iMac 27インチ(2019)レビュー

2019年3月末にアップデートされたiMac 27インチのCPUは6コアの第9世代Intel Coreプロセッサとなり、8コアのCore i9もカスタマイズできるようになりました。

さらに、GPUもHBM2メモリのRadeon Pro Vega 48にカスタマイズできるように大幅に性能が向上しました。ここでは、iMac 27インチ(2019)のデザイン、スペック、性能の違いをレビューしています。

今まで使っていたiMac 27インチ(2017)との違いについても徹底比較しているのでiMac 2019年モデルに乗り換えを検討している方は参考にしてください!

iMac 27インチ(2019)レビュー

iMac 27インチ(2019)のスペック

iMac 27インチの2019年モデルを買うかどうか非常に迷いましたが仕事道具ということもあり2017年モデルのiMac 27インチモデルから乗り換えをしました。

今まで使っていたiMacはFusion Driveを搭載したモデルだったので、さらに快適な作業効率を実現すべくSSDストレージを搭載したモデルをチョイス。さらに、モニターアームで高さ調整ができるVESAマウントアダプタを搭載したiMacにしてみました。

ここで紹介するiMacのスペック
  • ディスプレイサイズ:27インチ(5K)
  • CPU:第9世代Intel Core i5プロセッサ(6コア/3.7GHz)
  • GPU:Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ)
  • RAM:8GB 2,666MHz DDR4 → 自分で40GB or 64GBに増設
  • ストレージ:1TB SSD
  • VESAマウントアダプタ搭載モデル
  • 本体価格:362,700円

iMac Proは別途マウントアダプターを追加することでモニターアームを使うことができますが、無印のiMacはVASAマウントアダプタモデルを購入する必要があります。

なので、VASAマウントアダプタモデルのiMacはスタンドを搭載していないので、このようにモニターアームがないとこうやって置くしかないのです。

iMac 27インチ VESAマウントアダプタモデル

もし、後からモニターアームをやめてスタンドに戻したいと思っても戻すことができないので、iMacをモニターアームでずっと使う自信がない方以外は普通のスタンド付きのiMacを購入することをおすすめします。

iMac VESAマウントアダプタモデルと通常モデル
左:VESAマウントアダプタモデル、通常モデル
iMac 27インチ スペック比較
 iMac 27インチ(2019)iMac 27インチ(2017)
ディスプレイ27インチ、5K(5,120 x 2,880ピクセル)、広色域(P3)、500ニトの輝度
CPUCore i5 @3.7GHz(6コア)、CTO:Core i9 @3.6GHz(8コア)Core i5 @3.8GHz(4コア)、CTO:Core @4.2GHz(4コア)
GPURadeon Pro 580X(8GB GDDR5)、CTO:Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2)Radeon Pro 580(8GB GDDR5)
RAM8GB 2,666MHz DDR4(128GBまで増設可能)8GB 2,400MHz DDR4(64GBまで増設g可能)
ストレージ2TB Fusion Drive(3TB Fusion Drive、512/1/2TB SSDに変更可能)
ワイヤレス802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.2
ポートUSB-A(USB3.0)×4
USB-C(USB3.1 Gen2・Thunderbolt3)×2
SDXCカードスロット
10/100/1000BASE-T Ethernet
オーディオステレオスピーカー、マイクロフォン、3.5mmヘッドフォンジャック
サイズ51.6 × 65.0 × 20.3(スタンドの奥行き)
重量9.42 kg9.44 kg

iMac 27インチ(2019)の基本的なスペックはiMac 27インチ(2017)とほぼ同じで、CPU・RAM・GPUの性能が強化されたのが2019年モデルのiMacと見ていいでしょう。

なお、iMac 27インチ(2015)は5Kディスプレイに対応してますが広色域(P3)に対応してないなど性能差があるので乗り換えるメリットはありますがiMac 27インチ(2017)で性能に満足してるならiMac 27インチ(2019)に乗り換えする理由は特にないです。

iMac 27インチ(2019)の特徴
  • 5K解像度の27インチディスプレイを搭載
  • 第9世代Intel Core i5プロセッサ(6コア/3.7GHz)を搭載
  • CTOでIntel Core i9プロセッサ(8コア/3.6GHz)にスペックアップ
  • メインメモリは最大64GB(非公式で128GB)まで増設可能
  • GPUはRadeon Pro 580X(8GB GDDR5)を搭載
  • USB-C、USB-A、SDXCカードスロットを搭載

iMacを比較はこちらです。

では、詳しくiMac 27インチ(2019)を見ていきましょう!

VESAマウントアダプタモデルを選んだ理由

iMacなのにスタンドがないって少し違和感がありますね。なんとなくiMacといえばこのスタンドじゃないでしょうか。

iMac VESAマウントアダプタモデルと通常モデルの高さ
左:VESAマウントアダプタモデル、右:通常モデル

iMacの特徴でもある格好良いスタンドを捨ててまでVESAマウントアダプタのiMacにこだわったのは高さ調整きないiMacの最大の弱点を克服することができるからです。

iMac 27インチモデルは意外と背が高いので身長が低い僕にとってはちょっと高さが合っていなかったんですよね。

身長が高い人は通常モデルでもなんら問題ないのかもしれませんが、ちょっとした微調整もできないのがVESAマウントアダプタ搭載のiMacを選ぶことで解決することができます。

なお、VESAマウントアダプタ搭載のiMacはAppleの公式サイトから購入することができます。

VESAマウントアダプタ搭載のiMacと通常のiMacとの使い勝手の違いはこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

iMac 27インチ(2019)外観レビュー

iMac 27インチ(2019)のパッケージデザインは2017年モデルと全く同じものとなっていました。画面の壁紙のデザインも同じだったのは少し意外でしたね…。

iMac 27インチ(2019)パッケージデザイン

まあ、内部スペックが強化されただけのモデルなので、パッケージデザインを変更する必要もありませんが。内容物はシンプルでiMac本体と電源ケーブル、Magic Keyboard、Magic Mouse 2、Lightningケーブル、説明書などとなっています。

iMa27インチ VESAマウントアダプタの内容物

なお、今回購入したのiMacがVESAマウントアダプタモデルなのでスタンドがない画面だけのiMacとなっています。

スタイルは良くも悪くも変わらない

iMacのデザインは2012年に発売したモデルのデザインをずっと使い続けており2019年で7年目に突入します。Appleは基本的にMacのデザインは数年使い続けるので見た目でいつの世代のモデルなのか分からないのがイイところでもあります。(画像はVESAマウントアダプタ搭載モデルです。)

iMac 27インチモデル 外観デザイン(正面)

最近のパソコンの画面はベゼルレスディスプレイが主流になってきているので、iMacの分厚いベゼルはさすがに時代遅れを感じてしまいます。

今の技術ならベゼルレスにすることもできると思いますがAppleはなかなかiMacのデザインを変えてくれませんね。早くベゼルレスのiMacを見てみたい。

iMac 27インチのベゼル幅

Appleのロゴマークがある下顎も結構大きいです。林檎マークを入れるにはこれくらいの下顎の高さが必要となってしまうのです。

iMac 27インチモデルの下あご

でも、全体的なスタイルとして見たら、やっぱりiMacはカッコイイんですよね。

iMac 27インチ スタイルを横斜めから

スタンド付きの通常モデルのiMac 27インチモデルのスタイルはこんな感じ。スタンドがあるとiMacって感じがします。これはこれでiMacらしい安心感があるデザインといっていいのではないでしょうか。

iMac 27インチのスタンド

通常モデルのiMacは画面の高さは固定となりますが画面の角度は-5度〜25度で変えることができるので、ある程度は自分の見やすい画面角度に調整することはできます。

また、モニター一体型なので自宅や職場内であれば簡単に設置することができますし、気分を変えて別の部屋に持っていくことも簡単にできます。

Magic KeyboardとMagic Mouse 2

iMac 27インチは標準でMagic KeyboardとMagic Mouse 2を同梱していますが、トラックパッドを使いたい方はMagic Trackpadに変更したり追加することもできます。

Magic KeyboardとMagic Mouse 2

Magic Keyboardの使い心地は従来のものと全く同じなので旧型のiMacから乗り換えたとしても違和感なく使うことができます。

初期設定時のiMacとの接続は以前はLightningケーブルを使っていた記憶がありますが、現在は初期設定の段階からワイヤレスで接続ができるので簡単にペアリング設定をすることができます。

キーボードの入力遅延はほとんど無いのでワイヤレスで使うことをおすすめします。

なお、Magic KeyboardとMagic Mouse 2は充電式のキーボードとマウスになっているのでバッテリーがなくなったら付属のLightningケーブルを接続して充電することができます。

Magic KeyboardとMagic Mouse 2 充電ポート

Magic KeyboardはLightningケーブルをMagic Mouse 2は充電中は全く使えなくなってしまうのが少し使いにくいところではありますが、出かける時などに充電しておくことでバッテリー切れで使えないというハプニングを事前に防ぐことができます。

豊富な各種ポートを搭載している

iMacは背面の下部部分にあらゆる外部機器と接続することができる各種ポートが搭載していてUSB-Cポートも2つ搭載しているのでUSB-Cに対応しているので最新の周辺機器も簡単に接続することができます。

iMac 27インチの各種ポート
iMac 27インチの各種ポート
  • USB-A(USB3.0)×4
  • USB-C(USB3.1 Gen2/Thunderbolt3)×2
  • SDXCカードスロット
  • 10/100/1000BASE-T Ethernet

MacBook Air・Proで廃止されたSDカードスロットも搭載しているのでミラーレスカメラで撮影した写真データを簡単に取り込むことも可能。

iMacは2017年モデルからUSB-Cポートを搭載しているのでUSB-Cに対応したミラーレスカメラを直接接続して写真を取り込むこともできます。

iMac 27インチとミラーレスカメラ

カメラからSDカードを取り出して背面にあるSDカードスロットに入れるよりも、すでにiMacに接続されているUSB-Cケーブルをカメラに接続する方が手軽なので作業を減らせるし、カメラの充電もできるので使いやすいです。

MacBookシリーズもUSB-Cポートを搭載してますが、USB-Aが廃止されてプリンターなど旧型の周辺機器の接続はアダプタを使う必要があり面倒くささがあります。

しかし、iMac 27インチはUSB-Aポートが4つもあるので利便性はかなり良いです。

27インチの大画面は作業効率抜群

iMac 27インチ5K(5,120 x 2,880ピクセル)の大きなディスプレイを搭載しています。iMac 27インチとMacBook Pro 13インチの画面の大きさを比較するとかなりの差があります。

iMac 27インチとMacBook Pro 13インチ 画面サイズの比較
左:iMac 27インチ、右:MacBook Pro 13インチ

MacBook Proだとウィンドウを2つ並べるのも厳しいですが、iMacなら2〜3つくらいウィンドウを並べて作業してもまだ余裕があるくらい画面の作業領域を広くすることができます。

ブログを更新するなど文章を執筆するくらいなら13インチくらいのディスプレイで十分ですが、デザイン作業や動画編集などクリエイティブな作業は物理的に画面が大きいiMac 27インチの優位性はかなりあるのではないでしょうか。

5Kディスプレイはやはり綺麗

MacBook Proに4K対応の外部モニターを接続してデスクトップ化をしている方も多いでしょう。

現在普及している高精細ディスプレイは4K(3,840 x 2,160ピクセル)が一般的ですが、iMac 27インチはさらに上を行く5K(5,120 x 2,880ピクセル)の解像度を持ったディスプレイを内蔵しiMacを選ぶ大きな理由の一つとなっています。

iMac 27インチの5Kディスプレイは4Kよりもさらに高精細な表示ができるので目視でドットを見分けることができないくらい滑らかな表示ができます。実際にiMac 27インチの5Kディスプレイと4Kディスプレイの画面をカメラで撮影をしてみました。

5K解像度と4K解像度のドットの違いを比較

5Kの方はカメラの問題で色むらが出てしまっていますが、ドットの大きさがかなり細かくなっているのが分かります。4Kでも目視で見る限り十分綺麗な画面を表示することができますが、5KのiMacはさらに上を行く滑らかさを実現しているのです。

また、iMacは1世代前の2017年モデルより広色域(P3)ディスプレイに対応し約10億色の色表現ができて色鮮やかな表示ができるので写真の現像をしたり動画編集をするクリエイティブな作業をする方におすすめです。

iMacの5Kディスプレイ
P3 広色域ディスプレイ

MacBook Proの組み合わせで4Kに対応した外部モニターを使っている方も多いと思います。

4Kモニターは様々なメーカーから数多くの機種が販売されていますが、5K解像度に対応した外部モニターは数が少なく、LGがApple向けに販売しているLG UltraFine 5K Displayは端末価格は144,800円とかなり高額です。

でも、iMac 27インチなら一番安いモデルで198,800円で購入できます。この価格で5Kディスプレイを搭載した一体型のパソコンを手に入れることができるのは、コストパーフォーマンスはかなり良いといっていいでしょう。

iMac 27インチの画面解像度は標準設定で以下の5つから選ぶことができます。

iMac 27インチ 擬似画面解像度
  • 1,600 x 900ピクセル
  • 2,048 x 1,152ピクセル
  • 2,560 x 1,440ピクセル
  • 2,800 x 1,620ピクセル
  • 3,200 x 1,800ピクセル

Optionキーを押しながら「ディスプレイの変更」をクリックすると5,120 x 2,880ピクセルの解像度も設定できるのでネイティブに5K解像度を使いたい方も安心です。

参考までに各解像度でどれくらいのウィンドウが並べられるか比較してみました。

iMac 27インチ 5Kディスプレイの作業性

3,200 x 1,800ピクセルでもかなりのウィンドウを同時に並べることができますが、個人的には2,560 x 1,440ピクセルよりも高い擬似解像度は文字が細かすぎて作業しにくいので、現実的に考えると初期設定状態(2,560 x 1,440ピクセル)の擬似解像度が一番いいのかなと思います。

なお、iMac 27インチ(2019)のディスプレイは2017年モデルと比較して少しだけ暖色系の色合いとなっています。

iMac 2019 vs iMac 2017 画面の色温度の違い

一瞬、True Toneディスプレイを搭載したのかなと勘違いしまいましたが色温度がほんの少しだけ異なるようです。

パネルメーカーが違うのかな。よく分かりませんが個人的には2019年モデルのディスプレイの方が見やすくて好きです。というか、iMacにもTrue Toneテクノロジーに対応してほしい。

メモリをユーザー側で増設できる

iMac 27インチメインメモリ(RAM)を最大128GBまで自分で増設することができます。

Apple Storeでは最大64GBまで増設して注文することができるので自分でメモリの増設なんて面倒くさいと思う方はカスタマイズした方がいいですが価格が高いんですよね。

Apple StoreでiMacのメモリを増設した場合
  • 8GB:0円
  • 16GB:+20,000円
  • 32GB:+60,000円
  • 64GB:+110,000円

しかし、Amazonなど販売されているメモリなら16GB(2,666MHz DDR4)が2枚で17,000円〜で購入できてしまいます。

iMac 2019年モデルに対応しているRAMはSO-DIMMタイプのPC4-21300(2666MHz)で各メーカーから発売されていますが、僕はPATRIOT製のメモリを選びました。

PATRIOTはアメリカのメーカーで他メーカーのメモリよりも安くて4枚で44,000円ほどで購入できたので4枚購入して64GBに増設をしています。

高いと思うかもしれませんがAppleで増設した場合は110,000円なので、6万円も安く64GBに増設することができるのは安い!

iMac 27インチ メモリ増設

全てのメモリを取り外して(16GB + 16GB + 16GB + 16GB)にすることで問題なく64GBに増設することができましたが、PATRIOTのメモリは「システムレポート」でシリアル番号を認識することができません。

メインメモリ増設 iMac 27インチ

動作も特に問題はないのですが気になる方は価格がお高い有名メーカーのCrucialのメモリを選ぶことをおすすめします。ちなみに、2017年モデルのiMacでCrucialを使っていました。

なお、今回は64GBに増設していますが8GBのメモリを有効活用し16GBのメモリを2枚追加して(4GB + 16GB + 4GB 16GB)の40GBに増設するのが一番コストパフォーマンスが良いと思います。

というのも、40GBと64GBでは体感速度に差がほとんど同じなんですよね。動画編集など負荷のかかる作業をメインとしないなら40GBもあれば十分すぎるメモリ量ですし安く増設することができます。

iMac 27インチ(2019)40GBにメモリ増設

なお、注意点としてiMac 27インチ(2019)はSK Hynix製のメモリを採用していますが、一部のメーカーとの組み合わせで2400MHzにクロックダウンしてしまうことがあるようです。

メモリのCL(アクセスタイミング)の違いの可能性もありますが、先に紹介したPATRIOT製のCLは「18」なので純正のSK Hynixの「19」と混在している状態です。でも、2,666MHzの速度を維持しているのでメーカーの相性の可能性が高いのかな?

なお、SK Hynix製とCORSAIR製のメモリの組み合わせで2400MHzにクロックダウンしてしまう現象が確認されています。