iPhoneiPadのアクセシビリティの「Assistive Touch(アシスティブタッチ)」に「カスタムアクション」という機能が搭載されたのですが、これを活用することでソフトウェアボタンとして使えるAssistive Touchのがとても使いやすくなります。

たとえば、ホームボタンのあるiPhone SE(第2世代)は画面が表示された状態でApple Payを起動はできませんが、Apple Payの起動カスタムアクションを使うときに画面が表示されている状態でもApple Payの決済画面を起動することができます。

iOS11.1の新機能について

Assistive Touchとは

Assistive Touchはずいぶん前のiOSから搭載されいている機能で、画面上にソフトウェアホームボタンを表示させて、ボタンに様々な機能を割り当てることができる機能です。

Assistive Touch(アシスティブタッチ)

このボタンをタップすると各機能に割り当てられたアイコンが表示されます。

Assistive Touch メニュー

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「Assistive Touch」の「最上位メニューをカスタマイズ」の設定で、ボタンを一つにして「ホーム」に設定することで、ソフトウェアのホームボタンとして機能させることができました。

Assistive Touchを使うことでホームボタンのあるiPhone(第2世代)ならホームボタンを押さなくてもホーム画面に戻ったり、マルチタスク画面を起動させることができます。

また、ジェスチャー操作のiPhone 12・12 ProiPhone 11などもジェスチャー無しでホーム画面に戻ったり、Appスイッチャーを起動することもできます。

カスタムアクションでさらに便利に

iOS11.1からAssistive Touchの機能が拡張されて「最上位メニューをカスタマイズ」でボタンを一つだけに設定しなくても、シングルタップ、ダブルタップ、長押し、3D Touchの各操作で自由にアクションを設定できる「カスタムアクション」が搭載されました。

「設定」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」の項目に「カスタムアクション」が追加されており、ソフトウェアボタンをシングルタップ、ダブルタップ、長押し、3D Touchをした時のアクションを細かく設定することができるように。

20171103002336j:plain

各アクションで設定できる項目は以下のとおりです。

20171103002508j:plain

あらゆる操作をカスタムアクションに設定することができるので、複数の操作が必要でよく使う機能を設定しておくことで、カンタンに機能を呼び出すことができるようになります。

なお、ショートカット機能も割り当て可能となっています。

Apple Pay決済画面を通常画面から起動可能に

ホームボタンのあるiPhoneは画面が消えている状態でホームボタンを2回クリックすることでApple Payの決済画面を表示させていました。

画面が表示している状態でホームボタンを2回クリックするとAppスイッチャーが起動してしまうので使い勝手が悪かったです。

しかも、iPhoneの傾きによってスリープ解除されてしまうのでApple Payの決済画面を起動しようと思った時にTouch IDとのタイミングを誤るとロック解除してしまい決済できないことがありました。

しかし、Assistive Touchのカスタムアクションを上手に設定することで、そのような煩わしさを解決することができるのです。

シングルタップをホーム、ダブルタップをなし、長押しをApple Pay、3D TouchでAssistive Touchのメニューを開くに設定しました。

iOS11.1 カスタムアクション

このように設定することで、ソフトウェアボタンをシングルタップ(1度押し)で通常のホームボタンを押した時と同じ動作をすることになります。

ダブルタップはなしに設定していますが、ホームボタンと同じ機能として利用することができるのでダブルタップでAppスイッチャー(マルチタスク切替画面)を起動することができるので問題ありません。

そして、ソフトウェアボタンを長押しすることでApple Payの決済画面を起動することができるようになります。

Apple Pay 決済画面

通常はロック画面状態でホームボタンを2回押ししないとApple Payの決済画面を起動できないですが、通常画面やアプリ使用中でもAssistive Touchのソフトウェアボタンを長押しするだけで決済画面を開けるので便利ですよね。

例えば、地図アプリを起動しながらSuicaを使うということもできます。

ワンタップで再起動が可能に

あと、知らなかったのですが、iOS11からAssistive Touch経由なら再起動をすることができるようになったんですね。

iPhoneの再起動ボタン iOS11.1

知ってました?

今までiPhoneの調子が悪くなった時は電源を切った後に手動で電源ボタンを押して再起動する必要があったのでかなり面倒でしたが、再起動機能なら1回だけの操作で再起動できるので何気に便利ですよね。

カスタムアクションに割り当てるのは流石に勿体無いので、Assistive Touchのメニューの「最上位メニューをカスタマイズ」のどこかに設定しておくのがいいかもしれませんねー。

20171103011902j:plain

3D Touchでメニュー呼び出せば簡単に再起動可能に!

まとめ

iPhone Xはホームボタンを廃止したことでジェスチャー操作をすることでホーム画面に戻ったり、マルチタスク機能を使ったりすることができるようになりますが、従来のiPhoneでもAssistive Touchをうまく利用することでホームボタンなしで操作することができます。

なのでiPhone Xを発売日に手に入れることができない僕はこれで我慢したいと思います。2021年最新:iPhoneはどこで買うのが安くてお得か【購入ガイド】