iPadの選び方。どのモデルがオススメか徹底比較?

iPadは様々なサイズのモデルがあり「どのiPadを選んだらいいかわからない!」と迷ってしまいますよね。しかし、iPadは使う目的がしっかりと明確になっていれば簡単にどのiPadが自分に最適なのかを見極めることができます。

この記事では、最新iPadの中からどれを買うべきか、おすすめなのか本体サイズ、スペック、性能、価格を徹底比較しています。

iPadの最新モデルはラインナップが本当に多いので、iPadを購入しようと検討している方は参考にしてください。

なお、iPad Pro 12.9インチ・11インチ、iPad Air 3(10.5インチ)、iPad (第7世代・10.2インチ)、iPad mini(第5世代)の5機種で比較をしています。

iPad 10.2インチ(第7世代)はiPad(第6世代)の後継機種で、9.7インチ → 10.2インチと画面サイズが大きくなってスマートキーボードが使えるようになったスタンダードモデルとなっています。

iPad 最新モデルの違いを比較!おすすめは?

最新のiPadシリーズはハイエンドモデルのiPad Pro(11インチ・12.9インチ)、スタンダードモデルのiPad Air 3(10.5インチ)、エントリーモデルの10.2インチのiPad(第7世代)、小型モデルの7.9インチのiPad mini(第5世代)の3モデル全4種類あります。

iPad Pro・iPad Air・iPad・iPad miniの画面サイズ比較
iPad Pro・iPad Air・iPad・iPad miniの画面サイズ比較

どんな基準でiPadを選ぶべきか、使用用途に合わせてどの機種がおすすめかまとめました。

このiPadがおすすめ(シチュエーション別)
モデルこんな使用用途におすすめ
iPad Pro 12.9インチ・家や職場で使うことが多い
・大画面でイラストを描きたい
・PCの代わりとして使いたい
・動画を迫力の画面で観たい
・内蔵スピーカーで音楽を聴きたい
・Face IDを使いたい
iPad Pro 11インチ・持ち運んで使うことが多い
・タブレットとしてもPCとして使いたい
・内蔵スピーカーで音楽を聴きたい
・Face IDを使いたい
iPad Air 10.5インチ・最新機能は必要ない
・安くApple PencilとSmart Keyboardを使いたい
・持ち運ぶことが多い
・タブレットとしてもPCとしても使いたい
iPad 10.2インチ(第7世代)・購入価格を抑えたい
・安くApple PencilとSmart Keyboardを使いたい
・単純にタブレットとして使いたい
iPad mini(第5世代)・どこにでもiPadを持って出かけたい
・Apple Pencilとの組み合わせでメモ帳として使いたい
・小さいカバンの中に入れて持ち運びたい

タブレットとしての機能を使いたいならiPad(第7世代)があれば十分です。Apple Pencilも使えるので手書きでノートやメモを取ることもできるでしょう。

ただ、さらに快適に作業したいなら高性能プロセッサと大容量メインメモリを搭載し画面がキレイで見やすくなっているiPad Air 3、画面が滑らかに動作するiPad Proを選ぶのがおすすめです。

では、iPad Pro 12.9、iPad Pro 11、iPad Air 10.5、iPad(第7世代)、iPad mini(第5世代)の違いについて詳しく比較していきましょう。

画面と本体サイズの違いを比較

どのiPadを選ぶかは基本的に画面サイズで決めることができるので、最新のiPadの画面サイズ、解像度、本体サイズ、重量を比較してみましょう。参考までに一部、旧型のiPad(第6世代)のスペックも掲載しています。

iPadシリーズの画面サイズの違い
モデルiPad ProiPad AiriPad(第7世代)iPad(第6世代)iPad mini 5
ディスプレイ12.91110.510.29.77.9
解像度2,732 x 2,0482,388 x 1,6682,224 x 1,6682,160 x 1,6202,048 x 1,536
縦サイズ280.6mm247.6mm250.6m240.0mm203.2mm
横サイズ214.9mm178.5mm174.1mm169.5mm134.8mm
厚み5.9mm6.1mm7.5mm6.1mm
重量(Wi-Fiモデル)633 g468 g456 g483 g469 g298.8 g

最新のiPadは同じ画面サイズで異なったスペック・性能のモデルがないので画面サイズや本体サイズで選びやすいラインナップになっています。

画面サイズの違いを並べて比較すると分かりやすいでしょう。

iPad Pro・iPad Air・iPad・iPad miniの画面サイズ比較
iPad Pro・iPad Air・iPad・iPad miniの画面サイズ比較

iPad Proは12.9インチ、11インチの2モデル、iPad Airは10.5インチ、iPadは10.2インチ、iPad miniは7.9インチと全部で5つの画面サイズが存在しています。

なお、iPad(第6世代)は9.7インチサイズとなっていて販売は終了していますが、現在はiPad(第6世代)の整備済み製品で購入は可能です。

12.9インチはクリエイティブに適したサイズ

iPad Pro 12.9インチ
iPad Pro 12.9インチ

iPad Pro 12.9インチはとにかく画面が大きいのでイラストをApple Pencilで描くことや写真の編集・現像作業をしたりするのに向いています。

周辺機器のスマートキーボードフォリオを使えばiPadをパソコンとして使うこともできるので、イラストを描く、表計算、文章作成などの作業がメインならiPad Pro 12.9インチ(第3世代)はおすすめです。

特に最新OSのiPadOS 13はiPadのMac化が実現するバージョンとなっているので、今までMac/PCでしかできなかった作業もiPadでこなすことができるようになってます。

11インチは大きさ・使いやすさ・バランス感覚のあるサイズ

iPad Pro 11インチ
iPad Pro 11インチ

iPad Pro 11インチは2018年11月にはじめて追加された新サイズとなりますが、ベゼルレスデザインを採用することで10.5インチモデルよりも本体が小さいのに画面が大きくなったという革新的なモデルです。

実は11インチモデルはiPadで初めて4:3ではなく4.3:3という少し横長の画面比率になったモデルでもあります。

iPad Proの画面比率の違い
左:iPad Pro 12.9、右:iPad Pro 11

12.9インチよりも11インチの方が2画面にした時にワイドな画面になっているんですよね。

つまり、横画面モードでSplit Viewを使った時に広く画面を使うことができるのです。画面の大きさとモバイル性能を持ち合わせバランス感覚に優れたサイズがiPad Pro 11インチと言っていいでしょう。

iPad Pro 11インチという画面の大きさと横解像度はiPad Air 10.5インチと同じですが、縦の解像度が少しだけ広くなっています。

11インチと10.5インチの画面サイズ差

iPad Pro 11インチとiPad Air 10.5インチの画面サイズを比較してみました。

iPad 11インチと10.5インチのサイズ差を比較
左:iPad Pro 11、右:iPad Air/Pro 10.5

iPad Pro 11インチはホームボタンがないので画面が広くなっており、11インチは横ベゼルの幅が10.5インチよりも太く指が被りにくくなっています。

なので、タブレットしての使いやすさは10.5インチよりも11インチの方が向上しているんですよね。意外にもiPad Air(10.5インチ)は指が画面に被ってしまうのでタブレットとしてはちょっと使いずらい。そんな違いがあります。

10.5インチと10.2インチの画面サイズ差

iPad Air 10.5インチとiPad 10.2インチ(第7世代)の画面サイズを比較してみました。

iPad AirとiPad(第7世代)の画面サイズ比較
iPad AirとiPad(第7世代)の画面サイズ比較

本体サイズは同じですが、画面サイズが微妙に違っていてiPad Airの方が大きく表示領域が少しだけ多くなっています。この画面サイズの違いはなんなんだろう…って思うのですがiPad AirとiPad(第7世代)の差別化のため何でしょうね。

本体の厚みもiPad Airは6.1mmなのに対してiPad(第7世代)は7.5mmと分厚区なっています。

iPad AirとiPadの本体厚み
iPad AirとiPadの本体厚み

実際に使ってみた感じは画面サイズの差はほとんど感じません。それよりもiPad(第7世代)は筐体がiPad Airよりも分厚いのでタブレットとして使うときに少し重いな…と感じてしまいますね。

10.5インチと9.7インチの画面サイズ差

10.5インチのiPad Air 3と9.7インチのiPad(第6世代)は画面サイズが少し異なっており、普通にタブレットとして使うならベゼルが狭くないiPad(第6世代)が持ちやすく使い勝手は良いです。

iPad Pro/Air 10.5とiPad 9.7のサイズ差を比較
左:iPad Air 10.5、右:iPad(第6世代)

横画面(ランドスケープ)モードにしてキーボードでガッツリ作業をするならiPad Air 10.5の方が作業領域が広くて作業はしやすいです。

ちなみに、マイクロソフトのOffice Mobileは10.1インチ以下のタブレットは無料で使えるのでiPad(第6世代)ならOffice Mobileを無料で使えるメリットがあります。(ただし、フル機能を使うには課金が必要。)

どうしてもiPad(第6世代)が欲しいという方は整備済み製品やAmazonで購入することができます。

7.9インチはモバイルに特化

iPad mini(第5世代)7.9インチのディスプレイを搭載したモデルで片手で持つことができるコンパクトなiPadです。

iPhoneが大画面化しているのでiPad miniの存在意義が薄れてきてはいますが、基本的にiPadのアプリを動かせるので作業することに特化すればまだまだiPad miniのメリットはあるでしょう。

iPad miniとiPadのサイズ差の比較
左:iPad mini 5、右:iPad(第6世代)

7.9インチのiPad miniはこのサイズ感なので、小さめのカバンの中にも放り込んで持ち歩けるのは旅行先などではかなり便利ですよね。

片手で持つことができるので旅行で片手でiPadで散策することもできるのではないでしょうか。

iPad mini(第5世代)のサイズ感
iPad mini(第5世代)は片手で持てるサイズ感

2019年3月末に発売したiPad mini 5はスタイルを維持してCPUプロセッサの刷新したマイナーアップデートですが、待ちに待った新型モデルということで乗り換えている方も数多くいるのかなぁと思います。

画面サイズでiPadを選ぶならおすすめはこちらです。

画面サイズでiPadを選ぶなら
自宅や職場でがっつり作業するiPad Pro 12.9インチ
持ち運びして外でも快適に作業するiPad Pro 11インチ
持ち運びして外でも作業するiPad Air 3、iPad 10.2(第7世代)
タブレットとして使うことが多いiPad Air 3、iPad 10.2(第7世代)
小さなバッグの中に入れて持ち運びたいiPad mini 5

iPad AirとiPad 10.2(第7世代)の違いが画面サイズだけではどっちがいいか選びにくいのですが、以下で紹介するディスプレイの品質、価格が全然違うので快適に使いたいならiPad Air、購入費用を抑えたいならiPad 10.2(第7世代)を選ぶことになるでしょう。

ディスプレイの品質の違いを比較

iPad Pro、iPad Air、iPad(第7世代)、iPad mini 5ではディスプレイ品質がそれぞれ違います。

iPad Proは広色域ディスプレイ(P3)、True Toneテクノロジー、120HzのリフレッシュレートでスクロールできるProMotionテクノロジーが搭載されている(iPad Air 10.5は非搭載)のでワンランク上の綺麗な画面表示をできますが、iPad(第6世代)は非搭載となっています。

ディスプレイの仕様の違い
モデルiPad ProiPad AiriPad mini 5iPad(第7世代)iPad(第6世代)
ディスプレイ12.91110.57.910.29.7
仕様耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、 広色域ディスプレイ(P3)、True Tone
リフレッシュレート120Hz(ProMotionテクノロジー)リフレッシュレート60Hz

フルラミネーションディスプレイと反射防止コーティングが施されているiPad ProとiPad mini 5は保護ガラスと液晶画面の隙間が非常に狭く、反射の少ないディスプレイになっているのも特徴の一つです。

iPad Proの方が光の反射が少なく黒が引き締まったディスプレイとなっています。

フルラミネーションディスプレイと普通のディスプレイ
左:iPad Pro/Air、右:iPad

夜間に使うことが多いなら光の反射は気にしなくてもいいです。

ただ、昼間や外でiPadを使うことが多いならフルラミネーションディスプレイと反射防止コーティングが施されているiPad Pro、iPad Air 10.5、iPad mini 5を選ぶことをおすすめします。

画面スペックでiPadを選ぶなら
写真の現像編集をしたり外で使うことが多いiPad Pro、iPad Air 10.5、iPad mini 5(ただし画面が小さい)
特に気にしないiPad(第7世代)、iPad(第6世代)

なお、フルラミネーションディスプレイと反射防止コーティングは旧世代のiPad Pro 9.7インチやiPad Air 2も対応しているので、整備済製品を狙ってみるのもいいでしょう。

Face IDとTouch IDの違い

2018年11月に発売したiPad Pro 12.9インチ(第3世代)とiPad Pro 11インチはホームボタンがなくったベゼルレスデザインで、Touch ID(指紋認証)ではなくFace ID(顔認証)で画面ロック解除やApple Payの支払い決済をするスタイルに刷新されています。

iPad Pro 12.9インチ、11インチ、10.5インチの3機種
左からiPad Pro 12.9インチ、11インチ、10.5インチ
生体認証の違い
  • Face ID(顔認証):iPad Pro 11インチ、12.9インチ(第3世代)
  • Touch ID(指紋認証):iPad Air 3、iPad(第6世代)、iPad mini 5

ホームボタンがなくなったことで無駄なスペースがなくなり画面が大きくなったのに本体サイズの小型化に成功しています。

できることはどのモデルも同じですが、ベゼルレススタイルのiPad Pro(2018)は画面サイズを維持、大型化しつつ本体サイズの小さくしているのでモバイル性能が高くなっているのは間違いないでしょう。

本体にホームボタンを搭載しているiPad Air 3、iPad(第6世代)iPad mini(第5世代)は指の指紋を使って画面のロック解除をします。

iPadの指紋認証(Touch ID)による画面ロック解除
iPadの指紋認証(Touch ID)による画面ロック解除

Touch IDはマスクをしていても使えるメリットはありますが、Smart Keyboardなどキーボードを使う時も指を指紋センサーに触れなければ画面ロック解除をすることができません。

Face IDを搭載しているiPad Proは顔認証により画面のロック解除をします。

iPad Proの顔認証(Face ID)による画面ロック解除
iPad Proの顔認証(Face ID)による画面ロック解除

ジェスチャー操作だけで画面をロック解除できるので、非常にスムーズに使うことができます。

また、Smart Keyboard Folioなどの外部キーボードを使えばエンターキーを押すだけで顔認証でロック解除できるのでとっても使いやすいんですよね。ただし、Face IDを搭載しているiOSデバイスはマスクをしていると顔認証ができないので注意です。

ストレージ容量と価格の違い

iPad最新モデルはストレージ容量によって端末価格が異なります。Wi-Fiモデルの端末価格を比較していました。

iPadシリーズ(Wi-Fi)の価格
Wi-FiモデルiPad ProiPad AiriPad(第7世代)iPad(第6世代)iPad mini(第5世代)
サイズ12.91110.510.29.77.9
32GB34,800円
64GB111,800円89,800円54,800円45,800円
128GB44,800円34,800円(整備済製品)
256GB128,800円106,800円71,800円62,800円
512GB150,800円128,800円
1TB194,800円172,800円

iPad ProとiPad Airの64GBモデルと256GBモデルの価格差は17,000円とかなり高いので本当に256GBものストレージ容量が必要なのかをしっかりと見極める必要があります。

個人的にはiPad Proのストレージ容量は64GBもあれば十分かなと思っています。もし容量が足りなくなってきたらiCloudの有料プラン(50GBで130円/月)を組み合わせればいいでしょう。

iPad(第7世代)の32GBと128GBは10,000円の価格差なのでiPad Pro/Airと比べるとリーズナブルです。32GBのストレージだと将来的に容量不足の可能性もあるので可能なら128GBモデルを選ぶのがおすすめです。

写真と動画を保存するのにこれくらいの容量が必要となります。

写真・動画の保存データ量
  • 写真1枚あたり:2MB
  • 写真1,000枚あたり:2GB
  • 動画(1080p/60fps)1分間:90MB
  • 動画(4K/60fps)1分間:400MB

iPadで写真を1,000枚撮影しても2GBしか容量を使いません。フルHDの動画を10分ほど撮影したとしても1GBの容量があれば大丈夫です。なので、iPadで写真や動画の撮影をしないのなら各モデルの最低容量を選んでも問題はないでしょう。

すでにiPhoneを持っているなら最低容量のストレージがあれば十分です。実際に僕が使っているiPad Pro 10.5は256GBモデルですが256GB中16.3GBしか使っていません…。

iPad Pro ストレージ容量

宝の持ち腐れってやつです。iPhoneで写真や動画をバシバシ撮影していますが、iCloudフォトライブラリを使っているので容量を圧縮した状態で同期されているので、iPad側のストレージ容量はほとんど使っていない状態なんですよね。

完全に64GBモデルで必要十分だったパターンですが、iCloudフォトライブラリについてはこちらの記事を参考にどうぞ!

Wi-Fiモデルとセルラーモデル

iPadシリーズは「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi + セルラーモデル」のどちらから選ぶことができます。セルラーモデルはアンテナラインが筐体に追加されているので見た目でどちらのモデルなのか判別することができます。

iPad Pro Wi-Fiモデルとセルラーモデル
iPad Pro Wi-Fiモデルとセルラーモデル

iPad各モデルのWi-Fiモデルとセルラーモデルの価格差は以下のとおりです。

Wi-Fiモデルとセルラーモデルの価格差
  • iPad Pro 11/12.9:17,000円
  • iPad Air 10.5:15,000円
  • iPad(第7世代):15,000円
  • iPad mini(第5世代):15,000円

意外とセルラーモデルって高いんですよね。なので、少しでも安くiPadを手に入れたいならWi-Fiモデルを選ぶことになります。

ただ、15,000円〜17,000円のお金を多く支払ってセルラーモデルを購入することでSIMカードを入れてモバイル通信回線でインターネットができるようになるので携帯の電波が届く場所ならどこでも自由にiPadを使えるようになります。

これはMacBookでは出来ないことなのでせっかくならセルラーモデルを使って欲しい。

SIMフリー版のiPadをApple Storeで購入して格安SIMを使えば月々たった1,000円くらいで快適にiPadを使えるので便利ですよ。ドコモなどキャリアを使っている場合もデータプランがあるので通信料金を比較的抑えることもできます。

とはいえ、自宅や職場でしかiPadを使わないのならWi-Fiモデルを購入すればいいと思います。

iPad Wi-Fiモデル vs セルラーモデル
  • Wi-Fiモデル:Wi-Fi環境下でしか使う予定がない方におすすめ
  • Wi-Fi + セルラーモデル:Wi-Fiのない外で使うことが多い方におすすめ

外でiPadを使うことが多い方はWi-Fi + セルラーモデルを選ぶのがおすすめです。どちらのモデルがいいかはこちらの記事を参考にしていただければ幸いです!

CPUプロセッサ 処理性能の違いを比較

iPadの快適性に大きく左右されるのがCPUプロセッサの性能です。現在販売されているiPadシリーズに搭載されているAプロセッサはAppleが開発した64bitプロセッサで発売時期によって世代が異なります。

Geekbench 4によるCPU性能のスコアは以下のとおり。スコア数値が高い方がiPadの性能が高くてより快適に動作するということになります。

CPU 性能の違い
モデルiPad ProiPad AiriPad mini 5iPad(第7世代)
ディスプレイ12.91110.57.910.2
CPUA12X BionicA10X FusionA12 BionicA10 Fusion
RAM4GB
(SSD 1TBのみ6GB)
4GB3GB3GB
CPU
シングルコアスコア
39033903390947973486
CPU
マルチコアスコア
17928179289356112685897
GPU
Metal
4244342582295512125613425
アプリの快適性超高速速い普通

iPad Pro 12.9インチと11インチのA12X Bionicプロセッサはニューラルエンジンを内蔵し機械学習(Ai)による処理も可能となっており、カメラでスマートHDRで綺麗な写真を撮ることができるようになっています。

動作速度もかなり高速となっていてiPad(第6世代)と比較するとその違いが分かります。

iPad Pro 10.5インチとiPad(第6世代)に採用されているチップは同世代のA10 Fusionプロセッサですが、iPad Proはより高性能化させたA10Xチップを採用しメモリの容量も4GBとマルチタスク作業もなんのそののスペックとなっています。

なお、iPad(第7世代)とiPad(第6世代)は同じA10 Fusionプロセッサなので動作速度はほぼ同じです。ただし、メインメモリが3GBあるのでSplit View・Slide Overなどのマルチタスク機能をフルで使うことが可能となっています。

また、iPad Air 3とiPad mini(第5世代)はiPhone XSと同じA12 Bionicプロセッサを搭載、iPad Proに迫る高速処理ができるようになっています。

となると「iPad(第7/6世代)では性能不足なの?」と聞かれればノーです。十分にサクサク、快適に動作してくれるのでインターネットを見たり、動画を見たり、SNSをするくらいならiPad(第7/6世代)で十分です。

iPadでデザイン作業、動画編集、高度な作業をしたいときはiPad Proの方が快適に動作するのでiPadではなくiPad Pro 11インチ・12.9インチやiPad Air 10.5インチを選ぶのがおすすめです。

性能でiPadを選ぶなら
デザイン、写真現像、動画編集、文章作成などの作業iPad Pro、iPad Air、iPad mini 5(ただし画面が小さい)
インターネット、ゲーム、読書、音楽を聴く、動画をみるiPad(第7世代)、iPad(第6世代)
動画・音楽を綺麗な画面・いい音で楽しみたいiPad Pro 11インチ、12.9インチ(第3世代)
インターネット、読書、SNSをするiPad mini(第5世代)

なお、2015年に発売されたiPad mini 4はずっとモデルチェンジしておらずスペック的に少し厳しくなっていましたが、2019年3月についに後継機種となるiPad mini(第5世代)が発売しました。

内蔵スピーカーの音質の違い

iPadはスピーカーが内蔵していますが、スピーカーの数がモデルによって異なっているので、動画コンテンツをiPadで観ることが多い方は要チェック項目です。

内蔵スピーカーの違い
モデルiPad ProiPad AiriPad(第7/6世代)iPad mini(第5世代)
オーディオ4スピーカー2スピーカー

iPad AirとiPad(第7世代)、iPad mini 5は本体下に2つしかスピーカーが搭載されていないので物足りなさを感じてしまいます。iPad Proは上下に計4つのスピーカーが搭載されています。

iPad Proの4スピーカーオーディオは本体に向きに合わせてステレオ再生ができるように左チャンネルと右チャンネルが自動的に切り替わるので、動画コンテンツを常に臨場感あるサウンドを楽しむことができます。

また、iPad Pro 12.9(第3世代)とiPad Pro 11は2017年モデルと比べて音質が格段に良いのでワイヤレススピーカーなしでも迫力あるサウンドで動画や音楽を楽しむことが可能になっています。

Apple PencilとSmart Keyboard

Apple PencilはiPadで手書きノートを取ったり、イラストを描くことができるペンシルですが、それ以外にもiPadの操作に使うこともできる万能デバイスです。

2017年まではApple PencilとSmart KeyboardはiPad Proだけが使えた特権でした。

しかし、2018年3月にiPad(第6世代)でApple Pencilが使えるようになり、2019年3月にiPad Air 10.5、2019年10月にiPad 10.2インチ(第7世代)もApple PencilとSmart Keyboardが使えるようになりました。

iPad Pro スマートキーボードとApple Pencil
スマートキーボードとApple Pencil

注意をしないといけないのは見た目が全く同じiPad(第5世代)はApple Pencilには対応してないので間違って買わないことでしょうか。

Apple Pencilの違い
モデルiPad ProiPad Air 10.5iPad(第7世代)iPad(第6世代)iPad mini(第5世代)
Apple Pencil
ペンの追従性
Smart Keyboard×

なの、でApple Pencilは使いたいけどSmart Keyboardは必要ない場合はiPad ProではなくiPad(第6世代)を選べば問題ないということになります。

Apple Pencilの性能の違い

Apple PencilはiPad Pro、iPad AirとiPad(第7世代)で性能と書き心地が違います。保護ガラスと液晶ディスプレイの隙間が狭いので本当のペンで文字を書いているような感覚でApple Pencilを使うことができるのです。

フルラミネーションとApple Pencilの画面の隙間
左:iPad Pro/Air/mini5、右:iPad

iPad Pro、iPad Air、iPad mini 5がフルラミネーションディスプレイに対応しているので書き心地はiPad(第6世代)よりも上ですが、iPad ProはProMotionテクノロジーを搭載しているためペンの追従性がさらに良くなっています。

より本格的にイラストを描きたい場合はiPad Proの方がおすすめですが、メモ程度に使いたい場合はiPad(第6世代)やiPad mini(第5世代)でもOKだと思います。

性能でiPadを選ぶなら
本格的なイラスト作業にiPad Pro、iPad Air
簡単なイラストやメモ書きにiPad(第7世代)、iPad(第6世代)、iPad mini(第5世代)

メモ書き程度ならiPad(第7世代)やiPad mini 5で十分すぎますが、本格的にイラストを描くならiPad ProかiPad Airがおすすめです。

iPad Proの方が画面が滑らかなのでより高みを持ちめるならiPad AirよりもProがいいでしょう。

iPad mini(第5世代)はついにApple Pencilに対応をしましたが、片手サイズのiPadなのでサッと取り出してメモ書きするといった使い方ができるのかなと思います。

Apple Pencil 2はワイヤレス充電に対応

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)と11インチはApple Pencil(第2世代)に対応しています。

Apple Pencil(第2世代)はiPad Proのサイド部分に装着できるようになり、ワイヤレス充電にも対応、さらに自動ペアリングに対応しているので今までのように充電ポートに接続する必要がなくなりました。

Apple Pencilのワイヤレス充電
自動ペアリングとワイヤレス充電に対応

Apple Pencil(第2世代)は側面にタッチセンサーを内蔵していてタップすることでスリープ解除、ダブルタップで筆の太さなどを簡単に変更できるようになっています。

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ!

Smart Keyboardの使用有無

Smart Keyboard(スマートキーボード)はiPad ProとiPad Air 10.5、iPad 10.2インチ(第7世代)で使うことができるApple純正のキーボードです。

iPadでキーボード入力は欠かせないという方はスマートキーボードを使えるiPad ProかiPad Airのどちらかを選ぶことになります。

ただし、スマートキーボードを使えないiPad(第6世代)でもBluetoothキーボードを接続してキーボード入力ができるので、スマートキーボードを使うことできるからiPad Proを選ぶというのはナンセンスのようにも思います。

というのも、スマートキーボードは価格が高いからです。

スマートキーボードの価格
  • 12.9インチ用:18,800円
  • 10.5インチ用:17,800円

ワイヤレスキーボードは安い価格で買えるものもあり、自分に合ったキーボードを使えるメリットがあります。なので、スマートキーボードの有無についてはさほど気にする必要はないのかなと思います。

2018年11月に発売されたiPad Pro 2018は背面パネルも傷から守ることができるSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)を使うことができます。

新型のiPad Proにするのならスマートキーボードフォリオは絶対に使った方がいいキーボードです。スマートキーボードフォリオはデザインがスタイリッシュになっただけでなく画面角度の調整をすることができるようになったのです。

iPad Pro Smart Keyboard

従来のスマートキーボードはカバーモードにした時にデコボコしたスタイルになってしまうのでとても格好悪かったですが、新型のスマートキーボードフォリオはフラットに収納することができるので、とってもスマートデザインとなっています。

カメラの性能の違いを比較

iPadにはリアカメラとフロントカメラが搭載されていますが、それぞれのモデルでスペック・画質が異なります。

iPadシリーズのカメラ性能の違い
モデルiPad ProiPad AiriPad(第7/6世代)iPad mini 5
サイズ12.91110.510.2/9.77.9
背面カメラ画素数1200万画素裏面照射型センサー800万画素裏面照射センサー
レンズƒ/1.8
5枚構成のレンズ
ƒ/1.8
6枚構成のレンズ
ƒ/2.4
5枚構成のレンズ
光学式手ぶれ補正××
HDRスマートHDR×
動画4K(60fps)
1080p(120fps)・720p(240fps)スローモーション
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
4K(30fps)
1080p(120fps)・720p(240fps)スローモーション
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
1080pビデオ撮影(60fps
スローモーション(120fps)
ビデオ手ぶれ補正
前面カメラ画素数700万画素裏面照射型センサー120万画素裏面照射センサー
Face ID
レンズƒ/2.2ƒ/2.4
動画1080p HDビデオ撮影720p HDビデオ撮影

iPad Pro 11インチ、iPad Air 3、iPad(第7/6世代)のリアカメラで画質を比較してみました。

iPadのリアカメラの画質を比較
iPadのリアカメラの画質の違いを比較

最新のiPad Pro 2018はA12X BionicプロセッサによりスマートHDRで撮影ができるため白トビしにくく色鮮やかな写真を撮影できるようになっています。

拡大してみました。

iPadのリアカメラの画質を拡大して比較
iPad Air 3とiPadは同じ800万画素でも画質が違う

iPad Air 3とiPad(第7/6世代)は800万画素のイメージセンサーを搭載していますが、センサーが違うのとA12 BionicのニューラルエンジンのおかげでiPad Air 3の方が高精細な写真が撮影できるようにですね。

iPad mini(第5世代)も800万画素のリアカメラですがiPad Air 3と同じようにiPad(第7/6世代)よりも綺麗な写真が撮影できるようになっています。

iPadで写真を撮る機会は少ないのでカメラの画質はあまり気にしなくてもいいですが、iPad Proなら1200万画素の高精細な写真を撮影できます。そのままApple Pencilで画像を加工してブログのアイキャッチに使うこともできます。

iPadはAppleの公式サイトでも比較できるので細かいところも確認したい方はこちらからどうぞ!

最新のiPadはどれがおすすめ?

では、どのiPadを選ぶべきなのかをまとめていきたい思います。

iPad Pro 12.9を選ぶといい人

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)

とにかく大画面で作業をしたい人はiPad Pro 12.9を選ぶべきでしょう。画面が大きいのでイラストを書いたり文章作成も非常に捗ること間違いなしです。

iPad Pro 12.9インチ おすすめポイント
  • Apple Pencilでイラストを快適に描きたい
  • Apple Pencilでイラストを描きたい
  • スマートキーボードで表計算・文章作成をしたい
  • 写真の編集をしたい
  • 大画面で動画コンテンツを楽しみたい
  • 自宅や職場など限られた場所で使う

iPad Pro 12.9インチは2018年11月に第3世代へと進化をしましたが、本体サイズが小さくなってFace IDが搭載されたこと以外は旧型モデルと使い勝手は同じです。

自宅や職場で使うのであれば本体サイズの大きさはそこまで気にする必要はないと思うので旧型からの新型に乗り換えるほどのものではないのかもしれません。

iPad Pro 11を選ぶといい人

iPad Pro 11インチ

2018年11月発売したiPad Pro 11インチは新しい画面サイズのモデルでiPad Pro 10.5よりも本体サイズを小型化しつつ画面を大型化させた革新的なiPad ProでこれからのスタンダードiPad Proとなるでしょう。

iPad Pro 11インチ おすすめポイント
  • Apple Pencilでイラストを快適に描きたい
  • スマートキーボードで表計算・文章作成をしたい
  • 写真の編集をしたい
  • 動画コンテンツも楽しみたい
  • 持ち運びをして出先でも作業したい

iPad Air 3(10.5インチ)を選ぶといい人

iPad Air 3

iPad Air 3は2019年3月にiPad Pro 10.5の廉価版モデルとして発売されました。

非常にバランス感覚の良いデバイスでApple Pencilを使ってイラストを書くこともできますし、9.7インチよりも少しだけ大きい10.5インチのディスプレイを搭載しているのでスマートキーボードを使っての作業も快適にすることができます。

iPad Air3 おすすめポイント
  • Apple Pencilでイラストを描きたい
  • スマートキーボードで表計算・文章作成をしたい
  • 写真の編集をしたい
  • 動画コンテンツも楽しみたい
  • 持ち運びをして出先でも作業したい

iPad 10.2(第7世代)を選ぶといい人

iPad 10.2インチ(第7世代)
iPad 10.2インチ(第7世代)

とにかく安くiPadを手に入れたい人はiPad 10.2インチ(第7世代)がおすすめです。Apple PencilとSmart Keyboardも使えるようになったのでコストパホーマンスは最強です。

iPad(第7世代)おすすめポイント
  • Apple Pencilでメモを取りたい
  • タブレットとして使うことが多い
  • ブラウジング、メールといった軽作業がメイン
  • Smart Keyboardも使えるようになった
  • PCやMacを持っているのでサブ機として
  • 34,800円の低価格で買える

iPad(第6世代)を選ぶといい人

iPad(第6世代)

iPad(第6世代)はApple Storeでの販売は終了したモデルですが、整備済製品やAmazonではまだ購入できるモデルです。

基本スペックはiPad(第7世代)と同じなのでスマートキーボードを使わないのならタブレットとしての使いやすさを極めたiPad(第6世代)がいいのかな。

iPad(第6世代)おすすめポイント
  • Apple Pencilでメモを取りたい
  • タブレットとして使うことが多い
  • ブラウジング、メールといった軽作業がメイン
  • PCやMacを持っているのでサブ機として

iPad mini(第5世代)を選ぶといい人

iPad mini(第5世代)

iPad mini(第5世代)は7.9インチの小型ディスプレイを搭載したモデルでA12 Bionicを搭載してApple Pencilにも対応した最強の片手サイズタブレットとなっています。

iPad mini 5 おすすめポイント
  • どこにでもiPadを持ち運んで使いたい
  • とにかく小さくて軽いiPadが欲しい
  • Kindleアプリなどで読書をしたい

このサイズでApple Pencilが使えるのはかなり大きなメリットとなっており大きめなポケットからiPad miniをパッと取り出してサッとメモを取るという使い方が可能となります。

7.9インチサイズなら片手で持つこともできるのでKindleなどの電子書籍アプリを入れて読書をメインで使うということも可能ですし、電子書籍を読みたいがためにKindleを別途買う必要もなくなります。

iPad整備済製品もおすすめ

なお、定期的にはApple公式サイトで販売をしているiPad整備済製品を買うのもおすすめです。例えば、現行モデルのiPad mini 4(128GB)が45,800円 → 38,900円で買うことができたりします。

まとめ:自分の合ったiPadを選ぼう!

iPadは同じサイズで性能が違うということが基本的にないので、本体と画面の大きさから自分にはどのiPadが適しているのかを考えることで、自ずと選ぶべきiPadを導き出すことができます。

おそらく一番迷うのが、iPad Air 3(10.5インチ)とiPad(10.2インチ・第7世代)だと思います。

画面のサイズ感はほぼ同じなのでApple Pencilを使うことが多いならiPad Air 3、とにかく安くiPadを手に入れたいならiPad(第7世代)になるのかな。

iPad Pro 10.5インチ、iPad Air 3、iPad(第7世代)の違いはこちらの記事で詳しく書いているので参考にどうぞ!

iPad mini(第5世代)のレビューはこちらです!

iPad 10.2インチ(第7世代)のレビューについてはこちらをどうぞ。

旧型のiPad ProとiPadの違いについてはこちらをどうぞ。整備済製品やAmazonなどでまだ購入することができるので、最新のiPadではなく型落ちした旧型を検討している方は参考にしていただけたらと思います。

iPad Pro、iPad Air、iPadの個別レビューはこちらをどうぞ。