iPad Air(第4世代)と(第3世代)の比較

AppleがiPad Air4(iPad Air 第4世代)を2020年10月に発売します。iPad Air 4は10.9インチのディスプレイを搭載し、iPad Proのようにホームボタンを廃止した新世代のiPad Airとなりました。

しかも、電源ボタンにTouch IDを内蔵したのでマスクしててもちゃんと使えるのが素晴らしいところ。まさか、ほんとに電源ボタンに指紋センサーを内蔵しちゃうとはね。

iPad Air 4はiPad Air 3の後継機種としてiPadシリーズの中間モデルとして登場しますが、ここでは、iPad Air4のデザイン・サイズ・スペック・価格を比較しているので、何が違うのか気になっている方は参考にしてください。

iPad Air 4の特徴

iPad Air(第4世代)

iPad Air(第4世代)はホームボタンを撤廃し画面サイズが10.5インチから10.9インチの大きくなりベゼルレスディスプレイに対応したのが大きな特徴となっています。

iPad Air(第4世代)の特徴
  • 10.9インチのベゼルレスディスプレイを搭載
  • 電源ボタンにTouch ID(指紋認証)を内蔵
  • 筐体が角張ったスタイルに刷新
  • A14 Bionicプロセッサで処理性能向上
  • 1200万画素のシングルカメラを搭載
  • 横向き2スピーカーオーディオに対応
  • USB-Cポートを搭載した
  • 本体カラーが5色から選べるように
  • 端末価格は62,800円から

生体認証は電源ボタンに指紋認証機能を内蔵したTouch IDを搭載しています。

まさか、Apple製品に電源ボタン一体型の指紋認証機能を搭載する日がやってくるとは夢にも思わなかったですが、マスク装着が必須となりつつあるこの世の中に合わせて顔認証ではなく指紋認証が見直された結果なのでしょう。

顔認証のFace IDには非対応なので、Smart Keyboard Folioを使うときはiPad Proと違って筐体に触れる必要がありますが、マスクをしていても普通に使うことができるのは使いやすくていいですよね。

\iPadをキャリアでチェック/

iPad Air 4とiPad Air 3を比較

スペックを比較

iPad Air 4とiPad Air 3のスペックを比較してみました。画面サイズが10.5インチから10.9インチと少しだけ大きくなりましたが、ホームボタンを廃止したことにより筐体サイズはほぼ同じ大きさを維持しています。

iPad Air 4とiPad Air 3
iPad Air 4とiPad Air 3のスペック比較
 iPad Air 4iPad Air 3
画面サイズ10.9インチ10.5インチ
解像度2,360 × 1,640
ピクセル
2,224 × 1,668ピクセル
生体認証電源ボタン一体型Touch IDホームボタンTouch ID
CPUA14 BionicA12 Bionic
メインメモリ4GB(?)3GB
ストレージ64GB・256GB64GB・256GB
リアカメラ1200万画素800万画素
インカメラ700万画素700万画素
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 5
4G LTE(セルラーモデル)ギガビット級LTE(30バンド)ギガビット級LTE(28バンド)
Bluetooth5.0
オーディオ横向き2スピーカーステレオ2スピーカーステレオ
充電ポートUSB-CLightning
充電アダプタ20W USB-C電源アダプタ10W USB-A電源アダプタ
本体サイズ247.6 × 178.5 × 6.1mm250.6 × 174.1 × 6.1mm
重量458g456g

見た目が変わっただけでなく、A14 Bionicプロセッサを搭載するなど確実に基本性能を向上しています。

iPad Proのような120HzのリフレッシュレートのPro Motionテクノロジーには非対応ですが、筐体にくっ付けてワイヤレス充電できるApple Pencil(第2世代)に対応するなどトータルで使いやすくなっています。

意外だったのがオーディオが2スピーカーシステムに対応したことでしょうか。これで、横向きにして動画を見てもきちんとステレオサウンドで音声を楽しむことができるようになります。

画面サイズを比較

iPad Air 4のディスプレイは10.9インチとなりiPad Air 3の10.5インチから0.3インチほど画面サイズが大きくなっています。

iPad Air 4とiPad Air 3の画面比較
画面サイズの比較
 iPad Air 4iPad Air 3
画面サイズ10.9インチ10.5インチ
解像度2,360 × 1,640
ピクセル
2,224 × 1,668ピクセル
画素密度264ppi
駆動リフレッシュレート60Hz
パネルLiquid Retinaディスプレイ(液晶)、フルラミネーションディスプレイ、広色域(P3)、True Toneテクノロジー

画素密度は従来のiPad Air 3と同じく264ppiなので画質は変わりませんが、画面サイズの拡大に伴って解像度が向上しています。

10.5インチから10.9インチの画面サイズの違いはほんのわずかではありますが、画面比率が4:3から4.3:3になったことで縦向きなら縦長に、横向きなら横長なディスプレイになっています。

つまり、横向きスタイルでSplit Viewで2画面表示するとiPad Air 3よりも横に表示領域が広くなり作業しやすいというメリットがあります。iPad Pro 11インチの方がわずかに画面サイズが大きいですが、ほぼ誤差範囲だと思いますし、10.9インチでも十分使える大きさになっているのではないでしょうか。

なお、iPad Proに搭載されてるPro Motionテクノロジー(120Hz)は非対応なので、そこはしっかりと差別化しているようです。

筐体デザインを比較

iPad Air 4は筐体が刷新されてiPad Pro 11インチのような角張ったスクエア型のデザインを採用しています。

iPad Air 4
iPad Air 4

ホームボタンが廃止されたこともあり、上下左右対象のベゼルとなりすっきりとした雰囲気になりました。パッと見た感じはiPad Proと見間違えるくらいデザインが統一された感じがします。

筐体サイズもより小さくなっています。画面サイズが10.5インチから10.9インチに大きくなっているのに、筐体サイズの大きさの肥大化は抑えられているので、使いやすくなっているのではないでしょうか。

筐体サイズの比較
 iPad Air 4iPad Air 3
画面サイズ10.9インチ10.5インチ
本体サイズ247.6 × 178.5 × 6.1mm250.6 × 174.1 × 6.1mm
重量458g456g

iPad Air 4の筐体サイズはiPad Pro 11インチとほぼ同じ大きさ(厚みは5.9mmから6.1mmと分厚い)となっているので、これまではデザインが異なっていたiPad ProとiPad Airは全く同じスタイルに統一されることになります。

生体認証の違い

iPad Air 3はホームボタンに指紋センサーを内蔵したTouch IDによって画面ロック解除してましたがiPad Air 4はホームボタンが廃止となりました。顔認証のFace IDも搭載していません。

どうやって、認証するのか。なんと、電源ボタンに指紋認証機能を内蔵したTouch IDを使って画面ロック解除ができる仕様になりました。

電源ボタン一体型のTouch ID
電源ボタン一体型のTouch ID
生体認証の比較
 iPad Air 4iPad Air 3
生体認証電源ボタン一体型指紋認証(Touch ID)ホームボタンに指紋認証(Touch ID)

電源ボタンに指紋センサーを内蔵しているのはソニーのXperia 1 Ⅱとかが有名ですが、まさかのAppleデバイスにこのようなパーツをお目にかかる日が来るとは思っていなかったです。

個人的には電源ボタン一体型の指紋センサーは使いやすいのでとても好きなので、iPad Air 4に搭載されたことには歓喜でしかありません。

ホームボタンもとても便利でしたが、ベゼルレスディスプレイを採用するにはどうしても邪魔な存在になってしまうのは事実でしょう。

顔認証のFace IDは筐体に触れることなく画面ロック解除できるので便利ですが、マスク時代の今には向いていないので、このような判断は良かったのではないでしょうか。

\iPadをキャリアでチェック/

CPUの性能を比較

A14 Bionic
A14 Bionic

iPad Air 4はA14 Bionicを搭載しています。まさかのiPhone 12に搭載されるであろうA14 Bionicを搭載してしまった。A14 Bionicは5nmプロセスの新世代のプロセッサで118億個のトランジスタを内蔵し性能を向上しつつ電力効率も向上しています。

CPUを比較
 iPad Air 4iPad Air 3
CPUA14 BionicA12 Bionic
NPUNeuralengine 16コア(毎秒11兆回)Neuralengine 8コア(毎秒5兆回)
メインメモリ4GB(?)3GB
ストレージ64GB・256GB64GB・256GB

メインメモリの容量は明らかになっていませんが、4GBに増えている可能性は高そうです。(分かり次第情報を更新します。)

iPad Air 3はA12 Bionicだったので2世代新しいチップを採用することで、処理性能が向上し動画編集も軽々とこなすことができる性能を手に入れたことになります。

A12 Bionic → A14 Bionicによる性能の違いはCPUの性能が40%、GPUの性能は30%向上、ニューラルエンジンは70%も速く機械学習ができるようになり、計算処理能力も10倍高速化しているとのこと。

CPUを比較
 iPad Air 4iPad ProiPad Air 3
CPUA14 BionicA12Z BionicA12 Bionic
シングルコア1,550(?)11231107
マルチコア4,140(?)45862957
Metal(グラフィック)5,950(?)120944574

A14 Bionicの性能は向上していますが、あくまでスマホ用のチップなのでプロ向けに開発されているA12Z Bionicの性能と比較するとiPad Proの方が性能は高いので、性能をするならiPad AirではなくiPad Proを選ぶことになるでしょう。

実際のところ、A12 Bionicを搭載しているiPad Air 3で動作が遅いと感じることは全くありませんが、iPad Air 4を使うことでより快適に動画編集などできるようになるでしょう。

リアカメラを比較

iPad Air 4のリアカメラ

iPad Proは広角・超広角のデュアルカメラにLiDARスキャナを搭載するなどカメラの性能も高いものになっていますが、iPad Air 4はシングルカメラ仕様となっています。

カメラのスペック比較
 iPad Air 4iPad Air 3
リアカメラ1200万画素・F/1.8800万画素・F/2.4
インカメラ700万画素・F/2.2700万画素・F/2.2
仕様スマートHDR、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、4K撮影(24fps、30fpsまたは60fps)、1080pスローモーション(240fps)自動HDR、オートフォーカス、1080p動画撮影(30fps)、720pスローモーション(120fps)

画素数は800万画素から1200万画素にスペックアップしているだけでなく、スマートHDR、4K動画撮影にも対応しているのでカメラの性能は大幅に向上しています。

ただ、iPadで写真を撮影することは基本的にはないと思うので、iPad Proのカメラは大袈裟すぎる!と思っている方にとってはシンプルなカメラ構成のiPad Air 4は扱いやすいのかなと感じます。

通信性能を比較

iPad Air 4はWi-Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)に対応し最大1.2Gbpsの高速通信ができるようになりました。

通信性能の比較
 iPad Air 4iPad Air 3
Wi-FiWi-Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)
最大1.2Gbp
Wi-Fi 5(802.11a/b/g/n/ac)
最大866Mbps
4G LTE(セルラーモデル)ギガビット級LTE(30バンド)ギガビット級LTE(28バンド)
Bluetooth5.0

Wi-Fi 6に対応しているルーターを使うことでiPad Air 3よりも速い通信で大容量のゲームアプリなど素早くダウンロードすることができるようになります。

また、セルラーモデルを選ぶことによって外でも4G LTEによるモバイル通信をしてiPadを使うことができます。iPhoneを使ってテザリング通信をして外でiPadを使うのもいいけど起動して瞬時に使うことができるiPadのセルラーモデルは本当に使いやすいのでおすすめです。

充電ポートの違いを比較

iPad Air 4はLightningポートを廃止してUSB-Cポートを採用しiPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチの仲間入りしました。

iPad Air 4とiPad Air 3のスペック比較
 iPad Air 4iPad Air 3
充電ポートUSB-CLightning
通信速度5Gbps480Mbps
電源アダプタUSB-C 20WUSB-A 10W
外付けストレージケーブル1本で接続可能Lightning – USB 3カメラアダプタで接続可能(相性問題あり)

USB-Cに対応したことでMacBook AirMacBook Pro 13インチと充電ケーブルを共用化できるので、部屋の中にあるケーブルの本数を減らすことができるのでシンプルな空間を得ることができます。

さらに、付属の電源アダプタが20Wの高出力タイプになったので、より素早く急速充電できるようになっています。

また、iPad Air 4はUSB-Cは外付けSSDストレージをケーブル1本で接続できるように。LightningポートのiPadはLightning – USB 3カメラアダプタを使うことで外付けストレージを使えましたが、メーカーによっては認識しないなど相性問題があったんですね。

USB-Cポートを搭載したiPad Air 4はこのような相性問題は少なくなると思うので、外付けSSDを使うユーザーにとっては嬉しい改良点と見ていいでしょう。

対応している外付けキーボードの違い

iPad Air 4とMagic Keyboard
iPad Air 4とMagic Keyboard

iPad Air 4は筐体デザインが刷新されたことでiPad Air 3のアクセサリーは使えなくなります。基本的にiPad Pro 11インチと同じSmart Keyboard FolioMagic KeyboardApple Pencil(第2世代)を使うことになります。

キーボードとペンシル
 iPad Air 4iPad Air 3
キーボードSmart Keyboard Folio、Magic KeyboardSmart Keyboard
ペンシルApple Pencil 2Apple Pencil

Smart Keyboard Folioは基本的にキーボードスタイルでしか使うことができないのでタブレットとしてもiPad Air 4を使いたい方はSmart Folioを購入する必要があります。

この辺りの汎用性の広さはiPad Air 3の方が上ということになりますが、Apple Pencilはワイヤレスで充電できるようになるので、使いやすくなるのではないでしょうか。

iPad Pro 11インチからiPad Air 4に乗り換えるというパターンであれば今まで使っていたSmart Keyboard FolioとApple Pencil(第2世代)を使うことができますが、iPad Air 3からだと周辺機器を全て刷新しないといけないので注意です。

コロナの影響でマスク必須の世の中になってしまったことで、Face IDに対応しているiPad ProからiPad Air 4への乗り換え組というのも一定数いそうな気がします。

カラーラインナップを比較

iPad Air 4のカラーラインナップ

iPad Air 4はカラーラインナップが豊富となり、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色から選ぶことができるようになりました。

本体カラーの比較
 iPad Air 4iPad Air 3
本体カラーシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーシルバー、スペースグレイ、ゴールド

新色のグリーンとスカイブルー。とても新しいカラーはいい感じですよね。おしゃれ。どっちにしましょうか?やっぱりスカイブルーじゃない?

端末価格を比較

iPad Air 4の価格は以下のとおりです。

端末価格を比較
 iPad Air 4iPad Air 3
モデルWi-FiセルラーWi-Fiセルラー
64GB62,800円77,800円54,800円69,800円
256GB79,800円94,800円71,800円86,800円

少しだけ価格が高くなってしまったのが残念なところかもしれないですね。iPad Air 3はiPad整備済製品で安く手に入れることもできるので、価格を重視するならiPad Air 3という選択肢もいいのかもしれません。

iPad Air 4とiPad Air 3の比較:まとめ

iPad Air 4の発売によってiPad Air 3の通常販売は終了します。ただ、iPad Air 3はまだまだ現役で使うことができる性能を持った端末となっていて、iPad整備済製品から安い価格で買えるようになるので選択肢としてはアリです。

iPad Air(第4世代)がおすすめな人は

iPad Air(第4世代)はデザインを刷新してホームボタンを廃止したことにより、従来のiPadとは少し違った使い方となります。

iPad Air 4の良いところ
  • 10.9インチのディスプレイを搭載
  • シンプルでカッコいい筐体デザイン
  • 電源ボタンに指紋センサーを搭載
  • 横向き2ステレオオーディオに対応した
  • USB-Cポートに対応した
  • 本体カラーが5色と豊富に

ベゼルレススタイルにより筐体サイズが小型化したことで持ち運びがしやすくなりますし、指紋認証で画面ロック解除もできるのでマスクをしていても普通に使うことができます。

画面サイズが10.9インチにサイズアップしながら筐体サイズが小さくなるのは外で使うことが多いユーザーにとっては最高なことなので、アクティブな方は是非ともiPad Air 4を手にして欲しい。

また、USB-Cポートに対応したので外付けSSDにケーブル1本で接続できるようになったので動画編集もよりしやすくなるでしょう。

iPad Air 4の惜しいところ
  • 3.5mmオーディオジャンクがない
  • 価格が高くなった

iPad Air 4は3.5mmオーディオジャックに非対応となったので、有線でオーディオ機器を使いたい方には残念な仕様となっています。また、端末価格がiPad Air 3よりも高くなってしまったのは残念なところといってもいいかもですね。

iPad Air(第3世代)がおすすめな人は

iPad Air(第3世代)は2019年3月に発売した端末でA12 Bionicプロセッサに3GBのメインメモリを搭載するなど、まだまだ現役で使うことができるiPadとなっています。

iPad Air 3の良いところ
  • 10.5インチのディスプレイを搭載
  • ホームボタンを使って操作ができる
  • 指紋認証でマスクしていても使える
  • まだまだ現役で使える性能を持ってる
  • 3.5mmオーディオジャックを搭載
  • 整備済み製品で安く買うことできる

ディスプレイの下にホームボタンを搭載しているので従来の使い方に慣れている、使い方を変えたくないならiPad Air 3を選ぶのもいいのかもしれません。

A12 Bionicプロセッサはまだまだ現役で使うことができる高性能なチップですし、iPad(第8世代)にも搭載しています。

iPad Air 3の惜しいところ
  • 充電ポートがLightning
  • 外付けSSDとの相性は悪い

ただし、外付けストレージとの相性はあまり良くないので動画編集にはあまり向いていません。とはいえ、Apple Pencilを使うことでメモを取ったり、お絵かきをすることができるし、Smart Keyboardでパソコンとして作業することも可能です。

iPad Air 3は整備済み製品で64GBモデルが44,800円で買うことができるので、少しでも安く、高性能なiPadが欲しい方におすすめの端末となっています。

\iPadをキャリアでチェック/


iPadの比較・おすすめはこちら。