
  • 液晶(LCD):自ら光ることができないのでバックライトが必要で黒の表現が苦手
  • 有機EL(OLED):自ら光ることができるで消費電力が少なく色鮮やかで黒の表現も得意

スペックで比較すると有機ELディスプレイの方が良さそうに見えますが、同じ画面を表示しっぱなしにすると画面の焼き付き問題(最近は聞かなくなったけど)があるので一概にどちらが良いとは判断はできません。

液晶と有機ELの色合いの違い
液晶と有機ELの色合いの違い

また、iPhone 11 Proの方が解像度が高いのでより高精細に画面表示ができます。こちらはiPhone XRとiPhone XSの画面解像度の違いを比較したものです。

解像度の違い
解像度の違い

細かい文字やアイコンなどは解像度の高い有機ELディスプレイの方が高精細に綺麗に描画できているのが分かります。ただ、目視で比較しても違いが分からないレベルなので、画面解像度に関してはあまり気にしなくてもいいのかなと思います。

なお、iPhone 11 Proの有機ELは改良されて「Super Retina XDR」になっていて、さらにキレイでエネルギー効率が15%向上したディスプレイになっています。

iPhone 11 ProはiPhone XSよりもバッテリー駆動時間が長くなっていますが、このようなディスプレイの効率化も電池持ちに一役買っているのでしょうね。

3D TouchからHaptic Touchに

2019年モデルのiPhone 11、iPhone 11 Proは3D Touchは非搭載モデルとなってしまいました。

その代わり、iOS 13にてHaptic Touch(画面長押し)で3D Touchで起動できたショートカット機能が使えるように改良されています。

なので、基本的な使い方は3D Touchを搭載していたiPhone XS/XS Maxとほぼ同じと見ていいと思います。立て掛け型のワイヤレス充電を使っているときはむしろHaptic Touchの方が使いやすかったりしますしね。

3D Touchとは一体なんだったのでしょうか…。

顔認証のFace IDを搭載

iPhone 11、iPhone 11 ProともにTrueDepthカメラを搭載することで顔認証のFace IDによる画面ロック解除、Apple Payの決済ができるようになっています。

iPhone 11、iPhone 11 ProのFace IDは顔の認証速度がiPhone XS/XRよりも30%高速化されています。

iPhone 11/11 ProのFace IDは30%高速化

どちらもベゼルレススタイルとなっていますが、TrueDepthカメラを搭載するために画面の上にはノッチ(切り欠き)のあるデザインが引き続き採用されています。

2017年モデルのiPhone Xから3世代目のノッチスタイルですね。そろそろ、なんとかして欲しいところですが…。

リアカメラの違いを比較

デュアルカメラ とトリプルカメラ
デュアルカメラ とトリプルカメラ

iPhone 11のリアカメラにはデュアルカメラ 、iPhone 11 Proはトリプルカメラを搭載しています。広角カメラは新型のイメージセンサーを搭載しているのでiPhone XS/XS Max/XRよりもキレイで高精細な写真が撮影できるようになっています。

iPhone 11/11 Pro カメラの違い
 iPhone 11iPhone 11 Pro
広角カメラ1200万画素(新型センサー)
100%Focus Pixels
ƒ/1.8のレンズ
焦点距離26mm
超広角カメラ1200万画素
ƒ/2.4のレンズ
焦点距離13mm
望遠カメラ1200万画素
ƒ/2.4のレンズ
焦点距離52mm
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正(広角)デュアル光学式手ぶれ補正(広角・望遠)
ズーム性能2倍のズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
2倍のズームアウト・ズームイン
最大10倍のデジタルズーム
仕様次世代のスマートHDR、ナイトモード、6つのエフェクトを備えたポートレートライティング

iPhone 11、iPhone 11 Proは広角カメラと超広角カメラを搭載していて、より広い画角で写真撮影ができるようになるので開放感のある写真を簡単に撮影できるようになり、iPhone 11 Proは望遠カメラも搭載しているのでその場にいながら被写体に寄ることができます。

トリプルカメラの3つの画角
画角の違いを比較
  • iPhone 11:13mm〜26mm
  • iPhone 11 Pro:13mm〜52mm
  • iPhone XR:26mm
  • iPhone XS/XS Max:26mm〜52mm

iPhone 11はiPhone XRの標準画角から引いて広く撮影ができるようになっていて、デュアルカメラを搭載したことから人物だけでなくモノやペットにも背景をぼかすことができるポートレートモードを使えるようになりました。

スマートHDRは機械学習を使った先進的なアルゴリズムを使うことで白トビを抑えた目で見たそのままの雰囲気を撮影できる機能です。

次世代のスマートHDR
次世代のスマートHDR

iPhone 11/11 Proは次世代バージョンのスマートHDRに進化しさらにキレイな写真を残すことができるようになっています。

また、ナイトモードにも対応していてシャッターを押した瞬間に複数枚の写真を撮影してソフトウェアが画像を融合させて1枚のノイズが少なく、明るい、キレイな写真に仕上げることが可能に。

ナイトモード
ナイトモード

やっと、iPhoneにも夜景モードが搭載されましたね。これができると今まで撮影できなかった写真も気軽に撮れるようになるので、とっても楽しみ。

iPhone 11と11 Proのリアカメラの違いは望遠カメラの搭載有無のみです。超広角から広角カメラを使った写真の画質の差はないので、ズームして撮影することがないのならiPhone 11でOK…ということになりますね。

あと、集合体恐怖症の方は迷わずiPhone 11か旧型のiPhone XRを選びましょう…。

フロントカメラはiPhone 11、iPhone 11 Proともに1200万画素のイメージセンサーを搭載したものになり。4K60pとスローモーション(120fps)の動画撮影にも対応しています。

\iPhone 11/11 Proをチェック・予約する/

CPU・RAM・ストレージの違い

A13 Bionic
A13 Bionic

iPhone 11、iPhone 11 Proはどちらも新世代のA13 Bionicプロセッサを搭載するので、基本性能はほぼ同じと見ていいでしょう。

iPhone 11と11 Pro 性能の違い
 iPhone 11iPhone 11 Pro
プロセッサA13 Bionic
ニューラルエンジン6倍速く、毎秒1兆回の計算能力
Core ML3機械学習コントローラを内蔵
RAM4GB4GB
ストレージ64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB

A13 Bionicプロセッサは2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載したプロセッサでiPhone XS/XRに採用されていたA12 BionicよりもCPUの性能が20%速く、消費電力は30〜40%も改善されているとのこと。

  • A12 Bionic → A13 Bionic
  • CPU性能:20%高速に
  • GPU:20%高速に
  • 消費電力:20〜40%少なく
  • 機械学習:20%高速に

iPhone 11 Proは動画アプリ「FiLMic Pro」を使うことで3つのカメラを全て使って4K60pでの動画撮影が可能となりますが、高性能なA13 Bionicプロセッサを搭載しているので負荷のかかる作業でも問題なく使うことが可能となります。

通信性能の違い

iPhone 11とiPhone 11 Proは次世代のWi-Fi 6(802.11ax )に対応してWi-FI通信の速度が大幅に向上することになります。対応しているルーターが必要となりますが、これから普及すると思うので先駆けで対応するのはありがたい。

また、LTEの通信性能はiPhone 11、iPhone 11 Proともにギガビット級LTEに対応しています。

iPhone 11/11 Pro LTE通信の性能
 iPhone 11iPhone 11 Pro
LTE2x2MIMOとLAA対応ギガビット級LTE4×4 MIMOとLAA対応ギガビット級LTE
下りスピード調査中調査中
上りスピード調査中調査中

iPhone 11 Proは4×4 MIMOなのに対してiPhone 11は2×2 MIMOと対応アンテナの数が少なくなっているので、iPhone 11 Proの方が同じ環境下でもより高速通信ができるようになってそうですね。

バッテリー駆動時間の違い

iPhone XRはiPhone XSよりもバッテリー駆動時間が長くなっていましたが、iPhone 11 Proはバッテリー容量がiPhone 11よりも多くなったことで、1時間も長く駆動させることが可能に。

iPhone 11/11 Pro バッテリーの性能
 iPhone 11iPhone 11 Pro
バッテリー容量3110mAh3190mAh
ビデオ再生
(ワイヤレス)
最大17時間最大18時間
ビデオストリーミング
(ワイヤレス)
最大10時間最大11時間
オーディオ再生
(ワイヤレス)
最大65時間最大65時間
高速充電に対応30分で最大50%充電

iPhone 11 Proの電池持ちはiPhone XSよりも4時間も長くなっているので、とても使いやすくなるのではないでしょうか。

耐水防塵性能の違い

iPhone 11、iPhone 11 Proともに耐水防塵仕様となっており、iPhone 11 ProはIP68の水深4メートルに沈んでしまったとしても30分ほどなら耐えられる性能を持っています。

iPhone XRとXS 耐水性能の違い
 iPhone 11iPhone 11 Pro
等級IP68IP68
仕様水深2メートルに最大30分間の耐水性能水深4メートルに最大30分間の耐水性能

水深4メートルって凄いですよね…。そんなに深い湖に落としてしまったら拾うことができないと思いますが、もし救出することができた場合、壊れていないかもしれないので希望の光は見えますよね。

ただし、毎度ながら水没による故障は保証対象外となるので防水性能が向上したからといってむやみに水に浸けたりするのはやめておいたほうがいいでしょう。

カラーバリエーションの違い

iPhone 11とiPhone 11 Pro カラーバリエーション
iPhone 11とiPhone 11 Pro カラーバリエーション

カラーバリエーションはiPhone 11が全6色、iPhone 11 Proは全4色あります。

カラーバリエーション
  • iPhone 11:パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、プロダクトレッド
  • iPhone 11 Pro:ミッドナイトグリーン、ホワイト、スペースグレイ、ゴールド

2018年のiPhone XRは鮮やかならパステルカラーでしたが、iPhone 11は淡い落ち着いたカラーラインナップとなっててパープルとグリーンは完全新作のカラーとなっています。

iPhone 11 Proはシルバー、スペースグレイ、ゴールドに加えてミッドナイトグリーンという新色が追加されました。

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン
iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン

ミッドナイトグリーン…実際の色合いがかなり気になるところ。(カッコイイけど飽きそうなんだよね。)

\iPhone 11/11 Proをチェック・予約する/

端末価格の違い

iPhone 11、iPhone 11 Proの端末価格を比較してみました。

Apple Store

Apple StoreのiPhone 11/11 Proの端末価格は以下のとおり。

iPhone 11/11 Pro 端末価格
iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB74,800円106,800円119,800円
128GB79,800円
256GB90,800円122,800円135,800円
512GB144,800円157,800円

iPhone 11は64GBモデルなら74,800円、128GBモデルは5,000円追加で買うことができ、256GBモデルでも90,800円で買うことができます。ついに、10万円を切りました!(高いけど。)

また、iPhone 11 ProはiPhone XSと比較して6,000円安くなっていて、2019年モデルのiPhoneは2018年モデルよりもお財布に優しいiPhoneになっています。

ドコモ

ドコモのiPhone 11/11 Proの端末価格は以下のとおり。

iPhone 11/11 Pro ドコモ 端末価格
iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB2,200円/36回(79,200円)3,200円/36回(115,200円)3,500円/36回(126,000円)
128GB2,400円/36回(86,400円)
256GB2,700円/36回(97,200円)3,600円/月(129,600円)4,000円/月(144,000円)
512GB4,200円/月(151,200円)4,600円/月(165,600円)

au

auのiPhone 11/11 Proの端末価格は以下のとおり。

iPhone 11/11 Pro au 端末価格
iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB1,716円/48回(82,400円)2,411円/48回(115,733円)2,658円/48回(127,600円)
128GB1,825円/48回(87,600円)
256GB2,072円/48回(99,466円)2,738円/48回(131,466円)3,011円/48回(144,533円)
512GB3,230円/48回(155,066円)3,503円/48回(168,133円)

ソフトバンク

ソフトバンクのiPhone 11/11 Proの端末価格は以下のとおり。

iPhone 11/11 Pro ソフトバンク 端末価格
iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB1,722円/48回(82,666円)2,454円/48回(117,777円)2,750円/48回(132,000円)
128GB1,833円/48回(88,000円)
256GB2,083円/48回(100,000円)2,815円/48回(135,111円)3,120円/48回(149,777円)
512GB3,324円/48回(159,555円)3,620円/48回(173,778円)

付属品の違い

iPhone 11、iPhone 11 Proともに18Wの急速充電に対応していますが付属している充電アダプタが違うので注意です。

  • iPhone 11:5W充電アダプタ、USB-A to Lightningケーブル
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max:18W充電アダプタ、USB-C to Lightningケーブル

18Wの急速充電器とUSB-C to Lightningケーブルを組み合わせることで急速充電ができるので、iPhone 11を購入して急速充電したいと思ったら別途充電アダプタとケーブルを購入する必要があるので注意してください。

iPhone 11・iPhone 11 Pro どっちを買うべきか

最後にiPhone 11、iPhone 11 Proのどっちを買うべきかまとめたいと思います。

iPhone 11がおすすめの人は

iPhone 11のポイントは以下のとおり。

iPhone 11 ポイント
  • 大きい画面で動画を見たりゲームができる
  • iPhone 7/8 Plusから乗り換えてもサイズ的に違和感はない
  • 超広角と広角のデュアルカメラを搭載している
  • 望遠カメラがないのでズームに弱い
  • A13 Bionicの最新の高速プロセッサを搭載している
  • バッテリー容量が多いので電池持ちが良い
  • ちょうどいい128GBモデルを選べる
  • カラフルな本体カラーから選べる
  • 74,800円で最新のiPhoneを購入できる

iPhone 11は画面が6.1インチと大きくてデュアルカメラを搭載したスタンダードモデルです。端末価格もiPhone 11 Proよりも抑えられているので、最新のiPhoneを安く買いたい方におすすめです。

まあ、特にこだわりがないならiPhone 11でいいのかな…って思います。それならiPhone XRやiPhone 8でもいいんじゃないかとも思うくらいです。

iPhone 11 Proがおすすめの人は

iPhone 11 Proのポイントは以下のとおり。

iPhone 11 Pro ポイント
  • ちょうど良い画面サイズで片手操作もできる
  • A13 Bionicの最新の高速プロセッサを搭載している
  • トリプルカメラを搭載していて幅の広い撮影ができる
  • 水深4メートルの湖に落としても復活できる可能性あり
  • ミッドナイトグリーンという新色を使うことができる
  • バッテリー駆動時間がかなり改善された
  • タピオカiPhoneで話題に乗ることができる
  • 集合体恐怖症の方に嫌われる可能性あり

iPhone 11 ProはApple信者向けの端末です。試されているのです。最新鋭のiPhoneを手に入れたいなら間違いなくiPhone 11 ProかiPhone 11 Pro Maxを手に入れるべきでしょう。

11 Pro Maxは画面サイズが6.5インチとなったiPhone XS Maxの後継機種なので、画面サイズでどっちを選ぶか決めればいいでしょう。

iPhone 11/11 Proを買う方法

最新のiPhone 11/11 Proはドコモ、au、ソフトバンクで買うことができます。

現在は各キャリアの端末割引がなくなってしまったのでキャリアが設定した端末代金を一括、24回払い、36回払い、48回払いのいずれかで購入することになります。

なので、今使っている通信回線に合わせてiPhone 11かiPhone 11 Proへの機種変更をするのがいいのかなと思います。もちろん、MNPで違う通信会社に乗り換えてしまうのもいいのかもしれません。

各キャリアの料金プランについてはこちらの記事でまとめているので参考にしていただけたらと思います。

iPhoneはSIMフリー版が欲しいならApple Storeに行って買うかApple公式サイトからオンラインで手に入れることができます。

Appleで買うiPhoneは高い…。と思ってしまいがちですが安心してください。iPhoneはAppleローンを使えばSIMフリー版も分割で買うことができるようになっています。

iPhoneの全機種を比較した記事はこちらをどうぞ。

iPhoneを買ったら合わせて購入しておきたい周辺機器とアクセサリーはこちらをどうぞ。