iPad 10.8インチ 最新情報・噂

ついに、iPad、iPad Airも指紋認証のTouch IDを廃止してベゼルレススタイルになるのか?

10.8インチのディスプレイを搭載したホームボタンのないiPadが2020年後半に発売されるという情報が出てきました。ここでは、iPad 10.8インチのサイズ・スペック・価格・発売日の最新情報をまとめています。

あくまで噂レベルの情報ですが、個人的な予想も含めて楽しんでいただけたらと思います。(現時点では8割が僕の妄想です。)

\使ってるiPhoneのまま通信料金が安くなる/

iPad 10.8インチのサイズ・スペック 最新情報

画面サイズは10.8インチ

アナリストのMing-Chi Kuo氏が10.8インチのiPadを2020年後半に発売するという情報を投資家向けのレポートで発表しました。(source:AppleInsider

iPad Proはホームボタンを廃止して10.5インチ → 11インチに0.5インチの画面サイズが大型化しています。同じように、新しいiPadiPad Airもホームボタンを廃止して本体サイズを維持しながら画面サイズだけを大きくすることになるのかもしれません。

Ming-Chi Kuo氏はiPad 10.8インチが出ると発言しているだけでiPad(第7世代)の新型になるのか、iPad Airの新型になるかは触れていません。もしかしたら、両方の可能性もあるのかも?

iPad AirとiPad Pro
iPad AirとiPad Pro

iPad 10.8インチはホームボタンのない筐体を採用するので、基本デザインはiPad Pro 11インチ・12.9インチと同じになるはず。iPad Proはカメラが出っ張っていますが、iPad Airだとしたらフラットレンズになる可能性も?

CPUプロセッサはA11 or A13?

現在販売されているiPad(第7世代)はA10 Fusion、iPad AirはA12 Bionicとなっていますが、新型のiPad 10.8インチはどのプロセッサが採用されるのか気になるところ。

プロセッサに関しては情報はないのですが、iPadとiPad Airに採用されているプロセッサはiPhoneと同じ「X」のないタイプです。

iPad 10.8インチのCPU
  • iPad(第8世代)だったら:A11 Bionic
  • iPad Air 4だったら:A13 Bionic

iPad 10.8インチがiPad(第8世代)ならA11 Bionic、iPad Air 4ならA13 Bionicになりそう。有名なリーカーさんがA12 Bionicって言ってるけど…

「ドリーム」だからね。iPad(第7世代)でA10 Fusionプロセッサを搭載しA11 Bionicの出し惜しみしたのにA12 Bionicを搭載するなんて信じられない。

メインメモリは3GB or 4GB?

現行のiPadのメインメモリは以下のとおりです。

iPadのメインメモリ
  • iPad(第7世代):3GB
  • iPad Air:3GB
  • iPad mini:3GB
  • iPad Pro:6GB

4GBのメインメモリを搭載したモデルは現行モデルはありません。iPad 10.8インチがiPad(第8世代)なら3GBのまま、iPad Air 4なら4GBになるかも?

顔認証のFace IDを搭載

iPad ProのFace ID
iPad ProのFace ID

生体認証の言及もなかったので、iPad 10.8インチは指紋認証が採用されるのか、顔認証が採用されるのかは不明です。

ただ、iPad 10.8インチはホームボタンがなくなったベゼルレススタイルになるのは間違いなさそうなので、顔認証のFace IDを搭載するの流れになるのではないでしょうか。

iPad Air 4はFace IDに対応せずに画面内指紋認証を搭載するという情報もありますが個人的には懐疑的です。画面内指紋認証はまずはiPad Proで採用しFace ID + Touch IDのデュアル生体認証システムにすると思うんですよね。

iPadとiPad Airはあくまで既存技術の中で機能を削ぎ落として価格を抑えているので、iPad 10.8インチは顔認証のFace IDを搭載するのかなと。

USB-Cポートを搭載

USB-Cポート
USB-Cポート

iPad 10.8インチはホームボタンのないiPadとなり、ベースとなるのはiPad Pro 11インチの筐体となるはずです。

iPad ProはすでにUSB-Cポートを採用しているので、iPad 10.8インチも同じようにUSB-Cが採用される可能性が高いのではないでしょうか。

Magic Keyboardに対応する?

iPad 10.8インチがiPad Air 4になってiPad Pro 11インチと同じ筐体を採用してるとするなら、11インチ用のMagic Keyboardに対応することになるかもです。

Airなら筐体サイズ同じになるはずなので、iPad Pro向けのものをそのまま使うことができそう。

Magic KeyboardとSmart Keyboard
Magic KeyboardとSmart Keyboard

iPad(第8世代)になったとしたら、筐体サイズは分厚くなりそうなので同じものは使うことはできない。で、Smart Keyboard Folioは専用のものになり、Magic Keyboardは非対応。そんな感じ?

Apple Pencil (第2世代)に対応

iPad 10.8インチがホームボタンのないベゼルレススタイルになるのなら、Apple Pencil 2に対応することになるでしょう。これは間違いなさそう。

iPad 10.8インチの価格

iPad 10.8インチの価格は不明ですが、iPad(第8世代)、iPad Air 4だとすれば現在の価格と同じか、5,000円値上げされるあたりで発売されそう。

iPad 10.8インチの価格
  • iPad(第8世代)だったら:39,800円〜
  • iPad Air 4だったら:54,800円〜

筐体が刷新されるわけだから現在の価格のままってことはないと思うんですよね。わからないけど。

iPad 10.8インチの発売日

2020年後半にiPad 10.8インチが発売されるとアナリストのMing-Chi Kuo氏は伝えています。

iPadの発売日
  • iPad Air 3:2019年3月
  • iPad(第7世代):2019年9月
  • iPad Pro 2020:2020年3月
  • iPad 10.8インチ:2020年10月(?)

発売日ベースに見るとiPad(第7世代)よりもiPad Air 3の方が前なので、iPad 10.8インチはiPad Air 4になる気がしますね。

iPad 10.8インチはiPad(第8世代)?

現在販売されているiPadは、廉価版モデルの10.2インチiPad(第7世代)と、iPad Proと無印iPadの中間モデルとしてiPad Airがあります。

iPad 10.8インチがiPad(第7世代)の後継機種なのか、iPad Airの後継機種なのか言及していないので、スペックの予想がしにくいのですがiPad 10.8インチが無印の低価格モデルのことならこうなるでしょうか。

iPad 10.8インチがiPad(第8世代)だったら
  • 画面サイズ:10.8インチ
  • パネル:廉価なディスプレイ
  • プロセッサ:A11 Bionic
  • メインメモリ:3GB
  • 生体認証:顔(Face ID)
  • 充電ポート:USB-C
  • 本体サイズ:iPad Pro 11インチをベースに少し厚くなる

ホームボタンは廃止されてベゼルレススタイルに。iPad(第7世代)の10.2インチから0.6インチのサイズアップとなります。

もし、廉価版のiPadとして発売されるならフルラミネーションディスプレイではなくスペックは削ぎ落とされた新しいディスプレイになるのかもしれません。

低価格モデルにわざわざ廉価なパネルを開発するの?って思うかもですが、iPad(第7世代)の10.2インチもこのモデルだけで使っている専用パネルですし、可能性はあるでしょう。

iPad 10.8インチはiPad Air 4?

もし、iPad Airの後継機種だとしたらスペックはこうなるかも?

iPad 10.8インチがiPad Air 4だったら
  • 画面サイズ:11インチ
  • パネル:フルラミネーションディスプレイ
  • プロセッサ:A13 Bionic
  • メインメモリ:4GB
  • 生体認証:顔(Face ID)
  • 充電ポート:USB-C
  • 本体サイズ:iPad Pro 11インチと同じ

iPad Airの後継機種はiPad Pro 11インチ(第1世代)の筐体を使った廉価版モデルになるという情報が出ています。現行のiPad AirはiPad Pro 10.5インチと同じ筐体を採用しプロの機能を削ぎ取ったものとなっています。

なので、iPad Air 4も同じようにiPad Pro 11インチ(第1世代)の筐体を使って画面サイズを小さくしたモデルになるのかも?

個人的にiPad 10.8インチはiPad Airの新型の可能性が高いのではないかと思っています。iPad Airの新型モデルを刷新せずにiPad(第8世代)を発売することはないかなと。

もし、iPad Airがモデルチェンジせずに新しいデザインのベゼルレスのiPad(第8世代)が発売されたら、そっち買いますよね。なので、まずはiPad Air 4を発売して、半年後の2021年3月にiPad(第8世代)を発売するという流れが自然ではないでしょうか。

それか、10.8インチのディスプレイを搭載したiPad Air 4とiPad(第8世代)を2020年後半に同時発売するか。どっちかでしょ。

新型iPad 10.8インチ 最新情報:まとめ

iPad Pro

2020年後半にiPad 10.8インチが発売されるという情報が出てきました。

ホームボタンが廃止されて画面サイズが10.8インチになるということしか分かっていませんが、iPad Airが2019年3月に発売されてから1年以上経過しているので、そろそろ刷新される可能性は高そうです。

iPadは顔認証との相性が高いのでFace IDの採用は嬉しいですが、コロナの影響でマスクをしていることが多くなったのでTouch IDが本当に廃止されるのかどうかというところが気になるところですね。

現在販売されているiPadの比較・おすすめはこちらです。

2020年秋の新型 iPhone 12の情報はこちらです。