iPhoneはどこで買うのが安くてお得か

AppleのiPhoneはApple Storeだけでなく大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイル)、格安キャリアでも一部モデルを買えますが、どこで買うとiPhoneを安くてお得なのか気になるところ。

この記事ではiPhoneをどこで買うのが安くてお得になるのかを比較しています。iPhone 14 ProiPhone 14iPhone 13iPhone 12iPhone SE(第3世代)に買い替え、機種変更をしようと検討している方は参考にしてみてください。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

iPhoneが買える場所

iPhoneが販売されているところは全部で5つあります。

iPhoneが買えるところ
  • キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)
  • 格安キャリア(UQモバイル・ワイモバイル…他)
  • ドコモのahamo
  • Apple Store
  • Amazon(Apple 公式ストア)
  • 家電量販店
  • イオシスなど中古販売店

ドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイルの実店舗に行ってiPhoneを購入するか、家電量販店で各キャリア版のiPhoneを購入するのが一般的な方法です。

他にもApple Storeの実店舗に行ってSIMフリー版のiPhoneを購入するという方法もあって、2021年12月にAmazonでもiPhoneの取り扱いが開始して販路が広がっています。

以前はキャリアで買うとSIMロックがかかってましたが現在はSIMロックがかかっていない端末が販売されています。

SIMロックについて
  • キャリア :各キャリアのSIMフリー端末
  • Apple Store:SIMフリー端末
  • 家電量販店:各キャリアのSIMフリー端末
  • 中古ショップ:SIMフリー端末、SIMロック解除

家電量販店は基本的にドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイルから買うことになりますが、一部の家電量販店では純粋なiPhoneのSIMフリー端末の販売しています。

Apple Storeが近くにない場合はApple Store公式サイトからSIMフリー版のiPhoneを買えます。

\iPhoneを公式サイトで/

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天)で購入

iPhoneは大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)の実店舗、オンラインショップで買うことができますが、キャリア版のiPhoneを買うなら実店舗ではなくオンラインショップがおすすめです。

現在は感染症対策によりキャリア側もオンラインでの手続きを推奨していますし、契約手数料が無料になるので実店舗よりもオンラインの方がお得に契約ができます。

(ただし、案件で家電量販店や各キャリアのショップの方が安くなる場合があります。)

オンラインショップと実店舗の違いはこんな感じです。

オンラインショップと実店舗
  オンライン 実店舗
契約手数料 無料 1回線につき3,300円
キャンペーン オンライン限定のキャンペーンがある 店舗独自のキャンペーンがある場合も
契約できる時間 24時間いつでも 店舗がオープンしてる間
手続きできる時間 24時間いつでも 店舗がオープンしてる間
難易度 難しい(インターネット環境が必要) 易しい(スタッフとの会話でできる)

機種代金と料金プランは全く同じですが、オンラインショップなら契約手数料がかからない、いつでも手続きができるというメリットがあります。

契約手数料は回線ごと必要となって家族でiPhoneを乗り換えると回線数分だけ3,300円と負担になります。

オンラインショップなら3,300円の契約手数料が必要ないので2人なら6,600円も得ですし、店舗によっては頭金があったりするのでオンラインショップが安くなることは多いです。

各キャリアともに割引あり

各キャリアともにMNPなら割引があります。

ドコモはMNPで22,000円の割引、auはMNPで22,000円、新規11,000円の割引、ソフトバンクはオンライン限定のweb割でMNPで21,600円、機種変更で5,040円の割引、楽天は新規・MNPのりかえで楽天ポイントの還元があります。

iPhone 14シリーズの価格比較

新型iPhone 14シリーズの128GBモデルの価格です。

Apple Store、各キャリアで販売されるiPhone 14シリーズの128GBの価格は以下の通りでiPhone 14は119,800円〜、iPhone 14 Proは149,800円〜となっています。

iPhone 14シリーズ 価格
新規/機種変
MNP
14
128GB
14 Plus
128GB
14 Pro
128GB
14 Pro Max
128GB
Apple Store 119,800円 134,800円 149,800円 164,800円
docomo
MNP
138,930円
116,930円
158,180円
136,180円
174,130円
152,130円
201,850円
179,850円
au
MNP
140,640円
118,640円
158,490円
136,490円
175,860円
153,860円
201,925円
179,925円
SoftBank
MNP
140,400円
118,800円
158,400円
136,800円
175,680円
154,080円
201,600円
180,000円
Rakuten 131,800円 148,800円 164,800円 181,800円

MNPのりかえでドコモとauは22,000円の割引、ソフトバンクは21,600円の割引となります。auの場合は新規、機種変更でも11,000円の割引となります。

楽天は新規・MNPではじめて契約すると19,000ptの楽天ポイントの還元がありますが、あくまでポイント還元で値引きではないので注意したいところです。

iPhone 13・12・SE3の価格比較

旧型となったiPhone 13iPhone 13 miniiPhone 12iPhone SE(第3世代)の価格を比較しました。

iPhone 13・12・SE3 価格
新規/機種変
MNP
13
128GB
13 mini
128GB
12
64GB
SE3
64GB
Apple Store 107,800円 92,800円 92,800円 62,800円
docomo
MNP
138,380円
20,000pt還元
116,710円
20,000pt還元
65,230円
43,230円
au
MNP
137,295円
115,295円
116,310円
94,310円
111,855円
89,855円
70,935円
48,935円
SoftBank
MNP
138,240円
116,640円
116,640円
95,040円
111,600円
90,000円
73,440円
51,840円
Rakuten 117,800円 99,800円 102,800円 62,800円

一括で買うならApple Storeが普通に安いですが、MNPのりかえをするならApple Storeよりも少しだけ安く購入も可能です。基本的にキャリアで買うなら返却プログラムを組み合わせて二年おきに機種変更してくのがお得でしょう。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

格安通信キャリア(UQ・ワイモバイル)で購入

iPhoneは格安通信キャリアのUQモバイル、ワイモバイルでも買えます。しかも、最近はUQ mobile、Y!mobileともにiPhone 12を取り扱いしているのでお得にiPhoneを買うことも可能です。

格安キャリアのiPhoneの取り扱い
  • iPhone 12、iPhone 12 mini:Y!mobile、UQ mobile
  • iPhone 11:Y!mobile、UQ mobile
  • iPhone SE(第3世代):UQ mobile、Y!mobile

少し前の型落ちのiPhoneでいいならUQモバイル、ワイモバイルなどで買うのがいいでしょう。また、mineo、IIJmioは中古未使用品のiPhoneが狙い目でApple Storeで定価で買うよりも安く買うことが可能となっています。

\UQ mobile・Y!mobileでチェック/

Apple Store 実店舗・公式サイトで購入する

iPhoneは実店舗のApple Store、オンラインのApple公式サイトから買えます。

どちらも価格は同じなので住んでいる地域のApple Storeがあるなら実機を手に取って確認ができる実店舗で買うのもよし、地方に住んでいるならApple公式サイトから購入してもいいでしょう。

Apple StoreではSIMフリー版だけでなくキャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)の手続きもできるようになっています。

しかも、Apple Storeでキャリアの契約すると8,800円の割引を受けることができるので少しだけ端末価格が高くなっているキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で手続きをするよりも安くなります。

ただし、Apple Storeの実店舗に行く必要があるので、あくまで実店舗が近くにある人が対象となります。

\iPhoneを公式サイトで/

中古でiPhoneを購入する

個人的に一番のおすすめは中古ショップで未使用品や中古AランクのiPhoneを購入する方法です。例えば、中古のイオシスでiPhone 13(128GB)の中古Aランクなら定価よりも1万円も安く買えます。

iPhone 13(128GB)価格
  • Apple Store:117,800円
  • イオシス(未使用品):112,800円
  • イオシス(中古A):107,800円
  • イオシス(中古B):102,800円

中古は本体に傷があったりバッテリーが劣化してる可能性もありますが、iPhone 13は発売からまだ1年経過していないので酷い個体は少ないです。

外観を気にしないなら中古Cのもっと安い個体を選べますしとにかく安くiPhoneを手に入れるなら選択肢としては中古はアリです。

\iPhoneを中古で購入する/

AmazonでiPhoneを購入する

2021年12月よりAmazonでiPhoneのSIMフリーモデルが取り扱いが開始となりました。

Amazonで販売しているのはiPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro MaxiPhone SE3です。

基本的に定価販売なのでApple Storeと価格は同じですがAmazonのポイントが1%付くのでAmazonを使っている方は良い選択肢となりそうです。もしかしたら、セールも開催されることもあるかも?

家電量販店でiPhoneを購入する

iPhoneは家電量販店でも買うことができますが、基本的にキャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)を選ぶことになります。

一部の家電量販店ではSIMフリー版も置いてあるのでApple Storeが近くにないけどビックカメラなどの家電量販店があるならそこから買うのもいいでしょう。

ちなみに、ビックカメラはオンラインでもSIMフリー版の取り扱いをしていて1%のポイント還元も受けることが可能となってます。

iPhoneはどこが安くてお得か?

一括ならApple Store、Amazonが安い

キャリア版のiPhoneはApple Storeで販売されている価格よりも高い価格で販売されているので、購入費用を抑えようと思ったらApple Storeで買うのが一番安くてお得に買うことができる方法となります。

Apple StoreでiPhoneを買うメリット
  • もっともiPhoneを安く買うことができる(定価)
  • Apple Store経由でキャリア契約すると8,000円割引
  • 返品プロセスがわかりやすい
Apple StoreでiPhoneを買うデメリット
  • 通信契約を別途必要となる
  • ポイント還元が一切ない

SIMフリー版よりもキャリア版は12,000〜20,000円ほど価格が高いので、「キャリアで買う意味はないのか?」となりますが、そんなことはないんですね。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルは長期分割での支払いもできるので月々の料金を抑えて、買い替えプログラムで実質価格を下がるので2年おきに新しいiPhoneが欲しいならキャリアで買うという選択肢もありなのです。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

1年に1回、Apple 初売りでApple Gift Cardがもらえる

また、1年に一度だけAppleは初売りを開催しています。

端末価格が安くなる割引セールではなく、次回使うことができるApple Gift Cardによる還元セールとなります。

2022年の初売り(1月2日〜3日)にiPhone 12iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)が対象端末となり6,000円のApple Gift Cardの還元を受けることができます。

Amazonで1%のポイント還元

iPhone 13シリーズがAmazonで公式で購入可能となり1%のAmazonポイントの還元を受けることができます。

1%のポイント還元でもiPhone 13 Proなら1,000ptほどになるので大きいですよね。それだけ端末が高いということですが、貰えるものはきちんと貰っておくのがおすすめです。

Rakuten Redates経由で1%楽天ポイント還元

Rakuten Redatesというポイントサイトを経由してApple公式サイトでiPhoneを購入することで1%のポイント還元を受けることができます。

楽天会員である必要がありますが、1%のポイント還元を受けることができるのは大きいですよね。ただし、新しいモデルは対象外となるのでiPhone 12iPhone 11、iPhone SE(第2世代)といった少し前の端末でポイントバックを受けることができます。

そう、初売りは対象なんですね。iPhone 11は64,800円するわけですし、その1%の648円のポイントを手に入れることができるのは大きい。

大手キャリアで分割で買う

iPhoneは大手キャリアでも取り扱いをしています。

キャリアでiPhoneを買うメリット
  • 通信回線とセットで契約できる手軽さ
  • 返却プログラムで安くiPhoneを使える
キャリアでiPhoneを買うデメリット
  • 端末価格が割高になる

Applr StoreでもAppleローンを使うことでiPhoneを分割して買うことができますが、分割での購入を考えるならキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)の返却プログラムを使うのが賢い買い方となります。

各キャリアの返却プログラム
  ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
返却プログラム いつでもカエドキプログラム スマホトクするプログラム トクするサポート+ アップグレードプログラム
分割回数 1〜23回〜46回 24回〜48回まで 48回 48回
支払い期間 1〜23回〜46ヶ月 24ヶ月 24ヶ月
買い替え しなくていい 必須 必須 しなくていい

いずれの返却プログラムも48回払いで計算をして24ヶ月目に端末を返却することで24回分の費用のみでiPhoneが使えるというものとなっています。

iPhone 13 miniで返却プログラムを使うと支払い費用はこうなります。

各キャリアの返却プログラム費用
  • ドコモ:2,146円 × 24回 = 49,468円
  • au:2,370円 × 24回 = 5,4100円
  • ソフトバンク:2,115円 × 24回 = 50760円
  • 楽天モバイル:1,827円 × 24回 = 43,368円
  • Appleローン:3,616円 × 24回 = 86,800円

Appleローンを使ってiPhone 13 miniを24回払いにすると月々の支払いは3,616円となりますが、キャリアの返却プログラムを使うことで月々の支払いは1,800〜2,400円ほどとなります。とくに楽天モバイルが端末代金がからり安いのでとてもお得感があります。

24ヶ月後に端末を返却しないといけないという条件はありますが2年おきにiPhoneを機種変更するならとくに問題はないですし、売却のやりとりをしなくてもいいのは楽でいいですよね。

\iPhone 13 購入はこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたんに予約

格安通信キャリアで安く買う

UQ mobileやY!mobileはiPhone 12、iPhoon 11を買うことができます。通信料金が安いのでかなりおすすめの選択肢となります。

格安通信でiPhoneを買うメリット
  • 通信回線とセットで契約できる手軽さ
  • Apple Storeよりも端末が安くなる
格安通信でiPhoneを買うデメリット
  • 一部のiPhoneしか買うことができない

Apple Storeや大手キャリアと違ってiPhone 12 Proなどの上位モデルを選ぶことができないですが、iPhone 12iPhone 11の現行モデルを安く手に入れることができ、iPhone 12(64GB)ならUQで77,640円、ワイモバなら92,880円で買えます。

格安通信キャリアの端末価格
  UQ mobile Y!moile
iPhone 12 mini(64GB) 新規:77,965円
MNP:72,465円
機変:81,815円
新規:78,480円
MNP:78,480円
機変:89,280円
iPhone 12(64GB) 新規:83,140円
MNP:77,640円
機変:83,140円
新規:92,880円
MNP:92,880円
機変:103,680円
iPhone 11(64GB) 新規:54,080円
MNP:54,080円
機変:62,880円
新規:48,240円
MNP:48,240円
機変:59,040円
iPhone SE(64GB) 新規:33,270円
MNP:33,270円
機変:44,270円
新規:36,000円
MNP:36,000円
機変:50,400円

iPhone SE(第2世代)はApple Storeだと49,280円ですが、UQモバイルなら33,270円、ワイモバなら36,000円とかなり値下げされたので、かなり狙い目の端末となっています。

さらに、UQ mobileは認定中古品のiPhone XSなどがあって3万円くらいでハイエンドのiPhoneを中古ですが手に入れることができます。それなりに使える端末なので、見た目を気にしないのならおすすめです。

\UQ mobile・Y!mobileでチェック/

中古でiPhoneを買う

iPhoneは各中古ショップで買うこともできます。

中古なので傷があったりバッテリーの劣化進んでいたりする可能性はかなり高いですが、iPhoneのバッテリーはAppleで交換することもできますしトータルで見ても購入費用を抑えることができることがあります。

iPhoneを安くお得に買う方法:まとめ

iPhoneは基本的に定価で買うことになってしまいますが、Apple StoreでSIMフリー版のiPhoneを買うのが一番スタンダードでトータルの費用を抑えることができる方法となります。

iPhone おすすめの買い方
  • 費用を抑えたい → Apple Store、Amazon
  • 毎年iPhoneを買い換える → Apple Store
  • 分割でiPhoneを買いたい → 通信キャリア
  • 2年ごとにiPhoneを機種変更 → 通信キャリア
  • 通信費用を抑えたい → 格安通信キャリア

分割で購入して月々の費用を抑えたいという方は通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で返却プログラムを使って買って2年おきに機種変更するのがいいと思います。

年間3万円ほど(2年間で6万円)で最新のiPhone 13を使うことができるので、定期的に新しいiPhoneに乗り換えをするならおすすめです。

なお、楽天モバイルはiPhone 13がSIMフリー版とほぼ同じ価格で販売しているため、とにかく安いです。分割払いもできて、楽天ポイントも還元されるのでめちゃくちゃ安いですよ…。ちょっと驚きですね。

https://www.sin-space.com/entry/iphone13-rakuten
https://www.sin-space.com/entry/iphone13-kaedokiprogram
https://www.sin-space.com/entry/iphone13-au-kaetokuprogram
https://www.sin-space.com/entry/iphone13-tokusurusupport-plus

iPhone 14 ProiPhone 14はこちら

iPhone 14・13の違いはこちら

iPhoneの比較はこちらです。

iPhone 13・13 Proの比較はこちら

iPhone SE3についてはこちら