iOS 13・iPad OS 新機能のまとめ

Appleが2019年秋にiOS 13、iPadOS、macOS 10.15、watchOS6、tvOS13の提供を開始することを発表しました!

特にiPad向けのiPadOSはiOSから分割されて、iPadに特化したOSに進化を果たしています。MacからiPadへの乗り換えも可能になるんじゃないかと思うくらい高機能なOSになっていますね!

この記事では2019年秋にリリースされるOS群で気になった新機能をまとめてみました。

iOS 13、iPadOS、macOS 10.15について

iOS 13の新機能

iOS 13はiPhone向けのOSとなっていますが、これらの機能はiPad OSでも形は違いますが可能となっています。

動作速度が高速化

iOS 13とiPadOSは最適化されて動作速度がさらに高速化されています。

iOS 13・iPadOS 高速化
  • Face ID:30%認証速度が高速化
  • アプリの起動:2倍高速化
  • アプリのサイズ:50%削減

iOS 13、iPadOSにアップデートすることで快適な動作が可能となります。旧モデルも高速化されるのかが気になるところ。

ダークモードの搭載

iOS 13は待望のダークモードを使えるようになります。

iOS 13 ダークモード
ダークモードを搭載したiOS 13

システム全体でダークモードに対応しアイコンが見やすくなるように設計されているとのこと。コントロールセンターからダークモードをONにするか、夜になったら自動的にダークモードがONになるように設定することも可能となっています。

写真アプリのタブ機能

iOS 13の写真アプリは新しいUIを採用したタブ機能を搭載しています。

iOS 13 新しい写真アプリ
AIでベストショットをタイムラインで表示

タブ機能はAIが自動的に似たような写真やスクリーンショット、レシートなどを非表示にしてベストショットのみを集約させた機能となっています。また、動画やLive Photosの自動再生するなど使い勝手が向上しています。

動画編集が可能に

iOS 13は写真アプリから写真の編集だけでなく動画も明るさ、傾き、切り抜き、回転といった編集ができるように進化しています。

iOS 13 動画編集機能
写真アプリで動画の調整も可能に

これは何気に便利な機能ですよね。今まで動画を少し修正したいと思ったらiMovieを起動しないといけませんでしたが、iOS 13なら写真アプリで簡単に調整が可能となっています。

Appleでサインインでセキュリティ向上

オンラインサービスを利用するときにFacebookやGoogleのアカウントを使ってログインする場合がありますが、セキュリティに心配があるそうですが、iOS 13は「Appleでサインイン」という機能が搭載しました。

Appleでサインインする
Sign in with Apple

Face IDかTouch IDでサインインするだけでログインすることができるので、オンラインサービス側に個人情報を提供する必要がなくなりました。

また、メールアドレスでサインインする場合はランダムなEメールアドレスを自動的に置き換えてくれる機能が搭載されているので、メールマガジンなどを受けるリスクが減るとのこと。

これ、サービス側にとっては痛い仕様のような。ちょっと、使いこなせるのかな?

地図アプリでストリートビューに対応

iOS 13の地図アプリはGoogleストリートビューのような360°、街中を見渡し移動することができる機能が搭載されます。Apple版のストリートビューはかなりスムーズに移動することができるようになっているようです。

また、地図の情報量も大幅に向上するようです。

AirPodsのメッセージ読み上げ機能

iOS 13でAirPodsを使うと機能が拡張されます。

AirPodsで音楽を聴いているときにメッセージを受信したら、Siriがそのメッセージを読み上げてくれるようになります。

AirPodsで音楽を共有できる

有線のEarPodsだと恋人聴きで音楽を分け合う…なんて時代もありましたが、iOS 13では音楽アプリや動画コンテンツの音声を共有することができるようになります。

iOS 13の音楽の共有機能
複数のAirPodsで音楽を共有できる

つまり、片方のAirPodsを渡すことなく2台のAirPodsで同じ音声を聴くことができるようになるのです。

これ、めちゃくちゃ便利そう。深夜に映画を二人でAirPodsで観ることができるってことですよね。

A9チップ以降の機種をサポート

iOS 13はA9チップを搭載した機種をサポートします。

iOS 13 サポート機種
iOS 13のサポート機種はiPhone 6s以降に
iOS 13 サポート機種
  • A9:iPhone 6s/6s Plus/SE
  • A10 Fusion:iPhone 7/7 Plus、iPod touch 7
  • A11 Bionic:iPhone X/8/8 Plus
  • A12 Bionic:iPhone XS/XS Max/XR

A7のiPhone 5s、A8のiPhone 6/6 Plus、iPod touch 6はサポート対象外となってしまいました。これで、2GBのメインメモリを搭載したモデルのみ対応ということになりました。

iPadOSの新機能

iPadOSはiOSから分離しiPad独自の機能がさらに強化されたiPad専用のOSですが、ベース部分はiOS 13と同じなので、基本的な機能は同じと見ていいでしょう。

ウェジェット画面がホーム画面に

iPadOSは広い画面を生かしてウェジェットとアプリのアイコンが共存しています。

iPadOSのホーム画面
iPadOSのホーム画面はウェジェットも同時表示

わざわざ横にスワイプしなくても情報を確認できるのはめちゃ便利ですね。これはいい。

マルチタスク機能が大幅刷新

iPadOSはSlide Over、Split Viewが刷新されています。

Slide Overは画面右に小さいウィンドウでアプリを表示できる機能です。

iPadOSのSlide Over
Slide Overでアプリを切り替え可能に

iPadOSではSlide Overをスワイプすることで別の待機中のアプリに簡単に切り替えができるようになりました。

Slide Over 待機中のアプリ一覧
待機中のアプリを一覧表示も可能に

Slide Overで待機中のアプリもこのように一括表示すしてアプリを切り替えが可能となっています。

さらに、同じアプリの2画面表示にも対応。

同アプリの2画面表示にも対応
同アプリの2画面表示にも対応

iOS 12まではSafariは2画面表示に対応してましたが、iPadOSはメモやPagesなどもアプリも画面を並べて作業できるようになっています。

どんなウィンドウを開くているのか確認できるApp Exposéにも対応しています。

iPadOSのApp Exposé
iPadOSのApp Exposéで簡単アクセス

DOCKをタップするだけで同アプリで起動している画面を一括表示してくれます。MacのExposéのような機能で、これは便利に使うことができそう。

Apple Pencilのレイテンシーがさらに改善

iPadOSはApple Pencilのレイテンシー(遅延)が20msから9msに低減されるので、さらに精度が高くなります。

iPadOS Apple Pencilのレイテンシー
Apple Pencilのレイテンシーが低減

おそらく、iPad Proのみの対応かな?いうならiPad Pro 2018年モデルのみの機能になるかもしれないですね。

テキストのコピペ・削除がジェスチャーで

iPadOSはテキストのコピー、ペースト、削除がジェスチャー操作でできるようになります。

iPadOSのテキスト操作
iPadOSはテキストのコピペ作業が快適に
テキストのジェスチャー操作
  • テキストのコピー:三本指でピンチイン
  • テキストのペースト:三本指でピンチアウト
  • テキストの削除:三本指で左にスワイプ

カーソルの移動も快適に動作するように改善されているようなので、タッチ操作によるテキスト作成がしやすくなってそうですね。

片手キーボードが復活

iPad Pro 2018年モデルは片手キーボードが使えなくなっていましたが、iPadOSで機能強化して復活。

iPadOS 片手キーボード
iPadOSの片手キーボード

さらにクイックパス入力に対応し撫でるように指をスワイプさせて文字入力ができるようになります。ただし、日本語に対応するかどうかは不明。ちょっと難しいそう。

ファイルアプリがさらに使いやすく

iPadOSのファイルアプリはUIが刷新されてカラムビューに対応してプレビュー、メタ情報も表示できるようになります。

iPadOS ファイルアプリ
カラムビュー表示に対応したファイルアプリ

ファイルアプリも2画面表示できるはずなのでMacのようなファイル管理ができそうなので、本当にiPadはMacの変わりに使うことができるようになるかも?

USBメモリで外付けドライブに対応

さらに、iPadOSではついにUSBメモリによる外付けドライブに対応します。

iOS 13/iPadOS 外付けドライブに対応
USBメモリの外付けドライブに対応

ファイルサーバーにもアクセスができるようになるので、もうMacと同じですね。

なお、iPadOSだけでなくiOS 13も対応するのでiPhoneも同じように外付けドライブからファイルを転送することができます。

Safariがデスクトップサイトに対応

ついに…ついに来ました!待ってました!

iPadOSのSafariはデスクトップ版のサイトにアクセスできるようになります。

iOS 12までのSafariはモバイルSafariだったのでWordPressやはてなブログのブログエディターの表示や動作がおかしくまともに作業はできませんでした。

しかし、iPadOSは デスクトップSafariに対応するためMacやWindowsで作業をするのと何ら変わりなく使うことが可能に。

iPadOS デスクトップ版のサイトに対応
iPadOSのSafariはデスクトップサイトに対応

ダウンロードマネージャーにも対応し、ファイルアプリのダウンロードフォルダから簡単にダウンロードしたファイルにアクセスが可能になります。

もう、Macですやん!!

マウスに対応(アクセシビリティ)

iPadOSはアクセシビリティ機能の一部としてマウス操作に対応しました。

これはタッチ操作ができない方に向けた機能となっているので、Macと同じように使えるというわけではないようです。

でも、動画を見る限りはかなり操作性は良さそうですよね。使えるんじゃないかな?

2GBのメインメモリ搭載機種をサポート

iPadOSは2GBのメインメモリを搭載した機種をサポートします。

iPadOS サポート機種
iPadOSのサポート機種
iPadOS サポート機種
  • A8:iPad mini 4
  • A9:iPad(第5世代)
  • A9X:iPad Pro 9.7、iPad Pro 12.9(第1世代)
  • A10:iPad(第6世代)
  • A10X:iPad Pro 10.5、iPad Pro 12.9(第2世代)
  • A12:iPad Air(第3世代)
  • A12X:iPad Pro 11、iPad Pro 12.9(第3世代)

A8のiPhone 6はサポート対象外になりましたが、A8で2GB RAMを搭載しているiPad mini 4はサポートされているので、2GBのRAMを搭載したモデルがiPadOS対象機種となっているようですね。

macOS Catalinaの新機能

macOS Catalina
macOS Catalina

macOS 10.15の名称は「macOS Catalina」となりました。砂漠から海に行ったようです。

iTunesが廃止へ

噂されていた通りiTunesが廃止されてApple Music、Podcasts、TVの3つのアプリに分割されることになります。

macOS Catalina iTunesが廃止
iTunesが廃止されて3つのアプリに分断

iTunesにあった音楽ライブラリについては引き続きApple Musicで使うことができるようで、iPhone・iPadの同期も可能となっています。

iTunes matchを契約してるんだけど名称変わるのかな?

SidecarでiPadをサブディスプレイ化

macOS CatalinaはiPadの画面をサブディスプレイとして使える機能・Sidecarを搭載しました。

Macの画面をiPadに表示
Macの画面をiPadに表示する

今まではサードパーティ製アプリで実現していた機能ですが、OSレベルで可能となります。Apple Pencilで操作もできるのでイラストを描いたり、メモを取ることもできるようになります。

まとめ:iPadOSでMac脱却もできる?

WWDC 2019 まとめ
WWDC 2019

今回の目玉はやはりiPadOSでしょう!ベースはiOS 13ですがOSが分離したことでiPhoneにはないiPad独自機能がてんこ盛りで搭載してきました。

個人的にかなり嬉しいのがSafariがデスクトップサイトの表示に対応したことでしょうか。

iOS 12までは画面は表示されていましたが内部的にはモバイルサイトだったので、WordPressなどのエディタ画面がまともに動作しない欠点がありました。

しかし、iPadOSのSafariはデスクトップサイトに対応しMacと同じようにiPadでもWordPressの更新ができるようになります。

これはめちゃくちゃいいですね!実際に使ってないと分からないけどもうMacを持ち歩く必要はなくなるのかも?

さらに、同じアプリの画面を同時表示できるようになりファイル管理もしやすくなります。iPadOSにアップデートすることでMac脱却は現実味を帯びてくることになるのかもしれません。

2019年6月25日にパブリックベータ版の配信がスタートしました。