AppleのiPhoneはApple Store、Apple公式サイトだけでなく通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイル)、格安キャリアでも一部モデルを購入できます。

さらに、Appleが公式でショップ運営してるAmazonでもiPhoneを購入が可能になりました。また、中古のiPhoneを安く買えますし幅広いところで買えます。

となると、iPhoneをどこで買うと安くてお得なのか気になるところですよね。

この記事では、iPhoneをどこで買うのが安くてお得になるのかを比較しているので、新しいiPhoneに買い替えを検討してる方は参考にしてみてください。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

iPhoneが買える場所

iPhoneが販売されているところは全部で7つあります。

iPhoneが買えるところ
  • キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)
  • 格安キャリア(UQモバイル・ワイモバイル…他)
  • Apple Store(実店舗・公式サイト)
  • Amazon(Apple 公式ストア)
  • Amazon・楽天・Yahooショッピングなど
  • 家電量販店(ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダなど)
  • イオシスなど中古販売店
  • Amazon Renewed(Amazon整備済)

ドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイルの実店舗で購入するか、家電量販店のキャリア版のiPhoneを購入が一般的な方法です。

他にもApple Store 実店舗に行ってiPhoneを購入するという方法もありますし、2021年12月にAmazonでもiPhoneの取り扱いが開始して販路が広がっています。

以前はキャリアで買うとSIMロックがかかってましたが現在はSIMロックがかかっていません。

SIMロックについて
  • キャリア :各キャリアのSIMフリー端末
  • Apple Store:SIMフリー端末
  • 家電量販店:各キャリアのSIMフリー端末
  • 中古ショップ:SIMフリー端末、SIMロック解除

家電量販店は基本的にドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイルから買うことになりますが、一部の家電量販店では純粋なiPhoneのSIMフリー端末の販売しています。

Apple Storeが近くにない場合はApple Store公式サイトからSIMフリー版のiPhoneを買うことも可能となっています。

\iPhoneを公式サイトで/

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天)で購入

iPhoneは大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)の実店舗、オンラインショップで買えて、実店舗ではなく契約手数料が無料になるオンラインショップがおすすめです。

(ただし、案件で家電量販店や各キャリアのショップの方が安くなる場合もあります。)

オンラインショップと実店舗の違いはこんな感じです。

オンラインショップと実店舗
  オンライン 実店舗
契約手数料 無料 1回線につき3,300円
キャンペーン オンライン限定のキャンペーンがある 店舗独自のキャンペーンがある場合も
契約できる時間 24時間いつでも 店舗がオープンしてる間
手続きできる時間 24時間いつでも 店舗がオープンしてる間
難易度 難しい(インターネット環境が必要) 易しい(スタッフとの会話でできる)

機種代金と料金プランは同じですが、オンラインショップなら契約手数料がかからない、いつでも手続きできるメリットがあります。

契約手数料は回線ごと必要となって家族でiPhoneを乗り換えると回線数分だけ3,300円と負担になります。

オンラインショップなら3,300円の契約手数料が必要ないので2人なら6,600円も得ですし、店舗によっては頭金があったりするのでオンラインショップが安いです。

各キャリアともに割引あり

各キャリアともにMNPなら割引があります。

各キャリアの割引
  • ドコモ:MNP(22,000円割引)
  • au:新規(11,000円割引)、MNP(22,000円割引)
  • ソフトバンク:MNP(21,600円割引)
  • 楽天モバイル:新規 / MNP(24,000pt還元)

ドコモ、au、ソフトバンクはMNP乗り換えで約22,000円の割引が入って、楽天モバイルは楽天ポイントでの還元となります。

iPhone 14シリーズの価格比較

iPhone 14シリーズの128GBモデルの価格です。

Apple Store、各キャリアで販売されるiPhone 14シリーズの128GBの価格は以下の通りです。

iPhone 14シリーズ 価格
新規/機種変
MNP
14
128GB
14 Plus
128GB
14 Pro
128GB
14 Pro Max
128GB
Apple Store 119,800円 134,800円 149,800円 164,800円
docomo
MNP
138,930円
116,930円
158,180円
136,180円
174,130円
152,130円
201,850円
179,850円
au
MNP
140,640円
118,640円
158,490円
136,490円
175,860円
153,860円
201,925円
179,925円
SoftBank
MNP
140,400円
118,800円
158,400円
136,800円
175,680円
154,080円
201,600円
180,000円
Rakuten 120,910円 135,900円 164,800円 181,800円

Apple Storeの価格はiPhone 14は119,800円〜、iPhone 14 Plusは149,800円〜、iPhone 14 Proは149,800円〜となっていますが、キャリア版は価格が上乗せされて高めです。

MNP乗り換えの割引を使ってAppleの正規価格よりも少し安くなる絶妙な価格設定となっていて、楽天モバイルは他のキャリアよりも安い価格設定となっています。

なので、定期的にキャリアを乗り換えるのが賢いiPhoneの買い替え方法と言っていいかもしれません。

iPhone 13・12・SE3の価格比較

旧型となったiPhone 13iPhone 13 miniiPhone 12iPhone SE(第3世代)の価格を比較しました。

iPhone 13・12・SE3 価格
新規/機種変
MNP
13
128GB
13 mini
128GB
12
64GB
SE3
64GB
Apple Store 107,800円 92,800円 92,800円 62,800円
docomo
MNP
138,380円
20,000pt還元
116,710円
20,000pt還元
65,230円
43,230円
au
MNP
137,295円
115,295円
116,310円
94,310円
111,855円
89,855円
70,935円
48,935円
SoftBank
MNP
138,240円
116,640円
116,640円
95,040円
111,600円
90,000円
73,440円
51,840円
Rakuten 117,800円 99,800円 102,800円 62,800円

こちらも一括で買うならApple Storeが安いですが、MNPのりかえ少しだけ安く購入できます。

基本的にキャリアで買うなら返却プログラムを組み合わせて二年おきに機種変更してくのがお得でしょう。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

格安通信キャリア(UQ・ワイモバイル)で購入

格安通信キャリアのUQモバイル、ワイモバイルでもiPhone 12iPhone SE(第3世代)を買えます。iPhone 12 miniは販売終了となっています。

格安キャリアのiPhoneの取り扱い
  • iPhone 12:Y!mobile、UQ mobile
  • iPhone SE(第3世代):UQ mobile、Y!mobile

少し前の型落ちのiPhone 12でいいならUQモバイル、ワイモバイルがおすすめ。

mineo、IIJmioは中古未使用品のiPhoneが狙い目でApple Storeで定価で買うよりも安く買うことが可能となっています。

\UQ mobile・Y!mobileでチェック/

Apple Store 実店舗・公式サイトで購入する

iPhoneは実店舗のApple Store、オンラインのApple公式サイトから買えます。

どちらも価格は同じなので住んでいる地域のApple Storeがあるなら実機を手に取って確認ができる実店舗で買うのもよし、地方に住んでるならApple公式サイトがおすすめです。

Apple StoreではSIMフリー版だけでなくキャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)の手続きができるだけでなく、オンラインのApple公式サイトはUQ mobile、Y!mobileの契約同時に進めることができます。

\iPhoneを公式サイトで/

中古でiPhoneを購入する

個人的に一番のおすすめは中古ショップで未使用品や中古AランクのiPhoneを購入する方法です。例えば、中古のイオシスでiPhone 13(128GB)の中古Bランクなら定価よりも8,000円安く買えます。

iPhone 13(128GB)価格
  • Apple Store:107,800円
  • イオシス(未使用品):106,800円
  • イオシス(中古A):104,800円
  • イオシス(中古B):99,800円
  • イオシス(中古C):92,800円

中古は本体に傷があったりバッテリーが劣化してる可能性もありますが、iPhone 13は発売からまだ1年経過していないので酷い個体は少ないです。

外観を気にしないなら中古Cのもっと安い個体を選べますしとにかく安くiPhoneを手に入れるなら選択肢としては中古はアリです。

\iPhoneを中古で購入する/

AmazonでiPhoneを購入する

2021年12月よりAmazonでiPhoneのSIMフリーモデルが取り扱いが開始となりました。

Amazonで販売しているのはiPhone 14 Pro Max、iPhone 14 ProiPhone 14 PlusiPhone 14iPhone 13 miniiPhone 13iPhone SE3です。

基本的に定価販売なのでApple Storeと価格は同じですがAmazonのポイントが1%付くのでAmazonを使っている方は良い選択肢となります。

家電量販店でiPhoneを購入する

iPhoneは家電量販店でも買うことができますが、基本的にキャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)を選ぶことになります。

一部の家電量販店ではSIMフリー版も置いてあるのでApple Storeが近くにないけどビックカメラなどの家電量販店があるならそこで実機を確認するのもいいでしょう。

AmazonでiPhoneを安く買う

iPhoneは基本的に値引きが入ることはないのでどこで買っても価格は基本的に同じです。ただ、買うところによってポイント還元があります。

1%ポイント還元で実質安く買える

AmazonでiPhoneを購入すると1%のポイント還元があります。例えば、iPhone 14を119,800円で購入すると1%の1,198ptが還元されます。

還元率は高くないですがApple公式ストアで買うよりも僅かにお得ですよね。

また、Y!moileのSIMカードセットで契約した場合は20,000pt還元で実質99,800円でiPhone 14を手に入れることができます。

Amazon Renewd(整備済製品)で安く買う

Amazonには「Amazon Renewd(整備済製品)」というページがあってAmazonが整備しているiPhoneを安く買うことができます。

最低180日の返品保証もあって何かあった場合は返品できるのである程度は安心して買えます。

基本的に型落ちのiPhoneを選ぶことになりますが、iPhone 13、iPhone 13 miniといった新しめのモデルもラインアップとしてあります。

ただ、思うほど安くはないんですよね。もし、買うなら少し前のiPhone 12iPhone 11あたりでしょうかね。例えば、iPhone 12の整備済80,700円なので92,800円から12,100円ほど安いです。

\iPhoneをAmazon整備済で/

Apple公式サイトでiPhoneを安く買う

基本的に安くなることはない

iPhoneにはApple公式の整備済製品がないので基本的に定価通りの価格となりますが、それでもAppleから直接購入するメリットはあります。

Apple StoreでiPhoneを買うメリット
  • 返品プロセスがわかりやすい

Appleで購入すると14日間は無条件で返品できるので、もし使ってみて「やっぱり違うな…」と感じた場合でも返品することができます。

オンライン上から簡単に返品プロセスに移行できるのでわかりやすいです。

Apple StoreでiPhoneを買うデメリット
  • ポイント還元が一切ない

ただし、Apple公式サイトでiPhoneで買ってもポイント還元はゼロです。たくさん買ってもポイントが貯まることがないです。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

Apple初売りでApple Gift Cardがもらえる

1年に一度だけAppleは初売りを開催しています。

端末価格が安くなる割引セールではなく、次回使うことができるApple Gift Cardによる還元セールとなります。

2022年の初売り(1月2日〜3日)にiPhone 12iPhone 12 miniiPhone SE(第2世代)が対象端末となり6,000円のApple Gift Cardの還元がありました。

このApple Gift Cardは次回の購入時に使えるので次の新しいiPhoneを購入するときに6,000円引きとなります。1年待つ必要はありますが安くなるのはいいですよね。

楽天でiPhoneを安く買う

Rakuten Redates経由で楽天ポイント還元

Rakuten Redatesという楽天のポイントサイト経由でApple公式サイトでiPhoneを購入すると1%の楽天ポイントの還元を受けられます。

たまにキャンペーンで3%還元とかやってますね。

楽天会員になる必要がありますが、Rakuten RedatesのサイトのAppleのページを経由してからApple公式サイトでiPhoneを購入で1%のポイント還元を受けられます。

ただし、発売したての端末はポイント対象外で新型が発売した時は対象外となります。現在、ポイント還元対象になってるのはiPhone 13、13 mini、12、SE(第3世代)となっておます。

iPhone 14は発売から3ヶ月後くらいからポイント還元対象になると思います。

\Apple WatchをRakuten Redatesで/

キャリアで2年レンタルで買う

iPhoneは大手キャリアでも取り扱いをしていて、返却プログラムを組み合わせるとこで実質負担額を半額に抑えることができます。

キャリアでiPhoneを買うメリット
  • 通信回線とセットで契約できる手軽さ
  • 返却プログラムで安くiPhoneを使える
  • 通信回線とセットで契約できる手軽さ
  • 返却プログラムで安くiPhoneを使える

ただし、24ヶ月後に返却せずに最後まで支払いをするとApple公式サイトで買う定価よりも割高になってしまうので注意しないといけません。

キャリアでiPhoneを買うデメリット
  • 端末価格が割高になる

Applr StoreでもPaidy後払いで分割できますが、分割での購入を考えるならキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)の返却プログラムが賢い買い方となります。

各キャリアの返却プログラム
  ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
返却プログラム いつでもカエドキプログラム スマホトクするプログラム トクするサポート+ アップグレードプログラム
分割回数 1〜23回〜46回 24回〜48回まで 48回 48回
支払い期間 2〜46ヶ月 2〜48ヶ月
買い替え しなくていい

いずれの返却プログラムも48回払いで計算をして24ヶ月目に端末を返却することで24回分の費用のみでiPhoneが使えるというものとなっています。

iPhone 14で返却プログラムを使うと支払い費用はこうなります。Appleは返却できないのでPaidy後払いで36回払いした時の金額を記載しています。

各キャリアの返却プログラム費用
  • ドコモ:3,030円 × 23回 = 69,240円
  • au:3,120円 × 24回 = 71,760円
  • ソフトバンク:2,925円 × 24回 = 70,200円
  • 楽天モバイル:2,745円 × 24回 = 65,890円
  • Paidy後払い:3,327円 × 36回 = 119,800円

ドコモ、au、ソフトバンクはMNP乗り換えなら22,000円ほど安くなるので実際は4〜5万円で24ヶ月使えます。25ヶ月後に返却するか継続して支払いを続けるか選択できます。

2年おきにiPhoneを機種変更するならレンタル感覚で使うのはいいかもしれません。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

格安通信キャリアで安く買う

UQ mobileやY!mobileはiPhone 12、iPhone SSE(第3世代)を買えます。通信料金が安いのでかなりおすすめの選択肢となります。

格安通信でiPhoneを買うメリット
  • 通信回線とセットで契約できる手軽さ
  • Apple Storeよりも端末が安くなる
格安通信でiPhoneを買うデメリット
  • 一部のiPhoneしか買うことができない

Apple Storeや大手キャリアと違ってiPhone 14、14 Proなどの上位や最新モデルがないですが、少し前の価格の安いモデルを安く手に入れることができます。

格安通信キャリアの端末価格
  UQ mobile Y!mobile
iPhone 12(64GB) 新規:95,355円
MNP:89,855円
機変:106,355円
新規:93,600円
MNP:93,600円
機変:104,400円
iPhone SE(64GB) 新規:59,935円
MNP:48,935円
機変:70,935円
新規:55,440円
MNP:55,440円
機変:66,240円

iPhone SE(第3世代)はApple Storeだと62,800円ですが、UQモバイルなら48,935円、ワイモバなら55,400円で買うことができます。

\UQ mobile・Y!mobileでチェック/

中古でiPhoneを安く買う

イオシスで中古のiPhoneを買う

Apple Watchは中古のイオシスなどの中古ショップでも買えてラインナップも豊富なので楽しいです。

例えば、iPhone 13は中古Bランクなら107,800円が99,800円で買うことができます。さらに、販売が終了しているiPhone 13 Proを中古Cランクなら107,800円で買うこともできます。

中古は不安になるかもしれませんが、新しいモデルならそこまで劣化してることもないですし3ヶ月保証もあるので問題があってもある程度対処も可能です。

見た目をあまり気にしないなら中古Cランクでも全然使えますし選択肢としてはアリではないでしょうか。

中古なので傷があったりバッテリーの劣化進んでるかもですが、iPhoneのバッテリーはAppleで交換できますしトータルで見ても購入費用を抑えられます。

\iPhoneを中古で/

楽天市場で中古のiPhoneを買う

楽天市場にも中古販売してるストアが数多くあって、そこから中古のiPhoneを買えます。「iPhone 中古」で検索すれば数多くのショップがヒットします。

ゲオモバイル、ソフマップ、イオシスなども楽天市場経由でApple Watchを買えますし、楽天ポイントも還元も受けられるので意外とiPhoneを中古で買うときに便利です。

また、楽天市場はポイントが付きやすいので、楽天モバイル、楽天カード、楽天銀行、楽天市場アプリなどを組み合わせてiPhoneの中古品を購入して5%以上のポイント還元を受けられます。

さらに、5と0がつく日にエントリーをして買い物をするとポイントが2倍になるサービスで定期的に「お買い物マラソン」を開催し通常よりもポイント還元が大きくなる期間があります。

\楽天市場の中古ショップ/

Yahoo!ショッピングで中古のiPhoneを買う

Yahoo!ショッピングにも中古のiPhoneを取り扱ってるショップがたくさんあります。PayPayポイントを貯めてるならこちらを使うのもおすすめです。

不定期ですが「お買い物リレー」を開催してる時にポイントをたくさんゲットも可能でうs。

\Yahoo!ショッピングで買う/

キャリアの認定中古品のiPhoneを買う

ドコモ、au、ソフトバンクは認定中古品のiPhoneの販売もしています。いわゆる中古品ですが、キャリアがしっかり整備した端末となっていて30日間の交換保証も付いています。

例えば、ソフトバンクのiPhone XRは31,200円、iPhone XSは41,280円で買うことができます。バッテリーは80%以上は保証されてますが、運試しのところはあるので中古でも問題ない方は挑戦してみてください。

iPhoneを安くお得に買う方法:まとめ

iPhoneは基本的に定価で買うことになります。

Apple公式サイトで買うなら初売りで少し前のiPhoneを買うとApple Gift Cardがもらえるのでそれを資金にして次のiPhoneを購入してもいいかもしれません。

iPhone おすすめの買い方
  • 費用を抑えたい → Apple Store、Amazon
  • 毎年iPhoneを買い換える → Apple Store
  • 分割でiPhoneを買いたい → 通信キャリア
  • 2年ごとにiPhoneを機種変更 → 通信キャリア
  • 通信費用を抑えたい → 格安通信キャリア

新型のiPhoneを買うならAmazonなら1%還元があるのでお得です。

キャリアだと総額は高いですが返却プログラムを使って実質半額でiPhoneを買えるので、最も現実的な買い方なのかも。2年置きに新しいiPhoneに乗り換えることもできますしね。

\iPhone 14・14 Proはこちら/
各キャリアのオンラインショップでかんたん予約

個人的には中古のiPhoneもおすすめです。状態にもよりますが1〜2万円ほど新品より安く買えますし、少し前のモデルでいいならお手頃価格でiPhoneを手に入れることもできます。

バッテリーはAppleで有料ですが交換もできますし長く使うことができるかと思います。

iPhoneの比較はこちら

iPhone 14・13の違いはこちら

iPhone 14 ProiPhone 14はこちら

iPhoneの比較はこちらです。

iPhone 13・13 Proの比較はこちら

iPhone SE3についてはこちら