iPhone 11 レビュー

iPhone 11は6.1インチディスプレイ、超広角カメラを搭載した2019年のスタンダードモデルです。

iPhone 11はiPhone XRの後継機種ですが、カメラ以外の違いはほぼないのに「11」のナンバリングの称号を得たことで「廉価版」という負の印象からうま〜く脱却したようにも感じます。

この記事では、iPhoneのスタンダードモデル・iPhone 11のデザイン、スペック、カメラの画質、使い勝手について徹底レビューしています。iPhone 11を検討している方は是非参考にしてください!

iPhone 11の特徴

iPhone 11はホームボタンを搭載していないベゼルレススタイルの新世代のiPhoneとなっていて、2018年発売のiPhone XRの後継機種という位置付けとなっています。

iPhone 11とiPhone XRの本体デザイン
iPhone 11とiPhone XRの本体デザイン
iPhone 11の特徴
  • 6.1インチの液晶ディスプレイ
  • アルミフレーム + 強化ガラスの筐体
  • 超広角 + 広角のデュアルカメラ
  • A13 Bionicプロセッサ + 4GBメインメモリ
  • 64GB、128GB、256GBのストレージ容量
  • IP68(水深2mに30分耐えられる)の耐水防塵
  • FeliCa、SuicaによるApple Pay決済に対応
  • 端末価格:74,800円〜

iPhone 11の外観はカメラの数がシングル → デュアルになってiPhoneのロゴが消えて、Appleのロゴマークが中央配置なったこと以外はiPhone XRとほぼ同じです。

サイズは全く同じなのでiPhone 11の操作感はiPhone XRとほぼ同じと見てOKです。もし、iPhone XRをお使いならiPhone 11に機種変更してもすんなりと使うことができるのかなと思います。

iPhone 11とiPhone XRの違い・比較こちらの記事をどうぞ。

iPhone 11 レビュー・評価

iPhone 11の外観デザイン

6.1インチのディスプレイを搭載していて上位モデルのiPhone 11 Proよりも画面が大きいのが特徴。

iPhone 11 手で持った感じ
iPhone 11を手で持つ

上位モデルよりも画面が大きいってなんか不思議な感じがしますが、5.5インチのiPhone 7 PlusiPhone 8 Plusよりも本体サイズが小さいのに画面サイズが大きいんですよね。

iPhone XRの時から口を大にして言い続けていますが、iPhone Plusユーザーの方がこのサイズのiPhone 11に機種変更するのはめちゃくちゃおすすめなんですよ。いいと思います。

iPhone 11は全6色(ブラック、グリーン、イエロー、パープル、(PRODUCT)RED、ホワイト)から選ぶことができますが、iPhone XRよりも淡い色合いになりました。

個人的にはパープルはかなり良い色ですよね。

iPhone 11 パープルカラー

美しい…。iPhone 11の背面パネルのガラスは少しだけ湾曲しているので手で持った時に手に馴染んで良い感じに使うことができます。

iPhone 11の背面パネル
iPhone 11の背面パネル

ガラスの質感がしっとりとしているので滑りにくくなっているのGoodです。

なお、iPhone 11 Proの背面パネルはテクスチャードマットガラスというマットな指紋が付かない素材となっていますが、iPhone 11は通常の強化ガラスとなっています。パープルのマットガラスも見てみたい…。

iPhone 11 Proはマットガラスを採用

まあ、スタンダードモデルなので仕方ないですよね。いつか、パープルなマットを見させてください。このマットガラスが気になったあなたは今すぐにiPhone 11 Proのレビューを見てください。

iPhone 11のサイドフレームはアルミ素材が採用されていてパープルの色と馴染んで優し〜い雰囲気を醸し出しています。

iPhone 11の音量ボタン
iPhone 11のミュート・音量ボタン

左側にミュートスイッチ、音量ボタン、右側にサイドボタンを搭載しています。

iPhone 11 サイドボタン
iPhone 11のサイドボタン

また、SIMカードスロットも本体右下にありますが、シングルなので一枚しかSIMカードが入りません。

しかし、iPhone 11はeSIMに対応しているので物理カード(ドコモ、au、ソフトバンクの音声回線) + eSIM(データ通信)のデュアル通信環境を構築することができます。

大手キャリアで料金プランを抑えながら大容量データ通信をeSIMで使う…ってことができるんですね。通信費用を抑えたい方におすすめですよ。

充電ポートは引き続きLightningポートとなっています。

 Lightningポート
Lightningポート

そろそろUSB-Cポートにして欲しいけど、上位モデルのiPhone 11 Proも Lightningポートを採用してますからね。まあ、今まで Lightningケーブルを使い回しできるので、これはこれで良いのかもしれません。

iPhone 11の最大の特徴はこのデュアルカメラでしょう。タピオカカメラになりきれなかったカメラって感じ。

iPhone 11のデュアルカメラ
iPhone 11のデュアルカメラ

まあ、愛嬌があって良いんじゃないですかね。可愛いらしい。

画面ディスプレイ・サイズの使いやすさ

iPhone 11は6.1インチのベゼルレスディスプレイを搭載していてiPhone XRと全く同じサイズ、解像度となっています。

iPhone 11 ディスプレイ
iPhone 11のディスプレイ

ディスプレイの細かいスペックも全く同じです!

iPhone 11とiPhone XR 画面の違い
 iPhone 11iPhone XR
画面サイズ6.1インチ(液晶)
解像度1,792 x 828ピクセル(326ppi)
コントラスト比1,400:1(標準)
最大輝度625cd/m2(標準)
仕様True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、Haptic Touch

今流行りの有機ELではなく液晶ディスプレイですが十分キレイな表示性能を持っています。

iPhone 11の素晴らしいところはiPhone 8 Plusよりも本体サイズが小さいのに画面の表示領域が広いところです。iPhone 8(4.7インチ)、iPhone 11(6.1インチ)、iPhone 8 Plus(5.5インチ)で画面の大きさと表示領域を比較してみました。

iPhone 11の画面の大きさを比較
iPhone 11は広く画面を使うことができる

iPhone 11の画面は縦に長いので情報量がiPhone 8/8 Plusよりも多く表示することができるので、とても画面が見やすいしスクロール量を減らすことができて指が疲れません。

5.8インチのiPhone 11 Proと比べると6.1インチのiPhone 11は少し大きめサイズなので片手操作はなかなか難しいのかなと思います。

しかし、iPhone 8 Plusよりも本体サイズはコンパクトですし、両手で使うことを前提でiPhone 11を手にすれば、まあ慣れてくるので問題はないのかなと思います。

デュアルカメラで撮影できる写真

iPhone 11は超広角と広角の二つのカメラを搭載したデュアルカメラ仕様となっています。

iPhone 11 デュアルカメラ
iPhone 11のデュアルカメラ
iPhone 11・XR カメラの違い
 iPhone 11iPhone XR
広角カメラ1200万画素(新型センサー)
ƒ/1.8のレンズ
1200万画素
ƒ/1.8のレンズ
超広角カメラ1200万画素
ƒ/2.4のレンズ
手ぶれ補正光学式手ぶれ補正(広角)
ズーム性能2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
最大5倍のデジタルズーム
写真の機能ナイトモード
ポートレートモード
次世代のスマートHDR
6つのエフェクトのポートレートライティング
ポートレートモード
スマートHDR3つのエフェクトのポートレートライティング
動画4k60pの動画撮影に対応、オーディオズーム、QuickTakeビデオ4k60pの動画撮影に対応

2018年モデルのiPhone XS/XS Maxもデュアルカメラでしたが、iPhone 11は超広角という広い視野を撮影することができるカメラを搭載しているのでカメラの性質はかなり異なります。

すべて同じ場所から撮影した写真ですが、iPhone 11は「広角」と「超広角」の視野で撮影が可能となっています。

望遠カメラもとても便利なので僕はよく使っていますが、超広角カメラなら今までとは違った雰囲気の写真が撮影できるので面白いんですよね。

iPhone 11 超広角カメラで撮影

動画撮影でも超広角カメラでの撮影ができるので、タイムラプスと組み合わせることでこんな感じの動画が簡単に撮影可能です。

超広角カメラには光学式手ぶれ補正は非搭載ですが、しっかりと電子手ぶれ補正が効いてるので手持ちでの動画撮影も問題ないようです。

ポートレートモードで雰囲気のある写真を

iPhone 11は背景をぼかすことができるポートレートモードに対応していますが、iPhone XRでは人物限定だったのがモノに対しても使えるようになりました。

ポートレートモード
  • iPhone 11:モノ・人物
  • iPhone XR:人物のみ

こんな感じで食レポも背景をぼかして雰囲気のある写真に仕上げることができます。

iPhone 11 ポートレートモード

また、人物撮影時の制限も緩くなっていてiPhone XRでは離れすぎるとポートレートモードを有効にできなかったのがiPhone 11ではそこそこ離れても撮影が可能になっています。

iPhone 11 ポートレートモードの撮影可能距離
iPhone 11のポートレートモードの撮影可能距離

これは嬉しい改善点ですよね。

  • iPhone XR:約0.2m ~ 約1m
  • iPhone 11 :約0.25m ~ 約2.5m

iPhone 11のポートレートモードは超広角カメラと広角カメラのデータを組み合わせて背景をぼかしているので、シングルカメラのiPhone XRよりも幅広い写真に仕上げることができるのでしょうね。

次世代のスマートHDRで白トビが抑えられる

iPhone 11はスマートHDRを搭載していて、明暗差のある(逆光)シーンでも白トビを抑えながら被写体をしっかり表現できるようになっています。

スマートHDRの有無

スマートHDRはiPhone XRにも搭載されていましたが、iPhone 11は次世代のスマートHDRに進化しています。

正直なところ、違いがイマイチわかりません(笑)…が、本来なら撮影技術が必要な場面でもiPhone 11があれば簡単に綺麗な写真に仕上げることができるので、iPhoneの写真の画質にこだわる方にはぜひ手に取って試してみて欲しい。

ナイトモードで暗所でも明るく撮影

iPhone 11はナイトモードを使って暗いところでも明るい写真を撮影できます。ナイトモードは数秒間シャッターを切った状態となり、複数の画像をA13 Bionicプロセッサが合成処理をして明るく綺麗な写真に仕上げるというモノ。

こんな感じで暗いところだと自動的にナイトモードが発動します。

真夜中に撮影したので本来なら電灯しか灯が無いのですが、iPhone 11のナイトモードを使うことで、こんなに明るい写真に仕上げることができます。なかなか面白いですよね。

インカメラの画質が向上

iPhone 11 インカメラ

iPhone 11のフロントカメラは1200万画素のイメージセンサーを搭載していてiPhone XRの700万画素から高画素化しています。

iPhone 11・XR インカメラ比較
 iPhone 11iPhone XR
インカメラ1200万画素
ƒ/2.2のレンズ
700万画素
ƒ/2.2のレンズ
TrueDepthカメラ顔認証・Face ID
動画撮影4K60P、1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応フルHD(1080pに対応

画素数アップによる画質の向上だけでなく、カメラが一つしかありませんが広角だけでなく超広角で撮影できるようになっているので、より広い視野で自撮りをすることができるようになっています。

iPhone 11のインカメラ
iPhone 11のインカメラは超広角に対応

また、高画素化により4K動画とスローモーション撮影にも対応しています。自撮りで動画を撮影する方にとっては嬉しいスペックアップといえるでしょう。

CPUの性能と動作速度

iPhone 11は上位モデルと同じA13 Bionicを搭載していて、メインメモリも4GBと同じとなっているので、処理性能は下位モデルだけど上位と全く同じ…。

ということは、画面解像度がiPhone 11の方が低いからもしかしたらiPhone 11の方が体感速度は速い…かもしれませんよ?

Geekbench 5でCPUの性能を計測してみました。

A13 BionicとA12 Bionicの性能比較
A13 BionicとA12 Bionicの性能比較
iPhone 11のCPUプロセッサ比較
 iPhone 11iPhone XR
プロセッサA13 BionicA12 Bionic
シングルコア13231106
マルチコア29552531
GPU56714451

CPUの性能は30%ほど速く、GPUも30%ほど性能アップしていることになります。性能アップをしながらA12 Bionicよりも25%以上も省電力になってのがA13 Bionicのすごいところ。

では、実際の動作に違いがあるのかをiPhone 11とA11 Bionicを搭載しているiPhone 8 Plusで比較をしてみました。

iPhone XRとの比較も撮ったんですけど、あまりにも違いがなかったのでiPhone 8 Plusとの比較にしています。とはいえ、A11 Bionicを搭載しているiPhone 8 Plusの速度も普通に速いんですけどね。

ただ、全体的な安定感はやはりiPhone 11の方が上になっているにかなと体感で感じます。やっぱり、最新のプロセッサの方が快適なのは当然なのかな。

ジェスチャー操作で快適に

iPhone 11はホームボタンを搭載していないベゼルレスディスプレイを搭載した機種で、画面ロック解除やApple Pay決済は顔認証のFace IDを使ってすることになります。

iPhone 11 画面ロック解除
ジェスチャーで画面ロック解除

ホームボタンのあるiPhoneからiPhone 11に乗り換えると最初は違和感があるかもしれませんが、1日も使えばすぐに慣れるのかなと思います。

ただし、マスクをしていると顔認証ができないので普段から素顔を隠している方はiPhone 11に乗り換えるとちょっと辛いかも…。

アプリの切り替えもジェスチャー操作で可能となっています。

iPhone 11 アプリの切り替え
簡単にアプリ切り替えができる

ジェスチャー操作は慣れれば超便利なので、これからiPhone 11やiPhone XRなどに機種変更をしようかなーって思ってる方はこちらを参考にどうぞ。

急速充電に対応。ただし…

iPhone 11は急速充電に対応しています。ただし、iPhone 11に同梱しているには5WのUSB-Aタイプの充電アダプタ + USB-A to Lightningケーブルとなっています。

iPhone 11 付属品
iPhone 11 付属品

つまり、iPhone 11で急速充電をしたいなら別途サードパーティー製の10W以上の充電アダプタとケーブルを購入する必要があります。

せっかく急速充電に対応しているのに純正の充電器で威力を発揮できないって残念すぎ…。もし、急速充電器を使えば約15W(8.8V × 1.7A)での充電が可能となります。

急速充電で3倍の充電速度に

つまり、5Wの付属の充電器を使うよりも3倍も速く充電することができるということですね。30分ほどで40%〜50%ほど充電ができるので急速充電はマジでおすすめ。

iPhone 11を購入したら合わせて充電器を手に入れておくのが良いでしょう。

USB-C to Lightningケーブルも必要ですね。

ワイヤレス充電に対応

また、ワイヤレス充電にも対応しているのでQi対応のワイヤレス充電器があればケーブルレスでiPhone 11を給電することができます。

iPhone 11をワイヤレス充電

最近のワイヤレス充電器は出力が向上していてAnkerのワイヤレス充電器は7.5Wの高出力に対応しています。そんなに急いで充電する必要がないならワイヤレスでもいけますよ。

なお、Apple Watchを合わせて使っているならiPhoneApple Watchを同時充電できる「Belkin BOOST UPワイヤレス充電器」があると便利ですよ。

IP68(水深2mに30分耐えられる)耐水に対応

iPhone 11はIP68等級の耐水性能を持っていて、水深2メートルのところに本体を沈めて30分ほどは耐えることができます。

IP68等級の耐水に対応
iPhone 11は多少濡れても大丈夫

なので、雨に濡れてしまったり、台所の水がかかってしまったなど、生活するにおいて発生しそうな水濡れ事故でも壊れるリスクを減らすことができます。

ただし、水濡れによる故障は保証対象外なので注意です。

…よく分からないですよね。これでCMとかしてアピールしてるのに水濡れによる故障は対象外って。なので、あくまで保険的な考えでいた方が良いのかも。

iPhone 11 レビュー・評価のまとめ

iPhone 11は6.1インチディスプレイにデュアルカメラを搭載した2019年のiPhoneのスタンダードモデルです。

CPUプロセッサなど内部スペックは上位モデルと同じなのでコストパフォーマンスはかなり良い端末になっています。

2018年のiPhone XS/XS Maxを使っている方がiPhone 11に機種変更はおすすめはできませんが、ホームボタンを搭載しているiPhone 8/8 Plus以前の機種からの乗り換えをするなら選択肢に入ってくるのかなと思います。

iPhone 11がおすすめな人は
  • iPhone 7/8 Plusからの乗り換え
  • デュアルカメラ(超広角 + 広角)に魅力を感じる
  • A13 Bionic + 4GB RAMで快適操作をしたい
  • 少しでも購入費用を抑えながら最新のiPhoneを使いたい

iPhone 11は見た目や使い勝手はiPhone XRと変わりありませんが、価格が安くなったことで魅力度が一気に増しました。

74,800円で超広角カメラにA13 Bionic + 4GB RAMを搭載した最新のiPhoneを使うことができるのは高いけど安いですよ。62,800円のiPhone 8 Plusに12,000円を追加するだけでiPhone 11を手に入れることができるのですから。そう考えると安くない?(高いけど。)

ただし、デメリットもあるので以下の点を考慮しておきましょう。

iPhone 11のデメリット
  • ベゼル(画面の黒縁)がデブッちょでダサい
  • 本体端末が8.3mmと少し分厚い
  • 望遠カメラを搭載していない

というわけで、iPhone Plusを使っている方はiPhone 11という選択肢は大いにアリなので検討してみてください!

iPhone 11シリーズの違い、比較はこちらをどうぞ。

iPhone 11 Proのレビューはこちら。

iPhone 11を買う方法

最新のiPhone 11はApple Store、ドコモ、au、ソフトバンクで買うことができます。

Apple Storeで販売しているSIMフリー版のiPhone 11とiPhone XRの端末価格の違いを比較してみました。

iPhone 11とXR 端末価格の違い
 iPhone 11iPhone XR
64GB74,800円84,800円 → 64,800円に値下げ
128GB79,800円90,800円 → 69,800円に値下げ
256GB90,800円101,800円 → 廃止

iPhone 11の登場によってiPhone XRが64GBモデルが2万円も値下げしていて、めちゃくちゃ安いですよね。

とはいえ、iPhone 11もiPhone XRが登場した時に比べると10,000円も安くなっているので買い求めやすくなっています。

現在は各キャリアの端末割引がなくなってしまったのでキャリアが設定した端末代金を一括、24回払い、36回払い、48回払いのいずれかで購入することになります。

なので、今使っている通信回線に合わせてiPhone 11かiPhone 11 Proへの機種変更をするのがいいのかなと思います。もちろん、MNPで違う通信会社に乗り換えてしまうのもいいのかもしれません。

各キャリアの料金プランについてはこちらの記事でまとめているので参考にしていただけたらと思います。

iPhoneはSIMフリー版が欲しいならApple Storeに行って買うかApple公式サイトからオンラインで手に入れることができます。

Appleで買うiPhoneは高い…。と思ってしまいがちですが安心してください。iPhoneはAppleローンを使えばSIMフリー版も分割で買うことができるようになっています。

iPhoneの全機種を比較した記事はこちらをどうぞ。

iPhoneを買ったら合わせて購入しておきたいiPhoneの周辺機器・アクセサリーはこちらをどうぞ。