大手キャリアからワイモバイルに乗り換えることでスマホの料金を大幅に下げることができますが、ワイモバイルに販売されてるのはiPhone 7、iPhone 6sといった旧型モデルだったり、価格の安いモデルしかなかったりします。

でも、安心してください。最新のiPhone 11をワイモバイルで使うこともできます。ここでは、iPhone 11をワイモバイルで安く使うための方法を紹介しています。スマホ料金は安く、良い端末を使いたい方は参考にしてみてください!

ワイモバイルでiPhone 11を使う方法①

Apple StoreでiPhone 11を購入

iPhone 11・iPhone 11 Proをワイモバイルで使うにはSIMフリー版の端末を手に入れる必要がありますが、カンタンにSIMフリーのiPhone 11を手に入れるにはApple StoreやApple公式サイトで購入する方法となります。

Apple Storeの販売価格は以下の通りです。

iPhone 11 販売価格
  • 64GB:74,800円(税込 82,280円)
  • 128GB:79,800円(税込 87,780円)
  • 256GB:90,800円(税込 99,880円)

iPhone 11 Proの64GBモデルは117,480円と10万円オーバーとなってしまいますが、iPhone 11なら税込で82,280円で買うことができます。高いけど安いですよね。

最新のiPhoneを手に入れるということはこういうこと。お金がかかるのです…。新品でiPhone 11を手に入れようと思ったら8万円くらいは必要になると認識しておくのがいいでしょう。

なお、中古のiPhoneでもいいなら少しだけ安く手に入れることもできます。

ワイモバイルのSIMカード単体契約する

ワイモバイルはオンラインショップからSIMカード単体での契約ができるようになっています。つまり、ワイモバイルに乗り換えするときに端末を購入しなくてもSIMカードだけで契約することができるのです。

ワイモバイルでSIMカードを単体契約する
ワイモバイルでSIMカードを単体契約する

SIMカード単体で契約しても料金プランは通常契約のプランと同じとなっていてスマホベーシックプランSなら3GB + 国内通話10分かけ放題で2,680円となります。

ワイモバイルのスマホベーシックプラン
 SMR
データ通信量3GB → 4GB10GB → 13GB14GB → 17GB
音声通話国内通話10分無料
新規割700円割引
(6ヶ月間)
月々の料金
(6ヶ月間)
1,980円2,980円3,980円
月々の料金
(7ヶ月以降)
2,680円3,680円4,680円

以前はSIMカード単体で契約すると特別割引を受けることができましたが、現在は料金プランの変更により廃止されています。

とっても残念…。

最大10,700円相当のPayPayボーナス還元

と思いきや、ちょっと待ってください。実はワイモバイルのSIMカード単体契約をすることで、PayPayボーナスライトによる「SIMカードご契約特典」を受けることができます。

 
 プランSプランMプランR
どこでももらえる特典3,000円3,000円3,000円
SIMカード契約特典3,000円3,000円3,000円
春の大感謝セール特典3,000円3,000円
合計6,000円相当9,000円相当9,000円相当

Yahoo!モバイルのワイモバイルも同じように還元を受けることができます。

ただし、事務手数料が3,300円かかるのでYahoo!モバイルで契約すると事務手数料3,300円がかかってくるのでプランSなら実質3,000円、プランM/Rなら実質7,400円の還元となります。

普通の日に契約するならワイモバイルから契約するのがいいでしょう。

なーんだ。少ないよー。と思ったかもしれません。しかし、Yahoo!モバイルのワイモバイルでMNPのりかえなら5のつく日・ゾロ目の日を狙って契約することで「SIMカードご契約特典」が2倍となります。

事務手数料を差し引くとプランSは6,600円、プランM/Rは10,700円相当のPayPayボーナスライトを受け取ることができます。

iPhone 11の月々の料金

Apple StoreでiPhone 11を購入して、Yahoo!モバイルのワイモバイルのSIMカード単体契約をして「SIMカードご契約特典:11,000円」を受け取った場合の月々の料金をシミュレーションしてみました。

iPhone 11はApple StoreでAppleローン(24ヶ月)を組んで支払いをするとします。

iPhone 11(64GB)+ ワイモバイル
 S:3GBM:10GBR:14GB
プラン料金
(6ヶ月間)
2,178円3,278円4,378円
プラン料金
(7ヶ月以降)
2,948円4,048円5,148円
端末価格3,428円 × 24回
(82,280円)
SIMカードご契約特典446円 × 24回として
(10,700円)
月々の料金
(6ヶ月間)
5,160円6,260円7,360円
月々の料金
(7ヶ月以降)
5,930円7,030円8,130円

スマホベーシックプランSなら月々5,160円でiPhone 11(64GB)を持つことができる計算となります。どれくらい安いのかドコモでiPhone 11を購入した場合の料金と比較してみました。

ワイモバイル・ドコモの料金プラン
 ワイモバイルギガホギガライト
基本料金3GB:2,680円
10GB:3,680円
14GB:4,680円
30GB :6,980円
(60GBに増量中)
1GB:2,980円
3GB:3,980円
5GB:4,980円
7GB:5,980円
通話かけ放題無料(10分)700円(5分)
iPhone 11 端末価格3,428円 × 24回
(82,280円)
3,630円 × 24回
(87,120円)
6ヶ月間 割引3GB:5,408円
9GB:6,408円
14GB:7,408円
10,610円1GB:6,610円
3GB:7,610円
5GB:8,610円
7GB:9,610円
7ヶ月〜3GB:6,108円
9GB:7,108円
14GB:8,108円
11,610円

同じ3GBの容量で料金を比較するとドコモは7,610円なのに対してApple Store + ワイモバイルなら6,108円でiPhone 11を持つことが可能となります。

Yahoo!モバイルのワイモバイルからSIMカード単体契約をすると10,700円の還元がもらえるので実質価格はさらに安くなるので、大手キャリアのiPhone 11を買うよりもSIMフリーのiPhone 11を買ってワイモバイルを契約すると料金を抑えることが可能となります。

ワイモバイルでiPhone 11を使う方法②

大手キャリアからの乗り換え

もし、ドコモ・au・ソフトバンクでiPhone 11を買っている場合でもワイモバイルに乗り換えることで料金を抑えることができます。

分割でiPhone 11を購入していても乗り換えはできます。そのまま分割払いのままiPhone 11の残債を支払っていけばOKです。契約を解除したら一括で支払わないといけないと思っていましたがそうではないみたい。

分割で支払っている端末代金はそのままにすることができるようです。

SIMロックを解除する

ドコモ・au・ソフトバンクで買ったiPhone 11はSIMロックがかかっている状態なので解約前にSIMロック解除をしておきましょう。

SIMロック解除の条件(分割払いの場合)
  • ドコモ:支払いにクレジットカードを設定している場合は即日解除可能
  • au:購入から100日経過後に解除可能
  • ソフトバンク:購入から100日経過後に解除可能

分割払いの場合は基本的に購入してから100日経過しないとSIMロック解除できませんが、ドコモだけは支払いにクレジットカードを設定している場合は100日以内にSIMロック解除ができるようになっています。

SIMロック解除は店舗ですると事務手数料3,300円かかってきますが、オンラインで手続きすると無料ですることができます。

参考にドコモでSIMロック解除をする方法を紹介します。My docomoにアクセスをしてトップページの下の方にある「その他のお手続きはこちら」を選んでください。

「その他」に「SIMロック解除」という項目があるのでここからSIMロック解除の手続きをしていきます。

SIMロック解除
SIMロック解除

SIMロック解除した端末の製造番号(IMEI)を入力します。

端末の製造番号(IMEI)を入力
端末の製造番号(IMEI)を入力

iPhone 11の製造番号(IMEI)は「設定」→「一般」→「情報」から確認することができます。あとは流れに沿って手続きをしていくだけで無料でSIMロックを解除することができます。

iPhone 11でワイモバイルを使う設定方法

iPhone 11のSIMロックを解除したら他社の回線のSIMカードを入れて通信ができるようになります。

iPhone 11にSIMカードを入れる

iPhone 11は本体右側にSIMカードスロットがあるので、付属のピンを使って開けて契約したワイモバイルのSIMカードを入れます。

iPhone 11にSIMカードを入れる
iPhone 11にSIMカードを入れる

2018年モデルのiPhone XSiPhone XRより以前のモデルはSIMカードを入れるだけで設定なしで使うことができます。

例えば、こちらはiPhone XRにワイモバイルのSIMカードを入れた状態です。

Y!mobileのアンテナピクトに
Y!mobileのアンテナピクトに

設定なしで大手キャリアのSIMカードと同じように設定されて使うことができるようになります。

ワイモバイルからAPNをインストールする

最新iPhoneとなるiPhone 11iPhone 11 ProはSIMカードを入れるだけで使うことはできず、ワイモバイルのAPN構成プロファイルをダウンロードする必要があります。

iPhone 11のAPNはこちらからダウンロードしてください。

ワイモバイルのAPN構成プロファイルのダウンロード
ワイモバイルのAPN構成プロファイルのダウンロード

ダウンロードが完了したら「設定」→「一般」→「プロファイル」にAPNがダウンロードされているので「インストール」をタップします。

「インストール」します。

これでワイモバイルのAPNがインストールされてiPhone 11、iPhone 11 Proでワイモバイルの通信が使えるようになります。

iPhone 11はソフトバンクのアンテナピクトに
iPhone 11はソフトバンクのアンテナピクトに

APNをインストールするとアンテナピクトはワイモバイルではなくソフトバンクとなります。

旧型のiPhoneはAPNのインストールなしで使えるので設定が楽ですが、最新iPhoneに関してはAPNの設定が必要となるので一手間かかるので注意をしてください。

なお、2020年秋に発売が噂されている新型iPhone 12/12 Proが発売となればiPhone 11シリーズもAPNなしで使えるようになると思います。

ワイモバイルでiPhone 11を安く使おう

ワイモバイルとiPhone 11
ワイモバイルとiPhone 11

ワイモバイルでもiPhoneを買うことができますが、iPhone 7かiPhone 6sの旧型モデルしか選ぶことができません。なので、Apple StoreでiPhone 11・iPhone 11 Proを買ってワイモバイルのSIMカード単体契約をするのがおすすめです。

Yahoo!モバイルのワイモバイルから契約することで「SIMカードご契約特典」で最大10,700円相当の還元を受けることができます。なので、せっかくならワイモバイルの公式サイトではなくYahoo!モバイルからワイモバイルを契約するのがいいでしょう!

大手キャリアとワイモバイルの料金の比較もしています。