中学生・高校生におすすめのiPhone

中学生、高校生になるといよいよスマートフォンを持つことになります。

「スマホはiPhoneじゃないと嫌だ!」

そう言ってくる可能性はかなり高いかもです。というのも、中高生の多くはiPhoneを使っている子が多く「iPhoneじゃないとダメ!」ってなるみたいですね。

ただ、嬉しいことに最近はラインナップが豊富で価格の安いiPhoneも選ぶことができます。また、iPhoneにするメリットもたくさんあるのでiPhoneを選ぶのは良い選択肢となります。

この記事では中高生におすすめのiPhoneと、どこで買うのが安くてお得なのかも比較しているので中高生でiPhoneが欲しい方、お子さんがiPhoneが欲しいと言っている親御さんは参考にしてみてください。

中高生がiPhoneを選ぶメリット

使ってる人が多い

iPhoneは使っている人が多くて、2021年2月に行われたMMDの調査によると「iPhone」は45.8%、「Android」は41%、とくにiPhoneを持っている10代女性は82.7%となっています。すごいですよね。

8割の子がiPhoneを持ってるって…!若年層のiPhoneのシェア率がやばい。

iPhoneとAndroidのシェア
  iPhone Android
全体 45.8% 41.0%
男性10代 68.9% 25.6%
男性20代 58.2% 34.5%
男性30代 38.9% 48.4%
女性10代 82.7% 15.1%
女性20代 71.1% 23.6%
女性30代 50.7% 42.2%

以前に比べるとiPhoneのシェアは減少傾向はあるものの半分以上の方がiPhoneを使っているので何かトラブルがあったときに人に対処法を聞きやすいというメリットがあります。

Androidになると各メーカーによっても操作方法が異なりますしトラブルがあったときに解決に時間がかかってしまうデメリットがあります。みんながiPhoneが使っているからこそ得ることができる安心感はありますよね。

\最新iPhoneの購入はこちら/

データのやり取りが簡単にできる

iPhoneはAirDropという機能を搭載しているのでiPhoneだけでなくiPad、Macでデータのやり取りがとても簡単にすることができます。

例えば、友達と一緒に写真や動画を撮って共有したいという場面があるかと思いますがAirDropを使うことで簡単に写真や動画を送り合うことができます。

いやいや、LINEならiOS・Androidでもデータ共有できるでしょ?

って思うかもですが、データ通信量がかかってしまいます。AirDropはデータを転送するときにBluetoothを使うためデータ通信量を消費しないので何枚も写真や動画を転送してもお金がかかることはありません。

安くても性能が高くて使いやすい

iPhoneの廉価モデルなら価格が安めでiPhone SE(第3世代)は62,800円です。iPhone 12 miniは87,800円なので25,000円も安い価格設定となっています。

また、UQモバイルやワイモバイルなどの格安キャリアなら5万円以下に割引が適用されて安く手に入れることもできます。

Androidスマホだと2万円以下で買える端末がありますが、性能がいまいちでストレスがあったり、カメラの画質が悪く満足できない…なんてことがあります。

しかし、iPhoneならどのモデルを選んでも高性能ですしカメラの画質もとてもキレイで価格のわりに満足度の高くなります。

製品寿命も長いので3年間は普通に使うことができるので結果的に安上がりになりますよ。

周辺機器・ケースの種類が豊富で楽しい

iPhoneは使っている人が多いこともあり周辺機器やケースが豊富なので自分好みのiPhoneに仕上げることができることもできます。

最新モデルのiPhone 12シリーズならMagSafeに対応したアクセサリを選ぶことでウォレット、スタンド、充電器といった様々な周辺機器を新しいスタイルで楽しむことができます。

MagSafe対応のMOFTスタンド

また、うっかりiPhoneの充電を忘れてバッテリーが少なくなってもiPhoneを使っている友達から充電器とケーブルを借りて充電できるので安心して使うことができますよね。

iPhoneは意外と安く買える

以前のiPhoneはハイエンドモデルしかなく「iPhoneは高い」というイメージがありますが、現在は価格の安いiPhoneもあるので意外と安く、選び甲斐のあるラインナップとなっています。

現行モデルの端末価格

Apple Storeで販売されているiPhoneは最新モデルのiPhone 13シリーズがありますがこのモデルは高いのでお金が有り余っている方向けの端末といってもいいでしょう。

税込 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone 13 mini 86,800円 98,800円 122,800円
iPhone 13 98,800円 110,800円 134,800円
iPhone 13 Pro 122,800円 134,800円 158,800円 182,800円
iPhone 13 Pro Max 134,800円 146,800円 170,800円 194,800円

iPhone 13 miniの128GBモデルでもかなり高いなぁといった感じですが、Appleは旧型モデルのiPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11を販売価格を下げて継続販売していて、さらに低価格モデルのiPhone SE(第3世代)もあります。

税込 64GB 128GB 256GB
iPhone 12 mini 69,800円 75,800円 87,800円
iPhone 12 86,800円 92,800円 104,800円
iPhone 11 61,800円 67,800円
iPhone SE3 57,800円 63,800円 76,800円

iPhone 11もかなり安く61,800円〜で買うことができます。iPhone SE(第2世代)は49,800円からとなっていて5万円以下で買うことができる現在新品で販売されているiPhoneの中では最も安いモデルと言っていいですね。

価格だけで選ぶならiPhone SE(第2世代)の一択となります。

このモデルはApple Storeだけでなくドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイルで取り扱いしていますが、ポイント還元、端末割引もあるので実はこのようなキャリアで手続きをした方が安くiPhoneを買うことができます。

iPhoneを安く持つには

新品で安くiPhoneを手に入れるならiPhone SE(第2世代)の一択となります。

買うところによって端末価格が異なり、学生なのでドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルなら学割を適用することができ月々の料金を抑えることができます。

どのキャリアでもiPhoneの場合は端末割引、またはポイント還元を受けることができますがワイモバイルで買うのが月々の通信費用も安く、学割もあるのでおすすめです。

ドコモ、au、ソフトバンクでiPhone SE(第3世代)を買うと月々の料金はこうなります。

ドコモ、au、ソフトバンク
  ドコモ au ソフトバンク
iPhone SE 65,230円(1,811円 ×36) 65,335円(1,845円+ 1,814円 ×35) 67,680円(1,410円 ×48)
返却プログラム 31,920円(1,448円 ×23) 34,615円(1,442円 ×24) 33,840円(1,410円 ×24)
新規契約
MNP
機種変更

-22,000円
-11,000円
-22,000円
-21,600円
-21,600円
-5,040円
データ無制限 5Gギガホプレミア:7,315円 使い放題MAX:7,238円 メリハリ無制限:7,238円
学割1 6ヶ月 -3,839円 6ヶ月 -3,938円 端末から-10,080円
学割2 30歳まで -500円
家族割
(3人)
-1,100円 -1,100円 -1,210円
光セット割 -1,100円 -1,100円 -1,100円
月々(〜6ヶ月) 3,087円 2,609円 5,678円
月々(7ヶ月目以降) 6,426円 6,547円 5,678円
2年間合計 18,522円 + 115,668円 = 134,190円 15,654円 + 117,846 = 133,500円 136,272円

UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルだとこんな感じ。

UQ、ワイモバイル、楽天
  UQモバイル ワイモバイル 楽天モバイル
iPhone SE(64GB) 58,735円(2,447円 × 24回) 58,680円(2,445円×24回) 57,800円(2,408円×24回)
15GB 20GB増量
2,728円
3,278円 20GB:2,178円
学割 1年間 1,100円割引 1年間 1,100円割引
家族割 -638円 -1,188円
月々の料金(〜1年) 3,437円 3,435円 4,586円
月々の料金(1年以降) 4,075円 4,535円 4,586円
2年間の合計 41,244円 + 48,900円 = 90,144円 41,220円 + 54,420円 = 95,640円 110,064円

UQ mobile、ワイモバイルは学割があるので費用をかなり抑えることができます。楽天モバイルは学割はないですがMNP乗り換えなら35,000ptの楽天ポイントの還元があって実質価格はかなり安くなります。

\iPhone SEを各キャリアで/

中高生におすすめのiPhoneはコレ

費用を抑えたいならiPhone SEがおすすめ

iPhone SE(第3世代)は端末価格が安い割に高性能で、指紋認証のTouch IDにも対応した使いやすいモデルとなっています。

iPhone SE(第3世代)
iPhone SE(第3世代)
iPhone SE3のスペック
ディスプレイ 4.7インチ(1,334 × 750ピクセル)
Retina HDディスプレイ
生体認証 Touch ID(指紋認証)
SoC A15 Bionic
RAM
SSD
GB
64GB・128GB・256GB
リアカメラ 広角:1200万画素・F/1.8
インカメラ 700万画素・F/2.2
通信性能 5G(Sub-6)、4G LTE、Wi-Fi 6
バッテリー容量 2,018mAh
ワイヤレス充電 Qiに対応
本体サイズ・重量 138.4 × 67.3 × 7.3mm・144g

iPhone SE(第3世代)はホームボタンを搭載したスタイルとなっていますが、iPhone 13 mini・iPhone 13と同じA15 Bionicチップを搭載しているので性能はハイエンドモデルと同等です。

ゲームもバッチリ動かせる性能を持ったSoCなので快適に遊ぶことができます。ただ、バッテリー持ちがそんなによくはないのでモバイルバッテリーはあった方がいいかもしれません。

iPhone SE(第3世代)
iPhone SE(第3世代)

生体認証はTouch ID(指紋)に対応していてマスクをしながらも画面ロック解除して使うことができます。昔ながらのスタイルのiPhoneなので顔認証に非対応ですが困ることはないでしょう。

iPhone SE(第3世代)はUQ mobileのM(15GB)で家族割適用で1年間は3,437円、2年目は4,075円で使うことができます。3GBのプランならもっと安くすることもできます。

とにかく費用を抑えたいという方はワイモバイルのiPhone SE(第3世代)はおすすめです。

iPhone SE3のメリット
  • 4.7インチの小型軽量モデル
  • 余裕で片手で操作ができる
  • 指紋認証機能を搭載している
  • カメラの画質はそこそこ良い
  • ステレオスピーカーに対応
iPhone SE3のデメリット
  • 画面が少し小さすぎる
  • 超広角カメラを搭載していない
  • 顔で画面ロック解除ができない
  • 電池持ちがそんなに良くはない
■ おすすめ度:
4.5
■ 画面の綺麗さ:
3.5
■ 持ちやすさ:
5
■ 処理性能:
3.5
■ カメラ性能:
4
■ 電池の持ち:
3.5
■ 価格の安さ:
4.5
\iPhone SEを各キャリアで/

バランスの取れたiPhone 12 miniもおすすめ

iPhone 12 miniは2020年のスタンダード小型モデルで2022年現在も販売継続しています。iPhone 12もおすすめですがiPhone 12 miniは端末価格が69,800円と安いのもメリットです。

iPhone 12 mini
iPhone 12 mini
iPhone 12 miniのスペック
ディスプレイ 5.4インチ(2,340 × 1,080ピクセル)
Super Retina XDRディスプレイ
生体認証 Face ID(顔認証)
SoC A14 Bionic
RAM
SSD
4GB
64GB・128GB・256GB
リアカメラ 広角:1200万画素・F/1.6
インカメラ 1200万画素・F/2.2
通信性能 5G(Sub-6)、4G LTE、Wi-Fi 6
バッテリー容量 2,227mAh
ワイヤレス充電 MagSafe、Qiに対応
本体サイズ・重量 131.5 × 64.2 × 7.4mm・133g

iPhone 12 miniのスペックはまだまだ現役で使えてゲームも問題なく快適に動作します。1世代前のモデルとはいえおそらく3年は普通に現役なので安心して使うことができます。

ただ、ゲームをプレイすることがあるならストレージ容量は128GBを選ぶのがおすすめです。64GBだと写真と動画だけでもそれなりに消費してしまいます。

iPhone 12 miniはFace ID(顔認証)ですがマスクしていても認証できるので普通に使いやすくなっています。

iPhone 12 miniはApple Storeで69,800円ですが大手キャリアだけでなくUQ mobile、ワイモバイルなども取り扱いをしていてMNPなら56,680円で購入ができます。

iPhone 12 miniのメリット
  • 5.4インチでコンパクトサイズ
  • A14 Bionic + 4GB RAMで高性能
  • 顔機能を搭載している
iPhone XRのデメリット
  • 端末が少し大きい
  • 超広角カメラを搭載していない
  • 指紋認証が使えない
■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
4
■ 持ちやすさ:
5
■ 処理性能:
4.5
■ カメラ性能:
4
■ 電池の持ち:
3.5
■ 価格の安さ:
4

画面が大きく安いiPhone 11もおすすめ

少し前までドコモのahamoでiPhone 11を取り扱いしてましたが現在は販売終了となっています。ただ、Apple公式サイトで61,800円で販売継続しています。

また、イオシスで中古が4万円前後で販売しているので意外と安く手に入れることができます。

iPhone 11のスペック
ディスプレイ 6.1インチ(1,792 × 828ピクセル)
Liquid Retina HDディスプレイ
生体認証 Face ID(顔認証)
SoC A13 Bionic
RAM
SSD
3GB
64GB・128GB・256GB
リアカメラ 広角:1200万画素・F/1.8
超広角:1200万画素・F/2.4
インカメラ 700万画素・F/2.2
通信性能 4G LTE、Wi-Fi 5
バッテリー容量 2,942mAh
ワイヤレス充電 Qiに対応
本体サイズ・重量 150.9 × 75.7 × 8.3mm・194g

iPhone 11はA13 Bionicに3GBのメインメモリを搭載していてCPUの性能はハイエンドそのもので超広角カメラも使えます。みんなで写真や動画を撮影するのにも使えるiPhoneとなっています。

iPhone 11のメリット
  • 6.1インチサイズで画面が大きい
  • A13 Bionic + 3GB RAMで高性能
  • 顔機能を搭載している
iPhone 11のデメリット
  • 端末が少し大きい
  • 指紋認証が使えない
■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
3.5
■ 持ちやすさ:
3.5
■ 処理性能:
4.5
■ カメラ性能:
4
■ 電池の持ち:
4.5
■ 価格の安さ:
3.5

中高生のおすすめのiPhone:まとめ

iPhoneはApple Store、ドコモ、au、ソフトバンクだけでなくUQモバイル、ワイモバイルでも取り扱いをしています。

現在使っているキャリアに合わせてどこで買うかを決めてもいいですし、安さ優先でUQモバイル、ワイモバイルに乗り換えをするのもいいかもしれません。

iPhoneは新品なら3年間は普通に使うことができるほど製品寿命の長い端末なので、中学1年生で新しいiPhoneを買って、高校1年生になってから機種変更するのがちょうどいいタイミングとなるのではないでしょうか。