iPad Pro 2022 どうなる?

新型 iPad Pro(2022)はiPad Pro 11インチ、12.9インチの2機種になる見込みで2022年秋に発表が期待されています。

従来のiPad ProもM1チップを搭載した超高性能なタブレット端末でしたが、新型 iPad Pro(2022)はMacBook AirMacBook Pro 13インチのM2チップを搭載するとみられています。

新型 iPad Pro(2022)スペックどうなる?

新型 iPad Pro(2022)の特徴

新型iPad Pro(2022)の特徴をまとめました。現段階ではあくまで情報をもとにした予想となっています。

新型iPad Pro(2022)の特徴
  • サイズ:11インチと12.9インチの2種類
  • 基本デザインは2021年モデルと同じ
  • ミニLEDディスプレイを搭載 ← 12.9インチのみ
  • SoCはM2チップを搭載し性能アップ
  • リアカメラは広角 + 超広角 + LiDARスキャナ
  • MagSafeワイヤレス充電に対応
  • リバースワイヤレス充電にも対応
  • 新しいコネクタを搭載する?
  • 新しいApple Pencilに対応する?
  • Wi-Fi 6Eに対応する?
  • 発表日:2022年10月(?)
  • 予約日:2022年10月(?)
  • 発売日:2022年10月(?)

新型iPad Pro(2022)は従来モデルと同じく11インチと12.9インチの2サイズになると見られており、筐体デザインに変化はなく基本的に内部スペックを刷新するマイナーアップデートになるようです。

発売日は2022年10月か

2022年9月8日にApple eventが開催されて、iPhone 14iPhone 14 ProApple Watch 8が発表となりましたが、iPad Pro(2022)、iPad(第10世代)は10月の発表会でお披露目される可能性が高そうです。

ただ、Logicool Crayonのオンラインショップのページにはすでに新型と見られるiPad Pro 11インチ(第4世代)とiPad Pro 12.9インチ(第6世代)の文字があります。

Coming soonなので10月にiPad Pro(2022)が発売することは確定でしょう。ただ、気になるのがiPad(第10世代)の文字がないので、iPad Proが10月の発表会で登場する可能性もあるかも?

デザインは変わらず

新型iPad Pro(2022)の本体デザインは現行モデルと同じになるとみられています。

LogicoolのCombo Touchの対応デバイスにすでに新型iPad Proの文字があり従来モデルのケースの互換性があることが確認できます。

信頼性のあるメーカーの記述なので本体デザインの変更はないことは確実といっていいかもしれません。(わかりませんが…)

M2チップを搭載し性能が向上か

2021年モデルのiPad Pro 11インチ、12.9インチはAppleシリコンのM1チップでしたが、新型iPad Pro(2022)のSoCはさらに性能が向上したM2チップを搭載するようです。

M2チップは2022年のはMacBook AirMacBook Pro 13インチに採用されたSoCでCPUが8コア、GPUが8コアまたは10コアを内蔵したチップとなっています。

2021年モデルのiPad Proは8コアGPUのM1チップを搭載していたので、2022年モデルも上位の10コアGPUを採用する可能性は高そうです。

ミニLEDディスプレイ(12.9インチのみ)

12.9インチはiPad Pro 12.9インチ(第5世代)と同じくディスプレイにミニLEDを採用することになります。Appleでは「Liquid Retina XDRディスプレイ」と呼んでいます。

ミニLEDバックライト
ミニLEDバックライト

ミニLEDディスプレイは10,000以上のバックライトミニLEDで複数の領域に分割し輝度を制御(ローカルディミング)し色鮮やかな表現ができます。

最大1,000ニト(ピーク輝度1,600ニト)、100万対1のコントラスト比となってHDR動画などリッチコンテンツをより明るく、色鮮やかに楽しめます。

iPad Pro 11インチもミニLEDディスプレイの採用するとみられていましたが、価格の問題から通常のLCDバックライトに留まるようです。

生体認証はFace IDに対応

新型iPad Pro(2022)の生体認証はFace IDによる顔認証となるでしょう。現行モデルはマスクをしてると顔を認証できないので、マスク対応して欲しいところです。

ただ、マスク対応はアップデートで対応できそうなんですけどね。iPadOS 16でマスク対応してくれないですかね?

カメラはデュアルカメラの据え置きか

新型iPad Pro(2022)のリアカメラについてはとくに情報もないので従来モデルと同じ広角 + 超広角 + LiDARスキャナの構成になる可能性が高そうです。

iPad Proにそこまでカメラの画質は求められていませんし、1200万画素の広角カメラに1000万画素の超広角カメラがあれば十分でしょう。

むしろ、超広角カメラの必要性が不明なのでシングルカメラにして広角 + LiDARスキャナのシンプルなデザインに変更して欲しいくらいですね。

MagSafe充電の対応

iPhone 13、iPhone 12で使えるMagSafe充電器が新型iPad Pro(2022)に採用される可能性があります。

iPad Pro とMagSafe充電

MagSafe充電器は磁石でピタッと端末とくっ付けて充電するワイヤレス充電システムです。

ワイヤレス充電に対応するため、筐体をガラスにすることも検討されたそうですが割れる問題もあることからAppleのロゴマークで充電する仕組みを用意してるとか?

より強力な磁石を採用しiPad ProでもMagSafe周辺機器が数多く登場する可能性もあるかもしれません。

また、双方向ワイヤレス充電にも対応しiPhoneを充電できるようになるかもしれません。

新コネクターを搭載する?

新型iPad Pro(2022)にはMagic Keyboard、Smart Keyboard Folioを接続するためのスマートコネクター以外に新しいコネクタが搭載しているという情報もあります。

4ピンコネクタになるそうで周辺機器と接続するためのコネクタになるようですね。

新しいApple Pencilが登場する?

新型iPad Pro(2022)向けというわけではなさそうですが、新しいApple Pencilの噂もあります。

現在のApple Pencil(第2世代)はiPad Proのサイドから充電できたり、タッチセンサーを搭載し高度な操作が可能となっています。

新しいApple Pencilでどのような機能が追加されるのかは情報がないので可能性は低そうです。

source:MacRumous

新型iPad Pro(2022)に期待したいこと

正直なところ、現行のiPad Pro 11インチ(第3世代)iPad Pro 12.9インチ(第5世代)の性能を持て余してる状況なので、2022年モデルはどうなるんだろうという気持ちです。

A12Z Bionic → M1のような衝撃的な性能アップは見込めないので、MagSafe充電に対応することに期待したいところ。新しい使い方ができる可能性を秘めていますよね。

iPadの比較はこちら