iPhoneの買い替えのタイミングはいつ?

iPhoneはとても高いデバイスです。最新モデルだと普通に10万近いお金が羽ばたいて去っていきます。それでも時は流れ、iPhoneは毎年新しい機種が発売されて、たった1年で型落ちのiPhoneになってしまう儚いもの。

などと考えているとiPhoneを買い替えるタイミングを失ってしまいます。ということで、この記事ではどのタイミングでiPhoneを買い替えるのがいいのか、シチュエーション別でまとめてみました。

今使っているiPhoneがそろそろ古くなってきたから買い替えをしたい…!と検討している方は是非参考にしてくださいませ。

なお、最新モデルはiPhone 11iPhone 11 Proとなっていますが、こちらの記事でiPhoneを比較しているのに参考にどうぞ!

iPhoneはどれくらい使える?

昔の携帯電話は製品寿命が短く、2年ほど使うとボロボロになってしまい性能も低かったことから「そろそろ機種変更しないとな…」と思わせてくれるものでした。

近年のスマートフォンは筐体にアルミやガラスを使うことが増えて劣化が少なく製品寿命が長くなりました。2年以上使っても本体は綺麗ですし、問題なく動作するものがほとんどですよね。

では、iPhoneの寿命はどれくらいあるのか?実際のどれくらいの期間を使うことができるのでしょうか。

Apple公式では3年が寿命の目安

iPhoneの耐用年数はAppleの「環境のためのAppleの取り組み」という公式ページに記載されています。

1人目の所有者を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く…

つまり、iPhoneを含むiOSデバイスは3年は問題なく使うことができて、ほとんどの場合はそれよりも長い対応年数を持っているということになります。

iPhoneの耐用年数(Appleの公式見解)
  • iPhone・iPad・watch OSは3年間の使用を想定している
  • 実際の耐用年数は3年よりも長い

確かに3年以上経過したiPhoneも問題なく動作していますし、iOSのサポートも受けることができるので実際は3年以上の寿命はあるといえます。

\iPhone 11/11 Pro 発売開始/

iPhoneの寿命は何を指す?

では、iPhoneの寿命とは何か?快適にiPhoneを使うことができなくなった時が寿命を迎えたとみていいでしょう。

iPhoneの寿命とは?
  • 画面が表示しなくなった
  • バッテリーが持たなくなった
  • すぐに電源が切れる
  • 最新のiOSにアップデートできない
  • 動作が遅くてイライラするようになった

画面が表示しなくなった

画面が表示しなくなったのは不具合の可能性もあり、1〜2年で画面が映らなくなった場合は単なる故障なのでAppleに修理をしましょう。そうではなく、3〜4年ほどの使用で画面が表示しなくなった場合は寿命なので買い替えをするいいタイミングとなります。

バッテリーが持たない、電源が切れる

また、バッテリーの持ちが悪くなってきた場合も買い替えタイミングの目安となります。

通常の使い方であれば3〜4年は問題なく使うことができますが、毎日のようにゲームをしたり動画を見るなどしているとバッテリーの劣化が進むので、1〜2年ほどで電池持ちが悪くなった場合はバッテリーの交換をしましょう。

iPhoneのバッテリーの状態
2年使ったiPhone 8のバッテリーの状態

iPhoneのバッテリーの状態は「設定」→「バッテリー」から確認をすることができ、80%を切ると電池持ちが悪いと感じると思います。

この画像は2年ほど使ったiPhone 8のバッテリーの状態ですが、使い方によっても異なりますが88%となっています。普通に使うことができるのでまだまだ普通に使うことができるでしょう。

最新のiOSにアップデートできない

iPhone 4sとiPhone 5
最新のiOS非対応のiPhone 4sとiPhone 5

iOSは定期的にアップデートを繰り返していますが、古い端末からサポートから外れてしまうためアップデートができなくなります。新しいiOSにアップデートできなくなったら買い替えるタイミングであると見極めることができます。

iOS 12 サポート端末
  • 2013年以降の端末:iPhone 5s、6/6 Plus、SE、6s/6s Plus、7/7 Plus、8/8 Plus、X/XS/XS Max/XR

iPhone 5sは2013年に発売した端末ですが6年経過した2019年現在も現役で使うことができる歴代で最も長生きしているiPhoneとなっています。

2019年秋に配信されるiOS 13は1GBのメインメモリを搭載した端末がサポート対象外になることが明らかになっています。

iOS 13(2019年9月〜)サポート端末
  • 2015年以降の端末:iPhone 6s/6s Plus、SE、7/7 Plus、8/8 Plus、、X/XS/XS Max/XR

つまり、2019年9月以降は2013年モデルのiPhone 5sと2014年モデルのiPhone 6とiPhone 6 Plusを使っているユーザーさんは新しいiPhoneに買い替える良いタイミングということになるでしょう。

iPhone 6/6 Plusでも発売から5年のサポートを受けることができたので、iOSのアップデートができるかどうかという観点で見るならiPhoneは発売してから5年は使うことができる…ということになります。

動作が遅くなってきた

iPhoneは月日が経過するとなぜか動作が遅くなってきます。ハードウェアの劣化、iOSの新機能によるOSの肥大化など様々な要因があると思います。

動作が遅くなってきたな…ストレスを感じるようになったらそれはiPhoneの寿命と見なしてもいいでしょう。

iPhone 5s
iOS 12をインストールしたiPhone 5s

2013年モデルのiPhone 5sはiOS 12のサポート対象機種ですが実際に使ってみると動作はかなりモッサリしていて快適とはいえない感じです。

とはいえ、できることは最新のiPhoneとさほど変わらないですし、まだメイン機で使っているユーザーさんも多いんですよね。2019年9月以降はサポート対象外になるので買い替えのタイミングにはなりそうですが。

実際のiPhoneの寿命

とにかく長く使いたいなら4〜5年

実は僕の妻は2014年に発売したiPhone 6を2019年現在も現役で使っています。

iPhone 6
5年ほど使ったiPhone 6はまだ現役で使える

ゲームをしたり動画を見たりすることはありませんが、一度もバッテリー交換をせずに5年ほど使えたことになりますね。

つまり、一般的な使い方であれば5〜6年くらいはハードウェアは耐えることができるということになります。

僕のような最新機種好きだと「モッサリしてるなぁ…」と思いますが、普通の感性を持っている妻に動作速度のことを聞くと「普通に快適だけど?」と言ってきます。

つまり、普通の方は5年前のiPhoneでも問題なく使うことができる…ということなんですね。マジかよって思うけど。なので、動作速度など快適性を追求しないならiPhoneはiOSのサポートが切れるまで(5年ほど)使うことができる…ということになります。

快適性を重視するなら3〜4年

個人的にはそこそこ快適にストレスなくiPhoneを使えた方がいいと思うので、3〜4年がiPhoneの買い替えするタイミングに良いといえるでしょう。

買い替えのタイミング
  • iPhone 5s(2013):すぐに新しいiPhoneに買い換えよう
  • iPhone 6(2014):新しいiPhoneに買い換えよう
  • iPhone SE/6s/6s Plus(2015):買い換えがおすすめ
  • iPhone 7/7 Plus(2016):そろそろ買い替えを検討
  • iPhone 8/8 Plus/X(2017):まだまだ使えるよ
  • iPhone XS/XS Max/XR(2018):Apple信者の方ですね?2019年モデルに買い替えましょう。

5年前のiPhone 6の動作はモッサリしていますが、4年前のiPhone 6s/6s PlusはA9プロセッサ + 2GBのメインメモリを搭載しているので比較的快適に使うことができます。

iPhone 7iPhone 7 Plusはそろそろ買い替えを検討してもいい端末ですが、iOSのサポートはおそらく2020年9月のiOS14まではイケるので2021年8月まで、あと2年以上は現役で使うことができるでしょう。

iPhone 8iPhone 8 Plusは販売が継続されている機種でもあるので、まだまだ使うことができるしょう。iPhone Xも同世代のモデルなので、2021年以降も現役で使うことができそう。

買い替えをするタイミング

2年縛り空白期間(キャリア版)

iPhoneの買い替えのタイミングですが、現在のiPhoneをどこで購入したかも重要となってきます。もし、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアで購入した場合は2年縛りのない時期がiPhoneの買い替えのタイミングとなります。

SIMフリー版のiPhoneをApple Storeで購入している場合は好きなタイミングで買い替えができるので、買い替えをしたいと思った時が最良のタイミングとなります。

で、この期間の中でiPhoneを買い替えするお得な時期というものがあるので紹介したいと思います。

\iPhone 11/11 Pro 発売開始/

最新モデルが発売した直後(SIMフリー版)

iPhoneの最新機種はここ数年は決まって9月に発売しています。

新型iPhoneの発表と同時に型落ちとなった旧型のiPhoneの端末価格が大きく値下げされて継続販売されるのが通例となっており、2018年のiPhoneが発売された時はiPhone 7/7 PlusとiPhone 8/8 Plusが値下げされていました。

型落ちモデルiPhoneの値下げ(2018年)
 iPhone 8iPhone 8 PlusiPhone 7iPhone 7 Plus
32GB61,800円 → 50,800円74,800円 → 64,800円
64GB78,800円 → 67,800円89,800円 → 78,800円
128GB72,800円 → 61,800円85,800円 → 75,800円
256GB95,800円 → 84,800円106,800円 → 95,800円

なので2019年9月に新しいiPhoneが発売されれば現行モデルは値下げして継続販売されるのは間違いないのです。

おそらくiPhone 7/7 Plusが販売終了しiPhone 8 /8 PlusとiPhone XS/XS Maxが値下げされるのではないでしょうか。iPhone XRは販売終了してiPhone Xのようにキャリアでの販売のみになりそう。

もし、iPhone 8がストレージ容量・64GBのままiPhone 7と同価格帯で購入できるようになったらコストパフォーマンスは非常に高いものとなるでしょう。

というか、これくらい価格を下げないとヤバイでしょうね。Google Pixel 3aは64GBのストレージ容量で税込で47,800円で買えるますし。

他にもiPhoneの買い替えのタイミングは季節ごとにあります。

SIMフリー版 iPhoneの買い替えのタイミング
  • 9月:新型モデルが発売して型落ちモデルが値下げ
  • 11月:新型モデルの売れ行き次第でキャリア版の値下げが期待できる
  • 3〜5月:入学・新生活シーズンでキャリア版の値下げが期待できる

Apple StoreのSIMフリー版のiPhoneは一年を通して価格は変わりませんが、キャリア版のiPhoneに関しては状況に合わせて値下げすることがあります。

おすすめの買い替えサイクル

iPhoneが快適に使うことができる期間は3〜4年です。なので、このサイクルで新しいiPhoneを買い替えるのがいいと思うのですが、最新機種を購入するか、型落ち機種を購入するかで買い替えサイクルを変えるのがおすすめです。

最新のiPhoneを3〜4年置きに機種変更する

9月に新型のiPhoneが出たらすぐに購入して3〜4年後に新型モデルを購入していきます。仮にiPhone XSの後継機を112,800円で購入した場合の4年間の端末代金はこうなります。

最新モデルを購入する場合
  • 2019年9月:iPhone 11を購入する(37,600円/12回払い)
  • 2020年9月:継続利用(37,600円/12回払い)
  • 2021年9月:継続利用(37,600円/12回払い)
  • 2022年9月:iPhone 14を購入する(37,600円/36回払い)
  • 4年間で150,400円の端末代金

発売したてのiPhoneは型落ちよりも製品寿命が長いので型落ちを買うよりも長く使うことができます。さらに、3〜4年置きに最新の技術にリアルで触れ合うことができますし楽しむことができます。

旧型のiPhoneを2〜3年置きに機種変更する

9月に新型のiPhoneが出たら型落ちとなった旧型モデルを購入して2〜3年後に同じように型落ちになったモデルを購入していきます。仮に2019年9月に2世代前の機種になるiPhone 8が50,800円に値下げされたとして計算するとこうなります。

旧型モデルを購入する場合
  • 2019年9月:iPhone 8を購入する(25,400円/24回払い)
  • 2020年9月:継続利用(25,400円/24回払い)
  • 2021年9月:iPhone 11を購入する(25,400円/24回払い)
  • 2022年9月:継続利用(25,400円/24回払い)
  • 4年間で101,600円の端末代金

やはり、旧型モデルを2〜3年置きに買い替えしていく方が端末代金を圧倒的に抑えることができますね。2世代型落ちのモデルなので新型よりも製品寿命が2年短くなりますが、2〜3年の間隔で機種変更していけば問題ないでしょう。

なお、大手キャリアの料金プランは分離プランが採用されているので端末代金の支払いが完了したら通信料金が高くなってしまうことがなくなったので機種変更したくなければ4〜5年もそのまま継続して使うこともできます。

\iPhone 11/11 Pro 発売開始/

まとめ:2〜3年置きに旧型iPhoneに買い替えサイクルが現実的

iPhone XSとiPhone SE

iPhoneは生活必需品でありながら端末価格が少し高いので価格の安い格安スマホに行きがちになってしまいますが、長く使うならサポート期間が長くて使いやすいiPhoneはおすすめのスマホです。

2〜3世代前の機種なのに現役で普通に快適に使うことができるスマホってなかなかないですよ。

キャリアと格安SIM、どっちがいい?

家族がいるのかいないのか、一人で使うのか。などシチュエーションによって異なってくると思いますが、家族がいて自宅に光回線を引いているのなら同じキャリアにまとめてしまった方がいい場合があります。

また、ドコモ、au、ソフトバンクは最新のiPhoneの取り扱いもしているので機種変更がしやすいというメリットがあります。

\iPhone 11/11 Pro 発売開始/

しかし、家族がいないなら格安SIMでもいいでしょう。縛られることなくSIMフリー版のiPhoneを好きな時に買い替えすることができます。ただ、格安SIMにするのならUQ mobileかY!mobileがおすすめです。

型落ちのiPhoneを買うことができて通信料金も非常にリーズナブル。しかも回線が込み合うこともほぼないので大手キャリアと同じ通信品質でiPhoneを使うことができます。

\UQ mobile・Y!mobileでチェック/

特にワイモバイルはApple StoreからSIMカードを購入することができSIM単体契約ができて割引を受けることができるので、UQ mobileよりもお得なんですよね。