iPadはどこで買うのが安くてお得か

Appleのタブレット端末・iPadはApple Store、Amazon、大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で買うことができますが、どこで買うのが安く買うことができるのか気になりますよね。

iPhoneは基本的にApple Store、通信キャリア、一部の家電量販店でしか買うことができませんが、iPadはAmazonなどのショッピングモールでも販売されているので、選択肢がとても多くなっています。

ということで、この記事ではiPadをどこで買うのが安くてお得になるのかを比較しているので、iPadが欲しいけどどこで買ったらいいか迷っているという方は参考にしてみてください。

iPadが買える場所

iPadが販売されているところは大きく分けると4つとなっています。

iPadが買えるところ
  • Apple Store(実店舗・公式サイト)
  • Amazon・楽天などショッピングモール
  • 大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)
  • 家電量販店

Apple Storeは実店舗だけでなくオンラインのApple公式サイトでもiPadを買うことができるようになっています。

さらに、AmazonでもiPadを買うことができるのでアマゾンで買い物をすることが多い方にとっては最高ですよね。ポイントが付くので普通にApple Storeで買うよりもお得感はあります。

通信キャリアでもiPad セルラーモデルを買うことができますが、端末価格は高めに設定されているので端末はApple StoreやAmazon、家電量販店で定価で購入した方がいいでしょう。あとで、データプランを契約すれば問題ありません。

Apple Store 実店舗・公式サイトで購入する

Apple Store

iPadは実店舗のApple Store、オンラインのApple公式サイトから買うことができます。

どちらで買っても価格は同じなので住んでいる地域にApple Storeがあるなら実機を手に取って確認ができる実店舗で買うのもよし、地方に住んでいるならApple公式サイトから購入するのがいいでしょう。

最新型のiPadにこだわりがないのであれば、Apple Store公式サイトにはiPad整備済製品というストアでiPadを買うのがおすすめです。

整備済製品は返品された端末をAppleが再整備して最大15%OFFで販売しているものとなっていて、iPadの場合は新しいバッテリーと外装に変えられるためほぼ新品として買うことができる端末となっています。

ただし、1世代前のiPadの販売が多くなっていて時期によっては在庫がほとんどなかったりするので、タイミングあった場合にのみ使えるストアとなっています。

Amazon・楽天で購入する

iPadはAmazon、楽天などのショッピングモールでも販売されています。

Amazonの販売ページはAppleが管理しているものとなるので、Apple Store並みの安心感がありますし、Amazonポイントの還元もあるのでApple Storeで買うよりもお得感があります。

楽天は各店舗が個別でiPadを販売しているものとなっているので価格は安いものもあれば、少し高いなぁと感じることも。

ただ、楽天ポイントをたくさん持っているのなら楽天で買うのもいいと思いますし、Rakuten Redatesを経由してApple 公式サイトでiPadを買うことで1%楽天ポイント還元を受けることもできます。

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で購入

iPadは大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の実店舗、オンラインショップで買うことができます。キャリア版のiPadを買うなら実店舗ではなくオンラインショップがおすすめです。

現在は感染症対策によりキャリア側もオンラインでの手続きを推奨していますし、契約手数料が無料になるので実店舗よりもオンラインの方がお得に契約することができます。

オンラインショップと実店舗
 オンライン実店舗
契約手数料無料1回線につき3,300円
キャンペーンオンライン限定のキャンペーンがある店舗独自のキャンペーンがある場合も
契約できる時間24時間いつでも店舗がオープンしてる間
手続きできる時間24時間いつでも店舗がオープンしてる間
難易度難しい(インターネット環境が必要)易しい(スタッフとの会話でできる)

機種代金と料金プランは全く同じですが、オンラインショップなら契約手数料がかからない、いつでも手続きができるというメリットがあります。

契約手数料は回線ごとにかかってくるものとなるのでiPhoneとiPadの2台同時に機種変更すると2回線数分の6,600円がかかってくるので負担になってしまいますよね。

オンラインショップなら3,300円の契約手数料がかからないので、6,600円もお得となります。ただし、ドコモオンラインショップはなぜかiPadの在庫がいつも枯渇しているのが残念なところ。

家電量販店でiPadを購入する

iPadは家電量販店でも販売しており、キャリア版だけでなくSIMフリー版の端末も販売されているので、気軽に買うことができますね。

価格は店舗独自の割引がない限りはApple Storeと同じとなっているので、近くにApple Storeがなくて実機を触ってから買いたいという方は家電量販店に行って買うのがいいかと思います。

iPadはどこで買うのが安くてお得か?

基本的にiPadが安くなることはない

iPad AirとiPad

iPadは基本的に値引きがない端末となっているので、どこで買ってもそこまで金額に差はありません。

ただ、Amazonや家電量販店で買うことでポイントが付くので実質お得になる可能性があるので、よく使っているサービスを主体にどこで買うのかを決めるのがいいでしょう。

Amazonはポイント還元とタイムセールが狙い目

iPadはAmazonのAppleの販売ページから買うことができます。

販売時期によっても異なりますが、基本的に1%のAmazonポイントの還元を受けることができるので、普段からAmazonを使うことが多いならApple StoreではなくAmazonでiPadを買うのがおすすめです。

定期的に開催されているAmazonプライムデーAmazonサイバーマンデーなどのタイムセールにiPadがセールに並ぶことがあるので、このようなイベントの時に買うというのもおすすめです。

AmazonでiPadを買うメリット
  • 1%のポイント還元がある
  • タイムセールで安くなることがある
  • Amazonギフト券で2.5%のポイント還元

1%のポイント還元を受けることができるだけでなく、Amazonは事前にAmazonギフト券をコンビニ払いやネットバンキングで買うことで最大2.5%(プライム会員で90,000円以上)のポイント還元を受けることができます。

iPad Pro 11インチなら9万円ほどしますしギフト券を併用することで3.5%(3,150円)の還元となるので意外と大きいですよね。

ただし、AmazonではiPadセルラーモデルを買うことができません。

AmazonでiPadを買うデメリット
  • セルラーモデルを選ぶことができない

AmazonではWi-Fiモデルのみしか買うことができないので、外でiPadを使うことが多いからセルラーモデルが欲しい方はApple Storeか通信キャリアから選ぶことになります。

Apple StoreでiPadを買うメリット

iPadをApple Storeで買うメリットは新型モデルをいち早く手に入れたいといった理由がない限りはほぼないです。ただし、iPadの場合は整備済製品があったり、学生・教職員の方が安くとなるので場合によってはかなりお得にiPadを手に入れることができます。

Apple StoreでiPadを買うメリット
  • 整備済製品で15%OFFで買える
  • 学生・教職員価格で買える
  • 返品プロセスがわかりやすい
Apple StoreでiPadを買うデメリット
  • ポイント還元が一切ない

Apple製品は購入から14日以内であれば無条件で返品が可能となっていますが、その返品プロセスがオンライン上から「キャンセル」のボタンを押すだけで手続きができるメリットがあります。

Apple Storeはポイントといった制度がありません。Appleポイントがあったらどんなに嬉しいでしょうか…。と思っても仕方ありません。

どれだけ買ってもポイントが貯まることがないので、Amazonや楽天などを使うことが多いならそちらで購入するのがいいでしょう。

iPad整備済製品で最大15%OFFに

iPad整備済製品は最大15%OFFでiPadを買うことができるのでかなりお得となるのですがオンラインのApple公式サイトでしか買うことができません。

整備済製品はいわば中古品ですがiPadはバッテリーと筐体は新品になるのでほぼ新品状態となります。もし、不具合があったとしても返品することもできますし個人的には激推し。

少しでもiPadを安く手に入れたいならiPad整備済製品に張り付きましょう。

というのも、時期によってiPad整備済製品が豊富に在庫があったりなかったりします。とくに年末になると在庫がゼロという状況になるので欲しい時に望むスペックのモデルを手に入れるのが困難です。

また、新型モデルが整備済製品として出てくるのは数ヶ月後となるので基本的にはiPad Air 3iPad(第7世代)iPad mini(第5世代)、2018年モデルのiPad Proを買うことになります。

一部抜粋するとこんな感じです。iPad mini(第5世代)は現行モデルなのに頻繁に整備済み製品に登場してるので買うならこちらを狙うのがおすすめです。

整備済製品と新品の価格差
 整備済新品
iPad(第7世代)29,480円38,280円(現在は第8世代)
iPad Air 349,280円60,280円(販売終了)
iPad mini 542,680円50,380円(現行モデル)
iPad Pro 11インチ(第1世代)63,580円93,280円(現在は第2世代)

とはいえ、iPad Pro 11インチ(第1世代)は最新モデルと比較してもスペック差があまりないので、整備済製品として販売されると争奪戦になるほど人気のモデルとなっています。

学生・教職員価格でiPadが買える

Apple公式サイトには学生・教職員向けストアがありますが、iPadも対象となっているので学生、教職員の方は安くiPadを手に入れることが可能となっています。

割引価格
 通常のストア学生・教職員向けストア
iPad(第8世代)38,280円〜36,080円〜(2,200円OFF)
iPad Air(第4世代)69,080円〜63,580円〜(5,500円OFF)
iPad Pro 11インチ93,280円〜87,780円〜(5,500円OFF)
iPad Pro 12.9インチ115,280円〜104,280円〜(11,000円OFF)
iPad mini(第5世代)50,380円〜48,180円〜(2,100円OFF)
Apple Pencil(第2世代)15,950円14,740円(1,100円OFF)
Apple Pencil(第1世代)11,880円10,780円(1,100円OFF)

iPad Air 4は5,500円OFFの69,080円で買うことができます。一番、割引額が高いのはiPad Pro 12.9インチの11,000円OFFとなっています。

うらやましい…。学生になりたい。

1年に1回、Apple 初売りでギフト券がもらえる

Appleは1年に一度だけ初売りを実施します。端末価格が安くなる割引セールではなく、次回使うことができるApple Storeギフトカードによる還元セールとなります。

2021年の初売り(1月2日〜3日)はiPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチ、iPad mini(第5世代)が対象端末となり最大12,000円のApple Storeギフトカードの還元を受けることができます。

12,000円はかなり大きいですよね。iPad Proを購入して後日、Apple Pencilなどのアクセサリーを買うための費用の足しにすることができます。

Rakuten Redates経由で1%楽天ポイント還元

Rakuten Redatesというポイントサイトを経由してApple公式サイトでiPadを購入することで1%の楽天ポイントの還元を受けることができます。

楽天会員である必要がありますが、1%のポイント還元を受けることができるのは大きいです。ただし、新しいモデルは対象外となっていて現在はiPad Pro 11インチ・12.9インチiPad mini(第5世代)が対象となっています。

iPad Air 4iPad(第8世代)は対象外です。

大手キャリアで買うメリットは

大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)ではiPadのセルラーモデルを買うことができ、基本的にはiPhoneのモバイル回線がドコモ、au、ソフトバンクを使っている方が選ぶことになります。

端末価格はApple Storeで買うよりも少しだけ割高になっているので、キャリアを選ぶメリットはほとんどありません。Apple StoreでSIMフリー版のiPadを買って後から各キャリアのデータプランを契約すればいいわけですし。

各キャリアのデータプラン
  • ドコモ:データプラス 1,100円
  • au:タブレットデータシェアプラン 1,100円
  • ソフトバンク:データシェアプラン 1,078円

親回線のデータをシェアする形となっているのでドコモの5GギガホプレミアならiPhoneだけでなくiPadでもデータ使い放題することができます。

ただ、この手続きが面倒なら少しの手数料だと思って各キャリアでiPadのセルラーモデルを買ってしまった方がいいかもしれないですね。

iPadを安くお得に買う方法:まとめ

iPadはApple StoreだけでなくAmazonなどのショッピンモールでも販売していてポイント還元を受けることができるので、使っているモールでiPadを買ってポイントの還元を受けることが可能です。

iPad おすすめの買い方

iPadは販路が広いので環境に合わせて買うところが選べるのがいいですよね。

Amazonが定期的に開催しているプライムデー、サイバーマンデー、初売りなどのタイムセールでiPadが登場することもあります。この時期にiPadを購入するのがもっとも賢い買い方と言ってもいいかもしれません。

また、学生や教職員の方はいつでもiPadを安く買うことができますし、2月〜5月にギフト券還元を受けることができるAppleの学割セールも開催されるのでその時期に買うのがおすすめです。