iPadとApple Pencil 絵を描くこと以外の便利な使い方

Apple Pencil(アップルペンシル)はiPad Proだけが使えるペンシルでしたが、低価格モデルのiPad(第6世代)とiPad Air 10.5、iPad mini(第5世代)でも使えるようになり、ApplePencilを気軽に使えるでようになりました。

本当のペンのように使えるApple Pencilはイラストを描く人にとっては最高のデバイスですが、絵を描かない人にとってはその魅力は理解できないかも。僕自身も絵が描けないのでApple Pencilで何をしたらいいかわからない…というのが実情でした。

しかし、Apple Pencilはイラストを描く以外にも使用用途はたくさんあるので上手く利用することでiPadをより快適に使えるようになります。

ここではiPadとApple Pencilで絵を描く以外で便利なApple Pencilの使い方をいくつか紹介したいと思います。

Apple Pencil(アップルペンシル)の種類

Apple Pencil(アップルペンシル)はいくつか種類があり、2018年モデルのiPad Pro 11/12.9インチApple Pencil(第2世代)でしか使うことができません。従来のApple Pencil(第1世代)を使うことができないので注意してください。

Apple Pencilの種類と対応機種
モデル対応機種機能
Apple Pencil
(第1世代)
iPad(第6世代)、iPad Pro 9.7、10.5、12.9(第1世代・第2世代)、iPad Air 10.5、iPad mini(第5世代)傾き、筆圧に対応
Apple Pencil
(第2世代)
iPad Pro 11、12.9(第3世代)傾き、筆圧、ツール切り替え、ワイヤレス充電に対応
Logicool Crayon
(ロジクールクレヨン)
iPad(第6世代)、iPad Air 10.5
(アップデートでペンシル対応モデル全てで使用可能に)
傾き、自動ペアリング対応

現行のiPadシリーズは全てのモデルでApple Pencilを使うことができますが、7.9インチのiPad mini 5との組み合わせだとちょっとしたメモ帳として使うことができるので、本当に便利に使いこなすことができます。

Apple Pencil(第1世代)は円柱型で光沢のあるペンシルとなっていますが、Apple Pencil(第2世代)は一面が平らに加工された非光沢なペンシルとなっているので、簡単に見分けることは可能となっています。

Apple Pencilの種類
Apple Pencil(第2世代)とApple Pencil、Logicoolcrayon

Apple Pencil(第2世代)はiPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ(第3世代)の側面にくっ付けることでペアリングとワイヤレス充電できます。

また、側面に内蔵しているタッチセンサーをダブルタップしてペンツールを瞬時に切り替えて使うことができます。

どのApple Pencilでも基本的に出来ることは同じですし、そもそも2017年以前のiPad ProはApple Pencil(第2世代)に対応していません。それぞれのモデルにあったApple Pencilを選ぶようにしましょう。

絵を描く以外のApple Pencilの便利な使い方

画面のスクロールなどの操作に使用する

Apple Pencilの基本的な使い方はこの3つではないでしょうか。

Apple Pencilの基本的な使い方
  • 文字の書く
  • 絵・イラストを描く
  • iPadを操作する

文字やイラストを書くだけではなくApple Pencilを使って画面をスクロールしたりiPad を操作できます。

Safariのブラウザ画面をApple Pencilでスクロールをしたり、メールアプリを操作したり、地図アプリを使ったりと、基本的な操作をApple Pencilを使って行うこともできます。

指紋が付かず画面の綺麗を維持できる

Apple Pencilを使わなくても指でiPadを操作をすればいいのではないかと思うかもしれませんが、僕のようなちょっとした潔癖症だと画面に指紋が付いてしまうのが嫌なんですよね。

そこでApple Pencilの出番です。Apple Pencilがあれば画面を直接触ることなくiPadを操作することができるのです。こんな感じで。

Apple PencilでiPadを操作する

Apple Pencilを使って画面下からDockを呼び出したり画面横からウィンドウを表示することはできませんが、Apple Pencilの先でホームボタンを押すことでホーム画面に戻ったり、アプリスイッチャーを起動することができます。

なお、Apple Pencilのペン先でホームボタンを押してホーム画面に戻る方法はホームボタンを搭載しているiPadのみが使える方法です。

ホームボタン非搭載モデルのiPad Pro 11/12.9インチは指を使ってホーム画面に戻る必要があるのでApple Pencilだけで基本的な操作をしたいという方はおすすめできません。

追記:iPad Pro 11インチ、12.9インチ(第3世代)でもApple Pencilを使ってホーム画面に戻ったり、Dockを起動する方法がありました。こちらの記事を参考にしてください。

最初に設定をしておけば、あとは簡単に操作できるので重宝する機能です。

文字を手書きして文書作成する

「Nebo」で手書き文字をデジタル変換

iPad のアプリで Nebo という手書きした文字をデジタル文字(テキスト)に変換してくれる便利なアプリがありま­す。

手書きアプリ Nebo

このNeboというアプリは手書き文字を高精度にテキスト変換をしてくれる凄いアプリで、殴り書きしてもきちんと文字を読み取ってテキストデータに変換してくれます。

つまり、キーボードで文字入力をするのが苦手な人でもスピーディーに文書を作成することができるのです。

リアルタイムに手書き文字をデジタル変換

使い方はとても簡単でApple Pencilで文字を手書きするだけでリアルタイムにデジタル文字にテキスト変換してくれます。

手書き文字をデジタル文字に変換
手書き文字をテキストに変換する

あまりにも汚い文字でアプリが読み取れなかったとしても、消しゴムツールを使っていつでも簡単に修正できるので安心してください。途中で文言を変えたい場合も文字を消して修正すればテキストデータも反映されるのでとても使い勝手は良いです。

最終的な変換は文字を書いている右上に表示されているメニューから「変換」 をタップすることで実行されるので、テキストデータに変換する直前まで何度でも修正ができるのもいいですよね。

Nebo 変換ボタン
原稿が仕上がったら「全てを変換」

このアプリは本当に凄いと思うんですよね。

デジタル文字に変換
一瞬で手書き文字がテキスト化

キーボードによる文字入力が苦手な人やタイピングスピードが遅くて困っているという人でも文字が書けるならApple Pencilを使って文書の作成を簡単にできてしまうんです!

手書きでブログ記事を書ける

iPadでApple Pencil + Neboを組み合わせて使うことでブログをやってみたかったけどキーボード入力が遅いから諦めてたという人もブログにチャレンジすることができますよね。

この三種の神器で手書きで文章を書いてテキスト変換、最後にテキストデータ化された文字をiOSのメモ帳に書き出せば、その文字データをそのままブログの投稿画面にペーストすることができます。

手書きでブログ更新する方法
  1. Apple Pencilで手書き入力(Neboを利用)
  2. テキスト変換
  3. メモ帳に書き出し
  4. テキストデータをブログエディタにコピペ
  5. 投稿する

Apple Pencilで手書きしてから簡単にブログの書くことができるのはなかなか革新的なような気がします。古いようで新しい。

ちなみにこの記事の文章は全てiPadとApple Pencilを使って手書きした文字をテキストデータに変換して執筆したものです。

僕はキーボード入力に慣れてしまっているので手書きの方が時間がかかりましたが、最近は文字を書くことから離れてしまっていたので手書きでのブログ更新はなかなか新鮮でした。たまにはこういうブログ更新の仕方もアリなのかなと感じます。

Apple Pencilの対応機種は増えている

Apple Pencilは当初はiPad Proだけが使えるペンシルでしたが、現在は低価格モデルのiPad(第6世代)やPad Air 10.5インチでも使えるようになったので、リーズナブルにApple Pencil対応モデルを購入できるようになりました。

さらに、片手サイズのiPad mini(第5世代)もApple Pencilに対応したのでどこに行っても気軽にメモを取ることができるようになり利便性が大きく向上することになります。

Apple Pencilはメモ・ノートに最高のペンシル

iPadとApple Pencilがあればいつでもどこでも簡単に気軽にメモやノートを取ることができます。

Apple Pencilでノートを取る
iPad + Apple Pencilでノートを取る

紙と鉛筆でメモを取るよりもiPadとApple Pencilでメモを取った方が優れていると感じる点は3つあります。

iPadでメモを取るメリット
  • メモ帳をなくすことがない
  • Apple Pencil一つでペンから蛍光マーカーも使える
  • 修正することができる

従来の紙とペンだとメモ帳をどこかなくしてしまうことがあります。探すのに苦労することが何度も何度もありましたが、iPadなら基本的に無くすことはない(あったら大変!)です。

また、純正のメモアプリならデータとしてメモがiCloudに保存されるのでMacやiPhoneからでもメモを確認ができるようになります。(サードパーティ製のノート専用アプリもiCloudで同期できるので全てのiPadでデータを共有できます。)

また、Apple Pencilは一本で鉛筆、ペン、筆ペン、蛍光ペンなど様々な種類のペンを使うことができるので、メモをカラフルにわかりやすく残したい人は荷物が減らすことができますよね。

そして、Apple Pencilなら文字を簡単に消すことができます。これはApple Pencilの最大のメリットといってもいいのかもしれません。

まとめ:Apple Pencilはデジタルとアナログの融合

iPad(第6世代)でApple Pencilが使えるようになり、Apple Pencilの敷居はかなり下がりました。さらにiPad mini(第5世代)にも対応したのはかなり大きな魅力になるでしょう。

イラストや絵を書かないからApple Pencilは必要ない…と感じている方も多いと思います。

しかし、手書き文字を簡単にテキストデータに変換できるアプリがあるので、Apple Pencilを使うことでiPadの使い方の幅が大きく広げることができるでしょう。

まさにApple Penicl(アップルペンシル)はデジタルとアナログの融合ではないでしょうか。

本当にこんなに便利なものを開発したAppleはさすがとしか言いようがない。Apple Pencilで書いたこんなに汚い字でもNeboならきちんと認識してるので本当に凄いですよ。

iPad 汚い字
汚い字でもNeboならテキストデータに変換してくれる

久しぶりにペンを持って字を書くといつもと違う頭を使うのか妙にスッキリします!

僕の場合は手書きをすることで作業スピードが少し遅くなってしまいますが、たまに違う環境でブログを書くのも気分転換になって良いのかもしれません。

それに、パソコンで文字入力してると字を忘れてしまいがちですが、たまにApple Pencilを使ってブログ更新をしたら字を忘れるということはないのかなと。ボケ防止にも一役買うことになるのかもしれません。

iPad(第6世代)、iPad Pro 10.5インチ、iPad Air 10.5インチ、iPad Pro 12.9インチ(第2世代)、iPad mini(第5世代)がApple Pencilに対応しています。

iPad Pro 11インチ、iPad Pro 12.9インチ(第3世代)がApple Pencil 2に対応しています。

なお、たまにApple Pencilがたまに反応しなくなる時があるのですが、対処法についてまとめたので参考にしてください!

なお、2018年9月に低価格なApple Pencilバージョンともいえるロジクールクレヨンが日本でも発売されました。

元々はiPad(第6世代)専用でしたが、iOS 12.2からApple Pencilの使えるiPad全てで使えるようになりました。

Apple Pencilよりも3000円ほど安く買うことができるます。詳しくはこちらの記事でレビューしています。

Apple Pencilの充電方法、バッテリー残量確認についてはこちらをどうぞ!

Apple Pencilを収納することができるiPad Proの専用ケースはこちらがおすすめです。

エントリーモデルのiPad(第6世代)でApple Pencilを使うことができるようになりましたが、iPad Proとの違いはあるのでこちらの記事で詳しい比較をしているので参考にしていただけたらと思います。

最新型のiPad Pro 11インチ、12.9インチ、iPad Air 3、iPad mini 5のレビューはこちらをどうぞ!

全iPadを比較した記事はこちら。iPad Air 3がリリースされたことでラインナップがかなり複雑化してしまい、どのモデルを購入したらいいか迷っている方は是非参考にしてください。

新型のiPad(第7世代)と新型iPad Proシリーズの噂も出てきています。

なお、Mac/PCを一切使わずにiPadだけでブログを更新する方法についてこちらの記事で詳しく書いています。文字は普通にキーボードで入力する方法でiPadだけでブログ更新をしたい方はぜひ参考にしていただければと思います。