シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone XS/XS MaxとiPhone X/8 Plus スペックの違いを比較!どれを選ぶべきか?


20180913054330j:plain

AppleがiPhone XSとiPhone XS Maxを2018年9月21日に発売を開始しました。iPhone XSは5.8インチのOLEDディスプレイを搭載した2017年モデルのiPhone Xの後継機、iPhone XS MaxはiPhone 8 Plusの後継機という位置付けとなります。

ここでは、iPhone XSとiPhone XS Maxは従来のモデルであるiPhone XやiPhone 8 Plusから何が進化したのかスペックやデザインを比較してどれを選ぶべきなのかを見ていきたいと思います。

 

iPhone XSとiPhone XRの違いはこちらの記事(▶︎ iPhone XRとiPhone XS どっちがおすすめ?サイズ・スペックの違いを比較!)で詳しく書いています。

↓ iPhone XS/XS Max/XRをキャリアで買う ↓

iPhone XS/XS MaxとiPhone X/8 Plusのスペックの違いを比較

iPhone XS / XS Maxの新機能

iPhone XS/XS MaxはiPhone Xから何が新しくなって進化したのか少しわかりにくかったので一覧にしてまとめてみました。

iPhone XS/XS Maxで新しくなったところ
  • ディスプレイが5.8インチと6.5インチの2サイズに
  • A12 Bionicチップで高性能・省電力に(7nmプロセスルールを採用)
  • カメラは新しいイメージセンサー、ISP、アルゴリズムで綺麗な写真を撮影可能に
  • ポートレートモードの背景のボケがより正確に
  • ボケ量を調整できる深度コントロールを搭載
  • IP68等級の防塵耐水性能(浸水2メートルで30分)
  • デュアルSIMに対応(nanoSIM・eSIM)

性能が向上した以外に大きな違いはありませんが、カメラの画質が大幅に向上してポートレート機能が強化され撮影後に背景のボケを調整することができる深度コントロールをすることができるのは大きな進化といえるでしょう。

また、防塵耐水性能がIP67からIP68にグレードアップしたのも日常の生活の上で大事な耐久性アップといえそうです。

画面サイズ・デザインの違い

iPhone XSは5.8インチサイズのOLEDディスプレイを搭載しており基本的なスペックはiPhone Xと同じです。iPhone XS MaxはiPhone 8 Plusの後継機種という位置付けとなり6.5インチのOLEDディスプレイを搭載したフラグシップモデルとなっています。

iPhone XS/XS MaxとiPhone X/8 Plusのスペックの違いを比較してみます。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
画面サイズ 6.5インチ 5.8インチ 5.5インチ
ディスプレイ OLED(有機EL)
Super Retina HD
タッチセンシング:120Hz
LCD(液晶)
Retina HD
アスペクト比 19.5:9 16:9
解像度 2,688 x 1,242ピクセル(458ppi) 2,436 x 1,125ピクセル(458ppi) 1,980 x 1,080ピクセル(401ppi)
コントラスト比 1,000,000:1(標準) 1,300:1コントラスト(標準)
最大輝度 625cd/m2
カラー 広色域(P3)/ True Toneディスプレイ
HDR 対応(HDR10) 非対応
3D Touch 対応

iPhone XS/XS Maxのリフレッシュレートが120Hzに対応したと一部で話題になっていますが、ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzのままでタッチセンシングが120Hzに対応しただけでiPhone Xから採用されているようです。

20180913072344j:plain

つまりタッチセンサーの精度がiPhone 8/8 PlusよりもiPhone XS/XS Max/Xの方がより高くスムーズに操作をすることができるようになっており、ジェスチャー操作に適したハードウェア構成になっているといえるのです。

iPhone XS/XS Maxはステンレス素材のサイドフレームにガラス素材の背面パネルを採用したiPhone Xとほぼ同じデザインとなっていますが、iPhone 8 Plusはアルミフレームなので質感は大きく異なります。

20180913050500j:plain

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
カラー スペースグレイ、シルバー、ゴールド スペースグレイ、シルバー スペースグレイ、シルバー、ゴールド
サイズ 157.5 x 77.4 x 7.7 mm 143.6 x 70.9 x 7.7 mm 158.4 x 78.1 x 7.5 mm
重量 208g 177g 174g 202g

本体サイズはiPhone XSとiPhone Xは全く同じとなっています。

iPhone XS Maxは画面は大きくなりましたが、筐体サイズはiPhone 8 Plusよりも少しだけ小さくなりましたが、分厚くなり、重量がわずかに重くなっていることからiPhone 8 PlusからiPhone XS Maxに乗り換えて小さいと感じることはありません。

iPhone 8 PlusとiPhone XS Max

左:iPhone 8 Plus、右:iPhone XS Max

iPhone XSはiPhone Xの後継機種なのでデザインがほぼ同じのも納得ですが全く同じというのも少し珍しいパターンといっていいかもしれません。iPhone XS/XS MaxはLightningコネクタの隣にアンテナラインが新たに追加されているのですがiPhone 4からiPhone 4sにアップデートされた時と少し似ているのかもしれません。

耐水性能の違い

iPhone XS/XS MaxはIP68等級の防塵耐水に対応をしており、これまでよりも耐水性能が向上しています。iPhone XとiPhone 8 PlusはIP67等級の防塵耐水性能となっています。

一般的なIP67とIP68の定義はこうなっています。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
等級 IP68 IP67
耐水性能 連続的に水中に置いても水が侵入しない 一定の水圧で30分間水中に浸けても水が侵入しない
防塵性能 粉塵が内部に侵入しないこと

AppleはiPhone XS/XS Maxを2メートルの水中の中に30分間を水没しても耐えることができる性能があるとしており、iPhone Xは1メートルだったのでより深いところに水没してしまっても耐える性能を持ったことになります。

各iPhoneの耐水性能の違い
  • iPhone XR/X/8/8 Plus:水深1メートルで30分の耐水性能
  • iPhone XS/XS Max:水深2メートルで30分耐水性能

また、水だけではなくコーヒーやお茶、お酒といった液体からもiPhoneを守ることができるようになっています。IP67等級に対応していたiPhone 8で水で壊れたという声も少なからずあったので、IP68のiPhone XS/XS Maxはこのような水没事故を防ぐことができそうです。

 

CPU・RAM・ストレージの違い

iPhone XS/XS PlusにはA12 Bionicチップというプロセッサを搭載しており、iPhone XのA11 Bionicと同じ6つのCPUコア(高性能コア2つ + 省電力コア4つ)を内蔵したプロセッサで、GPUに関しては3コアから4コアに増加しています。

プロセスルール(半導体の配線幅)が10nmから7nmと微細化し、A11 BionicよりもA12 BionicのCPUの性能は15%向上、GPUの性能は50%向上し、消費電力が50%少なくなっています。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
プロセッサ A12 Bionic チップ A11 Bionicチップ
CPUコア数 6コア
(高性能コア2 + 高効率コア4)
GPU Apple独自4コアGPU Apple独自3コアGPU
RAM 4GB 3GB
ニューラルエンジン 8コア
(毎秒5兆の演算処理)
2コア
(毎秒6000億の演算処理)
ストレージ 64GB/256GB/512GB 64GB/256GB
性能 CPU:A11より15%高速
GPU:A11より50%高速
CPU:A10より70%高速
GPU:A10より30%高速

RAMの容量はiPhone X/8 Plusは3GBですが、iPhone XS/XS Maxは4GBと容量が増えているので、アプリの切り替えなどが今まで以上に快適に動作することになるでしょう。

各iPhoneのRAMの容量の違い
  • iPhone X/8/8 Plus:A11 Bionic、3GB RAM
  • iPhone XS/XS Max:A12 Bionic、4GB RAM

A12チップにもニューラルエンジンと呼ばれるハードウェアを内蔵しており機械学習をすることでより高度な処理が可能となっていますが、A12 Bionicのニューラルエンジンのコア数が2つから8つに増えて毎秒6000億から5兆の演算が可能となりA11 Bionicと比較して最大9倍も処理が高速化されています。

ニューラルエンジンは画像認識や音声認識を得意とし主に顔認証のFace IDやアニ文字、ARといった空間認識処理が必要な処理で使用されており、A12 Bionicによりより高速に処理できるようになり全体的な動作速度が大きく向上しています。

カメラ性能の違い

iPhone XS/XS Plusの背面カメラはiPhone Xと同じデュアルレンズ(広角・望遠)カメラを搭載し、1200万画素のイメージセンサーが採用しています。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
広角カメラ 32%大型化した1200万画素・ƒ/1.8 1200万画素・ƒ/1.8 1200万画素・ƒ/1.8
望遠カメラ 1200万画素・ƒ/2.4 1200万画素・ƒ/2.8
手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
仕様 光学2倍ズーム
10倍デジタルズーム
ポートレートモード
クアッドLED True Toneフラッシュ
動画性能 光学2倍ズーム
10倍デジタルズーム
4K(24/30/60fps)
1080p(30/60fps)
映画レベルの手ぶれ補正
1080p(120/240fps)スローモーション

iPhone XS/XS Maxのリアカメラの画素数は1200万画素とiPhone X/8 Plusと同じですが、新世代のイメージセンサーを搭載しており「より深く、より大きなピクセルを採用した」としているので、もしかしたらイメージセンサーが大型化された可能性がありそうです。(iFixitが分解レポートによりiPhone XS/XS Maxの広角カメラのイメージセンサーが32%大型化していることが明らかになりました。)

基本的に画素センサーが大型化されると画質は大幅に良くなります。

実際にiPhone XS Maxを購入してiPhone Xとカメラの画質を比較してみましたが、iPhone XS/XS Maxのカメラはめちゃくちゃ綺麗に写真を撮ることができるようになっています。詳しくはこちらの記事「iPhone XS Max レビュー!大きすぎる画面に白飛びしないカメラが魅力も欠点もある!」を参考にしてください。

iPhone XS/XS Maxの背面カメラはとにかく高精細でとっても綺麗な写真を撮影ができます。スペシャルイベントでiPhone XSのカメラの撮って出しだという写真を公開していましたが、髪の毛一本まで再現しつつ背景をボカすことができていました。

20180913050939j:plain

これが本当にiPhoneで撮影することができるのなら一眼レフカメラいらずと言ってもいいかもしれません。また、iPhone XS/XS Maxは背景のボケ具合を撮影中・撮影後に自由に調整することができる深度コントロール機能を搭載しています。(リアルタイム深度コントロールはiOS 12.1で対応予定。)

20180913035918j:plain

HUAWEIのスマートフォンなどにすでに深度コントロール機能が搭載されていましたがAppleも追従して同様の機能を実装してきましたね。

イベントで公開されていた映像が本当にiPhone XSのものならかなり精度が高くなっているように感じました。iPhoneのカメラでここまで綺麗に写真を撮ることができるようになったら、ちょっとした撮影はiPhone XS/XS Maxでいいんじゃないかと思ってしまいますね。

iPhone XS/XS MaxはスマートHDRという機能を搭載し、暗部と明部組み合わせてより繊細な写真を生み出すことが可能となっています。

20180913054823j:plain

スマートHDRは高速読み出しをすることができる新型のイメージセンサーと高性能なA12 Bionicプロセッサに内蔵されたニューラルエンジン、強化されたISP(映像エンジン)、新しいアルゴリズムにより実現したもの。

通常のHDRとなにが違うのか詳しくは分かりませんが、より精度の高く自然に処理をすることができるようになったのがスマートHDRとなっています。

iPhone XS/XS MaxのスマートHDRは本当にすごい技術となっており、iPhone X/8 Plusだと白飛びしてしまっていたようなシーンでもiPhone XS/XS Maxなら白飛びせずに綺麗に撮影することができるようになりました。

実際にスマートHDRを使って撮影した写真がこちらです。

20180925114935j:plain

iPhone XS/XS Maxのカメラは白色の素材もリアルに切り取ることができ、一眼レフカメラよりも綺麗に撮影できるシーンがあるのは本当に驚きです。iPhone XS/XS Maxのカメラについてはこちらのレビュー記事「iPhone XS Max レビュー!大きすぎる画面に白飛びしないカメラが魅力も欠点もある!」を参考にしてください。)

ただし、スマートHDRにより逆光に強くなるのは嬉しいですが、雰囲気のある写真を撮影するときには少し邪魔な機能になってしまうこともありそうですが、設定からスマートHDRをOFFにすることができるので状況に応じて設定を変更していきましょう。

なお、10月26日に発売が開始するiPhone XRはシングルカメラ仕様ですがポートレートモードに対応していて背景をボカすことができるようになっています。

iPhone XSとiPhone XRの比較記事はこちらをどうぞ!

iPhone XS/XS Maxの動画はステレオ音声の録音に対応をしているので、動画撮影にこだわるのならiPhone XS/XS Maxは良い選択肢となるでしょう。

  • iPhone X/8 Plus:1200万画素、HDR、ポートレートモード
  • iPhone XS/XS Max:より綺麗な1200万画素、スマートHDR、精度が向上したポートレートモード

iPhone XS/XS Maxの前面カメラはiPhone X/8 Plusと同じように700万画素のイメージセンサーが搭載されています。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
画素数 700万画素・ƒ/2.2
仕様 Face ID
ポートレートモード
アニ文字、1080p HD動画撮影
Retina Flash
1080p HD動画撮影
Retina Flash

もちろん、Face IDで使用するためのドットプロジェクタ、投光イルミネーター、赤外線センサーを組み合わせたTrueDepthカメラも搭載されています。

Face IDの顔認証速度の違い

iPhone XS/XS MaxはiPhone Xと同じようにホームボタンがない代わりにフロント上部にTrueDepthカメラ(イメージセンサー、ドットプロジェクタ、赤外線カメラ、投光イルミネータ)を使った顔認証機能・Face IDが搭載されています。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
生体認証 顔認証
高速化されたFace ID
顔認証
Face ID
指紋認証
Touch ID

A12 Bionicチップとニューラルエンジンの性能が大幅に向上したことによりiPhone XS/XS MaxのFace IDの顔認証速度がiPhone Xよりも高速化しています。(追記:iOS 12のアップデートによりiPhone XのFace IDも高速化されたのでiPhone XS/XS Maxだから早くなったというわけではないようです。)

2018年モデルの新型iPhoneはホームボタンを搭載した従来のiPhoneのスタイルを完全撤廃した形となり、ユーザーはTouch IDからFace IDに完全移行せざるおえない状況となりますが、実際に使ってみれば分かりますが慣れてしまえばFace IDもなかなか使いやすいですしジェスチャー操作もとても快適に使うことができます。

ただし、指紋認証のTouch IDのほうが使いやすいなーと感じる場面があるのも事実で、こんなシチュエーションだとFace IDは使い勝手が悪くなってしまいます。

Face IDが苦手なシーン
  • マスクをしている
  • 布団の中に潜る
  • 女装、男装、変装する

ディスプレイ内蔵式の指紋認証が搭載されればこの問題は解決しますが、2018年モデルのiPhone XS/XS Maxはこの問題は解決されていないので2019年モデルには期待したいところ。

夏はまだ良いとしても冬になるとマスクを付ける人も増えると思うので季節によってはiPhone XS/XS Maxは使いづらさを感じることもあるのかもしれません。

 

ワイヤレス通信性能の違い

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
LTE通信 4x4 MIMOとLAA対応ギガビット級LTE
4G LTE-Advanced Cat.16(受信1.0Gbps、送信?Mbps)
デュアルSIM(nanoSIM +eSIM)に対応
4G LTE-Advanced Cat.15(受信800Mbps、送信50Mbps)
Wi-Fi通信 802.11a/b/g/n/ac MIMO対応Wi-Fi
Bluetooth 5.0
位置情報 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
NFC リーダーモード対応NFC、予備電力機能付きエクスプレスカード、FeliCa対応 リーダーモード対応NFC、FeliCa対応
その他 ワイヤレス充電(Qi)対応
30分最大50%の高速充電対応

iPhone XS/XS MaxのLTE通信とWi-FI通信はそれぞれMIMOに対応したことでさらにiPhone Xよりも高速通信が可能となり、LTE通信はiPhoneではじめてギガビット通信(理論上で1Gbpsの速度)に対応しています。

実際に通信速度は場所によっても左右されますが、全体的に速度向上はしているようで僕が使っているドコモ回線(金沢市郊外)ではiPhone XよりもiPhone XS Maxの方が1.5倍くらい通信速度が向上していることを確認しました。

LTEの通信速度の違い
  • iPhone X/8/8 Plus:90Mbps(下り)
  • iPhone XS/XS Max:145Mbps(下り)

LTE通信がWi-Fi通信並みの速度が出るのは正直驚きでもあります。

また、iPhone XS/XS MaxはデュアルSIMに対応しており物理的なnanoSIMとeSIMを組み合わせることで違う通信会社の回線を簡単に切り替えることができるようになっています。

ただし、現時点では音声通話のeSIMの提供がない日本では使いようがないデュアルSIMとなっており、SIMロックがかかっているキャリア版iPhoneはSIMロック解除をしないとデュアルSIMは使用できません。

iPhone XS/XS Maxの香港モデルに関しては色々な事情でeSIMを使うことができないので物理的にnanoSIMを2枚入れることができる仕様になっています。むしろ香港モデルの方が使い勝手がいいんじゃないかと思ってしまいますね...。

バッテリー駆動時間の違い

iPhone XS/XS Maxのバッテリー駆動時間の違いを比較します。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
連続通話 最大25時間 最大20時間 最大21時間 最大21時間
インターネット 最大13時間 最大12時間 最大12時間 最大13時間
ビデオ再生 最大15時間 最大14時間 最大13時間 最大14時間
オーディオ再生 最大65時間 最大60時間 最大60時間 最大60時間

iPhone XSはiPhone Xよりも最大30分長いバッテリー駆動時間、iPhone XS MaxはiPhone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間になっていると公式で発表されていますが、どこを基準としているのかはちょっと不明です。

いずれにしてもiPhone XS MaxはiPhone 8 Plusよりもバッテリー駆動時間が長くなっているので、より長く使いたい方にオススメとなっています。

端末価格の違い

iPhone XS/XS Plusの端末価格は以下のとおりでとにかく高いです。iPhone XSはiPhone Xよりも安くなるのかなと思っていたら変わらずでした。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone X iPhone 8 Plus
64GB 124,800円 112,800円 112,800円
→ 販売停止
89,800円
→ 78,800円
256GB 141,800円 129,800円 129,800円
→ 販売停止
106,800円
→ 95,800円
512GB 164,800円 152,800円 - -

2017年モデルのiPhoneは「 iPhone X > iPhone 8 Plus > iPhone 8」の順に5.8インチiPhone Xが一番高い価格設定となっていました。

2018年モデルのiPhoneは「iPhone XS Max > iPhone XS > iPhone XR」と6.5インチiPhone XS Maxが一番高い価格設定となります。

iPhone XS Max(512GB)の端末価格が164,800円ですが、この金額はMacBook 12インチモデルよりも高くて非常に高価なデバイスとなっているので、スマートフォンにこの金額を出せるのかという非常に悩ましい問題が浮上してきます。

 

どのiPhoneを選ぶべきなのか?

iPhone XS/XS MaxはiPhone 7以前のモデルから乗り換えをするとその進化を感じることができると思いますが、iPhone 8やiPhone Xから乗り換えをした場合はそこまで進化を感じることはないかもしれません。

iPhone XS/XS Maxを選ぶべき人は?

iPhone XSとiPhone XS Maxは非常に高価なデバイスとなっているので、Appleのデバイスが大好きで常に最新の最先端機能を使っていたいという方が選ぶべきデバイスとなっています。

  • 最新のiPhoneを使いたい!
  • 画面サイズは大きい方がいい!
  • 綺麗な写真を撮影したい!

画面サイズ以外のスペック差がないので5.8インチ、6.5インチのどちらの画面サイズを使うかは好みで選ぶことができるのが2018年モデルのいいところです。

6.5インチのiPhone XS Maxは片手で操作するのはかなり厳しいと思いますが、iPhone XSならギリギリ片手での操作もできるのでどのような使い方をしたいかでどっちのモデルを選ぶか決めることができるでしょう。

iPhone XSが向いている人

  • ちょっと無理してでも片手操作をしたい
  • 最新のiPhoneを少しでも安く手に入れたい

2018年モデルのiPhoneの中で一番小さいサイズとなっているのがiPhone XSです。最新の機能を使いたいけどあまり大きいモデルは使いたくないという方はiPhone XSの一択になってしまうでしょう。

エントリーモデルのiPhone XRは6.1インチサイズなのでiPhone XSよりも大きくなってしまいます。

iPhone XS Maxが向いている人

iPhone XS MaxはiPhone史上最大の大きな画面を持ったデバイスとなっており、本体サイズはiPhone 8 Plusよりも少しだけ小さいので従来のPlusユーザーが使うには全く問題なくスムーズに乗り換えをすることができるでしょう。

  • iPhone 8 Plusからの乗り換えで両手で使うことが多い
  • 動画コンテンツを観ることが多い
  • ランドスケープモードで作業をしたい

iPhone XS MaxはiPhone 8 Plusと同じようにランドスケープ(横向き)モードに対応しているので、メモ帳やメールなどは2画面で操作することができるので操作性を重視するならiPhone XS Maxがおすすめです。

(実際にiPhone XS Maxを買って使ってみたのですが、ホーム画面がランドスケープモードに対応していないなど横モードで使うにはかなり中途半端な仕様となっているので注意が必要です。)

iPhone 8 Plusからの乗り換えはiPhone XRがおすすめ

iPhone XS Maxは非常に高価なデバイスでiPhone 8 Plusの従来の価格と比べると25,000円ほど値上げしてしまっています。

  • iPhone 8 Plus(64GB):89,800円
  • iPhone XS Max(64GB):124,800円

そこで検討してほしいのが端末価格が安いiPhone XRです。

  • iPhone XR(64GB):84,800円

iPhone XRの画面サイズはiPhone 8 Plusよりも大きいのに本体サイズは小さくなっているのが特徴で、従来のiPhone 8 Plusの価格よりも5,000円安く買うことができるのです。

iPhone XRとiPhone 8 Plus

価格で見るとiPhone 8 Plusの後継機種はiPhone XRということになるのです。なので、高いお金は出せないけどiPhone 8 Plusのサイズ感を維持したい方はiPhone XRを選ぶことをおすすめしたいです。

↓ iPhone XS/XS Max/XRをキャリアで買う ↓

iPhone XSとiPhone XRの違い、iPhone XRとiPhone 8の違いについてはこちらの記事に詳しく書いています!

iPhoneのカラーの選び方、ストレージ容量の選び方はこちらを参考にどうぞ!

iPhone Xから乗り換えするほどなのか?

iPhone XSはiPhone Xの後継機種で性能は大幅に向上したものの乗り換えるメリットがあるのかどうか...?結論を先に書くと「iPhone XからiPhone XSに乗り換えるほどの進化はない」です。

iPhone XにはないiPhone XSに乗り換えることで得ることができる新機能は...

  • CPUの性能が向上し動作速度が高速に
  • スマートHDRで綺麗な写真を撮影できる
  • ポートレートモードがより自然になった
  • 背景のボケを調整できる深度コントロール
  • IP68等級の防塵耐水性能

...くらいしかありません。

確かに綺麗な写真を撮ることができるのは魅力的です。しかし、iPhone Xでも十分に綺麗な写真を撮影することができますし、Face IDの顔認証速度はiOS 12にアップデートすることでiPhone Xも速度アップをしたのでそこまで差はないというのが本当のところです。

なので、これらの機能に魅力を感じるならiPhone XからiPhone XSに乗り換えても満足することができるのかなと思いますが、10万円以上払って乗り換えるほどのでもないのかなー...と思ってしまいます。

iPhone XSとiPhone XRを比較した記事と、iPhone XRとiPhone 8を徹底比較してみました!

iPhone 8 Plusを選ぶべき人は?

iPhone XはiPhone XSの登場によってラインナップから消えてしまったので買うことができませんが、iPhone 8とiPhone 8 Plusは従来価格から数万円下げて継続販売しています。

つまりiPhone 8/8 Plusを今までよりもかなり安い価格で買うことができてしまうのです。

モデル iPhone XS Max iPhone XS iPhone 8 Plus iPhone 8
64GB 124,800円 112,800円 78,800円 67,800円
256GB 141,800円 129,800円 95,800円 84,800円
512GB 164,800円 152,800円 - -

iPhone XSよりも画面が大きいiPhone 8 Plusが78,800円で買うことができるのはめちゃくちゃお買い得ですよね。

iPhone 8/8 Plusに搭載されているA11 BionicはA12 Bionicと同じように機械学習ができるニューラルエンジンを内蔵していて現在数多くある世界のスマートフォンの中でもトップレベルの性能を持ったプロセッサなのでiPhone 8/8 Plusだからといって性能不足を感じることはありません。

また、指紋認証のTouch IDを搭載しているので普段からマスクをしていることが多かったり顔認証システムには否定的だという方はiPhone 8/8 Plusを選ぶのがおすすめです。

4.7インチのiPhone 8ならiPhone XSの半額近い価格となる67,800円で買うことができますよ。これならiPad(第6世代)を合わせて買ったほうが幸せになるかもしれないですよね。

iPhone XやiPhone 8/8 Plusのレビューはこちらからどうぞ!

iPhone XS/XS Maxの予約・発売日について

iPhone XS/XS Maxは2018年9月14日午後4時01分(金)から予約受付を開始して9月21日(金)に発売が開始しました。

SIMフリー版のiPhone XS・iPhone XS Maxを手に入れたい方はApple公式サイトから買うことができます。現在は12回払いなら分割金利0%で買うことができます。もちろん、ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアからも買うことが可能となっています。