2021年モデルとなるiPad Pro 11インチ(第3世代)、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)を4月30日より予約開始、5月以降に発売することを発表しました。

iPad Pro 11インチ(第3世代)、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)ともにMacBookシリーズに搭載しているM1チップを採用し「ぶっ飛んだパフォーマンス」を手に入れることになります。

また、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)はMini LEDを採用したLiquid Retina XDRディスプレイを搭載し画質が大幅に向上しています。

さらに、5G通信にも対応し高速モバイルデータ通信にも対応しタブレットとしては異常に性能の高いスペックを手に入れたことになります。

iPad Pro(2021)スペックの比較

iPad Pro(2021)の特徴
  • 画面サイズは11インチと12.9インチ
  • ミニLEDディスプレイを搭載(12.9インチのみ)
  • SoCはM1チップを採用
  • 128/256/512GB:8GBメインメモリ
  • 1TB/2TB:16GBメインメモリ
  • デュアルカメラ + LiDARスキャナ
  • Thunderbolt 4に対応
  • セルラーモデルは5Gに対応
  • 2021年4月30日に予約開始

画面サイズは11インチ、12.9インチと従来モデルと同じですが、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のみ省電力なミニLEDディスプレイになって1,000,000:1のコントラスト比を実現しています。

SoC(システム・オン・チップ)はMacBook AirMacBook Pro 13インチに採用しているAppleシリコンのM1チップを採用し、CPUの性能が50%向上、グラフィックの性能が40%も向上しています。

メインメモリは8GBですがストレージが1TB、2TBの場合は16GBの大容量メモリとなり、より負荷のかかる作業で快適に使えるようになります。

さらに、セルラーモデルは5G通信にも対応し、iPhone 12シリーズと同じように5Gのエリアであれば高速データ通信で効率的に作業ができるようになります。


Mini LEDディスプレイを搭載(12.9インチのみ)

iPad Pro(2021)ディスプレイ
 iPad Pro 12.9インチiPad Pro 11インチ
世代第5世代(2021)第4世代(2020)第3世代(2021)第2世代(2020)
解像度2,732 × 2,048ピクセル2,388 × 1,668ピクセル
仕様Liquid Retina XDR(ミニLED液晶)Liquid Retina(液晶)
輝度600〜1,600ニト600ニト
高画質技術ProMotionテクノロジー、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ
パネル耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)は液晶ディスプレイはMac ProのPro Display XDRにも採用されているMini LEDディスプレイに対応しています。

ミニLEDは液晶のバックライトに大量のLED(10,000個)を使うことでエリア別で明るさを自動的に明るくしたり暗くすることができるパネルで、2,500以上のローカルディミングゾーンに分割し明るさをコントロールすることができます。

エリアでバックライトの明るさを細かく調整できるので、映画の暗いシーンなどをリアルに表現できるなどのメリットがあります。

M1チップを搭載し性能が大きく向上する

iPad Pro(2021)のSoC(システム・オン・チップ)はMacBook AirMacBook Pro 13インチに採用しているAppleシリコンのM1チップを採用しています。

A14X Bionicになるかと思っていただけに驚いてしまいましたが、ついにMacとiPadが同じチップを搭載することになりました。

iPad Pro(2021)の性能
 iPad Pro(2021)iPad Pro(2020)
SoCM1(CPU8コア + GPU8コア)A12Z Bionic(CPU8コア + GPU8コア)
NPU16コア(毎秒11兆回)8コア(毎秒5兆回)
RAM8GB or 16GB6GB
SSD128/256/512GB/1TB/2TB128/256/512GB/1TB

A12 Bionicのトランジスタ数は69億、A12X Bionicは100億、M1チップは169億もあるので大きな性能向上が期待できますが、Apple公式によるとCPUの性能が50%向上、グラフィックの性能が40%も向上しているそうです。

クロック周波数がMacに搭載されているものと同じかは不明ですがGeekbench 5のスコアはこれだけ違います。

iPad Pro(2021)の性能
 MacBook Pro 13(参考)iPad Pro(2020)
SoCM1A12Z Bionic
CPU(シングルコア)17351123
CPU(マルチコア)74094700
GPU(Metal)218199688

CPUの処理性能は4700 → 7400で1.6倍、グラフィックの処理性能は2.2倍も向上しています。Macと同じ性能なのでとにかく高性能になったことは間違い無いでしょう。

この高スペックなタブレットをどのようなシーンで使ったらいいのか、悩んでしまいますが、iPad ProはThunderbolt出力にも対応し最大40Gbpsの高速通信にも対応、Pro Display XDRの6K解像度の出力も可能です。

Thunderbolt 4に対応する

iPad Pro(2021)はUSB-Cポートを搭載していますがThunderbolt 4の出力にも対応し最大40Gbpsの高速通信ができるようになります。

iPad Pro(2021)外部ポート
 iPad Pro(2021)iPad Pro(2020)
外部ポートThunderbolt/USB-CUSB-C
通信速度40Gbps20Gbps
画面出力最大6K最大5K

Thunderboltに対応することでより大容量なデータのやり取りがしやすくなるだけでなく外部モニター経由でストレージに繋げることができるなど使い方の幅が広がります。

また、最大6K解像度のディスプレイに出力も可能となっています。

iPad Pro(2021)の本体デザイン

iPad Pro(2021)の本体デザインは現行のiPad Pro 11インチ・12.9インチと同じです。パッと見ただけではどちらが旧型か判別はできません。筐体はアルミ素材を採用し角が立っていて従来の丸みのあるiPadとは雰囲気の違うスタイルとなっています。

このデザインになったのはiPad Pro(2018)からで今年で3年目となり、iPad Air 4も同じデザインを採用し上位モデルは統一感のあるスタイルとなっています。

iPad Pro(2021)サイズ
 iPad Pro 12.9インチiPad Pro 11インチ
世代第5世代(2021)第4世代(2020)第3世代(2021)第2世代(2020)
高さ280.6mm247.6mm
214.9mm178.5mm
厚さ6.4mm5.9mm
重量(Wi-Fi)682g641g466g471g
重量(セルラー)684g643g468g473g

本体サイズは2021年モデル、2020年モデルともにほぼ同じですが、ミニLEDを搭載したiPad Pro 12.9インチ(第5世代)は厚みが5.9mmから6.4mmに少しだけ増えて重くなってしまったようです。

大きい画面サイズで筐体も大きかっただけにここはマイナスポイントとなりそうです。

デュアルカメラ + LiDARスキャナを搭載

iPad Pro(2021)も引き続きリアカメラに超広角 + 広角のトリプルカメラ、LiDARスキャナを搭載しスペックは同じです。

iPad Pro(2021)のカメラ
 iPad Pro(2021)iPad Pro(2020)
リアカメラ広角:1200万画素・F/1.8
超広角:1000万画素・F/2.4
LiDARスキャナ
フロントカメラ1200万画素超広角・F/2.4・センターフレームに対応、TrueDepth700万画素超広角・F/2.2、TrueDepth
高画質技術スマートHDR3スマートHDR

リアカメラのスペックは変わりないですが、M1チップの新しいISP(画像処理プロセッサ)によってスマートHDR3に対応。よりキレイな写真、動画を撮影できるようになりました。

また、LiDARスキャナを搭載し被写体の距離を正確に計測できるため臨場感あふれるAR体験を楽しめます。M1チップとの組み合わせでより高精度なAR性能を持っているため自撮りしているときに背景だけを変える時の精度がかなり向上しているようです。

フロントカメラは1200万画素の超広角カメラを搭載しセンターフレームに対応しています。FaceTimeなどでビデオ通話をしているときに動き回ったとしてもフレームの中心から外れないように自動的に調整してくれます。これは、かなり便利そうな機能ですね。

セルラーモデルは5G通信に対応する

iPad Pro(2021)のセルラーモデルは5G通信に対応します。

iPad Pro(2021)通信性能
 iPad Pro(2021)iPad Pro(2020)
Wi-FiWi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度
Bluetooth5.0
セルラーモデル5G(sub-6 GHz)、ギガビットLTE(最大32バンド)ギガビットLTE(最大30バンド)

iPad Pro(2021)は5G(Sub-6)のデータ通信に対応します。また、LTEの対応バンドも30 → 32に増えて通信速度が大きく向上することになります。

5Gのエリアはまだまだ限定的ではありますが、今後対応するエリアが増えるので将来のために対応してくれているのは有り難いかもしれないですね。

バッテリー容量と電池持ち

iPad Pro 11インチは新旧モデルともにバッテリー容量は同じとなっていますが、iPad Pro 12.9インチは2021年モデルの方が容量が多くなっています。

iPad Pro(2021)電池持ち
 iPad Pro 12.9インチiPad Pro 11インチ
世代第5世代(2021)第4世代(2020)第3世代(2021)第2世代(2020)
バッテリー容量40.88Wh36.71Wh28.65Wh
電池持ち(Wi-Fiモデル)最大10時間
電池持ち(セルラーモデル)最大9時間

ただ、電池持ちが向上することはなく、どのモデルもインターネット、動画再生で最大10時間のバッテリー駆動時間となっています。iPad Pro 12.9インチ(第5世代)はミニLEDを搭載し省電力になった…というわけではないのですね。

Magic Keyboardにホワイトカラーが追加

iPad Pro、iPad Air 4向けのMagic Keyboardにホワイトカラーモデルが追加されました。

今まではブラックカラーしかなかったのでホワイトが追加されたことで、好みに合わせて選ぶことができます。

ブラックのMagic Keyboardは汚れが目立ったりしたのが気になりましたが、ホワイトはキレイな見た目を保つことができそうです。

iPad Pro(2021)予約日・発売日

iPad Pro(2021)は2021年4月30日より予約開始、5月後半に発売となります。

  • iPad Pro(2017):2017年6月
  • iPad Pro(2018):2018年10月
  • iPad Pro(2020):2020年3月
  • iPad Pro(2021):2021年5月後半

前のアップデートから1年少しとスパンが短めではありますが、M1チップを搭載し12.9インチはミニLEDを搭載するなど大きくスペックアップすることになります。

iPad Pro(2021)の端末価格

iPad Pro 11インチ(第3世代)の端末価格は1,000円アップとなっています。

iPad Pro 11インチ価格
 iPad Pro 11インチ(第3世代)iPad Pro 11インチ(第2世代)
128GB94,800円93,280円
256GB106,800円105,380円
512GB130,800円129,580円
1TB178,800円153,780円
2TB226,800円

おそらく、為替の影響で1,000円値上がりした感じでしょうね。1TBモデルはメインメモリが8GBではなく16GBになるため25,000円ほどの値上げとなり2TBモデルは226,800円とかなり高額な端末となっています。

iPad Pro 12.9インチ 価格
 iPad Pro 12.9インチ(第5世代)iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
128GB129,800円115,280円
256GB141,800円127,380円
512GB165,800円151,580円
1TB213,800円175,780円
2TB261,800円

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)がミニLEDディスプレイを搭載した場合は価格が高くなっており128GBモデルで14,000円の値上げとなっています。1TBモデルはメインメモリが16GBとなるため40,000円ほどの値上げ。とても高いですね。

iPad Pro(2021)スペック比較:まとめ

iPad Pro 11インチ(第3世代)、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)は2021年4月30日に予約開始、5月後半に発売となります。

従来のiPad Pro(2020)も十分なスペックを持ったハイエンドタブレットではありますが、iPad Air(第4世代)が大きく性能を向上したことによってプロを選びにくくなりましたが、今回のiPad Pro(2021)によって大きく性能が向上しました。

性能が飛び抜けて向上したことでより上を目指す方にとっては踏ん切りがつくのかもしれません。ただ、ここまでの性能をiPad OSの中でどう使いこなせばいいのか。使い側が試される時が来たのかもしれません。


iPad Pro 11インチ・12.9インチ

iPadの選び方・おすすめ

iPadの比較はこちらです。

ただし、iPadは明らかに性能が高くなりすぎていてその性能を十分に使いこなすことができないということもあります。

動画編集、イラストを描くといったことをしないのであればiPad Air(第4世代)やiPad(第8世代)iPad mini(第5世代)といった価格の安いモデルでも十分ということもあります。