iPad どれがおすすめ?違いを比較

Appleのタブレット端末・iPad(アイパッド)は現在は6つの機種があって多種多様な使い方ができるiPadならではのラインナップとなっていますがどれを選んだらいいか迷いますよね。

iPad(第9世代)
iPad(第10世代)
iPad mini(第6世代)
iPad Air(第5世代)
iPad Pro 11インチ
iPad Pro 12.9インチ

単純に小型モデルが欲しいならiPad mini、費用を抑えたいならiPad(第9世代)、性能の高いモデルが欲しいならiPad Pro 11インチ、12.9インチにしてもOKですが、それぞれ特性があるのでしっかり違いを理解すると満足度が上がります。

ということで、それぞれのiPadの違いを比較し、どのモデルがおすすめかシチュエーション別で紹介していきます。iPadが欲しいけど、どれを買っていいか分からない方は参考にどうぞ!

iPadのスペックの違いを比較

iPadシリーズはプロ向けの「iPad Pro」、エントリー向けの「iPad Air」、「iPad(第10世代)」、初心者向けの「iPad(第9世代)」、さらにコンパクトの「iPad mini」があります。

iPadシリーズのスペック
モデル iPad Pro iPad Air 5 iPad 10 iPad 9 iPad mini 6
画面 12.9 11 10.9 10.2 8.3
サイズ 大きい ちょうどいい 小さい
性能 史上最強
★★★★★
最強
★★★★
快適
★★
普通
強い
★★★
SoC M2 M1 A14 A13 A15
RAM 8 / 16GB 8GB 4GB 3GB 4GB
SSD 128GB〜2TB 64GB/256GB
生体認証 Face ID(顔) Touch ID(指紋)
広角
カメラ
12MP・ƒ/1.8 8MP・ƒ/2.4 12MP・ƒ/1.8
超広角
カメラ
12MP・ƒ/2.4
イン
カメラ
12MP超広角、センターフレーム対応
スピーカー 4つ 2つ(横) 2つ 2つ(横)
ポート USB-C Lightning USB-C
キーボード Magic Keyboard、Smart Keyboard Folio Magic Keyboard Folio Smart Keyboard
ペンシル Apple Pencil 2 Apple Pencil Apple Pencil 2
価格 172,800円 124,800円 92,800円 68,800円 49,800円 78,800円

iPad Pro、iPad AirはMac向けのAppleシリコンとなるM2 or M1チップを搭載し、iPad Pro 11インチ、12.9インチはM2チップを搭載し画面リフレッシュレートも120Hzと滑らかに動作しとにかく快適に使うことができます。

iPad Air(第5世代)もM1チップを搭載しているのでiPad Proと同等レベルの処理性能を持っていてステージマネージャによるウィンドウ操作も可能なので動画編集もサクッとこなすことできます。

とはいえ、タブレットとして使ったら資料を作成するなど一般的な使い方ならiPad(第10世代)、iPad(第9世代)でも全く問題ないスペックなので、基本的にどのような用途でiPadを使うかで決めるのがいいでしょう。

画面サイズの違い

iPadの画面サイズは全部で5種類ありますが、11インチと10.9インチはほぼ同じなので実質4種類となっています。

iPadシリーズ画面サイズと解像度

iPadを何に使うかである程度はどのサイズがいいか決めることができますが、iPad Pro 12.9インチはとにかく画面が大きいのでイラストを描いたり、動画編集、写真現像作業するのに向いています。

iPad Pro 12.9インチと11インチのLightroom
Adobe Lightroomの画面サイズ差

写真の補正くらいなら11インチ、10.9インチでも十分快適に作業できますがApple Pencilでイラストを描くとなると画面サイズが大きい12.9インチの方が作業しやすいですよね。

動画編集のLumaFusionの画面も12.9インチの方が大きな画面で作業できます。

iPad Pro 12.9インチと11インチのLumafusion
LumaFusionの画面サイズ差

動画編集における12.9インチただ画面が大きくてタイムラインが長く表示されるだけ…なので11インチでも問題ないですがステージマネージャを使ってウィンドウを並べて作業するなら12.9インチは圧倒的に画面が大きくて見やすいメリットがあります。

ただし、12.9インチはタブレットとして大きすぎて使いにくいので、あくまで自宅や職場で据え置きで使うのに適しているタブレット端末となっています。

持ち運び、作業効率のバランスが取れてるのが11インチ、10.9インチ、10.2インチのモデルなので多くの方におすすめです。

iPad Pro 11インチ
iPad Pro 11インチ

イラストを描いたり、ノートを取ったり、メモしたり、動画視聴、電子書籍を読むならあらゆるシーンで使えます。

画面の大きよりも持ち運びを重視するなら8.3インチのiPad mini(第6世代)が最良の選択肢となります。

iPad miniで電子書籍を読む
電子書籍を読む

片手で持って操作もで決まるのでセルラーモデルにしてスマホの代わりとして情報収集マシンとして使うこともできます。個人的にもiPad miniはセルラーモデルにして使ってますよ。

8.3インチと10.2インチの画面サイズ差はこれくらいです。

iPad mini(第6世代)とiPad(第9世代) 
iPad miniとiPad(第9世代) 

画面サイズが小さいので出来ることは限られますが、ブログを書いたり資料作成などキーボードによる作業が少ないなら8.3インチのiPad mini(第6世代)は機動性が高く操作性はいいです。

ディスプレイの品質

iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad miniではディスプレイ品質が異なっており、無印のiPadはフルラミネーションディスプレイに非対応で反射防止コーティングも施されていません。

ディスプレイの仕様比較
モデル iPad Pro iPad Air 5 iPad mini 6 iPad 9 iPad 10
仕様 耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーション、反射防止コーティング、 広色域(P3)、True Tone True Tone
リフレッシュレート120Hz(ProMotion) リフレッシュレート60Hz

フルラミネーションディスプレイは液晶、タッチパネル、保護パネルを一つのパーツにまとめ上げた技術で保護パネルから液晶の隙間が少なく乱反射を抑えて表示色をクッキリ表現できます。

iPad フルラミネーションディスプレイの違い

反射防止コーティングも施されているのでフルラミネーションディスプレイを採用しているiPadはワンランク上のディスプレイ品質となっているのです。

iPad 反射防止コーティングの有無
iPad Air 5・iPad 10

とくに外でiPadを使うことが多いなら反射を抑えることができるiPad mini、iPad Air、iPad Proの方が画面が見やすくて使いやすいと思います。

また、フルラミネーションに対応しているディスプレイの方がApple Pencilの書き心地が良いです。

フルラミネーションとApple Pencilの画面の隙間
左:iPad Pro/Air/mini5、右:iPad

ペン先と液晶との隙間が少ないので違和感なく字を書いたり絵を描くことができます。

さらに、2022年モデルのiPad Pro 11インチ、12.9インチはApple Pencilポイントにも対応し絵描き師さんが液タブと代わりに使えるようになっています。

iPad Pro、iPad Air、iPad miniは広色域ディスプレイ(P3)、に対応しているので写真もより色鮮やかに表示できます。

P3・sRGB 色の比較
P3・sRGB 色の比較

iPad(第10世代)と(第9世代)はsRGBなので正確性が求められる写真編集には向いていません。

また、12.9インチはミニLEDバックライトを搭載しHDR対応のコンテンツをより明るく色鮮やかな表示も可能でリファンレスモードで正確な色再現と安定した画質を得ることもできます。

ミニLEDバックライト
12.9インチはHDRコンテンツに強い

HDRコンテンツは本当に部分的に色鮮やかな表示になるので「これがミニLEDか…」ってなります。プロの現場で使うなら同じ「Pro」でも11インチでも12.9インチの方がいいってことですね。

また、iPad Proha120HzのリフレッシュレートでスクロールできるProMotionテクノロジーを搭載しスムーズに画面を動かせるだけでなくペンの追従性が向上しています。

より本格的にイラストを描くならiPad Proの方がペンの走りが滑らかなので細かい作業にも適していますが、ノートを取ったり、メモに使うならiPad Air、iPad、iPad miniでも問題ありません。

画面ロック解除方法

iPad ProはFace ID(顔認証)による画面ロック解除、Apple Pay決済に対応しています。

Face ID(顔認証)
Face ID

360°どの角度からでも顔を認識してくれるのでiPadの方向を気にせずに使えるメリットがあります。ただし、マスク対応してないのが残念なところ。

iPad Pro以外のモデルは指紋認証のTouch IDに対応しています。

トップボタンTouch ID
トップボタンTouch ID
ホームボタンTouch ID
ホームボタンTouch ID

iPad Air、iPad mini、iPad(第10世代)はトップボタン式Touch ID(指紋)に対応し、iPad(第9世代)はホームボタン内蔵Touch IDとなっています。

マスクしながらiPadを使うことが多いならTouch IDモデルがいいですし、キーボードで作業することが多いならFace IDモデルだとキーを叩いただけで画面ロック解除してくれるのでスムーズに使い出すことができます。

使用シーンによってFace IDにするか、Touch IDにするか決めるのがいいかもしれません。

処理性能(SoCの違い)

iPadが採用しているSoC(システムオンチップ)はいずれもAppleが独自開発のAppleシリコンで、iPad ProとiPad AirはMacと同じ「Mチップ」、iPad miniとiPadはiPhoneと同じ「Aチップ」となっています。

iPadシリーズのSoC比較
SoCのスペック
モデル iPad Pro iPad Air 5 iPad 10 iPad 9 iPad mini 6
SoC M2 M1 A14 A13 A15
CPU 8コア 4コア
GPU 10コア 8コア 4コア
NE/秒 15.8兆回 11兆回 6兆回 15.8兆回
RAM 8 / 16GB 8GB 4GB 3GB 4GB
プロセス 5nm 7nm+ 5nm
トランジスタ数 200億個 160億個 118億個 85億個 150億個

どのSoCも性能が高いのでどれを選んでもストレスないですが、M2、M1モデルは高性能で動画編集を快適なだけでなく、ステージマネージャを使ってゲームをしながら他のアプリを動かしてもまだまだ余裕あります。

ベンチマークアプリのAntutuでSoCの性能を比較しました。数値が大きいほど性能が高くなっています。

SoC 性能比較
モデル iPad Pro iPad Air 5 iPad 10 iPad mini6 iPad 9
SoC M2 M1 A14 A15 A13
トータル 1297759 1044959 693804 777829 636673
CPU 294846 266094 194952 203704 165228
GPU 697298 535889 274156 335853 262124
MEM 138711 100929 91394 103090 86365
UX 166904 142047 13302 135182 122956

最も低価格なiPad(第9世代)と高価なiPad Proだとトータル性能が2倍も異なっていて、M2とM1を搭載しているiPadの性能は突出しています。

正直なところ普通にタブレットとしてならA13 BionicのiPad(第9世代)で問題ないです。ただ、快適に作業したりゲームをプレイするならM1のiPad Air(第5世代)やM2のiPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチがおすすめです。

ストレージ容量の違い

iPadのストレージ容量は64GBか256GBを選ぶことができますが、iPad Proは128GB、256GB、512GB、1TB、2TBの5つあります。

ストレージ容量比較
モデル iPad Pro iPad Air 5 iPad 10 iPad 9 iPad mini 6
64GB
128GB
256GB
512GB
1TB
2TB

動画視聴したり電子書籍を読む、ブラウジング、SNS、ちょっとしたゲームするなら64GBで足りますが、原神など重めのゲームや動画編集するってなると128GB以上あった方がいいです。

むしろ動画編集は128GBでも足りないので256GBがあるiPad Pro、iPad Airがいいでしょう。iPad(第10世代)もいいですが、USB-Cの速度が遅いので動画データの移動が大変です。

カメラのスペックと画質の違い

iPadはタブレットですがリアカメラはそこそこのスペックのものを搭載し、iPad Proは広角と超広角のデュアルカメラ仕様、さらに被写体の距離を計測可能なLiDARスキャナも搭載しています。

iPad リアカメラ比較
リアカメラ
カメラの比較
モデル iPad Pro iPad Air 5 iPad 10 iPad mini 6 iPad 9
広角 12MP・ƒ/1.8 8MP・ƒ/2.4
超広角 12MP・ƒ/2.4
イン 12MP超広角、センターフレーム対応
高画質技術 スマートHDR4 スマートHDR3 自動HDR
動画撮影 4K 60fps、4K HDR 30fps 1080p 30fps
ProRes 4K 30fps(128GBモデルは1080p 30fps)

タブレットなのでカメラの画質は重要視されないですが、iPad(第9世代)以外のモデルは1200万画素のイメージセンサーのカメラを搭載しているのでそこそこキレイな写真を撮影可能です。

iPad リアカメラ画質比較(ぬいぐるみ)

800万画素のiPad(第9世代)でも明るいところなら普通にキレイな写真を撮影できますが、暗いところになると差が出てきます。

iPad リアカメラ画質比較(暗所)

たまに旅行先でiPadのカメラを使って撮影してる方々を見かけたりしますが、iPhoneほどキレイでないにしても普通に使えるカメラを搭載してるのは有り難いですし、書類のスキャンもよりキレイに撮影できます。

iPad Proは超広角カメラを搭載しているので視野の広い写真も撮影できます。

iPad Pro 広角カメラ
広角カメラ
iPad Pro 超広角カメラ
超広角カメラ

超広角カメラはなかなか使う機会は少ないので、必要ないならiPad Air、iPad(第10世代)で十分ですが、iPad ProはLiDARスキャナを搭載しているのでARアプリで周辺をスキャンして3Dオブジェクトを制作したり特殊な使い方が可能です。

内蔵スピーカーの違い

iPadはどのモデルもステレオスピーカーを搭載していますが、iPad(第9世代)だけが縦持ち対応で、iPad Air 5iPad 10iPad mini 6は横持ち対応です。

iPadシリーズ スピーカーの位置

iPad Pro 11インチ、12.9インチはフレキシブルに縦持ち、横持ちで方向を切り替えてくれるので縦持ち、横持ちどちらでもステレオで音楽を楽しむことができます。

ステージマネジャ対応機種

iPadOS 16.1から使えるステージマネージャはM2、M1、A12Z Bionic、A12X Bionicを搭載しているiPad Pro、iPad Air(第5世代)が使える機能となっています。

ステージマネージャ
ステージマネージャ
ステーージマネージャ対応機種
  • iPad Pro 12.9インチ(第3〜6世代)
  • iPad Pro 11インチ(第1〜4世代)
  • iPad Air(第5世代)

ステージマネージャはウィンドウと常駐アプリを各4つまで表示させることができて、左手でアプリの切り替えをサクッとしたりウィンドウの操作ができる画期的な機能です。

ステージマネージャでゲーム
縦持ちならゲームもしやすい

横向きだけでなく縦向きに対応しアプリを上下に分割して使うこともできるので、今まで横持ちでしたできなかったゲームも縦持ちでコンパクトにプレイすることができます。

外部モニター拡張モード対応機種

iPadはUSB-Cポートを搭載したモデルは外付けモニターに画面出力か可能です。

iPadと外部モニター
外部モニターと接続

ただ、基本的にミラーリング表示(iPadと同じ画面が表示されるだけ)なので使用シーンは限定的ですが、M2とM1のiPadは拡張モードによってStudio DisplayなどにiPadとは別の画面を表示して作業ができます。

ステーージマネージャ対応機種
  • iPad Pro 12.9インチ(第5・6世代)
  • iPad Pro 11インチ(第3・4世代)

拡張モードは現在はまだ使えないですが年内のアップデートで追加される機能となっていて、外部モニターを活用したいならM2、M1を搭載しているiPadを選ぶのがおすすめです。

おすすめのiPadはコレ

iPad Pro 12.9インチ:大画面・性能重視

iPad Pro 12.9インチは最も画面サイズの大きいモデルでスペックもM2で最強でミニLEDバックライトによってHDRコンテンツがめちゃくちゃキレイなので制作だけでなくコンテンツ消費にもおすすめの端末です。

iPad Pro 12.9インチ
iPad Pro 12.9インチ
iPad Pro 12.9インチがおすすめな人は
  • 大画面でマルチタスク作業したい
  • イラストをガチで描く絵描き師さん
  • 4Kの動画を大画面で編集したい
  • 外付けモニター拡張モードで作業したい
  • 120Hzで快適にアプリを操作したい
  • HDRコンテンツの視聴が多い

Apple Pencilポイントにも対応しているのでイラストやデザインを絵描き師さんは12.9インチはおすすめです。

それだけでなくて画面サイズが大きいのでステージマネージャを使ってのマルチタスク作業にも適していて、ウィンドウサイズを調整して効率良くアプリの切り替えやデータの入れ替えができます。

Magic Keyboardもフルサイズキーボードで快適に文章入力もできて、ブログを書いたり資料を作成するのにも12.9インチは使えるので、ちょっとしたパソコンの代わりとしても十分使える性能を持っています。

ただし、本体サイズがiPadの割に大きめで持ち運びには適していません。端末価格も高めなのでただ単純にタブレット端末が欲しいからといって選ぶようなモデルではないでしょう。

イラストを描くことを目的としていたり、ブログの更新、資料作成、動画編集、3Dモデリングなどプロの仕事マシンとして選ぶのがおすすめです。

iPad Pro 11インチ:性能を重視

iPad Pro 11インチはちょうど使いやすい画面サイズで高性能なM2チップを搭載したプロモデルです。

iPad Pro 11インチ
iPad Pro 11インチ
iPad Pro 11インチがおすすめな人は
  • 丁度いいサイズで高性能iPadが欲しい
  • タブレットとしても作業マシンとしても使いたい
  • ゲームを快適にプレイしたい
  • イラストをガチで描く絵描き師さん
  • 4K動画の編集を快適にしたい
  • 外付けモニター拡張モードで作業したい
  • 120Hzで快適にアプリを操作したい

iPad Pro 11インチもApple Pencilポイントに対応しているので液タブの代わりとして選ぶのもおすすめです。

120Hzのリフレッシュレート対応でiPad Airよりも操作体験は高いですし画面もキレイでゲームをガチでプレイするのにも適しています。とくに縦持ちでゲームを快適に遊ぶと丁度良いサイズ感なんですよね。

縦持ちでゲームが丁度良い
縦持ちでゲームが丁度良い

また、キーボードを繋げて作業、イラストを描くにしても丁度いいサイズで使える端末となっていますよ。

性能もM2チップを搭載しているので動画編集や3Dモデリング、デザイン作業といった負荷のかかる作業も軽々とこなせますし、外部モニター拡張モードで画面の小ささをカバーできます。

外部モニターと組み合わせをするなら12.9インチよりも11インチの方がバランスはいいです。自宅や職場でモニターで作業して外でも11インチサイズなら難なく持ち出しも可能です。

iPad Pro 11インチのデメリットは少なくハイエンドなiPadとしてはバランスが取れています。少し価格は高めですが120Hzのリフレッシュレートにも対応しワンランク上のタブレット体験が可能です。

iPad Air(第5世代):バランス重視

iPad Air(第5世代)はiPad Pro 11インチとほぼ同じ10.9インチの画面サイズに高性能なM1チップを搭載したモデルで価格と性能のバランスの取れたiPadです。

iPad Air(第5世代)
iPad Air(第5世代)
iPad Pro 11インチがおすすめな人は
  • iPad(第10世代)より快適に
  • タブレットとして普通に使いたい
  • ノートやメモ帳代わりに使いたい
  • ブログ更新や資料作成をしたい
  • ゲームを快適にプレイしたい
  • 常にマスクしてることが多い

性能はM2には敵わないもののM1でもかなり高性能ですしステージマネージャもしっかり使えるプロ譲りの性能を持っていてゲームも快適にプレイできるので多くの方におすすめできるiPadです。

生体認証に Touch ID(指紋)に対応しているのでマスクしながらも使えるメリットがあるので、外で使うことが多いならiPad Airはおすすめです。

Apple Pencil(第2世代)にも対応しているので、どこでも気軽にノート、メモを取ることができて実用性の高いモデルとなってます。

ただし、120Hzのリフレッシュレートに対応してないので操作の快適性はProには敵いませんし、ストレージ容量も64GBと少なく最大で256GBまでなので4Kの動画編集をするにはスペック不足です。

あくまでタブレットとして使いつつブログの更新、資料作成、お絵描きをする端末として使うならバランスが取れたモデルになっているかと思います。

iPad Air(第5世代)はこちら

iPad mini(第6世代):モバイル性能重視

iPad mini(第6世代)は8.3インチのディスプレイを搭載した片手で持って使えるコンパクトなタブレット端末となっています。

iPad mini(第6世代)
iPad mini(第6世代)
iPad mini 6がおすすめな人は
  • 小型でコンパクトなiPadが欲しい
  • どこでも動画視聴、電子書籍を見たい
  • iPhoneの代わりとして使いたい
  • ノートやメモ帳代わりに使いたい
  • ゲームを快適にプレイしたい
  • 常にマスクしてることが多い

片手で持って使える唯一のiPadとなっているのでiPhoneのように持ち運んでどこでも情報収集したり、電子書籍を読んだり、動画視聴をしたいならiPad mini(第6世代)は最高の端末となります。

SoCもA15 Bionicを搭載し高性能なのでコンパクトなのに動画編集も難なくこなえるスペックを持ってますし意外とiPadの動画編集も感覚的にできるのでサクッと動画編集するならおすすめですよ。

また、ノートよりも小さいサイズなのでメモ帳代わりとして持ち歩くのもおすすめで気づいたときに記録する用のタブレットとして活躍できるのではないでしょうか。

デメリットは基本的にiPad Airと同じで画面サイズの小さい「Air」と認識していただければ分かりやすいです。自宅、職場、外出先でもどこでもサクッとiPadを使いたいならiPad mini(第6世代)は良い選択肢となります。

iPad mini(第6世代)レビュー

iPad(第10世代):初めてのiPadに

iPad(第10世代)は価格の安いiPadでホームボタンを廃止してiPad Airと同じデザインを採用した最新モデルとなっています。

iPad(第10世代)
iPad(第10世代)

初めてのiPadとしてiPad(第9世代)を選んでも良いですが予算が許すならiPad(第10世代)の方がコンパクトで画面サイズが大きいのでおすすめです。

iPad(第10世代)がおすすめな人は
  • 初めてのiPadにおすすめ
  • 旧型のiPadからの乗り換えをしたい
  • タブレットとして普通に使いたい
  • ノートやメモ帳代わりに使いたい
  • 常にマスクしてることが多い

iPadを使ったことない初めてのiPadにiPad(第10世代)はおすすめで、タブレットとして普通に使うだけでなくApple Pencilを使ってノート、メモを取れるので学生さんが使うのにも良いでしょう。

A14 Bionicは十分使える性能を持っていますしゲームも普通に楽しむことができますし動画編集もLuma Fusionをしっかり動かすことができます。

ただし、iPad Air(第5世代)よりもディスプレイ品質が劣るのと本体の厚みが少し厚めです。また、Apple Pencil(第1世代)に対応しペアリングするには変換アダプタが必須で少し使いにくいです。

とはいえ、68,800円とiPad Airよりも25,000円安いので旧型iPad(第7世代)iPad(第8世代)からの乗り換え先としてアリです。

Apple Pencilも変換アダプタの購入だけで使えます。(ただし、Smart Keyboardキーボードの互換性はないです。)

iPad(第9世代):低価格重視

iPad(第9世代)はホームボタンを搭載した最後のiPadでiPad(第10世代)発売後も継続販売されている最も安く買えるので、とにかく費用を抑えたい方におすすめのモデルです。

iPad(第9世代)
iPad(第9世代)
iPad(第9世代)がおすすめな人は
  • とにかくiPadを安く買いたい
  • タブレットとして普通に使いたい
  • ノートやメモ帳代わりに使いたい
  • 常にマスクしてることが多い

iPad(第9世代)は3年前のA13 Bionicを採用するなどスペックが抑えられていますが、動作が遅くて使えないことはないですし出来ることはiPad(第10世代)と同じですし、Apple Pencil(第1世代)を変換アダプタなしで使えるメリットもあります。

iPad(第7世代)など旧型からの乗り換えもSmart Keyboardもそのまま使えるのでとにかく費用を抑えたいならおすすめのモデルとなっています。

また、ホームボタンを搭載して馴染みがあるスタイルのもメリットですよね。

iPad 整備済製品もおすすめ

現行のiPadは円安の影響を受けてなかなか高価な端末になってしまったので、型落ちでいいならiPad 整備済製品を選ぶのもアリです。

Appleに返品された端末をAppleがしっかり整備してバッテリーと外装が新しく交換されているので中古とはいえ信頼感の高い製品となっています。Appleの1年保証もあるのでほぼ新品です。

型落ちモデルが安く販売されることが多いですが、少しでも費用を抑えるならかなりアリな選択肢となります。

iPad Pro 整備済製品について

iPad選びでよくある質問

iPadとMac、どっちがいいですか?

使い方次第です。動画視聴、電子書籍を見ることが多かったりイラストを描くことが多いならiPadの方が直感的に使えます。

パソコンの代わりに使えますか?

キーボードを接続してOfficeアプリをインストールすることでデータの集計や資料作成ができます。ただし、WindowsやMacとは使えるアプリや機能が異なるので同じように使えないので完全置き換えは難しいです。

iPadセルラーモデルで電話はできますか?

電話アプリがないのでできませんが、FaceTime同士の通話やiPhoneを経由して通話は可能です。

セルラーモデルでおすすめの通信会社は?

データ通信SIMであればOKなのでOCNモバイルONE、IIJmioが安くておすすめです。

iPadは防水対応ですか?

残念ながら防水仕様ではないので水回りの使用は気をつけましょう。

iPadの世代がわかりません。

「設定」アプリの「一般」に「機種名」にiPadの型式と世代が表示されています。

iPad どこで安く買う?

iPad Pro 11インチ、12.9インチの比較はこちら

iPad Air、iPad Proの比較はこちら