iPad Pro 12.9インチ(第5世代)レビュー

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)が2021年5月21日に発売となりました。

筐体デザインは従来のモデルと同じですが、ディスプレイにApple初となるミニLEDを搭載し画質を向上、さらにMacに採用されているM1チップを採用するなど大きくスペックを飛躍させたモデルとなっています。

早速、実機を手に入れたのでこの記事では、iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)のレビューをお届けしたいと思います。iPad Pro 12.9インチ(第4世代・2020)からどう進化したのかも比較しているので購入を検討している方は参考にして見てください。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)の特徴

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)
iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)
iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)の特徴
  • 12.9インチ (2,732 × 2,048ピクセル)
  • ミニLEDバックライト内蔵液晶ディスプレイ
  • M1チップでとにかく高性能なタブレットに
  • 8GBの大容量メインメモリ(1/2TB : 16GB)
  • 広角 + 超広角 + LiDARスキャナのリアカメラ
  • 超広角インカメラでセンターフレームが使える
  • Thunderbolt 4対応で最大6K出力まで
  • 4スピーカーオーディオの音質が向上
  • セルラーモデルは5Gに対応

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)はFace IDの顔認証に対応したフルディスプレイの大型タイプのiPadで、基本デザインは2018年からのiPad Pro 12.9インチ(第3世代)と同じです。

パッと見た感じは同じように見えるiPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)ですが、ディスプレイのバックライトがミニLEDを内蔵したLiquid Retina XDRディスプレイになり黒の締まりが良くなり輝度が向上し4K HDRの動画の画質が大きく向上しています。

また、心臓部となるSoC(システム・オン・チップ)がMacに採用しているM1チップを搭載しメインメモリが8GB(最大16GB)に増えました。

iPadにM1の性能が必要なのか…?そんな疑問も湧いて出てきますが実際に使ってみると全体的なアプリの動作や表示も従来モデルと比べてもワンテンポ高速化しているので体感で速くなったと感じることはできるかもしれません。

それくらい、ノンストレスな1台となっております。

他にも、インカメラが広角 → 超広角になってより広く自撮りできるようになっただけでなく自動でカメラワークを調整してくれるセンターフレームといった新しい機能も使えるようになりました。

\iPad Pro 12.9インチをチェックする/
\ビッグセールAmazonプライムデー開催中/

筐体デザインと本体サイズ

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)は正面デザイン、背面デザインともに従来モデルを踏襲しており、左右均一のベゼルのフルディスプレイスタイルとなっております。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)正面デザイン
巨大な1枚の板

アルミボディを採用し角の立ったフラットエッジなスタイルは健在で、大きな1枚の板のような風貌なのも今までと同じとなっていますね。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)背面パネル
アルミボディを採用
筐体サイズ
モデル iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021) iPad Pro 12.9インチ(第4世代・2020)
高さ 280.6mm
214.9mm
厚さ 6.4mm 5.9mm
重量(Wi-Fi) 682g 641g
重量(セルラー) 684g 643g

本体サイズも(280 × 214.9 × 6.4mm)と高さと幅は従来モデルと同じですが、本体の厚みが5.9→ 6.4mmと0.5mm、重量が641g → 682gと豊満なボディーへと進化しております。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)と(第4世代)の本体厚み
本体の厚みの差を比較

実際に手にしてみた感じとして、確かに重くなっているように感じますが、比較しないと分からないレベルではあるので重さにそこまで敏感でないなら気にする必要はないでしょう。

もし、持ち運んで使うことが多くて少しでも、1gでも荷物を軽くしたいなら旧型モデルを選んだ方がいいのかもしれません。

筐体デザインは基本は同じで画面右上に電源ボタン、音量ボタンを搭載しています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)操作ボタン
トップボタンと音量ボタン

筐体の上部にはスピーカー、マイクの穴があります。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)本体上部
筐体の上部にスピーカーとマイク

筐体の下側にもスピーカーの穴があって、充電用のUSB-Cポートを搭載しています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)本体下部
筐体下にスピーカーと充電ポート

Apple 20W USB-C電源アダプタとUSB-C充電ケーブル(1m)が同梱しています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)充電器一式
充電器一式

これを使ってiPad Pro 12.9インチを充電することになります。iPad Pro 12.9インチは急速充電に対応しているので30Wといった出力の高い電源アダプタを使うことでより素早く充電することも可能となっています。

本体の横側にはApple Pencil(第2世代)を装着、充電するための充電パッドがあります。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)とApple Pencil
Apple Pencil(第2世代)に対応

ここにApple Pencil(第2世代)を装着させるだけで自動的にペアリング、充電をしてくれます。本体とバラで持ち運ぶ必要がないのですぐに使い出すことができるのはこの仕組みのいいところでもあります。

画面サイズとミニLEDディスプレイ

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)は従来モデルと同じ液晶ディスプレイを搭載していますが、バックライトにミニLEDを採用したことでLiquid Retina → Liquid Retina XDRに名称が変わりました。

ディスプレイの違い
モデル iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021) iPad Pro 12.9インチ(第4世代・2020)
パネル Liquid Retina XDR(ミニLEDバックライト) Liquid Retina(LEDバックライト)
解像度 2,732 × 2,048ピクセル
最大輝度 600ニト(標準)
フルスクリーンの最大輝度 1000ニト、ピーク輝度1,600ニト
仕様 120Hzリフレッシュレート(ProMotion)、広色域ディスプレイ(P3) 、True Toneディスプレイ、耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング

従来のiPad Pro 12.9インチのバックライトもLEDを採用していますがサイドライト(LEDの数は72個)と導光板を使うことでディスプレイ全体をムラなく光らしていました。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のLiquid Retina XDRディスプレイは10,000個以上の超小型LEDを液晶直下に配置しています。

ミニLEDバックライト
ミニLEDバックライト

2,596のエリアを区分して映像を分析しつつ明るい表示の部分はLEDを明るく発光、暗い表示の部分は暗く発光することでクッキリとした表示ができるようになりました。

ミニLEDのバックライトを採用したiPad Pro 12.9インチ(第5世代)の画面はどれくらい画面の明るさが異なるのか確かめてみました。

ミニLEDバックライトとLEDバックライト
ミニLEDバックライトとLEDバックライト

従来モデルのLEDバックライトを搭載したLiquid Retinaは黒の部分が白くなってしまっていますが、ミニLEDバックライトを搭載しているLiquid Retina XDRは黒が白っぽくなることなくしっかりとした黒を表現することができています。

ただ、この差は一般的な使い方に置いて違いを感じることはできません。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)ミニLEDの比較
ミニLEDバックライトとLEDバックライト

ミニLEDの真価が発揮されるのは明暗差のあるシーンです。暗いところ、明るいところが混在するようなところで暗いところは暗く、明るいところは明るく表現することができるので、映画などのコンテンツで差が出てきます。

また、4K HDRに対応した動画コンテンツになるとミニLEDバックライトを搭載しているiPad Pro 12.9インチ(第5世代)のLiquid Retina XDRの輝度は600ニトから1600ニトに引き上げられるためクッキリとした画質の映像を楽しむことができます。

4K HDRといったリッチコンテンツをiPad Pro 12.9インチで楽しみたのにならLiquid Retina XDRを搭載している2021年モデルの存在価値は高くなるのではないでしょうか。

顔認証(Face ID)に対応

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)は顔認証のFace IDに対応し指紋認証には対応しておりません。

顔を登録しておくことによって顔を向けて視線を送ることで画面ロック解除することができます。Smart KeyboardやMagic Keyboardを使うことでキーをタイピングするだけで画面ロック解除できるので快適に使うことができます。

ただし、指紋認証には非対応なのでマスクをしないといけないシチュエーションでは使いにくいと感じることがあるかもしれません。

M1チップで超高性能なタブレットに

iPad ProのM1チップ

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のSoC(システム・オン・チップ)はMacに採用されているAppleシリコンのM1チップを搭載しています。

M1チップはiPhone 12シリーズのA14 BionicをベースとしたSoCでMac向けに最適化されたチップとなっていますが、iPad Proにもこの高性能なM1チップが搭載されることになります。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)スペック
モデル iPad Pro 12.9(第5世代・2021) iPad Pro 12.9(第4世代・2020)
SoC M1 A12Z Bionic
CPU 8コア(4+4) 8コア(4+4)
GPU 8コア 8コア
NPU 16コア(毎秒11兆回) 8コア(毎秒5兆回)
RAM 8GB or 16GB 6GB
SSD 128/256/512GB
1TB/2TB
128/256/512GB/1TB

A12Z Bionicの100億のトランジスタ数、M1チップは169億のトランジスタ数と1.7倍も多くなっており、Apple公式によるとCPUの性能が50%向上、グラフィックの性能が40%も向上しているとしています。

Geeknbench 5でiPad Pro 12.9(第5世代・2021)のM1チップの性能を計測してみました。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)M1 Geekbench 5スコア
M1 vs A12Z Geekbench5
Geekbench 5の性能比較
モデル iPad Pro 12.9(第5世代・2021) iPad Pro 12.9(第4世代・2020)
SoC M1 A12Z Bionic
メモリ 8GB 6GB
シングルコア 1711 1119
マルチコア 7204 4429
GPU(Metal) 21717 12168

シングルコアCPUで1.6倍、マルチコアCPUで1.6倍、GPUは1.8倍も性能が向上しています。このスコアはM1チップを搭載しているMacBook Pro 13インチ、Mac miniと全く同じ数値となっていて最大クロック周波数が落とされていないということです。

これだけ高性能なSoCだと電池持ちは大丈夫なのかと不安にもなりますが、iPadOSが適切に動作するように省電力コアを上手く使うことでバッテリー消費もしっかり抑えることができているようです。

Antutuによる性能比較もしてみました。(Antutuをアップデートしてから動作しなくなったのでアップデート前に計測したiPad Pro 11インチ・第3世代のスコアとなります。)

Antutuの性能比較
モデル iPad Pro 12.9(第5世代・2021) iPad Pro 12.9(第4世代・2020)
SoC M1 A12Z Bionic
メモリ 8GB 6GB
総合 1026302 715801
CPU 268402 185880
GPU 533009 370768
MEM 121155 82198
UX 103736 76955

A12Z Bionic → M1になることでトータルで1.4倍、CPUが1.6倍、GPUが1.5倍、MEMが1.5倍も性能が向上しているのが分かります。

とんでもない力を手に入れてしまったiPad Pro 12.9インチ(第5世代)ですが、従来のA12Z Bionicを搭載しているモデルも快適に使うことができました。

なので、ブラウジングやTwitterくらいでは性能差を感じることができないのでは?と思ってましたが、そんなことはありません。多くのアプリにおいて起動速度がさらに高速化しサクサク動作するようになっています。

アプリを起動するとき、画面の表示が切り替わるときなど全ての動作においてM1チップを搭載しているiPad Pro 12.9インチ(第5世代)の方が素早く表示させることができるので、とにかく快適に操作することができます。

システム全体で1.4倍も性能が向上していることもあり、その差をある程度感じることができるのかもしれません。

ただ、従来モデルのA12Z Bionicを搭載しているiPad Proが遅いというわけではなく、M1チップのiPad Proが異次元の速度を手に入れてしまった…といったところでしょうか。

illustratorの動作速度がめちゃ向上した

iPadでillustratorを使って商業デザインをする…ってことはないとは思いますが、少し前にiPadでもillustratorが使えるようになってMacで製作したデータを起動することができるようになりました。

こちらは500MBほどのMacで製作したillustratorデータを起動しスクロールしたものですが、A12Z BionicのiPad Proだと動作がモタついてスクロールが追いついてきません。

M1のiPad Proならそれなりに動作しているのが分かります。CPU、GPUの性能が大きく向上しメインメモリが6GB → 8GBになった恩恵はかなりあるようで、今後はMacと同じような作業もiPad Proでできるようになっていく可能性はあるのかもしれませんね。

動画編集の書き出し速度について

では、高性能なM1チップの恩恵は動画編集でも受けることができるのか?

負荷のかかる作業でM1チップの性能を発揮することができます。例えば、LumaFusionによる動画編集中の作業はM1チップを搭載しているiPad Pro 12.9インチ(第5世代)の方が快適に動作しているように感じます。

従来モデルでも動作が遅くなることはあまりないのですが、4K動画を編集しているときにたまにモタつきが出てくることがありますが、Mチップを搭載することでその頻度が少なくなっているように感じます。

ただし、動画の書き出し速度はほとんど変わりないです。

動画書き出し速度比較
モデル iPad Pro 12.9(第5世代・2021) iPad Pro 12.9(第4世代・2020)
SoC M1 A12Z Bionic
メモリ 8GB 6GB
4K動画(10分) 7分20秒 7分25秒

6分ほどの4K60fpsの動画データを同じように書き出しをしてみたところ、A12Z BionicのiPad Pro 12.9インチ(第4世代)は7分25秒だったところ、M1チップのiPad Pro 12.9インチ(第5世代)は7分20秒と5秒しか書き出し速度が高速化できていなかったです。

これは、かなり意外ですね。M1チップの性能は向上してもソフトウェアでエンコードしている影響なのか書き出し速度はほとんど変わりないという結果になってしまうのかもしれません。

\iPad Pro 12.9インチをチェックする/
\ビッグセールAmazonプライムデー開催中/

USB 4 / Thunderboltに対応

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)は従来モデルと同じようにUSB-Cポートを搭載しています。

USB 4とサンダーボルトに対応
USB 4/Thunderboltに対応

規格はスペックアップしており、USB 3.1(Gen2)→ USB 4、さらにThunderboltにも対応し最大40Gbpsの高速通信ができるようになりました。

外部ポートの比較
モデル iPad Pro 12.9(第5世代・2021) iPad Pro 12.9(第4世代・2020)
ポート USB-C USB-C
対応規格 USB 4 / Thunderbolt USB 3.1 Gen2
通信速度 最大40Gbps 最大10Gbps
画面出力 最大6K解像度 最大4K解像度

これは、M1チップがThunderboltコントローラーを内蔵しているためiPadシリーズではじめてThunderboltにも対応したということになります。通信性能が10Gbps → 40Gbpsに向上しただけでなく最大6Kの画面出力ができるようになっています。

SDカード → 内蔵SSDの転送速度

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)はデータ転送速度が10Gbps → 40Gbpsと大幅に高速化しています。もちろん、ケーブルや周辺機器が対応している必要はありますが、トータルで見てデータ転送速度が向上しているはずです。

ということで、動画編集を想定し撮影した動画データをUHS-Ⅱ対応のSDカード → UHS-Ⅱ SDカードリーダー → iPad Pro 12.9インチ(第5世代)で接続して4GBの動画データをどれくらいの時間で保存できるか計測してみました。

SDカード → 内蔵SSD 4GBデータ移動
モデル iPad Pro 12.9(第5世代・2021) iPad Pro 12.9(第4世代・2020)
USB-C USB 4 / Thunderbolt USB 3.1 Gen2
SanDisk UHS-Ⅱ 約21秒 約26秒

iPad Pro 12.9(第4世代)は26秒かかったのに対して、iPad Pro 12.9(第5世代)は

動画編集をするときはSDカードにあるデータをiPad Proの内蔵SSDに保存して作業をすることになりますが、データを移動させる時間が短くなっていたら嬉しいですよね。

内蔵SSD → 外付けSSDの転送速度

本体ストレージに保存していた動画データを外付けSSDに移動させて保存することもあろうかと思います。どれくらいの時間でデータ移動できるか試してみました。通常のSSDとNVME M.2の高速SSDで比較しています。

内蔵SSD → 外付けSSD 5GBのデータ移動
モデル iPad Pro 12.9(第5世代・2021) iPad Pro 12.9(第4世代・2020)
SoC M1 A12Z Bionic
SanDisk Extreme E60 約1分26秒 約2分03秒
NVMe M.2 SSD 約19秒 約24秒

一般的なSSDだと5GBのデータを移動するのに2分ほど時間がかかるのに対してNVME M.2 SSDだと30秒ほどと大きく時間短縮が図られていることに驚きですが、iPad Pro 12.9(第4世代)は24秒なのに対してiPad Pro 12.9(第5世代)は19秒でデータを転送することができます。

大きくデータ転送速度が向上しているわけではないですが、USB 4 /Thunderboltにしっかり対応した周辺機器を接続することで、データの転送速度は従来のモデルよりも高速化してくるのは間違いなさそうです。

バッテリー駆動時間、電池持ち

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)は筐体サイズに厚みを手に入れただけでなくバッテリー容量が36.71Wh → 40.88Whと増えています。

ただ、公式のバッテリー駆動時間は最大10時間と従来モデルと同じとなっているのでミニLEDを採用したことで意外と電力を消費するようになったのかもしれません。それをバッテリー容量でカバーしているのかもしれません。

実際にどれくらいの電池持ちなのかiPad Pro 12.9インチ(第5世代)とiPad Pro 12.9インチ(第4世代)で比較をしてみました。

電池持ちを比較
  iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021) iPad Pro 12.9インチ(第4世代・2020)
バッテリー容量 40.88Wh 36.71Wh
PUBGモバイル30分プレイ 69% → 60%(9%消費) 70% → 55%(15%消費)
LumaFusion動画書き出し(4K10分) 60% → 58%(2%消費) 55% → 52%(4%消費)
YouTube 60分視聴 58% → 46%(12%消費) 52% → 42%(10%消費)
執筆作業(Safari)120分 75% → 58%(17%消費)

使うアプリによって差がありますが、M1チップのiPad Pro 12.9インチ(第5世代)の方が電池持ちはいいという結果となりました。とくにゲーム時の電池の減りはiPad Pro 12.9インチ(第4世代)はかなり速くなっております。

端末自体が購入から1年経過していることもありバッテリーの劣化は多少はあるのかもしれませんが、それでも9%と15%の差はなかなかのものです。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)はM1チップを搭載したことでグラフィック性能が1.5倍も向上していますし、製造プロセスが7nm → 5nmと微細化していることが電力効率向上に繋がっているのかもしれません。

A12Z Bionicもかなり高性能なチップですがベースとなっているのは2世代前のA12 Bionicなので2年の技術の差はとても大きいということなのでしょう。

ただし、YouTubeだけはiPad Pro 12.9インチ(第5世代)の方が電池の減りが速くなっておりました。謎です。

広角 +超広角のデュアルカメラを搭載

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)は広角 + 超広角のデュアルカメラ、被写体の距離を計測できるLiDARスキャナを搭載しています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)リアカメラ
デュアルカメラ+LiDARスキャナ
iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のカメラ
  iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021) iPad Pro 12.9インチ(第4世代・2020)
リアカメラ 広角:1200万画素・F/1.8
超広角:1000万画素・F/2.4
LiDARスキャナ
フロントカメラ 1200万画素超広角・F/2.4・センターフレームに対応、TrueDepth 700万画素超広角・F/2.2、TrueDepth
高画質技術 スマートHDR3 スマートHDR

リアカメラの仕様は従来モデルと全く同じとなっていますが、SoCがA12Z BionicからA14 BionicベースのM1チップになったことでISP(画像処理プロセッサ)も進化しておりスマートHDR3による写真撮影をすることが可能となっています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)と(第4世代)のリアカメラで画質が違うのかを比較してみました。

まずは1200万画素・F/1.8の広角カメラです。

広角カメラの画質比較

パッと見た感じは同じですね。色合いもほぼ同じとなっています。

ただ、部分拡大をしてみるとiPad Pro 12.9インチ(第5世代)のカメラは全体的に輪郭が強調された画質になっているのが分かります。なた、スマートHDR3のおかげか色合いも鮮やかになっているようです。

さらに、LiDARスキャナを搭載し被写体の距離を正確に計測することもできます。高性能なM1チップとの組み合わせでより高精度なAR機能を使うことができます。身近なところではビデオ会議で背景を変える時の精度が向上するといったメリットがあります。

超広角カメラで比較してみましたが、iPad Pro 12.9(第5世代)はM1チップのSiPのおかげで同じレンズでありながらも画質がかなり向上しているのが分かります。

超広角カメラの画質を比較

柱の部分の質感はiPad Pro 12.9(第4世代)はソフトなのに対して、iPad Pro 12.9(第5世代)はしっかり描画できていますよね。また、レンズ補正も入るようになったので歪みが抑えられた自然な写真に仕上げることができるようになりました。

iPad Pro 12.9(第4世代)のインカメラは700万画素の広角カメラを搭載していましたが、iPad Pro 12.9(第5世代)は1200万画素の超広角カメラを搭載し自撮りの写真、動画を顔のズームアップではなく少し引いた感じで撮影できるようになりました。

もちろん、今まで通りの広角画角での撮影も超広角カメラからクロップで撮影ができるようになっています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)はM1チップのSiPとスマートHDR3の恩恵により全体的明るく背景の白トビを抑えながらも顔を明るく撮影できるようになっているため、自撮りをしたりビデオ通話はかなりしやすくなるんじゃないかなと感じます。

なお、リアカメラに搭載していLiDARスキャナは被写体の距離を計測できるセンサーとなっておりiPad Pro 12.9インチ(第4世代)から搭載していました。ARのアプリを使うことが多いなら活用することはできるでしょう。

インカメラは超広角、センターフレームに対応

iPad Pro 12.9(第5世代)のインカメラの超広角カメラはただ広く写真を動画を撮影できるだけではなく、FaceTimeでセンターフレームという新しい機能も使うことができます。

センターフレームはビデオ通話中に顔がフレームにしっかりと収まるように自動的に追従してくれる機能となっています。

超広角カメラで全体を捉えつつソフトウェアでズームし左右に移動させつつ顔を追従してるようです。これは、ビデオ通話を使うときにかなり便利な機能ですね。ただし、アニ文字を使う場合はセンターフレームを動作させることができません。

なお、FaceTimeだけでなくzoomでもセンターフレームを使うことができます。

内蔵スピーカーの音質が向上

iPad Pro 12.9(第5世代)は従来モデルと同じように4スピーカーオーディオを搭載し縦持ち、横持ちともに向きを判別して自動的にL-Rチャンネルのステレオサウンドで音楽を楽しむことができます。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)スタンドで使う
スタンドにiPad Pro 12.9インチ(第5世代)を

この仕組みはiPad Pro 12.9(第3/4世代)と全く同じで下左右が低中音域、上左右が高音域の音が鳴るように自動調整した4スピーカーオーディオとなっています。そんな中で、iPad Pro 12.9(第5世代)はスピーカー部分が新しくなって音質が向上しています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)スピーカーが変わった
スピーカーのデザインが変わった

スピーカーの穴が大きくなって数が少なくなっていますが、おそらくスピーカーユニットの改良が行われているのでしょう。音量を上げた時の筐体の共振もiPad Pro 12.9インチ(第5世代)の方が抑えられています。

iPad Pro 12.9インチ(第4世代)の4スピーカーも音質は良かったのですが、少し音にまとまりがないざわついた音となっていました。そんな中で、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)は音のまとまりがあり一つ一つの音がしっかり鳴っているように聞こえます。

また、ボーカル域の音質も向上し聴きやすくなっているので、音楽、映画、音声といった多岐にわたるコンテンツでいい音を楽しむことができそうですね。もちろん、空間オーディオにも対応しているので内蔵スピーカーでも立体感のあるサウンドを楽しむことができます。

\iPad Pro 12.9インチをチェックする/
\ビッグセールAmazonプライムデー開催中/

周辺機器は従来と同じ

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)は以下の周辺機器を使うことができます。

  • Apple Pencil(第2世代)
  • Smart Folio
  • Smart Keyboard Folio
  • Magic Keyboard

Smart Folioは本体と画面を守るためのカバー、Smart Keyboard Folioはカバー兼キーボードで外でキーボード入力をする作業がある時に使える周辺機器となっています。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)とスマートキーボード
キーボードで作業をする

Magic Keyboardは画面を浮かせることができ、さらにトラックパッドも使えるキーボードカバーとなので、ほんとにパソコンの代わりとして使うことができます。ただし、iPad Pro 12.9インチとMagic Keyboardの組み合わせは1.3kg以上と重量級となります。

個人的にはこの重量になるとMacBook Airを持ち運んだ方がいいと思っているので、Smart Keyboard Folioとの組み合わせでiPad Pro 12.9インチを使っております。

手書きでノートを取ったり、イラストを描いたりするならApple Pencil(第2世代)を使うことができます。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)とApple Pencil
Apple Pencilでノートを取る

Apple Pencilの書き心地は従来モデルと変わりありません。120HzのリフレッシュレートのProMotionテクノロジーに対応しているので追従性の高い書き心地を実現していますし、トラックパッドを内蔵していないスマートキーボードと組み合わせるならApple Pencilをポインティングデバイスとして使うのもいいでしょう。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)端末価格

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)の端末価格は14,000円アップと値上げとなっています。14,000円の値上げはかなり痛いような気もします。

iPad Pro 12.9インチ 価格
  iPad Pro 12.9インチ(第5世代) iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
128GB 129,800円 115,280円
256GB 141,800円 127,380円
512GB 165,800円 151,580円
1TB 213,800円 175,780円
2TB 261,800円

値上げした要因はやはりミニLEDバックライトを搭載したからでしょうね。正直なところ、14,000円の価格アップの恩恵があるかどうかは疑問があります。確かに黒の表現力は高くなったのですが、果たしてほんとに必要なのかどうか。

また、1TB・2TBはメインメモリの容量が8GB → 16GBに増量となって価格が一気に高くなります。おそらく、ほとんどの方は8GBのメインメモリがあれば十分快適にiPad Proを使うことができるので問題はありません。

4K 10bitの動画をiPad Pro 12.9インチを編集したいのなら1TBの容量も必然的に必要となるためメモリも16GBあった方いいよねってことで自動的にステップアップする感じになってるんでしょうね。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代・2021)レビュー:まとめ

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)
iPad Pro 12.9インチ(第5世代)

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のメリット

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)はミニLEDバックライト、M1チップを搭載したハイエンドで大きいタイプのiPadとなっています。画面サイズが大きいので映画を見たりすることが多かったり、作業の効率を重視する方におすすめの端末です。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)メリット
  • 画面サイズが大きくて作業しやすい
  • ミニLEDバックライト、なんとなくキレイに見える
  • M1チップによる高速化は意外と体感できる
  • 電池持ちも意外と向上している
  • USBの通信速度が1.2倍ほど向上している
  • 4スピーカーオーディオの音質が向上した
  • 5G通信に対応している(セルラーモデル)

ミニLEDバックライトは確かに黒が引き締まるので4K HDRの動画、映画を見ることが多いなら恩恵を受けることができるかと思います。

M1チップが高性能なのは分かりきっていたことでしたが、意外と体感で分かるほど動作速度が向上しているように感じます。また、USB 4/Thunderboltに対応したことでSDカード、外付けストレージの転送速度が向上しているのも喜ばしいところ。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)のデメリット

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)はミニLEDバックライトを内蔵したLiquid Retina XDRディスプレイを搭載したことで筐体が厚く、重量も増えてしまいました。

iPad Pro 12.9インチ(第5世代)デメリット
  • 少しだけ厚く、重くなった
  • ミニLEDバックライトの恩恵がいまいち?
  • 指紋認証に対応していない

Liquid Retina XDRディスプレイは確かに画質がキレイで色鮮やかで素晴らしいディスプレイです。ただ、筐体の肥大化と価格の高騰によるトレードオフになっていないのが気になるところ。

また、iPad Proは顔認証による画面ロック解除にしか対応していないのでマスクをしているとパスコードを毎回入力する必要があります。Touch IDのデュアル生体認証にたいして欲しいです。お願いします。

\iPad Pro 12.9インチをチェックする/
\ビッグセールAmazonプライムデー開催中/

iPadの比較はこちら