2021年9月15日に開催されたApple Eventで突如、iPad(第9世代)が正式に発表となりました!

画面サイズは10.2インチとiPad(第8世代)と同じですが、A13 Bionicを搭載し性能が大きく向上して、さらに超広角のインカメラを搭載したセンターフレームにも対応した基本スペックを向上させたモデルとなっております。

すでに予約が開始となっており、9月24日より発売が開始となります。ということで、この記事では新しくなったiPad(第9世代)は従来モデルから何が変わったのか見ていきたいと思います。


iPad(第9世代)のデザイン・スペック ・発売日は?

現行のiPad(第8世代)は10.2インチの廉価なRetinaディスプレイを搭載し筐体の厚みが7.5mmと2013年に発売された初代iPad Airと同じ筐体を使ったモデルでしたが、iPad(第9世代)も引き続き廉価iPadの筐体を纏って登場することになります。

iPad(第9世代)の特徴
  • 10.2インチのディスプレイを搭載
  • A13 Bionicを搭載し性能が向上
  • ストレージ容量が32GB → 64GBに
  • ホームボタン(Touch ID)搭載
  • True Toneディスプレイを搭載
  • フロントカメラはセンターフレーム対応
  • Apple Pencil(第1世代)でノートが取れる
  • Smart Keyboardで作業ができる
  • Lightningポートを搭載
  • 端末価格は39,800円に
  • 2021年9月24日発売

iPad(第9世代)は10.2インチのディスプレイを搭載したiPad(第8世代)の後継機種となっています。SoC(システム・オン・チップ)にiPhone 11に搭載しているA13 Bionicを搭載し最大20%早い

A12 Bionicチップもタブレットとしては十分使える性能でしたが、iPad(第9世代)でA13 Bionicを採用し高度な使い方ができるようになります。ストレージ容量が32GB・128GBだったのが倍増して64GB・256GBとなってiPad mini(第6世代)、iPad Air(第4世代)と同じとなって扱いやすい端末となってます。

従来モデルは32GBのストレージ容量はかなり厳しいところがあって128GBを選ばざるを得ない状態となっていましたが、iPad(第9世代)はストレージ容量の問題は改善したといっていいでしょう。

筐体、デザインは従来モデルと同じ

iPad(第9世代)は基本デザインは従来のモデルと同じとなっており、本体サイズも同じで重量が少しだけ軽くなった感じですね。

筐体のサイズ比較
  iPad(第9世代) iPad(第8世代)
高さ 250.6mm
174.1mm
厚み 7.5mm
重量 487g(Wi-Fi)
498g(セルラー)
490g(Wi-Fi)
495g(セルラー)

このデザインはiPad Airから引き継がれたものとなっており、9.7インチから10.2インチに画面が大きくなったのはiPad(第7世代)からで、このサイズになってiPad(第9世代)で3世代目となっています。

本体カラーがシルバー、スペースグレイの2色からでゴールドは廃止となります。さらに、iPad(第8世代)まではシルバー、ゴールドを選ぶことでベゼルのカラーがホワイトになっていたのがiPad(第9世代)はブラックとなります。

これは、ちょっと悲しすぎるかも…。シルバーにはホワイトベゼルが似合ってたし指紋が目立たなくて良かったんですけどね。

Touch ID内蔵のホームボタンを搭載する

iPad(第9世代)はお馴染みのホームボタン内蔵のTouch IDを搭載しています。

物理式ボタンのTouch IDとなっており昔ながらの仕様です。指紋認証で画面ロック解除ができるのでマスクをしながらでもちゃんと使える端末となっています。

無印のiPadもホームボタンを搭載しないベゼルレス仕様になるのでは?とも噂された時期もありました。僕もずっとそうなるだろうと思っていたのですが、無印に関してはまだまだホームボタンありのモデルを継続しそうな感じです。

True Toneディスプレイを搭載した

iPad(第9世代)は2,160 x 1,620ピクセルの解像度の10.2インチRetinaディスプレイを搭載していますが、無印のiPadとしてははじめてTrue Toneディスプレイに対応しました。

ディスプレイの比較
  iPad(第9世代) iPad(第8世代)
サイズ 10.2インチ
解像度 2,160 x 1,620ピクセル
仕様 500ニト(標準)、sRGB、耐指紋性撥油コーティング、
自動調整 True Toneディスプレイ

True Toneテクノロジーは環境光の色に合わせて画面の色温度を自動的に調整してくれるため、電子書籍を読むだり、ノートを取るといったシチュエーションも目に優しいディスプレイとなっています。

AppleのモバイルデバイスでTrue Toneディスプレイに対応していなかったのはiPad(第9世代)だけだったので、ついに全てのモデルでTrue Toneに対応することになります。

また、iPad Air(第3世代)などの上位モデルに採用されているフルラミネーションディスプレイには非対応となっており、液晶ディスプレイと保護ガラスの間には隙間のあるパネルを採用しています。

フルラミネーションディスプレイに対応していないということは、画面の光の反射も激しいということ。外で使うと少し画面が見にくいなどの問題はあるかもしれません。

SoCはA13 Bionicを搭載し快適に

現行のiPad(第8世代)はA12 Bionicチップでしたが、iPad(第9世代)はiPhone 11にも採用しているA13 Bionicチップを搭載します。メインメモリは明らかではないですがおそらく3GBのままとなりそうです。

A13 BionicとA12 BionicのGeekbench 5のスコアを比較するとこんな感じtなっています。

A13・A12の性能比較
  A13 Bionic A12 Bionic
CPU 6コア(高性能コア2 + 省電力コア4)
GPU 4コア
RAM 3GB LPDDR4X(?) 3GB LPDDR4X
Neural Engine 8コア(毎秒6兆回) 8コア(毎秒5兆回)
プロセスルール 7nm FinFET 7nm
シングルコアスコア 1300 1100
マルチコアスコア 3300 2700
Metalスコア 7300 5300

A13 Bionicの方が20〜30%ほど性能が高いチップとなっています。省電力性能はプロセスルールがほぼ同じなのでそんなに違いはないかと思いますが、これだけの性能があればあらゆる作業を快適にすることができるかと思います。

A12 Bionicを搭載しているiPad(第8世代)でもかなり快適に動作していますが、A13 BionicになることでiPad(第9世代)はさらに扱いやすい端末になることでしょう。

なお、A13 BionicがiPadに採用されたのはiPad(第9世代)が初めてとなります。現行のAppleデバイスで採用されているSoCはこのようになっています。

  • iPad Pro 12.9インチ:M1
  • iPad Pro 11インチ:M1
  • iPad mini(第6世代)、iPhone 13:A15 Bionic
  • iPad Air(第4世代)、iPhone 12:A14 Bionic
  • iPad(第9世代)、iPhone 11、iPhone SE2:A13 Bionic

今回のアップデートでA12 Bionicを搭載しているデバイスは消えた…ということになります。

最小ストレージ容量が32GB → 64GBになる

iPad(第9世代)はストレージ容量が倍増します。

ストレージ容量の比較
  iPad(第9世代) iPad(第8世代)
ストレージ容量 64GB
256GB
32GB
128GB

従来のiPad(第8世代)は32GBのストレージ容量だったので、写真や動画、ゲームを少しインストールしたら容量が足りなくなることもありましたが、iPad(第9世代)の最小容量は64GB〜と安心に使える容量となっています。

リアカメラは800万画素のまま

iPad(第9世代)のリアカメラは800万画素のイメージセンサーにF/2.4のレンズを搭載しており、iPad(第8世代)と同じスペックとなっています。

リアカメラの比較
  iPad(第9世代) iPad(第8世代)
リアカメラ 800万画素・ƒ/2.4・5枚構成のレンズ
仕様 最大5倍のデジタルズーム
パノラマ(最大43MP)
写真のHDR、写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
1080p HDビデオ撮影(25 / 30fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
720pスローモーションビデオ(120fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの手ぶれ補正
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080p / 720p)
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC / H.264

デザインもこれまでと同じようにフラットレンズカメラを採用しているのでスッキリとしたスタイルで使うことができます。

無印のiPadにリアカメラの性能は求めないはずなのでフラットなカメラレンズのままであればこれでOKですが、A13 Bionicの画像処理エンジンが加わるので画質は少しは向上するかもしれません。

フロントカメラはセンターフレームに対応

iPad(第8世代)のフロントカメラは120万画素の簡素なスペックだったのに対して、iPad(第9世代)のフロントカメラは1200万画素のイメージセンサーに超広角(122°)レンズになって性能が大きく向上します。

フロントカメラの比較
  iPad(第9世代) iPad(第8世代)
フロントカメラ 超広角:1200万画素・ƒ/2.4 120万画素・ƒ/2.4
仕様 センターフレーム
1080p HDビデオ撮影(25fps・30fps・60fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード

センターフレームとは、超広角カメラで自撮りできるので、ビデオ通話中にフレームから外れそうになったら自動的にフレームの中央にいるように配置を調整してくれる機能です。

FaceTime、zoomなどオンライン会議をするときに体を移動しながら話をしても常にカメラの中央で話をすることができるなど、センターフレームは今の世の中にピッタリな機能となっています。

今まではiPad Pro 11インチ、12.9インチのみの機能だったセンターフレームですが、iPadの標準機能として使われることになりそうです。

充電速度が高速化は?

個人的に気になっているのが充電速度が高速化されるかどうかです。iPad(第9世代)はLightningポートが引き続き採用されてますが、iPad(第8世代)の充電速度がiPad Air(第3世代)よりも遅めです。

充電速度を比較
  iPad Air(第3世代) iPad(第8世代) iPad(第7世代)
充電出力 20W 20W 10W
0分 0% 0% 10%
30分 38% 17% 18%
60分 70% 34% 28%
90分 94% 50% 38%
120分 100% 67% 49%
180分 83% 58%
210分 95% 66%
240分 100% 76%
270分 87%
300分 96%

iPad(第8世代)は20Wの電源アダプタが付属してきますが、フル充電するのに4時間かかってしまいますが、iPad Air(第3世代)は同じ電源アダプタで2時間でフル充電することができます。

iPad(第9世代)の端末価格

iPad(第9世代)の価格はWi-Fiモデルの64GBが39,800円、256GBが56,800円となっています。

端末価格の比較
  iPad(第9世代) iPad(第8世代)
モデル Wi-Fi セルラー Wi-Fi セルラー
32GB 38,280円 54,780円
64GB 39,800円 56,800円
128GB 49,280円 65,780円
256GB 57,800円 74,800円

ストレージ容量が32GB → 64GBと多くなったにも関わらず39,800円とほぼ同価格でiPad(第9世代)を買うことができます。256GBになると容量が多くなることもあって7,000円ほどの値上げとなりますが大容量のiPadが欲しいならいい選択肢になりそうです。

販売が終了したiPad(第8世代)はiPad整備済製品で29,480円で販売していることがあります。常に販売されてるわけではないですが、少しでも安くiPadを手に入れたいならこちらを選んでもいいでしょう。

iPadセルラーモデルとの価格差は17,000円となっており、外で使うことが多いならセルラーモデルがおすすめです。少ない設定でどこでもiPadを使うえます。

iPad(第9世代)の発売日

iPad(第9世代)は2021年9月24日に発売となります。

  • iPad(第5世代):2017年3月
  • iPad(第6世代):2018年3月
  • iPad(第7世代):2019年9月
  • iPad(第8世代):2020年9月
  • iPad(第9世代):2021年9月24日

ちなみに、iPad(第8世代)は2020年9月に発売していて1年間隔で新モデルが出ているのがわかります。

iPad(第9世代)のデザイン・スペック 最新情報:まとめ

iPad(第9世代)は10.2インチのディスプレイにA13 Bionicプロセッサを搭載し、39,800円から手に入れることができる低価格なiPadです。

iPad(第9世代)のメリット

費用をあまりかけずにiPadを使うならiPad(第9世代)の一択となるといってもいいくらい、コストパフォーマンスの良い端末となっています。

iPad(第9世代)のメリット
  • 10.2インチの使いやすいサイズ感
  • A13 Bionicで動作が快適になった
  • ストレージ容量が64GBと多くなった
  • Touch ID内蔵のホームボタンを搭載
  • Apple PencilとSmart Keyboardを使える
  • 端末価格が39,800円とかなり安く買える

4万円以内で買えるのにiPhone 11、iPhone SE2と同じA13 Bionicを搭載したことで、動作速度が相当向上しているはずです。一般的な用途、例えば、ネットサーフィン、SNS、メッセージといった使い方であれば快適すぎるくらい問題なく動作するはずです。

また、動画編集もこなすことができる性能を持っているので、iPad(第9世代)で動画編集をすることも視野に入ってくるかもしれません。

Apple Pencilを使うことでノートとしても使えますし、Smart Keyboardを組み合わせることでオフィス作業もこなすことができます。

iPad(第9世代)のデメリット

従来モデルのiPad(第8世代)はストレージ容量が32GBと少なく足りなくなる場面もありましたが、iPad(第9世代)は容量が増えてこのような問題はかなり減ると思われます。

となると、デメリットらしいものがなくなってくるのですが…

iPad(第9世代)デメリット
  • 画面の反射が激しい
  • USB-Cポートが使えない

従来モデルは価格が安いから画面の反射がキツいというのも仕方ないことだったのかもしれませんが、iPad(第9世代)までくるとそろそろフルラミネーションディスプレイを搭載して画面品質を向上してほしいという欲が出てきます。

また、USB-Cポートにも対応をそろそろしてほしい…ようにも感じますね。

iPad(第9世代)への乗り換えはアリか?

iPad(第9世代)は廉価モデルなので2〜3年以内に発売されたiPad AirやiPad Proからの乗り換えはおすすめしないですが、少し前のiPad(第5世代)などのモデルからの乗り換えはしてもいと感じます。

  • iPad(第5世代)→ iPad(第9世代):あり
  • iPad(第6世代)→ iPad(第9世代):あり
  • iPad(第7世代)→ iPad(第9世代):あり
  • iPad(第8世代)→ iPad(第9世代):微妙
  • iPad Air → iPad(第9世代):あり
  • iPad Air 2→ iPad(第9世代):あり
  • iPad Air 3→ iPad(第9世代):なし
  • iPad Pro 9.7 → iPad(第9世代):微妙

iPad(第9世代)とiPad(第8世代)の違いはSoCの速度とストレージ容量です。もし、iPad(第8世代)で十分満足できているのならiPad(第9世代)に乗り換えするメリットはありません。

上位モデルとなるiPad Air、iPad Proは旧型でもフルラミネーションディスプレイを採用していて画面品質が高くて、無印iPadに乗り換えることで画面が見にくいと感じるかもしれません。

なので、はじめてのiPadとして選ぶならiPad(第9世代)がおすすめです。