Appleのタブレット端末・iPadのプロモデルにはiPad Proは11インチと12.9インチの2つのサイズから選ぶことができます。

iPad Pro 11インチはタブレットとしてちょうどいいサイズで使いやすく持ち運びしやすい端末となっています。iPad Pro 12.9インチは画面が大きく作業しやすいサイズとなっています。

では、iPad Pro 11インチ・iPad Pro 12.9インチどっちのサイズを選ぶべきなのか?迷うところですよね。

この記事ではiPad Pro 11インチとiPad Pro 12.9インチの画面サイズ・スペック・使いやすさの違いからどちらのiPad Proを選ぶべきか徹底比較してるのでiPad Pro 11インチと12.9インチのどっちを選ぶか迷っている方は参考にしてください。

iPad Pro 11インチと12.9インチ どっちを選ぶ?

どのような作業をするかによってiPad Pro 11インチにするか、iPad Pro 12.9インチにするかを選ぶのか判断することができます。

iPad Pro 11インチのメリット

iPad Pro 11インチ
iPad Pro 11インチ

iPad Pro 11インチは11インチのディスプレイを搭載しており10.9インチのiPad Air 4とほぼ同じ筐体サイズとなっており、タブレットとしてはちょうど使いやすい大きさとなっています。

iPad Pro 11インチを選ぶべき人は
  • タブレットとして使うことが多い
  • 荷物をできるだけ軽くして持ち運びを楽にしたい
  • 動画編集・イラスト制作・写真現像をしたい
  • 電子書籍で小説・ビジネス書を読みたい
  • iPadでゲームを楽しみたい
  • 少しでも購入費用を安くしたい

基本的にタブレットとして使うことが多いならiPad Pro 11インチを選べばOKです。iPad Pro 11インチは本体サイズが小さくて軽くて片手で余裕で持ち運びできますし作業スペースに困ることは基本的にないでしょう。

周辺機器のSmart Keyboard FolioMagic Keyboardを組み合わせることでパソコンとしての環境も作り出すことができます。顔認証のFace IDを搭載しているのでキーをタイピングするだけで画面ロック解除して瞬時に使うこともでき、作業マシンとしても優秀なタブレットです。

また、iPad Pro 11インチは12.9インチよりも価格が安いのも魅力の一つ。11インチ、12.9インチはほぼ同じスペックなのでiPadのモバイル性・価格の安さを重視するなら11インチを選ぶのがおすすめです。

iPad Pro 12.9インチのメリット

iPad Pro 12.9インチは12.9インチの大きなディスプレイを搭載したモデルとなっており、最新技術のminiLEDバックライトを搭載したことで11インチよりも引き締まった黒を再現することが可能となっています。

iPad Pro 12.9インチ
iPad Pro 12.9インチ

12.9インチの画面サイズはタブレットとして使うには少し大きいと感じるのでタブレットとして使うよりもパソコンとして使うことが多いならiPad Pro 12.9インチを選ぶのがいいでしょう。

iPad Pro 12.9インチを選ぶべき人は
  • パソコンとして使うことが多い
  • 動画編集・イラスト制作・写真現像がしたい
  • 電子書籍の漫画を快適に見たい
  • 大きな画面で動画を楽しみたい
  • 自宅・職場で使うことが多い

画面サイズが大きいのでイラスト制作、デザイン作業にも向いているのでプロが使うような端末です。作業性は間違いなくiPad Pro 11インチよりも上ですし、映画を見たり、電子書籍の漫画を見たりコンテンツに向いています。

パソコンとして、イラストを描いたりデザイン作業が多いのなら作業効率を優先し画面サイズの大きいiPad Pro 12.9インチを選ぶのがおすすめです。端末価格が高いですが…。

iPad Pro 11インチ・12.9インチを比較

本体サイズと重量の違い

iPad Pro 12.9インチとiPad Pro 11インチの本体サイズの大きさの違いはかなりあって、並べて比べてみてもこれだけの大きさの違いがあるんですよね。

iPad Pro 12.9インチと11インチ
iPad Pro 12.9インチと11インチ
本体サイズの比較
モデル iPad Pro 12.9インチ iPad Pro 11インチ
サイズ 12.9インチ 11インチ
本体 2017:305.7 × 220.6 × 6.9 mm
2018/20:280.6 × 214.9 × 5.9 mm
2021:280.6 × 214.9 × 6.4 mm
247.6 × 178.5 × 5.9 mm
重量 2017:677 g
2018:633 g
2020:641g
2021:682g
2018:468 g
2020:471g
2021:466g

なので、iPad Pro 12.9インチの画面サイズが欲しいからと勢いで買ってしまうと今使っているカバンやリュックに入らない可能性もあるので寸法を十分に確認をしてどちらのモデルを選ぶかを判断した方がいいでしょう。

iPad Pro は2018年以降のモデルでホームボタンを廃止し、上下のベゼルを狭く全体的に小型化していますが、iPad Pro 12.9(2017)と比較してもこんなにもサイズが小さくなっています。

iPad Pro 12.9(第4/3世代)とiPad Pro 12.9(第2世代)のサイズの違い
iPad Pro 12.9(第4/3世代)と(第2世代)サイズの違い

なので、今まで持ち運びができなかったカバンやバックにもフルディスプレイのiPad Pro 12.9インチなら持ち歩くこともできるかもしれません。

iPad Pro 12.9インチと11インチの本体サイズの違い
12.9インチと11インチの本体サイズの違い

iPad Pro 11インチは10.5インチと同じくらいのサイズに抑えられていてモバイル性能はとても高くiPad Pro 12.9インチよりも縦幅3.3センチ、横幅3.6センチほど小さくなっています。

なので、iPad Pro 12.9インチの本体サイズが小型化したとはいえiPad Pro 11インチの取り回しの良さには太刀打ちはできません。11インチサイズは本当にちょうどいいサイズ感に仕上がっております。

サイズでiPad Proを選ぶなら
  • どこにでも持ち運んで使いたい → iPad Pro 11インチ
  • 自宅や職場で使うことが多い → iPad Pro 12.9インチ

外でiPad Proを使うことが多い、タブレットとして使うことが多いなら11インチ、自宅や職場で使うことが多いなら12.9インチを選んでもいいでしょう。

画面サイズの違い

iPad Pro 11インチ、12.9インチと画面サイズの違いによって解像度が異なります。11インチが2,388 × 1,668ピクセル、12.9インチが2,732 × 2,048ピクセルでどちらも264ppiとなっているので画素密度は同じとなっています。

画面サイズ・解像度の比較
モデル iPad Pro 12.9インチ iPad Pro 11インチ
世代 2021 2020/2018 2021/2020/2018
画面サイズ 12.9インチ 11インチ
パネル Liquid Retina XDR
IPS液晶
ミニLEDバックライト
Liquid Retina
IPS液晶
LEDバックライト
Liquid Retina
IPS液晶
LEDバックライト
解像度 2,732 × 2,048 2,388 × 1,668
画素密度 264ppi
輝度 600〜1600ニト 600ニト
画面比率 4:3 4.3:3
仕様 耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ

11インチ、12.9インチともに広色域ディスプレイ(P3)、120HzのリフレッシュレートのProMotionテクノロジーに対応しているので色鮮やかで滑らかな画面でiPadを使うことができます。

なお、iPad Pro 12.9インチ(2021)はバックライトにミニLEDを採用したXDRディスプレイとなっており暗い場面は暗く、明るい場面は明るく、くっきりとコントラスト比の高い画質の高い映像を楽しむことができます。

ミニLEDバックライトは12.9インチのみの特権となっていて11インチはLEDバックライトとなっています。実際にiPad Pro 12.9インチと11インチで違いを比較してみました。

11インチは暗い部分もバックライトで明るくしているので黒が白くなっていますが、12.9インチは暗い部分は明るくならず引き締まった黒を再現できています。ただ、普通に使っていてこの差を感じることはできないので

iPadの画面比率は4:3ですが、11インチモデルのみ4.3:3という少し変わった画面比率になっています。横持ちで使う時は画面がよりワイドになっているので、画面を分割するとiPad Pro 11インチはiPad Pro 10.5インチよりも広い作業エリアを確保できます。

iPad Pro 11 と 10.5の画面
iPad Pro 11インチの方がワイドな画面になっている

キーボードを接続して2画面表示で作業をすることが多いのならiPad Pro 11インチは幅広なので情報を見やすいというメリットがあります。

iPad Pro 12.9インチとiPad Pro 11インチの画面サイズ、表示領域を比較してみましたが、Yahoo! JAPANのトップページはiPad Pro 11インチよりも12.9インチの方がより多くの情報を表示させることができます。

iPad Pro 12.9インチと11インチ 表示エリアの比較
iPad Pro 11インチよりも12.9インチの方が情報量が多い

かなり大きいですよね。12.9インチほどの大きさになると目線の移動が多くなってしまうので1画面で使うには少し大きいなと感じてしまうことがあります。表示量は12.9インチの方が上ですが、見やすさは11インチの方が上です。

YouTubeアプリも11インチモデルよりも12.9インチの方が動画サムネイルを一度にたくさん表示することができますが、ここまで表示させる必要性はないかもしれませんね。

iPad Pro 12.9インチと11インチの情報量の違い YouTube
YouTubeの画面もiPad Pro 12.9インチの方が情報量が多い

もちろん、動画再生時の画面の大きさは12.9インチモデルの方が圧倒的に大きくなっているので大きな画面で動画を楽しみたいなら11インチよりも12.9インチの方が見やすくていいでしょう。

しかも、ミニLEDバックライトを搭載したXRDディスプレイなので映画はとてもキレイな映像で楽しむことができます。

iPad Pro 12.9インチと11インチでSplit View(2画面表示)で表示させてみました。左画面にブラウザ表示させながらWordpressのアプリを右画面に起動させている状態です。

iPad Pro 12.9と11 横画面モード 作業エリアの広さ
Yahoo!とWordPressエディタを同時に

iPad Pro 12.9インチの方が画面が大きいので情報量が多いだけでなくWordPressアプリの項目も同時に表示させてブログの執筆作業もできるので効率はより高くなっているといっていいでしょう。

表計算アプリのNumbersとSafariを2画面表示させてみると一度に表示できる情報量がiPad Pro 12.9インチモデルの方がかなり多くなっています。

iPad Pro 12.9と11 表計算アプリの作業エリア比較
ブラウザとNumbersを同時表示

ブログや資料作成時に公式サイトを見ながら情報を入力するといったことをしたりしますが、やはり物理的に大きく解像度も高いiPad Pro 12.9インチの方が作業効率は上といっていいのかもしれません。

CPUのスペック・性能の違い

iPad Pro 12.9インチとiPad Pro 11インチの基本性能はほぼ同じです。2020年モデルはA12Z Bionicチップを搭載していましたが、2021年モデルのiPad Proはなんと、M1 Macに採用しているM1チップを搭載してました。

まさか、MacのチップがiPadに搭載するとは…。たしかに、中身はほぼ同じですし、似たような違うチップを複数製造するよりもM1チップに集約させてしまった方が生産効率、製造コストはいいですよね。

どれくらいの性能のチップになっているのか比較してみましたが、iPad Pro 11インチ、12.9インチの2021年モデルに搭載しているM1チップはMacBook Air、Proでも使われているチップだけあってめちゃくちゃ高性能です。

CPUの性能比較
モデル iPad Pro 11インチ・12.9インチ iPad Pro 10.5インチ・12.9インチ
世代 2021年 2020年 2018年 2017年
CPU M1(8コア) A12Z Bionic(8コア) A12X Bionic(8コア) A10X Fusion(6コア)
GPU M1 8コア Apple GPU 8コア Apple GPU 7コア Power VR 12コア
ニューラルエンジン(AI) 16コア(毎秒11兆回) 8コア(毎秒5兆回)
RAM 8GB or 16GB 6GB 4GB
プロセスルール 5nm 7nm FinFET 10nm FinFET
CPUシングルコア 1735 1118 1115 865
CPUマルチコア 7572 4654 4701 2298
GPU(Metal) 21819 9856 9312 6522

ここまで性能が向上すると全てにおいて快適に動作できるのでストレスなく作業することができます。

ただ、2020年、2018年モデルのA12Z/A12X Bionicもタブレットとしては高性能なチップなのでタブレットとして使ったり、ノートを取るといった簡単な作業であれば十分快適に使うことができます。

むしろ、最新型はM1チップのパワーは有り余ってしまうかもしれませんね。

メインメモリの容量は2021年モデルは8GBが標準となっていますが、ストレージ容量が1TB以上でメモリの容量が16GBに増えます。もう完全にMacですね。iPadで16GBのRAMは凄すぎです。

iPad Proは画面サイズで性能が変わることはないのでサイズでどのモデルを選ぶかを決めるのでいいでしょう。

リアカメラの違い

iPad Pro 12.9・11インチのリアカメラ
iPad Pro 12.9・11インチのリアカメラ
カメラの性能比較
モデル iPad Pro 11・12.9インチ iPad Pro 10.5・12.9インチ
世代 2021 2020 2018 2017
広角カメラ 1200万画素・ƒ/1.8
超広角カメラ 1000万画素・ƒ/2.4
ToF LiDARスキャナ
手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
その他 スマートHDR3
4K60p動画
スマートHDR
4K60p動画
HDR
4K30p動画

リアカメラのスペックはiPad Pro 11インチ、12.9インチともに同じ1200万画素のイメージセンサーを搭載、ニューラルエンジンを活用したスマートHDRを使ったキレイな写真を撮影でき、4K60pの動画撮影にも対応しています。

LiDARスキャナは被写体との距離を正確に計測できるToFセンサーでARアプリの精度が向上します。ARアプリを使ってないならあまり意味のないセンサーです。

2018年モデル以降のiPad Proは、旧世代のiPad Pro 10.5インチに対応していた光学式手ぶれ補正は非搭載です。なので、夜間撮影で手ブレが起きやすいのでiPad Proで写真撮影することが多い方は注意です。

スマートキーボードの使いやすさの違い

iPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 11インチにはそれぞれのモデルに適しているカバーを兼ねたSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)を装着できます。

11インチのSmart Keyboard Folioのキーサイズとキーピッチは小さくて狭くなっているのでフルサイズのキーボードを普段から使っていると慣れるまで使いにくいと感じるかも。

Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard Folio 11インチ・12.9インチ

Smart Keyboard FolioとMacのMagic Keyboardのキーサイズとキーピッチを計測してみました。

キーサイズ・キーピッチのキーピッチの違い
 キーサイズキーピッチ
11インチ専用Smart Keyboard Folio14mm18mm
12.9インチ専用Smart Keyboard Folio15mm19mm
MacのMagic Keyboard16mm19mm

ほぼフルサイズキーボードのキーサーズ・キーピッチとなっているので違和感なくタイピングが可能。

11インチ用のSmart Keyboard Folioはコンパクトで手を動かすことなくタイピングができるので慣れれば使いやすくてタイピングしやすいキーボードサイズだったりします。(手の小さい方は11インチの方が使いやすいと思う。)

画面を倒した状態
画面を倒した状態

Smart Keyboard Folioは画面角度を2段階で調整できます。

画面を起こした状態
画面を起こした状態

iPad Air 3iPad 8Smart Keyboardは画面の角度調整ができなかったので、テキストベースの作業が多いのならiPad ProのSmart Keyboard Folioはとても使いやすいツールになってるのかなと感じます。

なお、iPad Air 4もSmart Keyboard Folioが使えるようになりました。

Magic Keyboardに対応している

iPad Pro 11インチ、12.9インチはMagic Keyboardに対応していて、2018年モデル、2020年モデル、2021年モデルのどちらも使うことができます。

Magic KeyboardとSmart Keyboard Folio
Magic KeyboardとSmart Keyboard Folio

Magic Keyboardは画面が浮いてるので目線を上げることができ、長時間の作業にも耐えられるようになりました。

画面の目線を上げることができる
画面の目線を上げることができる

キーボードもMacBook Airと同じようにシザー構造のキーボードを採用し、タイピングがしやすくなりました。

シザー構造のキーボードとトラックパッド
シザー構造のキーボードとトラックパッド

iPadでトラックパッドが使えるようになるので、アプリの切り替えが高速にできるようになるので、iPadの作業が効率化することは間違いないでしょう。Magic Keyboardは11インチ、12.9インチの両モデルで専用サイズが用意されています。

iPad Pro 12.9インチだとサイズ・重量が大きくなるので持ち運びするというよりも据え置きで使うのが基本となるのかなと感じます。

Apple Pencilの使いやすさの違い

iPad Pro 12.9インチ、11インチはApple Pencil(第2世代)に対応しているので、イラストを描いたり、メモやノートを気軽に取ることができます。僕はイラストを描くことはほとんどありませんが、メモやノートを取ることにiPad Proを使っています。

iPad Pro 12.9インチと11インチ Apple Pencilの作業スペースの違い
iPad ProのApple Pencilは使いやすい

どちらも120HzのリフレッシュレートのProMotionテクノロジーに対応したiPad Proでペンの追従性能も高くて書きやすいです。

Apple Pencilの使いやすさでiPad Proを選ぶ
  • イラストを描いたりノートを取ることが多い → iPad Pro 12.9インチ
  • 落書き、メモを取ることが多い → iPad Pro 11インチ

12.9インチの方が画面サイズが大きくデザイン制作をするなら使いやすいのかなと感じます。

Apple Pencilについてはこちら →

ここまでiPad Pro 11インチと12.9インチを比較してきましたが、Apple公式サイトでiPad Proの仕様を詳しく比較できるので合わせて確認しておきましょう。

iPad Pro 11インチがおすすめの人は

タブレットとして使いたい

iPadの本来の使い方であるタブレットとして使うのであればiPad Pro 11インチを選んだ方がいいでしょう。手で持って操作した時の操作感は12.9インチよりも11インチの方がいいです。

iPad Pro 11インチと12.9 手で持ったフィット感
iPad Pro 11インチはタブレットとしてちょうどいいサイズ(左)

12.9インチを手元で使うには画面が大きすぎて目線の移動が多くなり疲れてしまいますが、11インチならパッと全体を把握することができて視認性が高くて使いやすいですね。

また、タブレットとして使う場合は常に手で持った状態で操作することになると思いますが、ずっとiPadを持っていると12.9インチだと重量が重くて手が疲れてしまうのも問題点の一つとなります。

iPad Pro 11インチなら12.9インチよりも160gも重量が軽くて長時間使っても手の疲れを最低限に抑えることができるので、長時間タブレットとして使うのなら適しているのかなと思います。

たまにパソコンとして使いたい

iPad Proをパソコンとして使う
iPad Proをパソコンとして使う

基本はタブレットとして使うけどたまに文字入力をキーボードで作業をしたい方はiPad Pro 11インチモデルでもキーボードを接続してパソコンとして使うことができます。

Appleのオフィスアプリ(Numbers、Pages、Keynote)を無料で使うことができるので資料作成、執筆作業、ブログ更新なども可能となっています。

また、iPadでもトラックパッドに対応しカーソル操作ができるのでiPad Proをデスクトップマシンとして使うこともできます。

荷物をできるだけ軽くして持ち運びを楽にしたい

iPad Pro 11インチ カバンの中に入れる
iPad Pro 11インチは持ち運びしやすい

iPad Pro 11インチは12.9インチよりも小型で重量も軽いので取り回しが非常に良いサイズ感となっているので、外でiPadを使うことが多いのなら11インチの方がいいでしょう。

iPad Pro 12.9インチも旧世代から比べてコンパクトになったのでノートPCよりも楽に持ち運びをすることができます。

とはいえ、それでもサイズが大きいのでカバンに入らない可能性もありますし11インチよりも重いので気軽に持ち歩くのはできないのかなと思います。

ゲームを楽しみたい

iPad Pro 11インチでゲームをする

iPadでもゲームアプリをインストールすることでゲームを楽しむことができますが、タッチパネルを使って遊ぶことがメインのゲームだとiPad Pro 12.9インチだと画面が大きすぎて操作性が逆に悪くなってしまいます。

しかし、iPad Pro 11インチならちょうど良い画面サイズですし従来の10.5インチのiPadと近い画面サイズなので違和感なくゲームを楽しむことができるでしょう。

少しでも購入費用を安くしたい

iPad Proは12.9インチよりも11インチの方が端末価格が35,000円も安いので少しでも購入費用を抑えたい方はiPad Pro 11インチモデルを選びましょう。12.9インチは高いです。

iPad Pro(2021)価格
  iPad Pro 11インチ iPad Pro 12.9インチ
128GB 94,800円 129,800円
256GB 106,800円 141,800円
512GB 130,800円 165,800円
1TB 178,800円 213,800円
2TB 226,800円 261,800円

また、1TB以上のモデルはメインメモリの容量が16GBになるため11インチでも178,800円と価格が跳ね上がります。12.9インチだと213,800円とMacBook Pro 13インチをカスタマイズできる価格になってしまいます。

なお、モバイル通信をしたいならiPad セルラーモデルを+18,000円で手に入れることできます。2021年モデルは5G(Sub-6)の高速通信にも対応しているので外で使うことが多いならおすすめです。

iPad Pro 11インチについてはこちら

iPad Pro 12.9インチがおすすめの人は

パソコンとして使いたい

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)をパソコンとして使う
iPad Pro 12.9インチとスマートキーボードフォリオ

iPad Proをタブレットではなくキーボードを接続してパソコンとして使うことが多いなら11インチよりもiPad Pro 12.9インチのほうが画面が大きいので作業効率はいいでしょう。パソコンの代わりにiPad Proを使うことを想定しているなら、 iPad Pro 12.9インチがおすすめです。

イラストを描いたり写真の現像をしたい

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)Lightroom CC
iPad Pro 12.9インチで写真の編集をする

iPad Proは全てのモデルでApple Pencilを使うことでイラストを描くことができるので11インチでもイラストを描くなら十分です。しかし、12.9インチなら画面が大きくキャンバスが広いのでイラストを描くという作業には向いています。

また、新型のiPad ProはUSB-Cポートに対応したため一眼カメラと直接接続してデータの転送をすることが可能になり、気軽にLightroomやPhotoshopを使って写真を現像することができます。

写真の現像や編集は画面が大きいほうがやりやすいのば間違いありません。写真の編集をすることが多いなら11インチよりも12.9インチのほうがおすすめです。

電子書籍で漫画を見たい

電子書籍でビジネス書や漫画をiPad Proで見たいなら11インチよりも12.9インチの方が見やすいです。

というのも、iPad Pro 12.9インチを横にした状態にしてビジネス書や漫画を見開く状態で表示させることで、実際の本と同じくらいの大きさで表示させることが可能なのです。

iPad Proと実際の書籍のサイズ比較
左:iPad Pro 12.9、右:iPad Pro 11

ちなみに、小説などの文庫本サイズなら12.9インチよりも11インチの方が見開くでちょうど良いサイズになるのでどの電子書籍を見るかでサイズを決めてもいいのかもしれません。

動画を大きくキレイに見たい

iPad Pro 12.9インチと11インチ 動画画面の大きさ比較
iPad Pro 12.9インチは迫力の動画を楽しめる

YouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画コンテンツをiPad Proで楽しむことが多いなら12.9インチの方が画面が大きいので迫力あるコンテンツ体験をすることができます。

2021年の最新のiPad Pro 12.9インチはバックライトにミニLEDを採用したLiquid Retina XDRディスプレイを搭載し、コントラスト比が高く表現力が高く、映画を見るに適しています。

また、スピーカーの音質もiPad Pro 12.9インチの方がいいので映画を見るにしても、音楽を聴くにしても物理的サイズが大きいiPad Pro 12.9インチの方がおすすめです。

外で使うことが少ない、決まった場所で使う

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)
iPad Pro 12.9インチは持ち運びが少ない人向け

家や職場の中でiPad Proを使うことが多いなら11インチではなく12.9インチを選んでも問題ないでしょう。

また、外に持ち運ぶことが多いにしても大きめのカバンを持っていたり、喫茶店など決まった場所でしか使うことが多いならサイズの大きい12.9インチモデルを選んで作業効率を重視した方がいいでしょう。

iPad Pro 12.9インチについてはこちら

iPad Pro 11インチと12.9インチ 比較:まとめ

iPad Pro 12.9インチ・11インチ
iPad Pro 12.9インチ・11インチ

最後に。僕のおすすめはiPad Pro 11インチです。

普段はメインマシンのiMac 24インチを使って作業をしており外出先ではMacBook Airを主に使っています。

iPad Proは本当に荷物を減らしたいときに持ち出すか、さっと調べ物をしたいときにタブレットとして使うことが多いのでサイズが大きい12.9インチよりも取り回しの良いiPad Pro 11インチモデルの方が使い勝手が良いんですよね。

なので、すでにメインマシンを持っていてサブ機として利用するなら11インチ、iPad Proをメインとして利用したいなら12.9インチがおすすめです。

\iPad Proをキャリアでチェック/
\iPadをキャリアでチェック/

なお、定期的にはApple公式サイトで販売をしているiPad整備済製品を買うのもおすすめです。通常よりも安い金額でiPad Proを手に入れることができるかもしれませんよ。

iPadの比較はこちら

スマートキーボードではなくiPadにおすすめのワイヤレスキーボードについてはこちらをどうぞ!