シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPadはセルラーモデルを買うべし!Wi-Fiモデルの違い、どっちを選ぶべきか徹底比較!


Wi-Fiモデル・Wi-Fi+Cellular どっち買う?

Appleのタブレット・iPadシリーズはWi-Fiモデル・Wi-Fi+Cellular(セルラーモデル)のどちらかを選ぶことができますが、どっちを購入したらいいか本当に迷いますよね。

実際に両モデルとも使ってみて「iPadはセルラーモデルを買うべし!」という結論に達したのでiPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いやメリット・デメリットについて詳しく書いていくので参考にしてください。

 

iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違い

iPadは7.9インチのiPad mini 4、9.7インチのiPad(第6世代)に、10.5インチ 、11インチ、12.9インチのiPad Proの5つのモデルがあり、それぞれの機種でWi-Fiモデルかセルラーモデルかのどちらかを選べるようになっています。

簡単に違いをまとめるとセルラーモデルは通信会社のSIMカードを入れることでLTE回線を使ってインターネットをすることができるので、外でも気軽にインターネットを使うことができます。

iPad Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い
  • Wi-FiモデルはWi-Fi環境下でしかインターネットができない
  • セルラーモデルは外でも4G LTE回線を使ってインターネットができる
  • セルラーモデルはGPSを内蔵しているので地図情報が正確
  • セルラーモデルはApple SIM・eSIMに対応している
↓ iPadをキャリアでチェック ↓

では、iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いを詳しく見ていきましょう。

モバイルデータ(4G LTE)通信の有無

iPad セルラーモデル SIMカードスロット

名称の通りiPadのWi-FiモデルはWi-Fi環境下でインターネットを使うことができるモデルとなっています。セルラーモデルはSIMカードをiPadに入れることでドコモ、au、ソフトバンクのモバイルデータ回線(4G LTE)を使ってインターネットが使うことができます。

iPad Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い①
  • iPad Wi-Fiモデル:Wi-Fiでインターネット接続ができる
  • iPad Wi-Fi + セルラーモデル:Wi-FiとLTE(モバイルデータ回線)でインターネット接続ができる

Apple Storeで購入できるiPad Wi-Fi + セルラーモデルはSIMフリー版となっており、格安SIMのデータSIMをiPadに入れて設定するだけで格安でどこでも気軽にデータ通信をすることができます。

GPSの有無

意外と知らない方が多いのですが、iPad Wi-FiモデルはGPSを搭載していませんが、セルラーモデルはGPSを搭載しています。

iPad Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い②
  • iPad Wi-Fiモデル:GPSなし
  • iPad Wi-Fi + セルラーモデル:GPSあり

iPadのWI-FiモデルだとGPSを搭載していませんが、iPad セルラーモデルならGPSを搭載しているので位置情報を正確に計測できるので地図で現在地を正確に把握することができるので旅先で使うならとても便利です。

旅行先でiPadのセルラーモデルをカバンに放り込んで持っていくことがあるのですが、大きなiPadの画面で情報収集した方が圧倒的に早く色々な情報を探すことができるんですよね。

GPSを内蔵していないWi-Fiモデルでも周囲のWi-Fi情報や自身が使っているiPhoneから位置情報を取得できて思っている以上に正確な位置情報となっていますが、GPSを搭載しているセルラーモデルの位置情報の正確さには敵わないんです。

また、Pokémon GOなどのGPSが必須なゲームを遊びたい場合はセルラーモデルが必須となります。

Apple SIM・eSIMの有無

iPad セルラーモデルはApple SIMと呼ばれるものが内蔵または対応しており、新型のiPad Pro 11インチと12.9インチ(第3世代)はeSIMが内蔵されています。

iPad Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い③
  • eSIM内蔵モデル:iPad 11、iPad 12.9(第3世代)
  • Apple SIM内蔵モデル:iPad Pro 9.7、10.5、12.9(第2世代)
  • Apple SIM対応モデル:iPad(第5世代・第6世代)、iPad Air 2、iPad mini 3/4、iPad Pro 12.9(第1世代)

eSIMはiPhone XS/XS MaxやiPhone XRにも採用された規格の物理カードのないSIMとなっています。

Apple SIMとは?

Apple SIMに対応しているiPadであれば物理的なSIMカードを本体に入れなくてもiPadの設定画面から簡単に通信契約(プリペイド)をすることができるもので、海外に行った時など簡単に通信できるようになるので海外旅行などで重宝するものとなっています。

日本の通信キャリアではauとソフトバンクがApple SIMに対応をしており、Gig skyのモバイル通信も使うことができます。

20180530104530j:plain

Gigskyは日本だけではなく35カ国で使うことができるプリペイドタイプのモバイル通信サービスなので、仕事で海外に行くことが多いならとても便利なものといえるでしょう。

eSIMとは?

新型のiPad Proに採用されているeSIMは世界各国の通信キャリアが加入しているGSMA標準の仕様に準拠し、オープンなものになっているので対応できる通信会社が多く、今後は日本の格安SIMのMVNOも対応が可能になるようです。

MVNOもeSIMに対応することができれば、手続きが非常に簡易的にできるので非常に使いやすくなりそうです。なお、eSIMは対応している通信会社から提供されるQRコードを読み込むことで使うことが可能となっています。

どんな時に使うの?

現状ではApple SIMやeSIMのプリペイドプランは割高なので実用的ではありますが、どのような時にApple SIMが便利なのか?

実は、Apple SIMやeSIMは海外に行った時に非常に便利に使うことができます。

普通は海外に行ってSIMカードを現地調達をしないといけませんが、Apple SIMやeSIMを内蔵しているiPadセルラーモデルがあれば各国の通信を設定画面から簡単に申し込むことができるのです。

Apple SIMはiPhoneは対応していませんが、Apple SIMを内蔵しているiPadセルラーモデル1台持っていれば海外に行った時に通信環境に困ることはないでしょう。海外に行くことが多いビジネスマンにはオススメです。

(iPhone XS/XS Max/XRはeSIMに対応しました。)

 

テザリング機能の有無

iPadのセルラーモデルはSIMカードを入れることでモバイルデータ通信をすることができますが、テザリング(インターネット共有)機能も使うことができます。

iPad Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い④
  • iPad Wi-FIモデル:テザリングなし
  • iPad Wi-FI + セルラーモデル:テザリングあり

テザリング通信とは、例えばMacBookでインターネットをしたいときはWi-Fi環境がないとできません。しかし、iPadのセルラーモデルがあれば「インターネット共有(テザリング)」をすることでiPadのモバイルデータ通信を使ってMacBookでインターネットができるようになります。

iPadのテザリング機能

外出先でiPadセルラーモデルのモバイルデータ回線を使ってMacBookをテザリング接続ができるようになるので、外で作業をすることが多い方はiPadのセルラーモデルを持っているだけでめちゃくちゃ便利に使うことができるのです。

無料のWi-Fiスポットを使えばいいのでは?

今の時代は喫茶店を始め、駅のホーム、コンビニですら無料でWi-Fiを使うことができるので「本当にセルラーモデルって必要なの?」...と思う方も多いでしょう。実際に僕も過去にiPad のWi-Fiモデルを使っていてカフェなどの無料Wi-Fiを使うことで作業をしていたいことがありました。

しかし、無料Wi-Fiは通信品質が悪すぎるんですよね。接続が切れるし、通信速度が遅いし、セキュリティが心配だったり、不安要素が結構多いのが実情です。

僕はMacBookで作業をしているときに無料Wi-Fiの通信品質が悪くてストレスを受けて作業に支障を及ぼしたくなく。そんな思いから、iPadはWi-Fiモデルではなくセルラーモデルを使うようになりました。

iPhoneでテザリングすればいいのでは?

iPhoneのテザリングを使ってiPad Wi-FiモデルやMacBookと接続してインターネットができるので、「iPhoneがあればiPadのセルラーモデルは要らないでしょ?」と思う方も多いでしょう。

確かにiPhoneやAndroidスマホがあればiPadでセルラーモデルを購入しなくてもインターネットをすることができます。

同じApple IDで紐付けされているiPhoneであればInstant Hotspot機能によりiPhoneを操作しなくてもiPad(Wi-Fiモデル)やMacBookのWi-Fiメニューから簡単にテザリング接続することができます。

iPhoneのテザリング通信機能はとても便利ですが、デメリットもあるので総合的に判断して僕はあまりおすすめしないです。

テザリングのデメリット

スリープ状態が続くと接続が切れる

個人的にこれがテザリングの大きなデメリットだと思っています。Appleデバイスのテザリングは、iPadやMacBookがスリープ状態になってしばらく時間が経つと接続が切れてしまう仕様となっておりスリープしてから10分ほどでインターネットができなくなってしまいます。

作業を中断してスリープ状態になってしまうことは多々あるかと思いますが、作業を再開しようと思うたびにWi-Fiのメニューから接続設定をするのは非常に面倒くさいんですよね。

iPadのセルラーモデルならカバンから取り出してすぐにインターネットをすることができます。しばらく使用してなくてスリープ状態になっていても一発で作業に復帰することができます。

iPhoneのバッテリーが激減する

iPhoneでテザリング機能を使うとバッテリーを一気に消費してしまいます。

実際にどれくらいのバッテリーが消費するのか試してみたのですが、iPhone 8で3時間ほどテザリングしてiPadを使っていると30%〜40%ほどiPhoneのバッテリーが消費してしまいました。

もちろん、使い方にもよるのですがバッテリー容量の少ないiPhoneでテザリング機能を使うとバッテリー容量がなくなってしまい、いざという時にiPhoneを使えなくなってしまうことも想定できます。

iPhoneは主な連絡手段としてなくてはならないデバイスです。そんなiPhoneのバッテリー残量をテザリングによって消耗させたくないですよね。特に外出することが多い方は尚更です。

iPadのセルラーモデルならメインであるiPhoneのバッテリーの消耗を気にする必要がありませんし、iPadはiPhoneよりもバッテリー容量がかなり大きいのでテザリングでMacBookと接続してもバッテリーがあまり減らないのです。3時間ほどiPadでテザリング通信をしても15%ほどしかバッテリーは減らないでしょうか。

iPadのセルラーモデルなら単体で使う時も、MacBookでインターネット共有するときもとても利便性が高いものとなるのです。

iPadの本体デザインの違い

iPad Wi-FiモデルとiPad セルラーモデルではデザインが少しだけ異なっており、iPad Wi-Fiモデルはモバイル通信をするためのアンテナがありませんが、iPad セルラーモデルはアンテナが筐体に内蔵されているのが分かります。

iPad Wi-Fiモデルとセルラーモデルの本体デザインの違い

左からiPad Pro 10.5、iPad mini 4のセルラーモデル、右:iPad Wi-FIモデル

iPad mini 4やiPad(第6世代)は昔ながらの樹脂製のアンテナが採用されていますが、iPad ProはiPhone 7から採用されているシンプルなアンテナラインとなっているので、スタイルが昔に比べてカッコイイのが特徴となっています。

iPad Pro 11インチと12.9インチのアンテナライン

左:iPad Pro 11(セルラーモデル)、右:iPad Pro 12.9(WI-Fiモデル)

2018年モデルのiPad ProはWi-Fiモデルにも本体上にアンテナラインがあるのが特徴となっており、セルラーモデルは本体下にLTE通信のアンテナラインが内蔵されています。とはいえ、2017年モデルのiPad Proよりも目立たないデザインになっているので、あまり気にはならないでしょう。

Wi-Fiモデルとセルラーモデルの価格差

iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの価格差は15,000円となっています。(新型のiPad Pro 11と12.9は17,000円となっています。)

iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの価格差
モデル Wi-Fi Wi-Fi+Cellular
iPad mini 4 128GB 45,800円 60,800円
iPad 32GB 37,800円 52,800円
128GB 48,800円 63,800円
iPad Pro 10.5 64GB 69,800円 84,800円
256GB 86,800円 101,800円
512GB 108,800円 123,800円
iPad Pro 11 64GB 89,800円 106,800円
256GB 106,800円 123,800円
512GB 128,800円 145,800円
1TB 172,800円 189,800円
iPad Pro 12.9 64GB 111,800円 128,800円
256GB 128,800円 145,800円
512GB 150,800円 167,800円
1TB 194,800円 211,800円

この15,000円という価格差をどう見るかですね。確かに15,000円(iPad Pro 2018は17,000円)という金額差は大きいですよね。SIMカードスロットの有無だけでこれだけの価格差があるのは「どうなんだろう?もう少し価格下げてよ。」と思ってしまいます。

でも、個人的には15,000円を支払ってでもiPadのセルラーモデルを選ぶ価値はあると思っています。特にiPadを外で使うことが多い方はセルラーモデルを選ぶべきで、15,000円をケチってiPadが本来ある快適性・利便性を失ってしまうのは本当に勿体ないことなのです。

 

まとめ:iPadはWi-Fiモデル・セルラーモデルのどっち買う?

iPadのWi-Fiモデル、セルラーモデルのどっちを選ぶべきかはiPadを何に使用するかで変わってくるので、あなたの環境に合わせてどのモデルを選ぶか決めるべきでしょう。

ということで、Wi-Fiモデルを買うべき人、セルラーモデルを買うべき人を簡単にまとめます。

Wi-Fiモデルを選ぶべき人

  • 家や仕事場でしかiPadを使わない
  • 安くiPadを手に入れたい
  • iPhoneのテザリング設定が面倒じゃない
  • モバイルバッテリーを持ち歩いている

基本的に外でiPadを使う予定がない人はWi-Fiモデルを迷いなく購入してOKです。セルラーモデルを買うと後悔することになります。

また、モバイルバッテリーを常に持ち歩いているならiPhoneのバッテリー消費は気にならないと思うので、iPhoneのテザリングを使ってiPadを使っても特に問題はないでしょう。

セルラーモデルを選ぶべき人

  • 外でiPadを使うことが多い
  • iPadをメイン機にしたい
  • どこでも、いつでも素早くiPadを快適に使いたい
  • テザリング通信を使ってMacBookで作業をしたい
  • 海外に行くことが多い(eSIM内蔵モデル)

外で素早くiPadを使いたいという人は迷いなくセルラーモデルを選ぶべきです。ゲームをしたいという人もセルラーモデル一択となります。

また、外でMacBookで作業をすることが多いノマドワーカーさんはiPhoneのテザリングではなくiPadのセルラーモデルでテザリングした方が作業効率は確実に上げることができます。実際に僕がそうなので。

iPad Pro 11インチと12.9インチの比較、iPad Pro 11インチと10.5インチの比較レビューもあります。どちらのモデルを選ぶべきか迷っている方はぜひ参考になったら幸いです!

iPad(第6世代)、iPad Proの選び方はこちらの記事で詳しく書いています。

iPad整備済み製品なら安く買える!

なお、iPadのセルラーモデルはWi-Fiモデルよりも価格が高いですが、iPad整備済製品なら通常よりも1万円〜2万円ほど安く買うことができるので、安くiPadを手に入れたい方にオススメです。

キャリア版ならiPadを安く買える

ドコモ、au、ソフトバンクでもiPadのセルラーモデルを買うことができ、同キャリアでスマホを使っているならiPad(第6世代)の32GBモデルなら以下の金額で購入することが可能となっています。

キャリア版iPad(第6世代)の端末価格
  ドコモ au ソフトバンク
端末価格 52,800円 56,000円 52,666円
割引 -43,200円 -51,000円 -52,666円
実質負担額 2年契約
400円(9,600円)
3年契約
139円(5,000円)

3年契約
0円

iPadがこの金額で購入できてしまうのは驚いてしまいますが、同キャリアのスマホと同時契約することが条件となっており、スマホのデータ量を使うタブレットプランを契約する必要があります。

キャリア版iPad(第6世代)の月々の支払い金額
  ドコモ au ソフトバンク
端末価格 400円(9,600円) 0円 0円
基本プラン データプラン:1,700円+300円
シェアプラン:500円
合計:2,500円
基本料金:2,500円
LTE NET:300円
合計:2,800円
タブレット基本料:2,000円
データシェアプラス:500円
月々の支払い 2,900円 2,939円 2,700円

スマホの料金プランは以下の通りなので合わせるとドコモが一番安い金額となります。

スマホと合わせると
  ドコモ au ソフトバンク
iPadの料金 2,900円 2,939円 2,700円
基本プラン(5分かけ放題) 1,700円+300円
合計:2,000円
auピタットプラン 準定額:2,000円
データプラン(〜3GB) ベーシックパック:4,000円 auピタットプラン:5,480円 ギガモンスター:5,980円
スマホの割引 docomo with:-1,500円 - -
月々の支払い 7,400円 8,419円 10,680円

月々7,400円でdocomo withで購入できるスマホとiPad(第6世代)を使うことができるので、コストパフォーマンスはまあまあ良いのではないでしょうか。

↓ iPadをキャリアでチェック ↓

iPad セルラーモデルにオススメの格安SIM

格安スマホを使っている方はApple StoreでiPadのSIMフリー版を購入して、格安SIMのデータ通信プランを契約して使った方がキャリア版のタブレットプランを使うよりも安く費用を抑えることができます。

格安SIMのデータプランを利用することで3GBのデータなら月々980円という低価格で快適にインターネットをすることができるので、iPad(第6世代)の37,800円を分割払いで買うことができたら、かなり安く手に入れることができます。

ここではiPadに最適な3つの格安SIMサービスを紹介しますね。

UQ mobile

格安SIMはお昼や夜など回線が混み合う時間帯の通信速度が極端に遅くなってしまうのが当たり前ですが、UQ mobileはKDDIの子会社であるUQコミュニケーションズが運営していることもあり、このような時間帯でも高速通信をすることができます。

しかも、2018年10月末よりiPhone/iPadのテザリング通信にも対応したので快適な通信環境を手に入れたいなら3GBのデータ通信で月額980円で利用できるUQ mobileがオススメです。

UQ mobileのテザリングについてはこちらの記事(→ UQ mobile 全てのiPhone・iPadで無料でテザリング通信が可能に!)で詳しく書いています。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)もiPad セルラーモデルの通信におすすめの格安SIMです。UQ mobileのデータSIMは3GBの容量にしか対応していませんが、mineo(mineo)は500MB〜30GBの中からデータ量を選ぶことができるのです。しかも、ドコモ・au・ソフトバンクのすべての回線に対応しているという素晴らしさ。

データSIM au Aプラン
SMS機能付き
ドコモDプラン
(+SMS付き)
ソフトバンク Sプラン
(+SMS付き)
500MB 700円 700円
(820円)
790円
(970円)
3GB 900円 900円
(1,020円)
990円
(1,170円)
6GB 1,580円 1,580円
(1,700円)
1,670円
(1,850円)
10GB 2,520円 2,520円
(2,640円)
2,610円
(2,790円)
20GB 3,980円 3,980円
(4,100円)
4,070円
(4,250円)
30GB 5,900円 5,900円
(6,020円)
5,990円
(6,170円)

mineoは数多くあるMVNOの中でも比較的通信品質が高くて快適に使うことができますし、iPadのセルラーモデルで利用するならmineo(マイネオ)はおすすめです。

mineo(マイネオ)

NifMo(ニフモ)

NifMoもオススメです。NifMoはdocomo回線を使ったMVNOなのでテザリングも使うことができ、回線速度が非常に速くて安定しています。

実際にNifMoのSIMカードをiPadに入れて使っていますが、一時期、通信速度が遅くなったこともありましたが、現在はかなり安定しているんじゃないかなーと思います。

NifMoは1GBなどの小容量プランがなく3GBからの契約となりますが、1ヶ月に3GB程度のデータ通信はするだろうという方はNifMoはおすすめです。

NifMo