IIJmioのeSIMでiPhoneをデュアルSIM環境に

格安SIMのIIJmioが2019年7月18日にデータ通信専用「eSIMプラン(ベータ版)」のサービスをスタートしました。

eSIMはiPhone XS/XS Max/XRと2018年モデル以降のiPadで使うことができる機能で、IIJmioが日本国内初となるeSIMによるデータ通信サービスの取り扱いを開始します。

というわけで、IIJmioのeSIMを実際に試してみたのでiPhone XS Maxでの設定方法、使用感について詳しく書いていきたいと思います。

IIJmioのeSIMプラン

eSIMとは

iPhoneやiPadなどのモバイル端末でモバイル通信をするには通信会社が発行しているSIMカードを端末に入れる必要があります。

eSIMは物理的なSIMカードが存在しないSIMのことで、端末にSIMカードの役割を果たすeSIM(embedded Subscriber Identity Module)を内蔵していて、QRコードを読み取るだけで簡単にモバイル回線を使うことができる規格となっています。

eSIMはSIMカードなしでモバイル通信ができる
eSIMはSIMカードが必要なし!

現時点では日本国内のeSIMにおいて音声回線を持ち合わせたeSIMの提供はされていません。

なので、音声通話の回線は今まで通り大手キャリアか音声通話付きの格安SIMを契約してSIMカードをiPhoneに入れる必要があります。

そんな中で、格安SIMサービスを提供しているIIJmioがデータ通信専用のeSIMプランの提供を開始しました。

このeSIMを使うことで主回線(音声通話)をドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMに設定しながら副回線(データ通信)をIIJmioのeSIMに設定できるんです!

つまり、eSIMを組み合わせたデュアルSIM環境をiPhoneで構築することができる!ってことになります!

ついに日本でもデュアルSIM環境を作ることができるようになったんですね…!

デュアルSIMのメリットとは

「デュアルSIM環境にするとどんなメリットがあるの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

わざわざ、音声回線とデータ通信回線を別々の通信会社にするということは請求書も別々になってしまうわけですし、面倒くさいですよね。

本来のeSIMの使い方としは海外に行った時にeSIMで簡単に海外の通信会社と契約して設定できるのがメリットだったりしますが、日本国内では主回線を大手キャリアにして副回線をIIJmioのeSIMにして通信料金を安くする…ということができるようになります。

デュアルSIMのメリット
  • 音声回線(大手キャリア) + データ通信回線(格安eSIM) = 通信料金が安くなる!

eSIMは2018年モデルのiPhoneから対応しているので、大手キャリアの回線を使っている方はIIjmioのeSIMを使うことで月々の通信料金を下げることができるかも?

IIJmio eSIMの月々の料金

IIJmioのeSIMデータプランは6GBのデータプランのみとなっていますが、大容量オプション(20GB・30GB)を付けることもできます。

IIJmioのeSIMのプラン
  • ライトスタートプラン(6GB):1,520円
  • データオプション(20GB追加):3,100円
  • データオプション(30GB追加):5,000円
  • 初期費用:3,000円
  • 再発行(端末変更):2,000円

IIJmioのeSIMプランの回線はドコモとなっていてau、ソフトバンクは現時点では契約はできません。

参考までに、ドコモのギガライトの料金プランは6GBのデータ通信をすると7GBのプランとなり月々6,680円の通信料金となります。

ドコモのギガライト(〜7GB)
  • ギガライト(〜7GB):5,980円
  • 5分かけ放題:700円
  • 合計:6,680円

ドコモ + IIJmioのeSIMプランを組み合わせで、音声通話をドコモ、データ通信をIIJmio(eSIM)にすることで、こんな感じで月々の通信料金を下げることができます。

ドコモ + IIJmio(eSIM)
  • ドコモ ギガライト(〜1GB):2,980円
  • ドコモ 5分かけ放題:700円
  • IIJmio eSIM(〜6GB):1,520円
  • 合計:5,200円

IIJmioのeSIMを組み合わせで6,680円 → 5,200円と1,480円も通信料金を安くすることができました。もし、3人家族で使うのならドコモの家族割で1,000円の割引を受けれるのでもっと安くなります。

ドコモ家族割 + IIJmio(eSIM)
  • ドコモ ギガライト(〜1GB):2,980円
  • ドコモ 5分かけ放題:700円
  • 家族割(3人):−1,000円
  • IIJmio eSIM(〜6GB):1,520円
  • 合計:4,200円

月々6,680円だったのが2,480円も安い4,200円に抑えることができます。これは、なかなか良いのでは?!!

そもそも、格安SIMでいいのでは?

「そもそも、格安SIMでいいんじゃね?」って思うかもですね。

確かに、音声回線も格安SIMに乗り換えすることで通信費用を下げることができます。

しかし、大手キャリアでしか使えないサービスがあるのでどうしても格安SIMに移行することができない…という方もいます。

大手キャリアの回線を使いたい理由
  • ケータイ払い(d払いなど)を使いたい
  • キッズ携帯を使いたい
  • キャリアメールを使いたい
  • 最新スマホを定期的に機種変更したい

キャリアメールとかは使えなくてもいいけど、キッズ携帯のために大手キャリアのスマホを使っている…という方は多そうな気もします。

SONY Xperia 1やSHARP AQUOS R3などは大手キャリアでしか取り扱いをしてなかったりします。

これらのハイエンドスマホを定期的に機種変更して使いたい…という方はキャリアを使い続けるメリットはあるのかなと思います。

他にも、キャリアには家族割や光セット割(3GB以上が対象)お得な割引サービスがあり、大手キャリアを使い続けてIIJmioのeSIMを組み合わせで料金を下げるという新しい選択肢が増えたことは大きなメリットといえるでしょう。

eSIMに対応している機種

eSIMに対応している端末は以下のとおりで、SIMロック解除がされたSIMフリー端末が必要となります。

eSIMに対応している端末
タブレットスマートフォン
iPad mini(第5世代)
iPad Air(第3世代)
iPad Pro 11インチ
iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
Surface Pro LTE Advanced
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR

2018年以降に発売したiPhone、iPadとSurface ProのLTE AdvancedモデルがeSIMに対応しています。

eSIMの設定方法

IIJmioで申し込みをする

eSIMを利用するには、まず最初にIIJmioのeSIMのサイトから申し込みをする必要があります。申し込みはIIJmioの会員登録が必要となりmioIDとmioパスワードが必要となります。

申し込みはオンライン上ですることができ、支払い用のクレジットカードの登録も必要となります。必要な情報を入力して申し込みをするとQRコードが送付されます。

QRコードを読み取って設定する

iPhoneの設定アプリを起動して「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」を選択します。

eSIMを追加する方法(iPhone)
「モバイル通信プランの追加」を選択する

QRコードでアクティベーションコードをカメラで読みとると「モバイル通信プランを追加」という画面が表示されるので追加します。

QRコードを読み取ってeSIMを設定する
QRコードを読みとってモバイル通信プランを追加する

これで、iPhoneにIIJmioのeSIMが登録完了です。あとは、iPhoneの画面上に表示される通信名の名称を変更したり、デフォルト回線の設定をすればOKです。

eSIMを副回線に設定する
プランの名称とデフォルト回線の設定

音声通話ができる回線を主回線としてIIjmioのeSIMを副回線として利用するので「主回線をデフォルト回線として使用」をタップしましょう。

なお、初期設定状態で主回線がデフォになっているのでこの設定を飛ばしても問題なかったです。回線が使えるようになると、アンテナピクトが2段表示になります。

eSIMによるデュアルSIMのアンテナピクト
上が主回線、下が副回線のアンテナピクト

上が主回線(ドコモ)、下が副回線(IIJmio eSIM)のアンテナピクトとなりそれぞれの電波の強弱を表示されています。

また、モバイル通信プランの名称は自由に変更することができます。

モバイル通信プランの名称を変更
モバイル通信プランの名称を自由に変更できる

名称を変更するとiPhoneのウェジェット画面の上部にモバイル回線の表示の部分を変更することができます。

モバイル回線の名称を変更

基本は「主回線」と「副回線」でOKだと思いますが、個人用と仕事用でSIMを分けたい場合に名称を変更しておくと分かりやすくていいかもしれませんね。

これらの設定は「モバイル通信」から設定し直すことが可能となっています。

eSIMの設定項目
「モバイル通信」の項目から設定を変更可能

なお、一度読み取ったアクティベーションコードを再利用することはできないので注意です。もし、設定を削除してしまった場合はアクティベーションコードの再発行となります。

別端末に移行する場合もアクティベーションコードの再発行となるので手数料として2,000円必要となります。

テザリングを使う方法

eSIMはAPNプロファイルの設定なしでアクティベーションさえしてしまえば通信が可能ですが、テザリング通信(インターネット共有)をする場合はこのままの状態ではできないで注意です。

インターネット共有の部分がずっと考え中になってしまいます。

テザリングするのはAPNの設定が必要

「設定」の「モバイル通信」から「副回線」の中にある「モバイルデータ通信ネットワーク」から「インターネット共有」のAPNの設定をします。

インターネット共有のAPN
  • APN:iijmio.jp
  • ユーザー名:mio@iij
  • パスワード:iii

「インターネット共有」のAPNを設定したらテザリング通信ができるようになりました。

eSIMのテザリング通信
eSIMのデータをテザリングで通信可能

iPhone XS MaxのeSIMからiPad Proへテザリング機能を使ってインターネット接続ができるようになっています。

eSIMの使用感について

違和感なく自然に使える

eSIMによるデュアル環境はiOS側できちんと管理されていて、しっかりと音声回線はSIMカード(主回線)、データはeSIM(副回線)で通信するように割り振りされています。

つまり、常にデュアルスタンバイの状態になっているのでユーザー側で回線を切り替える必要ないので自然な状態でiPhoneを使うことができます。

docomoとIIJmioのeSIM

ただし、IIJmioは回線をドコモから借りて通信サービスを提供しているため、お昼や夕方の時間帯などユーザーが混み合う時間帯は通信速度が遅くなるので注意です。

格安SIMなので混み合う時間帯は通信速度が遅い

もし、回線が混み合ってるなぁと思ったら副回線のeSIMの方のモバイル回線をOFFにすれば主回線のSIMカードでデータ通信をするようになるので、臨機応変に対応すればいいのかなと思います。

ただ、IIJmioは普通の時間帯も通信速度が少し遅めです。

IIJmioの通信速度

上り速度は10Mbps以上出ますが、下り速度は2Mbps〜7Mbpsの間の速度になることが多い感じでしょうか。まあ、普通にインターネットしたり、SNSするくらいなら特に問題はない通信速度なので、思ってたよりも普通に使うことができます。

キャリアの回線でデータ通信したくない方におすすめ

eSIMによるデュアルSIM、なかなか良いかも。特にドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアの小容量プランに契約していて毎月データ量ギリギリという方はおすすめです。

というか、僕自身がドコモのデータシェアパック(5GB)を契約していて毎月データ通信量がカツカツになっているので、TwitterやYouTubeを外で見るのを躊躇していたんですよ。

でも、IIJmioのeSIMがあればデータ通信はドコモ回線を使わずにIIJmioを使うのでドコモのデータ量を圧迫することがないです。

Twitterし放題。YouTube見放題(6GBなので見放題ではないです。)!最高!1日で700MBほど使ってしまったみたい…!主回線のドコモだったらこんなに無駄遣いできない!

eSIMの副回線でデータ通信をする
副回線でデータ通信をする

意外とTwitterってデータ量を喰うんですよね。なので、大手キャリアの回線を使っていてツイ廃のユーザーさんはeSIMを使うといいかもしれません。

また、YouTubeの動画も気兼ねなく見られるようになるのは嬉しいですよね。

まとめ:eSIMは新たな選択肢に

eSIMは海外に行ったときに現地の通信会社の回線を使うときに設定する…というイメージがありましたが、IIJmioがデータ専用のeSIMプランのサービスを開始しました。

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアを使いながらIIJmioのeSIMを併用することで月々の通信料金を下げることができます。

特に、ドコモの旧プラン(ベーシックシェアパック)でデータ通信を家族で分け合っていている場合はIIJmioのeSIMプランはかなり魅力を感じます。(僕です。)

通信速度はあまり高速ではないですが、普通に使うことができますし、状況に応じて回線を切り替えて使えば問題は解決できそうにも感じます。

新たな選択肢としてeSIMはなかなか良いのではないでしょうか。

eSIMとApple SIMの違いについてはこちらの記事をどうぞ!

iPadはWi-FIモデル・セルラーモデル、どちらを選ぶべきかを書いた記事はこちら!

iPhone、iPadの選び方はこちらをどうぞ!

新型のiPhoneの情報はこちらです。