シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone SEの値下げで格安スマホとして魅力高まる!格安SIMで通信料金が安くなる!

f:id:kazu-log:20180701103407j:plain

iPhone X・iPhone 8/8 PlusがリリースしたことでiPhone SEなどが大幅に値下げされ旧型モデルを買おうかと考えている方も多いのではないかと思いますが、iPhone SEの端末価格は5,000円も値下げされました。

  • 32GB:44,800円 → 39,800円
  • 128GB:55,800円 → 50,800円

iPhone SE 32GBなら39,800円で買うことができ、通信料金が安い格安SIMを使うことで通信費をかなり抑えることができそうです。

しかし、iPhone SEはかなり前に出たiPhoneなのでスペック的に心配になってしまいますよね。

ということで、iPhone SEはまだまだ現役で使うことができるのか徹底検証していきます!

 

値下げし安くなったiPhone SEは現役で使えるのか?

iPhoneの端末価格は年々下がっている

iPhone SE 外観

iPhoneは新モデルが出ると旧モデルを値下げし併売することが今の流れとなっています。

iPhone 7/7 Plusが発売された2016年はiPhone 6/6 Plusの販売が修理し、iPhone 6s/6s Plusの価格を下げて販売を継続していました。

しかし、iPhone X・iPhone 8/8 Plusが発売された2017年は2016年の販売価格から...

  • iPhone 7/7 Plus:11,000円値下げ
  • iPhone 6s/6s Plus:11,000円値下げ
  • iPhone SE:5,000円値下げ

と、iPhone 7/7 Plusだけではなく2世代前のiPhone 6s/6s Plusの価格も値下げし継続販売をしています。

つまり、2世代前のiPhoneも継続販売することでiPhoneの価格帯の幅が広くなり旧型モデルなら今までにないくらい安い価格で購入することができるようになっています。

2017年9月現在の新型iPhoneの価格はこんな感じ。

容量 64GB 256GB
iPhone X 112,800円 129,800円
iPhone 8 Plus 89,800円 106,800円
iPhone 8 78,800円 95,800円

旧型iPhoneの価格はこんな感じ。

容量 32GB 128GB
iPhone 7 Plus 74,800円 85,800円
iPhone 7 61,800円 72,800円
iPhone 6s Plus 61,800円 72,800円
iPhone 6s 50,800円 61,800円
iPhone SE 39,800円 50,800円

iPhone 7がリリースされた時はiPhone 6sは61,800円で販売されており4.7インチのiPhoneを手にするには最低でも61,800円を支払う必要がありました。

しかし、現在は2世代前のiPhone 6sを50,800円で買うことができるようになり4.7インチのiPhoneを今までよりかなり安い金額で手に入れることができるようになりました。

iPhone SEの端末価格も下がっている

4インチiPhone SEも発売当初は52,800円で販売されていましたが...

  • 52,800円(2016年3月)
  • 47,800円(2016年4月)
  • 44,800円(2016年9月)
  • 39,800円(2017年9月)

このように少しづつ安くなっていき現在は4万円弱でiPhone SEを手に入れることができるようになっています。

ここまでiPhoneの価格が下がったのは史上初ではないでしょうか。

プレミアム路線のiPhone XでiPhoneの価格が大きく上昇する一方でエントリーモデルの価格は大きく値下げされている。

そう考えると以前に比べてもより幅広い層の人が手にしやすくなっているのようにも感じますね。

iPhone SEと格安SIMなら料金が安い!

今はiPhone SEをかなり安く手に入れることができるので、格安SIMと組み合わせることで非常に安くiPhoneを持つことができるのです。

iPhone SEを手に入れるには、

  • Appleで購入してMVNOの格安SIMを入れて使う
  • UQ mobileで購入する
  • ワイモバイルで購入する
  • 楽天モバイルで海外モデルを購入する

キャリアを除くとこのような方法があります。

UQ mobile・Y!mobile・楽天モバイルで購入すると契約縛りが発生してしまうので、AppleでiPhone SEを買って格安SIMを契約した方がシンプルでいいと思います。

では、料金にどれほどの差が出るのか比較してみたいと思います。

端末代は分かりやすいように24ヶ月で割った金額も記載しています。Appleで直接購入した場合のSIMはLINEモバイルにしてみました。

  Apple
LINEモバイル
UQ mobile ワイモバイル 楽天モバイル
iPhone SE
端末代
39,800円
(1,658円)
39,800円
(1,658円)
65,340円
(2,722円)
39,800円
(1,658円)
基本料金 3GB+10分間かけ放題
2,570円
2GB+5分間かけ放題
2,480円
(1年目1,980円、2年目2,980円)
2GB+5分間かけ放題
2,480円
(1年目1,980円、2年目2,980円)
3.1GB+5分間かけ放題
2,450円
割引 - - -1,620円 -
合計 4,228円 4,138円 3,582円 4,108円

この4社の中ではY!mobileが一番安くiPhone SEを手にすることができます。

個人的に絶対にAppleで直接買ったほうが安いと思っていたので少し意外な結果だったのですが、長期利用になるとMVNOのSIMカードを使った方がお得です。

3年目以降も継続して利用すると、UQ mobileとY!mobileは2年目以降の料金が2,980円になってしまうので、他の格安SIMと比べると割高になってしまいます。

ただし通信品質は大手キャリアとほぼ同じなので安心して使えるのが大きなメリットになりそうです。

iPhone SEはまだまだ使える現役モデル

iPhone SEは2016年3月に発売されたモデルで3年目に突入した機種となります。

iPhone 6sと同等レベルのスペック

しかし、iPhone SEの性能は申し分ないくらい高性能スペックで、A9チップや1200万画素のカメラを搭載しているiPhone 6sと同レベルのハードウェアとなっています。

  • ディスプレイ:4インチ(1,136 x 640ピクセル)
  • CPU:A9チップ
  • 背面カメラ:1200万画素(f2.2レンズ)、True Toneフラッシュ、4Kビデオ撮影(30fps)・1080p(120fps)、120p(240fps)スローモーションビデオに対応
  • 前面カメラ:120万画素(f2.4レンズ)
  • 指紋認証 Touch ID

ただし、Touch IDはiPhone 6sに搭載されている第2世代ではなく第1世代となっています。

iPhone SEとP10 liteのCPU性能の違い

2016年3月に発売されたiPhone SEと2017年6月に発売されたHUAWEI P10 liteのCPU性能をGeekbenchを使って比較してみました。

iPhone SEとP10 liteの性能

  iPhone SE P10 lite
シングルコア 2554 902
マルチコア 4449 3367

端末代金が1万円ほどの差があるので、性能差があるのは当然なのかもしれません。

しかし、2年経った今でもiPhone SEは現役のAndroidスマホよりもCPU性能は高いものになっており、iOSの動作も非常に安定しているので操作感の良さは間違い無いでしょう。

iOS 12にアップデートすると動作がさらに快適に

2018年9月に配信予定されているiOS 12は安定性と動作の高速化が施されたバージョンとなっており、iOS 12にアップデートすることでiPhone SEのパフォーマンスが向上することになります。

パッと見た感じ、動作速度が上がったようには見えませんね。

ただ、バージョンを上げると動作が遅くなることが多い中でiOS 12は動作速度と操作性を維持しているのは凄いことではないでしょうか。

普通にスマホとして使うならこれくらいの性能があれば必要十分だとは思うんですよね。

 

片手で使える唯一の高性能スマートフォン!

最近のスマートフォンはディスプレイの大型化され、5〜6インチのディスプレイを搭載したモデルが多くなっています。

そんな中、iPhone SEは4インチの小型ディスプレイを搭載してるので片手操作が非常にしやすいのが特徴で、文字入力も片手でさささっと入力することが可能です。

iPhone SE 4インチのディスプレイ

このサイズのスマートフォンって本当に見かけなくなりましたよね。

iOSのサポートもまだまだ続く

iOSはバージョンアップとともにサポートしなくなる端末があります。

最近のアップデートでサポート対象外になった端末は以下のとおりです。

バージョン リリース日 サポート対象外となったデバイス
iOS 8 2014年9月 iPhone 4
iOS 9 2015年9月 -
iOS 10 2016年9月 iPhone 4s、iPad 2、iPad(第3世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)
iOS 11 2017年9月 iPhone 5、iPad(第4世代)

iPhone 5は2012年9月に発売された機種で2017年9月に配信されるiOS11でサポート外となりますが5年間もサポートされていたと考えると凄いですよね。

この流れから今後のサポート対象外になる機種を予想してみました。

バージョン リリース日? サポート対象外になるデバイスはこれ?
iOS 12 2018年9月 対象外になるデバイスなし
iOS 13 2019年9月 A7チップ搭載モデル
iPhone 5s、iPad Air、iPad mini 2
iOS 14 2020年9月 A8チップ搭載モデル
iPhone 6/6 Plus、iPad Air 2、iPad mini 3
iOS 15 2021年9月 A9チップ搭載モデル
iPhone 6s/6s Plus、iPhone SE、iPad(第5世代)、iPad mini 4
iOS 16 2022年9月 A10チップ搭載モデル
iPhone 7、iPad(第6世代)

当初はiOS 12でサポートから外れるのかなと思われていたiPhone 5sもサポート対象となりました。

少なくともiPhone SEは2022年8月まではサポートされそうです。

つまり、今iPhone SEを買ってもあと4年は大丈夫ということになります。ただ、この世代の端末は急激に性能が向上したので、もっと長くサポートされそうな予感もします。

 

まとめ:安くiPhoneを手に入れたいならiPhone SEはおすすめ!

iPhone SEの32GBモデルが39,800円に値下げされたことでiPhoneがとても買いやすくなったと思います。

iPhone X・iPhone 8/8 Plusといった高性能モデルが注目されている中でコストパフォーマンスが高いiPhone SEも悪くないように感じます。

iPhone SEの後継機(iPhone SE 2)を熱望している方も何気に多いみたいですし、それなりの需要はありそうですね。